腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > あああ・・・ぱそが、ぱそがぁ・・・
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あああ・・・ぱそが、ぱそがぁ・・・

天に召されてしまった・・・。

いや、以前からよくブルー画面がでてたんだよなー
はっはっは←じゃねぇだろ!

でも、腐人は、そのPCは週末にしか使わないので、
まいっかーと思ってたら。
昨日、うんともすんとも言わなくなってしまった・・・(ーー;)

まいったな・・・←なら早く修理だすとか、しとけ!!

っちゅーことで、新しい奴隷を買いにいかねばならぬのだが。
めんどうくさい・・・(;一_一)

ってのも、仕事で使ってるソフトが古くって、
XPじゃなきゃ動かない気がするんだよなぁ・・・。
でもXPって、もー市場にないしなぁ・・・。

・・・・・・・・・ま、なんとかなるだろう。

ってことで、環境が整うまで、
このブログがどうなるんだか
書いてる本人もよくわかりません。


でもまぁちょーどいいか。
今、頭ン中、
『LOVE SO LIFE』の双子と
『Piece』の大学生たちと
『ヒストリエ』のマケドニアの人々で
大混乱になっちょるけぇ。

まともになるころには収まるやろう。


あ。
そうだ、今朝、一番の叫び。

ぽっぽ・・・ぽっぽはイヤーっ(>o<)!!!!
なんてもんをペットにしてんのよー、弁天ケ島!!!

鳩ってね、
「空飛ぶネズミって言われるほど、
危ない雑菌をうようよ抱えてるのよーっ!!!

でも、外国の人は、鳩くうんだよなぁ・・・・・・。

弁天の恋は実って欲しいが、鳩は嫌いなので、
途中でカラスに捕まってしまえーと思う・・・←鬼
※実際。カラスは鳩を食うですよ。

※意味がわからない方は、
ツイッターの和泉桂さんと木原音瀬さんがやってる
リレー小説をよみませう。


以下、読書録。

●30日
(65~70)マンガ 『ヒストリエ 1~6巻』 岩明均
  血族と、散々かたらってしまったもんで、
  口から出た瞬間、デリートされて、
  今、脳内にあんま残ってない。
  やべぇ・・・。

  岩明作品を読むたびに思うンだが。
  この冷徹なまでの客観視点、
  いやなんかもう・・・
  「まいった・・・」という気になる。

  歴史上の著名人を描く、という点では、
  腐人の中で、今一番比較対象になるのは、
  惣領冬実『チェーザレ』なんだが、
  なんか対極だよなぁ・・・。

  どっちも、作者が書きたいことは何か、どう書くか、
  そういったことをがっちり決めてるので、
  読者はただただ与えられるものを甘受するのみ、
  なんだけど、ここまで違うと、なんか天晴れ。

  『チェーザレ』読むと、あの時代に放りこまれた感覚になる。
  ネームや絵から、あの当時の光度、湿気、匂い・・・
  そんなもんまで伝わってきそうな感じがする。

  それが『ヒストリエ』はそうじゃない。
  むしろ、言葉遣いなんかをみると、
  そういう配慮をしてない感がすごく伝わってくる。

  しかし、だ。
  「ならば、ウソっぽいのか?」といわれると、
  それが「NO」なんだよなぁ・・・。

  なんかね・・・時代とかなんかを超越した
  「人」を描いてるんだよなぁ。
  エウメネスに限らず。


  そういえば作中で、エウメネスが図書館に食いついてたが、
  あの気持ちはよくわかる。
  腐人もやりたいぜ・・・ただし、BL専門で。

  腐人が読んだのは、レンタルコミックなので、
  カバーが外されてたからよくわかんなかったんだけど
  よくよくみると、アレクサンドロス王子って、
  ヘテロクロミアなんですなぁ。
  こ、細かい・・・。

  腐女子にアレクサンドロスといえば、
  ヘファイスティオンが欠かせませんが
  へーちゃんは、こうきたか。
  ふーん・・・死はどうするのかな?

  あと、ゼラルコス。
  やっぱ、腐人として、ここでひっかからずには通れまい。

  初めはてっきり皆ゼラちゃんのおてつきなだけかと思ってたら、
  あらあら、そこまでやってんの?

  浅田次郎『中原の虹』だったっけかであったけど、
  当時なら、処置したら死んだ奴隷もいたんじゃないかなぁ?
  
  でも、そうしたほうが大人しい?んだろうか・・・??
  それとも単なるシュミ???

  腐人なんかは、そこが知りたいのに、
  何を描いて、何を描かないか、
  その線引きの徹底ぶりに・・・ヨコシマな読者は黙るのみ。

  ああ、この先どうしよう・・・(ーー;)
  
(71)マンガ 『LOVE SO LIFE 5巻』 こうち楓
  つい再読。

  あおくんの「どして?」攻撃・・・
  そーなんだよねぇ、子供って。
  って腐人は今でもよくやるが。←いくつや

  この「どして?」攻撃をみるたびに、
  西原理恵子『毎日かあさん』にあった

  子供:「どして?」
  母 :「どしても!」

  子供:「なんで?」
  母 :「なんでも!!」

  っちゅー会話が思いだされてならぬ。

  まー、しあるたんは、
  ちゃんと相手するんだろうけどねぇ・・・。

(72~76)マンガ 『Piece 1~5巻』 芦原妃名子
  これ、正しくは、
  「Piece 5巻」→「Piece 1~5巻」。
  
  5巻の帯に
  「寝不足にさせてすみません」
  ってあるが、
  ホンマやで。どないしてくれんねん!!!

  前の感想でも書いたが、腐人は矢内がお気に入り。
  矢内って、ものすごーく普通の兄ちゃんだよなぁ。

  気づいてなかったんか、君・・・
  といいたくなるよーな鈍感さや、
  腹の底まで透けてみえそな単純さ、
  なによりも、ものすごく感覚が真っ当で、
  地に足ついてるところが、
  ああ、いいお家(金持ちという意味ではない)で育ったんだなぁ
  という気になる。

  この人間としての「根っこ」が
  ちゃんとできてるか、できてないか。
  これがね、学生やめた後、ものすごく影響してくんだよ。
  
  そういう意味では、小池と瀬戸内の二人も、
  ちゃんと人生歩めそう。

  比呂くんのことをさ、
  「どこにいってもいじめられた」と言ってたが、
  悲しいことに、そういうの、あるんだよね・・・。

  比呂くん自身のPieceはまだでてきてませんけど、
  比呂くんがそういうのに負けない、
  心の強い子であってくれたらいいなぁ・・・。

  
  ところで。
  5巻までいって1巻にもどると、
  ちょいと違和感がある部分がある。

  あの夏のエピソードみるとさー、
  「軽く」じゃないじゃん!!
  と思うのは腐人だけか?

  まぁ、1巻のあの頃は、
  「どこまで続くか、連載は」
  だったのかもしんないけど。


  そーいや、5巻で成海が暴言吐いてたねぇ・・・。
  ふふふふふ・・・
  腐人の前でそれゆってごらんなさぁい?

  「あんたのソレも童×すてたんだから、
   もうちょんぎっていいよね?」


  「じゃぁ、今日は
   あんたの処×を捨てさせてやろう」


  どっちがいい?
  選ばせてあげるわよ、腐人、やさしいから←違う!!



  個人的に。
  これ、完結してから、ドラマ化してほしいな。
  完結前にはしないでねっ!!!

  うーむ・・・芦原さんの他の作品、読んでみたいぞ。
[ 2011/01/31 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。