腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > うわー・・・オソロシイ・・・
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うわー・・・オソロシイ・・・

オソロシイと思ったあれこれを。


●雪
昨日、雪の中ダーリンを走らせていて
気づいたことがある。

バイクと車は違う

腐人のダーリンには、屋根がついているし、
足が3つある。

昔々、何台か前のダーリンは足が2つしかなく、
家まであともうちょっと
という角で、車体倒してカーブしたら、
そのまま見事なスライディングを披露する羽目になったことがある。

たまたま、その角んとこに、雪なのにお散歩にきていた
ワンコと飼い主がいたんだが、
シャーッっと、路上を5メートルほどスライディングする
腐人の姿に見惚れていた。←違うだろ

服はべしょべしょ、雪でも打ち身ができるという事実を
身をもって経験した腐人は、
「雪の日はバイクに乗るべからず」
という決意を胸に秘めていたんだが、
前回と違い、今回は3つ足だし、屋根あるし、
これで雪でもへいちゃらさーと思っていたんだが。

ちっともへいちゃらではなかったんであーる。

車の場合、車内に暖房がかかるんで、内側からの発熱があり、
また、フロントガラスの曇り止め暖房もあり、
ガラスに雪がドカドカ降りつけても、自然と溶けるのだ。

しかし、バイクは違う。

前はあっても横はない、吹きさらし状態なので、
フロントガラスのあっちもこっちも同じ気温。

そう、吹きつけた雪は、
そのままフロントガラスにどっかどっかと積もるのじゃー!

ワイパーくんが頑張ってせっせこ雪かきしてくれたけど、
視界はどんどん狭まり、
こりゃ15インチ画面ぐれーか?
程度しか見えない状況に。

足元もどんどん危うさを増し、
これ以上の危険を回避すべく、
おうちに帰って、こたつで丸くなりました。

雪、おそるべし・・・。


●本屋の行く末

ま、そんなこんなで、
パソもないし、おでかけもできんし、
っちゅーことで、
大人しくお家で読書三昧だったわけですが、
今日、パソのある巣にやってきて、ニュースをザッピングしてたら
うわぁ・・・なニュースをみつけてしまった。

『米書店チェーン2位のボーダーズ・グループが、
 週明けにも連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を
 申請する見通しであることが明らかになった。

 同社は電子書籍の普及やインターネット専業書店に押されて
 販売が低迷し、資金繰りが悪化していた。

 ボーダーズは米国に約670店を抱える。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、
 うち200店前後を閉鎖する方向で調整しているもよう。』


・・・これ、全然他人事じゃない話だよなぁ・・・。

まぁ、アメリカの本事情と
(高いんですよ、日本より。売れてるジャンルも全然違う)
日本の本事情は、全然違うっちゃ違うが、
安穏とはしとられんよねぇ・・・。


●行政と民意

大分の佐伯市の話。
正直、腐人は詳しくは知りません。

ニュースで報道された範囲しかしらんが、
なんかちょっと「え?」と思ったもんで。

概略を説明すると、
佐伯市っちゅーところで、
『中心市街地活性化基本計画』ってのが
持ち上がったらしい。

商業施設や公共施設が入るビル建設の大手前再開発(51億円)、
歴史資料館建設(13億円)などを市が計画したそうなのね。

しかし、
『「ハコモノ事業は活性化につながらず、
  民意に沿っていない」んじゃねぇか?』
という人がいて、
「ホンマに民意に沿ってるのか、住民投票やっとくれ」と、
規定数の署名をあつめて
「市中心市街地活性化事業の推進の賛否を問う住民投票条例」の制定を求めて
直接請求したらしいのだ。

ところが、これが議会に出されたところ、
反対20、賛成7という結果で、
「住民投票なんざいらん」
という結論になった・・・んだそう。


えええええー?それっておかしくない?

市民の1/50が、
「行政がやろうとしてることは民意とちゃうと思う!
 ちゃんと確認して!」
っつって求めたのに、議会で却下ってなにそれ。

東京都条例改正廃案の直接請求をやりたい腐人としては、
これはちょっと見過ごせない。

そういう請求があったら、議会にかける
、じゃなくて、
ほな住民投票しましょ、にならんとあかんのちゃうの?

そもそも
「議員たちが民意を無視してんのちゃう?」っちゅー行為をやらかすから、
「ちょっと待って!」って、直接請求するわけでしょ?
なのに、なんでそれをまた議員に戻すねん!!
否決されんの、あったりまえやん!

議員があかんことしたときに、
民衆が止める仕組みを考えんといかんのちゃうの!!
この仕組み考えた奴は、××か?
と、地方自治法読んでても思うのよー!!


腐人の感覚では「これはおかしい」としか思えないんだけど、
腐人の感覚がおかしいのか~(~_~)?


ま、それはともかく。

予言しちゃるが、こんなハコモノ、絶対失敗するぞ。

夕張然り、私のしごと館然り。
その後の維持費ばかりがかさんで赤字を増やすだけやっちゅーの。

なんで前例から学ばないんだ???


腐人もこの前例を参考に、東京都の件をよく考えることにしよう。





以下、読書録。

まずは、一昨日の話、
「はいとくしゃ きるぞーん」
「ぶるぶら きょむへん じょー」
「いきのこるめでぃあ しぬめでぃあ」
これらの、まずは漢字変換とコメントから。

(104)一般本 『背信者 キル・ゾーン 14巻』 須賀しのぶ
  もー佳境も佳境、
  残り少ない命脈だが、オヤジーズ頑張れ!!←違う

  ここらにくると、一気読みしたいよねぇ。
  ってか、オンタイムで追っかけてた時は、
  本当に次の巻が出るのが待ち遠しくてたまらなかったなぁ。

  が、巻を重ねるにつれ、ラファエルが・・・かわいそうで・・・(/_;)
  ま、耐性がある若いうちに
  いろいろ傷ついといたほうがいいのよ。
  じじぃになって傷つくと、厄介だから。

(105)一般本 『ブルー・ブラッド 虚無編 上』 須賀しのぶ
  えーこれは下とあわせてコメントしましょ。

(106)一般本 『生き残るメディア死ぬメディア』 まつもとあつし
  サブタイトルが、「出版・映像ビジネスのゆくえ」。

  前にも書いたが、腐人はあるテーマのことを知りたいなと思ったら、
  賛否両論を読む事にしている。

  んだが・・・いやいやいや、率直に言って
  久々に読みにくい代物にぶちあたりました。
  特に前半。

  後半の映像メディア論は、腐人の興味の対象外なんで
  「はーふーへー」で流せたんだが、
  前半がね・・・「いやそりゃ違うやろ」の連発で進まない進まない。

  電子書籍に対する三原則ってのも書いてあったが、
  腐人はこれ、疑問だなぁ。
  あ、目次が大事は腐人もそう思うけどさ。  
  
  ま、こういう意見もあるんだなってことでシューリョー。  

●11日
(107)一般本 『よくわかる電子書籍の作り方、売り方』 加藤雅士
  サブタイトルが「iPad/Kindle/PDF対応版」。

  えー・・・あなたが、もし、
  「個人作家として、電子書籍を1人で作ってみたいなぁ。」
  と思っているならば。

  はっきりいいましょう、この本1冊読むだけでいいです。

  今、詐欺で増えてるとかゆー「自分史」を出したい団塊世代の方々も、
  紙の本じゃなくてもいいと思えるならば、
  この本買って、その手順に従い、作れば、詐欺になんぞあう心配もありませんし、
  在庫か変えてうんざり・・・ってこともないでしょう。
  オススメです。


  ビジネスとして、興味があって・・・という方も、
  「とりあえずノウハウを蓄積するための1冊を出す」
  というならば、これでやればいいと思う。

  そうじゃなくて大きく利益を狙うならば、ちょっと不足。
  なんでかっちゅーと、
  電子書籍で「売れる」をするには、コンテンツもだが、
  マーケティングとプロモーションがものごっつい重要で、
  その辺がちょっと弱い気がするから。
  
  だから、ただ単に「出したい」とか「とりあえず」レベルには
  向いてる本だと言えると思う。

  そう・・・これがあれば、腐人がやっとる
  「素人だけど、1人でできるかな?電子書籍」は
  読まなくてもいいですよ、ホント。


  ただね、一個気になるのが、編集について。

  そうなんだよねぇ・・・腐人が「1人でできるかな?」を始めたのには、
  ぐちゃぐちゃ考えるより動いてみろ!というのと、
  もう1個理由があった。

  一般の人に「編集」っつっても、
  正直なにやってんだかよくわからんと思うンですよ。 

  だから、
  作家⇔電子書籍販売店で、出版社はこれから先いらんのでは?
  とか思われてるよーな気がするが、
  腐人はそれ違うと思うンだよねぇ。

  そこをね、ちょっとやりたかったんだ。

  ってことで、ただ単に「出す」だけは、
  これ読んでっちゅーことにして、
  「1人でできるかな?」は、
  コンテンツを作るところにスライドしてやろうかなー。
  
  ま、それはともかく。

  ホント、この本、わかりやすくって、
  ただ「出す」だけなら、今までで一番おススメです。

(108)一般本 『ブルー・ブラッド 虚無編 下』 須賀しのぶ
  読みながら、無意識のうちに歌っていたらしい。

  血族が、「なに歌ってんの?」と
  怪訝な顔をして問うてきた。

  だって!
  本当にエンドレスで脳内まわるんだもん!!
  「火星は二人のために」って!!

  ヴィクトールとユージィンは、魂の阪神じゃねぇ半身ですねぇ。
  もうここまでがっちり結びついてると、
  アルトゥールが生きてたら、どーなってたもんやら。

  にしてもさー、アンゲリカが哀れだわ。
  ホモるなら、二人でホモれ!!まきこむな!!
  って感じよねぇ。
  ケケケケケ・・・。

  それにしても、ユージィンはヘルにとりこまれないためには
  あの道しかなかったのかな?
  なんかもっと中庸な道があってもよかったような・・・無理かなぁ。

  腐人も年を重ね、なんかね、あのユージィンの境地とか、
  それをいかせまいとするヴィクトールの境地とか、
  そんなんがちょーっとわかってきたような気がする。
  
  そうなんだよねぇ、年くってくうちに、疲れてくることも、
  先がわかんなくなってくることもあるよねぇ。
  
  ホントに・・・君ら結婚したらよかったんちゃうか?
  
(109)BL/リンクスロマンス 『月夜の子守唄』 清白ミユキ
  うーん・・・率直なところ、「長い」。

  ネタが、エピソードがこれだけならば、
  もっと削ったほうがいいと思う。
  この半分ぐらいがベストなんじゃないのかな?
  なんか冗長。

  もしくはこの長さをやるならば、もっとネタいれましょうや。  
  
(110)BL/ディアプラス 『恋のつづき 恋のはなし2巻』 砂原糖子
  うわ懐かしい・・・。
  
  でもこれ・・・野島くんにとっちゃー生地獄?
  いくら防音がいいったってさぁ・・・(~_~)

  それにしても知ちゃんって、さらっと殺し文句言うんですな。
  どーみても、知ちゃんのが上だぁなぁ。
  本人自覚ないみたいだけど。  
[ 2011/02/12 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。