腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > うーん・・・気のせい(^_^;)?
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うーん・・・気のせい(^_^;)?

日曜恒例、タンブリング話。
ものすごーく自意識過剰だと思いたいんだが、
ここでタンブリングの予想をすると、
なぜだか翌週に反映されてる気がするのは
気のせい・・・だ・・・よな・・・はははは。

ま、スポ根ってストーリー展開がお約束だし、
学園モノの場合は、ポイントとなるネタが決まってるんで、
偶然そうなってんだろう。うん。

あとは関東大会。
最後の最後まで、ダイジョウブか!?で
引っ張って、完成演技で終了が妥当だろうが、
最終回、この演技シーンは
しっかり見せて欲しいっす。


ところで、このタンブリングって、TB●。
腐人がブチ切れた報道をやったのも、T●SのN●ws23。

細かくやろうかなぁと思ったんだが、
いろいろ考慮の結果、
ざっくりとだけ言うことにする。

●BSのNe●s23さん。

一般棚から、18歳以下の性描写があるものが
成年指定棚に移る
ってな単純な話じゃないんですよ、この条例。

原文みりゃ一目瞭然ですが、
これが通れば、
『金八先生 15歳の母』も放映できなくなるの、
わかってます?



それにVTRで、さも重要そうに取り上げていた
質問回答集。

これについて、
テ●ビ朝日の朝のワイドショーの男性キャスター
が素晴らしく的確なご意見をおっしゃってます。

「わかめちゃんのパンツが対象にならない?
 なにわかりきったこと言ってるんでしょうかね。
 そもそもこんなもの、意味ないですよ。
 条例に書けって話です」


※これまた腐人の記憶に則ってるので、
細部は異なるかもしれませんが、概ねこのような発言。


それから、賛成派、反対派をあげてましたが、
腐人としては、反対派として宮台教授のご意見を
ぜひ流して欲しかった。

彼の発言はとても的確でわかりやすい。
法について、TB●の報道の方々に、
勉強していただきたかったです。


最後に、メイン司会の女性キャスターさん。

同じT●S系列でやっていた(今春打ち切りになりましたが)
CBSドキュメントという番組がありました。

そこでは多種多彩なテーマが取り上げられていましたが、
司会進行をやっておられた、
ピーター・バラカンさんも、吉川美代子さんも、
それぞれのテーマについて、
とてもよく勉強なさっていて、ただただVTRで流れる情報だけでなく、
それを補完し、また、それらを踏まえた上での見解を
的確に述べておられました。

それに比べて、あなたの行ったコメントは、
ただの感情論でしかない。
根本的な報道に対する姿勢の差、
知識レベルの差が歴然。

キャスターの起用、
その報道姿勢、
すべてに疑問がわいてしまう●BSのNew●23。

一視聴者として、改善を願いたいです。


ああ、また硬くなった!

ドラマの話に戻るけど、
もし、ドラマにしやすいマンガを探してるなら、
今、一番のオススメは
『ちはやふる』。

学生部活は、ウォーターボーイズ他、
ネタにしやすく、
特に今は「和」が一つのブーム。

『ちはや』はマンガとしても、
ノリに乗ってるところだし、
試合の動きも激しいし、
袴姿というところでも、画面が華やかになるから
映像化に適しているかと。

ネックは話が進行中ということ。

今やるならば、
どうしてもオリジナル展開をせざるをえないが
アイドル使うのも使いやすいし、
オススメ素材だと思う。


あとは、これは大人向けになるだろうが、
宇宙兄弟なんかもJAXAと組んでやったらおもろそう。
選抜試験まで、ぐらいにしてね。

仕分けられて予算厳しき折(笑)、
宇宙へ興味をもってもらうのには、
こういう手法もありまっせ?


それと、前に書いた『海の天辺』。
これは本当に丁寧に描いてもらいたいんだが、
とても良質のドラマになると思う。


個人的には、羅川真里茂さんの作品なんか、
ものすごくドラマ向きだと思うんだけど、
はっきりいって、余計な手を入れて欲しくない。
そのぐらい完成してるんだ、羅川さんの世界は。

『僕から君へ』とか、田舎3部作なんかね、
もー泣けて泣けて。
田舎3部作の『がんばってや』は、
春頃の2時間ドラマとかに最適だと思うけどなー。

っても、実現した場合、
見るかどうかはわからんですが(^_^;)



以下、読書録。

●12日
(430)マンガ 『朝がまたくるから』 羅川真里茂
  帯に「羅川真里茂にしかかけない」
  とあったが、その通りだと思う。

  「葦の穂綿」
  こういうのを読むと、法について疑問がわく。
  殺さない程度にずーっと殴り続けるのは罪にならず、
  それを止めさせようとした行為が裁かれる。
  これが『正しい』のか?
  それでいいのか?
  腐人にはそう思えないんだがな・・・。

  「半夏生」
  昔、アメリカで13歳の教え子と教師ができてしまい、
  教師が実刑を受けた事件があった。

  教師には旦那と子供がおり、
  逮捕時には教え子の子供を妊娠中。
  収監中に出産し、教え子の母親が育てていたらしい。

  刑期を終え出所してきた教師は、
  教え子への接近禁止令が出ていたが、
  二人は会い、教師は再び拘束される。
  でもって、その時にも妊娠してたらしい。

  そして、二度目の出所した後、
  二人は結婚した・・・という話を思い出す。
  
  教師の元旦那や子供、少年の母親などにとってみれば
  迷惑きわまりない話だが、
  本当にここまで変わらないならば、
  年齢で区切ることへの疑問がわく。
  
  ただ現実としてどうだ、ということはあるので、
  諸手をあげて賛成するわけじゃない。

  そういう意味で、
  ケイゴもリオも、二人ともが、よく頑張ったね、
  と言いたいかな。

  「冬霞」
  もう・・・なんつーか・・・言葉がない。
  ホントに、虐待やった大人からは、生殖機能とっちまえ!
  と言いたくてたまらない・・・。
  
  おにいさん、あなたはとてもいいことをしたよ。
  
[ 2010/06/13 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。