腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 『進撃の巨人』について
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『進撃の巨人』について

おもろいものに出会ったので、今日はのっけから読書録。

まだ巻数が浅いから、「熱く語るぜ!」までいかないのが残念!
だが、気持ちはかなりそれに近い。

(614、615)マンガ 『進撃の巨人 1~2巻』 諌山創
  木原さんが「おもしろい」とツイッターでつぶやいておられた作品。
  同じパターンで、『宇宙兄弟』に大ハマリしたから、読みたいなぁとは思っていた。

  んで、読んでみたわけだが。

  正直、1巻では、まだ「自分の描きたいこと」と「自分の描けること」に乖離があり、
  マンガ表現がうまく噛みあってないのかなぁという感じがしたんだが、
  2巻になって、むちゃくちゃ伸びましたね。

  過去エピソードへの流れなんかが、ものすごくスムーズになったし、
  コマ切れだったコマ割がキレイに流れるようになった。

  まぁ、この辺は、もしかしたら、いつまで描けるかわからんとか、
  何ページ以内におさめないととか、裏事情もあるのかもしれないが。
 
  でも、この感じは、井上雄彦 『スラムダンク』ひぐちアサ『大きく振りかぶって』
  を読んだときと似ていて、この作品が作者の出世作となるんでしょうなぁ。

  ってか、もうかなり有名なのか?
  すんません、その辺、よく知りません。

  ところで、腐人がこのお話を読んだときに一番に思い浮かんだのは、
  ホメーロスの叙事詩『オデュッセイア』。

  っつっても、腐人が読んだのは、叙事詩なんかじゃござんせん。
  適当にアレンジされたやつです。

  いや、ギリシャ・ローマ神話って、神様がものごっつい人間的で、おもろいでしょ。
  浮気性のゼウスとか、ヤキモチやきのヘレとか。
  人間に惚れる神様もじゃんじゃんいて、ホモっぽい話もあったりして、
  すごく好きだったのだ。

  その『オデュッセイア』のキュクロープス族の話、あれを思い出したのね。
  知性がなく、やってきては人を喰らうってのが、想起のきっかけかなぁ?

  あれ、たしか最後は、
  キュクロープス族は人間の知性に負けて、傷を負い、その隙に人間は逃げる・・・
  だったと思うが、このお話は、「逃げる」が選択肢になさそうなんで、
  さて、どーなるんだか。

  パパの地下室のヒミツとか(巨人研究でしょうねぇ)、
  エレンの注射とか(あれは巨人に食われても死なない抗体かねぇ?)、
  ミカサの印とか、
  まだまだいっぱい謎もあり、先が愉しみじゃが、
  あまり・・・あまり人を増やさないでー(>_<)
  腐人の脳みそは貧弱なの!!!

  ところで、腐人はものすごく気になっていることがある。
  それは、「超大型巨人」の顔。

  いやあの口さ、どんくらいあくの?
  ばってんみたいになってる筋が、開閉の邪魔になりそうで、
  実はおちょぼしか開きませんなの??
  いっぺん大口あけて欲しい・・・。
  

  それとさ、エレン。
  どんだけ噛みくだかれてもOKなのか、それともある程度は残ってないといかんのか、
  うーむ・・・これもこの先、判明するのかな?

  木原さんは「アニマルX」と「ヒストリエ」とおっしゃってたが、
  腐人は「ヒストリエ」未読なんで、「寄生獣」を思い出した。

  まぁ、この辺のが好きな人は、ハマること間違いない話ですわ。
  早く3巻でないかなー。


(616)マンガ 『まいあ 4巻』 有吉京子
  『テレプシコーラ』と比べちゃいかんとは思うンだが、
  こちらの主人公成長記は、なんとなく観念的。
  具体的なのは、『テレプシ』だなぁと思う。

  ま、この辺は作風ですからね、好みでしょう。

  ただまぁ、なんつーか、何事もね、
  精神的に弱いと、
  社会に出たら踏み台にされるだけだぜ?

  と思う腐人であーる。

(617)BL/ルビー 『恋する男はいつも傲慢』 鳩村衣杏
  バカボンだわ、わっはっは・・・と言いたいところだが。
  これ、バカボンだけじゃないんだよね・・・(-_-;)
  普通にいたりするんだよね・・・(T_T)

  いや、腐人だってさ、親世代とか、さらにその上の世代と自分を比べると
  極楽とんぼだと思うし、教養が足りてないと思う。

  なのに、その腐人からみても、なんじゃこりゃ?というのが
  毎年社会に出てきてるのが現状。

  ・・・どーなんのかね、この先の日本。

  正直、人生でトラブルにあった時、知識と経験がモノを言う。

  まぁ、別に困るのは本人だから苦労しらずで人生送るのも勝手だが、
  このバカ坊・隼人みたいに、助けてもらえることの方が少ないと思うンだ。

  ってか、友定、何を好きこのんで苦労を背負い込むんだか・・・
  傲慢っちゅーよか、マゾなんちゃうか?


んんん?
なんか偶然にも、後半、甘ちゃん話が続いたぞ?

野菜にしても、温室育ちよか、路地モンのが、傷があったり、皮が硬かったりするけど、
その皮に守られた中は柔らかく、味が濃かったりするよね。

人間もそーだと思うンだけどなぁ・・・。
[ 2010/09/15 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。