腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > ダニーの棲家
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダニーの棲家

昨日、判明した。
どうやらダニーの棲家は、腐人の椅子らしい。

昨日、かゆい・・・と思って、足をみたら、
見事に座面にあたる太ももから腰にかけて
思いっきり餌にされていたのだ・・・(;_;)


そーいや、ダニバルサン炊いた後、カーペットは隅々まで掃除機かけたが、
椅子はなーんもしとらんかった。

でもって、椅子の上においてる座布団を洗ったのはいつだったか・・・・・
古すぎて、記憶にございません・・・。


っちゅーことで、今日は朝から椅子にダニアースをふりまきまくり、
掃除機をガーガーかけ、その後、ダニクリーンを吹きつけまくった結果、
今の所、平穏。

ただ、部屋中、みょーなニオイで息苦しい・・・(-_-;)

NYではシラミ旋風が吹き荒れとるらしーですが、
ありゃ、こんなのの比じゃねぇよなぁ・・・。

どーでもいいが、ダニとかシラミとかノミとか。
君らの存在意義はなんなんだね!?
君らがおらんと生態系のなんかに問題が生じるのかね!?

じゃねぇなら、全滅しろっ!!!!

と、思って、ふと『進撃の巨人』を思いだす。

腐人としては、巨人の撲滅と、ダニ・シラミ・ノミの撲滅だと、
ダニー達のが難しい気がするんだがどうなんだろう??

だってほら、人類に滅ぼされた動物と、
人類に滅ぼされた害虫を比較したら、動物のが多いよ、きっと。

天然痘だって、まだいるし。
撲滅は、ちっちゃければちっちゃいほど、
難しい気がするんだけどなー。

ってことで、中国にいるらしー殺人ダニを
巨人にプレゼントしてみてはどーでしょう?


あ、それともう一つ。

昨日、つらつらと、作家を、作家のネタを、育てる場について書いたが、
思えば、昔~昔のその昔、Juneで、中島梓さんがやってた『小説道場』、
あれがまさにそれに該当するものだったかもしんない。

BL黎明期のルビー作家のほとんどがここ出身だし、
その最後の1人が榎田尤利さんだ。

腐人は雑誌を一切読まない人なんで、
現在の雑誌の投稿の場がどうなのか、実際ンとこよくわかっとらんのですが、
そんでも、やっぱし、あれとは違う気がするな。

あれは、『栗本薫』としての小説の知識があってこそのものだったし。

今、あれだけのことを出来て、かつ、やってくれる人が
おらんのかもしんないなぁ。


以下、読書録。

●24日
(636)一般本 『がんばれ、ジーヴス』 P.G.ウッドハウス、森村たまき
  まぁ、いつもと同じネタで、
  どたばたしているだけといえばそうなんだが。  
  やっぱりバーティとジーヴスの会話が好きだなぁ。

  ジーヴス、バーティ好きだよねぇ・・・。
  でもって、バーティはジーヴスがいないと夜が明けないし。
  ああ、でももしジーヴスがうちにいたら!
  腐人も確実に飼育される側だと思うー・・・。

  構成の巧みさもだが、
  このあふれかえる言葉の妙技がすごいんだよなぁ。

  でも、それをじっくりおっかけてると、
  むちゃくちゃ読むのに時間がかかるんだ(^_^;)。

  だからどっちかというと、短編のが好きなんですけどねー。
  って、もう35年も前に没した作家にゆーてどーする!

  気になるのは、そろそろ訳本も終わりなんかな?というところ。

  できれば、ウッドハウスもお気に入りだったという、
  ジーヴスもののBBCドラマを、日本のテレビでやってほしいなぁ。

(637)マンガ 『つらつらわらじ ~備前熊田家参勤絵巻~ 1巻』 オノ・ナツメ
  初めは、???だったが、読んでいくと、なーるほど。

  こういう非常に特殊な作りをしている物語の場合、
  ただただオノさんが生み落としてくれるものを
  読みたいだけなんで、語る・・・ってのはないんだけど・・・。

  14や17、それもたぶん数えでしょ?
  そんなで家老って・・・まさに立場が人を作ってたのねぇ。

  それにしても岡山から東京・・・新幹線でもうんざりな距離を
  よく歩いたもんですなぁ。


で、この後、『テルマエ・ロマエ』を読んで爆笑してたわけだが、
よくよく考えたら、こういう再読、今まで番号つけてなかったんだが、
この番号の意図するものが、読んだ本のカウントとしたら、別に数えていいんじゃん!

・・・って、今頃気づいたンか、腐人・・・。

っちゅーことで、忘れたもんはもういいが、
一昨日23日の『ちはやふる』が1、2巻の再読だから(638,639)

で、昨日の『テルマエ・ロマエ』(640)
そーいや、2巻、そろそろ出るんだよなー。

  
[ 2010/09/25 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。