腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 宇宙といえば
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宇宙といえば

仕事パニックも落ち着き始め・・・
ってかもっと早くやっとけよ!なんだが・・・(;一_一)

やっとこ脳も清浄化、もとい、正常化。
ん?
前の字でもあってたか。←腐脳の清浄って除去ってことか?



ということで、
本当は6/22にやろうと思っていた
新谷かおる 『パスカル・シティ』の話。


『宇宙兄弟』ループに陥っていた頃、
「宇宙といえば」何を連想するか、という話になった。

今なら大半の日本人が、
『はやぶさ』とゆーんじゃろうなぁと
思うんだが、どうだろう?


これを『本』に限定したら、
どういう回答になるか。
とりあえず『宇宙兄弟』は除いて回答せよ、
とゆったところ・・・

血族にきくと、
『2001夜物語』


師匠にきくと、
「ラインハルト様」


腐人はと言えば、
『パスカル・シティ』


と、三者三様であったわけです。


この三者、数式で表すと、このような関係。

【これまで読んだマンガの数】
血族+BL≦腐人<<師匠

『パスカル・シティ』は、SFマンガなので、
上の数式にあわせると、
腐人が読んだってことは、血族も、師匠も読んでるはず。

なーのーにー・・・

二人とも知らねぇってゆーんだよ(>o<)!!!

え!?なんで!?なんで知らないのっ!?

初出はいつかなぁ・・・
今、手元に本がないのでよくわからんのですが、
エンデバーの事故が取り上げられてるから、
1986年頃だと思う。

事業仕分けもまだ存在せず、
アメリカも双子の赤字が言われなかった頃だ。
宇宙にもじゃぶじゃぶお金が費やされていたかと思われる。

腐人のおぼろーな記憶でも、
すぺーすしゃとるだーなんだーと
結構、頻繁にニュースになっていた。たぶん。
※腐人は本と腐に関わらないことは、
すべてキャッシュメモリー(一時記憶)にしかとどめない


なので。
この頃って、SFマンガが
結構、描かれてたんじゃないかなぁ。

確か、萩尾さんだったか、竹宮さんだったかが
おっしゃってたかと思うが、今ではSFマンガって
なかなか描かせてもらえないんだそーで。

今、あんまし少女マンガ読んでないけど、
確かに昔のほうがいろいろあった気がする。

腐人は、萩尾さんの『マージナル』とか
竹宮さんの『アンドロメダ・ストーリー』とか
大好きなんですけどね。

う、話がそれた。
ま、いっか、いつものこった。

『パスカル』に話戻すと、
まぁそういう時代に描かれたマンガなんですわ。

なので、事業仕分けでお金がないとか、
そんな世知辛い話はでてこない、
夢いっぱいのストーリー。

・・・そう、「ありえねぇよ!」とツッコミたくなるほど、
夢満載の展開なんですわ。
たぶん初読当時も、内心突っ込んでたと思うんだけど。

ほんでも、読了後、
なんかほんわか幸せ気分になれるんだな。

所々、古さを感じる(受話器の形とか)ところもあるが、
そもそも新谷さんの絵柄は流行と別の次元にあるので、
時代が経過しても、わりかしすんなり違和感なく読める・・・と思う。

昔読んだ本の場合、どうしてもその当時の記憶を引きずるから、
イマイチ、客観的評価ってしにくいんだよなぁ・・・(~_~)。

今度、師匠に貸して、感想きいてみよっと。


とまぁ、腐人は、××年ぶりに
これを読んだわけですが。

ふと、疑問がわいた。

今、こういう話を、描くことができるのか?

上記に書いたSF漫画の需要減だけじゃなく、
この閉塞した社会情勢を考えると、難しい気がする。

こんな夢を描けた、またその夢に読者を乗せられた背景には、
やはり少なからぬ社会の影響が見える気がする。

だって25年前ったら、バブル真っ只中だもん。

何事もどんどん上昇方向を向いてて、
なんでも叶うような気がしてた時代。
だからこそ、描けた漫画な気がする。

閉塞感に窒息しそうになったとき、
つかの間の息抜きとして、読んだらいいかもしれない。

・・・が、入手がむずかしーかもー(^_^;)
一応、文庫になってます。


ちなみに。
6/22腐人日記にある、
ドッキング云々のネタ元はこいつです。
『宇宙兄弟』じゃないんざます (^_^メ)。


以下、読書録。

●30日
(456)BL/ルビー 『花嫁の代償』 松幸かほ
  うーんと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  読んだ。

  これ以外、なんもコメントが浮かびません。

  ※UPした後、一個思い出した!

  着物って、衣紋掛には吊るさないと思う。
  衣桁(いこう)でしょう。
  ってか、金持ち設定なら、絶対、
  金具つきの衝立式か屏風式に吊るすんじゃね?

(457)BL/キャラ 『義を継ぐ者』 水原とほる
  とってもとってもとーっても
  気のせーかもしれないが。
  ・・・キャラさん、挿絵基準変えました?

  今月発売のうち、
  『F&B』は元々BL??領域だから、
  春画じゃないのは当然なんだが、
  でも他の3冊(『深想心理』、『僕が一度』、『義を継ぐ』)
  ・・・なんか腐人的にはすごくいい!感じ。

  読み手のイマジネーションを強めてくれたり、
  キャラの関係性を推察させるようなイメージ画だったりして、
  腐人はこーゆー方が大好きだ!

  特に、この『義を継ぐ』の口絵カラー。
  まーさーにー
  ♪真珠の涙を浮か~べた~ら
    男の子なんて イチコロよ~

  と、思わず歌った、腐人・・・←古っ!
  
  『脳殺魔女っ子ヨッちゃん
  ヤジマのハートが盗まれたの巻』
  と、勝手に口絵タイトルつけちゃったよ(^_^メ)。

  ま、そんなアホネタはさておき。

  ガキだねー、矢島。
  ケツにモウコハンついてんじゃないの?
  好きな子いじめるって、いくつだよ。

  でも、だからこそ、
  ヨっちゃんの視界に入れたのかもしれんけど。
 
  腐人は、吹けば飛ぶような軽い話もキライじゃないが、
  やっぱしそれなりに重厚な方が好きなので、
  こういう骨太話は好きである。

  あとがきにご自身もかかれていたが、
  水原さんにしては、一般枠な人が多く、
  水原作品の中では、比較的読みやすいんじゃないかな?

  個人的には、よっちゃんがガキの頃エピソードが
  もっとあっても良し!←どーしよーもねぇショッターだな

  あのフォーリンラブの瞬間カット、
  よっちゃんの表情がみたかった(>_<)!

  ってか、よっちゃんと慶さんのプラトニックラブ
  すげー萌えたんだよなー、矢島よりも。←おい
  
  ま、実際のところ、任侠伝とかの偉大な組長話なんか読むと
  本当に人間的にすごい人がいたりして、
  腐人はその手の本、好きなんですよ。

  慶さんの若かりし頃で、1冊やりませんかい?と言いたいな。
  
[ 2010/07/01 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。