腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 腹黒読書 > 筆がのらん・・・(ーー;)
06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筆がのらん・・・(ーー;)

ネタがないわけではないし、
ちっとも片付いてない宿題も山積みだ。

でも、なーんか今日はどれもこれも書く気になれん。

たぶん、今読んでる
『評伝ナンシー関 心に一人のナンシーを』
脳みそのCPUを使いまくって、
他がフリーズしてる感じだな、こりゃ。


そーいや下着のパンツの中に
稀少な動物を隠して密輸しようとした人が
捕まっていたニュースをみて、
ナニがでかすぎて、あまりの不自然さに
空港で停められたおっさんの話を思いだした。

密輸されそうになった霊長類の大きさが25センチほど。
おっさんのナニは通常時で24センチ(膨脹すると34センチ)。

あまりの類似っぷりに、
わっはっはと笑ったのは腐人だけか?

恐らく税関の人は、ぱっと見て、
あまりに不自然な膨らみでひっかかったと思うンだが、
デカいナニではないと判断した
決め手はなんだったんだろう・・・。

動いたか、動かないか?
いやでもナニが動かないとは言えないよな。
ま、複雑な動きはできんだろうが・・・。

じゃぁ、本数か?
でも、サルでごまかそうと思ったってことは、
くっついてる方は、素通りされる自信があった?
もしくは、生まれつき2本だと
言い張るつもりだったんだろうか・・・。

ちなみに後ろ暗いところが欠片もなかったおっさんは、
金属探知機を押し当てられたりした後、
「なんか腫瘍でもあるんですか?」
ってな質問をされたりしたらしい。

チチだとそんなに言われない(と思う)のに、
コカンは注目されるのねぇ・・・。


いかん・・・余った部分で思考させると、
ろくなことを考えねぇ・・・(ーー;)。


今日はこんくらいにしとこか。


以下、読書録。

●10日
(796)一般本 『よろず一夜のミステリー 水の記憶』 篠原美季
  よく師匠と話をするのだが、
  世間的な評価はさておき、
  「その作家さんのものなら、どれもおもろい」
  っちゅー作家さんと、  
  「『××』はいいけど、それ以外は読めない」
  っちゅー作家さんがいる。

  腐人にとって篠原さんは、
  なーんとなく後者かなぁ・・・
  という気はしていたのだが、読んでみた。

  で、やっぱり後者だと痛感・・・(-_-;)。
  『妖異譚』シリーズはええのやけどなー。

  「水」ってテーマでいえば、
  『妖異譚』でもあったよな。
  タレスの英知じゃなかったっけ?

  作中ででてきた自由意志の話は、
  今よみかけの『脳には妙なクセがある』
  まんま同じことが書いてあったな。

  どーでもいいが、この脳本は読みきれずに返却、
  グッバイフォーエバーとなりそうな予感大・・・。
  っつか、半分ぐらいしか読んでないところでなんだが、
  この本、読んでてへーふーほーとは思うンだが、
  そんだけ、なんだよなー。

  って、違う本の話になっとるがな!
  いかん、修正修正。

  うーん・・・はっきりいってですね。
  この本、腐人にゃー
  ちっともおもろなかったんですわ。

  なんでやという最大の理由が、
  お話が、楽屋オチというか、内輪受け的な
  自分らだけがわかったちゃんになっとって、
  「・・・で?」って感じなんだもん。

  作りとしては、恐らく
  『妖異譚』と変わらぬ形をしてると思うンだが、
  なんでこっちはむかつくのだろうか。

  たぶん、『妖異譚』は、
  近そうで実は遠い現代のお貴族様らの話だからで、
  一方のこちらは、周囲を見渡せば、
  そこらにいそうな設定だからだろう。

  自分の知ってるリアルと遠ければ、
  そういう会話をされたとしても、
  ある種のファンタジーだからと、脳で処理できるが、
  自分の知ってるリアルと近ければ、
  「そこ!ちゃうやろ!!
   日本人やねんからちゃんと日本語しゃべれ!」
  とツッコミいれたなんのよね・・・
  そういうこっちゃないんかなぁ。

  とゆーことを考えたらですね、
  こちらについては、もっと『妖異譚』
  違う作りにしてくれとったら、
  またちゃうかったんかなぁ・・・
  と思わざるをえない。

  いっそ主人公の一人称視点にまで絞るとかね。
  そんくらいばっさりやったほうが
  ええような気がするよ。

  ま、とりあえず一読して気が済んだので、
  腐人は、そんでいーや。

[ 2012/09/11 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。