腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 図書館の話
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

図書館の話

えー今日はむっちゃテンション低いです・・・。
なので、ちょっとぐだぐだ論。

そーいや、今日は、ばれんたいですなぁ。
去年も書いたが、ばれんたいんといえば、
柴田よしき『聖なる黒夜』!!
あの二人は、どうなるんだかなぁ・・・。

リアルな話としては。
チョコ苦手だし、恋愛はイスカンダルの話だし、
それよっか、本をくれる日があったらいいのになぁ・・・
と思う腐人。

あ、でも自分がいらん本はいらないじょ。
こないだ、
「これ、オススメだから!」
っつって、
『すぴりちゅある』がらみの『ぽじてぃぶしんきんぐ論』
みたいな本をもろうたが・・・
腐人の二大アレルギー源を寄越すんじゃねぇっ!!!

欲しい本を、
ただで、
山ほどもらえる日
ってねぇかなぁ←ねぇよっ!


本をもらうといえば
腐人の場合、図書館のリサイクル本をよく頂戴する。

が、先日、トルストイ全集が放出されてて、
「民話と少年むけ物語」の巻が欲しいなぁと思ってパラ見したら、
借りた誰かが、書き込みをしていて、
一気にもらう気が失せた・・・(-_-;)。

そう!
腐人は常々、図書館に言いたいことがあるのだ!!

ひとーつ!
利用者はーっ!
公共の本を、破るな!折るな!書き込むなーっ!!
次に借りる人の身になれっ!!!

ふたーつ!
利用者はーっ!!
返却期限を厳守しろーっ!!
特に、腐人の前に借りてる奴!

みーっつ!
図書館はーっ!
返却期限守らねぇやつには、本、貸すなー!!
ってか、
1回やったら、予約枠を1冊減らすとか!
貸出冊数を減らすとか!!
延滞分、利用者カードの使用を停止するとか!!!
制裁をくわえたまへ。

よーっつ!
図書館はーっ!!
シリーズは1巻から全部そろえろー!!
2巻ぬけ、とか!
4巻からしかない、とか!!
貸す気ないとしか思えんのじゃーっ!!!

いつーつ!
図書館はーっ!!!
シリーズは、同じ館に所蔵しろー!!
1巻はA館、2巻はB館・・・とバラけて所蔵すんのは、
借りる気が萎えるからやめろーっ!!



あ、すっとした。
いやホント、これ言いたくて言いたくて。

自慢じゃないが、腐人は延滞しないぞ!
  ↑
そのかわりひどい無茶ぶり発揮すっから、
図書館としては一番ヤな客じゃん



でも、本当に最近、
利用者の本の扱いがひどい。

こないだ借りた池上彰さんの本なんか
「・・・ここまで書きこむなら、買えよ!!」
と言いたくなったもん。

せめて、コピーとって書き込めばいいのに、
あれ、なんなんでしょうねぇ?


ラノベとかの挿絵が重視されるものでは、
挿絵のページをざっくり切り取られてるのに遭遇したこともある。

ページが挿絵単体でできてるならまだしも、
裏には文章のってんだよ!!
思わず、殺意がわいたね


4つ目と5つ目に関しては、
そうじゃない図書館もあるけど、こういう図書館もある。

借り手としては、ホント疑問でさー。
貸す気がないとしか思えないんだけどなぁ・・・?

まぁ、こないだの腐人のレンタルマンガのケースのように、
抜け落ち巻だけ買って読めってことなんかもしれんが、
それって、よっぽどじゃないとやらんぞ?

腐人だって、あれが『ヒストリエ』だからこそやったんであって、
そうじゃなかったら、初めから借りないもん。

図書館でおもろいもんないかな~?レベルだと、
棚に揃ってない段階で、もう最初から借りないと思うー。


腐人が思うに、図書館って、

●調べものをするところ
●保存・保持をするところ
●読書をひろめるところ


この3つの性質を同時にもってないといかんと思うンだが、
全部を同じだけ成り立たせるのは、むずかしいやね。

広く貸せば、紛失や汚損が発生しやすくなって、
保存保持に問題が生じるし。

調べるに重点をおいて本をそろえたら、
軽い読み物が減って、子供なんかがこなくなる。

だから図書館の立地なんかで、
その性質をわけてるみたいなんだが、
やはりどこか帯びに短したすきに長し。

ま、腐人みたいな特殊な中毒患者は、
国会図書館にこもってろってことなんかもしんない。

ああ早く年金生活んなって、
国会図書館いって所蔵マンガとBL読みつくす日々を送りたい・・・。

なんてささやかな夢←なんか違う・・・

以下、読書録。

●13日
(115)一般本 『殺人者はいかに誕生したか』 長谷川博一
  サブタイトルが、「「十大凶悪事件」を獄中対話で読み解く」。

  うーん・・・腐人は前からゆーとるが、
  司法というシステムそのものが欠陥品だと思ってる。
  はっきりいって、これに期待するのが間違ってるとまで思う。

  そういうの、世の中にたくさんあるでしょ?  
  そういうのに鉢合わせたらどうするか。

  腐人は、しょーがねーとおもって、使えるところだけ使うんだが
  それを直そうとする方もいる。
  たぶん、長谷川さんはそういうところがあるのかな?

  でもね。
  腐人はさ、興味があるからこういうの読むけど、
  犯罪に対する「なぜこんなことを?」ってのは、
  本来、遺族のためにあるべきことだと思うのね。

  だから遺族のために、
  「なぜこんなことをしたのか」を明らかにしてあげるシステムは
  あったほうがいいとは思うんで、
  それが今の裁判では無理ならば、
  それを可能にする別の方法を模索できないもんかとは思う。
 
  っつかね、 腐人は、
  「量刑決める権利をもってるのは、被害者とその関係者だけ」
  だと思うンだよねぇ。

  裁判官だって検察官だって弁護士だって、仕事じゃん。
  だから、やってっと、どうしても己のキャリアがちらつくでしょ?

  それってなんか違うよなぁと思うンだが、
  ま、それはいいや。

  
  本編中でね、
  「なぜ?」を調べるのは再発防止になるって書いてたけど、
  遺族じゃない人が、「なぜ?」を細かくみるのは、
  再発防止とは違うんじゃないかと腐人は思うのよ。

  ただ単に研究者が研究対象を分析したいってだけじゃない?
  国学者が、古い文献あさるように、
  考古学者が、古い遺跡を発掘するように、
  薬学者が、薬剤を投与したマウスを解剖するように。


  ってゆーのもだ、
  犯罪とは大きくはわけられるけど、
  同一条件下で起こる事はないので、基本、すべてがオリジナル。

  だから、大きくみることには意味があるが、
  細かくみることに意味はないと思うのだ。

  そんで大きく見てみたら、
  「犯罪者のほとんどが生育環境が悪い」
  っつー共通項がみえてくる。
 
  でも、生育環境が悪い人がすべて犯罪者になるわけじゃないよね?
  よく言われる話だけどさ。

  ならば、本当に犯罪の再発防止をしたいなら、
  この分岐点は何なのか、どこにあるのか、
  それを掘り下げるべきじゃねぇのかと思うのよ。

  同じぐらい生育環境が悪くても、犯罪に走らなかったのは、
  環境や訓練で変えられるものなのか?
  そこらは腐人、専門じゃないからわからんけど、
  そういうことを調べて、対応を考えて実行していく、  
  そっちのが重要じゃね?

  
  それとさー、ここでも何人かが該当した発達障害。
  これは確か脳の気質的な問題だったと思うから、
  あるラインで限界があると思う。
  
  犯罪とは違うけど、教育の現場でも、
  「発達障害の認知が足らない」
  「それを理解し、それにあわせた教育を行おう」
  ってなってるみたいだが、
  腐人、これちょっと疑問なんだよね。

  ってのも、学校にいるうちはいいよ。
  そうやって周囲の理解の上、その子にあわせる、ができるから。

  でも、社会に出たら?

  社会って、できないからってあわせてくれるほど、
  優しくないし、理解もない。
  
  優しくて理解のある世界しか知らずに育つのは、
  その子にとって不幸だと思うンだよなぁ、腐人は。

  ならば、どうすべきか。

  重要なのは、
  自分で自分の限界を自覚することと、
  その自分が適しているものを探すこと。
  これだと思うンだよなぁ・・・。

  まぁ、腐人はお気楽な傍観者に過ぎないから、
  専門家は別の意見もあろう。

  でも、なんかね、根本がちゃうんちゃう?
  っちゅー気がどうにもぬぐえませんでした。


  あ、そうだ。
  本人直筆を毎回扉で引用してっけど、
  名前でてるのあるぞ?
  あれいいの??

(116)BL/ビーボーイ 『愛とは言えない 2巻』 榎田尤利
  ・・・むちゃくちゃカレーが食いたくてたまらん・・・。

  でも、チキンはやなの!
  じゅんぺー、次は野菜カレーの美味しい作り方、ヨロシク!

  それにしても、これ、本編、ちゅーだけじゃん。
  いいのか?いいのか・・・。

  なんつーかさー、橘高くんよ。
  わかるんだけどね、その気持ち。
 
  でも、ものごっついキッツイこと言わせてもらうと、
  「もう、どうしようもないの」。
  それが、人が死ぬということ。

  生きてる限り、その経験はただただ増えていくもんなのだ。
  
  そして、死者に対しては、

  「あのとき、気づかなくてごめん。
   でももし同じ状況になったら、今度は悔いのないようにする」

  そう言うしかできないんですよ。
  墓は返事してくれないからね。

  まぁ、そやって経験重ねていくうちに、
  できるだけ後悔の少ない生き方がしたいなぁ
  っちゅー心境になるさ。

  かくいう腐人は、最初にこれにぶちあたったとき、
  喪の作業が終わるまでに3年かかった。
  でも、もし、今の年齢で、最初の経験したなら・・・
  たぶん、3年じゃすまないなぁ・・・。

  そう思うンで、
  若い(?)うちに傷が負えてよかったんでねか?
  んで、できるだけ早いうちに、
  悲しい時には泣くことを覚えなさい。

  サガン、あんたやきのりちゃんにかまけてないで、
  男なら、ここは一発、啼かせてやんな!
    ↑
  なんか違う意味になってねぇか・・・?


  えーなるはやで3巻、ヨロシクお願いします m(__)m
  腐人が暴れないうちに。
[ 2011/02/14 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。