腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書 > 旨いもの便
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

旨いもの便

こ、腰が…岩井課長かもしれない…(ーー;)

※わからない人は、
 樹生かなめ『黄昏に花』シリーズを読みましょう。
 大洋図書 SHYノベルズから、出てます。
 まだ絶版じゃなきゃいいが…。


心当たりは…腐るほど、ある。

こないだチビ太郎が来た時、
特大米袋程度のチビ太郎と
米袋小ぐらいのチビ次郎を抱っこしたし、
昨日は血族が近所の幼児をナンパしてきたんで、
床上30センチんとこで遊んでたし。

本の持ち歩きは…毎日やっとるけぇ、
いつの何が悪かったかなんて、わからん…(~_~)。

とりあえず、病院の予約をとろうとしたら、
明後日までとれず、
今は、そぉぉぉぉっと行動するのみ………(;_;)
なんとかもってくれ…頼むぜ…(>_<)

そういや、さっき呼びかけられて
振り向かねばならなかったのだが、
相手がびびった顔してたのは、たぶん気のせいだろう。
うん。


そういや木原さんのツイッターで知ったが、
今日発売の週刊ポストに
「石原都庁が躍起になる『マンガ狩り』は警察官僚の天下り利権か!?」
っつー記事があるそうで。

ってか、この一件、
今、サッチョーから出向してきてるおっさんへの手土産品だっちゅー話は
前から出てたと思うんだが、さらに踏み込んでるのかな?

腐人が手土産話だというのを知ったのは、
1回目の可決がうんたらゆってたときで、
シンポジウム「どうする!?どうなる?都条例―非実在青少年とケータイ規制を考える」
の宮台真司さんの発言だったっけか?

すんません、出典が怪しいです。
買う…かどうかはわかりませんが、読んでみたいなぁ。



で、タイトルの話。

師匠から、旨いものがいっぱい詰まった宅配がきた!
やったー!!

銀ちゃんのいる山岡県じゃねぇ、岡山県の産直ぶどうがきたんだぜ!
へへへへへーん!!←なぜ、腐人が威張る…

にしても。
今は11月…というよりもう12月。
なのに、ぶどうがあるのか、岡山県…すごい…。
どういう県だ?

今回は、

●グローコールマン
●マスカットビオレ
●紫苑


という3種をいただく。

まず、名前の音で●紫苑に10ポイント。
え?
10なんつったら、
ムウ様からスターダストレボリューションかけられるって?

じゃぁ、『紫音と綺羅』っちゅーことで。

※これがわからない方は、貴腐人テストに不合格ざます!


お値段は、師匠によると、
マスカットビオレ > 紫苑 > グローコールマン
とのこと。
へー。

あ、でも●マスカットビオレが一番高いのは
なんかわかるかも。

こいつのお味は、名前の通り、マスカットがベース。
もぎゅっとやると、「あ、なるほどね」。
3種の中では一番味が濃かった気がする。

洋者で、濃い感じで、色が暗めで、でもタネなし。
…今、タネなしというと、
桐原(かわいゆみこ『疵』)とか、
乙耶くん(崎谷はるひ『静かにことばは揺れている』)だが、
ちょっと違う。←全然違うわっ!

うーん…タネの有無はわからんが、
さっき『Flesh & Blood』を読んだとこなんで、
「ビセンテ」とさせてもらおう。

ちょいとつつくと、実がボロボロ落ちるあたり、
カイトを逃した後のヘタレっぷりと、近いしさー(^_^メ)。


名前で一歩リードの●紫苑だが、
こいつは粒が実にがっちりくっついていて、
1粒1粒をもぐのに結構力がいった。

ってことは、執着心が強いってことだな。

味は、ものごっつい上品。
育ちのよさを感じるわ。

でも、中の方に酸味があるんだよなぁ。
そう…見た目じゃわからんものをもってるってことで。

ルーツがよくわかんないんですが、名前からしても和。

ってことは、こりゃ「和哉」だな。
うん。


そしてそして、●グローコールマン

これは冬に実る珍しい葡萄だそうで。
へー。

98%が岡山産なんですと。
へーへーへー。

というか、なるほど、と思いました。
だって、本当に初めての味、初めての食感なんだもん。

腐人はどちらかというとぶどうは山梨産ばかりを食ってたので、
これ、生まれて初めて食うぶどうだわ。

まず、つゆだくです。
皮ごと食える、とは書いてませんでしたが、
実は3種の中で一番皮が薄い。

タネありなので、ガツガツはできませんが、
でも腐人はタネだけプププッとやって、
皮ごと食ったが、全然渋くない。

この皮の薄さは、桃太郎??

ってかね、ものごっついおつゆがジュルジュルなので、
皮ごと食わないともったいないのよ!これ!!


甘さの感じは
マスカットビオレ > グローコールマン > 紫苑

でも、この甘みは、マスカットの系統じゃないし。
実のふにょんとした感じはデラウェアっぽいんだが、
味が違う。
なんだろう…と、やってるうちに、半分ハゲに。

貴重品やねんから、大事に食わんとあかんやん!!!
誰や!!←自分や

ああ、また同じボケツッコミをやってしまった…(;一_一)。
進歩0…ゲイなしめ!


で、こいつを誰にしようかと思案中なのだが、
あまりに初めて感が強く、またルーツがよくわからずで、
誰にすっかなぁ…?

汁気たっぷりな人達は、両手に余るほど浮かぶんだが、
ピュッで終わる感じじゃないのよねぇ…←おい!
そうねぇ、さしずめ、ニョタエド?

…わかる方だけ、わかってください…。


今回は、ぶどう君たちの他に、
巷で流行りの『食べるラー油』もいただいた。

ラー油…
この腐人日記をずーっと読んでおられる方ならご存知のとおり、
腐人はラー油でカモられたことがある…(-_-;)。

そのため、どんだけ巷がワーワー言おうとも、
酸っぱいぶどうのキツネ君の気持ち120%だったのだ。

なので、ラー油かぁ…と思いつつ、瓶をみてびっくり。

腐人が以前カモられたラー油は、油9:具1ぐらいだったんだが、
もらった京都ホテルオークラは、油1:具9なのだ!

食べるラー油という言葉は知っていても、
繊細なハートを傷つけられた身としては←…誰のことや
スーパーのラー油棚に行くのもイヤだったんで、
「食べるラー油」の本当の姿を、このとき初めてみたのだ!

こ、これは…これは違うぞ!!

ってことで、速攻で、米をとぎ。
♪まだかなまだかなーと歌いつつ、マンガを読むこと1時間。

できたてホクホクの白メシにぶっかけてみました。

・・・う、うまっ・・・うーまーいーぞーっ(T_T)!!!


なんなんだ、これ!!

まず、フタを開けた瞬間に、腹がグーとなりそうな匂いがする。
これは、揚げニンニクか?干しえびか?
もうこれだけで、口の中が唾液の洪水。

具と油をまぜなくちゃね、と思って、
まず、腐人がカモられたラー油を真似て、
瓶を振ってみた。

しかし!
具は微動だにしないのだ!!
うーむ…ここからして違うぞ、
腐人がカモられた『ラー油の×人』とは!!

しょーがないので、スプーンをぶっこむと、ジャリッという。

ジャリ?
裏の原材料をみたら、エシャロットとかニンニク、干しえびとあるが
こんな油に浸かってるんだから、
普通は、もうふにゃふにゃだよなぁ…なんでジャリ?

という疑問に駆られるが、いつまでたってもジャリジャリジャリ。
この感じは、かなり粗めの潮干狩り…。

何かでてこないかなぁ?という期待は裏切られるが、
この混ぜ混ぜがなかなか愉しい♪

油と具がいい感じに混ざったら、ご飯にぶっかけるのだが、
実は腐人、あまり辛いものは得意ではない。
韓国料理は食えない人だ。

でも、あまりに旨そうな匂いにたまらず、スプーン山盛りをかけてみた。

これがですね、いけるんですよ!
腐人よりさらに辛いのがダメな血族は、ティースプーン程度にしてたが、
なんというか辛味より旨味のが強いので、
ご飯とラー油は2対1♪ぐらいいけちゃう。

辛いの全然平気と言う方は、1対1でもいいかもしんない。

びっくりするぐらいご飯がすすむ。
ご飯がススム君もきゅうりのキューちゃんも目じゃないぞ、これ!
   ↑
※わかる人だけわかってください…。
 たぶんじぇねれーしょんぎゃっぷがすごいだろうなぁ…。


腐人はモ●屋のものがどういうものかは知らないが、
はっきしいって、
腐人がカモられた「ラー油の鉄●」よか全然旨い!

こ、これが食べるラー油なのか…
この世には、こんなに旨いものがあったのか…(ToT)
腐人は今、モーレツに感動しているっ!←わかる人だけ…以下同文


でも、そのあと、師匠にお値段(1瓶税込み735円)を教えてもらって、
腐人は奈落の底まで、転げ落ちました…。

こんな旨いもんが、この値段…
腐人が買ったアレが、あの値段…
し、しんじたくないーっ!!!!

※詳しく知りたい方は4/16腐人日記をどうぞ

以下、読書録。

●28日
(820)マンガ 『カルバニア物語 13巻』 TONO
  うわーい!13巻だい!

  一番の衝撃は、タニアちゃん!
  あなたロッピーにパンツを触らせてんの!!!である。

  が、よくよく考えたら、ロッピー(これ気に入っちゃった)って
  パンツどころか、生身も触り放題だよなぁ…。
  …性指向はどちらをお向きで?
  すげー気になる。

  ところで、今回はまぁ、
  ナジャルとアナベルが一つのテーマなわけですが、 
  帯に、「タニアにライバル」とありましたが、そうかなぁ?

  ま、簡単な方から片付けてくと、ナジャル君。
  君はタニアのライバルじゃないが(王位って意味ではライバルか?ま、いいや)
  君の勝ち目は薄いな。
  腐人予想では、コンラッドが単賞で2倍、ナジャルは50倍ぐらいか?

  コンラッドは、婿入りさえOKとれりゃ、
  「ビクトリア女王の旦那のアルバート」を狙えそうだが、
  ナジャルはなぁ…、
  たぶんタニアの中では、手のかかる弟認定だぞ、お前。

  本気で大穴狙うなら、戦略考えろ。
  このままだと、本命にかっさらわれるぞ。

  腐人としては、弟立場からの攻略法としては、
  崎谷はるひ『耳をすませばかすかな海』を参考図書としてオススメする。

  あ、でもあれ、兄ちゃんとラブじゃねぇや…ま、いっかー、
  そっから先は独自で頑張れ。←おい!

  …だって、どうでもいいんだもん、ナジャル…←おい!!


  っつか、この巻、本題はこちら↓でしょ?

  腐人は、この『カルバニア』は、
  フェミの壁と戦う女の子の話だと思っている。

  フェミニズムというと、ぎすぎすしたイメージがあるが、
  TONOさんの筆により、大変軽やかに、でもしたたかに描かれていて、
  腐人は、いろいろしんどくなったとき、
  このお話を読むのがすごく好き。

  それを踏まえて。
  アナベルの話。

  「タニアにライバル」を、え?と思ったのは、
  タニアのアナベルに対する態度にロッピーが言った私見に
  納得ができんかったから。

  エキューも、そうかなぁと思ってるようだが、
  腐人は、あのタニアの態度は、そういう話じゃないと思う。

  タニアは違うのかもしれんが……
  もし腐人が働いている場に、アナベルみたいな腹づもりの子がいたら、
  腐人は、遠からずブチ切れて、叩きだしている。

  てめぇ!何しにきとんじゃ!!!
  ここは、働く場なんだよ!
  公私の区別もつかねぇ奴が、来る場所じゃねぇんだ!!  
  遊びに来とるつもりなら、とっとと帰って二度とくんな!


  って。怒鳴り散らすと思うわぁ。

  なんというか、こういう存在って、
  タニアのように、エキューのように、
  そして、今、社会で働いている女性たちのように
  仕事場で、毎日大変な思いをしながら、義務を果たし、
  責任を担っている立場からすると、
  
  てめぇの存在が、一生懸命やってる私らの評価を下げるんだよ!
  
  という気がする。

  しません?
  腐人はする。  

  例え夜会といえども、公式行事の場。
  義務があり、果たすべき責任がある。
  なのに、エキューの側にいたいからって、周囲無視?

  …てめぇ、働くってどういうことやと思てんねん!
  バカにしてんじゃねぇよ!!
  側にいたいだけなら、エキューの侍女になりゃいいだろう!!!

  と、言っちゃうね、腐人なら。 

  税金でドレスを作ってもらうというのが、どういう意味なのか、
  考えたことあんのかね? 


  なんだかんだゆったって、今の社会は男の感覚でできている。
  だから、女性がでてくるのは、無意識的に嫌がられてる。

  その中で、タニアちゃんにしろ、エキューにしろ、
  ものすごく頑張ってるわけじゃん。

  その評価を積み上げるのは、本当に大変で、
  でもその評価を崩すのは、本当に一瞬で。

  何かやらかしたら、即「ほら、しょせん女だから」というわけよ。

  それは別にやらかしたのが、
  タニアが、エキューが、じゃなくてもそうで、
  「個」の評価ではなく、「女」というひとくくりで評価が下る。

  アナベルの現状は、まさにそれで、
  別に本人がナジャルの愛人になろうが、飼い殺しになろうが、
  そんなもんはどーでもええ。
  そんなもんは、本人の床事情で、本人が考えるべきこと。
  自分の居場所確保のために、ガキが欲しけりゃ、
  朝、寝てるとこにのっかりゃいいじゃん、それで万事解決だ←おい…
  
  でも、公式の場で、その態度をとってることが、周囲にどういう影響を与えるか、
  それがわからんバカ女は、家の外に出てくんじゃねぇ!!
  と、腐人は思った。

  タニアはそれで怒ってるんだと思うんだが、違うかねぇ?

  TONOさんは、腐人なんぞの予想の遥か上のところで、
  ぽーんとものすごく、軽やかでしなやかなフェミ論をしてくださるので、
  タニアのご意見、愉しみに待っておこう。

  ※追記

  にょきにょきえきゅーちゃんへ

  らいあんは、もむのに慣れてないから、
  単にヘタクソなのかもしれませんよ?

           カフのがいいなぁと思ってる腐人より



(821)マンガ 『乱と灰色の世界 2巻』 入江亜季
  木原さんが、ツイッターで、
  「漫画に愛されてる」と書いておられたが、
  まさにそうだよなぁ…。

  上記のTONOさんも独特なものがあるのだが、
  なんなんだろうな、この滑らかさ。
  古くて新しくて、懐かしくて斬新。

  こういう漫画は、先を予測なんてできるもんじゃなく。
  ただただ与えられた恩恵を感謝するのみ。

  骸虫の影響が、ものすごーく気になる。
  そして…発情期も。
[ 2010/11/29 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。