腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > ニュースいろいろ その12
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニュースいろいろ その12

検索がバカバカのアホアホなので、
果たして12が正しいんだかどーなんだかわからない・・・。
もうこれ、どーすっかねぇ・・・。


その前に、すっげーどーでもいいことなんだが、
ちょいと!
腐人のテリトリー内にあるレンタルマンガ屋で、
『暗殺教室 1』借りてる人!!
早く返しなさーい!!!

腐人が読めないじゃないか。←おい

ちょい読みで、1話だけしかみてないが、
てっきり、最近流行りの
「死と暴力まみれの読後感がすっげー悪い話」
かと思いきや、
違うやんこれ・・・むしろ逆?な感じが
すっげー腐人のハートにズキュンときまして、
入荷を心待ちにしとったんだ。
  ↑
 買えよ!


だが、同じように思った人は他にもたくさんいたようで、
「ない!ない!ない!ここにもない!!」
ばっかでよー・・・(=_=)

ぐれてやる。←だから、買え!!


ま、それに関係するんだかどーなんだか、
言葉としてだけは、なんかかぶる、
学校と銃のニュースの話が、今日のネタ。


千葉県の私立高校が、少子化への対策がうまくいかず、
多額の負債を抱えてしまい、このままだと経営破綻する、
というニュースが流れた。

そこで、ふと、思い出した話がある。

腐人は、大抵一人メシだ。

で、いつも読書してるわけですが、
周囲に座った人の会話がおもろかったりすると、
読書そっちのけで、耳をダンボにして、聞き入ってしまったりする。

先日、そんな感じで聞き入ってしまったのが、
どうやら大学の教員?みたいな人たちの会話だった。


学校というのは、結局のところ、授業料収入でしか売上げがたたない。
なので、少子化によって授業料収入が落ち込むと、
途端に経営が行き詰る。

したら、どうすればいいか。

単純にいえば、生徒数を増やせばいいってことになるんだが、
今ある学部の生徒数を増やす、ってやつだと、
今まで落ちてた人が受かるようになるってことで、
それは質に問題が生じる。

では、新たな学部を作ればいいって点では、
小泉内閣が規制緩和をするまでは、
そう簡単な話ではなかったらしい。

そのため、大学側は増やしたいが増やせない汲々として、
誰もが知っているような有名大学ですら、
かなりヤバイ経営状態になっていたという。

へー・・・そうだったのか。

でまー、小泉さんが規制緩和して、雨後のタケノコのよーに
大学や学部が新設されまくった結果、
そのヤバかった有名大学も経営状態が改善されたが、
同時に、質が落ちた。

なので、今、某超有名大学(ヒント:駅伝えんじ色)は、
規制緩和前と比べると、学生数は倍になっとるそうで、
「昔、受験して落ちた人が、今、受験したら受かる」レベルに
なってるそうです。

だから、
「就職内定者数が7割って言われても、全く不思議じゃない」
んですと。

ただまー、そこで職を得ている人にとっては、
存続も大事だが、自分のポストもいるから、
なんともジレンマのよーで。

ふーん・・・。

呼ばなくても受験者がくるよーな大学なら、
売上げ単価、すなわち授業料をあげるってのも手じゃねぇのかね?

でもそうすっと、貧乏人は受験できん、ってことになるのか。

だったらさ、そんな有名大学出た人たちってさ、
大概は、社会で成功してる人らになってるわけでしょ?

したら、それこそOB・OG会がビンボーやけど優秀な子に
無償で学費援助する制度をやるとか、
母校が無くなるのがイヤならカネよこせと、寄付させるとか
(これ、税金控除対象になりゃもっと進むでしょうよ)、
そういうことやってんのかね?

その結果、その人がノーベルやフィールズとったり、
政治家として有名になったりしたら、
母校も万歳、自分も万歳、本人も万歳の
三方よしになるんちゃうん?

なんでてっとりばやい拡張ばっか考えるんだろ・・・。

ただ生徒数増やせば、教員人件費や設備に金がかかる(費用のUP)。
売上あげても、その分費用がかかれば、
利益は変わらないんじゃね?

なんで、売上ばっかみるんだろ。
みるべきは、利益だろ?違う?

売上しかみねぇから、こーなってんじゃねぇのかねぇ?


銃の方は、さすがにあのアメリカでも銃規制の世論が高まってるときく。
そりゃそだわな。

で、思い出したのが、
『出版・新聞絶望未来』だったか、
『99%対1% アメリカ格差ウォーズ』だったか、
その両方のちょびっとづつだったか忘れたが、
こーゆー話。

アメリカでは今、地方新聞の経営がダメになっていて、
記者の給料が払えず、倒産するところもあるという。

そうやって新聞記者がいなくなると、
監視の目がなくなるので、不正が横行し、
ある街の役人が、勝手に自分で規定を変えて、
とんでもない給料をもらっていた、ってことがあったらしい。


でもって、とある街では、
金がないため警察(保安官だったっけな?)が人員削減せざるをえず
「この地区の皆様にお伝えします。
 現状の警察官の人数では、到底、治安が守れません。
 よって、皆さん自分自身で武器を手に取り、自衛してください」
ってな感じのことを、
警察だったか行政だったか側が、堂々と宣言したんだそう。


なんつーか、三権分立の考えって、

AはBに強いが、Cに弱い
BはCに強いが、Aに弱い
CはAに強いが、Bに弱い

っちゅー強弱関係がきちっと機能してこそ働くもんじゃろ?

腐人は社会科でそう習った気がするんだけど、
なんかもーそれが破綻してる気がするんだよなー・・・。


日本はさ、銃がない国、じゃん。一応は。
でも、殺人はある。

だから、銃をなくしたからって、殺人はなくなるわけじゃない。
それはわかってる。

でも!
こんな罪のない、まだたった数年しか生きてない子供らを
何十人も殺せる、いや、殺すためだけの道具は、
規制されるべきだと思うンだけどなー・・・。

オバマさん、がんばれ!!

・・・っつか、次の選挙のことを考えなくていい場合は、
思いきったことができるとゆー、このシステム。

給食問題んときも、結局はここがポイントだったが、
腐人はこのやり方、おもろいと思うンだがな。

・・・っても、そこで、「徴兵制はじめます」とかは止めて欲しいが。
そこが難しいとこだよね・・・(^_^;)。


以下、読書録。

あ、昨日の『同い年の弟』で1個書くの忘れてた。

257ページだったかな?
暗証番号が、暗唱番号になってます。

改訂んとき修正を。


それと、『近江商人のビジネス哲学』で、へーと思ったこと。

「ケチと倹約は違う」

どっちも節約することだが、その結果、余ったお金の使い方が違う。
ケチは、自分のためにしか使わず、
倹約は、お客のために使う。

なるほどねー。



●19日
(1129)BL/プラチナ 『終わりのない片想い』 深山ひより
  うっわー・・・このノンケ、
  超タチわりぃ・・・(=_=)

  あ、タチって、「性質」ね、
  「勃ち」じゃないからね?
   ↑
  わかっとるわ!!


  まーバックグラウンド考えたら、
  家族とか、恋愛関係とかに夢や幻想抱けんのかもしれんが、
  友情だって似たようなもんだぜ?
 
  結局のところ、人間関係ってのは
  双方の努力によって成立するもんなんだよね。

  ずっと一緒にいてほしいんやったら 
  相手にそう思ってもらえるよう、努力あるのみだべさ。

(1130)マンガ 『どうせもう逃げられない 3』 一井かずみ
  ダメっちゅーか、バカ?
  なにがしたいねん、この男・・・。

  こーゆーのは、
  足の甲に釘打ち込んで、
  図体をブロック塀で固め、
  そのどーしよーもねぇ頭で、
  バッティング練習したくなるね!!!

  宇宙の彼方にホームランしちゃろか!

  自分は幸せになっちゃいかんとか
  思ってたりすんのかね?
  アホちゃうか。
  自分に酔っ払うのもええかげんにせぇっての。

  それやったらそれで、
  出家して隠遁生活やっとけってのなー。
  シャバをうろちょろしよるから
  周囲に迷惑たれながしやねん。

  結局んとこ、口ではそないゆーとるけど、
  腹くくれてへんってこっちゃろ。

  ・・・やのに。
  こんなんがええのんねぇ・・・(~_~;)

  目ぇさませ!!!  

(1131)マンガ 『ボールルームへようこそ 3』 竹内友
  あちっ!!
  あまりの内容の熱気に、今は真夏か!!と言いたくなった。

  うーん・・・夏の甲子園のグラウンド並?

  でもま、こんくらい本気になれるもんがあるんは
  幸せやけどね。
  プロで生活してける道もないではなし。

  にしても。

  このグラグラメンタルなんとかせぇや・・・(~_~;)
  ゆーたなんやけど、ホンマにこれからプロ目指すんやったら、
  理論を理解し実践できる頭と、
  強いメンタルが絶対必須やぞ。

(1132)マンガ 『マギ 15』 大高忍
  あら、ポロリ。
  ここまではOKなのか、少年誌・・・。

  個々の成長話はいいんだが、
  この母ちゃんがどーなるんだかなー。

  ・・・ってか、悪い母ちゃん多くね?
  
  エディプスコンプレックスは過去の話で、
  今はむしろ、自己愛ママからの呪縛のが、
  青少年の成長期に必須になっとるんだろうか・・・。

  ま、がんばれー←おもいっきり他人事・・・
[ 2012/12/20 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。