腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 食い物&読書 > 冬の果物
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬の果物

●ミカン

冬、すごく楽しみにしている果物がある。
それは、有田みかんちゃん。

関西にいたときは、その旨さやありがたみを
まーったく微塵も考慮せず、ばっくばっく食ってたが、
関東だと、売ってるミカンが違って、酸味が強いのだ。

腐人がもし、生まれてからずっと
この関東で売られてるミカンを食べてたら、
この味を「ミカン」と記憶し、
有田を食べると、
「なんじゃこりゃ・・・」
と思ったかもしれんが、
腐人は関西育ち。

ベースが有田なのよ!!
甘くて、汁気がぶりぶりじゃないと、
ミカンじゃないのよ!!

だから、関東にきて以来、
ずーっと不満がくすぶり続けてたんですが、
ここ数年、関西在住の知り合いが、
お歳暮で、有田を送ってくれるようになって
それがもう、楽しみで楽しみで(●^o^●)

待ち遠しくってたまらないヽ(^o^)丿

ただ、この有田くん。
足が早い。

そもそも配達が、クール便で、
「お早めにお召し上がりください」なのだ。

以前、あまりの旨さに、もったいない病がでて、
大事に大事にしてたら、大事にしすぎでダメになってしまった。

ああ、もったいない・・・(/_;)。


以来、腐人家では、このミカン箱が到着すると、
我先にと奪い合いになる。

「ちょっと!そんなに食べるの!?」
と言われても平気さ♪

「だって、これ1週間もたないじゃん」
っちゅー、印籠があるから。


それにしても、
この有田の甘さと旨さとジューシーさは
何が違うんだろう・・・。

本当にね、
どこまで甘いんだー!!といいたくなるほど
甘くて旨い。

たぶん品種としては、
他地域でとれるものとあまり違わないと思うんだけど、
なんか別格なんだよなー。

ミカン大好きだけど、食べすぎだから禁止令が
ママからくだされた姫も、他のは見向きもしなかったのに、
一房だけ・・・と有田を食べた瞬間、
目がキラリーンと光って、
皮のむけたミカンを自分の皿に確保しはじめた。

3歳にして、この味の違いがわかってしまうって、
この先、苦労するぞ、あんた・・・。


ま、上でも書きましたけど、
この辺は、脳の既成概念が、何を美味しいと思うかに
大きく影響することだから、
いやいや、ミカンは酸っぱくなければ!とゆー方には
あまりあわないかもしれません。

でも、腐人にとっては、この有田くんの到来が、
冬の楽しみであり、また冬の風物詩なんだよなー。



●リンゴ

今年、紅玉をみつけた血族が、ジャムを作った。
これがベリ旨で。

以来、リンゴジャム作りにハマってるんだが、
正直、紅玉がなかなか手に入らない。

店できいても、
「あーあれは今、あんまり作ってないからね」
という。

なんでだ!!

しょーがないので、
サンふじとか、ジョナゴールドで作ってみたが、
紅玉が一番、美味だ。

総料理長いわく、
「酸味がある程度ないとダメなんだよ」
とのこと。

レモン汁とかで調整しても、
やっぱなんか違うんだよなぁ…。

食感もねー、全然ちがうの。
あのシャリシャリ感が欲しいのに、
ジョナに至っては、ほとんどペーストになってしまう。

うーん・・・品種の違いで、
ここまで結果が違うとは思わなかった。
甘かったな…(-_-;)


ぶっちゃけ、
サンふじジャムも、ジョナジャムも、
十分旨いから、それで妥協すりゃいいんだが、
やっぱり紅玉ジャムが食いたい。

ってことで、店のおっちゃんに、仕入れてきて!と頼むが、
「いつ出るかわからんよ」
と言われる・・・(;_;)。

そんな矢先、
プラプラ歩いてた出先で、紅玉を発見!
ぶらぼー!!

やた!と、後先かんがえず買いこんでしまい、
重い・・・(ーー;)

重いけど・・・これで食える!!と喜んで巣に戻ると、
総料理長が言った。

「紅玉きたってー」

・・・いいですよ!食べますとも!!
「一日一個のりんごは医者を遠ざける」ってゆーもんね!!!

・・・でも、ジャムにするためには、
このリンゴの山の皮を剥き、
芯をとり、細かく刻まねばならない・・・(-_-;)

タダでは旨いものって食えないのねぇ・・・。



●キウィ

ミカンにリンゴにキウィ。
これが、腐人家での冬の果物のメインかなぁ。

そのキウィなんですが、
腐人家では、いつも某農園から送ってもらう。

他人様にあげる場合は、
大ぶりで、形の揃ったものを送ってもらうが、
自分ん家で消化するものは、味さえよければいいので、
無選別のお得もんを買う。

これが本当に旨いので、
正直、店で買う気になれないのだが、
先日、王子のパパが出張土産にくれたキウィが、
目から鱗のものだったんだ・・・。

それは、名前を「レインボーレッド」という。
こんな感じ。

レ

ちなみに下のほうにあるのはナシです。
これは違うので、お間違いなきよう。

半割りにした見た目は、
キウィというより、イチジク。

でも食べてみると、ほんのり酸味があって、
あ、これはキウィだ…と思うんだが、
その甘さが、これは何!?って感じで、
まさに未知との遭遇…。

こういう珍しい果物を食べたときって、
たいてい脳で、
「あ、これは××に近い」
ってな信号が走るんだけど、
今回は、まったくヒットなし。

この酸味と甘味のバランスは、
強いて言うならイチゴに近い…(~_~;)?

いや、でもなんか違うよなーと思って、
もう一口、もう一口とやってたら、
なくなってしまった…orz

…王子パパーッ!
もっかい買ってきてーっ(>0<)!!!

これは本当に、言葉で表現できないので、
ご興味ある方は、ぜひ見つけて食べてみてください。


以下、読書録。

●7日
(1081)一般本 『赤猫異聞』 浅田次郎
  正直、浅田さんの作品は、
  腐人は初期の頃の方が、断然好きだ。

  とはいえ、こういうタイトルだと、手がでてしまう。

  腐人の中では、赤猫とは放火犯の隠語だと思ってたんだが、
  なるほど、語源をつきつめてくとそゆことなんですか。
  浅田さんのお話は、こーゆー小さいところが
  結構ツボにハマる。

  で、本筋ですが。
  
  うーん…これは今の世への批判も隠れてるよーにみえる。
  
  正直、昔の方が率直に物申してた気がするけど、
  やっぱどこかにひっかかるものをもってはるんやろなー。

  ただ、巧いとは思うけど、
  なんだろ、昔読んだ、
  『きんぴか』とか
  『プリズンホテル』とか
  『天切り松 闇がたり』のが、
  腐人の心に届いたな。

  なんか遠くなっちゃったなぁ…。

(1082)マンガ 『きみが心に棲みついた 2』 天堂きりん
  わ、わからん…。
  腐人には、このダメンズの心境が
  わかりましぇぇぇぇんっ(>_<)!!

  ニンゲンもちゃんと太い根っこが広がってないと
  ダメなのね…。

  ただ、この2巻から始まった、
  黒い人の表現は好き。
  いいなーこれ。

  でも、ぶっちゃけ腐人も黒い人に近いっつか、
  たぶん、このマンガ家が一番視点が近いんで、
  なんでこんなのにひっかかるんだか、
  その目は節穴か?と思う。


  はっきりいって読んでて、
  キョドコたちの行動にあきれるし、
  腹もたってくるんだが、
  でも、これだけのどうしようもないものを、
  どう料理してくのかが、すごく興味あって、
  読んじゃうなぁ、これ…。
  
(1083)マンガ 『サッカーボーイ フットボールネーション-胎動-』 大武ユキ
  ええ!?
  初出は、ウィングスに、サウス!?
 
  …記憶にない。

  っつか、この頃のウィングスとかなら
  『アーシアン』とか『源氏』
  やっぱ印象強いからなぁ。
  オチ最悪ですが。

  なんか、この絵、
  しもがやぴくすさんとかみらい戻さん系だなぁ。
  っても、腐人はこのお二人、某アニメの同人ぐらいでしか
  読んでないんですが。

  あと、やはりこの時期だと避けられない影響、
  大友克洋さんに、吉田秋生さん。

  お話は、う…前日に今の『フットボールネーション』
  よんじゃったからな…(-_-;)

  ま、これがあって、今がある。
  うん。

(1084)マンガ 『よしとおさま! 7』 四位晴果
  何ってないんですが、
  好きなんだよぅ!

  そして、新キャラで気になったのは、
  もちろん!!
  ワッシーよ!!!

  ぜひ、また出してください。

  そして狼谷は、いろいろ忘れられるんだろなー…。
  特にあの眉の切れ込みとか、あぶないよなー
  わはははは(^_^メ)
[ 2012/12/08 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。