腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹白?日記&読書 > うわーんっ!!
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うわーんっ!!

昨日は、悪魔くんと死神さんとの戦いの作戦会議だった。

そこで腐人は大総統から指令をもらったのだが、
一つだけまだクリアできていない・・・。

そのクリアできてない指令というのが、
ずいぶん昔にもらった書類を捜せ!
っちゅーやつなんだが・・・・・・・・・(;一_一)

ふっ・・・
腐人は、モノを捨てるときにはものすごく注意してるから
絶対に、捨ててはいない。
これは断言できる。

しかし、だ。
モノを捨てないということは、部屋がゴミ溜めであるということで。
ゴミ溜めであるということは、どこかにはあるが、どこにあるかがわからないということで。

昨日、会議の後、ちょびっとゴミの山を崩したら、
もうバリバリ肩こりになり。

さっきもうちょっとゴミの山をほじくったら、
途端に身体中に痒みが走った・・・うわーん!!(>o<)

こうなれば、まずはダニアースを炊き、その上でゴミとの戦いをせねばならんのか・・・(T_T)

ああもう・・・全部捨てたろかーっ!!!!!

そしたら、悪魔くんたち、帰ってくれないかな?
しくしく・・・おそうじ大嫌いなのに・・・。


そういえば、今日、ちょっととあるところに行ってたんですが、
そこで、腐人の対極にいる方をみました。

机の上に文房具や書類があるんですけど、
もう各々、その場所ががっちり決まっていて、どうやら独特なルールがあるらしい。

3分割されたペンたてには、その一つにしかペンは存在してはならない。
また、えんぴつは芯を下に、高さは低いモノから高いモノへ。
高さがごっちゃになっていてはならない。

ふせんは大きさの順に重ねられなければならない。
ファイルは、1ミリのゆがみもなく積み重ねられなければならない。

朱肉の位置は、ペンたてのヨコ、90度にあらねばならない。
また、そのフタは一度あけたら、
このマークとこのマークがきれいにあわさるようにとじられねばならない。

などなど、みてるだけでルールがわかるよーな机。

腐人が資料をひろげると、
さっと手がでてきて、これはここ、あれはここと動かされ、
無駄な資料があると
「これはいりません。しまってください」
と。

腐人は、超絶おおざっぱなんで、初め、
「あら、いらんの、ほなここ置いとけ」
と机の端にえいとやっとったら、
腐人が鞄の中にいれるまで、「しまってください」を連発し、次のことをしてくれない。

おや、どうやらそういう方らしいと思って、腐人は観察モードになった。

書類の重ね方にも、どうやら独自ルールがあるらしく、
腐人にしてみりゃ
「どっちだっていいじゃん」
ということをものすごく丁寧になさる。

究極は、朱肉のフタ。
その開閉のお作法をじーっとみてたら、どうも勝手が違ってくるのか、
何度も何度もやりなおし。

なかなか生きてくのが大変そうだと思いましたよ。
だって、隣の机、腐人のみたいにぐっちゃぐちゃだったし。

隣の机の主は、よれよれシャツに、ぼさぼさ頭。
こちらの机の主は、ピンっとノリの効いたシャツに、きっちりセットの頭。

・・・この対比に、なんか萌え
惜しいのは、どっちも初老というところ・・・。
せめて、どっちか若造でお願いします!←って何の話や!

ま、それはさておき。
あの環境、たぶんどっちにとっても、ものすごいストレスやろなぁ・・・(^_^;)。


以下、読書録。

まず昨日すっとばしたコメント。
(599)一般本 『ゆんでめて』 畠中恵
  ああ、こういう作りなのね。
  初め、どっか読み飛ばしたかと思っちゃったよ。

  うーん・・・なんかもう、かなり目にサザエさん。

(600)BL/ディアプラス 『雨の結び目をほどいて』 松前侑里
  あとり硅子さん挿絵作品の中では、
  これと桜木知沙子さんの『現在治療中』が、腐人の中ではベスト。
  怪獣エンちゃんがすごく好き。
  で、何回読んでんねん!っちゅー話です。

  あの独特の雰囲気がある絵は、この先も、現れないだろうなぁ・・・(T_T)
  
  それにしても、「熱出したときでてくるんがハンバーガー」は絶対に許せん!
  日本ってすばらしいよ!!

  ところで、腐人は、「かまへん」やのうて、「かめへん」派なんですけども。
  「ちゃうんとちゃう」やのうて、「ちゃうんちゃう」派。
  関西弁も、地域によって、微妙にちゃいますな。

  エンちゃんの反応は、関西弁ネイティブな腐人にとって、
  何度読んでもむっちゃ新鮮。
  おもろいわぁ。

(601)マンガ 『黒執事 9巻』 枢やな
  おいおい、コナンかい・・・とツッコミそうになった展開。
  いやいや、クリスティ?

  ま、どっちにしても、セバスチャン、あんた殺しても死なれへんのに、
  つきあいええねぇ。

(602)マンガ 『まいあ 3巻』 有吉京子

  腐人にとって、バレエマンガといえば、山岸さんと有吉さん。
  あ、萩尾さんも描いてはるか。
  でも萩尾さんはバレエを描くってのとちょぉちゃうからなぁ。
  描いてあるのは人間。

  山岸さんと有吉さんは、方向性が全然ちゃうんで、
  腐人はどっちもそれぞれに脳みそ切り変えて読んでます。

  ただ、昔は有吉さんのドラマチックなのが愉しかったが、
  今はどちらかというと山岸さんのが面白い。

  まぁ、マンガ読みの経験と年齢を重ねたからかな。
  

●9日
(603)BL/ガッシュ 『この愛、買います』 妃川螢
  1冊ひたすら痴話喧嘩・・・。
  ここまできたら、もうあんたら勝手にしぃって感じ。

(604)一般本 『価格を無料(フリー)にしても儲けが出るしくみの作り方』 鈴木進介
(605)一般本 『12歳でもわかる!決算書の読み方-お金のことを知らずに「社会人」になってしまった人の会計入門』 岩谷誠治

  どちらもまとめて・・・「で?
[ 2010/09/10 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。