腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書 > 割込。ようかんろん
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

割込。ようかんろん

ちゅーの下書きが尽きちゃったので、
ちょっと小休止。

まー誰も楽しみにしてなかろうから、
いいやんねー。


で、今日は、ヨーカン論である。

4/14の腐人日記に載っている、
『ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社』で
紹介されていた、「小ざさ」。

朝3時に並ばないと買えない羊羹として
とっても有名な商品である。

腐人は本に関係しない事項については、
根性ナシ!なので、
よーかん買うために朝3時から並ぶ気力も根性も体力も、
持ち合わせていない(=_=)。

だいたいさー、コミケですら昼出勤したやつだぞー(;一_一)?

ただ、だ。
その代わりといってはなんだが、
腐人は、他人様からもらうのが巧い
という星の下に生まれている。

単なるワガママのおねだり上手ともいうが。

ということで、「小ざさ」についても、
ことあるごとに周囲に
「食べたいねん~。食べとぉてたまらんのじゃ~。
誰かくれんかのぅ~。一口でええねんけど、落ちてこんかのぅ~。」

と散々っぱら宣伝しまくっていた結果、
先日、とある伝手で入手することができた。

びば!わがまま!

どーせなら、ようかんといえば「とらや」
の虎屋と並べて食いたいと、こちらも用意。

よっしゃぁ!
準備オッケー!あとは喰うだけよ~(●^o^●)♪

せっかくなので、血族にも試食させる。

まずは開封。

小ざさのは、虎屋の1/2~2/3ぐらいの大きさ。
小ざさはアルミ包みで、虎屋は竹皮。

・・・ま、値段がさ、
小ざさが1本580円
虎屋が1本2625円
4倍以上の開きがある。

ベロンと服を脱がせたら。

小ざさは、ちょっとグレーがかった藤色。
虎屋は、砂漠の夜空のような真っ黒。

なんか、この段階から、濃度の違いを感じる・・・(^_^;)。

非情な血族は、それを見た瞬間
「あ、なんか味わかった」

とのたまった・・・。

腐人たちは偶然にも、購入から7日ぐらいで食ったのだが、
小ざさの羊羹は7日から10日は
寝かせて食べたほうがいいそうな。
それまでに食すると、羊羹というより水羊羹っぽいらしい。

確かに、虎屋と並べると、
水羊羹?ってな感じがしたもんなぁ。


で、お味の方だが。
しょーじき・・・こりゃ好みだわ。
これは血族もそう言っていた。

まともにヨーカンの内容が知りたくて来た方には
申し訳ないが、このブログらしく言わせてもらうと。

水上ルイさんによく出てくる外人攻が、
虎屋(高くて濃い)。

ディアプラスかルチルでよくいる受が、
小ざさ(庶民的であっさり)。


腐女子の皆さんには、これ一発でわかるはずだ!


もちっとグルメっぽく言えば、
甘さの度合いは、

 小ざさ<<<<<<<虎屋

虎屋は、1回に一切れしか食べられないが、
小ざさは、1回に1/4ぐらいは食べられそう。
もったいなくてやんなかったけど。

かなりあっさりなので、
「結構(な大きさでも)食べられる」
と、血族も認めていた。


ちなみに、味の濃度も同じ図式。

その結果は、よーかんの硬さに比例していて、
黒文字を突き刺して切ろうとすると、
虎屋は、手がぷるぷるするほど力がいるが、
小ざさは、わりかしすっと入る。


なんか・・・
ここまで『羊羹』というものに対する考え方が違ってくると、
もうどっちがいいとか悪いとかの話じゃないな。

好みです。はい。

腐人は、『世界一誇りにしたい会社』を読んで、
「小ざさ」という会社に敬意を表しているし、
この値段で、
この味をずーっと提供しつづけている姿勢も
すばらしいと思う。

がー・・・己がこれを朝3時から並んで買うか?
と言われると・・・・・・・・・・・・(;一_一)。

むちゃくちゃお世話になった人が、
余命があまり残されていない状況になり、
これが食べたい・・・というよーな事態にならん限り、
並びには行かないかな。

んでも、貴重な経験させてくれて、
ありがとねー、××くん。


以下、読書録。

●8日
(471)BL/Shy 『壁際のキス』 椎崎夕
  のっけから、ちと蹴つまずき。

  生垣の枝でケガしたからなんとかせーって、
  見ず知らずのヤツが乗り込んできたら、
  腐人は
  「はぁ?何ゆーてんの、あんた。
  一昨日きやがれ!

  で退治するぞ?
  それで家の中まで入れるって、
  ちょっとお人よしすぎん??

  んでも、これがなきゃ、が始まらんわけだから、
  ハーレクインだと思って流そう。

  ちなみに、余談だが。
  出会いのバリエーションについては、
  ハーレクインはすげーもんがある。

  物語としては、芸能人がネタなわりに、
  ずいぶんジミーな感じがせんでもないが、
  展開に無理もなく。
  キャラが崩れることもなく。
  淡々とした感じは、とても椎崎さんらしく。
  
  全体的に良作印・・・という感じでしょーか。


そーいや、今、iPadがらみの本読んでるんだけど、
昨日書いた、フィクションの金持ち設定で、
なんでアプリ開発者がでてこないのか、
ちと不思議。

「今」を反映するならば、これ、
いいネタだと思うんだけどなぁ。

っても、ダウンロードが世界のトップ10に入る
アプリを作らないと、
1日で300万円ってのはならんよーですが。

ダソクざんした。
[ 2010/07/09 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。