腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 給食&読書 > 続×4・「給食」と書いて「あくむ」と読む・・・
08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続×4・「給食」と書いて「あくむ」と読む・・・

昨日は、あんまし本を読む気にもなれず、
テレビをぼへーっとみていたら、
糖質制限をやっとったので、
そのまま、ぼへーっとみてみた。

内容としては、糖質制限食をだすレストランと、
その他いろんな制限食を強いられる人への宅配弁当の
それぞれのビジネスモデルの紹介だったのだが、
これから襲いくる超高齢化社会を考えれば、
なかなかいいとこに目をつけたねぇと思った。

歳を取ると、どんどんいろんなことが面倒になってくる。
出かけて買い物をし、料理をつくり、後片付け。
食べる量が減るとはいえ、
3度3度これをやるのは、どんどん億劫になるだろう。

腐人の死んだじっちゃんばっちゃんは、
総料理長が2週に一度の頻度で
冷凍保存して送ってくるおかずの数々を
とても楽しみにしていて、
亡くなった後、冷凍庫をみたら、
1つ1つ丁寧に仕分けて保存してあって、思わず涙が出た。

とはいえ、どこの家にも
総料理長みたいのがいるわけではない。

その代わりに
ネットで頼んで、自宅に届き、チンで完了、食べたらポイッ
とできるならば、それほど楽なもんはない。

が、それによって、手も脳も身体も使わなくなると、
ボケと老化が加速するだろうけどね

それはともかく。
自分のシモの世話をさせるつもりで長年養ってきた妻を、
予想外のパターンで、先に失ってしまった、
おひとり様の準備も覚悟もできてねぇ男性なんかには、
すごーくありがたいシステムかもしれない。

金額も、1食500円という価格なので、
自分の懐と相談しながらだが、
これならば、年金生活者でも手が届かない数字じゃない。

現段階の介護現場がどうなのか、
腐人は知らないのだが、
医者から減塩、減糖とかいわれる制限食を指示された段階で、
こういった民間給食制度に、
介護保険からいくばくか出るようになれば、
より助かるし、
導入されやすくなるんじゃないのかなぁ・・・?

※この辺、腐人は詳しく知りません。
 でも、それによって介護ヘルパー不足のカバーとか、
 医療費減が計れるならば、
 やったらいいのにと思いますけどねー。

 単なる給食サービスだけなら、
 行政レベルでやってそうだが、
 腐人は行政の給食ならパスだなー。
 悪夢ふたたびになるだけだもん。

 そーゆーワガママ老人のためにも、
 民間も含めた広い選択肢をくれると嬉しいンですけどね。
 もちろんワガママの代償・対価として、
 いくばくか別途支払う・・・は当然で。

 透析患者一人生み出すこと考えたら、
 よほど安く済むだろうに・・・。



それにしても、腐人が気になるのは、味。

腐人は関西人なので、基本、薄味を好むのだが、
関東圏に住んでる今、
例えばデパ地下でお惣菜なんか買うと、
最初の一口から味が濃いんだよねー。
そうすっと、もう最後の一口は、
味に参って入らない。

うちの総料理長がよく言う言葉で、
「味は引き算ができない」
ってのがある。

要は、味が薄いのには、あとから足せるけど、
味の濃い料理を作っちゃうと、
その分を引くことができないから薄味で作れ、
ってこと。

半分食べて、どうも味付けが物足りない・・・と思えば
足せばいいんだし、
最初の一口が薄味だなぁ・・・ぐらいが、
実は、最後の一口まで美味しくいただけるんだよねー。

っても、減塩食に、自分で後から塩足したら、
本末転倒ではあるんだが。

なんつか、
味のバリエーションと言えばいいのかなぁ。

腐人は一時、すげー忙しくて、
近所のお惣菜屋で、
ほとんどのメシを済ませていたことがある。

すると、ほとんどの料理の塩梅が
一緒なんだよね、あーゆーとこ。

ベースになる味が、
グラム単位で計量してあわさったものを使ってるから
入る具材は違えど、どのおかずも同じ味・・・になるんだ。

あわせ調味料Aのパターンか、
Bのパターンか、Cのパターンか。
そんなもんぐらいしかバリエーションがないの。

家庭料理がなんで毎日食えるかったら、
同じ味をだせない女性が台所で料理をするから、
ってのを、なんで読んだんだっけか。

カレーでも、同じ味には仕上がらないでしょ?
それが、家庭料理を飽きずに食べ続けられる理由。

だけど、こういうお惣菜やでは、
同じ味を提供しつづけることが重要で、
かつ、
素材そのものがもつ味まで考えて、
そこらの微妙な加減までやったお惣菜となると、
料亭モノになっちゃうので、高い。
それを毎日は、お財布的に無理!


ま、そゆことで、
近所の安いお惣菜屋のおかずを食べ続けていたとき、
3日目ぐらいで口が飽き、1週間ぐらい耐えたが、
これなら超手抜きでも、
自分でなんか作ったほうがええわとなった。

なんとなーく、腐人がこういうの利用したら、
結局、この結果になりそうな気がするのよねー・・・。


そーゆーワガママ人間は、
腐人の周囲には結構いて、
「減塩だ減糖だなんだっつって、
 味に不満のあるもの食って長生きするよか、
 死ぬ寸前まで美味いもんを食って、
 早死にするほーがいい!」
と、口を揃えて言っている・・・。

ま、そこらは個人個人の判断だよねー。


と、大人ならばいえるのだが、
学校給食を食べさせられてる子供たちはそうはいかない。

だからこそ、学校給食には
きちんと考えられたものがでないといかんのだが。

おお!うまいこと繋がったぞ!

ってことで、このまま今日のテーマにまいりましょう。

4)告発の行方


これは『もっと変な給食』に載っていた話で、
東京の笹塚中学の事件。

テレビとかでも取り上げられたそうなので、
ざっくり概要だけ書くと、こんな感じ。

お子さんが、「給食が不味くて、量も足らない」という
不満をもらしたのがきっかけで、
給食に関する情報公開請求を行ったところ、
明らかに改ざんされたおかしな資料があがってきたため
警察にもちこみ告発したら、
今度は、かってに書類を持ち去ったとして
刑事訴訟をおこされたっちゅー感じかな。

今はさらに国家賠償訴訟控訴審まで進んでるみたいだが。


詳しい話はご自身で調べていただくか、
『もっと変な給食』をお読みください、だが、
その改ざんっぷりをきいて、腐人が思ったのは、
「こりゃ、2課案件じゃねぇのか?」だ。

※警察刑事部の捜査2課というのは、
 いわゆるサンズイと呼ばれる汚職や
 贈収賄、横領など知能犯を担当するところ


いやだってさー

「献立表に載ってるのに、
 その食材が購入されてない」

「購入されていても、量がおかしい
 (一人20g×300名=6kgのはずが、4kgだけ)」

「献立表に載ってない食材が購入されている
 (マスクメロン45個・・・もちろん給食には出てません)」


ってな書類らしいんですわ。

・・・おいおいおい。
改ざんするなら、もっとバレねぇの作りなさいよ。
あまりにも稚拙すぎて、情けなさすぎる・・・(/_;)

この書類作った人にゆーといたるが、
偽造書類をつくるってなぁ、
ホントの書類作る100倍、神経使ってつじつまあわせせにゃ、
簡単プーにボロがでるんじゃ。

どこに出しても、誰にみせても大丈夫っちゅー
裏の固めがでけてへんなら、せんほうが千倍マシ。
罪状がプラスされるだけやで。

ま、この辺はあまりゆーと
わが身にも影響がでてくるんで、この辺でやめときますが。


これ、もし腐人が捜査する側(警察でも監査でもいいが)だったら、
こんな書類みつけたら、
100%確実に金の線を追うなー。

横領か、贈収賄かはわからんけど、
ほぼ確実になんか出てくるでしょう。

この書類の稚拙っぷりからしても、
恐らく脇が甘い。
多少つつくだけで、芋づる式にでてくるな。

ま、それが、業者と組んでの贈収賄か、
単独での横領かは、調べてみないとわかんないけど。

前に書いたように、
業者としてはワイロ贈ってでも繋がってたいのが
学校給食なので、腐人だったら両方追うかなー。

おっと、ちゃんとゆーておかねば。
これ、別にこの中学校がそうだとは言ってませんよー。

「もし腐人が捜査する側だったら」っちゅー仮定において、
想像を書いただけですんで。
そこんとこ、お間違いなきよう、お願いします。


ちなみに、この給食の暴挙を、
どうすれば阻止できるかというのは、
わりと簡単だったりする。

イギリスで9歳の女の子がやった成功事例がある。

あまりにも給食がひどいと、
毎日の給食を写真に撮り、ブログにUPした。

ま、確かにひどい。

http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/news_business/pc7702e73eb547c5ce843393e88b75baf

ここで写真がみれますが、

ピザパン 食パン半切れ分くらい?
フライドポテト? 1つ
茹でコーン 少々
カップケーキ 1つ

こんな感じ。
これがイギリス国内で問題になり、改善の圧力がかかる。

結果、給食が変わっていったんだが、
話はこれで終わらなかった。

告発したマーサ・ペインちゃんは校長室に呼ばれて、
ブログ禁止を言い渡される。

しかしこのマーサちゃん、なかなか凄くて、
「なので、これで終わります」とやったもんだから、
さらなる非難が殺到し、結局、白紙撤回。
ブログは継続となった。


とね、この経緯から学べるものは、

1)日々の証拠を写真という明確な証拠で残す=監視の目を怠らない
2)それを広く知らしめる
3)学校外の人々をまきこむ


かな。

常日頃から、武器になる証拠を集め、
周囲を巻き込んで退路を断てば、
どんだけ隠蔽体質の組織でも、
嫌でも表に出てこざるをえなくなる。

追い込んで、いぶり出すって感じ?

とゆー感じに、
まわりを巻き込んでオープンにやったほうがいいと、
つくづく思ったのが、
この笹塚の告発をやった親御さんなんですけど、
お子さんが当時まだ学校にいらしたんですね。

すると、学校はどうしたか。

その子の成績、内申点を下げてきたんですわ。
うわー・・・(~_~;)

なので、その親御さんは
この活動をやめようかと思ったそうですが、
お子さんの方から、やめるなとおっしゃってくれたそうで。

受験もご自身の実力で合格を勝ち取り、
母校の未来のために頑張ってと、
応援してくれてるそうです。

すごいなぁ・・・と思う反面、
なんでこんな個人の頑張りに
おんぶに抱っこせにゃ変わらないのか、
日本という国の体質に、情けなさを感じる。


それにしても気になるのが、
マスクメロン45個の行方だ。

伝票上だけのものだったのか、
それとも誰かの胃袋に入ったのか。

そんな給食なら、腐人も大喜びだったんだがなー・・・。

あ、マーサちゃんに絡めて
ジェイミー・オリヴァーの給食革命やろーと思ってたが
書き損ねちゃった。

またいずれ。


以下、読書録。

●16日
(921)一般本 新潮文庫版『風の海迷宮の岸』 小野不由美
  ・・・泣いていいデスカ・・・(T_T)

  だって・・・
  チビ泰麒が!チビ泰麒が!チビ泰麒がぁぁぁぁっ!!!

  なんであの絵じゃねぇのよっ

  ううううう・・・チビ泰麒ー帰ってきてー(ToT)

  あのこまいのが、「ぎょーそーさまーっ」って
  パタパタ走って飛びつくのがいいんじゃん!
  わかってないよ!萌えを!!
 
  ららさんの描くチビ泰麒は、
  ベリベリキュートだったよなぁ・・・。
  あ、いかん、違う話が混ざっちゃった。

  お話としては、もう何読目だ?って領域だし、
  その先も、先の先はまだ落ちてないが、
  わかってるんで、
  なんかもう言うことないんだよねー。

  それにしても、このかわいいチビ泰麒を
  蓬莱に戻して大人にしやがったやつ、
  ぶっ殺してやりたい・・・

  一生ミニマムサイズにしとけよ!延麒みたく!!

  あ、そーいや解説で、蓬莱と2度行き来したのは
  泰麒だけとかゆって書いてあったが、
  延麒六太はしょっちゅー行き来しとると思うぞ?
  話になってねぇだけで。

  じゃなきゃポスタルガイドが入手できんじゃん。ねー。
[ 2012/10/17 ] 給食&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。