腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 給食&読書 > 「給食」と書いて「あくむ」と読む・・・
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「給食」と書いて「あくむ」と読む・・・

前にゆってた給食の話。

ようやく『変な給食』が手元にきたので、
あわせて読んでみた。

とりあえずカウント。

●6日
(861)一般本 『変な給食』 幕内秀夫

で。
前も書いたとおり、腐人自身、給食には
恨みつらみ、もとい、思うところが多々あるので、
本のコメントってより、
「給食」っちゅーもんについて書かせてもらうことにする。

あ、いちおう、前のも再度載せとくか。
(852)一般本 『もっと変な給食』 幕内秀夫

こちらは、タイトルからわかるように、
『変な給食』を出した後、
すごい反響がきたそうなので、
それに応える形で出た第二弾です。


で、給食であるが。
これが今、どうもおかしなことになってるらしい。

ってもさー!

給食っちゅーもんは、
はっきりいってゲロマズ料理の代名詞じゃねぇのか!


と、腐人は思ってる。

が、中には
「え?うち、すっごく美味しかったよ」
なんちゅー羨ましい子もいて(でも、そいつ私立だったな)、
給食には格差がある…ってのは、
××年前かられっきとして存在していた。


とはいえ、今回、この本を読んで、
腐人の頃の給食は、超絶まずかったが、
そんでもちゃんと考えてくれてはったんやのぅ…
と思ったよ。

今の給食のひどさってのは、
美味い不味いって話じゃないのだ。



某食品メーカーのCMコピーに
「あなたは、あなたの食べたものでできている」
っちゅーのがあるが、あれはまさにその通り。

どういうものを食べてきたかは、
人の健康や体調、思考などに、如実にでてくる。

特に、成長期で、身体のベースとなるものが作られ、
また、味覚や食習慣の形成にとても重要な位置を占める
子供時代に、いったいどんなものを食べるのかってのは
後々までものすごーく影響される。

っちゅーのに、給食で
「きつねうどん、いちご蒸しパン、牛乳」以上
っちゅーメニューはなかろう!

いや、これがね、家が母ちゃんが忙しくって、
「じゃぁ、今晩はもうこれで!」
とか、ってならいいんだ。

もうそれは、その家庭の問題だから。

結果、その子がキレやすく、集中力がなく、成績が悪く、
つねにぐでーっとした、
肥満・小児生活習慣病になったとしたって、
そりゃ、親のあんたが食べさせたもんのせーなんだから、
自分のケツは自分で拭けって話だ。

でも!これが給食で出されてるってのは、
あかんやろーっ!!!!



この本2冊には、全国各地の学校で、
実際に出されてるメニューが
各100食づつぐらい紹介されてるんだが
いやーどれもこれも、
子供を早死にさせたくってたまらないの!私たち!!
っちゅーメニューだよな、これ。

これらの給食に関係してる人たちって、
モーガン・スパーロックのドキュメンタリー映画
『スーパーサイズ・ミー』
知らないのだろうか?

っても、腐人もみてないんだけど、概要は知っている。

これは、
マクドナルドでバーガーを食べたせいで肥満になった
責任をとれ!と、ある少女たちがマクドナルドを訴えたのをきっかけに
スパーロックさんが、
1ヶ月間、3食すべてをマクドナルドにして、
どうなるかを記録した映画だ。

で、結果、84.1kgの体重が11.1kg増の95.2kgに、
体脂肪率は11%から18%に、
BMI指数も23.2から27になった。

そして、躁うつ、性欲減退、
深刻な肝臓の炎症などの症状がでた。

ま、こちらは
やり方に問題があったのでは(運動しないとか)?
という疑問も取りざたされながら、ではあるが、
ファーストフードを食べ続けることが
健康にいいとは言えないことは
はっきりしたと思う。


それに、ちょっとでも健康に関心がある大人なら、
・よく噛む必要のある食事
・バランスのとれた食事
・脂質・糖質が多すぎない食事
これが身体にいいことをよく知っている。

なーのーにー。

なんじゃ、こりゃ!なメニューなんだよ!

なんで?
なんで巷にはあんだけ
美とか健康とかダイエットをうたったレシピ本が
あふれてるのに、
ガキの給食は、むちゃくちゃなんだ(~_~)??

ま、足立区は給食改善して、
レシピ本を出すほどになったが、
出せるか?ここに載ってる学校の皆さんは。

自分たちの作ってる給食を、
自信をもって、他の人にも食べて!と言えるのか?

もし、言えるというならば、
もうその感覚がおかしいので
子供の健康を管理する者には適さない、
と腐人は思うけど。


本2冊をざっとみてて、一番おもったのが、
あまりの麺類の多さだ。

給食にラーメンってなにじゃそれ!

献立って、一汁三菜だろ?
主食に主菜に副菜2つ、
それに牛乳だったぞ、腐人の頃!

それが、
「味噌ラーメン、焼き芋、ミカンゼリー、牛乳」

って、お菓子かー!

ラーメンにパンってメニューもある。
主食はどっちやねん!


単品メニューで、のけぞったのは、
「マヨネーズ炊き込みご飯」
・・・うぐっ…
聞いただけで、気持ち悪さがこみ上げる…(>_<)

「ミルクファイバーライス」

・・・和訳すると、牛乳麦飯なんだけど、
オートミールとは違うの?
いや、違ったとしても、
腐人には、ゲロにしかみえませんが…(>_<)
自信もっていえるけど、これ、
絶対に食えん!!

「かき揚げフライ」
なぜ、かき揚げ天ぷらを
フライにせにゃならんのか、
腐人にはわかりません(一_一)。


ちょっとこの給食問題、根深いんで連載にします。

腐人の恨み言も全然言い足りてないし。

でも、ホンマにこれ、声を大にして
「あかん!改善しろ!」
って、ゆってかんと、
このまま放置してたら、
ゆっくりじわじわ子供を殺すようなもんです。
マジで。


ニンゲンは、食べたものでできている。

給食に関係する皆様には、
この言葉を、本当にかみ締めて欲しい。

以下、読書録。

(862,863)マンガ 『ましろのおと 1』『〃 2』 羅川真里茂
  ちょっと部屋を片付けようよ…
  ってことで、本の山を掘ってたら、
  出てきたんで、つい。

  やっぱおもろいなぁ…。
  羅川さんのマンガは緩急の「緩」のとこでも
  ダレたり、テンションが下がったりしないのが
  すごい。

  いかにも見え見えな「つなぎ」じゃないんだよなー。
  
  でもって、どのエピソードも、ズバーンッと
  胸元えぐってくるし。

  やっぱええもんは、何べん読んでもええわぁ。
  しかし、3巻以降はどこへいってしもうたんか。
  うーむ…それが問題だ。

(864-867)マンガ 『バルバラ異界 1-4』 萩尾望都
  これまた本の山堀りしてたら、
  「あ、これ完結してから一気読みしよーと思って
   そのままんなっとった。
   読も読もー」。

  …腐人ちゃん。
  ああた、そやって
  掘っちゃ読み掘っちゃ読みしとったら、
  いったいいつ片付くんじゃ!この本の山ー

  ………(;一_一)

  
  気をとりなおして!

  本編ですが、
  とってもしょーじきなところをいえば。
  わかりませんでしたっ!

  いやほら、腐人って、前からゆーてますが、
  SFNGで、センス・オブ・ワンダー0なのよ…。

  なので、遺伝や老化系の話は、元から興味があるので
  それなりに理解できたけど、
  あの夢と未来の関係が、ちんぷんかんぷんの???連発。

  腐人は、感性で読むというより、理性で読む人なので、
  こういう抽象・幻想的な感じを理解するのが
  苦手なんだよ…(~_~;)
  
  なので、萩尾作品は
  『マージナル』とか『残酷な神が支配する』は読めるし
  すごく好きなんだけど、
  抽象的な文芸系になってくると、
  お手上げなんだよなー。

  ま、これは腐人の問題。

  ってことで
  半分ぐらいしか理解できてない本書ですが、
  心臓を食べるってやつ、
  あれねー、腐人も夢でみたことがある。
  
  夢占いによると、
  心臓=愛っちゅー表現だから、
  恋愛方向ですごくいいことがある暗示
  とかってされるみたいですが、
  腐人がみた夢は、どっちかっちゅーと
  バルバラでやってた儀式みたいなやつなんだよなー。

  自分が食うとか食われるじゃないから、
  たぶん、この占いはあたらない。

  どんなのかったら、
  なんか熱帯のジャングルか、砂漠のオアシスみたいなとこに、
  2階か3階建ての真っ白の建物があり、
  なんでだかそこの中にいて、
  ワーワーゆー声がするからそっちを覗きにいったら、
  人だかりの前に祭壇があって、
  宗教儀式みたいなのやっとるおっさんが、
  その祭壇で寝転んでた人の胸に
  ぶすぶす手をつっこんで
  心臓取り出して、バカッと口あけて食べちゃったのを、
  なんでかむちゃくちゃ遠くにいるはずなのに、
  映画みたく超ヨリの真正面から映像で見たという、
  夢以外のなにものでもあるめぇ…ってな感じの夢。

  でもって、食べたおっちゃんの口から
  欧米でよく売ってる毒々しい
  合成着色料まみれのジェリービーンズみたいな血管が
  にょろんと出てて、それをちゅるっとやったとこで、
  おっちゃんと目が合い、ぎゃー!と思って目が覚めた。

  その頃、よく海外旅行してて、
  今じゃ到底足を踏み入れられないシリアとか、
  東南アジアをうろちょろしてたからですかねぇ。
  それか、なんか映画の影響だろうか??
  
  せっかくならその続きがどうなったかまで
  みたかったが、その夢はそれっきり。
  ちぇー(-з-)

  どなたか、ここからお話作ってくださいませんかねー。

  
  と、少々話がズレましたが、
  そゆわけで、「心臓を食べる」ってネタには、
  なんとなく親近感(っても、食べたくないです。
  モツ嫌い。←そーゆー問題じゃなかろう!)が
  あるんですが、
  現実でも、犯罪で幾例かあるし、
  食人文化のあるとこじゃ、やってる行為だよな。

  ただ、これ、現実に継がれるのは、病気。
  クロイツフェルト・ヤコブ病という
  難病指定のプリオン病が広まる。
  BSEで有名になったやつです。

  そーいや、今、牛の生レバーがほぼ禁止となり、
  代わりに生の豚レバーが売られ、
  食べられてるそうですが、
  その話きいたとき、
  「ロシアンルーレット…」
  と思ったのは腐人だけではあるまい。

  ちなみにそれ聞いた理系の血族は
  「正気か?」
  と言った。

  豚だけは、生は絶対あかん!と
  ガキの頃から教わらなかったんですかね?

  新鮮だからいいとかゆってる店の人いましたが、
  新鮮だから、そこにウィルスが
  生きて蠢いちょるんでしょうに…。

  ぎょえーっ

  
  なんか話がそれまくっとるな。

  いやなんつか、このお話のテーマすら、
  よく掴めなかったんだよな、正直。

  老化、親子、そーゆーのが絡んでるのは
  なんとなーくわかるんですけどね。

  でもって、親子テーマでよくでてくる、
  腐人が大嫌いな傾向のキャラが、
  明美という形ででてたなぁ…。

  うーん…こーゆーキャラみるたび、
  萩尾さんご自身が、何か思うところがあるのかな?
  といつも思う。
  
  腐人はそこまで掘り下げたいほどのファンではないので、
  よく知りませんけども、
  そうやって描くことで救われてる人がいる、
  ってのは事実ではある。
  さて?


  ところで、このお話は、
  2004年に描かれてんですけどね、
  火星事故に関するとこで、
  「一部の学者はテレビで不安を煽るし、
   宇宙局は情報を小出しにするし」
  っちゅーネームがあるんですが、
  先日の震災のことを思い出した人は、
  腐人だけですかねぇ。

  人って、本質的には変わらないのかなー。
[ 2012/10/07 ] 給食&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。