腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒 日記&読書 > もろもろ つらつら だらだらと老後
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もろもろ つらつら だらだらと老後

冷蔵庫にあるものを適当に刻んで
チャーハンを作ったら、なんとも微妙な味になった。

うーん…(~_~;)
不味くはないが旨くない。

ほうれん草の胡麻和えと、
こんにゃく入りきんぴらごぼうは、
あわなかったか。

そーいや、吉田秋生さんの『ラヴァーズ・キス』
こーゆーネタあったよなー。



前に石原理さんがツイッターで、
メールではなく手紙を書くことについてつぶやいておられたが、
腐人もちょっと事情があって、
久しぶりに直筆手紙を書いた。

もう自分が漢字バカに成り果ててるのがわかってるので、
(なんとなくこんなカタチだった…ってのしかわからんのだ)
まず、PCで、下書きをする。

これだとすらすらスラリと書ける。

この文章は、ここのがいいな、
この言葉は、これのがいいな、
と、PC作成だと、コピペと修正が簡単プーにできる。

が、それをいざ便箋に書くぞとなると、
すげぇ大変。
キーッ!書き間違えた!!くしゃくしゃペイッ!
の嵐でねぇ…(-_-;)

でもって、ペンを持つことから離れて久しい右手は
すぐ疲れて休みたがるし。

最近は、祝儀袋の表書きやら芳名帳ぐらいしか
書くことなかったから、特定の文字はいいんだが、
そうじゃない文字は、全くもって書いてないもんで
みるからに、字がババちぃ。
ああ、なんか好き勝手に躍ってるー(>_<)!!

まんまるっちぃマンガ字だったら、
装飾と思えば、そこそこ書けるが、
さすがにいい年なんで、
そんな文字で手紙を出すわけにもいかず。

かといって、習字やってたのは、
はるか昔、マンモスぐらい古いから、
憶えてねぇよ、んなもん!だ。

最後の1行で書き間違えたときには、
「…もう勘弁して?」
とか思ったが、そーゆーのが許される手紙じゃなかったんで、
また頭から、やりなおし。

うーん…
腐人がガキの頃なんて、ワープロすらも存在せず、
直筆手紙の10枚20枚を、なんの苦もなく書いてたことが
なんか信じらんないわ。

でも、直筆手紙だからこそ伝わるものもあるので、
たまには書くよーにすべきかなーと、珍しく反省をした。

この直筆手紙ったらさー、
やっぱ須賀しのぶさんの『キル・ゾーン』、『ブルー・ブラッド』
シュレンドルフ兄弟だよなー。

え?わからない?

なら、ぜひ読みなはれ。
おもろいから。
…っても、これ、非常に入手困難かもしれない…。



なんだかとりとめない話ばっかだなー。
ま、いっか。


昨日放置した読書録のうち、
(1006)一般本 『ひとり老後を快適に暮らす本』 豊田眞弓・佐川京子

なんですけどね。

老後の生活どーしよー?ってのは、
ゆっちゃえば、いくら心配したところで、どーしよーもねぇ話。

だって、人がいつ死ぬか、どうやって死ぬかは、
知ることができないもんだからねぇ。

とはいえ、やっぱ目安みたいなのは欲しくて、
ついついこーゆー本を目にすると手にとってしまう。

しかし、だ。
なんかどーも違うよなぁ…。

そもそも世間一般の、
結婚して家庭をもって子供を産んで云々かんぬんっちゅー枠から
はずれて、好き勝手に生きてる腐人が、
こんな一般論読んでも、最初から該当しねぇんだよねぇ。

楽しく老後を過ごすためには、
なんでも話せる友達の存在が重要ですって、
あの……逆に聞きたいんですが、
これを言われるまで、その存在がないわけ?フツウの人は?

なんでも話せない知り合い1000人作ることの無意味さを
ジジィババアになるまで生きてもわかんねぇもんなの??

腐人にゃー、そこがわからんぞ(~_~;)。

そりゃ、なんでも話せる友人だと思ってた人に
先立たれることはあるだろうが、
別にそーなったって、
自分の心ん中や墓でその子に話しかけりゃいいじゃん。
本当に、そこまでの仲ならば、声が聞こえるよ、たぶん。

なんつーか、これをありがたがって読む人ってのは、
腹がくくれてないんだな、一人で生きる、ということに。

でもって、一人で死ぬ覚悟ができてない。

病気だ、医療費だ、ってさ、
そんなもんいくら心配したって無駄。
金がなくなりゃ死ねばいい、
それだけのすごく単純な話なんだがなぁ。


とはいえ、腐人が心配しているのは、
余計なことをされること。

ほっときゃ死ぬならほっといてくれと思うが、
ほっといてくれない場合、
死なずに金ばっかかかる事態になることがある。

正直、困るし、余計なことすんなと怒りを覚えるが、
自分で救急車拒否ができない場合もあり、
そーゆーときのために、保険はかけとくかなーと思う。

頭やられて、自分の意思を通せんってのが
一番困りもんだよなー。

ま、そんな感じで、腐人が気になったのが医療保険。
腐人は、おひとり様なので、
自分が死んだあとの金は、死体を燃やす金さえあればいい。

ここで薦められてたポイントはこんな感じ。

40代以降ではいるなら、終身型で、
入院日額は、5000~1万円の120日が理想。
通算限度は、最低でも700日以上で、
手術給付に厚めの保証があるのがいい。

バイクで転ぶ関係で、なんか入っとったが、
さて、どやったっけ??


まずは自分の資産負債を明確にしろ、とあるが、
ははははは、そこからやらねばならんな。

遺言も書く用意はしてあるのに、書いてないし。

そーいや、目安として、
厚生年金がもらえる会社員は、退職金含め、60歳段階で2400万、
国民年金だけの自営業・自由業は、60歳段階で4000万
用意しとくこと、とあったな。

これは、資産から負債さっぴいた額として、
だったと思うけど、どーです?

腐人に言わせりゃ、どーゆー老後を送りたいかで
この準備金も違うよーな気がすんねけどね。

野垂れ死にの何が悪い?と思えず、
石橋を叩いて渡るよーなアリタイプの方には、
オススメの本かもしれません。


そーいや歳くって何が一番困るかったら保証人で、
そーだのぅ…あの辺のガキを
「おばちゃん死んだら遺産やるから、
 保証人と後始末頼むな」
っちゅーて、
今から徐々にマインドコントロールしとくかね。

で、いざフタ開けたら、借金ばかりったら
おもろいやろなー
ケケケケケ…
  ↑
 うわー…すげーイヤな感じの
 ヘンクツいじわるババアだな…

でも、こんくらいの図太さがないと、
超高齢化で、少子化な未来の日本で生きぬけないと思う。



以下、読書録。

まず、放置物件より。

(1007)BL/ディアプラス 『嫌よ嫌よも好きのうち?』 月村奎
  まさに、コンテンツで食べてけるかの図だなぁ。

  量産はできない、
  でも、商品にファンがいて、それがタニマチになってる。
  『繕い裁つ人』も近い感じだよな。

  この際、金もってる彼氏の存在は
  ちょっと置いといて。

  健康だったら、それでいいだろう。
  そして、死ぬまで作品を作り続けれたら
  それでいいだろう。

  でも、病気になったら?
  作品が作れなくなったら?
  作品の人気がなくなったら?

  結局、ここなよーな気がするんだ。

  でもさ、この先行き不透明感とか保証のなさは、
  今の世の中、フツウのサラリーマンにだって
  いえるこっちゃね?
  
  だからこそ、上で書いたよーな手引書がでるわけだし。

  昨日書いた遊歴算家じゃないけどさ、
  自分のしたいことをしたいようにしたいだけして死ぬ、
  私の人生は、それでいい、と思える人に
  周囲がうるさく言いすぎなのか?

  なんとなく、コンテンツ問題って、
  そーゆーことかもしれないって気がしてきた。

  
  って、BL読みながら、なに考えてるんでしょーね、腐人てば。

  ま、BL的なコメントするならば、
  ある意味、魔性だな、裕貴。

  宮原くんには、心の底から同情する。
  っつか、君、その後もそこに住み続けられたのか!?

  でもって大介よ。
  キャッシュカードだけ渡されても金だせません。
  暗証番号も教えてください。

●10日
(1008-1013)マンガ 『CRAZY FOR YOU 1~6』 椎名軽穂

  いやー…つくづく思うね、
  ガキの時間間隔と、
  ババアの時間間隔の差。

  赤星が途中のどっかでゆーてたが、
  残りの人生の時間のが、圧倒的に長い。

  たかだか5ヶ月でなにゆーとるかねぇ…と思うのは、
  せぇしゅんがはるか遠く、
  時代劇とかわらねぇドラマにみえるよーに
  なってもうたからかね?
  
  だって、5ヶ月なんてったら、
  離婚調停の平均期間と変わらんぜ?
  裁判までいってこじれたら、
  別れるために年単位での日数がかかる。

  ってのは、たかだか6000日そこそこしか生きてねぇガキには
  わかんねぇんだろなー。

  
  と、辛口に言ってるのは、
  どー考えたって、男見る目がなさすぎだから!!

  アホか!幸!!
  なんでこの札ん中で、
  一番ひいたらあかん貧乏くじひきよんねん!!

  いっぺん自分の中にある人生電卓、
  返品して、新しいて賢いやつもろてこーい!!

  
  この面子でいえば、
  一番のお買い得商品は、赤星でしょう!

  こいつなら、どこに出しても上手いこと立ち回って
  まず心配のない人生が保証されるのは間違いない。

  かつ、昔、とある人にいわれたが、
  「惚れて結婚するよか、惚れられて結婚せぇよ。
   そのんが絶対にいいから!」。

  …ま、言ったご本人は、
  惚れて結婚した相手に不倫妊娠までされて離婚、
  その後、また惚れて結婚したが、
  旦那が帰ってこなくなり、自分も不倫をはじめたとゆーてたんで
  どんだけあたってるかはわかりませんが。

  
  次が、雄平。
  ただし、こいつは民間企業にいれてはダメです。
  このまっすぐさは、下手すると、利用されるから。

  町役場の公務員か、
  北海道なら漁師になってくれたらいいが(by『はしっこの恋』
  あれは世襲なの?

  たぶん、家庭人として考えたとき、こいつが一番いい。
  こんだけ几帳面なら、家の掃除もしてくれるだろうし。
  でもって、子育てだって率先してやってくるだろう。


  一番あかんたれが、ユキ。

  まーメシ作ってくれる(ただし毎日)なら、
  ちっと加点してもいいが、
  人の性根として、この根っこのなさはあぶなかしい。

  まー幸は、太い根っこがバリバリに伸びてそうだから
  割れ鍋に綴じ蓋カップルでええんかもしれんが、
  この二人が、将来結婚して自分たちの店を!とかゆーとき、
  業者に騙されたり、
  連帯保証人とかにほいほいなっちゃっいそーなとこがなー
  赤星よ、弁護士かなんかになって、見張っとったって、
  ってな気がしてくる。

  
  にしても、ご自身が幸っぽいのかと思えば、
  幸とユキが一番描きにくかったとおっしゃる。

  …なぜに、描きにくいキャラをセンターに立たす???

  そのんが受けるからなのかもしれんが、
  そりゃまたしんどい道を選ばはるなぁ…。


  朱美は、最後にちゃんと目が覚めたからええんちゃうんかね?

  朱美みたいのは、現実に結構いて、
  その多くは、結局気付かんまま、自分を変えられず、
  ダメンズウォーカーになったり、
  DV男と別れられない女になったり、
  いつまでたっても、足るを知ることなく周囲に理由を探す
  依存心過多な面倒くせぇバカ女でいるからねぇ。

  腐人ちゃん…もうちっと言葉飾ろうよ…。

  
  正直、なんでコイツ?ってのが、残ってしまうので、
  若干マイナスしたいとこがあるが、
  そこそこおもしろく読めました。

  でもま、『君に届け』のが好きかなー腐人は。
  こっちは恋愛以外のことにも、
  すごく一生懸命なんで。

  ただま、この作品があったからこそ、
  『君に届け』ができたんだと思うし。

  にしても、赤星の今が気になる…。
  『君に届け』にでてこんかな。
  風早煽りで、かっちょいー従兄兄ちゃんとして。

  
[ 2012/11/11 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。