腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ゆいごん&読書 > 安楽死について
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安楽死について

カテゴリーを何にするか悩んだ。

やらにゃなーと思いつつ、
遺言書も尊厳死宣言書も、まだ書いてないから、
万が一、書くまでに何かあった時に、
これを代書にしてもらえんかのぅ・・・っちゅーセコイ思惑つきで、
「ゆいごん」カテゴリーにする。

よろしくね、血族!


ちょうど1ヶ月前ぐらいの腐人日記で、
『余命半年』っちゅー本から、それに対する考えを述べた。

その後、網野皓之『在宅死のすすめ』っちゅー本を
読んだ・・・いや、抜粋読みしたんで、ちょっと補足。

興味あるところだけしか読んでないんで、カウントはしない。

文章は読みやすいんだが、どーにもこー、医療関係者さんが書く本って、
視点と対象がとっちらかるんだよなぁ・・・。
偏見?
でも腐人はそれが原因で、海堂尊さんが読めません。

ま、それはともかく。

この本は、都市部と地方との医療についてなど、
興味深いテーマとかにも触れていて、
視点のとっちらかりさえ我慢できれば読みたい代物ではある。

だが、今ねー、腐人がいっぱいいっぱいなの!!!
視点のとっちらかりすら赦せんぐらい、
本に許容できる余地がない。
小指1本も痛くて、無理。←やめんか!

冗談はおいといても、
マジメな話、今日は朝から背中が痛くて吐き気がする・・・。

原因は、運動不足に側湾症と姿勢の悪さだっちゅーのは
経験上わかっている。

常日頃から、ストレッチをし、姿勢を正しく保てば
起こらない話なんだけど、
そんな健康的な生活ができんねやったら、
腐人やってねぇって!!

不健全な精神は、不健康な身体にやどるのよ!!!
※そのような事実はございません。

ああ、オステの予約をいれよう・・・。

結局、他力本願かい!




・・・ちっともタイトルの安楽死に話がいきゃーせん。
ま、脱線すんのはいつものことさ♪


で、この『在宅死のすすめ』の興味あるとこ読んでたらですね、
前に『余命半年』んとこで書いた、
スイスの尊厳死施設のことが載ってたんですよ。

スイスの尊厳死の歴史は、結構古くって、
1942年ぐらいからほぼ合法になってんだそう。

2004年には、末期医療のガイドラインが改正されて
この条件だったら、医者が末期患者の自殺幇助をしてもいいよ
っちゅーのが出されたそうである。

ちなみにその条件っちゅーのは、
「疾病末期、患者自身の意思、
 長期間熟慮しても意思が変わらない、
 患者に判断・識別能力がある」
などなどだそう。

組織としては、2つあって、
ディグニタス(dignitas)とエグジット(exit)。

ディグニタスは外国人でもOKだが
エグジットはスイス人のみ、
なんだそーでございますよ?

ご興味ある方は、名前がわかったんで調べやすくなったかと。

腐人もいつか必要になったときは
この名前で調べよう。
これは、それ用のアーカイブ。


それから、尊厳死というのか、満足死というのか、
どっちだっていいじゃんと腐人は思うんだけど、
まぁ、末期になったときどうして欲しいかの宣言書。

腐人的には、「延命治療拒否宣言」かなぁ?

まぁ、それはともかく、
著者の網野さん案のフォーマットが載ってた。

網野さんは、「満足死」という立場にいらっしゃるので、
「満足死宣言」とされていたが、
この辺は、今のところ、法的な定めがあるもんじゃないから、
好きに書いていいんじゃないかなぁ?
あかん??

とりあえず、
これまた、腐人のいつの日かのための書類もかねて、
腐人用にアレンジしてしまおう。

えーっと、腐人用にかなり変えてるんで、
もともとの網野さん案が知りたい方は、
原書あたってくださいねー。




「延命治療拒否宣言

 死に逝く本人の意思として、
 本人が満足できる死のために、私は以下を宣言する。

 なお、これを記載した時点における本人の意識は清明で、
 判断・識別能力には、なんら問題がないことを申し添えておく。

   宣言

 1)余命1年以下と診断された場合は、
   すべての積極的治療・延命治療を拒否します。

 2)植物状態が、3日以上続いた場合は、
   すべての装置(人工呼吸器、栄養チューブなど)を外し、
   自然経過にまかせることを希望します。

 3)意識不明の場合、すべての治療
   (人工呼吸療法、人工栄養療法、水分補給)を
   行わないことを希望します。

 4)緩和治療としての
   消炎鎮痛剤、麻薬、鎮静剤の積極的使用をお願いします。
 
 5)緩和治療が不十分で、効果がない場合は、
   鎮静剤の投与で意識を失わせてください。
   このために死期が早まったとしてもかまいません。

 6)終末期の療養の場は、自宅としたいと思いますが、
   死後の発見が遅れて周囲に迷惑をかけることは本意ではないので、
   できれば、生体反応を離れた場所で確認できるシステムを
   体内に埋め込み、生体反応がなくなったら、
   死体の回収を行っていただけるとありがたいです。

 7)主治医は、今のところ未定。
   というか、この宣言に賛同してくださるような奇特な方でしたら
   どなたでもOKです。

 8)脳死と判定された場合は、臓器を提供します。
   使えるものは、なんでも使ってください。
   ただし、そのための延命は、
   レシピエント方が全額費用負担してくれるなら、
   やってもらってかまいません。

 9)病名の告知については、私に直接真実を告げてください。
   その場合、治る病気なのか、
   治るか治らないかわからない病気なのか、
   治らない病気なのか、
   治癒の%や費用などの数字も含め、率直に告げてください。

 10)葬儀は、ただ燃やしてくれるだけでいいんですけどねぇ・・・。
 
                        以上、腐人」


繰り返しますが、網野さん案は、もっともっとまともです。
そのまともなやつを紹介してもいいんだが、
自分のノートにならまだしも、
ワールドワイドなブログに全文引用って
著作権的にどーかな?と思うもので。

本当にまともなやつを知りたい方は、
買うか借りるか立ち読みしてくださいな。


自分でゆーのもなんですが、腐人のコレは、
かなり偏ってると思います。

でも、腐人にとっちゃー、
「自分の死」ってこの程度の話なんだよねぇ。


そういえば、木原さんがツイッターで
はちみつの海で溺死しているアリンコを発見なさっていたが、
腐人が大好きな本『青葉学園物語』でも、
水あめの海で溺死しているチューがいたなぁ・・・・・・
ああ、チューはチューは・・・考えただけでだめだ・・・(-_-;)

腐人はそこまで甘いものが好きじゃないんで、
理想の死に方ってのは、未だみつかってません。

でもギリギリまで
読みたい本が読めたらいいなぁ・・・。

で、その話がオチてなかったら、
死ぬに死ねなくなるんだろうなぁ・・・。



以下、読書録。

●3日
(145)BL/ショコラ 『ブラザーコンプレックス』 洸
  なんというか・・・
  タイトルと裏表紙みただけで、
  読まずともオチまでわかるって感じ?
 
  まぁ、兄弟モノ好きだし、
  頭が飽和状態の時は、こういう「箸やすめ」ならぬ
  「脳やすめ」本のが助かる。
  
  個人的には
  もっとチビっ子シーンがあったらなぁ・・・
  ちゅーとこすかね。

(146)マンガ 『アルとネーリとその周辺』 Basso

  アルは~流~れてどこどこ行くの~♪

  コラっ!!!アル!!!
  あんた、流されすぎじゃーっ!!
  「パートナーいるんだけど」って言葉に重みがない!
  お空の雲さん並に、ぷかぷか浮いちょるわー!!!

  腐人が許せんのは、浮気をしたことよりも、
  どうせあっちも適当にやってるから
  っつーアルの認識。

  あ、書いててムカついてきた。
  
  アル!!
  貴様、そこへ直れっ!!!
  腐人が直ちに成敗してくれるわー!!!

  といっても、どこを成敗すりゃいいんですかね?
  ふさいじゃう?←おい!

  というか、腐人、これ読むまで、
  てっきりアルとネーリだと、
  ネーリが受だと思ってたんだが、  
  え?え?え??
  もしかして腐人1人が間違ってたの!?

  ネーリはバリタチで、アルは総受?
  んでもって、カッラーロもアルと同類???

  ・・・そうか、Basso世界において、
  オヤジはすべて愛でられる存在
なのか・・・
    ↑
  ホントんとこわかりません
  すんませんが、今後具体的に書いていただくか、
  首から名札でもさげてもらえませんか?


  ああ、そういえば昔みた映画で、
  入口でスカーフ渡されて、
  それをどこに巻く(もしくは差し込む)かで、
  判別するっちゅーのがあったなぁ・・・。

  まぁ、真実しって、
  ちょっとアルが反省しちょるよーなんで
  またやらかしたら、ネーリ、
  そんなおっさんゴミってしまえ!
  腐人がゆるーす!!

  それにしてもアル、あんたいいかげんにしとかんと、
  歳食ってから、捨てられたら、
  その痛手は半端じゃねぇぞ。

  お尻に重りでもつけときなさい。


  いじっておもろそうなのは、秘書なんだが、
  こーゆー人って、私生活全般に渡って細かそうだよなぁ・・・。

  いいじゃん!少々部屋が散らかってたって!!
         
  腐人よ、あんたの場合、「少々」じゃねぇだろ!!


  でも、こういう人を泣かせたら、
  むっちゃ愉しいやろなぁ・・・
  
  
  どのお話も、さすがにお上手で、
  最後の最後でニヤリとさせてくれる。

  個人的には、「マリアージュ」が好き。
  この全部書かないネームに惚れるわぁ
[ 2011/03/04 ] ゆいごん&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。