FC2ブログ
腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> コンテンツ論&読書 > ネットデジタル世界の奴隷
10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネットデジタル世界の奴隷

町麻衣『はしっこの恋』
パラ読みがとまらーん(>0<)!
だって、おもろいんだもん。

これ、ドラマ化素材に、すごくいいと思うんだよなー。
でも、もしやるなら
もうちと話数ためてからやってほしいけど。

じゃないと、田舎知らずの都会育ち脚本家が
勝手につまらんネタ増殖させて、繋いで延ばして
せっかくの第一次産業のリアルさを
全部ダメにしそうなんだもん(ーー゛)

田舎暮らしのドリームじゃないんだ!
バリバリのリアルなんだ!!
でもって、そこに、
自分で、自分を笑おうとする姿勢が必要なんだーっ!!

そのへんがなー・・・
原作付きドラマみてて、
「ああ、キモがわかってねぇなぁ・・・(=_=)」
ってなアレンジしてるの多くて、げっそりする。

自虐ではなく、道化の笑いとして、
自分で、自分を笑い飛ばせるっちゅー、
こーゆー姿勢は、腐人、大好きなんですが、
なんか最近、そうじゃない、
賢ぶりたがる姿勢のが目につくのは気のせいかね?

自分が疲れて自滅するだけなのになぁ。

ま、それはいいや。

「農家の常識、非常識」は、
荒川弘『百姓貴族』だったっけ。

『百姓貴族』の実写はまず無理
(差し障りありまくりだろう、あれ・・・)だが、
もし『はしっこの恋』を移植するにあたって、
ネタ足らなければ、
荒川さんに『百姓貴族』からの
ネタ協力をお願いできんかねぇ。

それぞれ根っこにある、
北海道や酪農への愛と笑いは近いと思うので、
なかなかおもろいもんができると思うンだけど。

っつか、そうなってくると
漁業マンガ(もちろんコメディ)が欲しい・・・。
なんかあるのかな?


いっそのこと、こんなんどーでしょー?

「稲作!畑作!畜産!酪農!漁業!
 5人あわせて、一次戦隊ゴレ●ジャー!!
 みんなの食卓まもるため!
 ちからと技の終結だー!おー!」

とかってやんないかな。

この場合、上司は農水省?
でもって、敵は・・・
イナゴ?ミナミアオカメムシ?イノシシ?クマ?
その場合、
仮面ライダーは敵なのだろうか、味方なのだろうか・・・。

ほんでさー、
春とか秋に敵が襲ってきても、
皆、忙しすぎて
「無理!そんなことする暇あるなら、
 こっち来て手伝え!!
 こらそこ!どさくさ紛れで食うんじゃねぇ!!」

とかやってくれたら、平和だなー←なんか違う・・・

わはははは。
自分で妄想してて、
すごく楽しくなっちゃった♪

アイデア料、タダでいいんで、
マジで、誰か描いてくれんかのぉ~?



さて。
コンテンツ論かな?久々の。

腐人と師匠は、会うと、いろんな話をする。

その中で、以前、
「単純に、個人収益だけ考えたら、
 コミケで、壁サークル常連になってるクラスだと、
 商業より同人のが実入りいいよね?」

ってな話になった。

ただ、長年、同人界に関わってきた師匠は、
「でも、もし
 『商業誌からお呼びがかかったんだけど、
  どっちやるべき?』
 と相談されたら、
 『両方やるが正解』と答えるよ」

とおっしゃる。

確かに、腐人もそれが正解だと思う。


今、モノが本当に売れなくなっていて、
「最終的に価格競争になっていく、いろんな人が売ってるもの」
か、
「値段は多少高くても、ココでしか手に入らないもの」
のどちらかしか、売れない。

商業誌は前者であり、同人誌は後者。

また、同人ではできても商業ではできないことがあり、
そして、その逆の然り。

そうした違いを考えれば、
商業誌と同人誌のどちらか、ではダメで、
両方をやるべきだという師匠の話はよくわかる。


でも、ワ●ピのオ★さんとかは、同人やってないよ?
ってな話には、
「オ★さん自身はやられてなくても、
 オ★さんに代わる人がやっている・・・」
と答えておきましょうか。

あの領域までいくと、個人収益の枠なんぞ小さい話で、
『ワ●ピ』というコンテンツそのものの発展ということで
捉えざるをえなくなるんだが、
要は、
多種多様なマーケットが存在し、
それにあわせた多くの販路をもってること、

が、
そのコンテンツが衰退することから逃げるために、
重要なんだろな。

ん?ちょっと待て。
そーゆー考え方するなら、例の『海猿』問題はどーなる?

・・・すいません、ここでそれやると
話が無限に逸れるので、
それはまたの機会に・・・。


話を戻して。

特定コンテンツそのものの繁栄ってのを考えたとき。
ここに、
「FREEが基本」のネットデジタル世界
という非常識が登場する。

うーん・・・やっぱさ、つくづく思うが、
電子書籍が出版のイノベーターなんじゃなくって、
FREEが基本のネットデジタル世界ってのが、
コンテンツすべてのイノベーターなんだと思うのだ。

だって、こいつの出現のおかげで、
コンテンツビジネスが一変したんだもん。


『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』(以下、『なんで』に略)で、
福井さんは
「今は、コンテンツのマネタイズができなくなっている。
 少なくとも、ネットデジタルの世界では稼げてない、という状況を、
 きちんとみんなが認識しなければならない」

とおっしゃっている。

うんうん、そのとおり。
ネットは、はっきりいって儲からない。
腐人は、ちゃんと認識してるよ。

ホントに、声を大にして、
ネットは儲かるとか思ってるの、大間違いだからねー!
って、喧伝したい。
※この場合、巨大プラットフォーム運営会社と、
 ソーシャルゲーム会社は除く。


あれは、極端な話、
そこで収益があがるもの、ではなく、
ただただ出て行くだけの販売促進物、
もしくは広告宣伝だと思わないとダメだと思う。


よく、Web2.0だ、SNSだ、と周囲が言ってる。
なんかネットっていいらしいぞ?
じゃぁ、うちもネットをやろう、というケース多いですよね。

ゆっときますが、これ、見通し甘すぎです。

腐人の知ってるケースだと、
*****に関する専門サイト作るぞ!とかって、
元手×××円でスタートして、
*****に関する情報記事、コンテンツをいっぱいつくるのね。

で、もくろみとしては、
*****に興味のある人たちが、どんどん書き込みしてってくれ、
サイトがにぎわい、
そうすると*****に関係する企業が
「うちの広告のせてくれ」
とかいって、じゃんじゃか金がはいってくる・・・
とか思ってるんですが。

実際はどうだったら、
全然書き込みがなく、
でも動かないサイトはどんどんおいやられちゃうから
仕方なく、自分が新しい情報を探して書いてUPする。
ただひたすらそれに追われて、
広告営業なんかできなくて、売上がでず、
結果、元手を食い潰して終わる・・・。


アフィリエイト収入のために、
いつしかPVを増やすこと、それが目的になってしまい、
そのためにリンクはったり、記事のコピペやリライトに終始し、
ふと我に返って、収入から時給を計算して、
「なにやってんだかな・・・」
という、
アフィリエイト地獄におちた囚人のよーな状況ってのも、
腐るほど知ってます。


『なんで』を読んでいたとき、
思いきり「その通り!」といっちゃった記述がある。

それは、
マネタイズをあきらめれば
奴隷化から開放される、
という箇所で。

2ちゃんねるってありますよね?
腐人は、やってないからよく知らないんですが、
あれは、発言が1000個を超えると、dat落ちといって、
通常のブラウザでは見られなくなるらしいですね。

なので、ユーザーさんは、その1000を目ざして、
毎日コツコツ書きこみをする。
これを「(2ちゃんねるの)奴隷」と
『なんで』では呼んでいた。

な、なんてビンゴな表現なんだ!!

ちなみに、
「ユーチューブ帝国の奴隷」ってのも言ってたが、
こちらも言わずもがな。

奴隷にさせられて強制労働させられたんではなく、
ユーザーが進んで、労力を捧げてるって点では、
ピラミッドを作った古代エジプトの民に近いかもー。

あれ、奴隷の強制労働じゃなかったって説が、
近年あるそーですな。
って、それはどうでもいい。

要は、ネットのコンテンツって、
一度はじめちゃうと、
金を生み出すんじゃなくて、
ただただ金を使うだけの奴隷労働になるの。

まさに『なんで』で、岡田さんがおっしゃった
「コンテンツで稼ごうと考えるから辛い」状態。


でも、これをそうじゃなくて、
「販売促進もしくは広告宣伝」と捉えたのが、
『メディア化する企業はなぜ強いのか?』
なんだけど、
あかん・・・なんか疲れてきた。

骨格たてずに、
思いつくまま思い出したまま書いてるから、
すげぇ脳が疲弊している・・・。

とりあえず今日は、
「ネットデジタルの世界に、
 新しいコンテンツを投下したら稼げるはずだ!
 っちゅー考えは、甘い!
 無間地獄に落ちるだけだから、
 魂胆がそれなら、やらんほうがええ」

が、結論。

でも、そうじゃないところで、光がありそうな気がする。
まだ頭でぼやぼやしてるだけなんで、
すぐ文字化できないけど。

とりあえず、続きはまたいつかー。


以下、読書録。

●15日
(1024)一般本 『「事務ミスゼロ」の仕事術』 藤井美保代
  サブタイトルが
  「とにかく簡単!ミスをとことん防ぐ50の小ワザ」。

  はっきりいっていいですか。

  腐人はー、こんなー、仕事のしかたー
  したくねぇ!

  ストレスでハゲそうだ。
  無理!
  腐人は、自由気ままな猫型なのー!!!

  ま、確かにさ、これやれば、
  限りなくミスゼロ目指せると思うよ。

  でもさ、これ、
  考えないロボット作ってるよーなもんじゃね?

  腐人は、未来工業の仕事のやり方
  (すべて自分で考えさせる、考える社員をつくる)方が、
  働くのが楽しくなると思うんだけどなぁ・・・。

  まー・・・
  「私は指示されなきゃ、動けないんです!
   100%きっちりできなきゃ、
   私は無能だと、落ち込むんです!!」
  ってな方には、
  よい参考書かもしれないね。
  きっと、定規と蛍光ペンもって読むんだろうね。

  ただ、それを周囲に押し付けるのは止めてねぇん♪

  仕事の仕方は、人それぞれだと思うので、
  自分にあった方法で、結果をだしゃいいと思うんだがな、
  腐人は。

  っても、なーも考えず、なーも動かず、
  ほんで結果もださねぇやつは、
  叩きだすがな・・・

(1025~1028)マンガ 『ただいまのうた 1-4』 ふじもとゆうき
  腐人が近所に住んでたなら!
  梅ちゃんだけなら、たまにみたるけどなー。
  
  こーゆー頑張る家族ものって、好きなのよ。
  いいのよ!ベタでも!心に響くから!
  でも、できたら梅ちゃんが幼稚園のがツボだった・・・←おい

  にしても、桜が静香とくっついたとして、
  向日葵がテツとくっつくっての、
  ・・・アリなのか?

  いやまぁ、双子同士がカプになるとかあるから、
  アリなんだろうが、なんかヤだな、腐人は。

  だって親戚があつまる冠婚葬祭とかさ、
  仮に将来離婚しちゃった後の気まずさとかさ、
  ここはちょっと違う遺伝子もとめるほうがよかねぇか?

  って、恋愛を計算ですんなよ、腐人・・・。
  
(1029)マンガ 『路地恋花 4』 麻生みこと
  『そこをなんとか』もだけど、
  麻生さんってスロースターターなんでしょうか。

  巻数が増えたほーが、
  ずっとおもろい。
  なので、これで終わりってのはちと寂しいな。

  なんか、でてくるキャラが
  どんどん地に足がついた
  たくましいタイプが増えたというか。

  ま、『そこをなんとか』みたいのやって、
  現実みてったら、不信の塊になってくからねぇ。
  信じられるのは、金と自分!とかなってくるよねぇ。
  って、そこまでなってねぇって?
  
  次は何をやられるんだかわかりませんが、
  新作でたら読みたいな。
[ 2012/11/16 ] コンテンツ論&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。