腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > マジですか・・・どこデスか・・・
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マジですか・・・どこデスか・・・

木原音瀬さんのツイッターみてたら、
営業ツイートがあり。

そこに
『「美しいこと」舞台 再演が決定しました』
とある。

ま、まじですか!?

公式HPが始まってたので、覗いてみたら、木原さんのコメントに、
「脚本も一部変更」
とある・・・。

公式HPはこちら↓
http://www.birdlandmusic.co.jp/utsukushiikoto2011/index.html


・・・どこなんやろ・・・。
っつか、腐人のあの感想が影響してたり・・・するんでしょうか・・・

6月かぁ・・・先過ぎて予定がわからんぜよ。
うーん・・・再演もみるか、どうするか。
前回は当日券とかもあったけど、今回どうなんだろなぁ?


っつか、その前に、とっとと『薔薇色の人生』のCDというより
ブックレット買えよ!腐人!!

いやー・・・予約じゃなくてももらえるとわかったら、
ついつい注文わすれててさーははははは。

ネタはなんだろな?

そういや携帯サイトでの配信も『薔薇色の人生』ショートらしいから
あっちも読まねば!

・・・しかし、携帯の使い方がわからん・・・マジで。
     ↑
  いつの時代のニンゲンや!



なんかもう思いっきり連載ネタぶっとばしてるけど、
ま、いっかー。

ここはそういうブログです。←出たな!必殺ひらきなおり!!


そういえば。
新潮社とアイシェアがマンガ好き男女に
「2011年漫画の流行に関する意識調査」
っちゅーのをやったらしい。

したら、どんなマンガが流行ると思う?
という質問で、

★男女共通集計

36.1% 男性作家が描いた少年向け
20.4% 男性作家が描いた成人男性向け
13.7% 女性作家が描いた少年向け
9.2%  女性作家が描いた成人男性向け
8.6%  女性作家が描いた成人女性向け


★男性のみ集計

1位 男性作家が描いた少年向け
2位 男性作家が描いた成人男性向け漫画(29.5%)

★女性のみ集計

1位 男性作家が描いた少年向け
2位 女性作家が描いた少年向け漫画(15.5%)


でもって、男性は「単純なストーリー」、
女性は「複雑なストーリー」が好みといい、
「感動するマンガ」より、
「笑えるマンガ」がいいんだそうで。

なので、総合結果として、
「2011年に流行するのは男性向け漫画と予想」と書いてあった。

ふーん。

腐人はこの結果みて、
「ああ、このアンケートとった『漫画好き』ってのは、
 特に男性は、オタクじゃないな」
と思った。

たぶん、本で言うと、「ベストセラーは読みます」タイプ。
本で言う「活字中毒読者」じゃない。
だから読んでるマンガも、メジャーのみでしょう。

と、なぜ思ったかというと、病膏肓にいるじゃないけど、
活字中毒ならぬ、マンガ中毒といえるぐらいのオタクになれば、
「単純なストーリー」がよい、なんて言わないから。

ミステリーファンでもよくいるが、
ハマればハマるほど、特に男性はうんちくたれになり、
複雑なものを好むのだ。

とはいえ、この層を読者想定したら、数は出ないから、
参考意見としてきくべきは、
やはりこの「売れ筋のみ読んでる層」で正しい。


ただね、腐人がちょっと気になったのが、
このアンケート結果のニュースに、年代がないもんで、
そこがみたかったなぁ・・・。

特に
「20.4% 男性作家が描いた成人男性向け」
の年代が。

ま、それはともかく。
男性の意見が、「男性作家が描いた」に日和るのは、
ま、そうでしょう。
女性作家の生み出す人間関係に重点を置く話って、
一般男性は読みにくいからね。


このアンケートに対する総体的な腐人の見解としては、
まずね、女性の方が何事に対しても貪欲だと思うンだ。

ヒットってのは、
「通常対象でない層が食いつけば、発生する現象である」
と腐人は思っている。

男性は女性向けマンガで「これ、すごくいいんだよ!」といくらいっても、
あまり積極的に動かんでしょう。
特に知らない作家だと。

それに対し、女性の方が、
常日頃から、旨いもの、うつくしいもの、おもしろいものを
追いかけ続けてるから、
そう言う場合、ひょいととっても簡単に乗りこえちゃうのね。

吉牛だって、居酒屋だって、
女の方が簡単に棲み分け区分を乗り越えたでしょ?
あれと一緒。

だから、本来対象ではない女性読者が、
おもろいものを探して男性向け漫画領域を荒らすから、
『「男性向け漫画」にヒットがでる確率が高い』。

答えはそれだけで、
これは別に2011年に限らん話だと思うぞ。

男のんが保守的なんだよ。

と、ウガンダで同性愛者の活動家が殺された事件をみても思う。



最後に。
和泉桂さん&木原音瀬さん ツイッターリレー小説が、
ものごっつい展開になっている・・・
どうなるんだ、この先っ!?

そして、腐人的には、
弁天ケ島と鍵島キングと若鬼丸の上下関係が、
とってもとってもとぉぉぉぉぉっても気になります。

だって、ミカンを置かれた翌日、
締めるのきつくないのかなとか・・・←おい!

ところで。
・・・いいかげん、この話にタイトルつけませんか?




以下、読書録。

●27日
(53)BL/ルチル 『やさしい傷跡』 崎谷はるひ
  うわー懐かしい・・・。
  個人的に、いろいろ思い出がある作品なんだが、
  それはパンドラの箱にしまって、脳の奥深くに沈めましょう。

  確かに、今、読むと、
  この文は今の崎谷さんには書けない気がするなぁ。
  使う言葉も違うだろう。

  ところで、料理上手の年下攻めが好きってのは、
  お話の話?崎谷さんの好みの話(^_^メ)?

  実際にあんだけいろいろやってくれる
  ピチピチ男子がいりゃぁ、身も心も潤うわなぁ。
  実際にはおらんがよ(ーー゛)

  同じテーマを書くということについて、
  前、ドコで読んだか忘れましたが、竹宮惠子さんが
  「人間、そんなにいろいろ出てくるもんじゃない!」
  ってなことをおっしゃってましたね。

  腐人はいろいろ本を読んでる方だと思いますが、
  それでも興味がない分野のことは、全く知らない。
  知りたいとも思わないので、知ろうともしない。

  もし、そこを無理して広げたら、どうなるか。
  たぶん、本来興味があることも、全く役に立たない浅さになり、
  全部を深くしようとしたら、脳がパンクすると思う。
  ※脳の容量については、また別の機会に。
     
  底の浅いお話なんか読みたくないし、
  書き手さんが知識を収集する方に力を注ぐあまり、
  書く力も時間も残らないなんてなったら本末転倒。

  書きたいと思うテーマを、たとえ重複しようが書いてくれ、
  と腐人は思う。

  それに仮にテーマが重複したとしても、
  恐らく全く同一のものは、むしろ書けないでしょう。
  なぞり書きでもせん限り。

  20歳の時に書いたものと同じテーマで
  40歳の時に書いたなら、
  恐らく、全く根っこは同じかもしれんが、
  見えてるものは違ってくる。
  それだけ、作品には作家さんそのものが
  出てくるもんだと思いますよ、腐人は。

  それを見切れないなら、
  単に読み手の読解力がないってことじゃね?

  大体、復刻やられてる作家さんは、皆さん口揃えて
  「今なら書けない」とおっしゃってるから、
  そういうことだと思いますけどね。


  まぁ、例外的に、
  もし・・・見えてるものも同じものしか描けないとしたら。
  その作家さんは20年間、人間的に成長しなかったか、
  元々、作品に自分をさらけだせないレベルなんじゃないかね。

  ・・・それを作風なんだ!と言われたら、
  腐人は、
  「あーそーですかーよかったですねー
   ま、どうでもいいですよ、もう」
  と思うけどねぇ(^_^メ)。

  あらあら、最後はいつものごとく腹黒全開しちゃったわ。

  何の話?と思われた方は、ここのあとがき読んでくださいな。
 
  お話も、なんかね・・・
  壊れそうなものを抱えた若人が、寄り添いながら歩いてってて、
  そう!まさに!「硝子の少年時代」!!
  これがぴったりな感じかな。

  個人的に。
  この石原さんの挿絵がものごっつい好きなんでしゅー・・・。
  原画、いいなぁ・・・うらやましい・・・。
  あ、パンドラ開けちゃった。

(54)BL/リンクス 『夜と誘惑のセレナーデ』 桐嶋リッカ
  やっぱ好きだなぁ、グロリアシリーズ。
  
  どーでもいいですが、この続きはどないなっとんですか、
  桐嶋さん、リンクスさん!!

  腐人としては!
  そろそろベビーがみたいざんす!!

  あ、できたらライカン希望!!
  だってベビーライカンは、獣耳つきでしょ?
  ああ、なんで尻尾がないんだ・・・。

  実は今日もシリーズの1冊を読んじゃったので、
  総体的なコメントはそっちに譲ろう。

  それにしても、隼人、
  いっぺん病院いったほうがいいんじゃね?
  それ、あまりにも×ローだろう・・・。
[ 2011/01/28 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。