腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > イク気が、ED・・・
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イク気が、ED・・・

♪まだかな、まだかな~
J庭の、情報まだかな~♪


と歌っていたら。

木原さんのサイトに、「新刊なし」との情報UPが。
谷崎さんのサイトにも、「OFFICAL15のみ委託」と。
杉原さんのサイトは、全くもって触れておらず。
樹生さんのサイトは、夏コミのお知らせから全く動きナシ・・。
かわいさんのサイトも、以下同様・・・・。

イク気まんまん、ヤル気むんむん
どんな狭くてキツいところでも、カモンカモ~ン♪

と、ガッチンガッチンだったオレ様が、
一気に、ふにゃふにゃに・・・orz

思いっきり切羽詰まりまくりなんだけど、
見ないふりで、仕事ほっちらかす予定だったのにーっ!!!

萎えてます・・・。
思いっきりEDだよぅ・・・(>o<)


しくしくしく・・・(/_;)

このビンビンに高められたあげく、放置され、
くすぶりまくってるエネルギーを、どこにぶちまければいいんだっ!!
   ↑
仕事にむけろよ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・さて。

最近気になっているCMの話。

それは、
「えすてーかがく」のしょーしゅーポット
支店長ず、である。

あのなんとも不揃いで、音程もいい感じに外れてるアレ。
全員ホンモノの支店長さんだそうで。

一番若い方が43歳だったかな?
水洗コックでブラブラしてる方。

平均年齢が50いくつかだったかと思いますが、
あれ、ノーギャラなんですと。

製作過程をワイドショーでやっとったんですが、
もうみごとなオヤジーズで。

CM撮りは、全国支店長会議の翌日だったそうですが、
皆、忙しいから、その日を外すと日程があわないという・・・。
  ↑
それでもやらすんか!


撮影のために移動してきたバスから降りてきた皆さん。
とぉぉぉっても嬉しそうに見えたのは気のせいか?

振り付けを一生懸命ならってるオヤジーズ。
そんでも、なかなか揃わないオヤジーズ。
後半、バテてきてはぁはぁゆってるオヤジーズ。

黒っぽいスーツは自前だそうですが、
カラフルスーツは衣装。
それきて嬉しそうにデジカメで撮影しているオヤジーズ。

萌えました・・・(T_T)・・・。

すばらしいよ!
この企画だした広告代理店!!
脳に栄養をありがとう!!広告代理店!!
ぜひぜひぜひ続編つくってくれーっ!!!!


以下、読書録。

●27日
(725)BL/ダリア 『サーカスギャロップ』 崎谷はるひ
  気のせいかもしれませんが。

  崎谷さん、ダリアはかなり遊んでません?
  遊ぶというか、実験してるというか。

  ルチル作品は、どちらかというと10代読者への影響を考えた
  かなり真っ当なというと語弊あるかもしれませんが、
  一般枠内に収まるような作品を、あえて書いている気がする。

  それに対し、ダリアについては、
  読者がどこまでついてこれるかみているような、
  また自分で作ってしまった壁を取り払うような、
  そんなチャレンジ性のある作品が多い気がする。

  まぁ、崎谷さんぐらいになってくると、
  版元の思惑というか押し付けもあるだろうし、
  その反動で、自由にやらせてもらえる場として
  ダリアがあるのかなぁ?

  ま、全て腐人の勝手な推測にすぎませんが。

  
  で、本編の話だが。

  あの伊勢弁護士って、
  ルチルの『アオゾラ』シリーズに出てきた彼っすよね?
  ちゃうかなぁ?

  弁護士については、確かにね・・・(^_^;)
  ありゃ、一発であたるもんじゃないです。

  特にサムライ稼業同志の交流とかで紹介されたのは、
  あんまし使えないよーな印象があるぞ、腐人には。

  ってのも、結局のところ、
  繋がりのキーワードが、その専門分野になってくるから
  会計士だったら、金関係に強い弁護士となるんでね。

  余談だが、あのくらいの店だったら
  会計士より税理士じゃないっすかね?

  そーいや、作中にでてきた某所、
  腐人の印象ではあっこは使えない。本当に。


  腐人の経験では、弁護士選びの一番の肝は、その人となり。

  知人の知人とかゆー薄い線でもいいから、
  その人となりを知ってる人が、「あの人なら」という弁護士に、
  とりあえず一度話をきいてもらう。

  もしその問題が、ご本人の専門外なら、
  その同期知人などで、それを専門にしている先生を紹介してもらう。
  
  これが一番いいと思う。
  腐人はそれで、いい先生にあたりました。

  だから、このケースで言うと、榮ちゃん総務でしょ?

  なら、それなりに会社の顧問弁護士とつきあいあってもおかしかないし、
  もしくは法務の人に、うちの先生の評価きいて、
  そこから紹介してもらうってのが、一番良かったんじゃないすかねぇ?

  実際のところ、ここにあるように、どーしよーもない先生もいるんだよねぇ。
  それ、外からみてるだけじゃわかんないし、
  どうだったかなんて話は、なかなか漏れてこないし。
 
  なので、ファーストインプレッションがあわないと感じたら、
  それはそこで即座にやめましょう。
  ろくな結果になりません。

  ただね。
  「で、いくら欲しいの?」と言う話。
  あれはしょーがないところもあるんだよ。

  というのも、民事で、じゃぁ裁判するぞとなったとき、
  今の日本の法律だと、『~だから、いくらいくらを請求する』、
  しか成り立たないんだもん。

  よくあるんだけど、
  「謝れ」「詫びを言え」「誠意をみせろ」ってゆー意見は
  裁判では取り扱ってくれません。

  店舗損壊だって、実費(もしくは見積)がいくらだったから
  それを請求します、ってな話になる。
  まぁ、迷惑料はのせるだろうケド。

  でも、大抵の場合、弁護士に相談するよーな人は、
  感情論でカッカしてることが多く、
  なによりも相手をぎゃふんと言わせたいだけだったりして、
  弁護士は、話を聞く段階で、もううんざりしてたりするんです。

  それに弁護士は、勝ってこそいくらという自営業だし。
  依頼人を選ぶのもしゃーないというか・・・。

  金じゃないの!相手との交渉が重要!という話だったら、
  まーさーにー、それこそ榎田尤利さんの『交渉人』芽吹くんのが適ですよ。

  でも、本当に優秀な方もたくさんいらっしゃるのも事実だし、
  また、依頼する側に問題があることも多い。

  もし依頼するならば、「で、私は相手に何をさせたいのか」を明確に
  順位付けして列挙できるようにしてから行くべき。

  そして、1みて10を判断するんじゃなくって、
  本当に自分が納得し、信頼できる先生をみつけるまで頑張る。

  ってとこすかねぇ。

  あ、でも、その道で3本の指に入るような人は、
  本当に高いです・・・・・・
  こないだ時給きいてアゴはずれそうになった・・・Σ(゜。゜;)。
  
  
  それから、作中であった怒りについて。

  腐人の持論の一つだが、

  人間の持つ、時間も、金も、エネルギーも、能力も、
  全て有限である。
  よって、
  どこにどれだけどのように何を使用するか、
  その結果、何を得たいのか、
  それをよくよく検討しなければならない。

  でなければ、全てがムダになる。

  ってのがある。

  怒るって、ものすごーくエネルギーいるでしょ?
  だから、効果的な怒り方しないと、
  ムダに終わっちゃうんだよねぇ。
  
  それこそエネルギーも時間も余っていた昔は、
  感情のままに怒りを発散させてたけど、
  今は、それがもったいねぇと思うことがある。

  だって感情のままに怒った場合、ろくな結果にならんし、
  その後の後始末で、余計消耗することのが多いんだもん。

  だから、今回のよーな、とんでもチャンにぶち当たった場合、
  何をぐずぐずしてんだか。
  速攻で、親にぶちまけ、さっさと慰謝料もらって縁を切る。
  これが正解だと思うけどねぇ・・・。
      ↑
  ってなことゆーたら、恋が始まらへんやんけ!!


  ま、それと、最近は親も親で、
  榎木田家のように後始末をしてくれるとは限らない。
  そういうケースにぶちあたると
  ・・・ああ、考えただけでぞっとする・・・

  言及するかどうか悩んでいたが、書いちゃったのでついでに書くと、
  今回、たぶん一番いろいろ言われるんであろう美久というキャラ。

  人物の心因描写が丁寧で、リアリティがあるのが
  崎谷さんの魅力とはいえ、
  えー・・・・・・現実でも、
  見たら、即、視界から遮断、脳から消去するよーな女子
  読んでて、あまりいい気持ちはしませんでした・・・。

  ってか、そんなアホ、とっとと縁切りしちまわない二人に、
  イラッってとこか。
  ああ、でもその障害があったからこそ、
  あの萌えるを育めたわけで・・・。

  ってことは、あの迷惑女が、二人を繋いだキューピット
  うわー・・・すげーイヤかも・・・。
  
  でもま、いるんだよね、現実に。
  ちょうど今日読み終えた『無差別殺人の精神分析』ってのに
  「成熟拒否社会」っちゅー言葉がでてきたが、
  まぁ、その最たる例かもねぇ。
 
  腐人も他人のこと言えた義理じゃないが、
  どこまでそれやってくつもりなんだか。
  親のが先に死ぬし、若さはいつまでもあるわけじゃないんだがねぇ。


  そーいや美久で忘れてはならないことが。
  榮ちゃんが指摘した「言葉遣いが汚い」。

  ・・・この言葉、腐人にもぐっさり来ました。

  そうですわよね、
  言葉の荒みは心の荒み。
  人との会話には、礼節と思いやりをもたねばなりませんわよね。
  ほほほほほ・・・・

  って、3分ぐらいならしゃべれるんじゃがのぅ。
  いいの、腐人、心も荒みまくってるから。
    ↑
  出たな!必殺、開き直りの術!!


  ダメな人はダメかもしれませんが、
  腐人はなかなか愉しく読ませていただきました。

  「乙」の意味もわかって、一つ賢くなったし(^_^メ)
  って、これ、わかったところで、
  ××の役にもたちゃしねぇよなぁ。←おい!上の反省はどこいった!!
[ 2010/10/28 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。