腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 朝起きられない子と精神科やりたい放題と大麻の話
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

朝起きられない子と精神科やりたい放題と大麻の話

やばい・・・
あれも宿題、これも先送りとやってたら、
書きかけの下書きがどんどこ溜まって、
収拾がつかなくなってきた・・・(~_~;)

まさにどこぞの政府のようだ・・・。


ど、どうすっかなー。
とりあえず、コンテンツ論は先がみえないから、
書き出すとだらだらなりそうだし、
ためてた読書録を片付けようか。

どこまでいけるかわかりませんが、
とりあえず流していきます。

始める前に、改めて書誌情報。

(954)一般本 『朝起きられない子の意外な病気』 武香織
(973)一般本 『精神科は今日も、やりたい放題-“やくざ医者”の、過激ながらも大切な話』 内海聡
(986)一般本 『悪法!!「大麻取締法」の真実』 船井幸雄


これ、なれらが並ぶのかというと、
腐人の中では同類項だからなんだな。

ざっと先に概要話しますと、
『朝起きられない子の意外な病気』は、
「起立性調節障害」という、身体疾患を伴う病気の話。

どーゆー病気かというと、
自律神経系の交感神経と副交感神経の活動がうまくいかなくなり、
通常、朝がきたら交感神経が活発になって動き出せるのに、
それが働かず、起き上がれない。
逆に夜になったら、副交感神経が活発になって、
心身が休息するはずなのに、
いつまでも交感神経が働いてしまい、寝付けない。

具体的な症状としては、
ひどい低血圧、頭痛、倦怠感、
血液の循環が悪くなることによる、
思考力や集中力の低下など。

ものすごーく簡単に言ってしまえば、
体内時計が半日ぐらい狂って、後ろにずれてしまう、
という感じでしょうか。


小学校高学年から中学生の思春期前後の子どもの1割に発症し、
起き上がるとつらいので、一日中ごろごろし、
体内時計があわさってくる夕方になって元気になり、
その結果、夜がまた寝付けず、朝起きられない。

となると、学校を休みがちになり、
不登校やひきこもりの中にこの病気の子がいるのでは?
と最近注目されてる病気、だそう。

治療としては、「起立性調節障害」のことがわかってる小児科に
かかるのがいいんですが、
その病気のことをしらない小児科を受診すると、
夕方とか夜になると元気になるため、
心療内科とか精神科を薦められて、
間違ってそっちにいってしまうケースもあるそうです。

この心療内科に行く、は非常に問題があって、
それについては、2冊目に譲る。

で、もうなっちゃったとか、
そうじゃないかな?と思われる人は、
サポートグループだとかあるから、
そこみてください。
この本も役立つと思います。


で、2冊目の本、『精神科は今日も、やりたい放題』
実際に、精神科医として働いてらっしゃる先生が、
現場から警鐘をならした本。

正直、これ、怖かった。

そして、苦しんで苦しんで苦しんで、
結局亡くなってしまった友人のことを思うと、
後悔の念がわいてきました。

医者にいったら大丈夫だから、なんて、
なんで思ってたんだろう。

精神科でもらう薬は、LSDよりも大麻よりもひどい。


3冊目の『悪法!!「大麻取締法」の真実』は、
2冊目をうけて、の読書だが、
読めば読むほど、なんで大麻を規制してるのか、
疑問がわく。

これまた、いったい何が正しいのかがわからなくなった本。


とゆーことで、
おおまかな腐人の思考繋がりが
わかっていただけましたでしょうか?

え?わからない?
おかしいなぁ、
腐人の中では1本の線で繋がるんだけどなー。


ま、いいや。
気にせず、掘り下げにまいりましょー。
が!
これ、今日で終わらない気がする・・・(;一_一)


まず、「起立性調節障害」ですが、
腐人が気になるのは、
この病気の病理的因子のほう。

「そうかも?」とか
「なっちゃった、どうしよう?」には、
全く興味がないので、そこらを知りたい方は、
上でも書きましたが、
サポートグループがやってらっしゃるサイトなど
そちらをご覧くださいませ。


この病気は、遺伝なんだろうか?

ネットでみるかぎり、
どうやらそこまで解明されていないようである。

事例をみてると兄妹で発症された方もいるようだが、
腐人はこの説には疑問がある。


ってのも、確かに、
体質的にヘモグロビンが少なめとか、
低血圧だという要素をもってる人はおろうが、
発症比率が、子供の1割だぜ?

もしそれが遺伝だというならば、
太古の昔から存在してるってことで、
そしたら、
マンモスだ!とか、
敵の夜襲だ!とか、
空襲警報だ!とかなってんのに、
「ワタシ、起きられません」
っつって、そこで死んでたと思うんだよね。

ランプや電気がなかったよーな時代なら、
日がでてる間に動けないって、
ニンゲンとしてもう致命的でしょう。

で、自然淘汰されてけば、
その因子を持つ人そのものが減少してたと思うんだけど?
なのに、1割も?

それに、ゲノムの解明がここまで進んだ今、
もし遺伝だとしたら、こんな1割も症例があるなら、
簡単プーに、どこの変異か突き止められてると思うんだ。

ってことで、腐人は、これが遺伝ってのは、
ちょっと無理があると思うんだよねー。

むしろ。
これは、現代の生活習慣病の一種ではないかと
腐人は思うのだが。
素人考えですけどね。


ってのも、3.11以来、節電で
ちっとは光や音が少なくなったとはいえ、
はっきりいって今の日本の夜の明るさは異常でしょ。

あんな光を延々あてられ、脳を刺激されつづければ、
そりゃ交感神経は落ち着かないし、
副交感神経はいつまでたっても働かない。

ゲームやPC、スマホからでるブルーライトは、
副交感神経の活動を阻害するものだし
(だから寝る前にやると寝つきが悪くなります)。

腐人なんかにしてみたら、
「テレビをつけてないと眠れない」
「音楽をきかないと眠れない」
「灯りがついてないと眠れない」
これなんかも、どう考えても
交感神経が刺激をうけつづけ、
自律神経を自分でおかしくしてるとしか
思えないんだがなぁ。

そんで不眠症だっちゅーてる人を知ってるが、
そりゃ、あんたの生活習慣が悪いンでは?と
腐人は思っている。


この本のなかに、
農業体験をしにいったら、
起きられない日も体調の悪い日もあったが、
後半は薬(血圧をあげるのや、交感神経を刺激するもの)を
やめても平気だったという記述がある。

昔の日本人のように、朝、日が昇ったら起き、
一日中、身体を酷使するような農作業を行って、
疲れ切るまで働き、日が暮れたら寝る、
こういう生活を続けてたら、
この病気、減るんじゃないかと思うんだけどなぁ・・・。

『ばらかもん』とか、
『はしっこの恋』、『銀の匙』
あーゆー生活してはる人に、
この病気の人いてはるんやろか?


たまに、親の都合でつれまわされ、
ヨチヨチ歩きの幼児が、
真夜中のコンビニをウロウロしているような光景をみると、
やっぱこれ、生活習慣病にみえるんだけどなー。


この病気は身体疾患なので、ちゃんと検査したら
血圧が異様に低いとか、心拍数が高いとか、
身体症状がでます。

だけど、それを知らずに
心療内科とか精神科にいくとどうなるか。


2冊目の本にいきますね。

精神科にいくと、
どんだけ良心的なお医者さんでも薬を出す。

それが治療だと信じられてるので。

しかし、これが非常に恐ろしいんである。


下の一覧は、覚せい剤などの麻薬類や依存性の高いもの
(エクスタシーまで)
と、向精神薬としてよく処方されるもの(下3つ)の、
依存度合いなどを比較したもの。

平均 多幸感 精神的依存 身体依存
ヘロイン 3 3 3 2.9
コカイン 2.37 3 2.8 1.3
アルコール 1.93 2.3 1.9 1.6
たばこ 2.23 2.3 2.6 3
大麻 1.47 1.9 1.7 0.8
LSD 1.23 2.2 1.1 0.3
エクスタシー 1.13 1.5 1.2 0.7
バルビツール 2.01 2 2.2 1.8
ベンゾジアゼピン 1.83 1.7 2.1 1.8
アンフェタミン 1.67 2 1.9 1.1



ちょっとびっくりしません?
大麻やLSD、エクスタシーのが、向精神薬より数値低いんです。

たばこやアルコールをたしなまれる方は、
それを止めるのが、どんだけ大変か、わかりますよね?
向精神薬はそれに匹敵する依存性があるんです。


で、もっと怖いデータがこちら。

1776-2005年(229年間) アメリカ戦死者数    :745,000人
1965-2005年(40年間) アメリカ精神病院内死者数:1,100,000人


日本では、30万人が精神病院に入院しているが、
平均すると、1ヶ月1515人が死亡している。


どーゆーことかというと、
実際に精神病院入院し、後に死亡した人の
1日あたりの処方データがある。

薬を投与する場合の基準値として、
それぞれの薬をCP(クロルプロマジン)換算するのだが、
例えば、コントミンという薬で、
CP換算値100を出すと、1日8錠という計算になる。

普通の人がこんだけ飲んだら
あまりの眠気に起きてられない状態だという。

その精神病院に入院後、亡くなった方は、
重度の統合失調症患者の場合
このCP換算値が800以下が推奨値なのだが、
CP換算値6300相当の薬を1日に服用していた。

コントミンという薬で、CP換算値6300を表すと、
500錠以上にあたる。

・・・そりゃ、死ぬんじゃない?


本書の中に、15歳の子が精神科にいって、
どんだけ悪化したか、実体験が書いてある。



腐人は、前にいじめの話をしたときに書いたが、
学校は別にいかなくてもいいもんだと思ってる。

むしろ、ホームスクーリング制度を
とっとと整えろ!と思ってる。

※日本は別にホームスクーリングをしても違法じゃないらしいが、
 ホームスクーリング先進国であるアメリカのように
 環境が整っていない。


もし、この「起立性調節障害」が、腐人が思うよう、
生活習慣・環境によるものであれば、
恐らく今後、1割どころじゃない比率で伸びるだろう。

そうなったとき、
また、今のイジメ問題の短期的解決方法としても、
ホームスクーリング制度が、
どの学校に行こうかな?というのと同じぐらいの気安さで選べる
選択肢として存在していなければ、
教育、いや、将来的には社会が揺らぐ。

それを実現させるためには、
まず、日本人の横並び大好き感覚を
ドブに捨てる必要があるんだが、
どーなんだろねー。

どーゆー問題でも、
「自分事」になれば、人は本気で考え出すが、
「他人事」とみるかぎり、その問題は存在しない。

いったい何割になったら、目が覚めるのか。


その前に腐人は鬼籍に入っていたいと思う。



以上、今日は、
「起立性調節障害」の病理推察と、
子供を精神科にはつれてかないでね!話までとします。

まだまだ書きたいことがあるので、
このネタ「も」続きます。

・・・あああああ・・・(;_;)



以下、読書録。

なんだけど、読んだのに書くの忘れてたことに気づく・・・。
日付逆だが、4日の分、もうカウントしちゃったしなー。
ま、いっかー。

●3日
(991)マンガ 『ONE PIECE 67』 尾田栄一郎
  なんかなー
  エース兄ちゃんときの盛り上がり具合と比べると
  かなりローテンションなのは
  腐人だけか?

  小技もお上手なんで、おもろくないとは言えないんだが、
  そうじゃない意味で、おもろくない。うん。 

(992)マンガ 『月光条例 19』 藤田和日郎
  ああ、終わりにむいてるなー話が。

  藤田さんが描きたかったこと、
  描けたんだろうか。

(993)マンガ 『花冠の竜の姫君 10』 中山星香
  あら、終了?

  ラブストーリーとしては、
  最初から終わってるようなところはあったが、
  この『花冠』シリーズはファンタジーラブコメだから、
  続けようと思えば続くし、
  終わろうと思えば終われる話だわな。

  と書いたところで、記憶の中を何かが走った。

  ・・・あ、『マギ 14』のカウント忘れてる・・・(;一_一)
  これいつ読んだんだっけ・・・?
  
  まぁいいや、
  次にカウントとコメント書いとこう。

  しかし、これはファンタジー繋がりがあったので
  記憶の底から思いだされたが、
  確実に、年間で何冊かは、
  読まれたのに思いだされず、記録されない本があると、
  腐人は確信したぞ・・・。

  やばい、やばすぎるよ!腐人の脳!!

●いつ読んだか不明
(994)マンガ 『マギ 14』 大高忍  
  上のコメント書いていて、
  「中山さん以外に、ファンタジーが描けるマンガ家が
   今、存在するか」
  ってことを考えた瞬間に、
  この14巻の魔法学校のネタを読んだ時、
  「こりゃ、まんまハリ●タじゃねぇか」
  と思ったことを思い出した。

  ああ、よかった。
  これを考えなきゃ、
  そのままスルーされてたぞ、『マギ 14』

  ま、それはともかく。

  母ネタはやっぱそこに落ち着くか。
  母である以前に、女である、ってのも問題だが、
  墓守母っちゅーか、家の妄執に囚われた母ってのも
  やっかいだけどねー。

  各地に分かれて修行してって、
  こないだワンピでもあったよーな・・・。
  ま、いっかー。

  にしても、男って、
  チチでこんなに燃えるもんなの?
  だったら、
  ホルスタインでいいんじゃないかと・・・←おい!


これで、たぶん、
カウントだけはだいじょぶな、は、ず・・・(;一_一)

●5日
(995)BL/ディアプラス 『恋でクラクラ』 渡海奈穂
  大変だねぇ。
  
  基本、丈夫にできてるもんで、
  丈夫じゃない人の気持ちってよくわからんのだが、
  そんでも至れないほどじゃねぇってことで
  よかったね?で、いいのかなぁ・・・(^_^;)

  大学よか、就職どーすんだろなー。
  もう浜本の嫁、決定?

  腐人的には、思いがけずみてしまった永ちゃんに
  同情したい・・・。
  他人のなら、まだマシだろうに・・・(/_;)

  頑張れ!少年!!
  
(996)BL/ルビー 『うちの子が可愛くて』 栗城偲
  なんというか。
  ルビー作品は、
  どーしてこうまでルビー化するんでしょうかね。

  作家さんに、強烈な個性があればいいんだが、
  そうじゃないと、どれ読んでも同じにみえてくるのは
  腐人だけだろうか・・・。

  そんでもってルビーなせいか、
  崎谷はるひさんの『ミルククラウン』シリーズとか
  『ブルーサウンド』シリーズ とかと
  なんかネタがかぶってみえるー。

(997)マンガ 『ふたがしら 2』 オノ・ナツメ
  1話だけ読んで寝ようと思って、
  結局、1冊読んじゃった・・・(;_;)

  もともと弁蔵は好みじゃないが、
  酒乱ときいて、評価はマイナス200点。
  腹がくくれてねぇヤツは、すっげーキライなので、
  さらにマイナス200点。

  うーん・・・宗次はなぜ、弁蔵と一緒にいるのだろう・・・。  

  どーでもいいが、宗次の過去が、
  すっげぇ!きーにーなーるー(>_<)!!!
[ 2012/11/06 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。