腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > びぼーろく
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

びぼーろく

「美貌録」ではなく、「備忘録」。
もう物忘れが激しくってさー。


●卵焼きの結論

腐人家の総料理長に、
よしながふみ『きのう何食べた? 4巻』にあった
卵焼きの話をした。

すると、
「え?弱火でなんかしないわよ。
 強火の方が早くできるじゃない」
と言われた。

でも!
腐人はどんくさいんで、弱火じゃないと焦がすんだい!

討議の結果、
「フライパンを高温にしてからやる」
これがポイントなのは合意に達した。

その後は、手早い方は強火で、
どんくさい人は弱火でおやりになられるがよろしかろうかと。

油は、
「あんたはひかないから、いっつも出来上がりがぶさいくなのよ」
とのことで、
やはりくっつくようなら、薄めでひくのがよろしいようです。

でも、ケンジみたく油用のなんちゃらを用意すんの面倒て、
油こしからダレッとやると、ドバッとでるんだもん!!←腐人が悪い


●仕事が落ち着いたらやりたいこと


1.地方自治法 直接請求権 政令で決まってる手順調べ

 近所の図書館を調べたら、
 禁帯出の本で2010年版の解説書があるとでた。

 禁帯出なら、そこで調べにゃならんちゅーことで。
 ま、ありかはわかったんで、時間ができたらいってみっぺ。


2.電子書籍、一人で出来るかな
 
 いろんな本読んで、どうだろうああかなぁ・・・とか
 悩んでるのに飽きた

 具体的にやってみりゃいいんだよ、いっぺん。
 したら、どんなもんかわかるから。

 と、思ったので、
 ちとこれについてやってみようかと。

 っても、漠然と考えただけでもかなり面倒くさそうで、
 シュミレートで終わる可能性も高いなぁ。
  

3.ブログをいじる

 これは看板倒れになりそうな気がする・・・(-_-;)。

 でも!
 一応、今年の目標ってことで!←なんか主旨変わってるぜ?


あとは・・・そうねぇ、「また今度」といいながら
放置しまくりのネタを拾えよ、きちんと!
とは思ってんだが、
もう何を放置してたか、かなり怪しい・・・。


ということで、最後に覚えてるのを一つ拾っとこう。

●木原音瀬『月に笑う』の惣一さんとゴルフ後の風呂

腐人はゴルフをやらないので、
ゴルフをやる人にきいた。

すると、風呂は必ずしも全員はいるわけではないという。
え?そうなの!?

海外のゴルフ場だと、風呂はもちろんないし、
アメリカなんかだと、シャワールームすらないとこもあるそうで。
へー。

それに紋紋背負った人ってのは、お断りってなってるそうで。
・・・でも、惣ちゃんはキレイだよなぁ・・・
いっぺん風呂いれてみませんか?木原さん。

でも、どっちかっちゅーと
真珠の方がおもろそうかも・・・。
※わかる人だけわかってください。

以下、読書録。

●15日
(26、27)一般本 『銀河英雄伝説 外伝 2巻』『〃 3巻』 田中芳樹
  ああこれだよなぁ、
  ラインハルトとキルヒとロイとミっちゃんが初顔合わせする話。

  もう残ってるのはミっちゃんしかおらんけど・・・ああ・・・(T_T)

  そういやちょろちょろ
  メックリンガーとかケスラーとかでてきてんのに
  なぜに腐人愛しのミュラーがでてこないのーっ!!
  きーっっ!!!

  なんかこの番外編って回顧録だなぁ。

(28)一般本 『赤と黒 キル・ゾーン 6巻』 須賀しのぶ
  ちょっと銀英伝に集中してたから、
  間が空いたキル・ゾーン。

  ここらから、結構、火星がでばってくるんだよなぁ。
  ああ、二人の愛の星。←間違ってます
  腐人は「B・B」のが好きな人なので、
  火星進出は大歓迎!

  それにしても、須賀さんは屈折した人を書くのが
  なんて上手いんだろう。

  ある意味、銀英伝ではロイぐらいなんだよね、
  矛盾を抱えてるの。
  
  それ以外は確信犯というか、
  結構、皆わかりやすい方向性をしている。  

  それに対し、キル・ゾーンでは単細胞のが少なくて、
  なにかしら、腹ん中に鬱屈したもんを抱えてるよなぁ。

  男性作家と女性作家の違いかね?

(29)BL/ルナ 『未必の恋-keep out-』 妃川螢
  なんだか最近、妃川さんって、警察小説めざしてる?
  腐人は好きだからいいですが、
  どうなんですかね、ここまで書くのって。

  まぁ、小説から
  日常生活では役に立たないムダ知識を仕入れるってのは
  いいことだと思うんですけどね。

  そう、ちと話がずれるが、どうも最近の若い子をみてると、
  この直接関係しないところから、知識を得て、応用させる力
  ってのが低い気がする。

  気働きといえばいいのか、耳学問?
  なんかそういうのがなくなってる気がするんだよなぁ。

  腐人がガキの頃なんて、
  その辺に生えてる草だの葉っぱだのを
  いろんなものに見立てて、ママゴトやったもんだが、
  ママゴトセットでしか遊んでないと、
  そういう見立てとか応用力がつかないのかなぁとか思うんだが、
  どうなんだろ?

  いかん、どんどん本筋から離れてくんで、
  この近頃の若いもんは論は後日に譲ろう。

  そういや、先日、法曹関係者からきいた話。

  ヤのつく職業の方の弁護ってどうなんだという話で、
  世間一般的には、そういう案件をやったというだけで
  弁護士さん自身も色眼鏡でみちゃうが、
  法曹関係者内ではどうなの?
  ときいたらば。

  別に、とのこと。
  やってることより、人となりなんですと。
 
  言われてみれば、自分だって仕事の上でどうだといえば、
  やってることより、人となり。
  なるほどね。

  ただ、依頼者にとっては、違う視点らしく、
  一度、保釈なんかをやってくれたりすると、
  業界全体に、「あの先生はすごい」って評価がながれて、
  依頼が殺到するんだそうで。

  まぁ、弁護士も医師もなにを専門にしてるか、
  その得意分野に合致した依頼をもちこんだか、で  
  結果が変わってくるから、ある意味まちがってはおらんのか。

  あれ?今回は弁護士関係ない話なのに、
  妃川さんというと、リンクスの、あのホモ達の輪、話が
  思いついちゃって、書いちゃった。

  ・・・ま、いっか。
  
[ 2011/01/16 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。