腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 忘れてた・・・
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

忘れてた・・・

木原さんのツイッターで、
すばらしい貼り紙が紹介されていて、爆笑。

http://twitpic.com/2dm6na/full

これみて、木原さんが思いついたという昭吉君のお話は
いずれぜひ読ませていただきたいが、
これ、よーく考えると、どうなんだろう。

そもそも「ほも」って、学術的にはセクシャリティを表す言葉だから、
「げい」とは限らないわけだ。
「れずびあん」かもしれない。

だから昭吉君が、最後の春を求めてチャレンジしたとしても、
店長がびあんのねこちゃんならば・・・

『バックヤードにつれてこられた昭吉君は、
 期待にいろんなところを膨らませていた。(←70でも膨らむのだろうか・・・)

 まっちょだろうか、それともしゅっとした感じ・・・?
 年はいくつぐらいだろう・・・
 ああ、あんまり若くて強かったら、
 本当に最期を迎えてしまうかもしれない・・・。
 
 昭吉君の脳細胞が、すべてピンク色に染まったときだった。
 ノックの音もなく、ドアが開き現れたのは・・・・・・』

・・・昭吉君、ショック死しちゃうかもしれませんねぇ。

ってか、「ほも」って書いてるところからして、
「こりゃ、ホントはノンケだろう」という気がする。
本当にそうなら、自分で「ほも」は言わんのちゃう?

真実のところは、どーなんだろう・・・
本のこと聞く振りして、店長を観察したい。

・・・しかし、それよりも気になることが3つ。

1つは、どんな本屋なんですか?っちゅーこと。

男性オンリー、かつ18歳未満立ち入り禁止の本屋ですか?
オタ男専用、かつ18歳未満立ち入り禁止の本屋ですか?
一般本もおいてる、視床下部肥大人にもオタクにもつまらない本屋ですか?
・・・そこんとこが知りたいぞ、うん。


次に、合意なければ犯罪では?という疑問。
って別にナニすると書いてるわけじゃないんだが・・・ごにょごにょごにょ・・・。

ソコまでいかんでも、十分、犯罪抑止になるんだろうか?
えー(~_~)???

むしろ、「ドSです」とか、「ス●トロ嗜好です」とか、
「縛りがシュミです」とか、「おもちゃが好きです」とか、
そのんが抑止になりそーな・・・←ヤメロ!
いや、これでは本屋なのに、本ではないものを売る店になっちまうか・・・。


最後に重大かつ大事な疑問が、コレ。

店長「ほも」が本当だったとして、
店長も客もタチならまぁいいが、←いいのか!?
ネコだったらどーすんだ!?←なんの心配をしている?


ああ、誰か勇気ある男性の方、
ぜひあそこで、チャレンジをしていただけませんでしょうか。
そして、結果を教えてください。

・・・ってこれも犯罪教唆になっちゃうのかしら??
真実が知りたいだけなんだけどなぁ・・・。


そーいや、このネタのおかげで、ちょい前の『俎上の鯉は二度跳ねる』
書こうと思ってたのに、忘れてたことを思い出した。

リバ率って、実際のところ、どーなんでしょ?

え?なんのことか、わからない?
そういう方は、そのままこの疑問を人生のブラックボックスにいれて
なかったことにするのがよろしーかと思いマス。

で、わかる方は、以下どーぞ。

腐人は雑多な読書をしてるので、
うりせんばーのままの本とか、
うりせんぼーいの本とか、
げいの人の本も読んでいる。

※本当にその情報を求めている人がひっかかっては困るので、
ひらがなにさせていただいとります。

そうするとだな、リバって、レアケースみたいなんだよなぁ。
あーでも、げいの人の本は、リバっぽかったか。
そこまで細かく書いてくれてなかったんだよなぁ・・・。

ままの店のでは、ぼーいにノンケを使っていた。
ノンケじゃないと、面接でアウト。

なぜかというと、ぼーい同士の恋愛とかが起こり、
管理が大変だからだそうだ。

でもって、店の売りとしても、「うちの子は皆ノンケなんですよ」と
言えるのもいいってことで。

そーすっと、できることとできんことがあるわけで、
需要と供給バランスが、ふーんへーほーとなるわけだ。

※なんとなくわかってくれ。
いくら腐人でもこれ以上は書けん・・・(-_-;)


でもって、ぼーい君の告白では、これまたできるかできないかが
客との交渉の中に入ってくるという。
まぁ、もっと高度な話も含めて。

そうすっと、やっぱし、オールマイティってのは少ないようで。
隣の兄ちゃんも決まってたしなぁ・・・。

ホントのところは、そっとしといてやれよの闇の中だが、
そやって考えると、あのカップルは
ものすごーくぴったりなんじゃなかろーかという気がしてきた。

んでもって、今ケ瀬が落ち着く方法みつけたぞ。
もうね・・・入籍しちまえ!
そしたら、ちっとはあのマイナス指向も底をつくだろうよ。

お幸せにな。




以下、読書録。

●11日
(532)BL/リンクス 『ブルーデザート』 火崎勇
  ダリアよかこっちのが好きだなぁ。

  っつかね、ぜひね、本国編やって!
  でもってね、ちっこいの出してっ!!!
  2歳か3歳くらいの甥っ子希望!!!
  
  ・・・また、シュミに爆走しとるな、腐人・・・。

(533~536)マンガ 『ヨコハマ物語』 大和和紀
  いや、なんか昨夜は活字読みたくなくって。
  ついつい、懐かしの逸品を引っ張り出してしまいました。
  おかげで寝不足だ・・・(=_=)

  うーん・・・やっぱしいいもんは、いつ読んでもいい。

  個人的には万里子と竜助のカップルのが好きなんだが、
  それだけで終わってないのが、このお話のすごいところ。
  万華鏡みたいだよねー。

  こんなの、誰かBLでやってくんないかなぁ・・・。
  そしたら、脳内変換せずに読めるんだがなぁ・・・←おい!
[ 2010/08/12 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。