腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 図書規制&読書 > まっとうにやるならば
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まっとうにやるならば

昨日の謎の汁は、総料理長に味見をしてもらったところ

「白ワインいれた?」
「塩がたらない」
「あとは・・・黒砂糖としょうゆだな」

と、5分もかからず、あっちゅー間に味を直され、
直されたものをみてみると、
うーむ・・・味が掛け算になっている・・・。

不思議なもんですなぁ…。

腐人が作ると、調味料の何と何をいれたか、
すぐにわかる底の浅い、足し算の味しか出ないのに、
この足し算が掛け算になる分岐点はなんなんだろう?

ま、おかげで、鍋いっぱいにできた妙なブツも
無事はけそうざんす。


2011/1/16の「びぼーろく」に書いた
「1.地方自治法 直接請求権 政令で決まってる手順調べ」

腐人としては、昨日までで、
ほぼほぼ言いたいことは書けたと思っている。

っつかさ、最近、直接請求関係でググると、
腐人のブログが上位にでてくるのが、
とってもヤなんですけど、ぐーぐるさん。

自分でゆーのもなんだがよ、
真っ当にやりたい人には参考にならんぞ、腐人のブログは。

屁理屈だって、理屈は理屈!!

腐人は、こういう主義なんで、最初から、

「『やっちゃだめ』って書いてあること以外は、
 どんだけ非常識でもやっていいってことだよな」


という理解である。 
なので、違法じゃないんだが、
確実に、行政にケンカ売ってるって感じよねぇ、はははははー。


なので、今日は腐人の手法をみて、
「そりゃそーかもしれんが、無理!」という方のために、
「もし真っ当にやるならば」を少し補足したい。

っても、シュミレーションベースは東京都だけどね。


●ターゲーット分析

今回の都条例問題、恐らく20~40代ぐらいが
一番「反対」なンじゃなかろーかと推測する。

とっても偏見だと思うが、60代以上については、
エロとか暴力とかそれ以前の「マンガ」そのものに対し、
拒否感が強いんじゃなかろうか?

ってのが、あながち大ハズレではないだろうと思うのは、
こないだの産経のアンケートみると、
ピックアップされた回答者の年齢は、20~50代。

やっぱりその辺が関心層ってことだと思うのね。

女性が少なかったのは、ネットアンケートだからか?
それともエロマンガ問題と思われているから?

うーん・・・どっちだろ・・・。

実際ね、腐人がこの問題に
ギャーギャーわめいてるのをみたIちゃんが言っていた。

「私はあんたが騒いでるから知ってるけど、
 世間一般は、あんま話題になってないよ、これ」


ガーン・・・そ、そうなのか・・・Σ(゜ロ゜)

でも、そやって落ち込んでても話はすすまんので、
腐人の独断にもとづき、まずは全体の人数分布をみる。

っても、あんまし細かくみても逆効果・・・ってことで、
年代別の有権者数および割合でいっか。

東京都は、こうなってるらしい。

20代-----1,652,679-----15.6%
30代-----2,182,070-----20.6%
40代-----1,868,241-----17.6%
50代-----1,467,954-----13.8%
60代-----1,636,299-----15.4%
70代-----1,155,430-----10.9%
80代以上---653,277------6.2%
合計----10,615,950----100.0%

これは他人様がまとめてくださったものの流用ざんす。

Hatenaサイトの日記から拝借させていただいたが、
もし都道府県単位で直接請求やろうと思ってる方は、
全都道府県データをあげてくださってるので、
参考にされるとよろしかろう。

データは平成22年3月31日現在だから、
今とは若干の違いはでてると思うが、
ま、ほぼほぼこんなもんでしょう。

で、だ。
1/50、すなわち2%・・・と考えると、
腐人が主要ターゲットとみた20~40代は全体の53.8%。

っちゅーことは、意外とすぐ集まるってこと?


ただ、問題は、この年代はちょうど子供を持っている世代でもあり、
強硬なる条例賛成派層も含むってことだろう。


個人の顔の場合は、署名に快く応じてくれたとしても、
パパの顔、ママの顔になった途端、
「子供にマンガを読ませたくない!」なんつー矛盾がでてくるやもしれぬ。

ここんとこどーですかね?


意外に自分がマンガを読んで育ち、
それがすごく自分のためになったと思う人なら
パパママ立場になろうと、大いに推奨かもしれぬ。

でも、「マンガは悪!」っちゅー思想と抑圧を、
親から代々受け継いできたような家ならば、
子供時代に読めなかった自分自身の恨みも含め、
「子供にマンガは読ませるべきじゃない!」
っちゅー強硬姿勢になってる気がするんだよなぁ・・・。

食わず嫌いっつーか、逆恨みっちゅーか。


だから、できればさらに踏み込んだ各市区町村における
年齢別人口分布、ならびに、そこの街がどういう雰囲気か、も
できればあわせて調べたい。

60代以上が多いとか、
キョーイクママが多いとこは×とかね。

だって、署名活動したところで集らないところに
労力注ぐのなんか、効率悪いじゃん。


●集め方を考える

逆に、アニメ・マンガ好きが集りやすい場所・・・
筆頭は秋葉原?
池袋、中野、吉祥寺なんかもそうじゃないのかな?

ここらは、街頭でやれば、それなりの数が集るだろう。


ただ、だ。
署名してもらうのには、

★東京都民の有権者であること
★満20歳以上(いつの時点で、かは、確か規定あり)


っちゅー条件があり、

★署名簿は同一市町村民でまとまってなきゃだめ

っちゅー条件もある。

そこが面倒・・・(~_~)。

東京の場合、
「23区、 26市、 5町、 8村」
あるそーで、街頭でやろうと思ったら、
1ヶ所につき、62種の署名簿台帳を用意せねばならん。

島部をさっぴいても、
「23区、 26市、 3町、 1村」
たいして変わらん。

ぶっちゃけ、面倒くさいし、
効率悪いよなぁ・・・。


やっぱ、オークション開きましょうや。

「署名を集める」じゃなくて、
「署名してくれる人を、指定した場所と時間に集合させる」。

このんが効率ええやんねー。

んでもって、入口を「市区町村」別にしちゃうんだ。
んだらば、
入口んとこで書いてもらえば無問題でしょ?


ちなみに告知はいくらやってもOKなんで、
常備署名台としては、できれば各出版社の前とか受付に、
署名期間の2ヶ月間、
署名台を作ってもらえると嬉しいんですが・・・。

ついでに原画展とか即売会をやったら、
集客もいいし、宣伝にもなりまっせ?


できればね、各書店さんでもやって欲しいちゃ欲しいのだ。
小さいところは、その地域だけでも、集めて欲しいし、
繁華街の大型はもちろん、
市部でもターミナル駅とかにある地域の筆頭の大型書店とかで。

お客=この問題に興味がある、と思うンだけどなぁ・・・。

ご協力いただけませんかね?


真っ当にやるなら、そんなとこ。

幸いにして、今回のターゲットである20~40代は
携帯やネットの中心ユーザーだろう。

ならば、署名の告知を広げるのは、
そんなに難しくない、と思うんだがなー。


ま、腐人が思いつくのはそんなとこー。
使えるなと思えば、大いに使ってやってくだされ。

んでもって、あの悪法をとっとと退治しましょう!



以下、読書録。

●20日

っつってもなー・・・まともに1冊は読んでない。

謎の汁を作りながら、『薔薇色の人生』きいてて、
「年上の恋人」と「後輩の恋人」が読みたくなって、
その流れで「後輩の弟」まで読み返した。

うーん・・・これのあわせわざで、1冊カウントしとくか。

(127)BL/ビーボーイほか 『薔薇色の人生』より「年上の恋人」「後輩の恋人」、CD付属ブックレット『後輩の弟』 木原音瀬
  木原さん!
  やっぱり、「年上の恋人」と「後輩の恋人」、音でききたいです!

  あのモモの懺悔に対するロンちゃんの赦し。
  あれねー、音できいてみたい。
  まちがいなく、涙の海で泳げるわ。

  ジンゴの恋愛相談室も、ぜひ音で(^_^メ)。
  こっちは腸よじれそーな気がする。
  ああ、またシワが増える・・・。


  甚呉といえば、『後輩の弟』よんでて思ったんですが、
  甚呉も弟だったりします?

  いやなんか、やたらと弟立場に同情的だなぁと思って。

  眞迩ちゃん、ケイシチョー入んなよー!
  就職ヒョーガ期にコームインはいいぞ?

  結構、適職だと思うンだけどなぁ・・・。
[ 2011/02/21 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。