FC2ブログ
腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 図書規制&読書 > いろいろ挫折中・・・orz
07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いろいろ挫折中・・・orz

寝起き一発、ラジオ体操第2を頑張ってみた。

単にしないとどうにもならんぐらい
首肩背中が鉄板になって
頭痛が始まったから、だけなんだが。

やると、確かに効果あり。
ただ、その後、疲れ果てて行き倒れるが。


さて、ただいま挫折の波に寄り切られてる腐人。
いくつかを紹介しよう。

挫折その1

『機関車トーマスと英国鉄道遺産』という本。

血族のチビがトーマス大好きで、
遊ぶのに、なんかいいネタあるかのぅ?と
読み始めたはいいが・・・

すんませんっ!
鉄っちゃんでもないのに
トーマスファンでもないのに
手をだして、ごめんなさい~っ(>_<)!!

・・・読めたのは、頭にあった
「デイアウト・ウィズ・トーマス」のくだりぐらい。

この「デイアウト(以下略)」とは
一体何かと言うと、
トーマス・シリーズに登場するキャラクターたちが、
本物の機関車(前面にお面を装着)で登場し、
シリーズのお話のエピソードを実地でやってくれる
というもの。
らしい。

スタッフもシリーズの登場人物のコスプレをして
記念撮影をやっとるそうで。

むむむむむ・・・これはファンならずとも
見てみたい。

ただ、腐人としては、
どっちかっつーと、舞台裏が見たい。

というのも、このアトラクション、
イギリス全土をまわっとるらしいのね。

なんだけど、
あまりにスピードが遅い
んで
線路にのっけて移動させると、
通常の営業運行の妨げになるからって、
トレーラーで運ばれてる
そーで。

・・・鉄道のプライド
傷つきそうな話だ。

と、ここまでは読めたが、
その先が・・・・・・・・・負けました・・・

鉄子でも、トーマスファンでもない腐人には、
無理!
あわないものに手を出した
腐人が悪うございました・・・。

そんな腐人はともかく。

この「デイアウト」にご興味をもち、
イギリスまでいくわーという方、
どうもこのアトラクションは
特定の運営会社があるというわけではないようで。

ここでは、
ディドコット・レイルウェイ・センターでの開催が
紹介されてたので、その辺りから確実な線を
追ってみてください。


で、挫折その2
で、でもこっちはなんとか頑張りたいんじゃー(>_<)!

何度か触れてるが、
腐人はスギ君とは一緒に暮らせない。

腐人とスギ君の間には、
ロミジュリなんか屁じゃないぐらいの
相容れられない深い溝がある。

それはアレルギーパッチテスト+5(MAX)
という結果としてでてきている。

でもって、本来、腐人はそれ以外には
暮らせないモノはいない・・・はずなんだーっ!
テスト結果はそう言っていた。

なので、そう信じてきたが、
どうやらそうではないらしい。

というのも、着物を出すと、
粘膜が思い切り拒絶反応を示すのよ・・・。

でもあさってからの腐人会慰安旅行では
着物着たいのっ!

それにあわせて、
髪にもお肌にも投資したっちゅーんじゃっ!!!
うえーん・・・(T_T)


ただ、このアレルギー反応は半端じゃなく、
前回は、ホントにまったく防御しなかったので、
鼻の奥の粘膜が腫れ上がって鼻腔を塞ぎ、
目は土偶。

初めはてっきり風邪ひいて
鼻づまりなんだとばかり思っていて、
鼻をビービー言わせてたんだけど、
いくらかんでも、ちーっとも出ない。

そうこうしてるうちに、
喉の奥でも粘膜が腫れだし、
寝ている最中に窒息死しそうになり、
そこでやっとこ、これはおかしいと気づいた。

・・・って、鈍すぎだろ、腐人・・・。


3日ほど前から、着物を衣桁に吊って、
風にあててるんだが・・・その部屋に行くだけで
すぐ反応する腐人の粘膜。

・・・これはあきらめねばならんのか?

いやいや、なんとか頑張りたいっと、
現在、日に当てたり、ブラッシングしたりと
珍しく努力中。

・・・っつかね、着物やめたら、
着てく服がねぇのよぉぉぉぉ
・・・って、問題はそっちにあったんかい。


あ、ということで、着物がどうなるかはさておき、
たぶんGW中は何日かブログお休みします。

PCもってけるだけの体力ないし(本は二桁かついでいくのに??)
ケータイでやるだけのスキルないし。

問題は、読んだ本をどこまで覚えてられるかだな・・・。


以下、読書録。

●30日
(328)BL/ディアプラス 『天使のハイキック』 絢谷りつこ
  ちょうどノンストレスで読める関西弁本が
  読みたかったので、なんてタイムりー。
  やっぱ、全然ちゃうわぁ。

  それにしても、素直なタイトルですな。
  冒頭数ページでタイトル由来がわかる。
  もうちっとヒネりが欲しかったかな。

  お話としては、タイトル同様、
  とても素直で、かわいくて。
  挿絵が夏乃あゆみさんなのもぴったりな、
  なるほど、ディアプー本。

  個人的には、もう一歩、
  キャラに踏み込んでもいかったかな?
  という気がせんでもないけどね。
  ちょっと全体的にきれいきれいなんで。

(329)一般本 『彩雲国物語 蒼き迷宮の巫女』 雪乃紗衣
  なんだか総出演状態がいったいいつまで続くのやら
  ってな感じになってきて、
  こりゃ書くのに体力つかうわなぁ・・・。

  伏線の回収だけで頭こんがらがりそうだ。

  とはいえ、この年になると、
  へーほーふーんになっちゃうんだけどね、
  こういう話。

  特に、国だ王だとか言われるとさ、
  『銀河英雄伝説』、『アルスラーン戦記(それも角川版)』に
  『十二国記』ときた世代としては、
  「人なくしては国はないが、
   国が無くても人はある」
  とか思ってるんで、なんかねぇ・・・。

  官についても、国についても、
  素直に読めないお年頃。
  いや、年齢じゃなくて、人間性の問題かな?

  ただまぁ、この話、どう決着つけるつもりなのかは
  みてみたいので、
  (『アルスラーン』も『十二国記』も終わってないしね)
  落ちるまでは追いかけますよ、ええ。

  そーいや、本筋とは別んとこで、
  ちょっと気になったのが挿絵さん。

  長年みていると、
  絵が荒れやすい人と荒れにくい人というのがあって、
  荒れやすいタッチなわりに、崩れないなぁと
  感心してみてたんだが、
  どうしたんだ?
  この巻になって、大荒れに荒れて、
  デッサン崩れてるぞ?
  
  マンガもやってるとかきくので、
  その影響??
  こういうタッチの人は一度荒れると、
  なかなか戻らないんだよなぁ・・・残念。

(330)BL/キャラ 『待ち合わせは古書店で』 榊花月
  うむぅ。
  この涼真くん。
  7歳にして真理がわかっとる。

  「自分王国の王様は自分」
  という、この子のセリフを踏まえ、
  上の『彩雲国』であった、
  王サマ論議をみるとなかなかおもしろい。

  榊さんの作品もまた、作品によって評価がバラけるので、
  一概に言えないところがあるんだが、
  うーん・・・であっても、凪良さんほどOUTじゃないのは
  底力の差かなぁ。

  といっても、今回のこれは、腐人的にはアタリ。
  結構好きですね。
  キャラも文章も榊さんにしては直球だし。

  ただ単に涼真がいいともいうか。
  ははははは。
  典型的な、
  親がたよりなければ子供がしっかりする
  ってヤツですな。

  表紙がむっちゃかわええ・・・(*^。^*)
  キャラさんもショッター心理が
  わかるようになってくれはったんかなぁ?

(331)マンガ 『コルセットに翼 5巻』 もとなおこ
  んんん??
  なんか人物がこんがらがってきたぞ・・・。

  ハイミス・デスデモーナVS寄宿舎生
  までは、ついてけたんだけどなぁ。

  時代的なものも含めた、
  女性の生き方って部分をすごく楽しく読んでるので、  
  すんません、あんまし複雑にせんといてください・・・
  腐人の脳がついてけなくなってしまうです・・・

(332)マンガ 『ザイオンの小枝』 稲荷家房之介
  お話がどうというのは、ちょいと棚上げ。

  東京と大阪で問題化している不健全図書の
  観点からみてみる。

  ストーリーを見ずに、絵だけをぱらぱらみれば、
  やっぱり不健全だなんだと
  言われちゃってもしかたないのかな
  と、客観的な視点で思う。

  昨日、ツイッターでつぶやいたが、
  10年前と比べれば、
  明らかに表現がリアルに過激になってると思う。

  ニンゲンの脳みそは、刺激をもらうと、
  更なる刺激を求める構造になってるので、
  そういう方向に進んだのは自然のなりゆきかもしれんが、
  どうなんだろう、これ、皆みたいんだろうか?

  正直、腐人は、ここで「NO・毛・宣言」してるとおり
  リアルはいらない派だ。

  挿絵も表紙も、前から何度もゆってるが、
  肌色120%じゃなくて、
  今回の榊さんの『古書店』とか、
  杉原さんの『羊とオオカミ』のようなのがいい。
  
  そう思ってる派からすると、
  作り手の皆さんに
  今回規制対象となった要因を作り出した方向性に
  問題はなかったのか?と問いかけたい思いがある。

  出版社の思惑、販売の現状、作者の思い、
  いろいろあわさっての結果なんだとは思うが、
  一度、そのスタンスを見直す
  いい機会なんじゃないかと思うので、
  できれば関係各所の皆さんにも考えていただければ
  幸いである。

  という硬い話はこのぐらいにして。
  本編。

  確かにエロなんですけどね、
  でもちゃんとストーリーもあるのが稲荷家さん。

  だからこそ、絵だけで判断されないよう、
  対策練って欲しいんですけどね・・・。

  個人的には肉球が好き・・・
  しっぽとかケモミミ・・・
  萌えるわーっ!!!
[ 2010/05/01 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。