腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > らんらん♪ららら、らんらん♪3巻だーい!
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らんらん♪ららら、らんらん♪3巻だーい!

きょっ・おっ・はっ!
ディアプラスの早売りがゲットできる日っ!!

ってことで、
ダッシュして奪取してまいりましたがな、
『秋霖高校第二寮リターンズ 3巻』!!

で、さっきまでむさぼり読んでましたー。
でも感想はルール(そんなもんあったのか・・・)に従って明日ー。

そう。
ただ単に、自慢したかっただけー♪←性格悪っ!

腐人の場合、本当にお気に入りの本は
こうやって、早売りを狙って狩りにいく。

だって、一分だって一秒だって早く読みたいんだもん!

それにしても・・・あとがき読んで噴火してんですけど、
これ事実ですか!?
ひ、ひどい・・・ひどすぎるーっ!!!


ディアプラス繋がりで、もう1ネタいっとこーか。

新聞をみていたら、
とあるネタ芸人さんの全国ライブツアーの記事があった。

腐人は、お笑いファンではないが、関西人なので気にはなる。

なになに・・・と思って読んでみると、

『お笑い芸人ブームを牽引した「ネタ見せ」番組が
 相次ぎレギュラー放送を終了。』


『「今後しばらく、ネタのうまさで
  テレビから誕生する若手がいなくなるのでは」』


『芸人のトークやロケ企画が人気』


・・・・・・ちょっと待てよ?
なんかどっかでみたフレーズやぞ?

って、久我有加『月よ笑ってくれ 月も星もない2巻』
そのまんまやんけ!

うーむ・・・あれは、お笑い予言の書であったか・・・。


新聞に載ってたのは、某ネタ芸人さんで、
「ネタをやってこそ芸人、
 今は次のチャンスに備えてネタを磨く」
と全国ライブツアーをなさるんだそう。


久我さんの予言の書では、ネタ番組が終焉を迎えたあと、
数年の後、ネタ番組は復活していた。
劇場だってできていた。

ご興味のある方のために書いておくと、
これは芸人シリーズといわれてるヤツで、

★『何でやねん!』全2巻  
   芸人・バンデージ編
   腐人は顔のええダ●ンタウンやと思ってる
   
★『月も星もない』『月よ笑ってくれ』
   芸人・パイロットランプ編
   バンデージに憧れて・・・の世代やから、誰や?
   爆●問題か、くりぃ●しちゅーか?

★『恋で花実は咲くのです』
   元芸人・スパークファルコン編?
   とゆーてええのやろか?
   
あと、芸人やめた人の『それは言わない約束だろう』ってのもあるが
これはどっちかっつーとメシ屋の話。   

なので、この★つけた作品だけでええと思うけど、
これらを上から順に読んでくと、
お笑い業界の流れがなんとなくみえてくる。

全部著者は久我有加さんで、ディアプラス文庫。
腐人オススメです。

あ、ゆっとくけど、BLでっせ?
そこんとこご理解の上、手を出すなら出してくださいねー。


なんか話がずれたが、
これらお話の中にも、テレビでレギュラーとったけど、
打ち切りにあった芸人さんとか、
壁にぶちあたってる芸人さんとか、
いろいろでてきはんねんけど、
これがまたとてもリアルで。

あかんなかで、自分たちを変えていけた人、
変えられず、業界を去っていった人、
いろいろな人が書いてある。

そんでもそれはフィクションやろう、現実とは違うやんか!
と言われたらそやが、
腐人はここでよく言ってるけど、
「では、その状況の上であなたはどう生きるのか?」
ってのは、リアルだろうとフィクションだろうと変わりはせん。

だから、テレビ番組はなくなったかもしれないが、
いつか復活する日のために、ネタを磨くという選択をした彼らに
「しばらく大変かもしれんが、くじけんとがんばりやー、
 ここで腐ったら終わりやでー」
と、心からエールを送りたい。

・・・っても、どういうネタしてはんのか、
よぉしらんねんけど・・・←おい!

前にも書いたが、BLで書かれた話って、
結構、リアルで参考になるよなぁ・・・。

腐人はヘタな実用書よか、重宝してます。


以下、読書録。

●7日
(752)マンガ 『工場虫』 見ル野栄司
  『シブすぎ技術に男泣き!』の番外編、と書いてあるが・・・。

  『シブすぎ』に関しては、腐人は結構けちょんけちょんに言ってんので、
  これも正直、期待はしておらなんだ。

  で、コレ読んで、『シブすぎ』でゆってた自分の意見に
  少々修正をいれねばならないかも・・・と思った。

  というのが、これ、写植打ってあるんです。

  腐人は『シブすぎ』で、手書きはやめろ!と言ってたんですが、
  その理由が、
  「ふきだしの中の文字が意味なく大小し、
   ふきだしの文字も表現の一つであるマンガとして、根本からなってねぇ!
   読んでて気持ち悪いからやめてー」
  というもんだったんです。

  確かに写植になって、気持ち悪さはなくなった。
  フォントや大小も効果的に使われていた。

  しかし!だ。

  そうなると、残るのは、純粋に
  「マンガとしておもろいかおもろくないか」
  なんですよ・・・。

  マンガとしての出来不出来でいえば・・・・・・・・・・・・・・
  
  あれ、手書きだからごまかされて読めたのかもしれない・・・
    ↑
   ひどっ!

  マンガのことがわかってる編集さんがついたら、
  続きをよもうかな?という気になる日がくるかもしれません・・・。

(753、754)同人誌 『俺の天使と踊れ!』『aim at a fishbone』 天野瑰
  腐人と師匠の間では、天野さんは
  「お兄ちゃんの人」という隠語で呼ばれている。

  今、同人のタイトルがでてこないんですけど、
  大戦あたりの日本のお話で、
  もう萌えツボ刺激されまくり兄ちゃんの話があるんですわ。
 
  ただ、その本編だけがまだ読めてなくってっ!!
  イベントがあるたびに・・・

  腐人 「あ、お兄ちゃんの人ですか?
      お兄ちゃん本は!?」
  師匠 「ダメだったのよ!
      でも別の買ったわ!!」
  
  という二人の間ではよくわかるが、
  周囲の人にはなんのこっちゃな会話が繰り広げられる。
  天野さん!お兄ちゃんの本、再版してくださいっ!!←わからへんて

  で、天使にふりまわされるおっさんの話。
  
  いやいやいや、バーバンクがいい!!
  え?
  天使でもおっさんでもないんかい!
  
  だって、あれ、夫夫でいちゃいちゃしてるだけじゃん。
  バーバンクはお見通しさ♪

  たぶんどっちかがヤバい状態になったら、
  今まで意地はってたのが悪かった!とかゆーて、
  簡単プーに、重なったスプーンになるでしょーよ。

  でもどーせなら弟がでてきてー
  ぐらぐらよろめき奥様やってほしーけどなー、天使に。

  それよか、重大な問題は、ストッパーが壊れたおっさんの下半身が
  定期的に検査されてるかどうかじゃなかろうか・・・。

  どーみても・・・ハイリスクあばれん棒・・・。

  個人的には4コマがものごっつい好きです。
  あー・・・そういや、こないだのJ庭で、
  総集編の2とかパンフで見た気がする・・・帰宅してから気づいたんだが。

  だって、会場ではペーパーもらえないショックで、
  真っ暗だったんだもん!
   
  くそぅ!早く2が読みたいぞ!!
[ 2010/11/08 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。