腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腐ニュース&読書 > 理性ってモロいのね
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

理性ってモロいのね

とゆーのは、
腐ニュースをきいた血族の感想。

世の中は大変なニュースがあふれているが、
腐人が気になったニュースは、
「かつらで女装し、女湯に侵入した防衛省技官逮捕」
「女装自衛官、菓子店内で女装して下半身を露出」

楽しいことやってくれるもんですな。


露出といえば、腐人も遭遇したことあります。

海外で電車に乗って座っていたら、
前にやってきたおじさんがべろんと。

当時は、まだまだ初々しかったので、
硬直しかできませんでしたが、
今ならなー・・・

1)「うわっ、ちっせー」
2)「あら、不能?」
3)「まぁ、ふにゃふにゃ」


どれがいい?←やめてやれ・・・


あ、そーいや日曜だから、
ドラマの感想やんなきゃだ。

タンブリング、何回目だ?4?5?
ま、いいや、昨日放映のやつ。

・・・柏木×火野?

と思ったのは、腐人だけ?

でも、個人的には、
火野パパのが気になる・・・。

ま、スポーツはアレですからね。
※参照:1/2腐人日記。


ところで。
先週のネタがアレなのに、
水沢と木山が普通に銭湯に入ってるってのは、
BL的にはNGでしょう!!!

ってか、水沢のあのネタは、
水沢=ミッチーがやりたかっただけ、
と見るべきなんだろな。

そーいやワタル・パパも登場しましたが、
父と子じゃなくって、
父と父が気になるわー。
どーせならそっちのネタでエピソード欲しかったわ。


そーいや、もう一個気になってることがあるんだが、
部活におけるコーチの指導って、
あんなに放置なものなのか???

運動部なんか最近すぐ管理不行届きだなんだと
言われまくってるから、
先生方がピリピリしてみてる気がするんだけどねぇ?

なんか腐人における、最近の高校生部活の基準が、
『おおきく振りかぶって』にあるからさ、
あの放置具合に違和感が。

・・・ま、いっか。

それともう一つどーでもいい話。

新体操部の皆さんの女装、
たぶん自衛官のおっちゃんよか
似合う気がするのは腐人だけ??

以下、読書録。

●22日
(386)一般本 『岩崎弥太郎と三菱四代』 河合敦
  初めに言っとくと、
  リョーマ伝は見てません。

  っつか、腐人は、歴史キライじゃないが、
  幕末はアレルギー。

  フランス革命もアレルギーなんで、
  たぶんお題目を掲げての争いがキライなようだ。

  欲による行動なら好きなんだけどね、
  戦国とか。
  
  っつっても、今、マジョリティーが嬉しげにゆってる
  レキ女とかゆーのではありません。

  あれね、ぶっちゃけ腐人の周囲では
  むっちゃ冷ややかな扱いである。

  あったりまえだ。
  腐った世界では、あんなの太古の昔からおるし。
  一般の世界でも、史学科出身の友人いわく、
  「何をいまさら。
   単にマスコミに見つけられただけだよな」

  その通りだよ、Y。

  特に腐った世界の、腐人レベルが貴腐人だとね、
  絶対通ってるのよ、遥か昔の20年前に。
  「ミラージュ」というジャンルで。
  
  ♪ああ~いつかきた道~♪
  
  いかん。
  これについて語ってると、
  いつまでたっても三菱の話にならん。

  ということで軌道修正。

  そう、腐人は幕末がキライ。
  でも、財界偉人伝は好き。すんごく好き

  そりゃなんでかっつったら、
  匂うから。

  HのHさんとFさんとか、
  SのIさんとMさんとか、
  MのMさんとTさんとか、
  リアルビジネス界には萌えがいっぱい
 
  ・・・っても、実名書く勇気はない小心者(^_^;)。

  ま、そーゆーことで読んでみた本。
  ・・・なんだが・・・・・・・・・・・・
  はっきりいって、
  文章がおもろくねー!

  ところどころに挟まる、
  説教じみた私見。
  これが鼻につく鼻につく。

  でもってゆってることが、なるほどな意見ならまだしも、
  あっさい、浅い。
  まるで、子供用ビニールプール並の浅さ。
  まったくもって人間観察がなってねぇ。

  まー、こんだけ調べたことはすごいと思うが、
  ニンゲン語るには、
  もっとニンゲンについて知ったほうがいいと思うので、
  間にいれてるあれ、やめたほうがいいと思います。

  今のは、
  ただ自分に酔ってる、
  実は家でペットにすら無視されてる親父の意見レベルだよ。
  
  史実から読み取れるものだけを並べた方が、
  全然いい出来になりますよ、この本。

  ま、そーゆーのはさておき。
  やっぱりありました、腐人のツボ。
  そーだよねぇ、これこそ偉人伝!

  特に家族色が強いので、
  『虚弱体質だった弟が
   医者にすら見離される大病を患ったとき、
   16歳年上の兄が「絶対助ける!」と看病し、
   奇跡的に命をとりとめさせた』

  とか
  『兄の遺言を守る弟』
  とか
  『芸妓から「これからもごひいきに」
   と言われた甥がした返答
   「叔父に相談します」』

  とか
  『あまりの堅物な甥を心配した周囲が
   「甥を落した芸妓には懸賞金をやる」』

  とか
  『生涯子供に恵まれなかったが、
   独身主義を返上して結婚した夫人とは
   浮気をすることもなく、
   重要な相談のある食事会でも、
   夫人がいないと不機嫌になった』

  とかは、
  むっちゃツボーッ(>。<)!!!!

  ま、腐人の脳内でこれらが実際どう換算されてるかは、
  ご想像におまかせします(^_^メ)。

[ 2010/05/23 ] 腐ニュース&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。