腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > オオカミ少年
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オオカミ少年

保険体育の続きは、
また明日とかゆっときながら、
ちと延期。

いや、昨日ついつい既読本の再読かけたら、
ぶつぶつ言いたくなっちゃってさー。
HAHAHAHAHAー。

ま、ここではよくあることだ。
HAHAHAHAHAー。


で。
つらつら再読してたのは、
『おおきく振りかぶって 15巻』と
『深想心理』に『プリーズ、ジーヴス 1巻』。

初読のときって、
わりかしストーリーのおっかけが
重点におかれちゃうので、
脊髄反射的な突っ込みや疑問は
ポコポコでてくるんだけど、
再読以降ってのは、わりかし細かいところに目が行く。

んでも、初読んときに感じたものってのは、
10年たって読んでも感じるんだけどさ(^_^;)。

で、『おお振り 15』。
増えた練習メニューをみて思う。

若者の持つ潜在的エネルギーって
こんなにあるのかと。

まぁ、それをさらに鍛えて延ばして広げてって
訓練の最中なわけだが、
それだけのものをこなせる
潜在的なもんがあるってことだ。

一方、では実際の高校生の何割が
自分に対し、これだけのことをしてるかっつーと
恐らくここまでやってんのは少数派であって、
ほとんどの若者がエネルギーをもてあましてるかと思う。

んでもって、
もてあまされたエネルギーはどうなるかというと
どこかで別の形になって発散されてるか、
くすぶって汚泥のようになってるか。

なんか、昨今の若者のニュースみてると、
このカリキュラム、10代全員にやらせたら?とか
言いたくなるなぁ。
そしたら、エネルギーをもてあまして、
先のこと考えてない愚行をすることもなかろうに。

モモカンにあえた西浦の子らは幸せだね。
親御さんたちの教育も含め(昨今はこれも必要だから)、
自分達のために
惜しみなく時間とお金とエネルギーを注いでくれる人って
そういないよ?

モモカンに出会えたこの子らが、
どんな大人になるのか、そこまで見てみたい気がする。

…が、この調子だと何年後だ?


それと、初読のときは、
てっきり印刷のゴミだと思ってたんだが。

182ページの阿部のアップ。
…ヒゲだ。
ヒゲが生えてる…(-_-;)
うわー(ToT)

ひぐちさん。
リアルで細かいのは、
あなたの素晴らしい美点だと思いますが。

ちっとは夢みる部分を、残しといてくれ!

※腐人は「No・毛・宣言」してる人だ!(1/29腐人日記参照)

そーいや、こないだエステサロンのCM看板で、
こんなものをみつけた。

浮き輪をした、裸のQP人形が万歳をしていて、
その横に
「不毛地帯」
というキャッチコピー。

…むむむ、なかなかやるのぅ、おぬし。←なに燃えてんねん!

詳しいのを見たい方は、
TBCのHPでダウンロードができるよーです。


話が毛にそれちゃったが、
ホンモノの夏大会もこれから本番。
なんかホントは
皆に甲子園行かせてやりたい感じなんだがな(^_^;)。


『深想心理』は、
沙也加のことをちっと考えてみた。

腐人もいい年なので、
何度か人の死に遭遇したことがある。
その度に少なからぬ後悔に襲われる。

ああ、あの時ああしていれば、
こうなるなら、こうしとけばよかった…と。

それが自殺であれば、なおさら強い。

それら後悔を「しかたのなかったものだ」と
思えるようになるまでは、本当に時間がいる。

まぁ、篠宮家の母の場合、
自殺と言い切れないかもしれないが、
それでも自分の言葉が
引き金になったかもしれないと思うと、
そうそう簡単にふっきれはしないだろう。

それに沙也加の場合、
その前の段階で母親を許せない気持ちが
昇華できないまま残っているわけだし。

そりゃー…時も止まるわなぁ。

こういう傷にどう対応していくかってのは、
人それぞれだと思うが、
向き合わずにいるのが、一番ひきずると思うがなぁ。


あと、クソ親父。
どーすんのかね、この後。

こんな事件になったから、
たぶん2匹目ぐらいまでは
どじょうがいるかもしれんが、
これでいつまでも食えないと思うぞ?

ところで、ちょろっと触れられてた
曽祖父が外人という話。

逆算していけば、
たぶん祖父ちゃんが生まれたのが
昭和ひとケタぐらいでしょ?

どういう人だったのかな、曽祖父って。
ちょっと…いや、かなり気になる。

吉原さん、これで時代物やりませんか?
…ただ、BLにならんだろうな、これは…(-_-;)。


んで、『プリーズ、ジーヴス』。

ぶっちゃけ、原作読むのは、かなり骨。
ただ、ウッドハウスの比喩表現の豊かさと、
構成の妙は、唸らされるものがある。

よく腐人は
「構成がーぶーぶーぶー(ーзー)」とゆってるが、
是非一度、ジーヴスの原作の短編と
比較してみて欲しい。

そーゆー思い入れがあるせーか、
腐人は
勝田さんのマンガのもつ雰囲気は嫌いじゃないし、
上手く表現している方だと思うものの、
やっぱり別モンだと思うなぁ。

どっちかっつーと、
90年代にイギリスでやったというドラマがみたい。
深夜枠でいいから、放映してくんないかな?
イギリスドラマって結構おもろいんだよねぇ。

ってことで、
つらつらぶつぶつ読書録、しゅーりょー。

一応、カウントしときますか。

(491)マンガ 『おおきく振りかぶって 15巻』 ひぐちアサ
(492)BL/キャラ 『深想心理』 吉原理恵子
(493)マンガ 『プリーズ、ジーヴス 1巻』 勝田文

[ 2010/07/19 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。