腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ちゅー&読書録 > はじめてのちゅー 5
05 | 2018/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はじめてのちゅー 5

そーいや、明日は選挙ですな。

いろいろと取りざたされている中で、
何を基準に判断するかは、人それぞれですが、
腐人はもちろーん、表現規制。

ただ、全くもって、一般的には問題とされてないのか、
テレビ見てても、取り上げてくれてるところは
ほとんどない。

どっかで誰かがまとめてないかなーと
探したところ、けっこう転がっていた。

そのなかで、
「国破れて、漫画在り」でいいのか
ってな一文がありましたが、
腐人は、そもそもなー・・・
前も書いたが
 「人なくしては国はないが、
  国が無くても人はある」

という人だからなー・・・(^_^メ)。
それの何が悪い?
とか思っちゃうが。

だいたいさー、日本がなくなっても、
ジャパニメーションもマンガも残ると思うがな。
歴史見る限り、文化ってそーゆーもんじゃね?


詳しくは、明日のネタになるが、
たまたま、今朝の読書は、
『日本経済復活 一番かんたんな方法』
だった。

これを読むと、
さて、表現規制だけで投票しちゃっていいもんか?
というところがひっかかってはくるんだが・・・
・・・ま、いっか。
もう投票してきちゃったし。


ってな話の下に、ちゅーかよ!ではあるが、
ま、これも終わりまでいかねば、
腐人の脳が片付かない。

えーっとどこまで書いたかの。

そうそう、防ちゅー剤と燻煙剤で、
しばしちゅーの訪問がなくなったっちゅーとこまでだ。

このちゅーの出現が起こって以来、
血族からは、
「引越しすれば?」
という非常に冷静かつ客観的な意見が出ていた。

しかし、しかしだ!

腐人の巣は、汚部屋である。
ジルベール柴岡には負けるが、ちょっとやそっとでは片付かない。
それに、
物件探しから何から、引越しはとっても面倒くさい。

自慢じゃないが、腐人は、ものぐさ花子である。
「えー?引越しー?やだ、メンドクサイ」
で片付けていたんだが・・・。

この恐怖の一夜を境に、180度方針転換いたしました。


まず、ちゅーはいつものように扉をガンガンやって
訪問のお知らせをかましてきた。
てめぇは取立て屋か!!

とあるサイトで、
「ダニアースで死にます」
とあったので、
秘蔵品をとりだし、焚く。

腐人は隣の部屋にいるが、もういいのっ!!!
それでちゅーさえいなくなるなら、
腐人、死んでもいいっ!!!
←これを人は本末転倒という
とまで、せっぱつまっていたんだが、
焦るあまり、上下逆に設置しちゃって、うまいこと稼動せず。

これを人は、「あわてる乞食はもらいが少ない」という・・・。


まぁ、もし実際にもうもうとなってたら、どうなってたんかな??
試す気はないですが(^_^;)。


んでも、そこそこの何かが出たのか・・・・・・
ちゅーは、ちゅーは、ちゅーは・・・
運動会を始めました・・・(T_T)

まずは天井をだだだだだっと。
そしてお次は壁の中。

もうもうもうもう・・・
耐えられぇぇぇぇんっっっ(>o<)!!!!


ってかさー。
防ちゅー剤にしろ、燻煙剤にしろ、
薬効2ヶ月って、ウソつくんじゃねぇっ!!!!
2日っきゃもたなかったわよっ!!!

まーこの2日で、腐人もこの匂いに慣れたから、
ちゅーも2日で耐性ができたっちゅーことなんだろう・・・。

んでもね・・・(;_;)
あの恐怖は、それで納得できんのよっ!!!

腐人は、ベッドヘッドを壁にくっつける形にしてたので、
まさに頭の数十センチ向こうを
ちゅーがかけっこ・・・
あの恐怖体験はわすれられん・・・(/_;)

恐慌状態に陥った腐人は、その瞬間に引越しを決意した!!

翌朝一番で涙ながらに管理会社へ連絡。
その訴えがきいたのか、速攻で動いてくれました。

チャリンコでやってきたフツーの兄ちゃん姉ちゃんだったが、
腐人の目には天使にみえた・・・


勇者二人が、禁断の扉を開いてくれたところ、
ちゅーはお出かけしていたのだが、
こやつ・・・
腐人の巣をおトイレにしとったらしい・・・(-_-;)

食料品は0だったので、
ちゅーは洗剤の買い置きをかじっていた。
・・・やっぱし、字は読めないんだ・・・。

残留品の大きさから、
どうやらちびっこらしいということは判明。

でもって、そやつは、昼間は外におでかけし、
夜にやってくる種類だろうと兄ちゃん姉ちゃんはゆっていた。

・・・が、それがわかったところで、
何の足しにもなら~んっ!!

兄ちゃん姉ちゃんは、シンク下にあった一式を全部撤去し、
進入口に毒えさを置き、
とりあえずこれで様子を見ましょうってことになった。

「でも死体とかみたくないんですが」
とゆーと、
「それはこちらで処理します」
ときっぱり。

それ聞いて、腐人は絶対に不動産屋に勤められんと思った・・・。


あともうちょっとだけ続く。




以下、読書録。

●9日
(472)一般本 『iPadショック』 林信行 
  前も書いたが、腐人は公私ともども、
  iPadというものがもたらすビジネスの変化に興味がある。

  なので、今日のこれはかなり自分用アーカイブ。
  と先に断っときます。
 
  6/2の腐人日記で書いた『iPad vs. キンドル』は、
  どちらかというと
  読書専門端末のキンドルやソニーのブックリーダー寄りの本。
  それに対し、この本は、明らかにiPad信者。

  自分の好みがはっきりしてるなら、
  それにあわせて。
  そうじゃないなら、両方読んで、
  バランスとるのがよろしいかと。

  腐人はコレ読んで、
  よけいにiPad版のBLは出さないでくれ
  と思った。

  なぜならば。
  iPadは会議テーブルにおいて
  全員が見ることができるほど
  視覚野が広いのだ。

  っちゅーことは、これでBL読んでると、
  周囲にバレバレっちゅーことだ!!!
  これはいけませーんっ!!!

  それにカラーである必要はないし、
  むしろ目が疲れないことの方が重要。

  となれば、キンドルのが向いてることになるが、
  データの保存容量がさー・・・、
  ぶっちゃけキンドルだと、
  腐人の場合、全然たんねーんだよ。
 
  やっぱそーなると、カミに帰る・・・だな。

  ま、その辺はともかく、
  この本は、iPadの日本発売前に書かれたもので、
  ビジネスとして、この先、どういう展開の可能性があるか、
  電子書籍では、ITでは、社内では、顧客プレゼンではと
  いろんな方向からの可能性を書いている。

  それがどんだけビンゴになるかは、わからんが、

  iPadってすごいらしい!
      ↓
  なにかできるんじゃないか?
      ↓
  でも具体的にはよくわからん(~_~)

  そーいう人に、一つの指針となるんじゃないかと思う。


  でもって、腐人の瑣末な感想に戻るが、
  キンドルの評価のところで、
  アメリカ人の年間読書数が紹介されていた。

  平均は、14.2冊。
  ・・・これ・・・月間じゃないの??
  腐人、むっちゃくちゃ読んでた頃は、
  1日5冊をクリアしてたんですが・・・(^_^;)。
  それだと、3日にも及ばない・・・。

  ま、今は、そこまで時間がないんで、ぺースダウンしてますが。

  んでもって、キンドル利用者はというと、
  年間読書数は、39.1冊。

  だから、もともと本をよく読む人しか
  キンドルを買わないんでは?という推論になっとったんだが、
  それでも39.1・・・。
  腐人の月間読書数、割ってるぞ?

  まぁ、活字キ●ガイの腐人を比較対象にしちゃいかんが、
  ほんでもなぁ・・・がんばれ、出版業界!!!


  それと、昨日も書いたが、iPad、iPhoneのアプリ。

  腐人は活字バカのアナログ君なので、
  アプリに興味は無いんだが、
  金を稼ぐツールとしては、おもしろいと思う。

  課金制度も、報酬配分もきっちりしとるので、
  WebでHP開いて自力でうんたらやるよか、
  こっちに乗ったほうが、全然よさそうである。

  ただ、やっぱしここで気になるのが、アップルの検閲。
  キンドルも同じような話(アマゾンの検閲)になるが、
  一企業がそういう権力もつってどうなんかねぇ?

  ま、今の日本の政治みてると、
  お上のすることだから安心なんてことは
  寝言でもいえない気がするが。

  
 
[ 2010/07/10 ] ちゅー&読書録 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。