腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 興味深い裁判
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

興味深い裁判

大阪地裁で、興味深い裁判が開かれている。
ああ、傍聴したかった…(>_<)

中身は税金のこと。

その会社員男性は、市販の競馬予想ソフトを自分で改良し、
馬券購入をはじめたんだそう。

元手は100万。

始めたのは04年らしいが、
裁判で問題になってんのは、07~09年。
それ以前が不問なのは、時効の関係か?

で、その3年で、計28億7000万円分の馬券を買って、
当った配当は計30億1000万。
1億4000万円の利益を上げた。

で、これに対する税金が、今回の裁判ネタである。

税務署の見解では、当った配当は計30億1000万から、
当たり馬券の購入額1億1000万円を経費として控除し、
利益は、残りの29億円として、
5億7000万円分を脱税したとした。

一方の男性は、ハズレ馬券分も経費として認定すべきだっちゅーて、
利益は1億4000万円であり、それに対して税額をだすべきだ
税額が5億7000万円にもなるのはおかしいと主張。

男性の年収は800万らしく、
こんな額、一生かかっても払えない!と訴えた。

ふむ。
個人的には、男性の言い分のが理がありそうだが、
この人、確定申告してなかったそうで。

…それは、いかんだろう。

なので、無申告加算税も発生し、追徴課税額は、6億9000万円。

うーん…ここまで積もると、
万歳して破産したほうがよさげよなぁ…。


ま、それはともかく、このハズレ馬券を経費認定するかしないかは、
結構見解が難しいんじゃないかと思うが、
大阪国税局は、所得税法34条2項の
「収入を生じた原因の発生に伴い直接要した金額に限る」
ってのを根拠に挙げてるそうで。

うーん…(~_~;)
屁理屈かもしれんが、
その収入を生じさせるために、
データの蓄積が必要であり、
そのためには馬券購入回数を増やさなければならず、
これも直接的に関係してくる必要経費である、
と主張したいところだな、個人的には。

法人税だって、赤字だしたら繰越になるわけじゃん?
なんでここではその赤字を認めないの?
って気になるもん。

…って、要は、確定申告を真面目にやって、
これまでの赤字をためときゃよかったってこと??

腐人はこーゆー一時所得の確定申告とは縁がないんで、
そーゆーのができるかどうかわからんですが、
理屈で片付けるなら、そうなるような気もするが、
どうも、雑所得(株やFX)と一時所得(競馬とか競輪とか)では
性質が違うらしい。

でも、なんか納得いかん。

特に今回、口座通して売買してる分、
購入に費やした額も明白なわけだし、
そこんとこぐらい認めてやったらいいのに。


ただ、男性が、なんで申告しなかったかって点で、
「申告する意思はあったが、
 一生かかっても払えない税金を負うため、
 申告できなかった」
とおっしゃったらしいが、
これ、下手すると、
隠蔽意図とられて、
重加算税かかってくんじゃねぇの?


ま、なんにせよ、
司法がどういう判断くだすのか、
非常に興味深い。

以下、読書録。

●8日
(1085)マンガ 『87CLOCKERS 2』 二ノ宮知子
  わかんない。
  っつか、もしわかっても、わかりたくない。

  さほどに、オタクとは、己の専門でないところに対し、
  深い不快な溝がある。

  ま、巧いから、理解しようとせんと、
  たんなる変な人の話としてみると、
  それなりに読めてしまうほどの面白みはあるんだが。

  なんかビミョー…(ーー;)。
[ 2012/12/09 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。