腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > だらだらスポーツ観戦記
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

だらだらスポーツ観戦記

昨晩は全日本フィギュアをみてたんですが、
ぶっちゃけ、男子がおもしろい。

うーん…いま、こんだけ男子がおもろいならば、
まさに『氷上のセイリオス』
もったいないことしたなぁと思う。

だが、あの切り口では、この関心の高まりとリンクしたか
という点では若干疑問。

結局、コアなファンってのは、ミーハーがどうあれ
ずっと見るし、追いかける。

でもそこ相手だと、市場がちっせーから、
パイの拡大を狙って、ミーハー層をとりこまないとならない。

しかしながらミーハー層ってのは移り気だ。
目立つスターやアイドルがいると追いかけてくれるが、
それらにすぐ飽き、別のものへ関心が移る。
そんときにどんだけ残せるか。

それを思うと、結局のところ、スター選手に、ではなく、
その競技そのものに興味をもってもらわないと、
いかんよーな気がするんだよなー。

なので、『キャプテン翼』でミーハー層をひっかけたとしても、
その後、『フットボールネーション』がでてこんと
結局、逃げられちゃうよーな気がするんだよなー。

そう…そこに多様性ってのがいるんだよね。


なんだったかな、出版業界の未来予測関係のなんかで、
「結局のところ、本ってのは、
 他のものとどう違って書いてあるか、という
 多様性に価値があり、それに金を払うのだ」
ってのを読んだ覚えがある。

確かに、書いてあることを
すごく大雑把にカテゴライズするとしたら、
恐らく今、世に出ている本のほとんどが、
何かの模倣や延長にあるものばかりだ。

でも、それでも読むのは、
やはり元になったものと違いがあるから。
その違いを知りたくて読む。

そやって考えると、野球やサッカーを題材にしたマンガは
腐るほどあるが、
フィギュアは、それも男子フィギュアは少ないよな。

『フットボールネーション』みたいな切り口の、
男子フィギュアマンガがもしでたら、
今、すっげー読みたいかも。

ゆーちゃぁなんだが、観戦すらも超ど素人な腐人なんぞは、
ぴょんぴょんやってるジャンプの違いもよーわからんし、
スピンのポジションだのなんだの言われても、
「きれいねー」と思う子か、
「なんかゆらゆらしてるねー」と思う子の違いか?
程度しかわからんねんもん!

観るのがより楽しくなるような、
そういうポイントがわかるもんが読みたいなぁ…。


とはいえ。

今日は腐人の年に1度のお楽しみ、高校駅伝だったんですが、
これはねーもう競技としての視点なんて、
ドブに捨ててるからねー。

もし、競技解説的なマンガがあっても、これは読まない。
断言できます。


だって…駅伝の愉しさってのは!!違うでしょ!!

繋がらないたすきとか!!
すんません、先輩…最後なのに、俺がブレーキになっちゃって…とか!!!
ごぼう抜きとか!!
区間賞とか!!
1つでも順番を上にして渡したいとか!!

そーゆー妄想、もといドラマ部分を愉しみたいんだよねー。

これ、一人完結のマラソンだと全然おもろくねぇの。
なので、腐人はみません。

でまた、トラックの400mだとか
800m程度のリレーでもおもろくない。

あの、途中肉離れとかの故障をしても、
まだまだ距離があるっちゅー
駅伝だからこそ、おもろいのよー!!

ホントに、これはリアルがフィクションを凌駕する領域で、
たまたま昨日、スケートついでに
スポーツニュースをぴょんぴょんしてたら、
箱根駅伝の歴史みたいのやってて、
ついつい見入ってしまった。


筋書きのないドラマ、という点では、
確かに高校野球とかもそうなんだけど、
例えば、高校野球で負傷者がでてもさ、補欠がいるでしょ。
その控え選手が出てきて、試合は続行されるわけじゃん?

他にも、テニスのダブルスだとか、スケートのペアだと、
片方が試合中に故障した、でも続けたいとなれば、
もう一人が頑張ってフォローするってできる。

でも、駅伝は違う。

走ってる間は、すべてがその選手一人にのしかかる。

そして、その選手がリタイアしたら、
他の個人競技でのリタイアと違い、
これまで他の人が走ってきたすべてがおじゃんになるのだ。

これは他のどの競技にもない連帯性だと思うんだよねー。


自分自身は、こういう連帯責任的なもんって、大嫌いなんだが、
他人が、それに悶々としてる姿をみるのは、大好き

だから腹黒腐人としては、
観ててこんなに萌える競技はないのよねぇ。

はーやくこいこい、箱根駅伝!


あ、ちなみにこの、箱根駅伝歴史の舞台裏の完結編は
今日の深夜0:55~1:50に日本テレビでやってる
Going! Sports&Newsの中でやるそーです。


今晩の全日本女子フィギュア見た後はー、
年内は、お楽しみがないかな?

そーいや高校バスケのウインターカップがはじまっとるが、
あれは今、どーなんかなぁ…?


以下、読書録。

●22日
(1142)絵本 『特急おべんとう号』『ちくわのわーさん』 岡田よしたか
  『うどんのうーやん』があまりにおもろかったので、
  他のも読んでみた。

  が、やっぱし、最新作のうーやんが一番おもろいなぁ…。

  っつか、これらを踏まえて、
  うーやんの境地に至ったんだろう。

  うーやんとこれらの一番大きな違いは、言葉数。
  うーやんはこれでもかっちゅーぐらい削がれてるの。
  でもって、最初から最後までボケ倒してる。

  だからこそ、その1語1語がもってるもんが強烈で、
  読んでるほうが巻き込まれる。

  それに比べてこの2作では、
  作品内でボケもツッコミもしてくれてるから、
  ただ読んじゃうだけに終わるんだよなー。

  っても、そもそもがおかしいねんけど。

  ホンマにようこんな設定思いつくわ。

  ただな、1個いわせてもろてええ?

  納豆って、べんとうにいれへんと思うの。

  ぬるぬる以前に臭いんじゃー(>0<)!!!

(1143)BL/ダリア 『不埒なファシネイション』 崎谷はるひ
  思うと、崎谷さんって、
  めんどうくさい子、好きなんかなぁ?

  過去作品を思い返せば、わりと多いよな。
  人として、地表にでてる部分はまともっぽくみえるくせに、
  根っこが全然できてへんくて、
  ちょっと強い風が吹くと、めためたになる子。

  よう面倒みるなぁ…と感心してまうが(腐人はムリ!)、
  ここにでてくる3カプのうち、
  一番まともなんは未直んとこよなぁ…。

  ホンマに。
  体でばっか会話せんと、ちゃんと言葉で話し合え!

  自分の感情や思考を言語化する訓練しとかんと、
  いつまでたっても感情のコントロールがでけへんぞ。

  ま、どれもこれも痴話げんかにみえんねんけど、
  このシリーズのカプは全員、
  こんな感じでずーっとなるんやろねー。

  犬も食わんわ!

(1144)BL/ダリア 『蒼穹のドルチェ 陽だまりに吹く風6』 吉原理恵子
  そういう崎谷さんのキャラを読んだ後、
  吉原さんのキャラをみると、
  人の根っこって、どうやればしっかりするのか、
  すごく考えてしまう。

  あの『二重螺旋』の篠宮兄弟にしたって、
  この千堂だって、決して恵まれた環境だ、といえないのに、
  このしっかり根っこが張れてるよなー。

  なんだろう、この違いは。

  最近すごく思うのが、人を育てる上で、
  いったいどこまで手や口を出せばいいのか、ということ。

  構いすぎれば、依存性が高まり、
  かつ自分で考えようとしない子になるわけじゃん?

  かといって、自分でやんなさいと放任すると、
  とんでもないことしでかしたりする。

  一真とお母さんなんかは、すごく理想的にできてて、
  こういう風になるのとならないのの違いって
  なんだろなーと、考えてしまう。

  根っこの信頼とか愛情?
  難しいなぁ…(~_~)

  そういえば、今回はのっけからパパ登場だったわけですが、
  あ、わかる、この他人に踏み込まれたくない領域って。

  そこに無神経に入ってこられて、
  やったげてる感とかみせられると、腐人はキレるな。

  やっぱどの人にも、絶対に踏み込まれたくない
  プライベートゾーンってあると思うんだよね。

  こういうのは、ここまではいい?これはだめ?と、
  つきあいを重ねる間に、少しづつ進めて、
  ああ、この距離が適正だなって判断してくもんだと思うんだよ。

  ゆってはなんだが、
  そこの距離が合わない人と、
  金銭感覚が合わない人とは、
  右手がわりの性欲処理の相手だったらいいが、
  結婚はしてはいかんと思う。
  
(1145)BL/リンクス 『Zwei』 かわい有美子
  どんどん広がる平河寮シリーズ。

  そーいやアメリカで銃規制反対派は、
  各小学校に武装警官を配置したらいい、とかゆってるそーですが、
  なんかそれ違わね?と思うのは、腐人だけだろうか。

  警察官が増えて、雇用も増えていいのかなぁ…(~_~;)

  ま、それはどーでもいい。

  個人的には警察小説好きなんで、
  こういうのもっと書いてくれ!
  って感じなんですが、
  自分の中の正義かぁ…。

  実際のところ、シロとクロというよりグレーとクロの間を
  ずーっと歩き続けるって大変で。

  恐らく、いや間違いなく、
  法に従事してるほど
  法ってもんがいかに無力で矛盾をはらんでるもんか
  ってこともわかってる。  
 
  やから、これは正しいって言い切ることが
  どんどん難しくなってくんのよねぇ。

  そーゆー意味で、この二人、お互いが揺らいだときに
  それぞれに支えあえて、ちょーどええんちゃうんかね。
  
  しかし、指輪ネタとかみてっと、
  もうちっと相手の意見きこうやっちゅー気がするわ。

  
[ 2012/12/23 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。