腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > 腐人も走る 十二月
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腐人も走る 十二月

っても、別に選挙に立候補するわけじゃございません。

これから花粉が舞い散る季節まで、
腐人の仕事は繁忙期に入るだけなんざんす。

っても、年々手抜きがひどくなってるが。

ま、そゆことで、
なんだか今日も仕事で脳みそを使い切ってしまい、
むちゅかしいことをかんがえられましぇん。


で、思いつくままにつらつらと。


先日のトンネル天井落下事故。

あのニュースをきいたとき、腐人が思ったのは、
「あ、はじまったか」
である。

これからどんどん落ちたり、崩れたり、っちゅー
インフラの老朽化事故が増えてくだろうが、
なーんも不思議はない。

コンクリでー
 ブツを作ればそれでいいー
  その先、メゲても
   ぼく知らないもんー


っちゅーやり方してんだもん。
※めげるってのは関西弁か?
 壊れるって意味です。



建造物ってのは、前に家の話でも書いたけど、
作ったら最後、メンテ地獄に堕ちるのよ。

これは別に日本だけの話じゃなくって、
アメリカでも、2007年にミネソタ州の橋崩落事故がおきていて、
第二第三の崩落事故が起こっても、
まったく不思議じゃないとは、ずっと言われてる。


今あるインフラの全部が全部、必要なかったとは言わない。
その多くは必要で、すごく貢献してきたもんだと思う。

ただ、ここに原発事故と同じ構図がひそんでないか?

いつ起こるか、
そもそも起こるかどうかもわからないものに対する備えに
多額の金を使うより、
もっと手っ取り早く効果が目に見えるもんに
金つかっとけ、とゆー。


そゆこと考えてて、
『これから20年、三極化する衰退日本人』
書くの忘れてたことを思い出した。

この本の中で、
このまま進むと行きつくであろう衰退社会2.0と、
更にその先にあるカオス社会ってのが
書いてあるんです。

そのどっちだったか忘れたが、
ものすごく思考が短絡的になり、
長期的な計画とかができなくなって、
政策にしろなんにしろ、すぐに結果がでるものを求めるようになり、
結果がでなけりゃ、別のやつ出せ!となる、
ってのがあったんですな。

でまー、それがインフラ計画の短絡性と近しいなぁ
と思うのと同時に、
腐人は韓国のことを思い出した。

はっきりいって腐人は
中国・韓国に興味がさっぱりないので、
学校の授業で習ったレベルしか知識がない。

が、ネット社会になって、
中国・韓国のニュースが、欧米ニュースより
わりとお手軽に日本語で読めるので、
ちょこちょこ読んでいる。

特に社会面系のニュースは、
あまりの感覚ギャップに、おもろくもあり、背筋が凍りそうにもなり、
欧米ニュースより愉しかったりする。

ま、それはどうでもいいんだが、
これと、衰退社会2.0(もしくはカオス社会)が、
どう繋がるかっちゅーとですね、
今年、山中教授がips細胞でノーベル賞とったでしょ。

あん時の韓国系の新聞がね、
すっごくおもしろかったんですわ。

ま、かねてからの関係で、
韓国という国は日本人がこういう賞をもらったりすると、
たぶん、他の国の人がもらう100倍ぐらい大騒ぎする。

でまー、その中に、
なぜ日本がもらえるのに、我が韓国はもらえないのかー!
ってなとこから、
自己分析をやっとるとこがあったんですね。

以下は、腐人の記憶だよりになりますが、

「今の韓国は、
 すぐに結果がでる(=金に結びつく)ことしかしていない。

 それは金を出す方もそうだし、研究する方もそうで、
 山中教授がやっていたような
 地道な基礎研究などといったことを
 手掛けることができないし、しない。

 これは研究という分野に限らず、韓国の国全体に蔓延してる」

みたいなことが記事になってたんですわ。


それ読んで、
「うっわー(~_~;)やだなーこんな社会・・・」
と思ったが、
別によそにもってかんでも、
自分の国がどんどんそうなってってんですよね・・・。

うーん・・・(~_~;)


今、こーゆーことゆっちゃうとアレだが、
原発はイヤ、なら、やめちゃえ、ってね、
ちょっと待って、化石燃料や原子力に代わる、
安定供給ができる次世代エネルギーが確保できてないのに、
それゆーの!?
と腐人は思っちゃうんですよ。

日本全部がこないだの登別みたいに
なってもいいならいいんだが、
現実みようよ、現実を。


以前、このブログでも紹介したが、
藤井聡さんの『公共事業が日本を救う』に、
高度成長期につくられたインフラのどれもが、
いつ何があっても、ちっとも不思議ではない、
ってな感じのことが書いてある。


腐人は関東に越してきて、もう××年になるが、
ここでは道路工事をしていないことがなく、
この工事が終わる日がホントにくるのか?
と思うぐらい、ずーっとほっくりかえしている。

以前、のったタクシーの運ちゃんに、その話をしたら、
「言われてみたら、確かにそーですねぇ」と、
笑われたが、これ、笑ってていいことなのか?

そりゃま、この道路を延々ほっくりかえし続ける理由が
なんかしら、あるんだろう。

でも、国民からまきあげた税金は有限で、
なんでもかんでも使えるわけじゃないんだけど。

本当にそれは、今、必要で、大事な工事なの?

いつ崩落してもおかしくない古いインフラの
補強や置き換え工事よりも。


以下、読書録。

●3日

(1074)BL/キャラ 『先生、お味はいかが?』 音理雄
  腐人は、腐り度数も
  かなり年期がはいった領域なので、
  音理さんの作品は、リーフやオヴィスで読んでいた。

  が、正直、そんときおもろいと思わなかったんだよなー。

  キャラさんは元々、新人発掘じゃなくて、
  中堅どころをスカウトしてくる手法をとられていたが、
  最近、あら、懐かしい・・・という方々を
  よくお見かけする気がするのは気のせいだろうか。

  で、不思議なことに、キャラで書いたものをみると、
  他社で書かれていたものよりも、
  なんかいい出来になってる気がするのも、
  気のせいだろうか?

  個人的にはそういう印象があるので、
  おもろいなぁ・・・と思ってみてますが。


  で、本編ですが、きましたか、神経症。

  なんつーか、超おおざっぱ人間の腐人には
  なんで気になるかが、もうわかんないんですが、
  結局、自分の内側の問題だと思うンですよね。

  だから、名前をつけて、病気だ、治療だと言うのではなく、
  それで自分が不自由を感じなければ、
  そんでいいじゃん、
  不自由を感じるなら、
  不自由を感じないとこまで克服しようと努力すればいい、
  そんな感じに思うんですけどねぇ。

  って、こういう状態になる人は、
  そもそもが、そう考えられなかったりするんですが。

  でも、他人は変えられないからね。
  変えられるのは、自分自身だけ。

  
  どーでもいいんですが、
  腐人は、バイクに乗る様の支度をしてないときに
  「バイクに乗れ」と言われたら、キレる。

  バイク乗せるンやったら、最初からゆーとけ!!
  って感じ?

  だってさー、今の時期なんか、もしバイク乗るんやったら、
  それ相応の対策ねってやらんと、
  もう体温奪われる一方で、身体は凍る!!

  ただのコートじゃあかんねん!
  風を通さない素材で、かつ中が保温になるやつやないと!

  ぶっちゃけ、バイク乗る時のスタイルは、
  2ヶ月ぐらい先行したものになり、
  今は、もう真冬支度だ。

  それに、前に誰がかぶったんかわからんよーなメット
  それをかぶれて!?
  腐人は潔癖症やないけど、それだけはイヤじゃー(>0<)!!

  バイク生活と縁遠い方は、あまりよくわからないかもしれませんが、
  簡単にいいよりますけどね、これ、  
  洗ってない汚れたままの他人のパンツ履くようなもんなんよ!!

  パンツは洗えますが、メットは洗えない。
  だから、超くっさいんだよ!!

  それは毎日バイク乗って、
  くっさいメットかぶってる腐人が保証したる!
  
  
  あと、センセ。
  人の命だけはいつどないなるんやか
  わからんもんなんで、
  見舞いとかな、
  そこまでいかんでも疎遠になってる人に会うとかな、
  できるときにやっとかんと、
  ずうっと、心の中に後悔っちゅー傷になって残んねん。

  人が生き返るってことだけは、絶対にありえへんから、
  そんだけは、後悔せんよう努めんといかんで。

 
  個人的には、医者にかかるよか、とっとと一緒に暮らして、
  毎日ご飯つくってもらうようにしたら、
  治るンちゃう?一石二鳥やし、とか思いますけどねー。

  お幸せにー。
[ 2012/12/04 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。