腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 図書規制&読書 > 第2回 地方自治法 直接請求権を読む
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第2回 地方自治法 直接請求権を読む

の前に。
どーでもいい話。

●テンプレ変えたので、字をでかくしたいと、
 いじっていたが、どうにもうまくいかーん!!
 12Qか14Qぐらいにしたいのにー…(T_T)
 なぜか、10Qか、16Qぐらいになる。
 なぜじゃ!←腐人がバカだからだろう


●年末に、「池上彰の学べるニュース 生放送6時間半」を
 録画した。

 んでもって、正月中にだらだらみてたわけだが、
 腐人にとって、一番衝撃ニュースだったのが、
 「『ゴルゴ13』の『ゴルゴ』はゴルゴダの丘が由来」

 …腐人、これはニュースじゃないだろう。
 
 ま、それはともかく。
 それを池上彰さんが知ってるってのがびっくり。
 愛読者なんだろうか…。

 でもゴルゴがゴルゴダなら、13はユダってことなのかな?
 13の説明もして欲しかったよぅ!

 
●年始に、7人を殺害した女性のシリアルキラーのネタを
 テレビでやっとったんだが、
 そこで、彼女がいかにモンスターであるかっちゅーことで、
 「暴言 その1」「暴言 その2」…と、
 公判やインタヴューでの発言をとりあげてたんだが。

 …こ、これのどの辺が「暴言」なわけ?
 可愛らしいもんやんけ…。

 この程度で、「モンスター」だの言われる「暴言」だとすれば、
 腐人はどないしたらええねん(ーー;)

 もし今、腐人に
 「某氏に対する悪口雑言を言いたいだけ言っていいよ
 なんつったら、
 デスノート10頁分ぐらい言えるぜ。←なぜ、デスノート指定なんだ…
 
 それにしても、この問題。

 この程度を「暴言」としたテレビ局のラインがお上品なのか、
 この程度しか言えなかったシリアルキラーの語彙が乏しいのか、
 この「暴言」を、この程度?と思う腐人の基準が高いのか。

 3番目でないと、信じたい。


あと、『爆問学問』の羽生さんの話もしたかったんだが、
これはおもろそうな著書をみつけたので、
それ読んだ時にしよう。
…覚えてられるかな?


では、今日も元気に、地方自治法のお勉強をしましょうか。

「第74条の2
 1 条例の制定又は改廃の請求者の代表者は、
   条例の制定又は改廃の請求者の署名簿を
   市町村の選挙管理委員会に提出して
   これに署名し印をおした者が
   選挙人名簿に登録された者であることの証明を
   求めなければならない。

   この場合においては、当該市町村の選挙管理委員会は、
   その日から20日以内に審査を行い、
   署名の効力を決定し、その旨を証明しなければならない。」


ふんふん。
ま、こりゃ署名集めの段階では、いらん話。

先にいこう。

「2 市町村の選挙管理委員会は、
   前項の規定による署名簿の署名の証明が終了したときは、
   その日から7日間、その指定した場所において
   署名簿を関係人の縦覧に供さなければならない。」


これは選管の話だからどーでもいい。

が、これ、個人情報保護とおもいっきりぶつかる話よなぁ。
個人情報保護のときに、これについてどうするかっちゅーことは
話し合われんかったんかね?

っつか、それがいやなら、民は黙っとれっつーこと?

どうもこの直接請求権について調べれば調べるほど、
悪い方への曲解の意での、
「民は之に由らしむべし。之を知らしむべからず」
になっとる気がする。

※この言葉の正しい理解は、どうなんでしょうねぇ。
 腐人は、
 「人民は為政者の定めた方針に従わせることはできるが、
  人民すべてがなぜそうなったかを理解するのは難しい。
  だからこそ為政者は、皆にわかるように説明しなければならない」
 と解釈してますけどね。 

話がずれた。
次へいこう。

「3 前項の署名簿の縦覧の期間及び場所については、
   市町村の選挙管理委員会は、予めこれを告示し、
   且つ、公衆の見易い方法によりこれを公表しなければならない。」


これもどーでもいいや。
次、次!

「4 署名簿の署名に関し異議があるときは、
   関係人は、第2項の規定による縦覧期間内に
   当該市町村の選挙管理委員会にこれを申し出ることができる。」


「関係人」って誰やねん、っつーツッコミいれたいが、
まぁ、東京都の有権者っちゅーこったろう、たぶん。

これも署名集めには関係せんからどうでもええわ。

「5 市町村の選挙管理委員会は、
   前項の規定による異議の申出を受けた場合においては、
   その申出を受けた日から14日以内にこれを決定しなければならない。
 
   この場合において、その申出を正当であると決定したときは、
   直ちに第1項の規定による証明を修正し、
   その旨を申出人及び関係人に通知し、併せてこれを告示し、
   その申出を正当でないと決定したときは、
   直ちにその旨を申出人に通知しなければならない。」


これもどうでもええな。

「6 市町村の選挙管理委員会は、
   第2項の規定による縦覧期間内に関係人の異議の申出がないとき、
   又は前項の規定によるすべての異議についての決定をしたときは、
   その旨及び有効署名の総数を告示するとともに、
   署名簿を条例の制定又は改廃の請求者の代表者に
   返付しなければならない。」


これも選管の話。
ああ、面倒くせぇ…どこの××や、この法つくったんは!
最初っから、
「直接請求権 対象:選管」「〃 対象:請求人」っつって
わけとけや!←腐人…暴言を反省したんちゃうんか…

・・・。
さ、次いこか。

「7 都道府県の条例の制定又は改廃の請求者の署名簿の署名に関し
   第5項の規定による決定に不服がある者は、
   その決定のあつた日から10日以内に
   都道府県の選挙管理委員会に審査を申し立てることができる。」


次!

「8 市町村の条例の制定又は改廃の請求者の署名簿の署名に関し
   第5項の規定による決定に不服がある者は、
   その決定のあつた日から14日以内に
   地方裁判所に出訴することができる。

   その判決に不服がある者は、
   控訴することはできないが
   最高裁判所に上告することができる。」


…次…っつか、どうでもええがな、こんなん…。

「9 第7項の規定による
   審査の申立てに対する裁決に不服がある者は、
   その裁決書の交付を受けた日から14日以内に
   高等裁判所に出訴することができる。」

…つーぎー。

「10 審査の申立てに対する裁決又は判決が確定したときは、
    当該都道府県の選挙管理委員会又は当該裁判所は、
    直ちに裁決書又は判決書の写を
    関係市町村の選挙管理委員会に送付しなければならない。
 
    この場合においては、
    送付を受けた当該市町村の選挙管理委員会は、
    直ちに条例の制定又は改廃の請求者の代表者に
    その旨を通知しなければならない。」


法律つくっとるやつって、なに考えてんねやろ…。
確実に、「わかりやすく」は抜け落ちとるな。

いっぺん池上彰さんにレクチャーうけてこい!

「11 署名簿の署名に関する争訟については、
    審査の申立てに対する裁決は
    審査の申立てを受理した日から20日以内に
    これをするものとし、
    訴訟の判決は事件を受理した日から100日以内に
    これをするように努めなければならない。」


つーぎー。

「12 第8項及び第9項の訴えは、
    当該決定又は裁決をした
    選挙管理委員会の所在地を管轄する地方裁判所
    又は高等裁判所の専属管轄とする。」


もういやんなってきた…(-_-)。
はっΣ(゜_゜)!
もしかして、「民に法を読ませない」、これが目的なんか!?

「13 第8項及び第9項の訴えについては、
    行政事件訴訟法(昭和37年法律第139号)
    第43条の規定にかかわらず、
    同法第13条の規定を準用せず、
    また、同法第16条から第19条までの規定は、
    署名簿の署名の効力を争う数個の請求に関してのみ準用する。 」

 

えー、74条の2は以上だが、
はっきりいって、署名活動をどうすりゃいいんだっちゅー点においては
全くのムダ条文。

なんやこんなんばっかやと、嫌気がさすなぁ…。

でも!
ここでくじけていては、
あの×××××××××××××××××××を殲滅できんので、
頑張らねばなるまい。

え?
その×になにがはいるのかって?
それは各自お好きにご想像くださいませ。
あなたの暴言モンスター度がわかるかもー♪





以下、読書録。

●5日
(6)一般本 『銀河英雄伝説 19巻』 田中芳樹
  まぁ、もう終わりにむけて一直線だな、この辺は。

  それにしてもヒルダちゃん。
  再婚せんかったんかなぁ?
  やっぱり、その後って気になりますよ、田中さん。

  でも絶対書いてくれないだろうなぁ…。

(7)BL/クロス 『灼熱の牢獄』 いとう由貴
  いとうさんの著書は、
  たぶん半分…いや1/3は読んでると思うが、
  うーん…なんかなぁ…なんかあわんのだよな。

  キャラの心が、なんでこうなるんだか
  よくわかんねぇのよ、腐人には。
  もうこうなると、腐人の問題だわね。

  そういや、今回、
  自律ができないムスコに制裁が加えられましたが、
  前、アメリカであったんだよねぇ。

  酔っ払った夫が妻をレイプして(どうやら初犯じゃなかった?)、
  腹に据えかねた妻が、
  出してすっきりしてぐーすか寝こけてる夫のコカンに
  ナイフぶっさして切断し、ぽいっと捨てた事件。

  その後、手術でつくにはついたらしいですが、
  機能のほどは報告なし。
  っつか夫の人格が180度変わったらしー。

  …なら
  とっととやって、犬に食わせりゃよかったのに。
   ↑
  …これぞ暴言…

  え?そんなもの食わされる犬がかわいそうって?
  確かに。←そこなのか!?
  
  確か罪には問われなかったと記憶してるが、
  どうだったかなぁ?

  でもまぁ、そういう人は、たとえブツがなくなっても
  死ぬまで性欲にふりまわされて、
  なんか違うほうに歪むと思うけどね、腐人は。

  死ななきゃ治らんってのは至言だよねぇ。
[ 2011/01/06 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。