腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > きゃー!やったー!!
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きゃー!やったー!!

♪も~、い~くつねるとぉ~
 コミケかなぁ~?♪


っちゅーことで、そろそろ新刊情報がUPされてるかと
おっかけ作家さんのサイト周りをしたところ…
やったぁ!!

谷崎泉さんの新刊の中に、腐人がヨダレたらして待ち望んでた
『セレクション6(君が好きなのさ総集編)』
『HAPPINESS HAPPINESS3(しあわせにできる総集編)』がある!!

いえ~い!!

『OFFICIAL16』も「君が好きなのさ」がある!!
やっほぉ~い♪

ところで、谷崎さん。
ちょいとお伺いしますがね。

このいずれかに、腐人がこれを知らぬまま死ねない…と思ってる、
「浅井さんがなんで日本に嫁探しにきたのか」
は載っとるんでしょうか?

ま、たぶん15の続きだろうなぁ…。
でも一縷の望みはもっとこう。


須賀しのぶさんもラスト参加で新刊があるとのこと。
うわーい♪
体調をまた崩されたとあるのが少々心配。
無理はなさらんといてくださいねー。

それにしても、ラスト参加って……言い切らないでぇぇぇぇっ!!
夢を見る余地を、1ミリでいいから残しといてください。



杉原理生さんは………にゃいぞ…。
まだ、なだけですよね?ね?

えー…
J庭で逃したペーパーの件、しぶとく引きずっている腐人は
きっと冬コミには、そのペーパーにプラス、
双子ちゃんがたぁっぷり書いてある本がでてるに違いないと
信じています…
よろしくお願いします、ショタの神様


木原音瀬さんも情報がまだ…。
…ま、昨日まではフィギュアスケートでしたからねぇ。

新刊のネタはなんだろう?←まだ、出るとも出ないともわからんちゅーに!

柴又のおじいちゃんとのお約束?
それともパールの行方?
そういや、爆撃もはじまってましたねぇ。
ジャングルでいたすと、
困ったところにヒルが入り込みそうですけどねぇ。

ま、よい子にして待ってたら、
遅刻したサンタさんがプレゼントをくれるはじゅー。


今日はちと、読書録に力をいれたいんで、
雑記はこの辺で。

以下、読書録。

●26日
(899)一般本 『感染宣告』 石井光太
  サブタイトルが、
  「エイズなんだから、抱かれたい」

  うーん…内容以前のところで、腐人はこのサブタイトルがひっかかる。
  なぜ、「なんだから」?

  「エイズなんだけど、抱かれたい」
  「エイズだからこそ、抱かれたい」
  これならわかるのよ。

  「エイズという病気をもっています。
   でも、生きてるんです。
   だから性欲があって、抱かれたいという欲求がある。
   それを知ってください。」

  とか、
  「エイズという病気があるからこそ、
   健康な人以上に、人の温もりを感じたいんです。
   それで安心したいんです。」

  とかの解釈がなりたつから。

  でも、なんで「エイズなんだから」

  正直、カチンとくる。

  理由その1

  ってことは、なんだ?
  「エイズ」になると、四六時中抱かれたくってしゃーない
  色情狂になるとでも言いたいのか?

  そうとれちゃうのよ、この表現。


  理由その2

  エイズに限らずね、病気や怪我という大きな痛手をくらうと
  「健康なお前に俺の気持ちがわかるか!」
  ってことをよくおっしゃる。

  腐人はこういうのを聞くたびに、
  「はぁ?
   あのなぁ…他人の気持ちなんつーのは、
   あんたに限らず、誰1人わかるもんじゃねぇんだよ!

   あんたの気持ちは、あんただけのもんなんだから、
   知るかよ、んなもん。
   
   わかって欲しけりゃ言葉にして言え。
   サボってんじゃねぇよ!」

  と思う。し、そう言う。←鬼…

  なんつーかね、この言葉の裏に、
  自己憐憫とか、卑屈さ、それにすんごい傲慢なものを感じるのよ。

  人間が平等だったことなんざ、
  人類誕生以来、一秒だってありゃしない。
  なにを今更ゆーとるんだ?

  もてない君がいくら羨んだところで、
  フクヤママサハルにはなれん。
  とっとと人生のハンドルを切り替えなきゃ、
  自分が損するだけだろう。

  と思ってる腐人だからだろうか、
  なんかね、このサブタイトルには、すげームッとしたの。


  ま、その辺をさておき、中身を見る。

  とても読みやすい文章なのはいいんだが、
  章立てがなぁ…なんでこんなにブチブチエピソード切るんだ?
  Aさんの場合、Bさんの場合、Cさんの場合で
  まとめてくれたほーが読みやすいんだがなぁ。

  ま、いいや。

  のっけから、ポジティブの方の乱交ぱーてぃーだったので、
  公然わいせつ罪にひっかかってる腐人としては、
  「これは公然か、そうでないのか、そこが気になる…」
  と余計な寄り道をしてしまいましたが、
  まぁなんというか………
  ここに紹介されてる人だけで
  「ポジティブの人って、こうなんだ」と思っちゃいかん気がした。

  出産の章で、エイズ診療の拠点病院でもある
  独立行政法人国立国際医療研究センター病院の方が、
  「変わった話を求めてるんでしょうが、
   ほとんどの方は、状況を受け入れ、しっかり対処してる」
  みたいなことをおっしゃってて、
  腐人もそうだと思うんだけど、そういう人がほとんど書かれてないんだよ。

  それはおかしかないか?
  …まぁ、著者がそうしたけりゃ、それでいいのかねぇ……(~_~)
 

  全然書かれてないわけじゃなくって、
  拓郎という人の関係者として書かれた和樹なんかは、
  ちゃんと地に足つけて対応してる。

  それ以外の方々は……なんつーか……
  ポジティブがどうこう言う以前に、
  一個の人間として、どうなんだ、それ?と思ったぞ、腐人は。

  多くの方が、あまり幸福ではない幼少期を過ごしてたりしてんだが、
  だからって、そういう状況の人皆が皆、
  売春したり、乱交したり、ヤク中でDVの男とつきあったりするわけじゃない。
 
  血友病の方もいらっしゃったが、そりゃ確かに病気は大変だと思うが、
  なんなんだ、その心の弱さは。
 

  遺言書んとこで書いたが、腐人の周囲には、突然死が多い。
  昨日まで笑ってた人が、今日は死体になっている。
  そんな経験を何度かした。

  だから、「死」とは別に遠いものではないと思っている。

  トルストイの少年少女向けのお話の一つに
  『人は何でいきるか』という短編がある。

  そこに、「人には何が与えられていないか」について
  書かれているのだが、腐人はその話をこう読んだ。

  「人は未来を知る能力がない」。

  この世における、唯一絶対なことは、「人はいずれ死ぬ」。
  でも、「いつ死ぬか、知ることはできない」。

  病気の人も、健康な人も、皆、この条件は同じ。
  だから、別に毎日毎日を、できるだけ後悔しないように生きてけば、
  そんでいいんじゃねぇの?

  と、腐人は思ってしまうので、
  「死」を怖がる人ってのがよくわかんねーんですわ。

  「生」と違って、「死」はコントロールすることができる。
  それだけでも、腐人としちゃありがたいけどねぇ。

  ま、こんな腐人の感覚は、たぶん、あんまし普通じゃないんだろう。

  だから、皆が皆、そう思え、とは思わんし、
  いろんな経験から、「私はこう思うの!」ってのをみつけるべきだと思う。
  そうしたら、人間、腰が座るから。
 
  でも、なんか…ここに出てくる人の多くが、
  それ以前な気がするんだよなぁ…。

  ま、いいや。
  それぞれの人生ですから。


  でもね。
  いろいろあったエピソードのうち、
  この2つだけは言いたいの!!

  1つは、拓郎と和樹の話で、
  拓郎がゆってる、俺はゲイじゃないっつー主張。
  男とやることやれて、ゲイじゃないって、それってどうなの?

  ドラッグの影響があるから?
  身体と心は別?

  あーやだやだ、バイのくせに、脳みそへテロっつー
  セックスじゃなくって、恋愛がしたいゲイにとっては
  最低男じゃん、それ。
  
  認められないのか、認めたくないのか。
  どっちかわからんが、それって誰も幸せにならないよ?
  
  それ以外んとこも含めて、
  自分といっぺんちゃんと話ほうがいいと思うなぁ、拓郎君。


  もう1つは、名古屋の話。
  あかん、仮名すらわすれてもうた。

  今ほどオープンじゃなかった時に、
  ゲイであることを隠して結婚した人が、
  浮気の乱交でポジティブになったという話なんだが、
  それらの行為とは別に、
  彼には、30年間つきあった日出男という恋人がいた。

  日出男自身も、クローゼット(カミングアウトしてない人のこと)で
  結婚しているんだが、つきあってたのは、彼のみ(だと思う)。

  ポジティブなのがわかったあと、
  彼は日出男に告白するんだが、
  日出男がどうだったのかがここには書いてない。
  ※激怒して、出て行かれたっきり。

  腐人は、日出男がプラスだったのか、マイナスなのか、
  ものすごく知りたい!
  
  っつか、そこで放置ってあまりにも無責任じゃない?
  まぁ、そこできっちり責任とれる人なら、
  仮面結婚してないか。



  とね、なんかなんかなんか、もやもやするのよ、
  エイズ以前のところで。

  だから、これを読んで、  
  「ポジティブの人って、こうなんだ」と思っちゃいかん気がするの!
  腐人は!!


  
  ま、それはさておき。

  エイズの知識で言えば、一つ収穫があった。

  HIVウィルスだが、サブタイプの区分があり、
  ポジティブだからといって、ポジティブの方と防御なく性交すると、
  違うタイプのウィルス感染をひきおこしたり、
  耐性ウィルスの感染をすることがあるんだそうで。
 
  へー。

  ちなみに欧米でのメインがサブタイプB。
  日本もこれが多く75%だったかな。
  
  他には、A,C,D,F(だったか)が
  日本に入ってきてるんだそうで。 

  へーへー。

  タイプが違うのに新たに感染したり、
  耐性ウィルスの感染をひきおこすと、
  薬の効果が変わってくるなどの問題が生じるんだそう。

  なるほどー。

  詳しく、そして正しく知りたい方は、本を読んでください。



  そういや、気になったことがもう1つ。

  7/2の『感染症ワールド』で書いたが、
  このエイズ治療薬代、
  恐らく数年後、社会問題化するのは間違いない。
  ※詳しくは7/2を読んでください。

  これについて、全く触れられてなかったが、
  著者は、感染者の方は、どう思っているんだろう?



  ま、そんなところが大体の感想であるが、
  最後に1つだけ、語彙でものごっつい気になってるものがある。

  「タチ」の対になるのは、「ネコ」では?

  「ウケ」ってのは、あくまでも腐女子用語だと思う…。


  ※『腐女子彼女』にも
   腐女子を見分ける簡単な方法として、下記の質問をせよ
   ってのがあった。
  
   「攻め」の対義語は?
  
   答え)一般人なら、「守り」。
      腐女子なら、「受け」。
[ 2010/12/27 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。