腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 読みきれん!が、もういい本
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読みきれん!が、もういい本

の前に。

木原音瀬さんのツイッターをみていたら、
やはりペーパーは途中でなくなったらしい。

腐人が購入した段階で、
まだまだかなりご用意されてたが、
あの日の行列はすごかったもんなぁ・・・。

たぶん、腐人がいつもの時間に出動してても、
並んでたんじゃなかろうか。

朝っぱらから突撃してきて
早起きさせてくれた姫に感謝だわ。

あ。
そーいやこれでペーパー争奪、ようやく1勝?
すげぇ!
っても、これまでの負け数のが
圧倒的ではあるんだが・・・(-_-;)



さて。
腐人は、途切れなく
本の山に囲まれた生活をしている。

なんつーか、
「情報収集してオーダーする→買う・借りる→読む
 →興味が広がりまた新しい本をオーダーする→・・・」
このルーティンがエンドレスリピートされてるんだが、
ブログで「一般本」とされてるのは、
ほとんどが図書館借り入れ品だ。

なので、貸出期限がきたら返却せねばならぬ。

次の借り手がいなければ延長もできるが、
腐人が読んでる本の場合、
延長ができない本のが多い。

なので、できるだけ期限内に読みきることを
心がけてるんだが(これがよく言う「読まねば本」)、
いかんせん、読みたい本が手に入ると、
ついついそっちを優先させるもんで、
タイムアップで返却せざるをえない場合がある。

再度予約をいれて借り直しってのをする本もあるが、
本の内容によっては、
ザザザッと気になるとこだけ拾い読みして
もういいやとなることもある。

今日は、その「悪くないけど、もういい本」の3連発。

よって、自分用アーカイブな内容です。
先に謝っときます、すんません。


『FBIトレーナーが教える相手の嘘を99%見抜く方法』
  前に怒り爆発!で書いたけど、
  翻訳本って、
  なんでこんなに無駄な記述が多いんだろ・・・。

  文化の違いとゆってしまえば、そこまでの話なんだが、
  こーゆー実用書(?)系なんかのまとめ方をみてると、
  むこうの人はよくもまぁ
  こんなダラダラした書き方に、
  読んでて嫌気がささないのか、
  呆れをとおりこえて感心してしまう。

  ホント、アホの子に言い聞かせるかのように、
  細かくて、くどくて、長い!
  だらだら続けず、要点だけ押さえてくれ!
  と言いたなる。

  といっても、日本の実用書のように、
  コンパクトにまとまってるのが
  必ずしもいいとは思わない。

  先日、これまた借りてはみたがもういいやとなった
  ある実用書があったのだが、
  100のヒントみたいな内容で、
  見開きですべて完結してるような作りだったのだ。

  確かに、頭で問題提起され、具体例が載り、
  アドバイスで締めくくられるその形は、
  要点が押さえられてて、とてもわかりやすい。
  まさに参考書の作り。

  しかし、そーゆーのがずらずら100個並んでるとなると、
  1/3ぐらい読んだところで、
  全体のテーマでみたら、
  その100個のうちの、
  なにがポイントなんだかわからなくなり、
  「もういいや・・・(-_-;)」
  となっちまった・・・。

  まー作る側としてはわからんでもないんだけどねー。
  定型パターンのページレイアウトなら、
  デザイン費を安くできるし。

  ちょいと前から、
  「~を~させる×の方法」的な本が
  溢れかえってるしねー。

  だからこそ、いい加減、もううんざりなんだが。

  なんかこの中間ぐらいの実用書って
  ないんですかねー。


  ま、それはおいといて。

  この本からいるとこだけ抜粋すると、
  要は、うそを見抜くバロメーターとなるのは5つ。

  1)情報収集
  2)盗聴
  3)張り込み
  4)ボディチェック
  5)尋問

  興味ある方は本書読んでください、だけど、
  まーゆーなりゃ、
  「嘘をついてない普段の様子とどんだけ違うか、
   この5つのポイントに気をつけながら、
   よーく観察しなはれ」
  って話だ。

  って、捕まえたばっかの被疑者の場合、
  普段の様子がわからんのに、
  比べようがあらへんやんねぇ?と思うのは
  腐人だけだろうか・・・。

  それに、コレ読んでておもったのが、
  文化の差。
  根底にあるものが、なんか違うんだよなぁ・・・。

  だって、手のひらをむけて、押さえるようなしぐさとか、
  日本人でやってる人、あんまおらんでしょ。
  
  視線をあわせないってのも、
  恥ずかしがりやの日本人にとっては
  別に変なこっちゃないと思うけどねぇ・・・。

  ま、そーゆーのをおいといて、
  このトレーナーさんがゆったポイントのうち、
  腐人がそうだなと思ったものだけ抜粋して
  腐人解釈で書く。
  

  ・相手の気持ちになって
   「どんな得があるのか」
   「こちらをどんな危険にさらしてるのか」
   を考える

  ・直感の「なにか変だ」は、勘違いではなく、
   それはトラブルの兆候。
   ただし、その段階で、嘘をゆってるかどうかの判断は
   してはいけない。検証はこれから。
   ただ、直感は危機回避能力として、大事にすること。

  ・魅力的だと思った人には用心を。
   フィルターがかかって、うそ発見能力が鈍る。
 
  ・その人の嘘を見抜くためには、普段の行動観察が重要で、
   観察をするためには、相手にリラックスしてもらう必要がある。
   よって、相手にストレスがかからない質問をして、
   相手のベースライン(自然体のときの状態)を測るべし。

  ・うそつきの話は、ブレる。
   話がふらついたり、相手を説得しようとしたり、
   後戻りする。

  ・声のトーンに注意。
   95%の人がうそをつくとき、
   スピード、大きさ、高さに変化が生じる。

  ・微表情を読む。
   でも、ウソをついてるかどうかは、
   それから見極めること

  ・ボディランゲージを信用してはいけない場合もある

  ・口は心の窓。
   みたくないもの聞きたくないことを前にすると、
   唇が消えて見えないことが多い。
   ※唇を噛むってことか?
    唇が薄いコーカソイドは消えるだろうが、
    どっちかっちゅーとぼて唇のモンゴロイドは
    消えないと思う・・・

 
  ・こちらがオープンの姿勢をとって、
   相手にストレスを与えず、真実を引き出すこと

  ・「なだめ行動」:人が無意識にやる、自分の体にふれる行為
   をしてるからといって嘘とは限らない。
   これもベースラインとの比較で判断

  ・局部に注意。
   椅子にふんぞりかえって、相手がみせつけてるときは、
   反撃される可能性がある。


  ・「はい」「いいえ」ではなく自由回答形式だと、
   より多くの情報を得られる。
   が、キモのつっこみには、
   「はい」か「いいえ」で答えさせると
   ボロをだすことがある

  ・忍耐が肝要。

  ・「頼むから本当のことを言って」は、
   相手へのプレッシャーになる

  
  これじゃわかんないよ!と思われると思いますんで、
  ご興味ある方は、本書をおよみくださいませ~。

  これはあくまでも腐人の自分用アーカイブざんす。


『鉄道は生き残れるか  「鉄道復権」の幻想』
  腐人は首都圏に住んでいるので、
  鉄道がなくなるのでは?
  とか、
  鉄道って実は、飛行機にも自動車にも負けてる、
  とかゆーのが信じられない。

  だって、あの3.11の時に
  「もし、電車が全部停まったら?」
  って仮定を、目の当たりにしたわけですよ。

  車道は大渋滞で、巨大な駐車場と化し、
  締め出しくらった駅からは人が溢れ、座りこみ、
  歩いてかえる人々で、どの道もぎゅうぎゅう。

  大量輸送を行える鉄道の偉大さを
  あれほど痛感したことはない。


  そもそも首都圏のド都心部で車もってる人は、
  自分の欲望がセーブできない見栄っ張り
  と腐人は思ってる。
  そんくらい、ド都心部では車のがロスがでかい。
  
  石投げりゃコンビニにあたるし、
  駐車場さがすほうが大変だし、
  乗ってでかけたら、すぐ渋滞だし、
  原付や、下手すりゃチャリンコに抜かれる車の
  存在意義はなんだ?と
  腐人は問いたいぐらいだよ。

  荷運びだって、宅配やタクシーがあり、
  宅配もド都心部なら
  出した当日に荷物が届くサービスもある。
  
  なので、車は、持ってるだけ無駄。
  字面そのままの、
  金食い虫以外のなにもんでもない。

  実際、腐人の知ってる上場企業の社長さんも、
  朝は時間が読めないので、電車で通い、
  帰りだけは社用車で送ってってもらってるとのことだが、
  それはすっごくよくわかる。

  自動車のほうが、とゆー理屈は、
  数分たてば次の電車がやってきて、
  家は駅からさして離れてないとこに住んでるなんつーと、
  いまいち納得しかねる話なのだ。
  
  自分で自動車運転して
  事故を起こして死ぬ(死なせる)可能性と、
  電車で事故にあって死ぬ可能性なら、
  確実に後者のが低いしねぇ。

  ただ、これは地球上、TOKYOという都市だけでみられる
  一種異常な話らしい。

  詳しくは本書を読んでくださいだが、
  よく
  「本州3社(JR東・東海・西)勝ち組vs
   3島(北海道、九州、四国)負け組」
   といわれるが、実は、
   「首都圏・関西圏・東海道新幹線(勝ち組)
    vsその他」
  が正しいらしい。

  ※東名阪と言われ、人口も多く大きな都市を抱えてる中京圏も、
   よいのでは?と思われそうだが、
   実は、中京圏は、鉄道利用者が少なく、
   JR東海が東海道新幹線のおかげで
   JRの中では、ぶっちぎりで収益がいいけど、
   それだけ、なんだそうです。

  この首都圏・関西圏・東海道新幹線だけが、
  鉄道事業がまともにできてる商圏なんだそうで、
  JR九州などは、鉄道をやめるのが事業展開的には正しい、
  っちゅー本末転倒なお話になっとるそうだ。

  といっても、その九州は、ダメといわれてる3島のうち、
  一番マシなもの。

  九州「晴れ」、北海道「曇り」、四国「土砂降り」
  ってのが3島の収益なんだそう。

  確かに昔、香川でうどんツアーやったとき、
  電車でまわれるかな?と検討したことあるが、
  もう論外。

  もし鉄道つかったら、
  最寄駅から徒歩1時間半とかばっかなんだもん!
  これで、うどん玉なくなったら終わり、
  なんつー店ばっかを巡る旅なんぞ、できるかー!!

  生まれた時から身近に鉄道があるのが
  当たり前だった腐人にとっては、
  ここは日本ですかー!と思わず言いたくなった。

  ※海外だと、バンコクのような大きな都市でも、
   地盤の問題などで鉄道整備ができてないとこがある。

  四国がなんでこんなに鉄道不便地域になっちゃったかっちゅーと、
  大きな問題は地形らしい。
  そのためにスピードが出せず、高速バスが敵になるんだそう。

  また、九州でいう福岡や、北海道でいう札幌のような
  大都市がなく、かつ、瀬戸大橋ができたために、
  四国内で都市化がすすむというより
  むしろ中国地方の付随になってしまったのも
  影響ありとのこと。
    
  詳しくは本書読んでください。

  震災で大きな影響を受けた三陸鉄道をどうすべきか、
  問題の多い青函トンネル、
  これ以上新幹線はいらない、
  などなど、なかなか興味深い論が展開されてるんだが、
  えー・・・
  腐人は鉄子ではないので、もういいです。

  鉄道があって当たり前ってのは、
  幻想なんだよってのがわかれば。ええ。

  とはいえ、
  すぐにおもねる日本人は、
  一度やったことを止めるのが超ヘタクソなので、
  赤字垂れ流しでも、
  問題先送りで鉄道続けるんじゃないの?
  
  でもって、王子や姫たちの世代に
  重たい借金積み重ねるんでしょーねー。

  王子や姫のパパママには、
  いつでも日本を見切って、
  世界にいけるようにさせといたほうがいいですよー
  とよく言っている。

  どーでもいいが、この本読んでのトリビア。
  なぜ、東京の地下鉄は2種類あるのか。

  ★営団:戦時統制で民間鉄道が一括化→
      戦後、地下鉄部分は国鉄配下の「営団」となる。
 
  ★都営:戦後の、地下鉄以外の路面電車とバス部分を担い、
      東京都が運営。
      後に地下鉄をつくり、そこの部分を「都営」という。


  あとなぜ、1都1道2府43県なのか。
  これまた成り立ちと関係してるんだそうですが、
  メモるの忘れた・・・。
   
  ご興味ある方は、本書をお読みになるか、
  ご自身でお調べくださいませ~。

  
『東急電鉄のひみつ』
  輸送量が年間に10億人とゆー東急。
  これはトップの営団(こっちは23億だったかな?)に次ぎ、
  他に2ケタの会社はないらしい。

  歴史だ、沿革だ、各路線の特徴だと、
  鉄子なら楽しいんだろう記事が山もりだったが、
  腐人の興味は五島親子のみ・・・。

  ま、しょせん、ヒトにしか興味ねぇのよ、腐人は。

  ところで、これは上の『鉄道は生き残れるか』にあったんだが、
  日本の私鉄十五社(東武・西武・京成・京王・東急・京急・小田急・相鉄/以上首都圏、
  名鉄/以上中京圏、近鉄・南海・京阪・阪神・阪急/以上関西圏、西鉄/以上九州)の輸送量は、
  フランスやドイツの、一国分の輸送量に匹敵するんだそう。

  フランスとドイツ、じゃないんですよ。
  「フランス全部=私鉄15社」
  「ドイツ全部=私鉄15社」
  なんですと。

  外国人が日本の通勤満員電車みて、
  びっくりするのもわかる話だ。

  それであのダイヤこなすんだから、
  日本人ってすげぇなぁ・・・。

  この本は、鉄男や鉄子さんには楽しい本だと思います。


以上!
さ、もう読むのやめて、返しにいくべー! 


以下、読書録。

自分でゆーのもなんですが、
「まだ、他にも読んどるんかい!」

ホント、ちょっと読みすぎだと
自分でも思います、はい・・・(-_-;)。


●9日
(899)BL/クロス 『身代わりの純愛』 秋山みち花
  ん?続きもの?
  ・・・前の読んだっけ・・・(;一_一)

  ま、いいや。読めるし。

  は、いいんだが・・・うーん・・・
  コメントがなんもでねぇ・・・。

  なんかすべてが、
  「ああ、そうですか、そうですか」
  なんだもん・・・。
  心情も全部書いてあるしねぇ・・・。

  ってことで、以上。

(900)BL/ディアプラス 『魚心あれば恋心』 久我有加
  うわー釣りですか。
  中身がオヤジな腐人も、一時期ハマったわ。

  っつか、腐人は、
  一石二鳥な趣味しか興味ねぇのだ。

  釣りとか競馬とか本とか。
  パチンコは、
  あれはこちらの作為がはいるとこないのでパス。
  結果からみても一石半鳥ぐらいだし。

  ただ、釣りや競馬は、
  ボウズだったり負けたりすることがあるので、
  趣味でフラストレーション溜めるのは嫌!と
  もうやめてしまいました。

  っつか、釣りってさ、
  朝マズメ(夜が明けだすころから日の出まで)か
  夕マズメ(日が暮れだすころから暗くなるまで)が
  釣りに最適なんだけど、
  バリバリ夜型人間の腐人に、朝マズメは無理!だし、
  夕飯作りをすることも多いので、夕マズメは無理!となると、
  結局、釣りに向いてる時間に
  糸をたらせないってことになる。

  まーだからやってるの、男が多いのかなー?

  腐人の生息地が、海まで遠いしねー。

  それになにより、
  本における師匠のような、釣りの達人が
  近くにおらんかったし。

  この先達の存在の有無は、
  その趣味がおもろいと思えるかどうか、
  すごく大きな要素を占めてると思う。

  釣りは、どこで何を釣るかによって、
  道具も餌も仕掛けも釣り方も全然違うので、
  先達がいないと、
  海で渓流のサオたらすよーなことを
  しでかしてしまうのだ。

  なので、片瀬は羨ましいぞ!
  釣れるとホント楽しいし、美味しいしねぇ。

  ってことで、このネタは個人的に萌え。

  どうせならもっと釣り描写いれてくれてもよくってよ!
  って、需要は腐人だけだろな・・・。

  あ、ちなみに腐人もイソメだめです。
  ゴカイもダメー(>_<)!!

  やるときはいつもオキアミでやってました。
  無理!虫きらいなの!! 

  っつか、そんな虫を腹の中にいれた魚を食うって
  あんまり考えたくない・・・(;一_一)


  釣りやってると、
  自然に料理に手がでるんだよねー。
  ちゃんと食べなきゃって気になるし。
  3枚下ろしとか、
  腐人も釣りを趣味にしてるときに身につけました。

  でも、てんぷらするなら、単なる小麦粉より、
  SHOWAの「天ぷら粉黄金」のが美味いぞ。

  
  どーでもいいけど、釣り師って
  爪にある程度の長さがいるんですよね。
  細かい仕掛けとかするのに、
  長さがないとダメなんだそうで。

  で、その反対が色事師。
  こっちは傷つけちゃいかんから、
  爪は深爪並に短くせにゃいかん。

  爪みりゃわかる、とは
  開高健さんが『オーパ!』シリーズでおっしゃっていた。

  『オーパ!』いいっすよー!
  腐人のバイブルだ。←バイブル、何冊あんねん・・・

  ま、それはそれとして、質問です。

  片瀬の爪はどうなんでしょう。
  日垣は長さ保ったママっぽいけどなー

  
  釣りしてて、腐人がぶちあたったのは、
  「小さい魚が釣れた時どうするか」だ。

  腐人の場合、だいたい遠征して釣ってたので、
  デカイ魚なら、宿もってかえって
  調理してもらって食べるってできたが、
  手のひらサイズぐらいの小さいのだと
  無理といわれるのね。

  日垣はリリースってゆーけど、
  3mとかの高さの堤防でやってるとき、
  どやって還すん?ってのがわかんなくてさー。

  足元テトラとかだから、
  魚が慣れてから手を離すなんてリリースできないし。
  かといって、
  放り投げてなんかしたら死んじゃうし。
  
  でも、そのまま殺すのもしのびないし・・・と、
  いつもそれが悩みだった。

  まーそーなってくっと、
  なら釣るな、ってな話に
  なってきちゃうんだけどさー。

  
  あの魚を寄せるためのオキアミだって、
  日光や箕面のサルや、奈良のシカ同様、
  賛否両論でね。

  なかなか深くて難しいです、釣りって。
 
  って、釣り談義ばっかになってるが、
  だってその辺がすごくおもしろかったんだもん。


  あ、どーでもいいけど
  翌日講演仕事があるときは、
  オリーブオイルはやめといたほうがいいと思う。

  壇上で、「すいません、ちょっと・・・」となっても
  知~らな~いぞ~
[ 2012/10/10 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。