腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 「canariensis -カナリーエンシス-」について
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「canariensis -カナリーエンシス-」について

ああ、アホな日常雑記を書いとるヒマがねぇ(>_<)!

おかしい・・・
本来、月の半ばは、遊べるはずなのだ!
くそー・・・この仕事さえ追い出せば・・・
えいっ!えいっ!あっちいけ!!

って、仕事がでてってくれりゃー世話ねぇよ・・・(--〆)
っちゅーことで、今日は読書録のみ。
くっすん・・・(/_;)

(551)同人誌 『canariensis -カナリーエンシス-』 英田サキ・和泉桂・神崎貴至・木原音瀬・遠野春日・深井結己・水壬楓子
  まぁ、このメンバーですんで、質に間違いはないわなぁ。
  
  エロはあったり、なかったり。
  腐人は別に愛があれば、エロいらん人なんで無問題。
  でも、「エロがなきゃ読まないのっ!」っつー人は、
  不満あるかもしれませぬ。

  まぁ、商業誌のような縛りがない自由さが、
  同人のいいとこなんだけどねー。

  瑣末なツッコミいれさせていただくと、遠野さん。
  今、帰りの航空券って、ほとんど存在しないっすよ。
  
  e-チケットが大半なんで、自分が搭乗日と便さえわかってれば乗れる。
  だから旅行代理店が打ち出した日程表くらいっきゃ持っていきませんぜ。

  フランスへの便なら、トランジットがいる航空会社も含め、
  たぶんどこの航空会社もチケットつくってないと思うなぁ。

  木原さんにお伺いしたいことはあるんだが、あまりにシモな疑問なんで、
  ・・・・・・ここでは差し控えよう。

  同人誌は高いものなので、
  ページ数と金額を考えて躊躇される方もいてはるやもしれません。
  その辺は、やっぱし商業誌のがお得だよな。

  ただ、この発行のお知らせをきいた時からずーっと、
  「でもね、これチャリティ本なのよ?
   だからね、腐人ちゃん、同人誌を買うと思うんではなく、
   寄付するんだと思えば・・・
ええのんちゃうか~?
   っつー悪魔のササヤキが聞こえたのは、腐人だけか?

  宮崎に何か、自分ができることがしたい、
  と思っている腐女子にとっては、
  寄付にもなるし、本も愉しめるし、すげーラッキ~
  な一冊だと思う。

  腐人としては、こういうことを考え、そして実行してくれた発起人のお三方に
  心をこめて、「ありがとう」を言いたいです。

  発起人の神崎貴至さま、木原音瀬さま、遠野春日さま
  ならびに関係者の皆様、本当にありがとうございました。
  そして、お疲れさまでございました。
  ゆっくり休んでください。

  ・・・って、っても休めないのかな・・・?
  木原さん、配布してたペーパーで吸血鬼にうなされてたもんなぁ・・・。
                  
  なんやしれっと他人事みたくゆーとるが、確実にプレッシャーかけるのに
  一役かっとるぞ、腐人・・・

  
(552)BL/Shy 『臆病なキス』 椎崎夕
  なるほど。
  だから、このタイトルなわけね。

  うーん・・・正直、腐人はこういう子はあまり好きではない。
  腐人がね、人生戦いながら生きてる人だから、
  戦わずに、ただただ踏みつけられてる子を見ると、
  「自分のことは、自分が守らんでどーすんねんーっ!!」
  と、イラッとするのだ。

  ただ、こういう環境で育った場合、しょーがないのかなぁとも。

  腐人は別に社会学も心理学も専門じゃないが、
  なんつーか、親が子どもの成長過程で、ガチンコでぶつかりあってくれないと、
  人間づきあいで、どこまで押していいのか、わかんないのかなぁ。

  ほらよくゆーじゃん、
  仔犬や仔猫は、兄弟たちとじゃれあってケンカしながら、噛む加減を覚えるって。

  あれと一緒で、子どもがガツンときたときに、
  親ががっぷり四つに受け止めて喧々諤々やった経験がないと、
  こーなんのかもしんない。

  ああ、なんか思いあたる事例が周囲にいろいろあるわ・・・。

  んでもさ、なんだかんだ言っても、傷ついたとき痛いのは自分だ。
  わかるよーとかゆって慰めてくれる人がいたとしても、
  そいつが痛みをもってってくれるわけじゃない。

  だから、自分が傷つかないようにするにはどうすればいいか、
  必死に考え、そのために戦う。
  腐人はそうである。

  それが正しいとは言わないが、なんか・・・あんたそれでいいの?由哉って
  ちっと思っちゃったなぁ。

  まぁこれから柘植がいるから、徐々に変わっていくのかな?
  柘植よ、がんばってくれたまへ。

[ 2010/08/18 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。