腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 熱く語るぜ!腹黒読書 > おおきく振りかぶって 15巻だーッ!
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

おおきく振りかぶって 15巻だーッ!

まずい・・・昨日の戦禍で、脳みそが飽和。
本が読めない・・・(>_<)

いや、字を追うだけならできるんだけど、
頭の中に入らないんだよ・・・(ーー;)

んでも、己が大好物なものは受け付けるから、
うーむ・・・しばらくリハビリか??

まぁ、昨日で『美しいこと』熱は平熱まで下がったから
ここで『おお振り』について吐き出したら、
元に戻るかな??

そーいや、昨日、『おお振り』買いに、
売人とこ行くついでに、
宝くじ売り場へ換金に行ったらば。

高額当選者に遭遇!

なんでわかったかっつーと、
高額当選の換金は銀行窓口持参になるが、
それを直接持ち込むのはダメらしいのだ。

窓口持ってく前に、売り場の確認印がいるそーで。

ええなぁ・・・
おっちゃん・・・うちのアタリと換えへんか?
        ↑
って、腐人の300円やんけ!
図々しいにもほどがある。

ま、さすがにそれは言いませんでしたが、
ハンコもらって、そそくさと窓口に向かったおっちゃんは
背中に突き刺さる視線をグサグサに感じたことでしょう。


ってな寄り道をしながら入手した
(446)マンガ 『おおきく振りかぶって 15巻』 ひぐちアサ

スポ根マンガって、
基本的に試合か、幕間かなんですが、
今回は、幕間の巻。

幕間は、選手の成長か、人間模様が書かれるのが相場。
でもって、どっちかというと、
試合ほどの緊張があるわけではない。

が、この『おお振り』においては、
なんというか・・・この幕間がものすごく興味深い。
単なるスポーツの技術向上話だけじゃないんだよね。

前から思っていたが、ビジネス上のコーチング論として
十分通用するんじゃないか?

って、腐人、キライなのでコーチング関連本って
読んだことないんですけど・・・(^_^;)

で、ふと思い出した、今売れてるという本。
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

タイトルに惹かれるものを感じて、
図書館借りしよーかなーと思ったんだが、
監督ならまだしも、生意気盛りのガキが、
同学年のマネージャーごときに言われて動くもんかね?

というフィクションで考えたらあかんことを考えてしまい、
やめた覚えがある。

この本の主旨は、そこと全然違うところにあるのは
わかってんですけどさ・・・(ーー;)。
むしろ、モモカンの話のが、自然じゃねぇ?とか思っちゃって。

ま、経済書の話はどーでもいいや。


元に戻して、モモカンの話。

『おお振り』にはいろんな監督像が出てくる。
桐青の監督なんかは、昔っからよくいる会社のワンマン上司タイプだし、
熱血センセーそのものの美丞。

えー、一発でわかるかとは思いますが、
腐人はこの両者のタイプとも、大キライです。

もし腐人が生徒だったら、
モモカンじゃなきゃやってらんねー。

という理想が、女性キャラであるところに、
なーんとなくひぐちさんの言いたいことがあるような気がするのは、
気のせーですかねぇ?

女子プロ野球ってのもできましたけど、
やっぱし女の子と野球ってののひっかかりもあるんだろうなぁ。


あと、これ見てて思うのが、
体育会系人種ってこーやってできあがるんだということ。

なるほど、これは企業として使いやすい人材だわ。

昔、就活やってた頃、同級生(女)が
「あいつ(男)なんかラグビーしかやってこなかったのに!
 OB訪問で、即決だっつーのよ、一部上場に!!
 成績なんか可可可可可可だっちゅーのにっ!!!」
と激怒していたことがあった。
※彼女は首席を争う成績


当時はひどいよねーと言っていたが、
社会に出て××年もたつと、そりゃそーだと思うようになった。

だって企業側としては絶対そっちのが使い勝手がいいもん。
上の言うことハイハイきくし、体力あるし、根性あるし。
野球バカできた方のが、ヘンな知識がない分、
教えたことを素直に吸収するし。

下っ端としては、これほどよい人材はないだろう。

ま、そっからどーすっかは、野球に費やしてた分を
仕事に費やせるかどうかで道は別れるけどね。

んでも、今の世の中に溢れるワカゾーみてると、
そういう人種も減ってきた気がするなぁ・・・。


さて、ここからは、内容に沿ったツッコミ感想です。
かなりうがった意見もあるので、
未読の方は、この先はせめて一読してからのがいいと思います。

先入観ついちゃって、自分の感性で読めなくなると思うので。

ってことで、「続きを読む」に切り替えます。

ちゃんと断ったからね!



ショージキ、どっちもあんまし好きじゃない
美丞の監督とコーチ。

ただ、このエピソードとかみてると・・・
若いっ!若いわ、あんたたちっ!

あーあーあー、人生の山と谷、
あと3つ4つ越えてこい。

それにしても、河合君、
「気持ちワリー」とかゆってっけど、
キミと呂佳、似てると思うぞ、腐人は。


あんまし好きじゃない美丞ではあるが、
バスの風景に大笑い。

コマみるだけで、
ああ、今、左カーブなのね、んで右っと・・・
とゆーのがわかるってのが、マンガのすごさだよなぁ。

というか、ひぐちさんが細かいのか(笑)。


腐人はスポーツ一切しない人なんでどーでもいいが、
このリハビリ工程表はなかなかためになる(と思う)。

読みながら、ちょっと真似してストレッチとか思ったが、
一瞬坊主
せめて二瞬ぐらいやってやれよ・・・(ーー;)。


田島・・・「は」書けないのか、あんた・・・。
ま、キミなら書けなくても人生やってけると思うけど、
野球で使い物にならなくなった時のため、
もちっと勉強しようや。


今回、一番印象に残った台詞がこちら
花井の「3分 時間戻したい」。

ホント、恵まれてるよ、花井。

それとともに、泉の「なんでこう・・・」がね(^_^メ)
泉のキャラって、なかなか複雑ですげー好き。


キャラといえば、ものすごく丁寧に作ってあるのが
この作品の魅力の一つだと思う。

例えば、繊細な子というと、栄口と水谷だと思うンだが、
その方向性が全然違う。

栄口は、気配りの人。
真ん中っ子だからかねぇ?
キミみたいな人は営業にいくと、確実に胃に穴をあけます。
むしろ、人のフォローをする管理部系がぴったりかも。

水谷は、ホント今時の子。
こーゆー子は、意外に結婚も早かったりするんだよなぁ。
営業やらすといいもんだすと見た。


ところで、シニアとボーイズの違いがわかりません!
いつかおまけで説明してください!


今回は、阿部家がよく出てきましたけど・・・
なんかお母ちゃんに同情しちゃうな・・・。
潤い0なんだもん!

長男はオヤジのミニチュアだし、
次男ももうちっと育ったら、
「メシ、フロ、ネル」になりそうだし(^_^;)。

「なにがいい?」「肉」って、もし腐人が言われたら
どついてる
か、
生肉だすね!

それにしても、ここの家、エンゲル係数どんだけや!
ってかお母ちゃん、一日中メシ作りなんちゃう?

キミタチ兄弟、きっと女にもてるだろうが、
あまりのオレ様っぷりに、すぐ振られると思うぞ。
ちっと水谷の感性をもらっとけ。

それにしても阿部弟は、思い切り末っ子気質で。
甘え上手じゃのう・・・。


梓くんよ。
キミは覚えてなかろうが、
昔はいたんだよ、かわいい梓が・・・。
腐人はその頃のキミに会いたかったよ・・・(T_T)←しょせんショッター


うーむ・・・田島と三橋のブルペンをみてると、
「ここはジュニアかキッズチーム?」
と思うのは腐人だけ??
なんか、この二人、幼稚園にいても違和感ないわ。

それにしても田島って、
野球やるために生まれてきた子だよねぇ。

腐人も本読むために生きてる人なんで、
こういう特化された人の感覚って、なーんとなくわかる。

見るもの聴くものすべてがそこにつながるようになってて、
本能的に、どうすればいいのかもわかる。

その感性を磨くから、より感度がよくなって、
また進化する・・・んだよな。

敵はどんどん進んじゃうぞ。
頑張れ、梓くん(笑)。


えーモモカンに一言。

24-12は確かに12だけど、そのうちの8は寝たいです!
ダメ(笑)?


でもって、今回の目玉、「目標設定用紙」。


腐人も考えてみました。

『人生の目標』
夢から今月まで 「読めるだけ本を読む」
今週      「『深想心理』の早売りをゲットする!」
今日      「読めるだけ本を読む」


・・・・・・モモカンの感想をきいてみたいもんです。
[ 2010/06/23 ] 熱く語るぜ!腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。