腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 『リストラなう』と『デフレの正体』
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『リストラなう』と『デフレの正体』

(151)一般本 『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』 藻谷浩介
(152)一般本 『リストラなう!』 綿貫智人

たまたま、この2冊が同時期に手元にきた。
んで偶然、この2冊を同時に読み終えた。

本当に意図したものはなかったんだが、
今にして思うと、これ、並読してよかった。

ってのも、腐人が思うに、この2冊には共通項があるのだ。

それは、
「すべての事象は単独では存在しない。
 皆、繋がっている。」

ちゅーこと。

うーん…いまはまだ、うまいことまとまんないなぁ…。



『リストラなう!』のコメントの中に、
ブログの主旨が続けるうちにずれてきてないか?
という指摘があった。

言い訳するわけじゃないが、
それさ、ブログだとしゃーないのよ。

論文だの小説だの報告書だのだと、
まず書きあげる前に、構成たてるじゃん。

このテーマのキモは何で、結論はこうで、
わかりやすいようにここでこういうエピソードをいれ
とかってね。

でもブログの場合、その日に書くテーマの中では、
そういった構成ができても、
全体としては、「終わり」がないから、
書いてる途中で、いろんな外的要素が入ってきて、
どうしても途中で方針が変わることがある。

徒然なるままに心にうつりゆくよしなしごとを書く、
これがブログなんだから、
方針転換も、落としものも、
「あるものだ」という前提で読んでくれなくちゃ!
ね?←誰にこびてんねん


ま、そゆことで、まとまってねーが、
ぐだぐだゆーててもしゃーないんで、
いいや、思いつくままにダラダラ書こう。


率直に言って、腐人は労働系の話はあんまししたくない。
腐人の人生には地雷がいっぱい埋まってるもんでね。

…そう、だから『リストラなう!』の著者たぬきちさんの
会社と思われるところの名前をきいて、
一番に思いついたのは、
そこが出している本の名前ではないのよねぇ…。

ま、その辺はサラリと流し。


『リストラなう!』を読んでいて、
本文もコメントも含め、ものごっつい気になったことがある。

人は、何のために働くのか?

これって考えたことあります?


腐人家の誰かが転がしてた本だったので、
タイトルも著者も全く思い出せないんだが、
腐人が、昔、読んだ本にこういうことが書いてあった。

「人が仕事に対して抱く考え方は3つある。

 1つは、金のため。
 1つは、キャリアのため。
 そして最後の1つは、天職だから。


 まず、仕事を金銭だと思っている人。

 その人にとっては、仕事とは金銭を獲得する手段でしかないので、
 それがきちんともらえているか、効率のよいものなのか、それが重要。
 だから、時間を延長されることはあまりよく思わないし、
 1分1秒でも、金銭に換算してもらえないと不満がつのる。


 次に仕事をキャリアだと思ってる人。

 その人にとって、重要なのは
 今やってる仕事が自分のキャリアにプラスになるかどうか。
 プラスになるものならば、時間も金も気にせずするが、
 そうでないものに対しては全くのロスとしか思えず、
 比較的簡単に転職をする。


 最後に、自分のやってる仕事を天職だと思ってる人。

 その人にとって、重要なのは仕事の内容で、
 その仕事をしている限り、
 金銭も時間も全く気にならない。
 しかし、違う仕事となるとやめたり、やらなかったりする。」


どうですか?
腐人は昔、これ読んだとき、ものすごく腑に落ちた。
そういうことかと。


ソニー系列の会社でOLをしていた東ちづるさんによると、
腐人が大好きな盛田昭夫さんが、
ソニーの新入社員を前に、こう言ったそうだ。

「生活のために働くつもりの人間は要らない」


この言葉、上の3つと照らし合わせてみたら、
なるほど、ソニーは「キャリア」か「天職」か、
働くことを、そう思える人じゃなきゃいらんってことね、
と理解できると思うんだが、
これ、この言葉だけ言われたら、ちょっと「え?」となるかもなぁ。

これまで、なーんも考えず、
ただ採用されたところで働いて、給料もらって、定年まで勤めりゃいい
としか思わなかったなら、なおさら。


という、前フリを覚えておいていただき、本の話に戻るが、
『リストラなう!』で、とても話題になったのは、
たぬきちさんの年収だ。

そして、そこから業界内の格差、他業種からの批判など、
コメント欄が炎上したのだが、
その一つ一つを読んでいるとですね、
その人自身が、仕事をどう考えてるかが、
腐人の目には、くっきりと見えた。


ゆっときますけど、
これ、どれがいい、どれが悪いって話じゃないよ?

自分自身はどこに属するのかという自覚があるか、
その上で、自分に適した職を選んでるのか、


問題はそこなんである。


どうもね、その辺のところの問題点も認識も
とっちらかってんなぁと、感じた。
っつか、このむちゃくちゃ加減が、ウェブの世界なのか。

皆で問題を共有し、各自の立脚点を明確にして、
それに対しての意見を述べ合い、
大多数が納得できる結論をはじきだすっちゅー
いわゆる「議論」ではないんだなぁ…。

…って、考えてみりゃ、
国民選抜のエライ人たちを見習ってるだけか。
そいつらが有償でそれやって、
税金をドブに捨ててる姿に比べれば、
無償でやってんだから、ずっと健全かもねー


話が逸れた。

この上記に書いた問題とすべきポイントは、
個々人が考えるべきことで、
個々人が納得すべきこと。

考えたことがない人は、できたらいっぺん考えてみてくださいな。

ちなみに腐人が思う「天職」の定義は、
「(仕事)やっててストレスを感じないこと」だが、
それは人それぞれだと思いマス。



ただ、働き方がどうあれ、
金が多くもらえるに超したことはないのは事実だわな。

だって、人間、食わなきゃ死ぬし。

しかし、世の中は、不平等である。

前からゆーとるが、
人間が平等だった時なんて、
人類誕生以来、1秒たりとてありゃせんし、
未来永劫、んなもんはありえんのよ?

なんか「同一労働同一賃金」という言葉に酔ってるなぁと
思われる節が見受けられたが、
「人はいずれ死ぬ」
これと同じぐらい
「世の中は不平等」は確かな事実だ。

なので、そこでまた新たな選択が生じる。

「天職を続けることに固執し、
 命をまっとうしてしまってもよいと思うか」


それとも

「仕事を金銭だと思って割り切るか」


『デフレの正体』を読めばわかるが、
はっきりいって、この先、未来は暗黒だ(と、腐人は思った)。

たぶん、団塊世代の多くが天に召されるまでの間、
少なくともこの暗黒は続く。

んでもって、平等な世の中なんちゅーのは夢物語である。


その前提を踏まえた上で、どっちを選ぶか。

これまた良し悪しの話じゃなくって、個々人の問題なんだけど、
これもね、それ自体は問題じゃないんである。

要は、選んだ選択肢に突っ走れるかどうか、
これなのだ。

ああ、これは羽生善治さんがゆーてたなぁ。
『結果を出し続けるために』だったと思うが、
選ばなかった選択肢について思い悩まない
みたいなこと。


あかん…いろいろ引っ張り出しすぎて、
脳内がぐっちゃぐちゃになってきた。

『リストラなう!』も『デフレの正体』も、
ものすごくいろんな問題を孕んでいる本なので、
腐人の話も、そこここでひっかかるままに、
ダラダラ垂れ流させていただこう。

とりあえずここで一旦切るが、
思いつくまま気の向くまま、
しばらく続けさせてもらいますんで、
ご興味ある方だけどーぞ。


以下、読書録。

って、まだあんのかい!と言われそうだが、
あるんだよ!

腐人の目標は、
「一日一善」ならぬ、「一日一ホモ」なの!
腐人はこれで精神の安定を得てるんだから!

…っつか、自分でゆーのもなんだが、世間の平穏のためにも、
腐人にBL与えといたほうがいいと思う…。


●7日
(153)BL/ルチル 『職業、王子』 砂原糖子
  これはタイトルが巧いやね。

  パスポートですけど、あーゆー場合は、
  たぶん赤でも青でもない旅券じゃねぇかな。
  限定旅券ってやつ。

  こないだ読んだ
  飯島勲『小泉元総理秘書官が明かす人生「裏ワザ」手帖』
  に載ってたが、
  ビジネス渡航の直前に期限切れが発覚したときなんかに発行してもらうもの。
  
  興味ない部分だったのでウロ覚えー。
  ご興味あったら原本読んでみてください。

  個人的には、めそめそリインの挿絵がむっちゃツボ。
  ああ…腐人も泣かせたい…。←おい

  それにしても陛下になっちゃったら、
  うーん………ま、いっか。

  それから、二人は幸せに暮らしましたとさ、
  でいいんです、
  リインの泣き顔がかわいいから。←…おい
[ 2011/03/08 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。