腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > 月別アーカイブ [ 2012年12月 ]
11 | 2012/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日コレをおわります

えー前からブーブー文句言ってましたが、
このブログ内検索が
腐人にとってあまりにED野郎なので、
本日をもちまして、このブログを終了させていただきます。

ご愛顧ありがとうございました。


と言っても、今日の分は書きますけどね。

これまでの分と、これからどーすっかは、
ぼやーんとは考えているものの、
腐人の動きはゾウガメ並なので、
どうなるかは、かみのみそしる。


ま、もともと、この広いウェブの海の片隅で、
ひっそりぶつくさ毒を吐きたいだけだしねぇ。


ま、そゆことで、最後の読書録。
うーん、今年はよく読んだなぁ…。

って、このブログルールに則ると、
今年の分はあと1日あるんだが。


●30日

(1156、1157)マンガ 『JIN-仁- 1』『〃 2』 村上もとか
  総括は最終巻までいってやりますが、
  ま、巧いわな。

  っつか、腐人、今頃読むのんか!
  っちゅーツッコミが来そうですが、
  超マイペース人間なんで、
  ブームとか流行とかとは無関係に動きます。

  今回は、以前、腐人が借りてきたマンガを見て
  「もっとおもろいん借りてこいやーおらー」
  と血族がゆーたから。

  ああ、なんてかわいそうなシンデレラ腐人。

  ま、そゆことで、絶対間違いのないとこを
  年越しマンガにさせていただきました。

(1158)一般本 『保科正之-民を救った天下の副将軍』 中村彰彦
  うーん…なんでここまですごい人に
  これまでスポットライトが当たってこなかったのか。

  はっきりいって腐人は、
  幕末・明治維新って大っキライです。
  全員死んでしまえ、
  そして誰もいなくなったが一番正解じゃ
  と思うぐらい、どっちも大嫌い。

  最後だから暴言はきまくりますが、
  こーゆーある種の考えに凝り固まったやつらって
  宗教のカルト集団とどないちゃうねんと思うのよ。
  一緒やん。

  で、腐人には信じられんのが、
  こーゆーのやった後の権力抗争とか政治、日常生活で
  あんときああやった、こうやったって遺恨を
  延々とひきずりまくるっちゅー行為。

  当事者が死んだら功罪すべての結果を水に流し、
  次代については、ゼロからやりまひょって
  なんででけんのかねぇ。

  ま、でけんからこそ、
  未だに世界のあちこちで紛争が起こってんねやろけどさ。
  
 
  と、一見無関係にみえる話からなぜ入ったかっちゅーと、
  このはっきりいってすごい人、としか言い様がない保科正之が、
  これまでどうして大きく扱われてこなかったかっちゅーと、
  彼が会津藩主、すなわち後の明治維新においては
  敗者の側となったため、
  勝者からみての結果ばかりが残される歴史から
  なかったものとされてた…と思われるから。

  アホか、といいたくなるが、歴史ってそーゆーもんだわな。

  だからこそ、学校で習う歴史には常に疑問をもつべきだし
  (テストの点数用に、暗記する必要はあるけど、
   それを正しいと信じるなってことね)
  自らいろんな資料にあたって、多角的にみていく必要がある、
  と思う。

  でも、だ。
  今のどーしよーもない、決められない政治の迷走ぶりをみてると、
  この歴史の在り様が、
  学ぶべき人の存在を歴史から隠し、
  学ばんでもええような人のことばかり勉強させて、
  どーしよーもないボンクラ政治家ばっか育ててんのちゃうん!
  と言いたくなるんだよ!  

  この辺、ぜひ一度見直しいただきたい。

  人は、その人が成し遂げた実績で評価されるべきであって、
  その周囲に纏わりついてるしがらみで判断すべきではない。


  ま、かくゆー腐人が保科正之の存在を知ったのは、
  『天地明察』である。

  そこに書かれていた、為政者としての姿勢、視野、実行力、
  そこに惚れましてねぇ。

  そーいや、『天地明察』で、
  「保科正之様、酒井大老にみる
   「今、ここまでの使命感や責任感を背負って、
    自分の職責を果たそうとしている人はいるだろうか」論
   をやりたい」
  とかゆっとったが、宿題のまま終わってしまったな。

  ま、結論をいってしまえば、「おらんな」なんですが。
 
  最近、ポピュリズムについてあーだこーだ言われてますが、
  腐人はその辺の論についてはよく知らない。

  ただ、結局さぁ、社会ってな、国ってな、
  民がいなきゃ話になんねぇわけよ。

  ま、それを、民を生かさず殺さず、でやるのか、
  民のためになるように、でやるのか、
  それは為政者次第だろう。

  でも、そのこと自体も、
  また、民としての自分は
  そのどちらの社会ならば、住んで納税してもいいと思うかも、
  すべて己がどう考え、どう行動するか、な気がするのね。

  だから保科正之の領地が高遠から山形に変わったとき、
  高遠の民の多くが山形に移った。

  その事実が全てを物語っているんじゃないのかな。
  
  
  中村さんは保科正之についての本を既にいくつも書かれていて
  でも今回、福島の新聞から依頼され、この本の原稿を書いた。

  ご自身の体調もよくなかったり、震災もあったりして、
  いろいろ大変だった原稿のようだが、
  だからこそ、ものすごく文章から熱意が伝わってくる。

  腐人は、『天地明察』で保科正之をしり、
  もっとよく知りたいなと思ってこの本を手にとった。

  そんでもって、
  なんでもっとこの人のことを広く知らしめないのか!と思う。  
  はっきりいってお手本にすべき名君だぞ!

  福島の人たちへの応援歌としても、
  歴史観の在り様に対しての問題提起としても、
  また、明治以来つづいてる腐りきった偏向政治に対しても、
  一石を投じる意味をもって、
  ぜひ、大河ドラマにしてくれ!

  したら見るから!

(1159)マンガ 『暗殺教室 1』 松井優征
  いやーええ!
  これはええ!!
  
  まさに逆説的な手法で、
  殺すという言葉がここまで連発されてるにもかかわらず
  表されてるものは、その対極。

  でもって、このE組の生徒たちは、
  学校の勉強もだが、
  そんなもんよりもっと生きるために重要なことを教わっていて、
  すごく羨ましい。

  はっきりいって、
  この先のどーしよーもなくなる日本を生き抜くにおいて
  A~D組のやつらよか、
  よっぽど役立ついいこと教わってるぞ、君ら。

  この生徒一人一人のエピソードもだが、
  殺センセー自身のストーリーも気になるなぁ。

  腐人のことも、手入れしてくれんかのぅ。

(1160)同人誌 『月に笑う ~惣一編~ 8』、『BAD END』 木原音瀬

  ●『月に笑う ~惣一編~ 8』
   まず表紙にのけぞり。

   えっとぉ…リアル裸んぼシリーズですか?
   っつか、踏み絵?
   この表紙でも手に取れる人だけどうぞっちゅー…。

   すっごく個人的感想ですが、
   もうちっとプリンとしたほうが好みだわ。
   でもって、割れ目の下の白い空間に
   何も見えないのが気になる…。

   
   で、本編ですが。

   うーん…この二人の関係は、
   どないゆーたらええんでしょ(~_~;)。

   まぁ、和解成立?っちゅーとこっすかねぇ、木原弁護士。

   にしても、嘉藤が旅館で惣ちゃんをいちびるシーン。
   本心じゃないってわかっちゃいるが、
   惣ちゃん、なんでこんなんがええねん…と言いたくなる。
   そんで(;_;)って、ホント、乙女だよなー。
   絶対、腐人より乙女度たかいと思う。

   でもって、嘉藤に言いたいんだが、
   おめーチチさえ腫れてりゃええのか!
   まぁ、もともとシモゆるいけどさ。
   
   っつか、もし、そうなら、惣ちゃんさー、
   人工やのうて、肉でたぷたぷにするんはどうなん?
   腹もたぷたぷになるけど、
   関取みてると、頑張ればAカップぐらいには
   なれるんちゃうんかなぁ。

   だって、今のままやと、つきあいでゴルフとかなって
   ほな風呂はいりましょかーってなったら、困るやろ?
   まぁ嗜好がバレバレやから一緒に風呂っていわれんかな?

   
   それにしても、この二人の関係、
   とりあえずこれで終わりということですが、
   なんか危なっかしい。

   ちょっとなんかがあったら、
   崩れてしまいそうな危うさを感じるのは腐人だけですかね。

   うーん…この際、和解条件として、
   盃交わして、
   ついでに養子縁組までやってもたらどーでしょうか。

   あ、でもその場合、盃はええけど、
   縁組のほうは、嘉藤が親になってまうんか。
   惣ちゃんは喜びそうやがな。


  ●『BAD END』
    タイトルに偽りなし!

    ってもさ、御伽噺にしたって、
    「そしてしあわせに暮らしましたとさ」
    とか、なっとっても、
    「それ、死ぬまで?
     しばらくはしあわせやったけど、
     その後、王子が浮気をし、
     王様になったとたん離婚されたりするんちゃうん」
    とか思うと、ハッピーエンドってのは、
    結局、その瞬間だけのこっちゃよねぇ
    とか思うんだわ、腐人は。

    なので、今回の話でも、
    木原さんの話にしても、和泉さんの話にしても、
    BADとされてるけど、
    本人らとしては、自己陶酔を極めたり、
    抑圧されてた自我が解放され、
    むしろ幸せ?な感じがする。

    木原さんので言えば、
    人は死んだら、後は忘れられてくだけやけど、
    間違いなく、死ぬまで忘れられへんやろし。

    それこそ本望ちゃうの?


    和泉さんので言えば、
    精神的に満足でも、
    身体的にはサイズ不適合なら
    やっぱストレス溜まると思うのよねー。←おい!
    離婚原因でも上位理由よ、これ。

    ってことで、腐人的には、読後感が悪いとかがないどころか、
    ニヒヒヒヒ…と愉しめましたが、
    他の方はしりませ~ん。

    愛とは歪んでいるものさー♪
    ってのにご理解のある方なら、
    読んでもよろしいかと思います。


    ところで、ふと思ったんですが、
    木原さんは兄弟がお好きなんですかね?
    わりとよくみかけるような気がする。


以上をもちまして、
「腐人日記-腹を割いたら黒かった-」の記述を
終了とさせていただきます。

ブレーキ壊れまくりの暴言垂れ流しで、
お目汚しするんもええ加減にせぇ!なブログでしたが、
これまでお読みいただきましてありがとうございました。

またどこかで、この口汚い駄文にて
お目にかかれれば幸いに存じます m(__)m

スポンサーサイト
[ 2012/12/31 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

冬の舞踏会 参戦記

行ってきました、海っぺり。

雨は降ってましたが、そんな寒くなく、
連日参戦の師匠は、
「昨日はすごく寒かった!」
だそーなので、今日はラッキー?

特に腐人が行った時間は、駅からすごく空いていて、
入場もすんなり。

こりゃ、黒バス脅迫の影響か?それとも雨だから??
とか思っていたら、
腐人より1時間ほど前に着いていた師匠は、
入場待ちの行列に並んだそうで。

うーん、腐人は今年、すごくツイてた人??

ま、そんなこんなで入場し、
目的物を全部購入。

これで今年の腐活動も仕事納めだわ。



ところで、今年はちょうど東館で、ジャンプをやってたんで、
んだらば、黒バスブースをちょっと覗きにいこうか、と、
野次馬ってみた。

そのブースをみつけた瞬間、
思わず涙がこみあげてきたよ…(/_;)


こんな感じでした
  ↓
コ


この隣で、別のジャンルが、
すごくにぎやかにやってんだよ。

ホントは、ここだって黒山の人だかりだったろうに。

やりきれんなぁ…(T_T)。

参加できないということは、
この日のためにやってきたことが
すべて水の泡になるわけで。

こういう「好き」が原動力になる行為って、
タイミングがすごく重要だから、
これがどういう結果となっていくのか。

やってらんねーと腐ってやめてしまわないで、
その恨みつらみをむしろエネルギーにして、
これからもやってって欲しいなぁと思う。



ところで、今回、こういうことがあったせいか、
いつもよりスタッフさんの数が多かったんですが、
ふとすれ違った中で、
「厚労省ナントカカントカ」と書いた名札もってた人が
数人いらした。

脅迫に硫化水素が送られてきたりしてたそーなんで、
その対策か?と思ったんですが、
いらした場所が、ちょうどコスプレ撮影会場で。

ホンモノ?それとも、コスプレ??

うーん、どっちだったんだろう…(~_~;)


なにはともあれ、早く解決して欲しいもんです。

さ!
戦利品を読まなくちゃ!!


ちなみに昨日の読書録は、
(1154、1155)マンガ 『はしっこの恋 1』『〃 2』 町麻衣

  やっぱ好きやわぁ。
  
  でも、これ、これで終わり?
  それはいやーっ!!

  『はしっこの婿』とか、
  『はしっこの新婚』とか
  『はしっこの姑』とかやってくれんかのぅ…。

[ 2012/12/30 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

さぁ、支度をしなくっちゃ!

るんるん♪るるるルンルン♪

ドレスも借りたし、馬車の手配も済んだし、
参戦するわよ!舞踏会!!

このカラッカラに乾ききった心を
薄いのに高い本で潤わせるのよー!!

ふふふふふ、
首をあらって待ってなさぁ~い!!


っても、問題は、このボロボロの老体が、
いったい何時に起床できんのか、ってとこか。

雨予報らしいしなぁ…。


どーでもいいが、ここ数日、
「あ、あれやらなー」
といろいろ思いつくのだが、
すこし歩くと「あれ」がなんだったか思い出せない。

でも、なにかを思いついたことは憶えてるので、
すっげー気持ち悪い(>_<)!!!

ああ、明日の舞踏会で捕獲する獲物だけは、
忘れないようにメモっとこう。

…問題は、メモを忘れないこと、だな…(;一_一)



オステの帰りに、本屋によったら、
『俺物語!!』が、
今年のこのマンガがすごい!に選ばれたそーで。

ま、順当なところだねぇ。

また年始に、個人的な1年振りかえりはやりたいが、
腐人もやっぱ選考対象にいれるもん。


んで、本屋を一周した。

腐人は、普段、新刊発売リストみて、
読む読まないを決めるんだが、
やはりたまには現物を目にしないとね。

見落としや新しい発見は見てこそわかるもんだし、
なにより直感が鍛えられない。


ってことで、久々の立ち読み雑感。
どれもちょい読みです。


●みきもと凛 『きょうのキラ君』


レンタル屋で、あと×冊!ってときに、
いつも気にはなってたんだよな。

ってことで、読んでみた。

これ、こーゆー設定だと、話を延ばせないよな。
かつ、大筋も変えられない。

そこまでみえてるのを、どうやってくの?
っつー興味がわくなぁ。

へー…今度読んでみよう。



●やまもり三香 『ひるなかの流星』


以前、Iちゃんに言われたことがある。
「田舎モノ(注:田舎を題材にしたモノという意味)、
 好きだよね」

…だって!!
転勤族には、なんか!
田舎定住に対して憧れがあるのよぉぉぉぉぉ!!

今、むっちゃ砂漠な都会住まいだし。

ただま、これは田舎育ちの子が都会にやってきて、
って話のよーなので、
田舎エピソードではないのだが。

1話だけではわからんなぁ…。

でも悪くなさそうなので、今度読んでみるか。



●高瀬志帆 『おとりよせ王子飯田好実』


すっげーデジャブ…。
…な、なんか新刊購入直後の己の姿をみているようだ…。

このノリで延々やっとるのか?

1話しか読んでないんだけど、
卵かけご飯なら、
黄身と白身、わけて食べるってのも一興。

白身だけに、刻みネギとわさびと醤油チョロ
っちゅーシロミのみのみが旨いぞ。

これも読んでみたい。

こんなとこ?

なんかもうちっと読んだよーな気もするが
憶えてない…。

ああ、本当に劣化しまくり…。

とりあえず、舞踏会に行って、
そこで狩った獲物をいたぶりまくるまでは
なんとかもつのよ!
腐人の脳!!!

さ、明日のために寝なくっちゃ!
[ 2012/12/29 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

さばくなこころにほもおくれ

あ、あしたは・・・オステに行くのだ・・・

そしたら、このボロボロで、ヨレヨレで、
うふふふふ~あはははは~な老体が、
ぼんきゅっぼんで、ウルオイやハリがみなぎりまくり、
まるで姫みたいなつやつやのぴかぴかなお肌になって、
ぶとーかいにいけるのさ・・・

ああもうかんじにへんかんすんのもグダグダだ・・・。


ま、そんな中、木原音瀬さんのサイトいったら、
舞踏会もとい冬コミの新刊情報がUPされてて、
目がキラリーン

ああ!あともう700枚ぐらい残ってるけど、
がんばれるわー!!!

他の方々もチェックしたいが、
それやってると、終わらないので、
また明日。

とりあえず昨日読んだ本のカウントのみ。

●27日
(1150)BL/リンクス 『闇の王と彼方の恋』 六青みつみ
(1151)マンガ 『LOVE SO LIFE 11』 こうち楓

どんだけボロボロになろーとも、
本を読むのは止められない・・・。
[ 2012/12/28 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

あとなにすんだっけ・・・(=_=)

あまりにボロボロなので、
ボロボロのまま、高級鉄板焼き屋にいく。

肉を食ってエネルギーを補填するために。

っても、自分のサイフなので、
もちろんランチだ。

周囲はきらびやかでユーガな社用族の中、
目の下に巨大クマをぶらさげた、
上から下まで量販ファストファッションのおばちゃんが一人。

それがなにか?
文句があるなら、舞踏会にいらっしゃい!

・・・って、腐人、このままだと行けるのか!?


ま、それはいい。

昨夜から、チョコレートと水とコーヒーしか
腹にいれてない。

どかんと食いたいが、
この状態に肉を150g入れるのは、
歳を考える必要があるだろう。
お財布もね。

ってことで、黒毛和牛フィレ150gを頼んだつもりで、
オージービーフを食う。

ああ!自分のサイフじゃなければっ(/_;)←おい!

でもま、プロが焼くんだから、
多少肉の程度が悪くても旨かろー
と思ったのは甘かった・・・(-_-;)。

やはり、違う。
旨味がない・・・。

この肉、どーせなら塩麹をぬって
しばらく置いといてくれたら
まだ、マシだったろうになぁ・・・と思いながら食う。

っつか、添えられてる野菜も
塩コショウが足らない気がするんだが、
これは腐人が疲れてるせいか??
それとも焼いてる人がヘタクソ??


そう。
この店は、実は腐人のランチリストの中で、
とっておきの店で、
以前、食べたときは、今回食ったのより、
も1つ安いコースだったが(だって自分のサイフだもん)、
焼き方が巧くて、美味しかったのよ!

でも、そんときは、店、カラカラでねぇ。
腐人の他にいた客は、
いかにも「役付きなのさ、我々は」的なおじさま連れだけだった。

それが、今日は時期が時期だったからか、
若いのがちょっと奮発!とか、
おばさまーずがランチにとかが次から次へとやってきて、
ちょっとびっくり。

景気、回復してんですかねー?
いやいや、皆、年末でやけっぱちになってるだけよ!

腐人のように・・・。


ってことで、とりあえず8000m級の山は超えた気がするが、
まだまだ地上には下りられない。

っつか、あとなにすんだっけ?

かなりヤバいです・・・(-_-;)


[ 2012/12/27 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

し、しんじらんない・・・

今年があと5日しかないなんて!

銀行が31日も休むなんて!!

舞踏会まであと3日しかないなんてーっ!!!
※舞踏会自体は、その前からやってますが、
 腐人に関係するのはオリジナルだけなんで。


もう、ちょっと、いろいろせっぱつまりすぎて、
じょばじょば、おもらしをしそうです・・・。

腐人の仕事に関係してる皆様、
もらしてもいい?
  ↑
 ええわけないやろ!



年明けも、結局さ、休んだらさ、
その分、シワが寄せられまくる・・・。
いつかは働かねばならない、ってことなんだよねー。
休んでる間に、小人さんが代わりにせっせと
仕事片付けてくれてたりはしないんだよねー。

来年のカレンダー、凶悪だぜ・・・(-_-;)


ちょっともうかなりイッてるので、
とりあえず、読書録のみ。
明日、明後日は、読書録すら書けないかも・・・。


●25日
(1148)BL/ルチル 『甘い恋の手ざわり』 李丘那岐
  腐人にヘンタイを誹る資格はない。

  なので、理解してくれる人が現れてよかったね、
  っちゅーところだろうか。

  っつかさ、ヘンタイってどういう定義よ?
  フツウってなにさ?
  
  と言いたくなるねー

  だって、人は大なり小なり「ヘン」をもってるでしょうに。

  
  たださ、それが許されやすい人だったり、
  許されやすい「ヘン」だったり、は、ある。
  逆もまた然りで。

  これもさー見た目のよさで、かなり得してるよなー。

  思うに、皮の拘束ベルトなんかが、
  クリスマスや誕生日のプレゼントに最適な気がする。

  ・・・って、ドコの?
[ 2012/12/26 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

舞踏会にでるために

年末、海っぺりで主催される大舞踏会にでるために、
シンデレラは、お仕事に追われているのです・・・。

よって、めずらしく本も読めず。

今日は書くことも、書く暇もない・・・。


でも、これで終わるのはシャクなので、
すっげーどーでもいい話。

腐人は長く、ある記事検索を利用していた。
仕事がらみでね。

これ、有料で、毎月口座から引き落とされてたんだけど、
その記載をみるたびに、いつもいつも気になっていた。

「キヅケンサク」


となっちょるのだ。

違うだろ!
「キジケンサク」だろ!!

カタカナの「ツ」は、タテ棒2本と「ノ」で、
カタカナの「シ」は、ヨコ捧2本と「ノ」。

「ツ」と「シ」の違いぐらい、
日本語ならいたての外人じゃあるまいし!
ちゃんとしろー!!!

と、ずーっとずーっと気になってたんだが、
言うに言えず、
今日まで「キヅケンサク」で引き落とされ続けた。

傷を検索してどーすんだ・・・。


ま、結局、これ、運営がうまくいかず、
今月で終了になるんですが、
こんな間違いやってる段階で、
なんだかなって感じ。


ああ、舞踏会まであと何日?

魔法使いさん!
ドレスも馬車もいらんから、
この仕事の山を消してくれー(>_<)!!!
[ 2012/12/25 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

彼氏彼女の定義とは

世間はイブですが、
腐人家は年末にむけての食糧受取日。

猫の兄ちゃん、今日何回目?
すまんのぅ…。

そーいや、姫ん家は家族そろってのクリパだそうで、
その準備の間、うちにやってきていた。

そこで、クリスマスのレクチャーをうける。

姫:「サンタさんはね、
   赤い靴下がないとプレゼントくれないのよ」

腐人:「腐人、もってないよ。姫のかして」

姫:「ダメ!あれは姫の!
   赤い靴下はね、ぱそこんでたのんだら買えるのよ。

   それでね、そこに何が欲しいか書いていれとくの。
   そうじゃないとね、
   サンタさんから電話がかかってくるのよ」


…そうか、そうなのか…。
ぜひともサンタからの電話を受けてみたいぞ、腐人は。

でもって、そこで、中断されてる連載の続きとか、
早く次の巻がよみてぇんだよ!!とか、
あのシリーズの新刊をなんとしてでもひねり出して!
ったら、
今晩届けてくれるんだろうか。

いいな、そんな世界。


そういえば、世間はクリスマスだから、
テレビをつけると、カップルにおすすめのナンチャラとかをやっている。

そんでもって、クリぼっちっちゅーの?
彼女(彼氏)いません!募集中!!とかの
インタビューをやっとったんだわ。

ぼへーっとそれをみてたら、血族が言った。

「彼氏とか彼女とかって、どーゆー定義?」

…へ?
んなもん、改めて考えたことないわい!!

ちょうどそんときに30代彼氏なしの女性が、
彼氏ほしー!!とか叫んでたので、
「この辺だったら、結婚したい人ってんじゃねぇの?」
と回答する。

したら、
「でもさー、高校生とかは、そこまで考えてないでしょ?」
とゆー。

確かにねぇ。
高校生の頃の彼氏彼女ってので結婚まで考えとるのは稀だわな。

っつか、考えててもたどり着けるのは
ほとんどおらんだろう。
なんかで読んだが、数%(ヒトケタ)ちゃうかったっけ?

ええとこ、ガキがガキつくって負の連鎖にハマってく、
できてもた婚ぐらいやろ。
  ↑
 容赦なし…


性行為をする人って定義はちゃうなぁ…うん。
身体じゃなくて、
心っちゅーか脳みその認識だからね、これ。

となると、
「したら、自分の時間と金と労力を
 使ってもええと思う相手、かねぇ」


でも、ちょっと待て。
腐人の場合で考えたら、
今、自分の時間と金と労力を一番使っとんのは何やゆーたら、
BLの新刊ゲットや。

そうすると、新刊だしてくれる作家さんが彼女?
したら、いったい何股や!

でもま、男からどんな誘いがあっても、
待ってた新刊のが最優先なのは、間違いない。

…とすると、この定義も違う??


「したら、あとは、どっか出かけた先で、
 土産こうちゃろーと思う相手、かなぁ?」

…でも、昨日も王子パパから、
出張土産ですげー旨い饅頭もろたな…。
姫パパからも高級洋酒きたし。

でもどっちのパパも彼氏ではない。
ま、あれはご近所づきあい、ってやっちゃな。

とまー、うんうん唸りながら、
とりあえず出してみた答えに、血族は言った。

「したら、要は家族と同じに思う人か?」

せやねぇ。
腐人家は、家族仲がすごくいいので、
腐人家に限定すれば、そこと同じと思える人
ってことになるのかもしれない。

それは言いたいことを言いあえ、
悩みがあったら相談でき、
なんかもやもやしてどうしようもないときに話をきいてくれたり、
何があっても助けてもらえる、
本当に安心して過ごせる、自分の帰る場所。

そーゆーところ?

ま、この辺は人それぞれですかねー。
家族にもいろいろあるし。

で、そう思えない相手は、ただのセフレ?

うーん…(^_^;)
その割り切りもなんだか。

っつか、彼氏彼女の場合には、その前にあるだろー
「…好き」とか「僕とつきあってください!」とかの
初々しいラブな話は、素通りかい!!

腐女子とそうでない人の定義なら、
簡単なんだけどねぇ。

※これは腐女子彼女にあったネタですが、
「攻めの反対」をきくと、
判別できるそうです。



最後に、昨日の全日本女子フィギュア観戦の話。

ジュニア勢の技術力の高さにちょっとびっくり。
なんであんなにひょいひょい簡単に跳べるんだ!?

バレエもだけど、あの身体が子供から大人に変わる過程って、
難しいんだよねー。
メンタルも含め。

このまますんなり伸びて欲しいな。

ただ、やっぱお姉さん組と比べると、
表現力んとこで、もっとがんばりましょう、かと。

うーん…(~_~;)
ジュリエットにも白鳥にもみえないんだよなー。

日本のスケートやってる10代の女の子が、
一生懸命、決められた振り付けをこなしてる、って感じなんだよね。
表情も。

そういう点では、表情やマイムの勉強ってか、
バレエやオペラなんかをもっとみて、
自分の引き出し増やして欲しい。

アレッサンドラ・フェリのジュリエットとか、
アンナ・パブロワの『瀕死の白鳥』とか、
すごくいいもの、たくさん見てほしいなー。

※すんません、オペラはあんまみないので浮かばない。

そーいや今年の真央ちゃんの黒鳥みておもったが、
キトリやんないかなー。
あの黒鳥に切り替わった瞬間の表情とかすごくよくって、
キトリ、似合いそうなんだがなー。


しかし、そう考えると、羽生君ってすごいよなぁ。
去年のプログラム、ちゃんとロミオだったもん。
まだ若いのに。

っつか、あの子は日本、いやアジア人にしては珍しく、
ダンス・ノーブルができる子なので、
個人的には、その路線をきわめてみてほしいなぁ。

でもって、演技派な髙橋君には、
キャラクテールの「くるみ割り人形」のドロッセルマイヤーとか
「海賊」のアリのバリエーションやってほしー!!

…ってこれはスケートであって、バレエではありません…。


女子の話に戻りますが、
木原音瀬さんもツイッターで書かれていたが、
腐人は、本郷理華ちゃんの猫背がすっごく気になる。

よく言えば、木原さんのコメントのよーになるのだろうが、
あれ、絶対!もったいないって!!

バレリーナも女形もなんだが、
首からデコルテにかけての美しさってのは、
女性の演技者にとって、見せ所なのよ!!

そこの仕種で、色気や女らしさってのがでてくんの!

指先の使い方もだけど、
今回、鈴木明子ちゃんが最初と最後のみせたポーズ、あれね、
あの首のラインの美しいこと。

その曲線を意識して出すってことだけで、
その演じるキャラクターが
ああ、初々しいかわいい小鳥なんだなって、
生きてくるんだよぅ(>_<)!

っちゅー演技者としての利点もあるけど、
一人の人としても、猫背は直したほうがいいと思う。

現在、猫背暦××年の腐人は、
おかげさまで日々、背痛・腰痛・肩こり・首痛に悩まされまくり、
ひどいときは、肋間神経痛まで起こしております。

猫背先輩からゆーとくが、
10代んときから正しい姿勢をとり、
体幹を鍛え、まっすぐ立つようにしといたほうが、絶対ええよ。


ってなことを、テレビみながらぶつぶつゆーてたら、
血族が

「なら、あんたはでけんのか?」

…フツウの靴で氷上に立つこともムリです、ええ…(;一_一)。

すんませんねぇ、でけもせんのに口ばっかり文句たれて。

でもさ、
こんだけいい技術もってんだから、
そこにあと足らないものを足してったら、
本当に超一流選手になれると思うんだ。

だからこそ、がんばってー!と思うのよ。
口悪いけど、応援してますんで。

ああ、来年がすごく楽しみだ (*^。^*)

[ 2012/12/24 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

だらだらスポーツ観戦記

昨晩は全日本フィギュアをみてたんですが、
ぶっちゃけ、男子がおもしろい。

うーん…いま、こんだけ男子がおもろいならば、
まさに『氷上のセイリオス』
もったいないことしたなぁと思う。

だが、あの切り口では、この関心の高まりとリンクしたか
という点では若干疑問。

結局、コアなファンってのは、ミーハーがどうあれ
ずっと見るし、追いかける。

でもそこ相手だと、市場がちっせーから、
パイの拡大を狙って、ミーハー層をとりこまないとならない。

しかしながらミーハー層ってのは移り気だ。
目立つスターやアイドルがいると追いかけてくれるが、
それらにすぐ飽き、別のものへ関心が移る。
そんときにどんだけ残せるか。

それを思うと、結局のところ、スター選手に、ではなく、
その競技そのものに興味をもってもらわないと、
いかんよーな気がするんだよなー。

なので、『キャプテン翼』でミーハー層をひっかけたとしても、
その後、『フットボールネーション』がでてこんと
結局、逃げられちゃうよーな気がするんだよなー。

そう…そこに多様性ってのがいるんだよね。


なんだったかな、出版業界の未来予測関係のなんかで、
「結局のところ、本ってのは、
 他のものとどう違って書いてあるか、という
 多様性に価値があり、それに金を払うのだ」
ってのを読んだ覚えがある。

確かに、書いてあることを
すごく大雑把にカテゴライズするとしたら、
恐らく今、世に出ている本のほとんどが、
何かの模倣や延長にあるものばかりだ。

でも、それでも読むのは、
やはり元になったものと違いがあるから。
その違いを知りたくて読む。

そやって考えると、野球やサッカーを題材にしたマンガは
腐るほどあるが、
フィギュアは、それも男子フィギュアは少ないよな。

『フットボールネーション』みたいな切り口の、
男子フィギュアマンガがもしでたら、
今、すっげー読みたいかも。

ゆーちゃぁなんだが、観戦すらも超ど素人な腐人なんぞは、
ぴょんぴょんやってるジャンプの違いもよーわからんし、
スピンのポジションだのなんだの言われても、
「きれいねー」と思う子か、
「なんかゆらゆらしてるねー」と思う子の違いか?
程度しかわからんねんもん!

観るのがより楽しくなるような、
そういうポイントがわかるもんが読みたいなぁ…。


とはいえ。

今日は腐人の年に1度のお楽しみ、高校駅伝だったんですが、
これはねーもう競技としての視点なんて、
ドブに捨ててるからねー。

もし、競技解説的なマンガがあっても、これは読まない。
断言できます。


だって…駅伝の愉しさってのは!!違うでしょ!!

繋がらないたすきとか!!
すんません、先輩…最後なのに、俺がブレーキになっちゃって…とか!!!
ごぼう抜きとか!!
区間賞とか!!
1つでも順番を上にして渡したいとか!!

そーゆー妄想、もといドラマ部分を愉しみたいんだよねー。

これ、一人完結のマラソンだと全然おもろくねぇの。
なので、腐人はみません。

でまた、トラックの400mだとか
800m程度のリレーでもおもろくない。

あの、途中肉離れとかの故障をしても、
まだまだ距離があるっちゅー
駅伝だからこそ、おもろいのよー!!

ホントに、これはリアルがフィクションを凌駕する領域で、
たまたま昨日、スケートついでに
スポーツニュースをぴょんぴょんしてたら、
箱根駅伝の歴史みたいのやってて、
ついつい見入ってしまった。


筋書きのないドラマ、という点では、
確かに高校野球とかもそうなんだけど、
例えば、高校野球で負傷者がでてもさ、補欠がいるでしょ。
その控え選手が出てきて、試合は続行されるわけじゃん?

他にも、テニスのダブルスだとか、スケートのペアだと、
片方が試合中に故障した、でも続けたいとなれば、
もう一人が頑張ってフォローするってできる。

でも、駅伝は違う。

走ってる間は、すべてがその選手一人にのしかかる。

そして、その選手がリタイアしたら、
他の個人競技でのリタイアと違い、
これまで他の人が走ってきたすべてがおじゃんになるのだ。

これは他のどの競技にもない連帯性だと思うんだよねー。


自分自身は、こういう連帯責任的なもんって、大嫌いなんだが、
他人が、それに悶々としてる姿をみるのは、大好き

だから腹黒腐人としては、
観ててこんなに萌える競技はないのよねぇ。

はーやくこいこい、箱根駅伝!


あ、ちなみにこの、箱根駅伝歴史の舞台裏の完結編は
今日の深夜0:55~1:50に日本テレビでやってる
Going! Sports&Newsの中でやるそーです。


今晩の全日本女子フィギュア見た後はー、
年内は、お楽しみがないかな?

そーいや高校バスケのウインターカップがはじまっとるが、
あれは今、どーなんかなぁ…?

[ 2012/12/23 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

何がしたいのか

って、昨日のコウちゃんの話じゃなく、
黒バス脅迫事件。

そーゆーのがあるとは知ってましたが、
黒バスそのものにあまり興味がもてなかったので
掘り下げることなく、ふーんで流していた。

んだが!
先日、師匠から、話をきき、
これはえらいことやとよーやく気付く。

ちなみに、師匠からの連絡は、
『暗殺教室』に関するもの。
さすが、魂の遺伝子が繋がってるわ!


で、黒バス事件ですが、
詳細を知らなかった腐人は、
イベントへの脅迫という認識だったので、
これは黒バス原作を愛してる人が、
聖典を穢すんじゃねぇ!!
っちゅー行き過ぎた愛情表現なのかな?
とか思っていた。

しかしながら、遡って事件経過をみてみると、
どうも作者さんご自身へのすごく強い怨恨がある模様。

ってことは、
一番の攻撃対象はご本人やらジャンプだろう、
んだらば休載とかになってんの?
と思いきや、どうもそうではないらしい。

こういうの、慣れてますから、なんだろうか…?


となると。
素朴に疑問なんだが、
本編が変わらず継続しているとするならば、
この脅迫って、クロスメディア展開の阻止が目的なのか?

ただまー、こういう社会事件になると、
恐らくこれまでマンガ好きしかしらなかった黒バスの存在を、
一般の人たちに認識させることになり、
かえって広く知らしめてんじゃねぇの?
って気がするのは、腐人だけだろうか。

まぁ、昨今、ブームってのは長続きしにくく
稼げるときに稼いどけと、
一気に拡張するを是とする傾向があるが、
でも、本当にいいものは、短期では終わらない。

ジャンプで言えば、北斗の拳、ドラゴンボールにスラム、
そして、ワンピのように。

なので、今のところこの脅迫者がやっていることは、
作者ご本人に、というよりも、
その周辺で稼ごうと考えている人たちへのダメージのが
大きいのでは?と思う。

実際、この段階でのコミケの頒布停止は、
サークルさんたちへのダメージはすごいだろうし。

これは、脅迫者の意図した方向とあってるのだろうか?


って、別に腐人は犯罪を推進したいわけじゃない。

ただ、それが本当にあなたのしたいことなの?
って疑問があるだけだ。



この脅迫者が抱いてる恨みが
どういうものかはわからない。

でも、この話を血族としてたとき、
血族が言った。

「これ、あんたが昔いったんだけどさー、
 それがアイデアを盗まれたとかゆーなら、

 『自分の頭の中にあるだけでは、
  それは存在しないと同じ。

  それを作品として形にし、
  批判や傷つけられることも覚悟して世に出し
  真価を問うて初めて、
  それがその人が作ったものとして存在する』
 
  って話じゃねぇの?」


…腐人、そんなこと言いましたっけ…?
でも、そうそうそう!と思うから、
そうなのかもしれん。
憶えてないが。


もっと言えば、その恨みがずばり盗作で、
黒バスを始めるきっかけになった原稿そのものを
実は、作者じゃなくて僕が描いたものなんだ!
ってことだったとしても、
結局、今の人気に繋がるお話を、
あの過酷な連載で描き続けてるのは、
作者の藤巻さんご自身なわけで。

だったら、『キャンディ・キャンディ』訴訟のように、
『王家の紋章』の途中から作者の名前が変わったように、
原案者としての権利を求めて法の下で戦い、
もらえるだけ自分の権利を勝ち取るほうが、
前向きで、建設的じゃないのかなぁ…。


腐人は、一晩寝ると、大抵のことを忘れる
アホアホ脳だもんだから、
ずっと囚われ続けるってことそのものがよくわからんのですが、
なんかなー…
自分自身の人生の時間とか、労力とか、金が
もったいなくね?

もし、恨みの理由がそゆことなら、
前向きに法廷闘争入ったほうが
いいような気がするけどねぇ。


あ、でも前に某新聞の人生相談にあったよーな、

「40代のゲイですが、
 20歳近く年下のバイの男性に告白し、
 すごく尽くしてきたのに、
 結婚するからと捨てられました。

 訴訟するか、
 結婚式にウェディングドレスで
 乗りこんでやろうかと思う毎日です」

とかってなら、話は別。

こーゆー恨みなら…
個人的には、ぜひ結婚式にウェディングドレスで乗り込み、
誓いのキスを奪ってください、
と思う。
[ 2012/12/22 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

サンタがうちにやってきた!!

うぽぽぽぽ~(●^o^●)

えへへへへ~(^◇^)

あはははは~ヽ(^o^)丿

・・・とうとう壊れたか、腐人・・・。


いやね、先日、
「心躍ることが1つあった」ってなこと書いたじゃないですか。

あれ、実は、木原音瀬さんが
サイン本のプレゼント企画をしてくれはったんですわ。

欲しい!
欲しいが、腐人はくじ運がない・・・(-_-;)。

整理整頓能力や、運動神経や、勤勉さとともに、
母ちゃんの腹の中に置いてきてしまったのだ。


先日も、現金つかみどり福引があったので、
1等の、諭吉君と一葉ちゃんの箱か、
2等の、英世君の箱か、
3等の、白金と銅の箱か、
どれにフィスト●ァックできるかな?なーんて
るんるんしながら、ガラガラしたら。

「4等です」

4?4なんて箱ねぇじゃん・・・と思ったら。

「はい、50円」

・・・・・・・・・・・・いや、50円でも嬉しいけど、
それ、つかみどりちゃうやんけ!!!


で、後日。
近所の商店街が歳末福引をやっていて、
3回分の券があったので、姫にガラガラさせたら、
商店街の商品券500円を2枚に、
プリ●ュアの巨大ボンボン風船をあてた・・・。

なんでや・・・なんでこんなに差があんねん・・・(;_;)

ちなみにそれに便乗して、
買ってきたジャンボ宝くじを、
姫にナデナデしてもらっていたのは、血族だ。

こちらも腐人同様、くじ運がない・・・。
そんな血脈いらんがな!


って、それはどーでもいい。

そもそも木原さんのブログまでチェックしてるファンとゆーのは、
まず、間違いなく信者の域。

すごいんだよなー木原さんのファンって。

前にサイン会をなさったときも、事前応募の抽選となり、
かつ、その選ばれし皆々様の熱さは、
会場の書店員さんもびっくりなさったとゆー話をきいた。

腐人自身も本屋で、超熱心な目で、美本選びをし、
かつ保存用と読書用に同じ本を複数冊
お買い上げになるお嬢様をよくみかける。

かつ、先日、テスト販売で先行発売された
『キャッスルマンゴー2』で、
テスト販売してる本屋について書いたら、
おっそろしー程の人が見に来られて、びびったもんなぁ・・・。

どー考えても、負けそうな気がする・・・(~_~;)


でもでも!諦めたら、そこで勝負は終わりよ!腐人ちゃん!!
たて!たつんだじょー。

句読点ってすごいな。
「だ」と「じょー」の間にあるかないかで
意味するところも迫力も変わる。

ちなみに上のは、イントネーションで続けてお読みください。
一息いれてのではありません。


ま、そんなこんなで、
ダメだろなーと思いつつ、あがいて応募してみたのだ。

したら。
やっぱり抽選になるもの多数とあり、
こりゃあかんなーと思とったんですな。


で、昨日、出かけてた先から巣に戻ったところ、
郵便ポストに
なにやら大きな厚みのある封筒があるではないですか。


アマ●ンも頼んでないし、
楽×も頼んでないし、
自家通販も頼んでないし。

なんだろう・・・と思ってみたら、
にゃ!にゃにゃにゃんと!!!
先日のプレゼント企画のサイン本だったのだ!!!

うっわーい♪
赤い靴下かざってないし、
25日でもないけど、
サンタがうちにやってきたぜ!!!

ありがとう、木原サンタさん!!
うれしいよぅ(ToT)!!

うううううこれで今年の運は使いきった気がする。
ってあと何日やねん!

ま、そんな冗談はさておき、
何が当たったかは、
腐人とサンタさんのひみちゅでぇっす♪


はっ!!
つい浮かれて書いちゃったけど、
そんなことしたら、次回のプレゼント企画の競争倍率が
ぐぐぐぐぐーんと、ヘソにつきそうなぐらいな角度になるのかしら。

それは困る・・・(~_~;)。

でも、自慢したい・・・←おい!
当たったことも、
木原さんがとても読者思いな作家さんであることも。

ふむ。わかった。
この一文を書けばいいんだな。

「そゆことで、とても読者思いな木原さんのことですから、
 また何かの折に、こういった読者サービスを
 たぶんしてくださると思うんですが、
 腐人の当たる確率が減るので、
 気持ちだけ参加にしといてくれたら嬉しいです」

    ↑
   おい!!



※追記

これは厳正かつ公正なる抽選の結果の話でありまして、

昨今流行の
「やらせ」だとか
ステルスマーケティングだとか
詐欺幇助もどきだとか
裏で金がうごいてただとか
腐人がせびって脅迫したとか

一切ございませんことを、改めてお断りしておきます。

ああ、そやって改めて書くと、
一生分の運を使い切ってしまったような気がする…。
[ 2012/12/21 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

ニュースいろいろ その12

検索がバカバカのアホアホなので、
果たして12が正しいんだかどーなんだかわからない・・・。
もうこれ、どーすっかねぇ・・・。


その前に、すっげーどーでもいいことなんだが、
ちょいと!
腐人のテリトリー内にあるレンタルマンガ屋で、
『暗殺教室 1』借りてる人!!
早く返しなさーい!!!

腐人が読めないじゃないか。←おい

ちょい読みで、1話だけしかみてないが、
てっきり、最近流行りの
「死と暴力まみれの読後感がすっげー悪い話」
かと思いきや、
違うやんこれ・・・むしろ逆?な感じが
すっげー腐人のハートにズキュンときまして、
入荷を心待ちにしとったんだ。
  ↑
 買えよ!


だが、同じように思った人は他にもたくさんいたようで、
「ない!ない!ない!ここにもない!!」
ばっかでよー・・・(=_=)

ぐれてやる。←だから、買え!!


ま、それに関係するんだかどーなんだか、
言葉としてだけは、なんかかぶる、
学校と銃のニュースの話が、今日のネタ。


千葉県の私立高校が、少子化への対策がうまくいかず、
多額の負債を抱えてしまい、このままだと経営破綻する、
というニュースが流れた。

そこで、ふと、思い出した話がある。

腐人は、大抵一人メシだ。

で、いつも読書してるわけですが、
周囲に座った人の会話がおもろかったりすると、
読書そっちのけで、耳をダンボにして、聞き入ってしまったりする。

先日、そんな感じで聞き入ってしまったのが、
どうやら大学の教員?みたいな人たちの会話だった。


学校というのは、結局のところ、授業料収入でしか売上げがたたない。
なので、少子化によって授業料収入が落ち込むと、
途端に経営が行き詰る。

したら、どうすればいいか。

単純にいえば、生徒数を増やせばいいってことになるんだが、
今ある学部の生徒数を増やす、ってやつだと、
今まで落ちてた人が受かるようになるってことで、
それは質に問題が生じる。

では、新たな学部を作ればいいって点では、
小泉内閣が規制緩和をするまでは、
そう簡単な話ではなかったらしい。

そのため、大学側は増やしたいが増やせない汲々として、
誰もが知っているような有名大学ですら、
かなりヤバイ経営状態になっていたという。

へー・・・そうだったのか。

でまー、小泉さんが規制緩和して、雨後のタケノコのよーに
大学や学部が新設されまくった結果、
そのヤバかった有名大学も経営状態が改善されたが、
同時に、質が落ちた。

なので、今、某超有名大学(ヒント:駅伝えんじ色)は、
規制緩和前と比べると、学生数は倍になっとるそうで、
「昔、受験して落ちた人が、今、受験したら受かる」レベルに
なってるそうです。

だから、
「就職内定者数が7割って言われても、全く不思議じゃない」
んですと。

ただまー、そこで職を得ている人にとっては、
存続も大事だが、自分のポストもいるから、
なんともジレンマのよーで。

ふーん・・・。

呼ばなくても受験者がくるよーな大学なら、
売上げ単価、すなわち授業料をあげるってのも手じゃねぇのかね?

でもそうすっと、貧乏人は受験できん、ってことになるのか。

だったらさ、そんな有名大学出た人たちってさ、
大概は、社会で成功してる人らになってるわけでしょ?

したら、それこそOB・OG会がビンボーやけど優秀な子に
無償で学費援助する制度をやるとか、
母校が無くなるのがイヤならカネよこせと、寄付させるとか
(これ、税金控除対象になりゃもっと進むでしょうよ)、
そういうことやってんのかね?

その結果、その人がノーベルやフィールズとったり、
政治家として有名になったりしたら、
母校も万歳、自分も万歳、本人も万歳の
三方よしになるんちゃうん?

なんでてっとりばやい拡張ばっか考えるんだろ・・・。

ただ生徒数増やせば、教員人件費や設備に金がかかる(費用のUP)。
売上あげても、その分費用がかかれば、
利益は変わらないんじゃね?

なんで、売上ばっかみるんだろ。
みるべきは、利益だろ?違う?

売上しかみねぇから、こーなってんじゃねぇのかねぇ?


銃の方は、さすがにあのアメリカでも銃規制の世論が高まってるときく。
そりゃそだわな。

で、思い出したのが、
『出版・新聞絶望未来』だったか、
『99%対1% アメリカ格差ウォーズ』だったか、
その両方のちょびっとづつだったか忘れたが、
こーゆー話。

アメリカでは今、地方新聞の経営がダメになっていて、
記者の給料が払えず、倒産するところもあるという。

そうやって新聞記者がいなくなると、
監視の目がなくなるので、不正が横行し、
ある街の役人が、勝手に自分で規定を変えて、
とんでもない給料をもらっていた、ってことがあったらしい。


でもって、とある街では、
金がないため警察(保安官だったっけな?)が人員削減せざるをえず
「この地区の皆様にお伝えします。
 現状の警察官の人数では、到底、治安が守れません。
 よって、皆さん自分自身で武器を手に取り、自衛してください」
ってな感じのことを、
警察だったか行政だったか側が、堂々と宣言したんだそう。


なんつーか、三権分立の考えって、

AはBに強いが、Cに弱い
BはCに強いが、Aに弱い
CはAに強いが、Bに弱い

っちゅー強弱関係がきちっと機能してこそ働くもんじゃろ?

腐人は社会科でそう習った気がするんだけど、
なんかもーそれが破綻してる気がするんだよなー・・・。


日本はさ、銃がない国、じゃん。一応は。
でも、殺人はある。

だから、銃をなくしたからって、殺人はなくなるわけじゃない。
それはわかってる。

でも!
こんな罪のない、まだたった数年しか生きてない子供らを
何十人も殺せる、いや、殺すためだけの道具は、
規制されるべきだと思うンだけどなー・・・。

オバマさん、がんばれ!!

・・・っつか、次の選挙のことを考えなくていい場合は、
思いきったことができるとゆー、このシステム。

給食問題んときも、結局はここがポイントだったが、
腐人はこのやり方、おもろいと思うンだがな。

・・・っても、そこで、「徴兵制はじめます」とかは止めて欲しいが。
そこが難しいとこだよね・・・(^_^;)。

[ 2012/12/20 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

生たまハンバーグ

やること山積みで、脳ミソがくみあげ豆腐状態なので、
緩いネタしか書けません。

今日は怒涛の打合せだったしよー・・・(-_-;)

ま、それはいい。

以前、よしながふみさんの『きのう何食べた?』で、
生タマネギを使うハンバーグの話があった。

腐人家では、ハンバーグにいれるタマネギは、
他の野菜(みじん切り)と、飴色になるまで炒めたものを使うんだが、
先日、生たまねぎハンバーグを作ってみた。

っつか、そうならざるを得なかったっちゅーか・・・。

本当は、いつものとーり、肉を刻むところから始まり、
その横で、大量のみじんに切られた野菜を
腐人が炒める予定だったんだが、そこに姫が乱入。

おてつだいするーと言いながら、
やっとることは、オンブお化けかい!

レンコン叩いてってゆーてんのに、
机、叩くんじゃない!
ってか、それは腐人の腕!!
痛てぇっ(>_<)!!

みたいな状態になりましてですね。

タマネギ炒めてる時間がなくなっちゃったのだ。

みじん切りはいいんだよ、
クイジナートがやってくれっから。

でも、今から炒めて、冷ましてってやってると、
明らかに晩飯に間に合わない・・・。

そーいや、『きのう』で生タマやってたなぁってことで、
生でやっちゃえ!となった。


結果はどうだったかというと、
これはこれで美味しいね、って感じ?

外食することが多い血族は、
「いつもよりこっちがいい」と言ってましたが、
やっぱ生だと、ハンバーグを割った瞬間に
タマネギのツーンとする匂いがする。

また味とか食感も、炒めたやつだと、
肉と野菜がまさに渾然一体となったハーモニーを奏でるのだが、
生タマだと、肉と混ざるんではなく、
肉は肉の味、タマネギはタマネギの味!がする。

ゆーなりゃ、
「フレディ・マーキュリーとモンセラート・カバリエが歌ったバルセロナ」。
  
わからんわ!


うーん・・・悪くはない。

これはこれで美味しいし、
こっちのが肉の味がよくわかる。
でも、タマネギのトンガリが気にならなくもない。

なにより、いつものに舌が慣れてるんだよなー・・・。

作るのは、断然、生タマネギのが楽だったが、
そんな感じだったので、次もするかはわからない。

何より。

腐人家の食卓にのった料理は、
同じ味の再現率0%なのだ・・・。

だって、一切計らないんだも~ん・・・(;一_一)


そやって散々邪魔してくれた姫は、
大好きなパパがお迎えにやってきた途端、
パパに飛びつき、帰っていきましたとさ。

ふっ・・・
そんなパパパパ慕われるのも、あと数年よ・・・

[ 2012/12/19 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

タイムアップざんす・・・

ちょっと今日はヨユーがねぇ(>_<)!

昨日読みきった本もねぇし、いっかー、サボっちまうか
と思っていたら、
前に読んだのに、カウント抜かしてた本が発覚。
またか!
またなのか、腐人!!!

もう、脳ミソ入れ替えたほうがいいかもしれません・・・(-_-;)。


なので、今日はそれやって終わる。

●いつだったか忘れた
(1126)BL/シャレード 『ザクザクザク』 早瀬亮
  こんな手芸あるんですね。

  腐人はボタンがとれたらとれたまま・・・な人なんで、
  手芸コーナーなんて、
  むちゃくちゃ縁がない世界・・・。

  羊毛フェルトなんてもんが
  存在することすら知りませんでした。
  工程みてっと、気が遠くなりそうだ・・・。

  あとがき読むまで、ケ●ロとどっちだ?と思っていたが、
  フェルトの立体・赤い彗星って、
  どんなもんなんだ??
  これはちょっとみてみたい・・・。
  

  誤解やあれこれはともかく、
  なかなか愉しく読みました。

  この二人は、これ以上ないぐらい
  割れ鍋に綴じ蓋なカップルじゃね?

  ただ、一緒に住むとなると、
  広い家がいりますねぇ・・・。
[ 2012/12/18 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

1票の格差よりも問題じゃないか?

肩が痛い・・・。

いや、これは選挙と関係なくてですね、
昨日、腐人はちょいと用事があってでかけていた。

で、帰宅して、空いた小腹をお菓子で埋めていたら、
「ふじーん!あそぼー!!」
と姫がやってきた。

どうやら、姫がでかけるとき、
駐輪場にダーリンが見当たらなかったのに、
かえってきたらあったので、
こりゃ家にいるな、遊びに行こう!となったらしい。

一緒になってお菓子をボリボリ食べたあと、
なぜか姫は、子泣き爺と変化し、
腐人の肩やら背中やらによじよじ登り、
おんぶだの、肩車だのを強いられた・・・(-_-;)

姫、あんた自分がどんだけ重いか、わかってんの!?

もう、体重オーバーで前カゴ椅子はダメになったぐらい
重たいのよー!!!

※自転車に子供を乗せるのに、
 前カゴんとこは15キロ未満まで
 それを超えたら後部座席にしましょう
 って決まりがあるらしい。

確実に、腐人の背は縮んだ気がする・・・。

ま、そんなこんなで、今日は肩こりざんす。


そんな姫は3歳だが、
昨日、パパママとともに選挙にいったらしい。

「姫ね、せんきょいったの!」
と、報告があった。

えらいねぇ、姫よりずっと歳食ってる人の
5人に2人は選挙いってないってのに。

そう。
腐人は今回の選挙で気になったことが2つある。

それは、投票率の悪さと、選択肢の地域格差だ。


選挙で民意を問う、という。
しかし、それがたった6割弱の投票率だった場合、
それも民意を反映しているといえるんだろうか。
投票しなかった4割の意見とは、なんなんだろう。


ま、大半は、なーんも考えてない、だろうけど、
それはすなわち、
「ワタシのことは、あなたの好きにしてー」
ってことなんだけど、
それ、わかってんのかな?


日本国民を明日から、
政治家以外の全員を奴隷として、諸外国に売り払います。
売れ残った人は、解体してその臓器を売買します。


なんてことが通ってしまっても、
「ワタシのことは、あなたの好きにしてー」


日本は明日から戦争をはじめます。
政治家以外の全員を兵士として送り込むので、死んでくるように。


なんてことが通ってしまっても、
「ワタシのことは、あなたの好きにしてー」


明日から、政治家以外の人、全員の消費税を200%にします。
所得税も90%にします。
かわりに政治家は、すべての税金を免除にします。


なんてことが通ってしまっても、
「ワタシのことは、あなたの好きにしてー」

っちゅーことだと、
権利放棄された方々は理解してんでしょうか?
ま、この例は極端ですが。


もしくは、もう日本という国に対し愛想をつかしていて、

「私は、「ワタシ国」っちゅー独立国家をつくります。
 なので、選挙といわれても、他国の選挙ですからね、
 私には関係ございません」


という意思表示なんだろうか?

もしそうなら、
選挙権の返納=国民としてのすべての権利と義務の放棄
とか、そういう選択肢がないと、
「好きにして」組との違いがわからん。

ま、仮にこーなんだとすると、
日本国のインフラ使うたびに使用料とっちゃれ
って気がするけどね。


あとは、もう1つの気になった点に繋がる、
「選択肢のなさ」が問題で、
それに対する無言の抗議なのかもしれない。


この「選択肢のなさ」だが、
新党がどんどん誕生し、第三極がどーこーと言われた頃、
あるテレビで、コメンテーターがぼそりと言った。

「第三極、第三極っていわれても、
 うちの選挙区に、該当する候補いないんですよ。
 だから、結局、いつものやつから選ぶしかない」


ぶっちゃけ、腐人の選挙区は、林立もいいとこで、
誰がどれやらさっぱわからんぐらい候補者がいた。

なので、ふーんと聞き流していたのだが、
昨日、木原音瀬さんがツイッターで
「わかっていたとはいえ、選択肢のなさに悲しくなった」
とつぶやいておられ、
地域格差の現実を、ちょっと考えてしまった。


例えば、腐人の選挙区の場合、
小選挙区においても、比例代表においても、
腐人の意思が、そのとおりに反映される。

つまり、2票とも、腐人の積極的意思の表れだ。


しかしながら、自分が賛同する政党が、その選挙区で
小選挙区の候補者をたてていなかった場合、
比例代表の票においては、自分の積極的意思を表示できても、
小選挙区の票においては、そうではない。


まさに以前、
腐人が選挙になんでマイナス投票がないんだ!
とわめいたときに言ったとおり、
「吐き気がするほど大嫌いなメニューを並べられ、
 その中から好きなものを選べと言われてる状態」
になる。


これってどうなの?
これでも、選挙は民意を反映してる、って言えるの?


腐人には、あんましそうだと思えんのだがなぁ・・・(~_~)


一応、池上彰さんの本で、選挙について勉強したことあるので、
どんな選挙制度にも、いい点と悪い点がある、
ってことは知っている。

が!
2票生かせる腐人と、1票しか生かせない地域の人。

それって、1票の格差以上に問題じゃないの?


これなんかね、
マイナス投票制度をとりいれるとか!

いっそのこと、
「おばちゃーん、私、比例2票にしてくれる?」
「あ、俺は、小選挙1票と比例1票で」
「あいよ!じゃ、順番に出すから、ちょっと待っててー」

ぐらいにすりゃどーなのさ(~_~)。


そういうことを柔軟にとりいれてけば、
恐らく、この4割の人たちのうちの
「選択肢のなさ」を問題として無言の抗議をした層ぐらいは、
投票にいくようになるかもしれない。

そうやってまず投票率あげようよ!

じゃないと、今の法では、
どんだけ低投票率でも選挙結果は有効なので、
投票率1%でも有効なんてことが起こらないとも限らない。

それっておかしいだろう!


前も言ったよーな気がするけどね、
もうこんななら、選挙権もってる国民全部に、
テレビでやってるよーなスイッチボタンわたしてさ、

「消費税増税に賛成ですか?反対ですか?
 賛成の人はボタンをおしてください。
 ・・・
 結果がでました。
 消費税増税法案は否決とします。

 では次の議題、原発にいきます」


ってやってったほーがええんちゃうん?
政治家全員クビにして。

ホントに、なんとかならんのかね、この制度(~_~)。


あーあと、マスコミがゆーことって
あてにならんなーと思ったのが、原発。

世論は脱原発、卒原発です、とか
原発反対運動が活発です、とか
今回の選挙の争点は原発です、とか、
腐人の耳にきこえてきたよーな気がするのは、気のせい?

・・・・・・原発容認が圧勝なんですが。

ま、そこらを読み間違えて、
マスコミに踊らされちゃった政党もあったりして、
ホント、何を信じたらいいんだかわからん世の中だよなー。


姫よ。
未来はちっとも明るくなくて、大変な問題が山積みだけど、
がんばれよー!!

[ 2012/12/17 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

ねとねとカンタ君

以前、紅はるかちゃんを買って食べたら旨かったので
甘太くんがおいしい!という芋好きのおばちゃんに送ったら、
お返しに甘太くんが送られてきた。

腐人家が送ったのは、
既に焼いてあるやつを冷凍したものだったので、
数分チンするだけで食べられるのだが、
いただいたのは生芋。

焼き方がわからず、電子レンジでチンした後、
鉄板ひいたオーブントースターで焼いたが、
送ってくれたおばちゃんがいうほどの甘さがない。

それを伝えると、
「それは、あんたの焼き方が悪いのよー!!!
 甘太くんは、紅はるかちゃんより美味しいの!!」
と、お叱りと焼き方レクチャーをうける。


焼き方は、
「オーブントースターの網状態のところに、
 ただ、芋をぽろんといれる。
 そして、ただただ待つのみ…」
なんですと。

最低でも30分は我慢せよ、とのこと。


で、その我慢を耐え切ると、どうなるか。
こうなるのだ↓

か



これは既に腐人にかじられた後の甘太くんだが、

甘いっ!!
旨いっ!!
たまらーんっ(>_<)!!!!


おばちゃん、ごめん…悪かった…(>人<)。


ちなみに、この芋は、40分焼いて、
かつ、焼いてる間、その横でメシを作ってたので、
焼け終わった後、
15分ぐらいオーブントースターの中で放置プレイ。

だから、本当にねっとりとした食感に、
むちゃくちゃな甘さになっていた。

欠点は焼くのに時間かかることだが、
やっぱ焼きたてが旨いんだよなー。



ただ、1つわかったことがある。

さっそく自分で注文するかといろいろ検索してて知ったのだが、
紅はるかと甘太くん。

実は同じもの、なんだそうで。

品種、紅はるかを40日以上貯蔵して、糖度を高めた
JAブランドのやつを、甘太くんというそうで、
他にも、同じ紅はるかから、
「甘一番」というブランドで売られてるものもあるそうで。

いやいや、日本の農業ってすごいよ、ホント。

これからも、どんどん進化をつづけてくださいませ。
さ、次は、みたらし食べなきゃ!
    ↑
   あんた、糖質制限どこいった!!


[ 2012/12/16 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

二匹のグレムリン

ようやく目が戻ってきた。

昨夜、結局、予定よりも早く仕事を終わらせた腐人。
なんと3分も早かったのよ!!
すごいわ、腐人ちゃん!!

…って、23時56分59秒ってことかい。
ほとんど変わらんわーっ!!!

実際んとこ、データが膨大になっちまったので、
それを送りきるまでに余裕で
アドバンテージの3分は使い切ってんだけどよ。

ま、それはどうでもいい。

ただ、さすがに目を酷使しまくったせいか、
途中で、「…あ…」ってな状態になってしまい、
前から先送りしていた眼科の眼底検査をしてもらうことにした。


眼底検査は、目薬で瞳孔を強制的に開かせて、
その奥の神経などをみるため、
その後、数時間、目がよく見えなくなる。

要するにピントがあわなくなるんだよね。

なので、テレビみるぐらいならいいが、文字は読めないし、
運転もダメ、光が入りすぎてすごく目が疲れたりするんで、
おとなしくしてるしかないのだが……
今日は朝から、腐人家保育園は大繁盛だった…(-_-;)


そもそも腐人家保育園は、総料理長がいないと成立しないので、
事前に開かれることが決まっているものなのだが、
今日は突発で始まった。

姫に貸していた世界で一番有名な黄色いクマのDVDが
急遽必要となり、回収しといてね!と頼んでいたのだが、
なんだかんだでギリギリになってしまったのだ。

なら、DVDを引き取ってくるわと総料理長が姫ん家に出かけ。
なぜか、DVDだけでなく姫も引き取ってきた。

そして、そこからなしくずしに始まった保育園。

天気が悪く、腐人家でも風邪が流行っていたこともあり、
珍しく腐人家のメンバーが勢ぞろいだったため、
姫も楽しくおおはしゃぎ。

で、はしゃぎすぎて、転んで大泣きになって、
泣きすぎて、えぐえぐひっひが高じ、げろっ。

……腐人もガキの頃よくやったな……。

あの横隔膜が、自分でコントロールできなくなるよーな泣きって、
子供の特権だよなぁ…。


ま、大人総出でその後始末となり、
その後、腐人は医者に、
姫は御付きの面々を従えて、街に買い物にと、
それぞれお出かけとなった。

眼底検査は、目薬をさしたあと、
瞳孔がひらくまで数十分かかるため、
腐人の診察はかなりの時間を要した。

結果は、問題なし、とはいいきれず、
ちょっと経過観察しましょうか、ということに。

ま、思い当たる節は山のようにあるからな。


さすがに帰ったら姫はもういないかな?と思ったのだが、
玄関を開けると、
街での戦利品を抱えた姫が、るんたるんたと踊っている…。

そうか、今日は延長保育になったのか…。


そこに、偶然、知り合いから大量の干物が届き、
こりゃ食いきれんな…ってことで、
王子におすそわけに行こうかとなる。

で、干物を届けると、
予想にたがわず、今度は王子が釣れた。

…うーむ、今日は大漁だな。


そして、いつものことだが、一人でいるとどちらもいい子なのに、
二人そろうとワルガッキーズに変化する…。

なにか?
君らの正体は、本当はモグワイで、
二人そろうと、グレムリンになるのか?

二人とも風邪っ気があり、おなか具合もよろしくないとゆーに、
なぜ、そこまで暴れる…(ーー;)


結局、夕飯ができてママがお迎えにくるまでの間、
二人は気が済むまで走り回り、部屋にたてこもり、
飛び跳ね、転げ周りまくった…。

そして、それにつきあっていた腐人家の面々は、
腐人をのぞき、皆、10時前に就寝した。

ま、皆、中高老年だからね、
3・4歳児のパワーには負ける。

で、ホントに、このグレムリンな集団を統率する
保育園や幼稚園の先生たちって、すげぇと思う…。

どちらも一人だったらいい子なんだがなぁ…(^_^;)


[ 2012/12/15 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

腐人はもう死んでいる・・・

ひでぶっ!

とかゆーたら、
せんでもええってならんかな、この仕事の山・・・(;一_一)

わかる方だけわかってください。


・・・しかし、書いてて気づいたが、
『北斗の拳』って、オチどんなだったっけ???

・・・記憶がない・・・。
途中放棄したっけ?
読んだが忘れた??

うーん・・・ま、なんかの機会に探してみっぺ。

って、現実逃避しとる場合やないやろーっ!!!
今日中にやるゆーてゆーてんねから、
とっととやれ!!!

・・・でも今日って、
23時59分59秒まで今日よね・・・
  ↑
 マジで秘孔を突かれてこい



ま、そゆことなので、
今日は、ちょっと突貫で、
「雑でごめんなさい」読書録やって終わります。

本心からいいますが、雑コメントはすごく不本意だ。

だってさ、作家さんや出版社さんはそれを生み出すために
すごいエネルギー使ってるわけじゃん?

だから、それを読ませてもらった読者としては、
ちゃんと作品にむきあって、感想のべるのが
やっぱ義務だと思うんだよ・・・。

時には、なんも言葉がでてこない作品もあるけどさ・・・。


●13日
(1108,1109)マンガ 『そのろくでなしに用がある 1』『〃 2』 室たた
(1110)マンガ 『ペン先にシロップ 2』 七尾美緒
(1111)マンガ 『エクスタシー・トレード』 一井かずみ

  は?
  全然違う作家なのに、なんでまとめてるの?
  と思われるやと思いますが、理由がある。

  あのね、社会人になって××年も経過してるとね、
  マンガみたらわかるんだ。
  会社勤めしたことねぇだろ!って・・・。

  というのをひしひし感じてしまった
  『そのろくでなしに用がある』と、
  『ペン先にシロップ』

  取材してる暇ないのかな?
  客としてでもいいから、現場いって、観察して、
  そこで得たリアリティをマンガに生かせないのかな?

  ゆーちゃぁなんだが、あまりにも世界がペライ。
  吹けば飛ぶよーな薄っぺらなもんしか描けてない。

  働く現場を知らない人間の、想像のうちでしか、
  マンガを描いてないなーってのがよくわかる。  

  あまりの仕事してなさぶりに、
  そんで給料もらおうなんて、いっぺん埋めたろか!!
  
  ・・・と思うのは、
  今、腐人がやさぐれてるからだろうか・・・。

  ま、それはともかく、
  この2作品に思い切り欠けてる、
  働く現場のリアリティがあるのが、
  『エクスタシー・トレード』
 
  一井さんって、たぶんOL経験があるんやろな。
  そのリアルさがね、
  ちょっとしたセリフやキャラの肉付けに現れてて、
  そこが共感につながってくるんだわ。

  マンガ描くんで忙しいんかもしれんけど、
  外でて、いろんなもん見て、
  道ゆく人の会話聞いて、
  実際にいろんなこと経験して。

  そんで自分の中にひきだしをいっぱいつくらんと、
  作品にそれは如実に表れる。

  読者はバカじゃないし、
  なによりも、作家さんご自身が
  いずれ自分の内に何もなくなって描けなくなるよ。

(1112)マンガ 『BULE』 咲坂伊緒
  うーん初期なだけあって、
  絵はちょっとブレてるが、
  でも、なるほど、
  光ものを持ってる人は、
  初期でも何かがあるもんだな。

  ええわぁ、瑠海ちゃん!

  主役二人はどーでもええ←おい!

(1113)マンガ 『式の前日』 穂積
  ・・・・・・やられた・・・。

  なんてもんを出してくんねん!!

  1作だけかいなと思いきや、
  どれもええやんけ!!!  
  ちょっとこれは要チェックな人だわよ!

  あかん、マンガ読み友達たちに
  「ちょっと読んでーっっっっ!!」
  ってやりたくてたまらんかも。

(1114)マンガ 『ちはやふる 19』 末次由紀
  試合の結果も気になるけど!!
  そら、あったら欲しいゆーたけど!!

  マジでだしますか、
  専任読手さんの読み上げCD・・・。

  うーん・・・
  姫をダシに買ってしまいたいところだが、
  まだ3歳だもんねぇ・・・。

[ 2012/12/14 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

魔法の靴下 メディキュット

先日、1日中、
ほぼほぼ立ってなきゃならないことがあり、
普段、寝るか、座るか、ずりずり動くか、ぐらいしか
しない腐人は、もうヘロヘロになった。

したら、血族が、薄い青紫色のながーい靴下をもってきて、
「これ、はいてみな」
とゆー。

疲れた足が楽になる靴下だというので、
一晩履いて寝たら、びっくりするほど足が軽くなった。

すげーすげーよ!!
くれ!

とゆーたのだが、却下され(当たり前だ)、
仕方ないので、自分で購入することにした。


まず、色と形から商品名を探す。

レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
っちゅーとこが出してる
「メディキュット」というもんらしい。

ずいぶん前から、美容グッズとしていいと評判のようだ。
腐人はしらんかったけど。

・・・って、冠婚葬祭でもない限りメイクしねぇ女なもんで、
コスメとか買わんから疎いんですよ。



薬局にいくと、長さが3パターンあり、
また寝てるときにはくものと、
日中はくものと、いろいろあることが判明。

己の日常生活を省みるに、日中はいらんと判断する。
ダーリンに乗ってウロウロすることがある
日中は、どっちかっちゅーと防寒に重きをおきたい。

よって、これは寝てる時に決定。



長さは、ヒザ下(ふくらはぎを覆う)と、
ロング(太ももまで)と、
スパッツ(ケツを覆って腹まで)の3種がある。

さて、どれにするか。

先日血族に借りたのは、ロングだったのだが、
これは、両端がゴム状態のようになっている。
たぶん、ヒザ下も同じだろう。

実は腐人、肌は強い方なんだが、
年とともに、この圧迫には過敏に反応するようになり、
先日も、借りたあと数日、かゆかゆ状態になったのだ。

初めは、なんでだか原因に思いあたらなかったんだが、
よくよく考えると、ちょうどあのゴム部分があたっていた場所。

たぶん、ヒザ下もロングも履き始めたら同じ症状になるよなー
ってことで、スパッツバージョンにすることにした。

考えてみたら、坐骨神経痛もあるし、
オステにいくといつも脚の外側がバリバリに凝ってるし、
ちょうどいいやね。


次なる問題はサイズ。

この靴下って、強い圧迫を加えることで、
循環の悪くなった血流やリンパ液の流れをよくするもんだから、
緩いと意味がない。

でも、足首まわりのサイズなんてしらねぇよ・・・(~_~;)

※スパッツの場合は、身長を基準に選ぶといいそうです、
 と、購入後知る・・・(-_-;)


とまーなんだかんだやっていざ購入となり、
値段をみて、ぶっとぶ・・・た、たけぇ!!!

そらま、ソルボのサポーターだって、ハンパなかったが、
スパッツなのに3000円超え・・・(@_@;)

でも、下肢静脈瘤の手術をした血族が買った
医療用ストッキングも4000円以上したとかゆーてたなぁ・・・。



そう。
実は、腐人は遺伝的に、下肢静脈瘤の因子がある。

どこまで遡れるのかわからないが、
女系の方々のほとんどに、下肢静脈瘤がでていて、
腐人も出産してたら、たぶんなっていたと思う。



その上、運動と名のつくことを、いーーーーっさいやっとらんので、
はっきりいって、体内循環がむっちゃ悪い。

だから、今ぐらいの時期になると、
手足の先が氷のように冷え、むくみ、
自分の足の冷たさが原因で眠りが浅くなったりもする。


・・・そゆこと考えれば、
これは、高くても買えってことよね・・・(;一_一)



と、ここまで書いて、ふと気づく。

皆さん、循環の原理ってご存じですよね?

むちゃくちゃざっくり言うと、
人の体内は、主に心臓をポンプにして、
グルリと一周、血液やリンパ液が流れており、
これを循環といいます。

頭から足にむかう流れについては、重力の関係もあり
比較的いきやすいんですが、
足から頭にむかう流れについては、
筋肉や血管なんかが、
きちんと発達し、正常な状態でないと、
うまく押し上げられないんですな。

で、落ちてくる量にくらべ、押し上げる力が弱いと、
下肢静脈瘤になったり、
だるさ、むくみ、冷えという症状がでる。

おいおいってなぐらいのざっくり度ですし、
腐人は専門家ではないので、
正しい知識が知りたい方は、お医者様にききましょう。

ゆったかんねー!

ま、ここでは、そゆことで、
腐人みたいに運動しない人は循環が悪い、
とだけ、ご理解いただければ十分ざます。


で、メディキュットの話に戻りますが、
スパッツタイプを履いて寝てみたんです。

確かになんとも言えないしめつけが気持ちいいんだが、
先日、血族に借りた、血族が履き古したものではないせいか、
結構な圧がある。

ま、気になって眠れないほどではないし・・・と、
寝ついたんですが!

暑い・・・暑いのだ!!

子供の体温が高いのと同じよーな理由だと思うんだが、
循環がいいと、こんなに暑いもんなのね・・・。
知らなかった・・・(ーー;)


その上、横になってしばらくすると、
気のせいかもしれないが、心臓がバクバクいってる気がする・・・。

たぶん、普段以上に、足から心臓に送られてるんだろう。
「足は第2の心臓」とかゆーのは、
こゆことか????

この心臓バクバクは、腐人の気のせいかもしれないが、
高齢で、心臓が弱ってる人とかが、
これを着用しても大丈夫なんだろうか?

そんなことを思っちゃったのは、
先日亡くなった人が、死因としては心筋梗塞だったんですが、
その数日前から、
足がうまく動かなくなっていたって話をきいたもんで。

関係なきゃいいんですが、
前にオステの先生に、
「運動をしない人は、足から押し上げるときに筋肉がないため
 循環がうまく働かないから、
 心臓に過負荷がかかり、肥大化する傾向がある」
って言われた覚えがあるしさー。

ま、これはもちろん
「だから、運動してくださいよ、腐人さん!」
ってオチだったんだが・・・。



皆が皆そうだとは思いませんが、
腐人はそーゆー感じがしたので、
このままだと、眠れない・・・と思い、
本日は、ここまでで脱ぐ。

ただ、ここまででも十分、足の感じが違う。


ふむ。
こりゃ一気にハードルを飛び超えすぎたかな?

いい感じに伸びて緩むまでは、
もしかしたら日常履きぐらいにしたほうがいいかもしれない。

こんなに体温があがるなら、そのんがいいかなー。
それでも寒けりゃ、その上から股引はけばいいのよねー。


冷えやむくみやだるさにお悩みで
まだ試されてない方がいらっしゃいましたら、ぜひ。

なかなかいいですよ、メディキュット。
[ 2012/12/13 ] ケンコー&読書 | TB(-) | CM(-)

なます吹きまくり

ここのところ、アホなミスを連発しており、
ちょっと反省中・・・(-_-;)。

なので、なますを吹きまくり状態となり、
その突撃をくらう某所からは、電話をすると
「また、あんたか!」
と言われるほどだが、気にしない。

そうですとも、またあんたですとも!
ってことで、挨拶も、前置きはしょるから、
これはどないなんのか教えてー!

・・・ニンゲン、こんくらいたくましくなくっちゃね
・・・図々しいともいうが、
クレーマーじゃありません(;一_一)。


図々しいといえば。

前から何度かチャレンジしては、途中挫折している本がある。

タイトルを『タックスヘイブンの闇』っちゅーんですが、
経済ノンフィクション、
それも世界中の頭のいい人たちが、その頭脳を
黒いことに使いまくってるっちゅーのを暴く本なんで、
はっきりいって、
無垢な子供のようなハートと頭脳をもつ腐人には、←うそをつけ!
なかなかすんなり理解できんのですな。

そゆことで、毎日ちんたらとしか読み進まないんですが、
昨日読んでた箇所に、は?とゆー内容があった。


これはアメリカの話なんだけど、

●アメリカ企業が、1950年には所得税額全体の 2/5を占めていた。
しかし、今は1/5。

●納税者の上位0・1%が、1960年に支払っていた実効税率は60%。
しかし、2007年には33%になっている。

要は、金を持ってる人たちの税金が減ってるってこと。

金があるってことは、権力ももってたり、
出来のいい頭脳を金で雇うこともできたりするから、
いくらでも税金逃れができるんですな。

図々しいというのか、
ノブレス・オブリージュはどこいった!?

この傾向は別にアメリカに限ったことじゃなく、
グローバル化がすすんだ今、全世界で、
富裕層は税金から逃れ、
真面目にこつこつ働いて税金を納めてる人たちの税荷重が増える、
という傾向になってるらしい。

富める者は、ますます富み、
そうでない者は、どんどん搾取される。


折りしも、今、選挙で増税が争点になっている。
日本はどーなんですかねぇ?



そういや、その選挙、
腐人は期日前投票をよく利用するんですが、
朝早い時間帯なんかだと、誰もいなくって、
会場入りすると、わさわさわさっと人が寄ってくる。

でもって、ちょっと動くと、ばばばばっと人がやってきて、
投票用紙に書き書きしているときも視線がつきささり、
別に悪いことしてませんけぇ・・・といいたくなるほどだ。

もうちっとほっといてくれませんかね・・・(~_~;)

そーいや投票日に一番乗りすると、
投票箱の中身の確認ができるそーですが、
期日前投票は、どーなんだろう・・・?



ちょいと話がずれますが、例のトンネル事故以来、
ものすごく工事してるとこが増えた気がする。

おかげで、知らずにダーリンと通りかかると、
ものすごい渋滞にまきこまれるんだよな・・・。

例えば、腐人もそこを通りかかるたびに、
なんかこの橋、たわんでるよなーとは思ってたとこなど、
片側3車線の道路が5差路になってる上に、その橋があるんだが、
工事車輌がやってきて、
その道路をそれぞれ1車線ぐらいになるまで占有して、
橋の点検と道路の点検やってっから
もーとんでもない状態になってて。

そんでも、やらずに死者だすよかいいけどね。

ってか、もっと前から計画的にマメにやっとけ!!


あーなんかダラダラネタになってるが、
今、ちょっと頭に余裕がない。


そんな中、心躍ることが1つあったんだが、
ライバル増えるとヤだから、おしえなーい♪

ひ・み・ちゅ・さっ←性悪っ!
[ 2012/12/12 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

生きる力

巣の近くにある神社は、読書をするのにいいので、
よくポテポテと歩いている。

今朝もポテポテ歩いていたら、
ばしゃばしゃという水音が聞こえた。

なんの音?

ってのも、ここのところ、腐人のいる地域はカッラカラに乾いてて、
おかげでお肌がバリバリに乾燥中。
なので、水溜りなんてあるわけもなく、
きょろきょろと辺りを見渡してみたらば。

お手水場で、カラスが水浴びをしていた・・・。

・・・もしもしカラスさん?
お手水の作法としては、
その水、口ん中いれんだけど・・・(~_~;)

いっやーっ(>0<)!!!!


前から感じてはいたが、ここの神社の鳥類は、
恐ろしくたくましい。

弁当なんぞ広げようもんなら、ホバリングして狙ってくるし、
荒らされるから、ゴミ箱に蓋しても、
えいえいっと開けちゃうし。

そら、そんくらいたくましくなきゃ、
この都会の砂漠を生きぬけないんだよ!
と言われればそうかもだが、
率直に、怖い・・・(-_-;)。
ヒッチコックの『鳥』の恐怖がよくわかる。

にしても。
もし、今度、そこで口をすすいでる方みかけたら、
一言いってあげるべきだろうか・・・悩む・・・(~_~)



そういえば、昨日は、『海街diary』の新刊を読んだんですが、
そこでふと、気づく。

この香田三姉妹は、すずの歳からしたら、
父親がでてった時の年齢って、
だいたい、幸が15、佳乃が7、千佳が4ってことだよな。

それで何が言いたいんかったら、
吉原理恵子『二重螺旋』の篠宮兄弟と、
あんま状況変わんねんじゃね?ってことだ。

『海街』の1巻あたりの記憶があやふやで、
かつ手元にないもんだから確認できんのだが、
父親が出て行った後、そりゃそれなりに大変だったろうが、
『二重螺旋』の篠宮兄弟ほど
ビンボーだった感がないんだよなぁ・・・。

やっぱこれは、その時にまわりにいた大人の質の差か?
それに病人を抱えてるかどうかってのもデカイのか?

兄弟構成の男女差ってのは、
あんま関係ないような・・・気もするが、
どーなんかなぁ、そこんとこ。


ま、こーゆーのは、人それぞれ、家庭それぞれなんだろうけど、
そういうのを経てきていると、人は強くなる、
っつーか、強くならざるをえないんだろなー。

・・・っちゅー流れになっちゃったから、
もうこのまま読書録に突入します!


まず、カウント。
(1101)マンガ 『海街diary 5 群青』 吉田秋生

  つくづく、このマンガは「日常」だなぁと思う。
  
  今回のタイトルになった群青で、
  空の青さと神の存在をかぶせ、
  それと自分たちの対比をしていたが、
  ま、確かにそーなんだよね。

  それを神というのかどうかは
  それぞれかと思いますが、  
  人の命がなくなろうが、
  胸がつぶれそうなくらい悲しかろうが、
  陽は昇るし、空は青いし、雨も雪も降る。

  病気のことを知った「えびす」さんが、
  神の存在のことに言及するが、
  腐人は神様がおろうがおるまいが、
  結局のところ、人間のことは人間がするしかない、
  と思ってる。

  というか、結局、あれこれゆーとることって、
  ニンゲンが生み出した「社会」っちゅー
  共同妄想の仕組みの一環なんだから、
  神に話もってくんな、自分のことは自分でせぇっ!て話よな。

  ・・・ミモフタもない・・・(~_~;)

  だってさー、腐人がこーゆーことゆーと、
  「宮本武蔵もゆーとろう、
   仏神は尊し仏神をたのまずって」
  とガキの頃からいわれるよーな環境だったもんで、
  腐人としては、
  金と依存が絡まなきゃねー
  カミサン、信じてもええねんけどねー、
  ってなったってしゃーないやろ、うん。  

  そう、どうも「神」って言葉をきくと、
  札束と精神依存がちらついて、
  敬遠したくなんのよね・・・(;一_一)

  なので、勝手に「自然」に置き換えさせてもらって読みましたが、
  そう思えば、結局、人も大きな流れの中の小さな存在にすぎず、
  死なない人はいないわけで。

  むしろ、どういう最期を迎えたか、
  また、その後のエピソードにあったように、
  何を残したか、そのんが重要な気がするんだよね。

  だってさ、たぶんこの鎌倉の人たちは、
  カレーやアジフライを食べるたびに思いだすよ。

  それがたとえIPS細胞のようなものでなくっても、
  そういうものを残すことができたってのが、
  まさにおばちゃんの生きた証のような気がするんだよな。

  で、美味しいねって食べるたびに、
  ちょっと悲しくて、ちょっとさみしくて、
  でも、とっても幸せになれる。

  なんか最近、それが供養ってやつなんかなーと思う。

  
  うーん、このマンガ、ホントに身近な日常な分、
  思うところがいろいろあるわー。

  すずの母ちゃんの話だって、
  ろくでなしの弟の相続話だって、
  幸の病気の話だって、
  お茶のみながら、いくらでもベラベラしゃべれそうだ。

  家族は、家族であるがゆえに、難しいもんもあるしねぇ。

  ターミナルケアなんか、まさにその究極で。
  どうすることが正しい、ってなもん、ないもんね。

  そういうとき、
  やはり人は神の存在を求めちゃうのかなぁ。

  いやはや、読めば読むほど味があるマンガだわ。
[ 2012/12/11 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

『うどんのうーやん』という絵本

た、たまらん・・・。
なんなんや、この絵本はっ!!!

そもそも絵本って、
いろんな約束事から、ものごっつい自由なんですが、
それでもこれほどのもんは、なかなかお目にかかれない。


どーゆー話かといえば、まず1ページ目をあけると、
うどん屋さんに出前の注文が入ります。

注文内容は、きつねうどんが一丁。

「うーやん、出前たのむわ」
「ほな、いってきますぅ」

っちゅーて、うどん自身が出前に走る
それも、別に丼に足が生えるわけではない。

もう、どっからつっこんだらええのかわからんまま、
次のページにいくと、

「うすあげとねぎ 忘れとるでー」
「おはしもやー」

と、うすあげとねぎとお箸が後をおいかける。

・・・・・・・・・。

そらな、絵本っちゅーのは、
既存の概念に囚われへんもんやけど、

「なんじゃこりゃー!!」

と叫びたなってもしゃーないやろ?これ。

こないなると、
お話がどないなるんか気になって気になって。

予想もつかない展開の、
さらにナナメ上をいくストーリー。

「なんでやー!」
「ありえんやろー!!」
と、ページをめくるごとに叫んでしまう。

最後の最後に、とんでもないもんが出前されるんですが、
ちょぉ待てや、自由ゆーてもほどがあるやろ!!
ここまでとは誰も思いつかんわ!!

・・・ホント、すごい本です、これ。


腐人がこの絵本の存在を知ったのは、
産経新聞の書評。

前もゆったと思うが、
腐人は他人の評ってのは基本的に参考にしない。
知ってる人はもちろん除いて。

なので、新聞の書評も大抵ナナメ読みするだけなんだが、
これは、関西弁の絵本とゆーこともあり、
ちょっと読んでみたいな、
っちゅーか、
姫に読み聞かせしちゃりたいと思ったのだ。
もちろん腐人のネイティブ関西弁で!

したら。
こ、こんなにおもろい絵本とは!
思いもよらなんだぜ!!!

どうおもろいんかは、
これは言葉で説明しても全然届かない。

ぜひ読んで、
「なんでやねん!!」と突っ込んでください。

っても、腐人は、これが500円やのうて、たとえ50円でも、
普通の、きつねうどんがええ・・・(-_-;)。

なんで天ぷらやないねん・・・
いや、っつか、それ以前よな、これ・・・。


(1086)絵本 『うどんのうーやん』 岡田よしたか

※上記文中の「 」内引用は、腐人の記憶だよりなので、
 実際とは若干違う可能性があります。
 けど、だいたいこんな感じです。

[ 2012/12/10 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

興味深い裁判

大阪地裁で、興味深い裁判が開かれている。
ああ、傍聴したかった…(>_<)

中身は税金のこと。

その会社員男性は、市販の競馬予想ソフトを自分で改良し、
馬券購入をはじめたんだそう。

元手は100万。

始めたのは04年らしいが、
裁判で問題になってんのは、07~09年。
それ以前が不問なのは、時効の関係か?

で、その3年で、計28億7000万円分の馬券を買って、
当った配当は計30億1000万。
1億4000万円の利益を上げた。

で、これに対する税金が、今回の裁判ネタである。

税務署の見解では、当った配当は計30億1000万から、
当たり馬券の購入額1億1000万円を経費として控除し、
利益は、残りの29億円として、
5億7000万円分を脱税したとした。

一方の男性は、ハズレ馬券分も経費として認定すべきだっちゅーて、
利益は1億4000万円であり、それに対して税額をだすべきだ
税額が5億7000万円にもなるのはおかしいと主張。

男性の年収は800万らしく、
こんな額、一生かかっても払えない!と訴えた。

ふむ。
個人的には、男性の言い分のが理がありそうだが、
この人、確定申告してなかったそうで。

…それは、いかんだろう。

なので、無申告加算税も発生し、追徴課税額は、6億9000万円。

うーん…ここまで積もると、
万歳して破産したほうがよさげよなぁ…。


ま、それはともかく、このハズレ馬券を経費認定するかしないかは、
結構見解が難しいんじゃないかと思うが、
大阪国税局は、所得税法34条2項の
「収入を生じた原因の発生に伴い直接要した金額に限る」
ってのを根拠に挙げてるそうで。

うーん…(~_~;)
屁理屈かもしれんが、
その収入を生じさせるために、
データの蓄積が必要であり、
そのためには馬券購入回数を増やさなければならず、
これも直接的に関係してくる必要経費である、
と主張したいところだな、個人的には。

法人税だって、赤字だしたら繰越になるわけじゃん?
なんでここではその赤字を認めないの?
って気になるもん。

…って、要は、確定申告を真面目にやって、
これまでの赤字をためときゃよかったってこと??

腐人はこーゆー一時所得の確定申告とは縁がないんで、
そーゆーのができるかどうかわからんですが、
理屈で片付けるなら、そうなるような気もするが、
どうも、雑所得(株やFX)と一時所得(競馬とか競輪とか)では
性質が違うらしい。

でも、なんか納得いかん。

特に今回、口座通して売買してる分、
購入に費やした額も明白なわけだし、
そこんとこぐらい認めてやったらいいのに。


ただ、男性が、なんで申告しなかったかって点で、
「申告する意思はあったが、
 一生かかっても払えない税金を負うため、
 申告できなかった」
とおっしゃったらしいが、
これ、下手すると、
隠蔽意図とられて、
重加算税かかってくんじゃねぇの?


ま、なんにせよ、
司法がどういう判断くだすのか、
非常に興味深い。
[ 2012/12/09 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

冬の果物

●ミカン

冬、すごく楽しみにしている果物がある。
それは、有田みかんちゃん。

関西にいたときは、その旨さやありがたみを
まーったく微塵も考慮せず、ばっくばっく食ってたが、
関東だと、売ってるミカンが違って、酸味が強いのだ。

腐人がもし、生まれてからずっと
この関東で売られてるミカンを食べてたら、
この味を「ミカン」と記憶し、
有田を食べると、
「なんじゃこりゃ・・・」
と思ったかもしれんが、
腐人は関西育ち。

ベースが有田なのよ!!
甘くて、汁気がぶりぶりじゃないと、
ミカンじゃないのよ!!

だから、関東にきて以来、
ずーっと不満がくすぶり続けてたんですが、
ここ数年、関西在住の知り合いが、
お歳暮で、有田を送ってくれるようになって
それがもう、楽しみで楽しみで(●^o^●)

待ち遠しくってたまらないヽ(^o^)丿

ただ、この有田くん。
足が早い。

そもそも配達が、クール便で、
「お早めにお召し上がりください」なのだ。

以前、あまりの旨さに、もったいない病がでて、
大事に大事にしてたら、大事にしすぎでダメになってしまった。

ああ、もったいない・・・(/_;)。


以来、腐人家では、このミカン箱が到着すると、
我先にと奪い合いになる。

「ちょっと!そんなに食べるの!?」
と言われても平気さ♪

「だって、これ1週間もたないじゃん」
っちゅー、印籠があるから。


それにしても、
この有田の甘さと旨さとジューシーさは
何が違うんだろう・・・。

本当にね、
どこまで甘いんだー!!といいたくなるほど
甘くて旨い。

たぶん品種としては、
他地域でとれるものとあまり違わないと思うんだけど、
なんか別格なんだよなー。

ミカン大好きだけど、食べすぎだから禁止令が
ママからくだされた姫も、他のは見向きもしなかったのに、
一房だけ・・・と有田を食べた瞬間、
目がキラリーンと光って、
皮のむけたミカンを自分の皿に確保しはじめた。

3歳にして、この味の違いがわかってしまうって、
この先、苦労するぞ、あんた・・・。


ま、上でも書きましたけど、
この辺は、脳の既成概念が、何を美味しいと思うかに
大きく影響することだから、
いやいや、ミカンは酸っぱくなければ!とゆー方には
あまりあわないかもしれません。

でも、腐人にとっては、この有田くんの到来が、
冬の楽しみであり、また冬の風物詩なんだよなー。



●リンゴ

今年、紅玉をみつけた血族が、ジャムを作った。
これがベリ旨で。

以来、リンゴジャム作りにハマってるんだが、
正直、紅玉がなかなか手に入らない。

店できいても、
「あーあれは今、あんまり作ってないからね」
という。

なんでだ!!

しょーがないので、
サンふじとか、ジョナゴールドで作ってみたが、
紅玉が一番、美味だ。

総料理長いわく、
「酸味がある程度ないとダメなんだよ」
とのこと。

レモン汁とかで調整しても、
やっぱなんか違うんだよなぁ…。

食感もねー、全然ちがうの。
あのシャリシャリ感が欲しいのに、
ジョナに至っては、ほとんどペーストになってしまう。

うーん・・・品種の違いで、
ここまで結果が違うとは思わなかった。
甘かったな…(-_-;)


ぶっちゃけ、
サンふじジャムも、ジョナジャムも、
十分旨いから、それで妥協すりゃいいんだが、
やっぱり紅玉ジャムが食いたい。

ってことで、店のおっちゃんに、仕入れてきて!と頼むが、
「いつ出るかわからんよ」
と言われる・・・(;_;)。

そんな矢先、
プラプラ歩いてた出先で、紅玉を発見!
ぶらぼー!!

やた!と、後先かんがえず買いこんでしまい、
重い・・・(ーー;)

重いけど・・・これで食える!!と喜んで巣に戻ると、
総料理長が言った。

「紅玉きたってー」

・・・いいですよ!食べますとも!!
「一日一個のりんごは医者を遠ざける」ってゆーもんね!!!

・・・でも、ジャムにするためには、
このリンゴの山の皮を剥き、
芯をとり、細かく刻まねばならない・・・(-_-;)

タダでは旨いものって食えないのねぇ・・・。



●キウィ

ミカンにリンゴにキウィ。
これが、腐人家での冬の果物のメインかなぁ。

そのキウィなんですが、
腐人家では、いつも某農園から送ってもらう。

他人様にあげる場合は、
大ぶりで、形の揃ったものを送ってもらうが、
自分ん家で消化するものは、味さえよければいいので、
無選別のお得もんを買う。

これが本当に旨いので、
正直、店で買う気になれないのだが、
先日、王子のパパが出張土産にくれたキウィが、
目から鱗のものだったんだ・・・。

それは、名前を「レインボーレッド」という。
こんな感じ。

レ

ちなみに下のほうにあるのはナシです。
これは違うので、お間違いなきよう。

半割りにした見た目は、
キウィというより、イチジク。

でも食べてみると、ほんのり酸味があって、
あ、これはキウィだ…と思うんだが、
その甘さが、これは何!?って感じで、
まさに未知との遭遇…。

こういう珍しい果物を食べたときって、
たいてい脳で、
「あ、これは××に近い」
ってな信号が走るんだけど、
今回は、まったくヒットなし。

この酸味と甘味のバランスは、
強いて言うならイチゴに近い…(~_~;)?

いや、でもなんか違うよなーと思って、
もう一口、もう一口とやってたら、
なくなってしまった…orz

…王子パパーッ!
もっかい買ってきてーっ(>0<)!!!

これは本当に、言葉で表現できないので、
ご興味ある方は、ぜひ見つけて食べてみてください。

[ 2012/12/08 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

この~き なんのき やるきなし

惰性で、ついポチッとやったあと、
「アーッ!!!」
ってなることありますよね。

え?ない?
腐人だけ??

ま、ちょいとそゆことありまして。
電話が繋がらなかったので、
早起きして朝イチで電話したらリカバーできるか!と頑張ったが、
無理とのこと・・・(/_;)

己が悪いとはいえ、そのチョンボが響いて、
今日はなーもやる気になれん(=_=)。



ってことで、ここ数日書いた記事のフォローしましょかね。

まず、5日に書いたコンテンツ論で、
「強いコンテンツをもってなきゃ、
 ゴミみたいな扱い」
って話ね。

これ、別に恨みつらみとか、妬み嫉みを言いたかったり、
負け犬が遠吠えしてるわけでもなく、
ヒエラルキーの上にいる人たちを批判したいわけでもないんで、
そこ誤解なきようお願いしますねー。

ホントにね、事実っつか、現実を言ってるだけなんです。

ゼネコンとかでさ、
親がいて、元請けがいて、下請けがいて、さらに孫請け・・・
って構図あるでしょ。

例の東電もそうだけど、東電社員は東京で過ごしてるが、
孫請け会社に雇われた人は、原発で作業してたりするわけだ。

この力関係のヒエラルキーがね、
コンテンツ業界にも、ものごっついガチガチにあって、
ま、ご想像どおりの、
上は天国、下は地獄な絵図になっとるんですな。

といっても、好きでやってることだから、
そこそこ食えたらいいや、的なとこはあったのね。

が、そのバランスが本当におかしくなってきたのは、
やっぱネットの隆盛、コンテンツ収益の下降がはじまってから。

それまでは安いとはいえ、
最下層でも、なんとか食えなくはない数字だったのが、
どう考えても、それおかしいやろ、
あれだけやって、たったこれだけか!?
っちゅー数字になってきた。

といっても、
じゃぁ、親や元請け、下請けがごっそり中抜きしてんのか
ったら、そうでもなく、
はっきりいってしまえば、産業全体が稼げなくなってんだよな。

なので、頭抜けて突出してる人はいい。
これはどういう状態でも食える。

問題はその下だ。

この業界は、ある種の徒弟制度みたいのがあるんだが、
師匠クラスの下にいた、そこそこ層、さらにその下の下っ端層、
ここらが、もうかなり逼迫してきててね。
アニメに限らず。

『出版・新聞絶望未来』の中で、
マンガ家を見切って、すっぱり足を洗い、転職する、
といった方の話があったが、
このコンテンツ産業は、
本当にその職業選択領域まできちゃってる・・・。

ということが言いたかったんです。


でもまー、芸術とかコンテンツとか、
その世界は、とてもシビアで、
才能がなければ価値がない。
クソには誰も金をくれないのだ。

だから、ファストフードのバイトのように、
何時間やったからいくらくれ、とか、
三流でも作ったんだから金くれ、ってな価値観は、
ここにはもってきちゃいかんと
腐人は思うンだけどねぇ。

だから、ここにベーシックインカムってのは、
腐人はひっかかる。

それよりも、年数区切って金を貸す、
その間は死に物狂いで専念せぇ!
で、売れたら返して。

売れなかったら職業かえて、ゆっくり返してっちゅー
奨学金のような基金をやったほうが
本人のためにもいいと思うんだがなー。



そいから6日に書いた木村さんの話。

木村さんは小さい頃、
ものすごくコンピューターに興味があったらしい。

でも、実際触ってみると、これはダメだと思われた。

なんでだったら、
これ自身が考えることをしないから、
だったかな、
結局のところ、これならどうだ、あれならどうだというのを考えるのは
ニンゲンでなければならないとこが、
木村さんとしては不満だったらしい。


っても、今のスマホとかみてっとさ、
そうとも言えないような気もする。

翻訳コンシェルのCMみてて、
「わ!ほんやくコンニャクだ!」
と思ったのは腐人だけではあるまい。

とうとう、ここまできたか・・・(-_-;)。


ただ、コンピューターってのは、
あくまでもデータを蓄積し、そこから推測する、
しかできないんだよな。

新しい発想を生み出すとか、
全く無関係なことをヒントに、これまでの常識をひっくり返すとか
そういうことはできない。

あくまでも、
「この商品を買った人は、こんなのも買ってます」
とか、
「履歴からすると、このあたりが
 同じような傾向のある人が買ってます」
なのだ。

ちなみに、腐人はコレ、大キライで
やられてるのみつけると速攻でオプトアウトしますが。


でも、知識やデータを記憶させるって点では、
人の脳味噌よかずっと優れてる。
ただし、検索機能が上手く働けば、だが。

現実的には、
もうこの先、機械なしで仕事はできないんだし、
お互いの足らないところを補いあう形で使って
共存してけばいいんじゃね?
とか思いますが、
なーんとなく最近、その度合いが行き過ぎてるような気がするんだよな。

アインシュタインの予言が的中しそうでねぇ。

便利だったら、なんでもいいの?
それによってどういうことが起きるかわかってる?
と、煙たいことをいいたくなる。

でもま、それを言う資格があるのは、
深く深く考え、挑戦しつづけた
木村さんや山中教授のような方だけかも。


そういえばポアンカレ予想を解いたペレルマンも、
彼が解くことができた最大の要因は、
どこまでも深く考え続ける力があったから。

それもただ計算をするではなく、
これならどうだ、あれならどうだと、
試行錯誤をくりかえしていくっちゅー
そういう領域になると、
コンピューターは人にかなわないんだろなー。



っちゅー腐人はしょせんショミンなので、
マンガよんで憂さ晴らしすることにしまーす!
  ↑
 おい・・・

[ 2012/12/07 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

『奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録』について

奇跡のリンゴ、という言葉は、
ちらほら耳にしていた。

でも、具体的にどーゆーものかは知らず、
知りたいなと思ったのは、
高野誠鮮さんの『ローマ法王に米を食べさせた男』
紹介されていたのが、きっかけだ。

それで、本を入手し、読み出したのだが、
いやー・・・すごい。
すごいとしかいいようがない。

腐人はここのところ、コンテンツの未来について
いろいろ考えてはいるが、
まだまだ沈思も努力も足らないなぁ・・・と反省した。

でも、ここまでは無理・・・(;一_一)


とりあえず、最初にカウントしときましょーかね。
(1076)一般本 『奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録』 石川拓治


木村さんが、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で
紹介されたのが2006年。

テレビをご覧になられた方は、内容をご存知かもしれませんが、
すごくざっくりまとめると、こんなかんじ。


リンゴってのは、原種はコーカサスなんだそうで、
それは、ちっこくて固くてすっぱくて、ってなやつらしい。

そこからヨーロッパ、アメリカを経て、
品種改良されたものが、明治の頃、日本にやってきた。

その後、農薬や肥料を使って栽培することを軸に、
リンゴの栽培方法ってのが、広く浸透していった。

ここ、腐人みたいに農業と縁遠い人には
よくわからなかったんですが、
この農薬を使うか使わないかは、
ものすごく大きなターニングポイントなんだそうで、
農業の考え方が、
異次元といっていいほど、根っこから違うらしい。

詳しくは本書読んでください。
腐人は、目から鱗が落ちました。


で。
木村さんは、そんな慣行栽培(農薬や肥料をつかう一般的な農法)で
リンゴ栽培をやっている農家の次男に生まれ、
いったんは集団就職でサラリーマンをやるが、
その後、諸々あって、リンゴ農家に婿入りする。

最初は、従来どおりの農薬や肥料を使った栽培をしていたが、
奥さんが農薬に弱い体質で、
農薬散布作業をすると1週間寝込んでしまうそうで、
なんかええ方法ないかなーと、いろいろ模索されてたときに、
福岡正信さんの書かれた1冊の本と出会う。

そこから自然農法への挑戦がはじまり、
筆舌に尽くしがたい艱難辛苦を乗り越え、
絶対に不可能だといわれたリンゴの自然栽培に成功する。

その過程で、どんだけ苦労されたか、
どんだけ支えてくれる人もいたか、
なにがきっかけになったか、
などなど詳しく書いてあるので、
ご興味ある方は、本書をどうぞ。


でまー、自然農法に挑戦されてから20年以上が経過した今、
木村さんの奇跡のリンゴが欲しくても、
買うことはできないらしい。

オフィシャルホームページによると、
本当にどん底だった頃から応援してくださってる方も含めると
数千人の方が顧客でいらっしゃるそうなんだが、
収穫数が限られているため、
こういった方々にすら行き渡ってない状態なので、
新規の方は受け付けられないとのこと。

ま、そらそだわな。
本当に苦しかったとき支えてくれた
古くからのおなじみさんこそを大事にすべし、
で、人としても、商売としても、正しい。

それに、「えーじゃぁ食べられないのー(~з~)」
なんて言う必要はなく、ちゃんとフォローがしてある。

木村さんは日本全国どころか世界まで、
自分の経験や手法を、惜しみなく教授し、
さまざまな講演活動を行っているため、
同じ自然栽培でつくった方のネットワークがあるのね。

だから、そのオフィシャルホームページに問い合わせれば
木村さんの、ではないけれど、
同じ自然栽培農法で作ったリンゴを
買える方法を教えてくれるそうなのだ。

ほほう。

で、それを是非とも応援してくれ、とある。

ってのも、そこにも書かれているが、
自然栽培は、切り替えてすぐに美味しいものが
わんさと収穫できるわけではない。

安定した品質のものができるまでには、
今まで農薬や肥料になれてきた土地や植物そのものを
変えていかなきゃならんので、
ものすごく時間がかかるそうなのだ。

そのため、自然栽培に切り替えた農家の方々は、
軌道にのるまで、金銭的に苦労されるらしい。


だったら、高く売ったらば?とか、
腐人は思っちゃうんだが、
木村さんは、このすごく手間暇のかかる無農薬のリンゴを
農薬使ったリンゴと同じ値段で販売する。

1個1000円とかゆったって売れるだろうに。

なんでそういうことをするのかというと、
木村さんが目指しているのは、自分の利益ではないから。

「もし、無農薬のと農薬のが、同じ値段なら
 消費者は無農薬を買うよね。
 そうしたら、農家が無農薬での栽培をやりだすだろう。
 それが大事なんだ」
とおっしゃる。

でも、その切り替えには、
木村さんご自身が体験したほどの苦労には及ばなくても、
大きな苦労がある。

だから、途中でくじけないよう応援して、
ということらしい。
※腐人解釈ですが。


それにしても、なんでそんな時間がかかるのか
っちゅーのをもう少し掘り下げると、
それまで農薬や肥料をまいてた田畑では
植物は根をのばさずとも栄養がもらえるので、
自分たちでなんとかしようとする力が
欠けているからなんだそう。

その例えとして、
「農薬や肥料を与えられるのは
 運動もろくにしないのに
 食べ物ばかり豊富に与えられる子供」

という表現をされてるんだが、
あまりの的確さに、ひやっとするものがある。

傷つけられないように、
大事に大事に甘やかされた子供が
競争社会にポンッとほうりだされたら、
その打たれ弱さの結果、すぐにダメになる・・・
なんか、今の若者像と思いきりかぶってこないか?

いかん、話がずれてきたが、
要は、そんな感じで、切り替えて数年は、
思うように収穫ができないらしいのだ。

そゆことなら、買おうかな。
今、リンゴはまってるし。

っても、ジャムづくりなんですが、
リンゴが自分の力だけでみのらせた果実というものが
どんなもんだか食べてみたい。


それにしても、この根っこの話、
土の下に、根っこがどれだけ伸ばせるか、
これが重要だとあるのだが、
これ、人も同じだと、腐人はつくづく思う。


そう・・・これさ、農業の本ではあるんだが、
なかね、腐人には、ものすごく哲学の書みたいな印象がある。


例えば最後に、こうある
(っても、記憶だよりなんで、正しくは本書よんでー!)。

「文明がどんだけ発達しても
 人は何かを食べないと生きていけない。 
 そう考えれば、人は植物の寄生虫であり、
 農業は人命を支える根っこだ」


なんかね、最近、コンテンツ論とか、
ネットデジタル社会や富裕層への税金などを考えてて、
ふと思うのよ。

ああ、これ、『イワンのばか』だなーって。

この話、大人になって読むと、
ものすごく深いものを内包してて、
背筋が寒くなるんですが、
このお話のラストにね、
悪魔の親玉が、イワンをたぶらかそうとやってくる話があるんですよ。

イワンは自分は農夫だから、といって、
王様になっても、田畑を耕す毎日を送ってて、
そこにやってきた親玉が、
「もっと頭を使って働きなさい。
 その方が、ずっと楽にたくさん稼げますよ」
ってなことを言う。

イワンは、なら、その方法をぜひ国民に教えてやってくれ、
といって、広場にかなりの高さのある演台をつくり、
そこで親玉に話をさせる。

親玉は、こうすればもうかる、こうやれば楽できる、と、
ずーっと話をするんだが、
イワンも国民も、「働く」ってのは、
「自分たちが食べたり着たりするものを作る」って思ってるから、
親玉の言葉を額面どおりにうけとめていて、
この親玉が、いつになったら、どうやって頭で食べるものをつくるのか、
そこしか興味がない。

あったりまえだが、そんなことは不可能で、
でも、イワンも国民も、
親玉はいずれ頭から食べるものや飲むものをつくるんだろうと、
なんの差し入れもしないまま、ずーっとしゃべらせる。

何日目だったか忘れたが、
飲まず食わずでしゃべりつづけた親玉もとうとう力つき、
高いハシゴの上にある演台で、ふらふらよろけだし、
最後は、頭から階段落ちし、土の中に消える。

その落ちる様をみたイワンは、
「頭をつかって働くって、痛そうだな。
 おれにゃー無理だ」
とゆーんだが、
この寓話、ものすごく現代を象徴してるよーにみえるのは
腐人だけか?


人はものを食わなければ死ぬ。

とても単純なことなのだが、
その食べるものにどれだけ関心をもってるだろう。

皆が皆、悪魔の親玉であることを選んでいったら、
人は、いったい何を食べるのか。

なーんかなー、
最近、このことがすごく気になってしかたない。


腐人は八百屋と本屋にいくと
アドレナリンがどばーっと出る人なんだが、
実は、お高い有機栽培の野菜って嫌いだ。

なんか、イヤ。
オサレーなライフスタイルの押しつけみたいで、
ロハスとかも大嫌いなのよ。


でも、木村さんの農業に対する姿勢や考えには、
すごく納得がいくもんがあるので、
もし、自然栽培の野菜が、他のと同じ値段で売られてたら、
形がブサイクでも、多少よれてても、
これからは、それを買おうと思う。

問題は、流通販売ルートだよな・・・。

ホント、『ローマ法王』の高野さんじゃないが、
農家が自分で価格をきめて、直接売る、
そうなってかざるをえないのかなと思う。


にしても、本書のなかで、
研究者と百姓について書いてあるとこがあるんだが、
百姓って、すごい。

これはDASH村の三瓶明雄さんみてても
常々思っていたが、
経験に裏づけされた知識の広さと深さは、
本当にすごい。

なんつか、これから先、衰退してく日本で生きて行くのに
一番必要なものは、これなんじゃなかろうか。


木村さんは取材や講演活動で、
本業の農業にも支障が生じるほどに
なっているらしい。

でも、できれば、その知恵と知識と、なによりもその生き様を
これからの子供たちに教えてってほしいなぁ・・・。

ホント、いい本でした。

[ 2012/12/06 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

『出版・新聞絶望未来』とコンテンツ論の続き

今日は脳に余裕があるので、コンテンツ論。

あ、その前に、恒例の『遅咲きのヒマワリ』やるべか。

っても、昨日は、ダーリンがガス欠寸前になり、
あわててガス屋に飛び込んだりしたもんで、
頭20分欠け。

・・・ま、いっかー。

『ローマ法王に米を食べさせた男』でもあったし、
ありゃ確か『脳には妙なクセがある』か?
いや、『解決する脳の力』だったっけか?
どっちか忘れたが、なんかの脳みその本にもあったが、
人というのは、
自分が身内とみている人の評価は、認めないんだそうで。

身内ではない第三者が褒めていた、
外の人である第三者がいいと言っている、
こーゆーことならば、すっと耳に入って脳が理解するんですと。

ってのが、まーまさに、
このドラマの商店街復興における
ジュンイチとリョータローの位置づけで。

身内であるジュンイチの意見には耳を傾ける気がないが、
外の人であるリョータローの意見ならきく。

これについて、『ローマ法王』の高野さんは、
おかしな話とおっしゃってたが、
腐人としては、それがおかしいとかおかしくないとかは
どーでもよかったりする。

だって無意識下の行動でしょ?
おかしいと指摘して治るもんでもなし、
なら、そーゆーもんだとして、そこの「なぜ」は掘り下げない。

実際に使えるか、使えないか、
腐人にとっては、そっちのが問題なんだ。

この場合は、有効だってのが、
前のゆるキャラ提案からして明白なわけだから、
地元のおっさんたちの攻略法として、
いいようにリョータローっちゅー道具を使って、
こちらの思惑を成し遂げたらいい。

ひじょーにわかりやすくって、費用もかからんし、
ありがてぇことこの上ない。

と、思うんだけどねー

腐人家ではよく言われる言葉なんだが、
「立ってる者は、親でも使え」。

使えるもんなら、なんでも使えばいいんだよ。

商店街を復興させ、町を活性化し、
雇用を生み出すことが目的なんだから、
手段や方法なんぞ、どーでもいいのだ。

ってのは、このドラマに限らず、
いろんなことに応用できる、人の動かし方なんだけど、
それするには、
図太さと柔軟さ(っつか、日和見主義?っつか割りきり?)が、
必要なんだろなー。
ここのワカゾーどもに限らず、一般的に。

腐人は鈍感なので、わりとできるんだが、
普通は、どーなんだろね。

でも、こんなこともできないような、弱っちぃ性格だと、
この先の衰退社会で、生き残っていけないぞ?


それにしても、キンジさんの3歩は感動もの(ToT)!!

っつか、キンジさんの、「みたか!」の笑顔、
ハートにズキュンだわよ・・・



さて、では、宿題のお片付けいきましょうか。

今日はマンガの話が主。

『出版・新聞絶望未来』によると、
2005年から、コミックスとコミック誌の売上が、逆転したらしい。

たぶん、これだけきいても、感想は、「へー」ってとこだろう。

腐人自身、コミックス派で、雑誌は大嫌いと公言してるんで、
一個人としては、「当然じゃね?」と思う。


しかし、これ、実はものすごい大きなことなんだよね。

先日、雑誌と書籍のなりたちみたいなことを
ちょいと読んだんですけどね、
日本の場合、この2つは全く違った道を歩んできたそうで、
確か記憶によると、
雑誌は、新聞の延長であり、
書籍は、小売や教科書販売の延長という、
物流ルートが全然違ったんですよ。

それは後に取次のシステムが確立し、統合されてくんですが、
それ以外にも、

●雑誌には広告が載せられるが、書籍にはできない
 →すなわち、雑誌は実売(実際に販売された、という意味の言葉)以外にも
  金が入る手法があるが、
  書籍は、本が売れる、それだけが収入源

●雑誌は定期刊行なので、売れるだろう数が読めるが、
 書籍は読めない

●雑誌のほうが利益率がいい
 →確か、雑誌17%で、書籍13%じゃなかったかな?と思うが、
  数字を控えたメモが紛失。
  みつけたら、確認して修正しますが、
  あると思ってた場所にない。どこいった!

  実はこれすごく重要な話で、例の逆転話を反映させると、
  利益率がいいものの売上が下がるってことは、
  利益を出すということが第一命題の会社にとっては
  死活問題なんだよね。

  余談になるが、常々不思議なんですけど、
  どーしてこーゆー数字を持ち出しての話をするとき
  「利益」ではなく、売上の数字を使うんだろう?
  「利益」で話をしないと意味ないと思うんだけど…。

などいろいろ違いがありまして、
ぶっちゃけ、
「雑誌が出版社の経営を支えてる」
と、ざっくりご理解いただけたらいいかと思います。

そして。
その中でも、
いまや日本で販売されてる本の3冊に1冊がマンガという状態なので、
コミック誌の売上減ってのは、
出版業界という産業そのものの根幹を揺るがす話なんだよ!

ってことなんですわ。


ちなみに、もうちと詳しくいいますと、
2011年の出版物全発行部数の
36%がコミック誌とコミックス、
64%がその他の雑誌と書籍。

雑誌だけでみると、
コミック誌は全体の25.9%で、
その他の雑誌は、74.1%。

書籍だけでみると、
コミックスが全体の64%で、
その他の書籍は、35.4%となんだそうです。

ま、ここに利益率を反映させると、
うーん…確かに、こりゃ出版不況だわ。


でも、コミック誌の衰退が
産業全部の衰退になんのかなぁ…?

もしそうだとしたら、まさに今の日本の家電業界と同じで、
いつまでもテレビという1品目に頼っていた、その姿勢や体質に、
問題があるんじゃなかろうか。



このね、利益率って話がでたから、
続いて腐人が本書読んでて気になったことをあげるとね、
版権ビジネスのことがすっごく気になったの。

腐人はマンガの版権ビジネスに
もっと力を入れるべきじゃねぇ?
と思う。

なんでかとゆーと、
版権ビジネスってのは、利益率がとんでもなくいいからだ。


え?そうなの?と思うかもしれないが、
すごくわかりやすい例があるでしょ、千葉の浦安に。

あれの運営だのなんだのは、日本のO社が負担する、
キャラクターやコンセプトを、版権許諾してるだけのD社は、
遊具のメンテ代も人件費も地代もかからず、
ただO社が稼いだお金の上前だけを、ライセンス料としてはねている。

どんだけじゃぶじゃぶ金が入っているか!

これ以上はあまりいえませんが、
その取立っぷりもすごいもんがあって、
あのコンテンツを1円たりとも逃さず金にして、
根こそぎ刈り取る姿勢と根性を見習うべきだと思う。


それにね、この版権ビジネスって、
強いキャラクターや作品がありさえすれば、
海賊版とクオリティ維持に目を光らせるぐらいで、
モノを作ったり、サービスや教育をしたりっちゅー大きな労力とか
大量の在庫かかえたりとかせんでも、
金が入ってくる、比較的美味しい仕事なのだ。

・・・っても、キャラクターや作品の力が弱まれば、
即、入ってくるもんが激減しますけどね。


日本のマンガ作品に関してはさ、
目の肥えた日本のマンガファンによって、
ある一定の評価はでてるわけじゃん。

したら、どれなら当たるかもわかってる分、
全く新規で生み出していくよりも、
ローリスクで賭けに出られる。

ぶっちゃけ、日本で、当たるか外れるかわからん新作マンガだすより、
ずっとずっとよいはずだべ?

っても、だからって新作マンガだすのやめちゃうのは、ダメで、
版権で生み出した益で、次の柱の育成をせんといかんのだが。


昔は、文化の違いで、少女マンガとか無理だろうと言われてたが、
やってみたら意外に売れたりして、
思いこみだったとわかってるでしょ?

未来工業の山田さんじゃないけど、
とりあえずやってみりゃいいのよ。

たぶん、外国人にとっては、学園モノなんか、
ある種のファンタジーを読んでるよーなもんだと思うンだけど、
一人のニンゲンとしての喜怒哀楽は、
恐らく万国共通なもんだから、もっとどんどんやってきゃいいのに。

腐人は、ここ、市場が潜んでると思うんだけどなー・・・。



ま、それはさておき。

マンガの現場も、今、かなり大変らしい。

本書にあったのだが、『海猿』の佐藤さんいわく
2009年に単行本をだしたマンガ家さんの数が、
全部で5300人。

そのトップ100人の印税が、全体の1/3を占める約7000万円。
残り5200人で、残った2/3となる。
つまり、残り5200人の平均印税は約280万なんだそう。

そしてさらにその下に、
コミックスを出してもらえないマンガ家さんがいる…。
ああ、世知辛い・・・(/_;)


上で書いたように、コミックスで外れると、
もともと利益率が低いうえ、
雑誌のように一定期間で売上と返品が明確にでるもんじゃないんで、
出版社にものすごく負担がかかる。

なので、マンガ家も大変だが、現場の編集さんも今は大変なようで、
これまた現場の本音が「第5章 クール・ジャパンの終焉」にあるので、
ご興味ある方は、ぜひお読みになられたほうがよろしかろう。


でも、もっと悲惨なのが、アニメ。

日本政府が予算をつぎこんで、やったらしいが、
肝心要の人材育成にまったく金が使われなかったため、
制作は人件費の安い海外に流れ、
若い次の世代がほとんどいなくなってしまったそうだ。

ってのも、無理はない。
作画監督ですら、一本30万という世界だそうで、
思わず、は?と言ってしまった。
だって、アニメってそう簡単にできるもんじゃないでしょ?
どんだけの日数かけて、んで30万なの?
割りあってねぇだろ、これ…。

上の人がそんななので、
20代のアニメーターさんになると、
年収が110万だそう。

こ、これは、ちょっとひどすぎでは?
っつか、最低賃金割ってね?(~_~;)

2008年データだけど、一人当たりの生活保護費
最低の山口県でも、157.47万円 だぜ?
ちなみに1位は山梨県の、251.53万円。
山梨なら、生活保護うけるだけで、収入が倍増だ・・・。

なんか、おかしくないか(~_~)?と思うのは、
腐人だけだろうか。


ま、そゆことなので、
アニメの制作現場に若い人が入ってこなくなってるらしく、
あるアニメ制作会社の平均年齢54.3歳。

…準限界集落っつか、準限界産業っちゅーたほうが
ええんちゃいますか、これ…。


っつか、つくづく思うんだけど、
クリエイティブな領域に、官をいれるのはどーなの(~_~;)?

腐人は、このそもそもんとこで疑問。

それって、宇宙人と原始人が結婚するよーなもんちゃうん?
失敗するだけやと思うねん。

で、実際、失敗しとるし…。

「官」ってのは、前例踏襲至上主義で、
「クリエーター」ってのは、前例を破壊してこそ意味がある。
あうわけないやん(~_~)。

ホンマに、税金の無駄遣いやと思う。
なにしとんかねぇ・・・。


だったら、どないしたらええんかといえば、
そーだねぇ、たぶん「官」というか「公」がすべきは、
ハードルをさげることのお手伝い、であり、
才能を埋もれさせないお手伝い、かなぁ。

もちっと詳しく言えば、
前者は、言葉とか法の「壁」の破壊。

アホなジョーレーなんぞで表現しばるなんちゅー
愚の骨頂をするんやのうてね

逆に通りやすくして、売りやすくしてやること。


後者は、人材育成になるわけだが、
ここで1つ、どーにもひっかかってしまうのが、
クリエーターって保護されるもんなの?
という疑問。

腐人はクリエーターに必須なのは、貪欲さだと思うのね。
表現に対する飢餓があるから、作品が生まれてくる。

それって保護されると、萎えてこんか?

ここで踏ん張って頑張って、
絞りカスになるまでひりださんでも、
お飯の保証がされてたら、
誰もその限界まで、自分を追い込んで、
新しいもん作ろうとはせんのんちゃう?


はっきりいって、
売れ出した途端、おもろくなくなる人っている。
それまですごくとんがってたのに、
賞とってメジャーになったら、
なんじゃこりゃなもんしか出て来ない。

そーゆーの、あると思うんだよな。

でも、腐人は、基本、
「クリエーターは、天職と思う人しか携わってはいかん」
と思うんだが、
人は生きるのに金がいるのも事実ではある。

この辺は、たぶん、
ハイリスクハイリターンと、
ローリスクローリターンの2つの道をつくって、
自己責任で選択してってもらうのがいいような気がする。



ちょっと個別の話に深い入りしちゃったが、
そゆ感じのことが現状でね、
それを踏まえて、「出版全体のこれから」を考えてみる。

腐人は、基本的には、この1回目でゆーた路線しか、
もう残らへんのんちゃうかと思ってんで、
「それだけで食う」という意味では、
『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』 にあったように、
業界の縮小化は避けられんと思ってる。

ぶっちゃけね、小説やコミックスじゃない分野、
実用系のものだって、
スマホやタブレットが進化し、通信費が格段に安くなれば、
恐らく駆逐される。

だって、スマホやタブレットもってたら、
ガイドブックもレシピ本もいらないもん。

「え?もっかい砂糖の分量言って!」
とかゆったら、復唱してくれるよーになんかなったら、
テレビの料理番組ですら、残れるかどうか。


そうやって、産業そのものが小さくなってった未来において、
腐人が不安に思うのは、出版物の質と人材枯渇。

質の前の多様性については、今のネット状態みてっと、
あんま心配してない。
ま、そこから玉だけ見出すのが大変だけども。

ただ、その質のキープには、
やっぱ編集の存在っている気がするんだよな。

その編集が、
未来は、もしかしたら「会社の人」じゃなくなってくるんだろうか。

それ、悪いとは言わないが、
でも視野に、作品に対する長期的展望がもてるのか、
という点で疑問があるな。

日本の終身雇用制度は、悪い面もあるけど、
雇用を保証してもらっていたからこそ、
仕事に打ち込めたって良い面もあるからさ。

作品を短絡的にしかみなくなり、
すぐにバカ売れするという結果がでなけりゃ打ち切り
って方針には、腐人は疑問がわく。

作家と編集、そして読者とともに成長するマンガや小説ってのも
あると思うからさ。

…ま、でも、編集の本音をきくと、
会社の人であっても、どうも先が全然みえてなさげだが…。


でもって、それより重要かつ大変なのが人材育成。
人は、すぐには育たないし、金がかかる。
これは腰をすえてやらねばならないことなのに、
この流れでいくと、人を育てる土壌が海外にいってしまい、
日本で人が育たなくなる。

まさに産業の空洞化ってやつ?

でもま、腐人もそうだが、
「好き」って気持ちが強い分野だから、
それで、繋がっていくのかなぁ・・・。

それこそ、クールジャパンの予算で、
クリエーター限定の生活保証制度というか、
奨学金制度っつか、相互扶助制度?みたいの
やってくれりゃいいのに・・・。


そういえば、人によっては、著作権の問題は?
とおっしゃるやもしれません。
実は腐人、ここあんま問題視してない。

なんでかっちゅーと、ここが気になるのは、
印税で生活してる人、できる人だから。

上のマンガ家でゆートップ100人なんかは、
著作権のことはすごく心配だろう。

そうじゃない5200人も、少しは気になるかもしれない。

でも、さらにその下、
コミックスすらだしてもらえない人とかは、
ページいくら、1カットいくらってな生活なので、
著作権がどーなろうが、
恐らく自分の収入とは、ほとんど無関係なのだ。

むしろ、もっとひどい、
「納品・支払い=著作権の譲渡&著作者人格権の不主張」
っちゅー、超一方的な宣告を押し付けてくるとこもある。

『海猿』の佐藤さんが、
テレビ局が契約書なしで本を発行した!と激怒されてたが、
ゆっちゃぁなんだが、
腐人は契約書があること自体に驚いたぞ。

だって、あの業界、ないのが当然と思ってるんだもん。

ま、それも下請法で、形だけ取り繕うようにはなったけど、
佐藤さんのように強いコンテンツがないと、
もうゴミみたいな扱いでっせ。

で、ページいくらで金もらってる立場だと、
それに対する抗議もあげられない。

下請法では、抗議によって発注取消しはダメとかゆってっけど、
切る気になれば、理由付けなんぞいくらでもできる。

はっきりいって、どーしよーもねーザル法だ。
単に天下り先つくりたかっただけじゃね?
と思うよ、ホント。


とまー、どこの世界でも底辺の現実は厳しいわけですが、
人数でいえば、圧倒的に底辺にいる無関係な人のほうが多いわけで。

だから著作権がどーたこーたゆってんのは、
虎の子と既得権益を死守したい出版社や、
優雅な印税生活送っておられる上層部の方々だけよねー、
いいわねぇ・・・
と、皮肉まじりなイヤミを言いたくなるんですな。


とはいえ。
底辺の中から、突如、大ヒットがでることもある。
そこが出版の魅力というか、魔力だよな。

なので、全く無関係とはいわない。
でも、その確率は、
砂場でダイヤモンドをみつけるぐらいのもんかもしれないけどね。


ま、そゆことで、それがいつになるにしろ、
法制度を現実にあわせたものにすべきなのは確かだが、
あまり多くの人に関係しないことだから、
腐人は、この著作権については、
あまり急いでもいなけりゃ、重要視もしてない。

むしろ、今は正直、コンテンツの未来形が
全く見通せない状態なので、
ある程度、目処がたってから、それにあわせて、
大きく改正したほうがいいと思うんだがなー。


とりあえず、
この本の出版に関係するとこの話で言いたいことは
こんくらい。


あと、新聞の話があるんだが、
これは、また今度。

いつになるかは、かみのみそしるー。
[ 2012/12/05 ] コンテンツ論&読書 | TB(-) | CM(-)

腐人も走る 十二月

っても、別に選挙に立候補するわけじゃございません。

これから花粉が舞い散る季節まで、
腐人の仕事は繁忙期に入るだけなんざんす。

っても、年々手抜きがひどくなってるが。

ま、そゆことで、
なんだか今日も仕事で脳みそを使い切ってしまい、
むちゅかしいことをかんがえられましぇん。


で、思いつくままにつらつらと。


先日のトンネル天井落下事故。

あのニュースをきいたとき、腐人が思ったのは、
「あ、はじまったか」
である。

これからどんどん落ちたり、崩れたり、っちゅー
インフラの老朽化事故が増えてくだろうが、
なーんも不思議はない。

コンクリでー
 ブツを作ればそれでいいー
  その先、メゲても
   ぼく知らないもんー


っちゅーやり方してんだもん。
※めげるってのは関西弁か?
 壊れるって意味です。



建造物ってのは、前に家の話でも書いたけど、
作ったら最後、メンテ地獄に堕ちるのよ。

これは別に日本だけの話じゃなくって、
アメリカでも、2007年にミネソタ州の橋崩落事故がおきていて、
第二第三の崩落事故が起こっても、
まったく不思議じゃないとは、ずっと言われてる。


今あるインフラの全部が全部、必要なかったとは言わない。
その多くは必要で、すごく貢献してきたもんだと思う。

ただ、ここに原発事故と同じ構図がひそんでないか?

いつ起こるか、
そもそも起こるかどうかもわからないものに対する備えに
多額の金を使うより、
もっと手っ取り早く効果が目に見えるもんに
金つかっとけ、とゆー。


そゆこと考えてて、
『これから20年、三極化する衰退日本人』
書くの忘れてたことを思い出した。

この本の中で、
このまま進むと行きつくであろう衰退社会2.0と、
更にその先にあるカオス社会ってのが
書いてあるんです。

そのどっちだったか忘れたが、
ものすごく思考が短絡的になり、
長期的な計画とかができなくなって、
政策にしろなんにしろ、すぐに結果がでるものを求めるようになり、
結果がでなけりゃ、別のやつ出せ!となる、
ってのがあったんですな。

でまー、それがインフラ計画の短絡性と近しいなぁ
と思うのと同時に、
腐人は韓国のことを思い出した。

はっきりいって腐人は
中国・韓国に興味がさっぱりないので、
学校の授業で習ったレベルしか知識がない。

が、ネット社会になって、
中国・韓国のニュースが、欧米ニュースより
わりとお手軽に日本語で読めるので、
ちょこちょこ読んでいる。

特に社会面系のニュースは、
あまりの感覚ギャップに、おもろくもあり、背筋が凍りそうにもなり、
欧米ニュースより愉しかったりする。

ま、それはどうでもいいんだが、
これと、衰退社会2.0(もしくはカオス社会)が、
どう繋がるかっちゅーとですね、
今年、山中教授がips細胞でノーベル賞とったでしょ。

あん時の韓国系の新聞がね、
すっごくおもしろかったんですわ。

ま、かねてからの関係で、
韓国という国は日本人がこういう賞をもらったりすると、
たぶん、他の国の人がもらう100倍ぐらい大騒ぎする。

でまー、その中に、
なぜ日本がもらえるのに、我が韓国はもらえないのかー!
ってなとこから、
自己分析をやっとるとこがあったんですね。

以下は、腐人の記憶だよりになりますが、

「今の韓国は、
 すぐに結果がでる(=金に結びつく)ことしかしていない。

 それは金を出す方もそうだし、研究する方もそうで、
 山中教授がやっていたような
 地道な基礎研究などといったことを
 手掛けることができないし、しない。

 これは研究という分野に限らず、韓国の国全体に蔓延してる」

みたいなことが記事になってたんですわ。


それ読んで、
「うっわー(~_~;)やだなーこんな社会・・・」
と思ったが、
別によそにもってかんでも、
自分の国がどんどんそうなってってんですよね・・・。

うーん・・・(~_~;)


今、こーゆーことゆっちゃうとアレだが、
原発はイヤ、なら、やめちゃえ、ってね、
ちょっと待って、化石燃料や原子力に代わる、
安定供給ができる次世代エネルギーが確保できてないのに、
それゆーの!?
と腐人は思っちゃうんですよ。

日本全部がこないだの登別みたいに
なってもいいならいいんだが、
現実みようよ、現実を。


以前、このブログでも紹介したが、
藤井聡さんの『公共事業が日本を救う』に、
高度成長期につくられたインフラのどれもが、
いつ何があっても、ちっとも不思議ではない、
ってな感じのことが書いてある。


腐人は関東に越してきて、もう××年になるが、
ここでは道路工事をしていないことがなく、
この工事が終わる日がホントにくるのか?
と思うぐらい、ずーっとほっくりかえしている。

以前、のったタクシーの運ちゃんに、その話をしたら、
「言われてみたら、確かにそーですねぇ」と、
笑われたが、これ、笑ってていいことなのか?

そりゃま、この道路を延々ほっくりかえし続ける理由が
なんかしら、あるんだろう。

でも、国民からまきあげた税金は有限で、
なんでもかんでも使えるわけじゃないんだけど。

本当にそれは、今、必要で、大事な工事なの?

いつ崩落してもおかしくない古いインフラの
補強や置き換え工事よりも。

[ 2012/12/04 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

また1つ賢くなりました

すっげーどーでもいいんですけどね。

なんか今日は固い話をする気分じゃないんで、
トリビア?ネタでお茶を濁すことにします。


吉原理恵子さんの『二重螺旋』シリーズで、
クソ親父の件が影響して、いらん電話がじゃんじゃん鳴るから、
ジャック抜いてるってエピソードがあるじゃないですか。

で、用事があって掛けても
「ずっと繋がらない」
ってな表現されてたかと思いますが、
あれが実は、ちょっと違うという話でございます。


確かに繋がらないっちゃー繋がらないから、
あの表現でもいいと言えばいいんですが、
実は、
「受話器を外してる」

「電話線を切断してる(orジャックを抜いてる)」
では、
相手にきこえるものが違うんですね。

「受話器を外してる」は、
いわゆる話中コールの「ツーツーツー」なんですが、
「電話線を切ってる」は、
ツーツーという話中にすらならんのですわ。

そんときは、こんなアナウンスがながれます。

「おかけになった電話は、
 機器が接続されていないか、
 使用可能な状態でないため、かかりません」


要するに、なんかしら先方さんの事情で、
電話機そのものが稼動してへんから、
かけてもムダでっせーってのをわざわざ教えてくれるんですわ。


たぶん、これは、固定電話のサービスでやってる
「114 お話し中調べ」
ひいては、
受話器外れとの切り分けをするためだと思われますが、
腐人も初めて知りました。

※受話器外れだと、
 相手の電話を通じて警報をならしてくれるが、
 電話機への接続ができないと音が鳴らせないんで。


へー・・・。
アナウンスもいろいろ進化してんですねぇ。


とま、1つ賢くなったのはいいんだが、
この相手に電話できないと困るんだけど、
どーすっかなぁ・・・(~_~;)



そーいや『二重螺旋』と書いて思い出したが、
こないだ出た7巻は、
いつもの四字熟語シリーズじゃなかったですね。

コメントで、このタイトル付けに苦労するとありましたが、
読むだけのコチラ側としては、その苦しみは楽しみで。

縛りがあればあるほど、ハードルが高ければ高いほど、
ニヒヒヒヒとなるので、
できたらまた四字熟語、頑張ってほしいな♪

[ 2012/12/03 ] こだわり&読書 | TB(-) | CM(-)

『これから20年、三極化する衰退日本人』について

サブタイトルもポイントなので、
最初にカウントしときましょーかね。

(1071)一般本 『これから20年、三極化する衰退日本人 依存する人・搾取される人・脱出する人』 中野雅至


なんかタイトルみるだけで、くらーくなりそうだが、
でも、腐人の未来予測も、こんな感じだ。

なので、どーゆー未来予測をしてるのか、
自分のものとの比較で読んでみた。

感想を端的にいっちゃえば、
総論賛成、各論反対というとこか。

腐人も日本はこれからどんどん衰退してくとは思ってるし、
日本人が三極化してくのも、そうだろうと思う。

だから、姫や王子など身近な子たちには、
日本にこだわって囚われるな、
脱出できるようにしろ、
偏差値なんぞよりも
しぶとく生き残ってく力、サバイバル力と
精神的強さが必要だ、それを鍛えろ
とゆっている。

が、だ。

どーもこの本読んでると、個々のところで、
「えー(~_~;)?」
と思うんだよな。

まず、ききたいんですが、
なんでゼロベース思考がダメなの?

そりゃま、ゼロベースで考えるってことは、
=既存の権利やシステムや法を全部とっぱらうこと、
だから、実現性の点で、発想したことがすぐに叶うわけではない。

でも、その発想をまず最終目的とし、
それを成し遂げる道筋において、
既存の権利やシステムや法が、
どこでどういうふうに影響したり阻害したりしてるのかを調べるわけでしょ?

で、それでは、その影響したり阻害したりしてるものを、
改めたり、いっそのことなくしてしまうことはできないのか、
そもそもそうやって障害になってるってことは、
時代遅れのものが残存して悪い影響を及ぼしてるのではないのかと、
自分たちのやってきたことを冷静な目で批判する。

非難じゃないよ、批判だよ。

腐人はね、団塊世代以上のおっさんたちと話をしていて、
つくづくこの機能、「自己批判」つまり「自省」が欠落してると思うの!
それは公務員もそう。

その上で、いいものは残し、悪いものは排除して、
そんで、最終目的を達成する。
こうやることの何が悪いのか、
それが腐人にはわからない。

思いつきだけで短絡的に動くこと、
これをゼロベース思考と言ってないか?
それは違うだろう。

…ただ、そうやるバカが世の中に多いのは事実だが…(-_-;)

本来は、それはあくまで発端であって、
そこから掘り下げと検証を踏まえ、行動すべきなんだけどね。



公務員の話がでたから、そのまま続けるが、
著者の中野さんは公務員出身であるからか、
どうも公務員は是、の立場からの発言が多い。

腐人にはこれ、
どーにも固定概念に凝り固まってるよーにしかみえない。

最近よくやってるコンテンツ論において、
コンテンツ業界の人たち自身も、もうどうしたらいいのかわからないのに、
自分たちのこれまでのビジネスモデルの延長を
保持していこうということにしがみついてる図と
全く同じ構図にみえる。

腐人には、この公務員保護にこだわる中野さんの姿や
これまでの商習慣を守ろうとするコンテンツ業界の構図は、
緩慢な自殺をしてるようにしかみえない。

ただ、腐人は、先日、ここでも紹介した
『ローマ法王に米を食べさせた男』
高野さんのような公務員もいることを知ってる。

すべての公務員がね、高野さんのように働けば、
誰もバッシングなんてしない。
そこんとこ、わかってます?

要は、役人のくせに、役に立つ人じゃないくせに、
権利だけはガチガチにもってるから、
怒りの矛先が向くだけ。

きちんと結果を出してるプロ野球選手や、
すばらしい作品を創作してる漫画家が、
大金もらっても誰も非難しないでしょ?

本書のなかでも既得権益者のバッシングについて触れてるが、
要は、目に見える結果を出せば文句は出ないのだ。

っても、しょせん、ニンゲンだからね、
嫉妬ゼロの社会はありえないよ。
だから「出る杭は打たれる」っちゅー言葉があるんじゃん。

なのでね、腐人は常々、
そーゆーのに対し、
「それがどーした」
と言い放てる強さを持てと、ゆーとるの。


あ、ゆーときますが、公務員の条件を下げると、
ほら公務員ですらこうだから、
とかゆーのに利用され、
民間がそれにかこつけて下げはじめる、ってな話、
笑ってしまった。

そんなもん関係ねぇよ。
死活問題なんだから、
必要があれば公務員がどーであれ下げる。

それを条件にとかゆーちょーなこと言えんのは、
大企業だろう。
多くの中小零細企業は、そんなこたぁ関係なく、
自分たちの懐具合で、判断する。

でもって。
日本人の多数は、その中小零細企業に属してるんですよ。

なんかさ、これ、腐人には、
公務員の権利を既存のまま残そうとする
言い訳にしかきこえないなぁ…。


ちょっと外れますが、腐人はね、
高野さんや古賀茂明さんの著書読んでつくづく思ったが、
今の公務員制度の何が一番あかんかって、
公務員が公務員の世界ややり方しか知らんのが、
一番あかんのちゃうかと思う。

だから前例踏襲主義になり、
発想が貧困でガッチガチに固い。

なので、公務員の新卒採用はいっさいやめて、
もっと中途採用をしろと思う。

もしくは新卒採用した後、数年は修行として、
その行政地区の仕事、農業や漁業や工場や商店などなど
現場をまわって働かせてもらえ、と思う。

そやって経験つめば、何かをするにあたっても、
もっと発想や行動が変わるでしょ。

前に書いたが、役所の人と話してると、
「こいつ、どこみて仕事してんねん…(-_-)」
と思うこと、本当によくある。

なんつか、割り当てられた予算を使い切ることが仕事であり、
この目的である、とか思ってるでしょ?
このド近眼の視野狭窄、
現場みて、いっぺんその石頭をかち割られて来い、
とか思うのよねー。


話を本に戻そう。

本書のなかで、未来予測として、衰退社会2.0ってのが
書いてあるんですが、うーん…(~_~;)

端的にゆーと、あまりにマスがバカすぎる。
皆が皆、こんな行動とるか?

あ、それで思い出したが、条例について調べてたとき、
つくづく思ったが、行政に関わる人たちって、基本的に
「民衆はバカである。
 だから我々、選ばれし賢いものたちが
 正しく導いてやらねばならぬのだ」
って思考がね、もー根っこにはびこりまくってるの。

うんざりだ。

腐人はリバータリアンの傾向があるし、
そもそも
「ニンゲンが必要なのは、ニンゲンだけで、
 ニンゲンなんて害獣、一匹残らず駆除されたほーがいい」
と思ってる人だから、
ニンゲンが、その愚かさゆえに滅ぶのなら、そんでいいと思うのよ。

むしろ、拍手喝采?


「グローバル化とIT化とアウトソーシングが、雇用を奪う」

「原発ゼロというエネルギー政策によって、
 企業が海外流出する」

「公的部門へのバッシングが加速する」


などなどは、腐人もそのとーりだと思うよ。

なので、それがイヤなら自分で回避する力、
脱出する能力を身に着ければいい。

しょせん、国や社会なんぞ、人が勝手にうみだした集団妄想だ。
「考え」によってできてるもんだから、
人の数だけ違ってくる。
センカクなんかその象徴でしょ?

だからそんなもんがどーあれ、日本っちゅー国がどーあれ、
自分が生き延びる道、生き残れる方法を
模索すべしだと思うのよねー。
生きていきたいならね。


ってことで、総括すれば、
腐人としては、「ふーん…」で終わったこの本。

ま、腐人はこれからの人ではない年齢だし、
こうなることを見越して、
血を遺すことを拒否してきたので、
長生きしようとしなきゃいいだけ。
日本が滅ぼうが知ったこっちゃない。

ってな考えを中野さんは憂いてらしたが、
この辺はもー、根本的に相容れられない部分だわ(^_^;)。

だって、腐人は、ニンゲン大嫌いだもん。



ただ、だ。

すっごくひっかかったのが、ベーシックインカムの話。

これはやってはいけないと思うよ。

そもそも一人あたり240万円の財源は、
人が今と同じく働けば、って前提でしょ?

働くわけないじゃん。
社会主義国の崩壊っちゅー歴史を、しらんのか?

いやいや日本人とロシア人では、労働意欲が違うからとかゆーのは、
現実見てねぇ証拠。


腐人いきつけのメシ屋に、20代の女の子がおるんだが、
その子ははっきり言う。

「私、働きたくないんですよねー」

こんなのが生きてるだけで240万円もらえるなら、
働くか?
働くわけない。

団塊世代のように、
自分の欲望の増大と収入の増大が比例していた年代は、
恐らく死ぬまで消費意欲が強い。

でも、バブルを知らない世代、デフレしか知らない世代は、
収入が少ないなら、それにあわせて
自分の消費意欲をコントロールする術を持っている。

働かなくても240万もらえるなら、
生活を240万で抑える方法を編み出すだけだ。

結果、税収はどんどん落ち込み、
それを富裕層でカバーしようとしたら、
富裕層は国外逃亡を図るだけ。

そして、日本には依存すること、
ただ従順に隷属することしか知らない貧困層が残るだけだ。
それと、そこからむしりとる悪知恵をもった悪人と。


コンテンツ論でも思うんだけど、
皆を救う方法考えるから、
どーしよーもなくなると思うんだけどなー。

とゆー腐人が一番の冷血極悪人かもしれません。



なんか、このまま終わると、
すげー心が重たいかと思うので、
この本にまつわる楽しい話で終わりましょう。


この本、腐人が読みかけで、
しおりがわりのメモ用紙をはさんで転がしていたら
血族たちが興味をもって読み始めた。

のはいいんだが、はさんでた腐人のしおりメモを
勝手に抜いて移動させたりしやがったので、
ある日、腐人がキレた。

そして、自分のしおりメモの上に、
「腐人の!抜くな!!」
とでっかく書いた。

以降、この本には、各自のしおりがはさまれるようになったのだが、
ある日のこと。

姫が遊びにやってきて、この本をみつけ、
ぴろぴろ出ている紙が気になったらしい。

その中の一枚をするっと抜いて、
ママのところにもってきて、「はい」とやった。

血族とおしゃべりしていたママは、
なんかのメモかしら?と思ってみたら、
そこにはでっかく
「腐人の!抜くな!!」の文字が。

ママは瞬時にまっさおになり、悲鳴をあげた。
「キャー!姫!!
 これどっからもってきたのー!!!!」


姫(3歳)はきょとんとしておりました、とさ。

[ 2012/12/02 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。