腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 作家論&読書 > 氷室冴子さんについて
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

氷室冴子さんについて

作家論をやるならば、
著作全部を読破してからが当たり前・・・
と思ってるんですが、
すんません、読破率8~9割でやらせてもらいます。

だって!
氷室さんの古いの、
今じゃ、入手すんのが大変なんだもん!!


あ、その前に、ちょいと叫ばせてください。

Holly NOVELS 木原音瀬『リバーズエンド』
マーブルコミックス 木原音瀬&小椋ムク『キャッスルマンゴー2』って
発売いつやねーん!!!

一部情報では9/11となっとったから、
えんやらおっちらお百度踏んどったのに、
今日になってもない!
なんでじゃ!
  ↑
 そら、10日やからやないか?



店員さんに訊いたら、
「延期になりました。発売日は未定」

オーッ!ノーッ!
・・・斧?
じゃなくて!

ご納得いくもんを出してもらうほうがええんで、
延期はええんです。

困るんは、「未定」。
こいつじゃこいつ!

おおよそでも日程だしてくれんと、
特攻かける計画がたてられんじゃないか!
  ↑
 ・・・だから日程ださんのでは?


ううううう・・・
どうも次の狙い目は月末くさい・・・。
ここで出るか、さらに延びるかはわかりませんが、
目処がたったところで、
告知をよろしくお願いいたしますー!!

特攻→玉砕の日々も、続くとつらいもんで・・・(/_;)。


さて、氷室冴子さんのお話だ。

腐人はさ、氷室さんの功績って、
もっと称えられていいもんだと思うんだ。

はっきりいって、昨今売れ筋の本を出す作家さんって、
軒並み、ラノベで経験を積んでいる。

そのラノベというもんの存在を、
ここまでの市場規模まで持ってった先駆者こそが、
腐人は氷室冴子さんだと思ってる。

まぁ、氷室さんご自身は、
晩年、あまり執筆なさっていなかったが、
その氷室さんの薫陶に預かり、多大な影響をうけた子等が
作家となって、ラノベ業界を広げていったわけだから
腐人はラノベについて語る場合、
氷室冴子さんの存在なくして語ってはいかんと思うのだ。

・・・って、ラノベ、ラノベと腐人は連呼してますが、
どうやら昨今の教育者がもつ「ラノベ」像は、
「エロ・ポルノ」認定らしい・・・。

え?そーなの??

腐人はてっきり、
「中高生向けのエンターテイメント小説」が
ラノベ、ライトノベルだと思ってたんだが、
違うのか!?

・・・まー、さすがにもう読めなくなって、
2、3のシリーズ除いて、卒業宣言したから
現状どーなってんだかよくわかんねぇけど・・・。

まぁ、教育界や、今のラノベラインナップはともかく、
今ココで言わせてもらうのは、
「ラノベ=中高生向けのエンターテイメント小説」
ってことで、よろしく。


少女小説の源流は、恐らく吉屋信子さんだと思う。
・・・すんません・・・(-_-;)
腐人は吉屋さんは未読です・・・。

そこから氷室さんらが時代にあった少女小説を書き、
それを読み、影響をうけた作家たちが
今のラノベやBLをうみだした。

というこの図は、
作家さんの年齢が30歳以上ぐらいなら
確実にあてはまるかと思います。

それ以下の場合は、
その氷室さんに影響をうけた作家さんが書いたものに
影響をうけた・・・レベルかな?
ゆーなりゃ、孫弟子?

この系図をみていて、氷室さんたちのところで
一番大きく変わったのは、

・作品の暗から明への変化
・キャラクターに対する読者の親近感
・文体の軽妙さ

じゃないかなぁ。

氷室さんもさ、超初期作品の
『さようならアルルカン』なんかでは、
やっぱりその当時のジュニア小説の風潮

・奪われる性としてある「女」
・少女から女性への変化における悲哀
 (さようなら、何も知らない少女だったワタシ・・・
  みたいな感じ?)

みたいのが書いてあったんだけど、
『クララ白書』で、大きく変貌を遂げる。

この読者にしてみたら、等身大の私、のような
「しーの」というキャラクターの存在が、
これまで、
「ブンガク少女」みたいな連中しか読んでこなかった
少女小説を、大きく変貌させたと、
腐人はみている。

まーかくゆー腐人自身も、
『クララ白書』『アグネス白書』は大好きで
小説はもちろんマンガまで、
暗記するほどよみあさったが、
『白い少女たち』
『さようならアルルカン』は、
一読しかしとらんもん。


そんな氷室さんが、
他のラノベ作家さんたちと一味違ったのは、
古典文学への傾倒だろうか。

昨今、マンガも小説も、
骨太な歴史ものがあまりにも少ない気がする。

まぁ、この点については、
先駆者たちにやられすぎちゃった
ってな同情すべき点があるにはあるし、
今はそこまでゆっくり資料をあたって調べてから描く
なんてのが許されるような余裕がない
ってのもあるのかもしれない。

でも、例えば、石ノ森章太郎さんの『009』なんかみてっと、
カレワラや北欧神話への造詣の深さが
作品読んでるだけで伝わってくるんだよな。

それが、昨今の作家にはあまり感じられない。

これはとってももったいないなぁと思うんだが、
この石ノ森さんに感じたのと同じことを
腐人は、氷室さんの古典題材に対して感じていた。

だから、氷室さんの逝去とともに、
もう『じゃぱねすく』『銀の海 金の大地』のような
古典をアレンジしたものが読めなくなるのが
すごく惜しいと思う。

ってのもさ、
腐人の周囲では、これで歴史や古典が好きになり、
将来の道にまで影響したメンツが山ほどいるのよ。

ま、それがよかったんだか
悪かったんだかはわからんが・・・(;一_一)


まぁ、古典ったってさ、
古語連発でお話進められたら、
恐らく読めなかったか、途中で放り出したろうが、
氷室さんの手にかかると、
全く抵抗なく読めるようになっちゃうという不思議。

その才能は、本当に秀逸だったとしか言いようがない。

今回、『月の輝く夜に』を読んだんだが、
この表題の「月の輝く夜に」を読むと、
心底、その才能に恐れ入る。

平安の世における、恋愛や政略を描きながらも、
いつの世も変わらない、
普遍的な人の愛憎を
やるせない切なさを漂わせながら描ききる。

うーむ・・・すげぇ・・・。

これがまた今市子さんの挿絵っちゅーハマりもんで。
有実の目元のシワが!!
ああ、なんていい・・・

かと思えば、腐人はこれコバルト文庫判で読みましたが
一緒に収録されてる「ざ・ちぇんじ!」の軽妙なこと。

平安時代に、ホモはなかろう・・・
とかゆーツッコミも、棚上げにしたくなるほど、
気持ちいいスピードでお話が進む。

腐人は病膏肓に入っちゃってる部類なので、
これについては、山内直美さんの絵が、
一コマ一コマ浮かんでくる。

そうなんだよなー、
このラノベをメディアミックスしやすいものにした
ってのも、
氷室さんの功績だと思うんだよねー。

でも、これね、
ちゃんと平安当時の風習が押さえてあって、
腐人らは、教科書ではなく、これを読むことで、
平安時代ってもんを理解していた。

だから、こーゆーの読んでた子らは
「半蔀」「几帳」「脇息」などがどういうもんか
勉強せんとも知っとったんですわ。

今のラノベにそーゆーのあっか?
腐人はちょっとそこら厳しいこと言いたいぞ!


「少女小説家を殺せ!」は、
まー・・・氷室さんの売れるまでの苦労が
反映されたシリーズだよなぁ・・・。
「雑居時代」もその匂いあるが。

この、自分で自分を笑える強さが、
今思えば、腐人の人格形成に
少なからず影響してるよーな気がする・・・(ーー;)。

そんくらい強烈だったんだよなぁ・・・。


で、腐人待望の
「クララ白書 番外編 お姉さまたちの日々」

収録してくださったのは、
天にも昇る心地で嬉しさ爆発なんだが、
一個だけ文句いってもいい?

なんで!!
渡辺多恵子さんの挿絵がないねん!!!


まぁ、いろいろ差し障ったんかもしれませんが、
これね、当時は『なぎさボーイ』をやってて、
そこで渡辺多恵子さんに挿絵してもらってた関係か、
雑誌掲載時には、渡辺さんの、
しのちゃんと虹子女史の挿絵があったのじゃ!

遠景ですけどな。
でも、ものごっついその雰囲気を掴んでて、
腐人は好きだったのよー(ToT)

だったらコバルトおいとけよ・・・ってな話だが、
それは引っ越ししまくり移住民族には無理な話。


今が初読ならば、
「でぃすこ?」とか思うのかもしれませんが、
腐人としては、ただただ懐かしい・・・。

腐人も女子校だったもんで、
あのクララやアグネスのもつ雰囲気って、
すげーわかるんだもん!

なんかね、自分自身の学生生活は
さして面白みがあったわけじゃなかったもんで、
記憶の中で、
このクララやアグネスの日々が、
自分の実体験と刷り変わってるよーな気がするなぁ・・・。

そんくらいね、
しーのたちは読者にとって身近な等身大の存在だった。


今、改めて氷室さんの作品に触れ、
もうこれから先、どれだけ待っても
氷室さんが新しく紡ぎだす物語に出会えないことが
本当に悲しい。

昨今のブンガクショーやらブンガクシなんぞ、
使用済みトイレットペーパー以下の価値しかあるめぇと思ってる
腐人にしてみりゃ、
そんなもんに紙やインクを使うなら、
これほどまで、読者を惹きつけ、影響を及ぼした作家である
氷室冴子さんの全集を出してくれ!!
と切に思うぞ。


あ、でもその場合には、
できれば初版版を底本でやって欲しい。

いくら時代とあわない表現があったとしても、
言葉が変われば、
あの文章がもっていた勢いが変わっちゃうと、
今回つくづく思ったもんで。

※今回はあえてそのままにされてたので、
 逆に腐人にとってはすごーくすごーくよかったんです。

 だって、”清らかなる椿姫”は、
 ディスコにいってもクラブには
 いって欲しくないの!!



どーでもいいんですが、
どうして今、これが刊行されたのか、
実はちょびっと気になっている・・・。

結構さけんだからなぁ、
「お姉さまたちの日々」の刊行。

・・・腐人は小心者なので、
刊行のきっかけは、
腐人の叫びだけじゃないと思いたい・・・。

だが、このブログで叫んだことが実現してるケース、
わりとあるんだよな・・・き、気のせいよね!


ま、それはさておいても!!

氷室冴子さん既読の方は、
ぜひもう一度あの楽しかった日々を思いだすために、
氷室冴子さん未読の方は、
このすばらしい才能に触れていただくために、

『月の輝く夜に』 氷室冴子
これ、読んで欲しいです。

で、ぜひ興味を覚えたら、
『クララ白書』『アグネス白書』
それから、
『なんて素敵にジャパネスク』
『銀の海 金の大地』

ぐらいは読んでほしいなぁ。

あ、個人的には『雑居時代』も好きです。


腐人は、若い頃に氷室冴子さんに出会えたのは、
本当に幸せだったと思ってます。

読書は楽しいということを、
腐人に教えてくれた作家さんでした。

本当に、本当にありがとうございました。

(788)一般本 『月の輝く夜に』 氷室冴子


以下、読書録。

放置物件片付けましょか。

(789)マンガ 『1/11 じゅういちぶんのいち 4』 中村尚儁

  3巻までの亀の歩みはどこへ・・・?
  ってな展開だなぁ、4巻。

  こうなってくっと、
  終わりの文字が見え隠れしてくるが
  欧州リーグのチャンプでEND?
  W杯じゃなくて?

  腐人にゃーイマイチその価値の違いがわからんので
  ま、どっちでもええんですが。

(790-792)マンガ 『オオカミ少女と黒王子 1-3』 八田鮎子
  腐人は腹黒なんで、
  黒王子の思考はよくわかるんだが
  オオカミ少女は・・・
  面倒くせぇ

  こーゆーの読むと、
  今、学生やっとらんでよかったぁ!
  と思うが、仮にやっとったとしても、
  間違っても、エリカの立ち位置にはおらんな。

  たぶん、さんちゃんみたいな位置?
  っても頭かしこくねぇけどね。

  っつか、エリカよ。
  あんた愛読書が『君に届け』って・・・
  それでそんな生活なんか?
  あの、健気に頑張る少年少女のお話読んで、これ?
  なんか間違っとる気がするのぅ・・・。

  続き?
  うーん・・・たぶん他のいろいろ同様、
  どこまで読んだかわからんくて放棄・・・
  になりそうな気がする・・・(;一_一)。

(793、794)マンガ 『高橋留美子劇場1 Pの悲劇』『運命の鳥 高橋留美子傑作集』 高橋留美子
  ま、巧いですわな。
  文句のつけどころがないぐらいに。

  でも、ふーんで終わっちゃうのはなぜだろう。


●9日

(795)BL/LUNA 『甘い棘のいたみ』 水原とほる
  そーいや、LUNA NOVELSもDolce Novelsも
  9月で休刊になるそうで。

  結構がんばって営業してはったけどねぇ・・・。
  まぁギリギリまで頑張りすぎて倒産よか
  この形のがええとは思いますよ、
  ビジネス的にはね。

  ぶっちゃけ、明日はわが身・・・なとこは
  少なくないと思うンですが
  もともとそう大きな市場ではなかったわけで、
  むしろ、昨今のラノベ市場の膨脹にあわせ、
  不自然に膨らみすぎてたんじゃね?
  って気がせんでもない。
  ある意味、バブルがはじけただけかと。

  でも、BL飢餓世代
  (ホモミシュランで名づけられてたが
   本屋にいってもBLなんぞ
   売ってなかった時代を経験してる人のこと)が
  本を自由に買えなくなる、年金生活になるまでは、
  恐らく、ある一定数は売れる市場だと思いますよ。

  腐人も含め、この人たちは、
  死ぬまで読みつづける人たちだろうから。 

  で、この人たちは、恐らく
  「本」という形態にこだわり続けるんじゃないかな。
  電子書籍とかCDとかじゃなく。

  とはいえ、長年同人業界をみてきた師匠いわく、
  「市場全体で動いてるお金が減ってるのは事実」
  ってことなんで、
  この先、新規顧客の開拓に走るのか、
  既存顧客の購入冊数を増やす方向に走るのか、
  いろいろ考えなきゃならない岐路なのかもしれない。


  って、全然本編に関係してない話じゃん!

  えー本編、本編・・・。
  
  うーん・・・このオチ、どうなんだろう・・・。
  いくら好きだからとはいえ、
  超えられない壁はありそうな気がするんだが。
  
  っつか、その線引きについて、
  どーゆー話し合いをしたんだか。
  逆調教みたいな感じだろうか・・・。

  ま、四十にして新しい世界が開く、
  ってのもいいかもねー。
[ 2012/09/10 ] 作家論&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。