腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 今年は無理?
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年は無理?

昨日、ちょこっと触れた、
爆問学問の話をしよーと思ったが、
ちと時間ないんで読書録のみ。

爆問学問の話は、また今度ー。


それにしても、さっき血族に指摘された。
「今年、このペースで行ったら1000冊超えねぇんじゃね?」

・・・確かに。
腐人もうっすらそれを思っていた。
でも別に冊数にこだわってるわけじゃないからいいんだが、
なぜか、という理由については・・・
これ(ブログ)やってるからよーッ!!!!

なんである。

手帳にタイトル書き付けてただけのときは、
ぶっちゃけ、読んで終了だったのに、
ブログやりだすと、それなりにコメントをひねり出さねばならない。

でもって、書き出すと止まらない病があり、
軽く1冊読める時間、ブログを書いてたりするわけだ。

そりゃ読む量が減るわなぁ。

それに、こやってちゃんと記録してくと、
「なんだこりゃ?」
と思った作家が明確になり・・・
今までは、思う端から忘れていってたから、
また同じ作家を読んで
「なんだこりゃ?」
を連発してたんだけど、それが明確になっちまったのだ・・・。

その結果、本選びにも時間がかかるよーになったんじゃ。

って考えると、このブログ・・・
百害あって一利なし?

まーこれから先、寒くなると、大抵仕事が切羽詰りまくるんで、
いつどーなるんだかわかりません。

っても、昨日みたいにむちゃくちゃ書きたいもんに遭遇したら、
「もぉええっちゅーねん!!!」
ってなぐらい感想書くんだろう・・・。

ま、すべては、カミノミソシル。


では、読書録。

●22日
(630)一般本 『晴れ時々、生ビール』 菅野彰
  あら、「書院」壊れちゃったんですか?
  うちにありまっせ、ほとんど新品のやつ。
  誰かに捨てられてなければ、確かあの辺に。

  たぶん機種としては、書院の最終機種じゃないかなぁ。  
  インクリボンとかもあったと思う。

  ほとんどPC作業になってたんだけど、
  どーしてもワープロじゃなきゃだめなものがあって、
  8年ぐらい前に買ったはいいが、
  その後、別のもので代用できるよーになり、お蔵入り。

  以後、ずーっと使われず、ホコリかぶってるだけなんで、
  たぶん使えると思いますが・・・っちゅーレベルですけど、いります?
  送料負担してくださるなら、無料で差し上げますけども。

  ご希望ならば、腐人会へご一報を←だから、入り口ねぇっつってんじゃん!

  入り口の問題はありますが、これ、真面目で本気な話。
  どうなんでしょう?
  ヤフオクとか中古で入手できそうな気もしますが。

  どっか入り口あける・・・のは面倒なんでしたくねぇ。
  なら、イーストプレスさんに問い合わせメールをすりゃいいのか。
  ・・・気が向いたらやるかもしれません・・・。

  で、本編の話。
  腐人は、前も書いたが、菅野さんという強烈な個性が十分ネタなんで、
  こーゆーぬるいんでいいんではなかろーかと思うんですがね。

  どーでもいいが、「ビール」という言葉が一回も出なかった回、
  ないんじゃないすか?

  ほどほどにー。

(631)マンガ 『宇宙兄弟 11巻』 小山宙哉
  どーなんだろーなー。
  車作ってる人とかさ、飛行機作ってる人は、
  ピコみたいなこと思っってんだろうか?

  母数の差だとは思うが、こういう気持ちを持ち続けて欲しいなぁ。

  そして、どーでもいいが、ピコのモデル、
  トム・ハンクスだよなぁ。

  物語としては、今はどちらかというと、次の大波の下準備だから、
  ふーんへーほーで終わっちゃう。
  ま、そういう巻もありますな。

  個人的には、帯についてた、「ミウラ折り」に興味津々。
  折り紙文化の賜物かしら?
  これ、いつか取り上げてくださいねー!

(632) 『お言葉ですが… 5巻 キライなことば勢揃い』 高島俊男
  「博覧強記」たぁ、高島さんのためにあるような言葉だと思う。
  同時に、「偏屈ジジィ」ってのも・・・。←おい!

  コメント書くのも言葉を吟味せにゃいかん気になるが、
  しょせん、腐人の脳レベルなんざミジンコ並。
  開き直って、好き放題、間違い垂れ流しでいくぜ!

  っても、あまりに話題が幅広いんで、
  ほーへーふーと感心しながら読むしかでけへんのですけどね。

  なんつーか、現実問題で頭がぐるぐるしちゃってるときとか、
  なんかしゃっきりせんときとか、
  このキレのいい軽妙洒脱な文章で、叡智を授けてもらうと、
  すごい気分転換になりまっせ。
  腐人はそう。

  ただ・・・腐人の貧弱な脳では、
  教わったことが全く生かせませんけども・・・(-_-;)。


あとは、『ちはやふる』の再読ー。
ああ、読手さんの読みがききてぇ(>_<)!!!
[ 2010/09/23 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。