腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > 本屋に行って考えた
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

本屋に行って考えた

本の寿命ってどんくらいなんだろう。


ページが落っこちてくるとか表紙がモゲたとかゆー
物理的な話じゃなくって。
実は、
仕事で、
本屋に、
行かねばならず。

そう、「ねばならず」!で、「仕方なく!!」←ウソをつけ
リアル本屋をふわふわ漂ってきたんですけども。
そこでちょっといろいろ考えてしまったんですな。


まず、どうでもいい方。

本屋に行ったついで、っちゅーことで!←しつこい
「ちょっとだけ」!覗いた隣のオタク書店の展開が
『このなんちゃらがすごい!』、『やばい!』の
ランキング反映になっていた。

ここで何度もゆーてますが、
腐人は、ランキングなんつーもんは、
結局のところ「好き嫌い」だ、と思ってんので、
ふーん、ぐらいしかないんです。

でもまぁ、こういう機会でもなきゃ
他人様のご意見なんぞ一切参考にしないもんで、
ちと、眺めてみた。

すると…あんまし読んでないBLマンガはともかく。

BL小説の方がだね、
10位までにランクインしてるもののうち、
未読は2作のみ……。

ま、あんだけ読んでりゃ、そーでしょーともさー。←開き直り


どうでもいいが、こういうランキングって、
ロング連載シリーズがどうして入らないのか不思議。
なんかそういうのはダメとかゆー条件付けがあるんすかね?

ということをつらつら考えていたら、
そういや『このBL』の去年発行、2010年版を
読んでなかったことに気づく。

2009年版は木原さんのインタビューがあったから
読んだんだよ、確か。

………ま、もう2011年版らしいし、いっかぁ。


で、肝心な話。

実は、腐人、探しているものがあって、
リアル本屋に行きたかったのだ。

それはなにかと問われれば。

デュアル文庫版 
田中芳樹 『銀河英雄伝説 外伝 5巻』
っちゅー、まぁなんともピンポイントなお話で。

いやね、12月からこっち『銀英伝』の復習しとるんですけど、
この『外伝 5巻』、「ユリアンのイゼルローン日記」の下巻が
どうにも見当たらなくてですなぁ。

もう探すの面倒だから、買ってしまえ!と思い、
近所を覗いたら、なかったんですよ。

まぁ、もう古いからなぁと思って、
そんでもデカい本屋いきゃあるだろうと期待してたのに!!

ないんですよ。
ま、ここは小さいのかも?
と思って、はしごしまくり←お前、仕事どうしたよ…
結局、みつからず。
創元SF文庫であったので、妥協しました…(;_;)

で、思ったんだ。

よくWEBで、
「グーグルで検索されなければ、そのサイトは存在しないのも同じ」
と言いますが、
「本屋に陳列されなければ、その本は絶版と同じ」
なんだなぁと。

そりゃ徳間ノベルズ版ならさ、
もう20年以上経過してるわけだから
棚にないのもしゃーねぇかなぁとか思うンだが、
デュアルはまだ数年でしょ?

うーん…こういう良書すら、
棚から駆逐されちゃうのか…(~_~)

今、本の寿命って、
ものごっつい短命になってるってことなのか…。

そう考えると、棚など関係なく存在できる「電子書籍」という在り様が、
重みを増すのかもしれない。


ただ、今BLで、よく復刻されてるんですが、
特にここ10年15年って、社会がものすごいスピードで変化してて、
腐人が社会人になったころなんてさー、
こんな便利なインフラ、整ってなかったんだよねぇ。
  ↑
ゆっときますが、飛脚までは遡りませんぜ?



そういうこと考えると、その当時の最先端の流行をとりいれたものほど
古臭さを感じさせるようになるのかもしれず。

その点、復刻ならば、
その都度、時代にあわせて直しができるからいいのかなぁ?

まぁ、小説も「××× 2009年版」とかアップデートすりゃいいのか。
でも、なんか違和感…(ーー;)。



そういえば、今、ランドセルの寄付から火がついて、
マンガ本の『タイガーマスク』が読みたい!ってのが増えてるそうで。

うーん…本の寿命は長いんだか短いんだか、
わかんなくなってきたぞ??


個人的には。
大変大変ワガママなのはわかっとるんですが、
「腐人が読みたい時に
 読みたいものが常にある状況にしてくれ」

   
 ハートのクイーンかい!

  


以下、読書録。

●14日
(25)一般本 『銀河英雄伝説 外伝 1巻』 田中芳樹
  うわー、キルヒがいっぱい~(T_T)

  なんかこういうの読むと、
  もし、あの後もキルヒが生きていたら、
  とか考えちゃうなぁ。

  ヤンの死が、ユリアンにとって幼年期の終わりだったように、
  キルヒの死が、ラインハルトの幼年期の終わりだったのかなぁ。

  ってことはキルヒは、大人にならないまま死んじゃった?
  ・・・ここは開けてはならぬパンドラ領域だよな・・・。  
[ 2011/01/15 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。