腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > といれ愛
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

といれ愛

自爆の傷を未だひきずっている腐人・・・。

でも、時間は前にしか進まないし、
やっちまったことは、もうどーしよーもねぇ・・・
っちゅーことで、
しばし様子見とさせていただくことにした。

とはいえ、ぐじぐじとなってしまうのが人。

そんなぐじぐじを
朝一番に吹っ飛ばしてくれるものがありました。

それは、腐人がJ庭で入手しそこねた
木原音瀬さんのペーパー、
「ある日の四十万谷常光」

サイトにUPされていたので、早速むさぼり読む。
っつか、頭3行で、思わず飲んでいたお湯を吹いた。

そうきますか・・・。

でも四十万谷くんさー、
君、なんでコンセントすぐに思いつかん?
腐人なんてすぐ「抜けばいいじゃん」と思ったぞ?

君・・・普段、トイレ掃除してないな?
してたら一発で気付くはずだぜ?

触れないといってたノズルだって、
あれはたまに引っ張り出して
ブラシで磨いてあげないといかんのだぞ。

あそこ、結構いろいろ・・・・・・
・・・・・・・・・・・・書くのはやめておきましょう。


それに、あのボタンというかタッチパネルね、
腐人の経験からすると、酷使具合にもよるが、
ガスにしろ、洗濯機やら白物家電のスイッチにしろ、
大体5~10年ぐらいで、パネルの裏の接触部分が寿命になる。

そうなると、パネル部分を総取替えせざるをえんのだが、
全く効かなくなる前までは、
マトモに上から押すのではなく、
ちょっと下手からボタン中央に向けて押し上げるとか
いつもは押さない部分から押していくと
当座はしのげたりします。

連打なんてもってのほか!
磨耗して接触がキレちゃってるのを増長させるだけでっせ。

そぉっと、そう、例えれば、
硬く閉ざされた未開の地を
ふちからゆっくり撫でながら、
徐々に押し開けていく・・・ひとさし指
←おい
そんな感じで触ってあげましょう。

って、考えてみれば、そんな触り方、
店長なれてるんじゃないのか??←おい!

っつか、腐人、
君自身、そうやっていつまで洗濯機の不調をごまかすつもりだい?

・・・・・・・・・だって買いに行くの面倒だしー・・・(;一_一)
なんとかごまかせてるもーん・・・←絶対近いうちに後悔するぞ


ま、腐人の話はどうでもいい。

それにしても店長、
そんなに長時間冷水に洗われて、大丈夫でした?

まぁ、出るもん全部出た後だから大丈夫なのか・・・←おい!
いや、やりすぎは、出ちゃいけないものまで
出てきちゃう傾向があるし、
キレイにしすぎると、ただれてきたりするんですよねぇ・・・。
 ↑
もうヤメロ!


それに便座は温めになってたかどうかわかりませんが
あれ、意外と長時間座ってると低温やけどやりまっせ?

まぁ、貧乏性の店長が、便座の保温をONにはしてないか。


ああ・・・気付けば、お話の感想というよりは
トイレについて語ってしまっている・・・。

そう・・・腐人にとって、寝るところとトイレは別格領域なのだ!
この2箇所について語らせたら、
ずーっとずーっと語ってしまうぐらい思い入れがある。

本をむさぼり読んでるときでも、
トイレだけは我慢できないし。←すんな!

店長が幸せといっているのもよくわかる!!
そう、日本が世界に誇るべき発明品よ!あれは!!

たいがーうっずだって、日本であれを知り、
自宅設置用に10個買って帰った
というウソかホントかわからん話があるほどだ!

古代ローマ人だってびっくりの代物だし!
ああ・・・トイレを愛する人のBLがあったら、絶対読むわ!
    ↑
需要、腐人だけじゃねぇか?



ところで、ものすごーく気になってることがあるんですが、
柴又のおじいちゃんとは
いったい何の約束をなさっておられたんですか?


玉置君には、タイプじゃないとかゆってるってことは、
柴又昭吉(仮名)くんがタイプで、
でぇとの約束があったということで間違いないですか、店長?

逃げないで、ちゃんと答えてください!!

腐人は、そこんとこ、じーっくり訊きたいです。

あー朝から笑ってすっきりした。
ありがとうございました。


一応カウントしとくか。
(747)BL/ペーパーサイトUP 『ある日の四十万谷常光』 木原音瀬

以下、読書録。

あ、しまった・・・5日に読んだ方が、数字古くなきゃならんのに
「ある日の・・・」方に先に数字振っちゃった・・・。
ま、いっか。

●5日

(748)BL/ショコラ 『野蛮人の求愛』  高尾理一
  これは花嫁じゃないですよー。

  腐人カテゴリー基準でいうと、
  花嫁ものとは、嫁にあたる受が、攻の元にやってくるもの。
  だって「嫁」という字は、家の女でしょ?
  
  これを花嫁ものというならば、攻受が逆じゃないと。
  ねぇ?←誰に同意を求めてんねん!

  腐人カテゴリーで分類するなら、これはそうだなぁ・・・
  「イロモノ」科「人外だが現実」属「コメディ」種

  近いところでは、木原音瀬 『無罪世界』で、こちらは
  「イロモノ」科「人外だが現実」属「シリアス」種

  ちなみに「イロモノ」科の属には、「人外で異界」属ってのもある。

  
  そーいやアマゾンの主食って、とうもろこしの粉でしょ?
  あれなんつーんだったっけ・・・。
  なんにでもふりかけて食べると開高健さんが『オーパ』で書いていた。
  そしてあまりに軽いので、出しても沈まないとも・・・
             ↑
       下の話からいい加減離れなさい!


  まぁ、一応、本編そのものに触れとくと
  当事者にはなりたくないが、
  端から見てる分にはおもろそーだと思う。

  でも、この先どーすんの?
  嫁だか婿だかよくわからんが、家族になって養ってくのかね?

(749)一般本 『翼の帰る処 2 上巻』 妹尾ゆふ子
  あら、2巻になったら、お話の方向が見えてきた。

  なるほど。
  『デルフィニア戦記』と同じ種らしい。
  「帝国年代記 ヤエトとその仲間達」というスタンスなんだな。
  これでようやく腰が落ち着いた。

  腐人はファンタジー音痴なんで、
  それがわからんと読めないんですよ。
  でもそれがわかれば、楽しめるようになるんですけどね。

  で、お話全体の感想は下巻に譲るとして、
  この上巻でひっかかったこと・・・。

  「鳥にとって、飛ぶことは生きることと同義」


  ・・・そうなんですかねぇ?
  腐人、車から走って逃げる鳩
  みたことあるんですが・・・。

  だから!
  ここの鳥は、現実の鳥とは違うから!!

  ああ、そうか、大変失礼いたしました。
  でも、腐人がそう思っちゃう理由として、
  鳥のちゃんとした絵がないのが問題なんじゃないかと思うんですよ!

  イメージとしては空飛ぶダチョウ?
  チョコボが近いのかしら??
  
  ゆっちゃーなんだが、
  人物紹介欄を「登場物紹介」にして
  お鳥様に1ページのイラストを
  差し上げていただきとうございます。

  だって、一番活躍してるじゃん。←おい!
  
  


  
[ 2010/11/06 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。