腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > あかずきんからの質問
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あかずきんからの質問

ねぇ、腐人ちゃん。

どうして、床にいっぱい本が転がっているの?
どうして、アイスの袋が散らばってるの?
どうして、お財布がからっぽなの?



それはね、あかずきんちゃん、
腐人がヤケ本購入し、ヤケアイス喰いに走り、
さんざん散財したからよ~っ!!!


・・・こういうとき、アルコール分解酵素が0なのが
いいんだか、わるいんだか・・・。
そう、腐人は全くの下戸なので、ヤケ酒ができんのです。

ヤケ買いっても、ファッションに興味0の腐人は
服屋に行くだけでストレス溜まるし。
ストレス発散できる買い物は、ぶっちゃけ、本しかない。

・・・自分で言ってても、ちょっとなんだな・・・(;一_一)


ヤケ喰いにしたって、昔はケーキバイキング3時間、ぶっ通しで喰えた胃袋も
年とともに弱り、無理して喰うと、トイレの住人になっちまうし。

・・・な、なさけねぇ・・・(-_-;)

ヤケをするにも、若さがいるっちゅーことか。


ところで。
どうして棒つきアイスって、棒の周辺がマズイんだ(~_~)?

独特のマズさがあるんだが、
ありゃ、棒を洗浄剤かなんかにつけてたりするんだろうか?

おかげで2本喰ったところでイヤんなって、
もなかに走っちゃったじゃないか!←まだ喰うのか・・・


そーいや、お風呂でアイスという至福を味わうには、
カップのメロン(知ってますか?入れ物がプラッチックのメロンの形したやつ)か
凍らしたちゅーぺっとが最高だと思うー。

棒つきアイスは、溶けるのが早すぎて、ボトンッと落ちたしー
もなかは、喰ってる端から溶けだして、下から漏れた。
  
って、ええ年してやったんかい!


ま、人間、ストレスで常識とか良識とか羞恥ってのがぶっ壊れれば、
いくつになっても、たのしいことができるってことさ♪

お風呂でアイスはオススメよーん♪
ただし、プラッチックカップにしましょうね。
じゃないと、アイス風呂に浸かることになります・・・(;_;)。


で、アイスと一緒に買いこんだ本。

そう・・・買っちまったんだよ、『ガラスの仮面』・・・(;一_一)

たぶん壊れた脳みそのどこかに、木原さんがツイッターでつぶやいてた
「亜弓さんと亜弓ママがえらいことになってる」
ってな感じのことが残ってたんでしょーなぁ・・・。

とはいえ、腐人と『ガラスの仮面』は、
マヤちゃんがそば配ってた頃からのおつきあい。
腐人の名前も、真澄さんからパロらせてもらってるし。

ただ、紅天女が本格化しはじめたあたりから、
あまりに優雅な進捗ぶりについてけなくなり、
これは『王家の紋章』同様、区切りがついたら、手をだそうと思ってた。

んだがなー・・・(-_-;)


っちゅーことで、以下、読書録。
ただ、まだ脳みそが、おから状態なんで、どこまで書けるかわかりません。


●5日
ヤケ酒ならぬ、ヤケ読書で読んだ
(668~675)マンガ 『ガラスの仮面 37~44巻』 美内すずえ

  いやぁ・・・ハマるよ、ハマる。やっぱし。
  おかげでストレス吹っ飛んだ。

  1巻の頃から名前だけ先行しまくってた「紅天女」。
  へー・・・こういうお話だったんですかい。
  こりゃずいぶんと壮大な劇ですなぁ。

  ただ、すんません、月影先生のスゴさよか、
  源造さんの芸達者ぶりに感動・・・(ToT)。

  すごい・・・すごいよ、源造さん!!
  あなたこそ、紅天女だわ!←違うって

  しょーじき。
  亜弓さんの表現って、マンガだからできんのかなぁ・・・と思わんでもない。

  ただ、シルヴィ・ギエムの『マノン』をみたとき、
  その卓抜した表現力と演技力に、度肝を抜かれた。
  人間って、あそこまでできるんだ・・・と。


  まぁ、ギエムも100年に一度の天才だから、
  私は違うわっと亜弓さんに言われそーだが、
  ぶっちゃけ、亜弓さんのアレコレを本当にできる人は
  ギエムぐらいじゃないんだろうか・・・という気がする。

  ま、確実にギエムは『ガラスの仮面』読んでないと思うけど。


  ところで、マヤちゃんがそば配ってた頃は、腐人も若かった。
  なので、
  「11歳差なんて・・・真澄さん、あんたロリコン?」
  とか思ってたが、
  今、そんなことを思ったのを、心から真澄さんに謝りたいと思う・・・(-_-;)。
  ごめん、真澄。

  だって!!
  52歳差でも、愛が生まれるのよっ!!
←違うって
  11歳なんて、全然へいちゃらよー!!

  とは思うもんの・・・
  ま、このマンガに色気を求めるのはお門違いな気がするな。
  要は、演劇人としての肥やしでしかないし。

  それよか、紫織さんの逆襲が、かなり怖いです・・・。
  こういう人、粘着だよなぁ・・・。

  真澄よ、浮気するなら、もっと上手くやれ。
  その辺、ちっと父ちゃんにレクチャーうけときな。

(676)BL/ビーボーイ 『天の邪鬼の純情』 砂原糖子
  腐人はSなので。
  ここまでくると、いちびり倒したくなるなぁ・・・。

  っつか、初めは、てっきり確信犯でやっとんのかと思ってたよ、涼くん。
  きみも大概なんだね・・・。

  なんつーか、見事な割れ鍋に綴じ蓋カップル。
  にやりにやりで読めました。


おっと、昨日ほっちらかした2冊が、コメントまだだったな・・・。
あれ、『星屑シトロン』のコメント用にメモった紙がみつからん・・・。

・・・・・・探すと、確実に雪崩が起こるので、
この2冊は、また持ち越しってことで。

たぶん、あの辺か、あの辺か、いやあそこかも・・・
    ↑
整理整頓ができねぇやつはプロじゃねぇ!
by『シブすぎ技術に男泣き!』
[ 2010/10/06 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。