腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > 月別アーカイブ [ 2012年11月 ]
10 | 2012/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『出版・新聞絶望未来』とコンテンツ論

単体でやろっかなーとも思ったんだが、
結局、これも行きつくところは、コンテンツの未来予測。

なので、まーどんなふーに話が転がるかわかんないんで、
両方またぎってことで。

まず最初にカウントしましょーか。

(1068)一般本 『出版・新聞絶望未来』 山田順

正直言えば、腐人はここに書いてあることの全てに
納得ができたわけじゃない。

賛同できたこともあれば、
そーかなぁ・・・(~_~)と思うこともあった。

たとえば、電子書籍。

前に書いたが、腐人はあれ、
「書物」と思っちゃいかんと思うの。

「書物」や「新聞」など紙媒体の本当の敵は、
電子書籍じゃなく、ネットだ。

また、「書物」や「新聞」の未来形は、
電子書籍じゃなく、コレクターズアイテム化。
蒐集家、嗜好家だけを対象とする稀少品となる。

では、電子書籍とは何なのか。
それはたぶん、人智の集積、ビッグデータの1つとして、
ネット世界にライブラリー的に存在するもの、
これに過ぎないのではなかろうか。

と思うとね、人類の持てる容量には限界があるんだから、
会社とか国とかの区切りを全部とっぱらって、
福井さんがおっしゃるよーな全メディアアーカイブデータをつくり、
必要がある人は、そこにアクセスする、ってやってったほーが
データの無駄な増殖も防げる気がするけどね。



山田さんは、既存の出版業界にどっぷり漬かってる方なので、
たぶん、いろんな方の顔がみえてしまうとこがあると思う。

でも、その辺をいっぺん取っ払い、
書店が潰れようが、取次が潰れようが、
印刷屋が潰れようが、新聞社や出版社が潰れようが
それら社員たちが失業しようが、作家が食えなくなろうが、
そんなもん知ったことか、
そーゆーの棚上げして、これからどーなるかを考える、
という視点に立ってみたら、それでも今と同じ結論になりますか?

腐人はそーゆーのないんで、あっさり言いますが、
『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』にあったように、
プロのクリエーターになってコンテンツで稼ごう、
コンテンツだけで食っていこう、という考えは、
もはやごく一握りの人しか無理、
それが現実であり、未来像だと思う。


いやいや、それでもあがきたい・・・というならば、
腐人が気になったことを書いてみる。

いろいろと、なぜ電子書籍が普及しないのか、
ってなことをかかれてましたが、
どれもこれも、なんか違和感がある。

なんでだろなーと思いつつ、世界の状況の部分を読んだとき、
すごく不思議に思ったことがある。

なぜ、「英語圏」だけがこんなにスムーズに
電子書籍がひろまったのか。

これね、「アメリカ」じゃないんです。
「英語圏」なんです。

「アメリカ」だけなら、アメリカの出版事情だとか、
アメリカの社会事情だとかが関係するのかと思うが、
「英語圏」なら話が違う。

これ、
「英語は、電子化作業が簡単」
ということなんじゃないのか?


というか、電子化作業について、本書に書いてあるが、
あまりに作業が煩雑すぎる。

こんなに手間も暇もかかってりゃ、
普及しないのも当たり前でしょう。

出版社の人にきいてみたいが、
もし、コストも手間もほとんどかからない、
紙の本をつくるデータを、
ピピピのピーとしちゃうだけでできちゃうなら、
「じゃ、これも電子版つくって並べとけ」
にならないか?

なんというか、ここに日本人の美点っつか
欠点が芽を出してないか?
「こだわりすぎ」とゆー。

本と同じに、
美しいレイアウトに、
読みやすい文字に、
こだわりすぎではないの?


ものごっつい乱暴なこといっちゃえば、
PDFに必要と思うDRMをかけられるプログラムだけ
開発すればいい。

で、一冊見本つくって、
出版社が自炊して、PDFのスキャンデータにそのDRMかけて、
それを電子版として売りゃいいのよ。

でもって、端末ごとにバグがないかなんてことに
手間暇金なんかかけなくていいの。

「これは、×××(端末名)で読んでください。他は保証しません」
こうしちゃえばいいの。

パソコンのソフトだってそうでしょうが。
腐人は普段XPをつかっているが、
7を使うときもある。

で、XPで使ってるソフトを7で使えるかメーカーにきいたら
「保証できません」といった。
ならいいよ、自己責任の範囲でやるから
とやってみたら使えた。

そんでいいのだ。

これはXPで使ってください、とメーカーがいってても、
ユーザーが7で使いたいってゆって、使ってダメだったら、
そりゃXPで使わないユーザーが悪いのだ。

なんか、この電子書籍に限らず、最近の日本の傾向みてっと、
ここんとこ、間違ってない?と思ってしまう。

昨日の飛行機の話でも思ったけど、
間違った顧客第一主義に陥りすぎじゃね?
お客様は神様ばかりじゃない。

クレームがくる?
んなもん知るか、読みたきゃ読める端末買え。
そう言い切ることも必要だと思う。

ゲームを考えたらそーだったでしょ?
**がやりたいから、このハード買った、
これを電子書籍端末にもさせりゃいい。

じゃなきゃ、どーしよーもなくなってった
日本の家電メーカーと同じ道を歩むよ。


そんでね、自社サイトで販売すりゃいいの。
そしたらプラットフォームやフォーマットの制約からも逃れられる。

本音いったらさ、
自分とこの本さえ売れりゃいいんでしょ?
違う?

なんかさ、
本は本屋で買うもの、そこにたくさんの点数があるもの、
っちゅー既存の商売概念に囚われすぎじゃない?
そのために、プラットフォームの思惑に躍らされ、
客におもねりすぎてると思う。


だってさ、ホント厳しいこといえば、
今の読者は、とりあえず読む、ぐらいなら、
スキャンレーション
(雑誌をスキャンし、ネームを翻訳して、上に自国語はりつけたデータのこと)
このレベルでいいと思ってて、
それがネットで手に入るから、雑誌が売れなくなってるわけっしょ?

作り手も、デジタルに関しては、
そんくらい軽く考えたらどうよ。

まーネットで入手できるのがタダだから、ってのがあるやもしれぬ。
金払うなら、
それなりのクオリティじゃなきゃ納得できない
とあるかもしれぬ。

これはいっぺんやってみればいい。
やってみなけりゃ、客の本音はわからない。

いっそのこと、紙で雑誌刷るの、やめちゃえば?
だって、紙でつくるから、スキャンされるんだもん。

でもって、作家があげた原稿を、DRMかけたスキャンデータで
出版社がサイトで売ればいい。
1ダウンロードいくらとかで。
※この場合、プリントアウトも不可能にしときましょうね。
 じゃないと意味なし。

もしくは、閲覧1回いくら、
ってのでもいいかもしれない。

新聞のデジ化、
ペイウォール化(課金モデルの1つで、ココから先は有料読者のみってやつ)で、
デジにすると1/10になるって結果がでてるけど、
マンガも同じか?
こればっかりは、やってみなけりゃわからない。

仮にやってみたと想像しよう。

発売日にサーバーダウンする可能性はあるが、
アンケートなくても人気がわかる。
そこに広告つけてやったら、広告費もとれる
(でも雑誌出稿よか安くなるだろうが)。
読者数がみえてくるから、コミックス発行の数も読め、
返品が減ったりしないだろうか。

でもって、1週間でデータを消す。
したら、まとめて読みたいと思えば、コミックス買うでしょ。

そんで、コミックスには、
これを買わないと!とユーザーに思わせ、
データ化のために断裁しようなんて思わないよーな
付加価値をつけて販売する。
コレクターズアイテムとして。


ま、これが実現できるんだかどーなんだか、
思いつきをただただ書いただけだから、
もっともっと検証がいるとは思うけど、
できなかないような気がする。

とはいえ、これでいったい何人が食えるのかはわからんが。


あとさ。
なんつーかね、この問題、まず一番にすべきなのは、

業界で働く人たちの、
凝り固まった既存の価値観をぶち壊すこと


これなんじゃないのかなぁ?という気がする。

美しい装丁、美しいレイアウト、美しい文字、
美しさの追求は、紙の世界だけでいいんじゃない?


それとね、この本読んでても思ったし、
業界の人とあうと思うんだけど、
「自分たちは賢いんだ」っちゅーニオイが、
もープンプンすんの。

前にマツコ・デラックスさんが、
雑誌編集者の多くがそうで、いやんなるー!
みたいなことゆってたが、
ホントあのマスコミにいる人たちの
無駄に高いプライドってなんなの?と、腐人も思う。

「自分たちが教えてやってる、それでマス(大衆)が動くんだ」
ってな考えが根底にあるからかねぇ。

だから、給料も高くて(っても、氷山の一角だけね、
マンガ家やアニメーター同様、下請けは悲惨)、
自分で自分の首を絞めてる。

そーゆーとこを、いっぺん全部崩壊させて、
早くゼロから作りなおさないと、
今まさに業界全体が断崖絶壁にむかって、急激に転げ落ちてて、
いつ地面がなくなるかわかったもんじゃないんだよってことが
わかってないのかなぁ。

いや、前に書いた『遅咲きのヒマワリ』のジュンイチみたいなもんで、
認めたくないものだな、自分自身の未来のなさを
って逃げてるだけだろなー。


出版不況の章で、ある出版社重役さんの本音話が載ってるんだけど、
これと、その次の章のマンガ編集者の本音話、
あれは、マスコミ志望の人は読んどいたほうがいいよ。
アレが実情だから。

その上で、自分に問うたほうがいい。
あなたはそれでもこの業界で働きますか?と。


えーっとちょっと疲れちゃったので、
今日はここで打ち止め。

なんか思いつくままに書いてるから、
いまいちまとまってないなぁ・・・。

ま、いっかー。
なんとなーくわかってください。

あ、ちなみに著作権のことについては、
今、あえて外して考えてます。
自由に発想したいんで。

今の状態で十分食えてる人は、
別にいいんだよな、状況がどーなったってさ・・・(-_-;)
ああ、世間の冷たい風が吹く・・・
スポンサーサイト
[ 2012/11/30 ] コンテンツ論&読書 | TB(-) | CM(-)

親の役割

ネットではちょいと前から話題だった、
「飛行機で泣き止まない赤ん坊へ
 クレームをつけたマンガ家さかもと未明さん」という話。

詳しい話は割愛しますが(ご興味ある方はググってください)、
腐人は、
そこの場で、その赤ちゃんのお母さんやお父さんら同乗者が、
あやしたり、なだめたりして、
親として、保護者としての義務を果たしているならば、
それは周囲の人間が我慢すべきこったろうと思う。

そうじゃなくって、そこにいる保護者が、
泣いてる子放置して、ケータイやってたり、ベラベラおしゃべりして
保護者としての努めを果たしてないなら、
ちゃんと面倒みなさい、
というクレームはアリだと思う。

でも、どーも前者っぽい。

そしたら、その上で子供を泣かせるな、ってのは
無理な話じゃね(~_~)?
ほら、昔からゆーじゃん、
「泣く子と地頭には勝てぬ」って。

なによりさ、降りてから航空会社にクレームいれるならわかるけど、
そこで文句を言うことで、何が変わるの?
機内の空気が、すげー嫌な感じになるだけじゃん。
他の人の不愉快さが増すだけじゃん。

文句ゆーよか、泣き止んで欲しいんだったら、
自分が泣き止ますよう、
タケモトピアノの歌とか、ふかふかかふかのうたを
歌ってやるとかやるほーが、
よほど建設的ではないのかねぇ?

すげー素朴に疑問・・・。

こーゆー、ゆったってどーしよーもねーことを
わざわざ口に出す人って、よくいるが、
言うことによって、何かがすぐに改善されるなら言う意味あるけど、
何も変わらないなら、ゆったところで何になんの?
だったら、黙って、
我慢ができるほーがしたらいいんでは?
と、腐人はいつも思う。

それにしても、航空会社は、言ってやらなかったんだろうか。
前に読んだクレームの本でだったかにあったんだが、
あまりに理不尽な要求をつきつけてくる客がいて、
航空会社の方が言ったんだって。

「ご提供できる最大限のサービスを行っております。
 それにご満足いただけないなら、
 もううちの飛行機に乗ってもらわなくて結構なので、
 次回からは他社の飛行機をご利用ください」と。

着陸態勢に入ってる飛行機の機内で、
突然出口にむかって走るよーな客には、
腐人だったら言っちゃうけどなー・・・。
だって下手すりゃ、乗客全員死ぬぞ?


なによりも。
その赤子は、この先、沈みゆく日本を、我々大人たちの老後を
しっかり支えてもらわにゃならんのですから、
大事な大事な人材。
歳くったニンゲンよか、
ずっとずっと大事でしょー

ってのは、半分冗談としても、
もしその「我慢ができない」ってのが病気に起因するなら、
それこそ、自分のほーで、
さまざまな人がいる公共の場に出た時の
防御対策とか回避策をすべきなんでねぇのかねぇ(~_~)?

私が親だったら云々ってのは、
たぶん、ホントに親になったら
180度意見変えるんだろーなー・・・に、1万点



親といえば、夜中の10時すぎだったかな。
レンタルマンガ屋いったんですよ。

すると、小学校高学年ぐらいかなぁ・・・、
体はデカかったけど、
ゆってることが幼い少年と母親がいたんですわ。

で、母親は何かを借りたいみたいなんだが、
少年は全く興味ナシ。

母親の考えとしては、腐人と同じく、
どーせ借りるなら、単価が下がる10冊超えで借りたい
って感じで、10冊のセレクションに、
あーでもないこーでもないとやっとったんです。

いわば女のショッピングにつきあわされる男の常で、
少年も母親にぶーぶー文句をいいだした。

「いいじゃん、10冊じゃなくても」
とか、
「もう、いい加減かえろうよ」
はいいんだけど、
「ぼく、帰って宿題したいし」は、
ちょっと問題ないか?

もう夜中の10時過ぎてんのよ!?
それなのに、あんたまだ宿題してないの?

ってか、今から自宅に戻って宿題して、
そっから寝る支度して就寝ったら、
あんた何時に寝るの!

いくつだか知らないけど、そんな生活、
『宿題』もらうよーな子供の頃からやるの、
いいわけねぇだろ!!

と、腹ん中で思った腐人だが、
その息子の意見をきいた母親は、こういった。

「だったら、あんた先、帰りなさいよ」

・・・・・・あのさ、そりゃこの辺は、大通り沿いなら明るいよ?
でも、夜中の10時過ぎに、
恐らく小学生と思われる子を一人で歩かせるのって、
それ、普通なの!?
それも、ゆっちゃぁなんだが、
この辺の治安は決していいとは言えない。

腐人が知ってるだけでも、
ヤの字がらみの場所がいくつも点在してるし、
事件現場になったとこもいくつもあるし、
何よりこのエリアは、24時間パトロール対象で、
大体、信号ごとにポリが常駐しとるよーなとこだぞ!


そらな、マンガ好きな一個人として、
10冊を丁寧に選びたい気持ちはわかる。

でもさ、親になるって選択をした段階で、
一番優先されるべきは、「親の役割」じゃねぇの?
自分のやりたい、より、
子供の教育や生活リズムを優先させてやるべきじゃねぇの?

腐人が前に起立性調節障害を、現代の生活習慣病ではないのか?
と言ったのは、どーもこーゆーのが目につくからだ。

子供が成長期の間は、
親の都合で子供をふりまわすのは、どーなんだ?
と、思うのは腐人だけかねぇ・・・。


・・・なんか、昨日読んだ本が、
ちょーど「親」ってもんを考えてしまうもんだったんで、
なんだか、うーん・・・(=_=)となってしまった。

それができない、やれる自信がないなら、
子供、産んじゃいけないと思うんですけどね、腐人は。
[ 2012/11/29 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

電子書籍はゲームである

最初にゆっときますが、
昨日は読みきった本がゼロなので、読書録はありません。

って、別にどーでもいいか。


どーでもよくないのが、体調だ。
オステの先生に、
「これはあかん。治らない。もう一度きてください」
と言われはしたものの、
ここ数日は快調だったんで、大丈夫じゃんねーとか思ってたら、
今日になってガタガタっときた。

うわーん
キッツイ・・・(-_-;)
要は背中なんですけどね、ううううう・・・。

もーいーくつ寝たら~診察日~?
とりあえず意識を他に向けよう。
そーしたら、痛みは忘れられるはず!



そーいや、昨日は、『遅咲きのヒマワリ』みました。
1週とんでるけど、ま、いっかー。

ああ、おじいちゃんがステキ・・・
あのリハビリに励む、きんじさん(ぎんじさん?)が!
ええわぁ!

そうそう、そやって体動かさないといかんねんて。

前にオステの先生に、高齢者の骨折のことをきいたら、
手術をして2~3日後ぐらいから、立つとか歩くとかができるから、
そこから動かすようにしましょうって、言わはったな。

せやないと、すぐに体の他の部分や脳が弱ってくんねんて。

実際、先日葬儀の連絡網で入院がわかった知り合いも、
骨折を発端に、ほぼ寝たきりになり、
今はかなり認知症が進んでしまっている。

ホント、つくづく思うが、きんじさんのよーに頑張る、
かわいいジジババ、思わず手を貸したくなるジジババを
目指したいもんですなー。


その他のワカゾーについては(って、一応、そっちがメインやて)、
まーなんだかいろいろ動いとるよーですが、
商売をいつ止めるかってのね、
腐人は、余力があるうちに止めるべし、と思ってる。

どないもこないもできんくなって、
銀行はもちろん、親戚も、金貸しも
金を貸してくれんようになるまで頑張ったらいかん。

言うなれば、銀行の返済ができんくなった段階で、
もはや余命宣告うけたようなもんやねんて。

いつかよぉなるかもしれん、ってのは、
なんの裏付けもない希望的観測なだけであって、
実際のところ、思考停止、行動停止状態なんだよね。

ま、大体、こんくらいになってくると、
日々、金策に追われて、
落ち着いて物事を考えられなくなってんだけど、
こーゆーときこそ、一度止まるべき。

見切り千両っちゅー言葉があるように、
いつまでも「いつか・・・」っちゅーてダラダラ赤字積み上げるより、
ここが潮時と、バッサリ切り捨てる才覚が、
商売人なら必要だ。

治療する、なら、ここまでっちゅー区切りを1つ、
期間でも、費やす金でも、アイデアでもなんでもええけど、
1つ区切って、そこまではやってみる。

で、そこで結果がでんかったら、バッサリ切る。
これができんといかんのだが。
なかなか難しいのよねぇ・・・(~_~;)。

腐人も、よく師匠に
厳しくご指導ご叱責をいただいてますが、
口では言えても、実行は難しい。

情だの、しがらみだの、未練だのが絡んできてさ、
ついつい見切りを先送りしちゃう。
でも、ダメなときは、
とっととケツまくって逃げた方がいいんだよね、ホントは。

余力があるうちに撤退しとけば、
一旦退いた後、別んとこで立て直すこともできるが、
ギリギリまで頑張っちゃうのが、一番悪い。

聞きたくねぇのはわかるけど、そこで悪あがきしてっと、
皆で首くくるしかなくなるぞ。
まだ30だろうが。
やりなおすんなら、早よやっとけ。

とか思っちゃうんですけどねぇ。
30だったら、まだ新しいこと覚えられるから、
勉強して士になるとか、
身体も動くから、一次産業頑張ってみるとか、
普通に働くのだって、40代50代に比べりゃ求人数がある。

ま、その辺は、渦中にあるとみえないもんかもね。


って、今日は頭が重たいな。

本題のコンテンツ論にいきましょうか。
っても、今日は、かなりちょびっとだけなんだが。

今またちょろちょろと、
電子書籍やコンテンツ関係の本を読んでんですが、
ふと、思ったことがある。

なんつーか、電子書籍の構造を思うと、
これ、「出版」というビジネスモデルで
考えちゃいけない気がする。

これは、「ゲーム」というビジネスモデルこそを
参考にすべきだろう。

・・・って、これ前も書いたっけ?
うーん・・・古い話は忘れたが、書いたような気もする・・・。
カテゴリー「電子書籍」のどっかかな?
ま、いいや。


電子書籍の端末の歴史をみてると、
なんかものすごくデジャヴュを覚えるのは、
これがコンシューマーのハード、つまり家庭用ゲーム機が
辿った歴史と、すごく似通ってる気がするのだ。

そやって考えると、今後のコンテンツのあり方は、
今のゲーム開発のやり方を見習うべきなのか?

ただ、このゲーム開発の現場も、
『大東京トイボックス』にあるように、
いいものを作れば売れる、から変容しつつある。

っても、電子書籍がこの領域(売れ行きはマーケティング次第)
に達するには、まだまだな感はあり、
どっちかっちゅーと、アタリショックがおきそうな感じだがなー。


腐人は、電子書籍ってゲームだ、と思った瞬間、
なんかすごく腑に落ちたンですが、
今、例えばファミコンのときやってたゲームって、
ほとんどできないでしょ。

それに比べて、本という形がもつ不変性は、
存在する限り、永遠に続く。

腐人は電子書籍端末を1つも持ってませんが、
持つ気になれない理由が、ここにある気がする。

いつか、もしかしたら読めなくなる、なんて「本」、
買おうと思えないんだよ。


っても、腐人は再読することがほとんどない。
本当に好きで気に入った本でなければ、
ほとんどの本が、一読でおわる。

だったら、読めなくなったっていいんでは?
と思われるかもしれないが、
ここに、「習慣の壁」「概念の壁」みたいのが
ある気がするんだよねー。

元々腐人は新しいものがでても、全く飛びつかない
ラガード層ではあるが、
今、電子書籍端末を、利用してる人って、
どこからきてる人なんだろう。

ベストセラーなら読む一般読者か?
文化人系のマニアか?
家電オタクか?
それともIT系?
ゲームやラノベおたく?


なんとなくね、
電子書籍元年と言われ続けつつも、
ずーっと停滞が続いてる電子出版だが、
どーゆー人が端末をもってて、
その人たちの興味の方向がどこむいてるのか、
そーゆー分析ができてるんだろうか、
ってのが気になってきた。

よく、×万点のコンテンツを用意しました!
とかゆってっけどさ、
端末持ってる人のニーズと、
出してるラインナップは、合致してるのか?

ライオンの檻には、肉を放りこまないと、
ペンギンの檻には、魚を放りこまないと、
餌に食いついて来ないだろう。


腐人は電子書籍の現場を知らないが、
ニュースで流れてくるのをきいてると、
数そろえりゃいい、な感じがするんだよなー。

本当にそうか?
大事なのはニーズのマッチングと、
クオリティのキープじゃないのかなぁ?

来年の×月までに、×万点のコンテンツを揃えます
ってなことに、手間と暇と金をつぎ込むならば、
例えば、ワンピだとかの化け物コンテンツの最新巻を、
本より早く、流しちゃう方に全労力使う方が、
絶対価値が高いと思う。

※その場合、まず一番に、端末持ってる層が、
 ヨダレたらして欲しがるキラーコンテンツは何かってのを調査すべし。
 文芸好きばっかなら、ムラカミハルキとか?なの?
 わかんねぇけど。

そこが合致したら、ボンッといくと思うが、
でも、それっていいことなのかなぁ・・・。

これやってる人たちの最終目的は何なんだろう?
電子書籍の普及?
紙の本の終焉?
コンテンツでもうけること?
なんか腐人は、そこがわかんなくなってきた。


本の新刊がでるのと、
ケーキの新作がでるのと、
電子端末の新しい機種がでたり、
ソフトの新しいバージョンがでるのは、
同じ原理なのかもしれんが、
なーんかなー・・・
腐人は、前2つは許せても、後2つは許したくない。

この心境はなんなんだろな。
また、つらつら考えてみます。

ああ、オチがねぇ・・・(;一_一)
[ 2012/11/28 ] コンテンツ論&読書 | TB(-) | CM(-)

税金があがる、の話

血族が言った。

「来年1月から、税金あがるだろ。知ってるか?」

ん???
なんの税金の話だす?

ってことで、税理士にきいてみた。

すると、いわゆる復興特別所得税ってのが創設されて、
平成25年1月1日から平成49年12月31日まで、
所得税がUPするって話とゆー。

え?マジで!?
寝耳に水!っちゅーか初耳なんは、
腐人がくだらん情報収集しか、してへんからか?

どうやら企業宛には、年末調整の案内とともに、
平成25年1月1日から上がるよと書いた
源泉徴収税額表を送ってるらしいのだが。

「ニュースでもとりあげてくれないし、
 告知が足らなさすぎですよねぇ」
と税理士も言っていた。


確かに、給料の人らは、
たぶん己の税率なんていちいち把握しとらんだろうから
「あれ?手取り減った?」
ってな感じかもしれないが、
報酬・料金等の源泉に関係する人は、
説明なしだと、どーゆーこっちゃ!
となるんちゃうのかねぇ(~_~)?


・・・って話、税金に詳しくない人は、
なんのこっちゃか、わからんかもしんない。


細かく話すとすっげーややこしいんで、
いろいろザクッとカットして説明しましょう。

いわゆる給与所得をもらってる人ってのは、
大体1ヶ所からしか金もらなわいんで、
給与所得の年間総額≒ほぼ年収 と、構造が単純だから、
税金を徴収する段階から、
低めの税率で税金が設定されているのね。

だから、仮に50万円が、
社会保険料などをさっぴいた後の税金の徴収対象額だとすると、
扶養する人が自分以外に誰もいなければ、
新しい税金は、29,890円、すなわち約5.98%なのだ。


それに対し、給与所得でない人、
ま、簡単にゆってしまえば
作家さんなどの自由業とか、
弁護士などの士稼業の場合、
報酬や料金として、仕事の対価をもらう。

そのため、お金をもらう先は複数になる。

だから、収入把握が大変なので、
基本的に個人で確定申告をして、1年ごとに税金の調整をするため、
給料の所得税みたいに、
支払うときに、10%を所得税として源泉徴収するように、
となっていたんですわ、これまでは。

※詳しくゆーと10%じゃない部分もあります。
 が、そこまで説明してっとわかりにくくなるからカット。
 詳しく知りたい方は、税務署の電話相談室に電話しよう!


なんでこんなに差があるの?
ってなところは、すみませんがご自身でお調べください。
腐人は、取っぱぐれ防止のため、じゃないかとみてるけどね。


でまー、この「税金10%」ってのは、
報酬・料金でもらう人にとっては、ほぼ常識として浸透してるもんで、
「じゃ、今回の謝礼の請求は、5並びで」
なんて言い方をしてたりする。

どーゆーことかというと、
これは「手元にもらうお金が5万円」という意味で、
請求書の額面は、差っぴかれる税金を上乗せした
55,555円にするってことだ。

※なお、請求書が5万円で、
 そこから税金をひかれるケースもあります。
 税金分を上乗せするのか、そこから差し引くのか、
 ここは双方の話し合いの範疇の問題で、場合によりけりとなります。
 法律とかで、こうしろとゆーよーな決まりはありません。
 そこは誤解のないように、お願いします


もちっと具体的にいえば、
請求書は、55,555円
でも、所得税として10%源泉徴収するので、
5,555円を差し引くから、

 55,555円-5,555円=50,000円を支払う

ってことなんです。
※ちなみに消費税の話は、
 ここで組み込むとややこしいので、
 カットしてます。


源泉徴収した5,555円は、
支払う側がポッケないないするわけじゃなく、
毎月10日までに支払う側から税務署に納税されます。
※これも納付期日の特例がありますけど、
 ややこしいんでカットします。


この納付をするの忘れると、
すげー高い利息が請求されるんだ・・・怖いんだ・・・(-_-;)


ま、そんな感じにですね、
報酬・料金をもらってきた人にとっては、
「税金は10%」が、骨の髄まで浸透しているんですわ。

それが、告知がほとんどないまま、
こんどの1月から、10%から変わるわけです。

ちょっと問題じゃね-(~_~)?


って、誤解のないようにゆーときますが、
腐人が問題にしてるのは、
1月からやるよ、という告知が足りてないってことであって、
この税金を徴収することではない。

復興に使われるならば、これは皆で協力すべきもんだと思うんで、
UPしてくれて全く問題ないのだが、
やるならやるで、もっと大きく知らしめるべきでは?
と思うんだ。

徴収額が増える話だから、
そんなことしたらクレームがくるかもしれない
ってことで、もしかしてひっそりやってんのかもしれんが、
ちゃんと、被災地の復興のために使ってるなら、文句でないでしょ。

被災地じゃないとこの耐震工事費用だの、
被災地じゃないとこの対策費用だのに使うから、
文句言われるんだよ!

ホントに・・・(ーー゛)
法改正して、文言修正して欲しいよ・・・。

っても、そうやったって、抜け道見出して、
自分たちのいーよーに流用するんだろーけどよー


いかん、話がずれてきた。

話を報酬・料金の税率に戻します。

10%が何%になるかっちゅーと、
10.21%になります。


なので、上の例を使って、具体的にいいますと、
55,555円の10.21%というと、
徴収される税金が、5,672円になるので、

55,555円-5,672円=49,883円

この49,883円が支払い額となります。

税金は10%、5万円が支払われると思いこんでいるとこに、
なんのアナウンスもなく、
49,883円を払われたら、
「え?なにこれ!間違ってるよ!」
ってなりません?

なると思うンだけどなぁ・・・(~_~)


最近のニュースとかみてっと、
ずーっと先の消費税増税の話とかやってますが、
それよか、ほんのすぐ先に迫ってるこーゆー話を、
ちゃんと報道してしらしめてくれないと、
なんのために報道機関が存在してんだか、わからんと思うのは
腐人だけですかね?

ちなみにこれ、利子や配当なんかも関係しますし、
お給料の方も、月に数百円から数千円UPします。
※日本の所得税は累進課税なので、
 所得額で税率は変動するから、上がる額に幅がでます。


この話、他人事じゃないと思うンだけどなー。

[ 2012/11/27 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

『ローマ法王に米を食べさせた男』について

前に、『遅咲きのヒマワリ』で、
商店街の復興について、ブツブツつぶやいた。

その時には、この本を読んでなかったんで、
長野県下條村のことをゆったが、
もし、その前にこの本読んでたら、こっち薦めたかもなぁ。

ってことで、まずカウント。

(1055)一般本 『ローマ法王に米を食べさせた男-過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』 高野誠鮮


先に断っときますが、
今日はかなり自分用アーカイブ要素が強いです。
だって、すげー勉強になるんだもん。



腐人が、高野さんの存在を知ったのは、
先日のカンブリア宮殿で。
そこに出ておられたんですね。

でも、カンブリアではかなり中身がカットされちゃってたんで、
高野さんがおやりになったことを
もっと詳しくしりたくて、本を読んでみた。


それにしても、公務員って、原則、副業禁止ちゃうかったっけ?
ギャラを個人でもらわんかったらええんか?
この本の印税とかもどないなんのんか。

もともとお坊さんと兼業でいらっしゃるが、
なんかちょっと気になってしまった。

ま、そんな下世話な話はどーでもいい。

この本と高野さんの概略をいいますと、
30近くまで東京でテレビの放送作家などをやっておられた高野さんが、
実家のお寺を継ぐために、故郷に戻られ、
市役所づとめを始められたんですね。

で、農林課に異動となり、
65歳以上の高齢者50%以上を占める限界集落をなんとかするように
っちゅー仕事を任されるんですわ。

それも1年で。
かつ、予算はたったの60万。

そんかし、スタンプラリーのよーな稟議書決裁とか、
すっとばして、ナシにしてええ、と、
大きな自由裁量の権限をもらう。
ご本人は、「後だしじゃんけん方式」ってゆーてはりましたが、
ま、端的にゆーと、事後承諾。

といっても、これは役所内の話であって、
農家さんとの話は、山あり谷ありで、一筋縄にはいかない。

でも、そこを頑張って高野さんがいろいろやられた結果、
それまで年収がたった87万円しかなかった
限界集落の農家さんたちの収入が大幅にUPし、
移住されてくる若い人たちの存在によって、
65歳以上の比率が下がって限界集落から脱却し、
また、今、これからやってくるTPPへの対抗措置として、
新たな取り組みを始めている・・・という内容。


はっきしいって、超おもろかった。

元々、テレビの放送作家さんなだけあって、
むちゃくちゃ読ませる筆で。

かつ、ここに書いてあることの考え方とか手法とかが、
別に農林課の公務員じゃなくても、
ものすごく勉強になる。

高野さんが次になにをやらかしてくれるんやろか、
もし腐人が、身近にいる人やったら、すごく注目するやろな。
こんな方と仕事ができるのは、むちゃくちゃ幸せや。
うらやましい。


ただまぁ、こういういわゆる「出る杭」な方は、
やっぱり打たれもする。

本書の始まりは、まさにこの「打たれ」のシーンからで、
でも、そこでくさらず、
移った先でどんどんどんどん実績をあげてく姿は、
我が身を反省しながらも、大いに見習うべきとこだろう。


うーん・・・どないてまとめよう(~_~)。

ってのも、高野さんがおやりになられたことって、
ものすごい幅広いんですよ。

目的としては、1つで、
任された神子原地区の活性化なんですけど、
あれもこれもそれも、やれることはなんでもやる。

というのも、高野さんのポリシーが、
「可能性の無視は最大の悪策である」
というものだから。

たとえ1%でも可能性があるなら、やってみる。
だから、宮内庁にも、法王庁にも、NASAにも、
ホワイトハウスにも、クレムリンにも、総理官邸にも
直接、かけあってみる。

「レター作戦」と呼んではりましたけど、
その熱意と努力がすばらしい。

その結果、神子原の米は、ローマ法王に献上され、
世界中のニュースになって、
1キロ700円という高価格ながら、
今年の新米がもう既に予約で完売する、
という売れ行きになっている。

※NASAとかクレムリンとでてくるのは、
 高野さんが神子原に関わる前、
 コスモアイル羽咋の企画から立ち上げ、運営に関係しており、
 高野さんの交渉によって、
 本物のボストーク帰還用宇宙カプセルや、
 本物のマーキュリー型レッドストーンロケットなどが展示されている。


「ダメでもともと」として始めるって、よくある話なんだが、
その規模というか視野というか、
思いつきの範囲がハンパじゃないんだよなー。

一時、ゼロベースって言葉が流行ったけど、
実際のところ、本当にゼロで考えることは
なかなか難しかったりする。

この線なら、この伝手が使えるなとか、
こっちの線は、人脈がないから難しいなとか、
前んときのを流用すれば・・・とか、
どうしてもいらん色気が思考の邪魔をする。

そういった囚われから開放されてるのは、
テレビ屋だった経験からか、それとも元々の才能なのか。

そのどちらにしても、
それプラス、行動力ってのがないと話にならんのだが、
これまた高野さんは持っている。

考えて、行動する。
言うは易しで、これができない人が増えてる昨今、
ホント、すごいとしかいい様がないよなー。


あと、ものすごーく、タフです。
「失敗していい」ってよく言いますけど、
やっぱ、手紙送っても、返事こなかったら凹みますやん。

そこを、今日くるかな?とわくわくしながら待てるってのは、
これこそまさにポジティブ・シンキング。
こーゆーののポジティブは、腐人も好きだ。

といっても、手紙をおくったなかで、返事がこなかったのは、
日本の政府だけらしいんですけどねー。


高野さんの考え方で、よくでてきたのが、
「人体政治学」「人体経済学」という言葉。

簡単にゆーと、
「問題を、その関係する全部をひっくるめて、
 一つの人体として考える」

かな。

例えば会社で問題があるときは、会社を一つの人体として考える。
例えば市の中の限界集落について考えるときは、
市を一つの人体として考える。

会社の中に不良採算部門があるとすると、
体の、左手が病気になったと考える。

そこをばっさり取り除いてしまうのか?
この先、左手なしで生きていけるのか?

と、目の前の現象をそーゆーふうに捉えれば、
どうすれば、左手を元通りにできるんだろうかという方向に
思考がむくという。

なるほどねぇ。


高野さんは、本当にいろいろおやりになられててですね、
「烏帽子親農家制度」
「援農合宿」
「空き農地・空き農家情報バンク制度」
「棚田オーナー制度」
「人工衛星・ATを活用した食味測定」

などなど、まーよくも思いつくなぁとほとほと感心する。

っつか、これまでの人たちは
いったい何をしとったんだ?

かえって、そっちが疑問になってくる。
ただただ衰退してくのを、ぼーっとみてただけなのか。

それ、TPPがどーとかこーとかいう以前の問題な気がするのは
腐人だけかね?


腐人がおもろいなーと思ったのが、
「烏帽子親農家制度」や「援農合宿」なんだが、
そもそもは、若者を呼びたいってとこが発端だった。

農業体験しませんかー?とかで、
呼びかけて泊まってもらって、
で、お金もらって・・・と、やりはじめたら、
県庁から待ったがかかる。

旅館業法に違反するというのだ。

でもその法にあわせるとなると、
とんでもなくお金がかかる。
だったら、どーすりゃ抵触しないか、
金がないから、知恵をだして、この方法をあみだした。
※詳しくは本書をどうぞ。

読んだ瞬間、いいね!ボタンがあったら、まさにポチッ。

腐人はこーゆーの大好きだ!
っつか、法なんてニンゲンが作ってるもんなんだから、
考えようでいくらでも抜け道あるんだって!
すぐに「無理です、金だしてください」ってのは、
調べてない、考えてない証拠なんだって!


そーいやさー、
『遅咲きのヒマワリ』で商店街活性化の会議やったら、
そんなんやってもよーと、全く非協力的だったおっさんたちがいた。

この高野さんの改革も、農家の皆さんが前面賛成で始まったわけじゃない。

その地区には、農家が全部で、確か169戸だったと思うが、
最初などは3戸しか協力してくれなかった。

農業のことなんかなんもわからんくせに、
なにゆーとる!と散々言われたそうだ。

で、この流れになると、大体、次の言葉がでてくる。
やれるもんならやってみぃ!

そこで高野さんは言った。
なら、やってみます。
で、もし、できたなら、今度はあなたがた自身でやってください、と。

やってみせて、やらせてみせて納得したら、人は一気に動く。

高野さんはこれを知ってたので、
本当に実行して、ローマ法王に米を献上し、
それを報道関係にとりあげさせ、
結果、協力してくれた3戸が作った米を
1キロ700円で完売した。
※その方法が知りたい方は本書をどーぞ。


「棚田オーナー制度」というのも、
多くの農家が、「わしゃやらん」と反対したらしい。

でも、協力した農家が、この申しこんでくれたオーナーに
40キロの玄米を3万円で売ったとしったら、
じゃ、うちもやる・・・となったそうだ。
※JAに売ると、60キロで1.3万円にしかならない。


この、「人を動かす」方法だが、
高野さんはCIAのレポートを参考にされたそうだ。

ロバートソン査問会のレポートに、
どうすれば1つの方向に人を動かすことができるか
戦略があるそーで、これは腐人も読んでみたいが、
どーもUFO関係のよーだったり、英語だったり・・・(-_-;)

うーん、その戦略部分だけ抜粋邦訳してくれんかのぉ・・・。
腐人は高野さんのように英語ができたり、
UFOにも宇宙にも興味があったりせんのですよ・・・(;一_一)

これ、ここだけ引っこ抜いて、
人を動かす方法、とかゆって本だしたら売れるんじゃね?
なんかありそうなんだがなぁ・・・。

ま、いいや、この辺は。


ただ、高野さんがやった方法のうち、

「マスコミおこし作戦」
・・・人は、目と耳から入った情報で心が動くが、2週間で忘れるから、
そのタイミングで、何度も目に止まるよう、
マスコミを使って情報発信していく

ってのは、昔から広報がよくやってる手法だし、

「外からの第三者評価」
・・・自分と近いものの評価は、身近な人からではなく、
遠く離れた第三者から言われると、すんなり耳に届く

ってのは、『脳には妙なクセがある』でだったか、
『解決する脳の力』だったかで読んだ覚えがある。
 
とはいえ、そこの範囲が高野さんは半端じゃないんだがな・・・。


「人工衛星・ATを活用した食味測定」なんかでも、
直接、アメリカの人口衛生もってる会社に連絡とっちゃうわけですよ。
普通は、伝手がないから、商社とかに頼むところを。

すると、商社に頼むと、撮影1回で30,000,000円以上とられ、
かつ精度は粗い。

でも、羽咋市に頼むと、430,500円で撮影してもらえ、
かつ商社のもよりもずっと高精度の結果がでる。

この食味測定ってのは、詳しくは本書読んでください、だが、
端的にゆーと、人工衛星で写真とってもらったら、
どこの稲の米がおいしくて、どこの稲の米が農薬つかってておいしくないか、
すぐわかるというスグレモノ。

今は米どころのいくつかのJAが、羽咋を通して頼んでいるという。


こーゆーのをやるときに、高野さんは、事前に調査をしっかりやる。
これはテレビ時代の経験からだとおっしゃってたが、
その見方がおもしろい。

「空き農地・空き農家情報バンク制度」で、
神子原に移住されてきたご家族がいらっしゃるんだが、
それをやる前に、これまで各所でやられていた移住制度の、
失敗例をとことん調べたそうなのだ。

これぞ、失敗から学ぶ。
実際にどういうことをやってはるかは
本書読んでください。

ま、だからこそ、神子原に移住される人たちは、すぐに馴染み、
その数は年々増え、
生まれた子供は、そこの家の子としてだけでなく、
在所全体で見守り、教育されて、すくすく育っているという。

こんな環境だったら、
我が子がかわいくないとか、
虐待で重体とかないのかもなぁ・・・。


えーっと、はっきしいって、ここで書いたのは、
本の中のホント一部でしかありません。

過去に例がないほど、「詳しくは本書読んで」を連発したが、
そう言ってしまうほど、
すべてにコメントしてってたら、キリがないぐらい、
ものすごく充実した内容の本なので、
そろそろ、自分用アーカイブ以外は割愛させてもらおうかと思う。

ご興味もった方は、ぜひ!ご一読を。
ホント、これは読んで損しない本だと思います。


以下、商売について、なるほどなーと思ったポイントで、
自分用アーカイブ。
・・・だから、超不親切ですが、文句は受け付けません。


●農家カフェ
→稀少性

●ブランド化
→ネタになるエピソード付け。なんでもやってみる
→売りたいときに売らない
→デパートから頭を下げさせることでマージン減
→輸送や包装資材代を相手持ちに

●農薬や肥料を使う慣行栽培
→衛生写真ですぐわかる
→量はとれても質が悪い
→時間がたつと腐る
→虫の発生
→参考:奇跡のリンゴ 木村秋則さん

●直売所
→スーパーと同じか、ちょい上
→100円以下は売らせない
→余りものなどもNG
→いいものしか置かない

●10decade
→熱意とシャレ

●自分たちで動く
→ノウハウの蓄積
→安い
→知恵を絞るし、熱意が伝わる



なんというか、つくづく思うンだけど、
なにかをやろうとしたとき、
100%の賛同って得られるもんじゃない。

むしろ、そうなってる時は、用心すべきだろう。
ナチや旧日本軍、今のご近所の国々のように、
それは思考が停止し、
洗脳もしくはマインドコントロールされてる状態だ。

だから、なにかをやろうとしたとき、
反対者の存在にひるんじゃいかんと思うのね。
傷つくことを、嫌われることを、
恐れては、なんも得ることができんと思うのね。

でも、その反対者、無関心者ってのは、
結果をだせば、今度は味方になってくれるかもしれない人だ。

人は一人じゃなんもできん。

高野さんの発想力や実行力、
それらも素晴らしいものがあると思うが、
なによりも、人とちゃんと向きあって対話する力が、
頭抜けてる。
だからこそ、これだけ人が動くんだろう。

これはやっぱりお坊さんであることも関係してるのかなぁ?

なにはともあれ、とても面白い本でした。


ひっじょーに個人的意見で申し訳ないが、
『遅咲きのヒマワリ』も、
こーゆー路線やってくれたらいいのになぁ・・・(ーзー)。
[ 2012/11/26 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

『99%対1%アメリカ格差ウォーズ』について

前に書いたよーな気もするが、
腐人は、町山智浩さんの文を
テレビ雑誌にコラムをかかれてた頃によく読み、
視点と切り口と筆がいいなぁと思っていた。

なので、新刊をみつけ、気になって手にとってみたんだが、
こんな真面目な政治に関する本だと思ってなかった。
すんません…(-_-;)。

本の中身を端的にゆーと、
2009年から2012年の2年半ほどの
アメリカの政治コラム集。

保守派のティーパーティーなど、
言葉はきいたことあるけど、
実際どーゆーもんだかよくわかってないあれこれについて
わかりやすく書いてくれているのだが。

……あの、ゆっていい?

アメリカ人って、
××か××××しかおらんのか(~_~;)?


イヤだってホント、
「この人、正気?」
と言いたくなる人ばっかなんだもん…(ーー;)

そりゃ、ドラマのCSIとか、
ドキュメンタリーの60ミニッツとか知ってるから、
アメリカ人の全部が全部、そんなことないと思うんだが、
それにしてもひどい。

こんなのが政治やメディアをやってんの?
日本もひどいが、バカ度が違う。桁外れだ。


っつか、アメリカの有権者もどうなんだ?

アメリカの選挙戦では、中傷CMを流してもいいとなってるが、
有権者の72%が、そのCMを参考にするという。

でも、過去に流されたCMのいくつかでは、
その内容に虚偽があったってのも、後になってわかってる。

なのに??
なのに、参考にするわけ!?

…わからん、アメリカ人…(~_~;)


腐人もよくここで、国とかいらんのちゃう?とゆーが、
でも、本書のリバータリアン※をみてると、
うーん…こいつらと同じにはしてほしない…(ーー;)と思う。

※リバータリアンとは、
極端なまでの小さな政府を理想とする人たちのことで、
政府の力を個人の自由の保護だけに限定することを是とし、
・CIAとFBIの廃止
・社会保障と最低賃金法の廃止
・個人および法人の所得税の廃止
・銃所持、売春、ドラッグの完全自由化
とかを政策公約にかかげたりする。


素朴に疑問なんだが、こーゆーことをゆー人たちって、
自分のこと、どこに勘定してんですかね?

腐人は、その手の発言をするときには、
駆除される側に自分を勘定しているぞ?

でもどーも読んでると、自分だけは違う、
例えば、戦争で実際に殺しあう兵士になるんではなく、
死にに行け!殺して来い!とゆー司令官の立場に
自分らはいるんだ、
ってな感じがしてるよーな気がしてならんのですが。

ちゃいますかね?

このリバータリアンの思想の先に、
保守派のティーパーティーがある。

ティーパーティーには女神としてあがめられている人がいて、
それが作家のアイン・ランド。

彼女が1943年に書いた『水源』という小説に、
こういう一節があるんだそう。

「世の中には何かを創造し、世界をリードするクリエーターと、
 何も生み出さない「寄生虫」どもがいる。
 自分は(中略)、決して他の誰かのために働いたりはしない。
 他人のために自分を犠牲にする考えが世界を滅ぼす」

そして、ティーパーティーの人たちのバイブルとなっている
1957年発表の『肩をすくめるアトラス』という作品では、
こうある。

「我々、知的エリートは諸君らに奉仕するのをもう止める。
 我々、優れた者たちの恩恵を受けて暮らす「寄生虫」どもは
 生存競争という自然の法則に反している。
 世間の道徳は、他人のために自分を犠牲にすることを善としているが、
 それは怠惰な「たかり屋」たちが知的強者を搾取し利用するために作った
 カルトである。
 本当の道徳、本当の善とは、自分の幸福を追求すること、
 すなわち「利己主義」である」

…あの、ちょっときいてもいいですか?

そーゆーことゆーあなた方は、自分たちが
食べる食糧を原料から、
着る衣服を糸をつむぐところから、
出した排泄物処理や、使うエネルギーを
全部、自分たちだけの力で生み出してるの?

他人様が作った食糧を食い、
他人様が作った衣服を着、
他人様に自分たちの汚物処理や使うエネルギーの創出を
やってもらってるんでしょ?

あなた方こそ、その「寄生虫」に依存してるクソバエでは?

と思うんだけどなぁ…。

結局、自分ひとりだけで、すべてができて初めて、
この暴言が吐けると思うの。

自分ひとりだけで、
それこそロビンソン・クルーソーのように生きれてないのに、
こーゆーことをゆー資格ってないと思うんだよなー。

だからこそ、他人の存在に感謝し、
お互い補い合って生きてくことが必要なんじゃねぇのかねぇ?


ところでアメリカの税制についてよく知らないんだが、
汗水たらして働いて得た収入には、
最大30%の所得税がかかるのに、
不労所得であるキャピタル・ゲイン(株の利益)には、
15%の課税しかないって、なんかおかしくね?

こんなだったら、まともに働く気なくならん?

でもって、皆が皆、投資ばっかやっとったら、
明日食べる食糧はどーなんの?
明日着る服はどーなんの?
今日出した排泄物や、ゴミはどーすんの?

そーゆーことをもっと考えんといかんのちゃう?

ぶっちゃけね、金がある人たちにはいくらでも対策とれるから、
そこから税金とるのって結構大変なのだ。
すぐ逃げるし(金があるから世界規模で逃げられる)。

なので、逃げたくても逃げられない貧乏人から搾取するほうが
楽なのだ。
金貸しだってそうでしょ?

でもな、金はあるとこから取るべきだと思うの!!
貧乏人の上前はねるやりかたは止めろ!
日本もな!!



ま、こんな人たちばっかでもなくて、
そーゆーのをコキおろす人もいるのが、アメリカ。
そこはいいよね。

その代表例として紹介されてた
ジョン・スチュワートがやってる『デイリー・ショー』
うーん、これいっぺんみてみたいなぁ。

っても、これを本当に愉しむためには、
アメリカのニュース全般を理解してないといかんだろうし、
笑うには、FOXニュースみたいなデタラメ報道番組のことも
わかってないと笑えない。

なにより腐人には語学の壁があるので、
ハードル高すぎ…(-_-;)
でもみてみたいなぁ。

せめて日本で似たような番組やってくんねかな?
ま、町山さんもゆーてはったが、日本じゃムリか。
D社が、全面的に手を引けば別かもしれないが。

それにしてもこのFOXニュースって、やってること、
ネット掲示板と変わらん気がするのは、気のせいか?


アメリカのニュースといえば、
せめてCBSの60ミニッツが、地上波に戻ってくんないかなぁ。
あれが見られなくなって、
アメリカの情報がむちゃくちゃ遠くなっちゃったんだよぅ!
くっすん…。

CSのニュース専門チャンネルTBSニュースバードが見られる方は、
機会があったら、いっぺんみてみてください。
出来のいいドキュメンタリーってこーゆーもんかと
よくわかります(日本は…なぁ…(ーー;))。

でもって、腐人に情報をまわしてくれー!!!



最後に。
この本の中には、いろんな人が紹介されてるんだが、
腐人がすごくいいなぁと思った人がいるのでご紹介。

腐人は別に平等主義をよしともおもわんし、
社会主義って理解できんのだが、
アメリカで、初めて「自分は社会主義者だ」と宣言して当選した
バーニー・サンダースさんという議員さんがいる。

はっきりいって少数派。
なので、彼がいくら主張しても、大勢に影響はない。

でも、共和党と民主党の二大政党が取引をし、
金持ち減税を延長するかわりに
中間層への減税と失業保険の支払期間延長がほぼほぼ決定し、
週明けには通過することになったとき、
69歳の彼は、言った。

史上最大の赤字を抱え、中流が崩壊し、貧困層が増えている。
なのに、富裕層への不必要な減税のために
さらに借金を増やすことに、
保守派(共和党)の人たちは罪悪感を覚えてないようにみえる。

アメリカでは少数の金持ちと多数のそれ以外の人たちとの間で
ずっと戦争が続いている。
この戦いの勝者はいったい誰なのか?

アメリカの上位1%の年収は、
アメリカ下位50%の国民すべての年収を足したものより多い。
中流の平均年収は、日々減少し、貧困層に脱落した人も多い。
そして、子供の20%は貧困のなかで、生活している。
オランダは7%なのに。

これがアメリカなのか?

このような演説を、約8時間半、彼は続けたという。

そして、最後に言った。

「中流や労働者のために、
 金持ち減税よりも有意義な解決策を求めます。
 なによりも、この国の子供たちのために」


日本も今、選挙のシーズンになっている。
日本には、バーニー・サンダースさんのような議員はおらんのかねぇ?

(1054)一般本 『99%対1%アメリカ格差ウォーズ』 町山智浩
[ 2012/11/25 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

どうりでな・・・(-_-)

今日は、待ちに待ってたオステの日だった。

まるでクリスマスやお正月をまつ子供のよーに、
腐人はこの日を待っていた。

ってのもだ、昨日のヘロヘロ状態になる前から、
ちっとヤバいな…ってな自覚症状があったのだ。


腐人の場合、小学生んときに背骨の歪みを指摘されたんだが、
ずーっと放置。
若いうちはよかったんだが、歳をとってくっと、
電車で1駅もたってられないとか、
頭痛がひどくて薬が手放せないとか、
胆石か十二指腸潰瘍じゃないかと思うような痛みがあるとか
そーゆー状態になってしまって、
オステに通い始めた。

で、通いだして、かなりになるんだが、
腐人を悩ませていたあれこれは、
今はほとんど解消してる。

でも、そもそも骨を正しい位置にキープしつづける筋力がないもんで、
直してもらって1ヶ月もすると、また歪んでくる。
それを放置してっと、昔に戻っちゃうので、
月に一度は通ってるんだけど、
ただまーこの辺は毎度の話。

だから診察日が近くなると、
ああ、歪んできたな…ってな自覚症状はあるのだが、
今回は、それとは違う、
ぐぎゃん(>_<)!といいたくなる症状があったのだ。

身体を曲げるとか、深呼吸をするとか、
いわゆる胸骨を動かすことをすると、
ビッキーンッ!と痛みが走るってやつで、
寝返りうつたびに目覚めちゃったりしていた。

なので、早くなんとかしてくれーってな感じになってて、
行くと、
「どうしたんですか、いつもと違う歪み方してますよ」
と言われた。

やっぱりな…。

すごーく丁寧にやってもらったんだが、結局治りきらず、
またきてねとなった今回だが、
その「いつもと違う歪み」を生じさせた原因が
いまいち思い当たらない。

こないだは脚立から転落したとか、
そのまえは重たいもんもったとか、
そのもひとつ前はバイクでこけたとか、
なんかがあればまだしも、
今回はこれ、というもんがない。

そりゃま、こないだの葬儀で、
ひっさしぶりにヒールはいて、腰と膝にきたってのはあるが、
場所違うしなぁ。

強いて言えば、最近使い出した
姿勢矯正のクッションか?

とりあえず、いっぺん使用をやめてみるか。
っても、結構いい値段したのにー(>_<)

ま、そゆことで、なんか身体がへんちくりん。
だが、もっかいいったらなんとかなるやろう。
     ↑
   他人任せかい!




そーいやこのオステには、
腐人がいつもお供につれてるダーリンでは通えない。

なので、電車を利用してるんだが、
普段乗りなれてないもんだから、
よく忘れ物をしたり、乗り間違えたり、降り間違えたりする。
   ↑
  小学生かっ!



特に、一箇所、ものすごく乗換が難しい駅があって、
他社線が入ってくるわ、
その駅どまりと、その先にいくのとが同じ線にやってくるわ、
曜日によって止まったり止まらんかったりするわで、
腐人にとって鬼門になってる駅なんだが、
今日もそこで失敗した…(-_-;)

1番ホームについたので、
次は3番よね!と思い込んで
階段登って下りて、隣のホームにいった。

すると、そこにいたのは他社線だったのだが、
気付かず乗り込む。

発車前に流れたアナウンスにより、
え?これ違うじゃん!と気付いて飛び降り、ウロウロ。

さらに隣のホームをみると、
行き先案内看板に腐人の行きたい方向の駅名がかいてある。

なんだよ!5番だったのか!と、
ブチブチ文句いいながら、また階段のぼってくだる。

…腐人、普段は2階だってエレベーター使うのに!!
    ↑
   全く、自慢できません!

で、やっとこ5番ホームについて、ふとみると、
2番ホームから、
腐人が乗りたかった電車が発進するとこではないか!

な、なんでやー!!!

ううううう…(T_T)
もう動く気力も体力もなくした腐人は、
寒風ふきすさぶ中、5番ホームに目的の電車がやってくるまで、
ただただ立ち尽くしておりました…。

どーりで、1番ホーム降りたとき、
他に動く人がおらんかったわけだ…orz


次回の診察んときは、
まともに乗換ができるかなぁ…(~_~;)。

[ 2012/11/24 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

おうち話の補足

今日は、諸事情があり、ヘロヘロ。

なので、脳みそがうまく働いておりません。
っていつものことか!

ブログもサボろかなーと思っていたら、
1月に、樋口美沙緒さんのムシシリーズ新刊
『愛の裁きを受けろ!』が出るとゆーのをみつけ、
軌道修正。

やたーヽ(^o^)丿!

ってか、これ、
たぶん同人が品切れになっとったやつちゃうか!?
カイコガちゃんやろ?

うふふふふ~♪
っちゅーか、これが出るってことは!
翔くん出る?出るよね!?
出さなきゃ暴れっぞー!!!



さて。
コレで終わってもなんだなーと思っていたら、
Iちゃんから先日の家の話に対するコメントがきた。

なるほどねぇ。

で、そーいや書き忘れてたよーな気がするんで
ちょいと補足。


Q.共同住宅は、大規模なとこと、小規模なとこ
どっちがいい?


端的にいっちゃえば、好みです。

が、違いがあるの?という点では、結構違う。


一番でかいのは、理事会でしょうな。

全部が賃貸ってなら、理事会みたいのなくて、
管理会社ががっちりやりますが、
その場合、管理費がけっこうする。

ま、そりゃそだわな。
外注するわけだから。
でも、労力負担はゼロだ。


しかし、分譲マンションとかの場合、
仮に自分はそこに賃貸(オーナーから個別に借りてる)としても、
理事会の順番がまわってくる。

この理事会が、結構、大変でねぇ。

神戸の震災のときに、
被害のあったマンションを立て替えるかどうするかで
なかなか住民の意見の一致をみなかった、
そこが大変だった、とゆーニュースがあったように、
大規模になって人数が増えると、
こういう意見をまとめるのが大変になる。

ここまでなくても、
エレベーターをやりかえるぐらいの大規模修繕になると、
やっぱなかなか意見が一致しない。

でも、それを調整するのが、理事会の仕事。

考えただけで面倒でしょ?

あ、これ一般規模のマンションの話ね。

コンシェルジュが常駐しとるよーな億ションなら、
こーゆーのは、金で片付いてる話かもしれないが、
それはすなわち、
分譲だろうとずっと負担が発生し続ける管理費が
メチャ高いってことで、
それを年金暮らしになってもでけるんか?
って問題が別途でてきます。

ま、これはまたちょっとずれたとこの話だな。


話を一般マンションの理事会に戻しますが、
小規模マンション…全部で30戸とかクラス…だと、
こういう問題に対して、意見はまとまりやすい。

が、理事会の順番がしょっちゅーまわってくる…(-_-;)

大規模マンションだと、やっぱ母数が多いんで、
まわってくる率が減る。


大小両方の理事会に出た血族に言わせると、
「小規模のほうが、話早くて楽」
とのこと。

でもって、
「たぶん、これからの若い人たちなら、
 組合みたいな理事会は
 まとめてくのムリじゃないかなぁ。
 管理会社に入ってもらって、
 みてもらうようになるんじゃない?」
とのこと。

でも、そしたら管理費高なるやん
とゆーと、

「そりゃそうだけど、
 方針立てて、全戸の意見とって、議論し、
 対立意見を調整して、規則決めて…って、
 時間的にも性質的にもやれないんじゃない?」

…確かになぁ…。
それが何百戸単位だったら、考えただけで面倒だ。


よくある揉め事としては、
ゴミや騒音、エレベータの話で、
なかでもエレベータは上でも書いたが
やりかえるのに、ものすごーく費用がかかる。

低層階の人は、使わないのに、
なんでこんな高い額払わないとならないの!
となり、
高層階の人は、これは共有物なんだから
全戸で均等割りすべきでしょ!
老朽化して、開け閉めに問題があるんだから、
事故が起こる前に変えるべきよ!

ってな感じに、どーにも意見の一致をみないんだな。


腐人は面倒ごとを避けたいので、
どっちかったら、小規模がいいかなぁ…。

それに大規模の場合、
エレベータとかがなかなかこないとかあるし。

あーでも、修繕費の頭割りは、
小規模だとやっぱ大きくはなるよな…。


うーむ…。
やっぱり、結論としては、
元気なうちは理事会無縁の賃貸で、
よぼよぼになったら、高齢者ホーム!
かね?

問題は、入れるホームがあるかだな…(~_~;)


えーっと、昨日の読書録は、
(1051)マンガ 『鬼灯の冷徹 7』 江口夏実
なんですが、ちょっと体力が限界…。

コメントは先送りさしてください…
今日はちょっとムリです、
赦してください、鬼灯様-ッ(T_T)


[ 2012/11/23 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

きになるニュース

あっかーん(>_<)!!
なんか吸い込んだくさい・・・。

あれかな?
扉あけたとたん、くしゃみがとまらなくなったあのときか?

粘膜とゆー粘膜が、ぐじゅぐじゅ状態なので、
なんか、あんまし上手く脳みそが機能しないー。

と、涙目になりながら、ニュースを読んでて、
気になったものがあった。

こーゆー思考ができないときにひっかかるものって、
ホント、直感の領域なんで、
常日頃、腐人が気にしてる
「何か」が関連してくるものであることが多いんだよな。

ってことで、ちょっと覚書な感じです。


●バス


日本のバス・トラック事業というのは、
かなり悪化してるらしい。
多くのメーカーがバス事業からは撤退しているという。

しかし、世界に目を向けると、トラックやバスに関して
着々と技術を進化させているんだそう。

ちなみに、「バス」ってのは、
日本ではなんでもかんでも「バス」だが、
英語では『bus』と『coach』になるそうで。

単純に言えば、『bus』は、『omnibus(乗合馬車)』が語源で、
いわゆる交通インフラ型路線バスのこと。
『coach』は長距離移動の大型馬車が元なので、
日本で言えば、「観光バス」や「高速バス」のこと。

このどちらの領域でも、
どうやら日本はガラパゴス化してるらしいのだ。


例えば、欧州の路線バスは、「超低床」。
停留所の路面を少し盛り上げるだけで、
ほぼ段差なしで乗り込める。
そして、乗り込んだあとは、
ステップもスロープもない「完全フラットフロア」だという。

へー・・・腐人が欧州に行ったのは、はるか昔だが、
そーだったっけかなぁ・・・。
しかし、これだとロンドン名物の二階建てバスはどーなんだ??

ま、いっか。

そーいや、こないだ公共交通機関としての鉄道の本を読んだとき、
日本が例外なんだとあったな。

確かに、海外にいくと、どっちかっちゅーと、
バスが公共交通機関だったよなぁ・・・。

その傾向は、どうやら強くなっていて、
「今、公共交通機関の整備を進めようとする国々では、
 本格的鉄道や地下鉄では建設コストも車両や運用のコストが高すぎ、
 (中略)注目されているのがBRT(Bus Rapid Transit)」
だという。

BRT・・・三陸鉄道の復興だったかで聞いたことがある気がするが
いまいちどーゆーもんだかわからない。

読んでみると、
「これは道路にバス専用レーンを設け、
 同時に乗降のための「ステーション」も設置して、
 固定された「路線」を造り、鉄道と同じようにバスを走らせて、
 定時性の高いサービスを行うというもの」
とのこと。

ほっほー。

確かにバスの欠点って、
「時間通りにこない」
だもんな。

固定路線の専有性が保たれれば、
定時性は守られるだろうし、
そしたら、別に乗り物は、
バスだろうが電車だろうがかまわんよなぁ。

実際、アジア圏でBRTの導入が増加とのことなのだが、
そこでは、乗り込んだ先で客がもたもたしないよう、
(電車のホームと車両とがフラットになってるのと同じ理屈で)、
低床バスがいいとされてて、
段差がある日本のバスは、導入検討の俎上にすら乗れなくなる。

なんでこんなに日本のバスが
ガラパゴスになっちゃったかっちゅーと、
日本のバス事業が、採算性が低いもうからないものだから。

ほとんどが行政からの補助金に依存してて、
ぶっちゃければ、
新しい車両なんぞ買う余裕がない
ってことらしい。


この記事を書いた方は、
このインフラ感覚の、日本と世界の乖離、
そして、日本だけ見て、社会インフラの需要が衰退だからと、
メーカーが事業そのものを縮小してってることを懸念し、
このままでは、バスとトラックは輸入車ばかりになる、
と、警鐘をならしている。


腐人は別に、輸入車ばかりになって何が悪い?と思うが、
金になる市場をみすみす狭い視野で
衰退事業としちゃってるのはもったいない話。

工夫するの、日本人好きなのに。


ぶっちゃけ、この先、日本は超高齢化社会になる。

高速道路の逆走とか、
病気が原因の、ひどい事故とか、
運転手の年齢をみると、高齢者がひきおこしてるのが、
結構、目につく。

年寄りの冷や水で頑張るのも結構だが、
それで殺人者になるのって、どーなんだ?
と腐人は思うンだがな。

もし、小回りのきく、のりやすいバスが、自宅のそばにきてくれて、
だれでも目的地のちかくまでつれてってくれるようになってれば、
高齢者からハンドルをとりあげられるんじゃねぇのかねぇ?

日本と世界のバスの温度差をみると、
要は日本は、利用者のニーズを満たすものを
つくれてねぇだけじゃねぇの?
って気がするなぁ。

ま、あとは
おらがまちにもしんかんせんを!
ってなメンタリティか?

腐人はドクサイシャに近い考え方すっから、
事故の記事とかみてっと、
まず、一定年齢の老人から、ハンドルを強制でとりあげて、
そんかしニーズを満たす、
足代わりになる小回りのきくフラットなバスを走らせりゃ、
事故も減り、バスは回復し、バス製造会社も喜ぶ
一石三鳥になるんじゃねぇのかねぇとか思うけどねぇ。



●服のオンライン販売

これは実店舗をもって小売業をやってる人には怖い話かも。

逆に、通販サイトで服を販売していたとこは、
これまで、サイズが合うかどうかの不安から
通販で買うのを躊躇してた客をとりこめるかもしれない。

イギリスの研究者と企業が組んで、
新型のボディースキャナーを開発したそうで、
「消費者が身長を入力した上で
 全身写真をウェブカムやスマートフォンで撮影。
 そのデータから作成された3D画像に
 画面上で服のデータを合わせることで、
 最適なサイズを選ぶことができる」
ってもんだそう。

うーむ・・・こーなってくると、
ネットと宅配さえあれば、
無人島で悠々自適に暮らせるんじゃね?

あ、あと電気がいるな。


腐人は、本を買う以外のショッピングには
からきし興味がありませんが、
便利なのも、なんだかなぁ(~_~;)・・・と思うのは、
腐人だけですかね?
[ 2012/11/22 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

葬儀に思う

いやー、ちょっとびっくりした。

腐人もいい歳なので、
人の葬儀にはちょくちょく出ている。

よく、
「お葬式をみれば、その人の人生がわかる」
とかゆーが、
最近は、葬儀のやり方が人それぞれ千差万別になってきて、
故人の意向とかもあるから、
一概にそうとも言えないのかなってとこはあるんだが、
亡くなった方の年齢とか状況とか現役かどうかとか、
喪主が現役か引退後か、などなどで、
なーんとなく、こんな感じかなーというのが
事前におおよそわかる。

だから、今回、亡くなった方も、その喪主も、
平均寿命の領域なおじいちゃんおばあちゃんだったので、
そうそう大掛かりにはならないだろうと踏んでいた。

ただ、その人となりが、陽気な性質で、
何にでも口をつっこみたがる、
どっちかっつーと世話やきなおせっかいだったから、
年寄りの葬儀ではあるが、
恐らくご近所さんはかなり来られるんじゃないかな?
通夜はともかく、告別式は、
結構な人数になるだろうね・・・と予想していた。

そしたら。
もうお通夜からすごい人で。

途中で、焼香台を増やしたが、
それでも会場の外まで行列が続き、
読経がおわっても弔問客が終わらない。

背後の状況に気づかなかったお坊さんが、
一度立ち上がりかけたのだが、
振り返って、まだまだいる弔問客に気づくと、
座り直して読経を再開。

ようやく途切れたところで、お坊さんは退場となったが、
その後も、通夜ぶるまいをしている最中にも、
弔問客がかけつけてくるといった状況で、
ちょっとびっくりしてしまった。

腐人にとっては、会うたびに、
「まだ嫁いかんのか、結婚せぇ、結婚せぇ」
と、挨拶代わりにジャブをかましてくるので、
「なんでそないな怖いことせんならしまへんの。
 今のご時世、
 アウトオブコントロールな生き物を
 飼うなんて恐ろしいこと、よーしまへんわー」
っちゅーて応戦していた、
少々煙たい存在だったんだがねぇ。

といっても、ネチネチした感じではなく、
ただ単に口のブレーキが壊れてただけの方だったので、
カラッと、やりあってたんですけどね。

って、ブレーキ破損状態は、腐人もやて?
しゃーないやん、血縁やねんもん!
DNAが悪いねん、うん!


ま、思うに、そんな感じに、
子や孫の知り合いや友達、ご近所さんたちに
気さくに声をかけてたんやろなー。

だからこんなにも多くの人が、
お別れ言いにきてくれはったんやろなー(/_;)。


人の世話になるのだけはいやだと、
常日頃からゆってたらしいので、
なんとも「らしい最期」で、
その潔さを見習いたいもんだなぁと思う葬儀でした。


・・・とはいえ、腐人がこのままあの世にいったら、
「なに!あんた結局、結婚せずじまい!?
 ちょっとここ座んなさい!」
と、説教されそうな気がする・・・(;一_一)。

ま、それも愉しいか。


どーでもいいが、
通常、旦那に先立たれ、女おひとりさまになるほうが多いらしい。

が、
この機に、腐人の血縁の「先立たれおひとりさま」のケースをみてみると、
腐人の周囲では、逆転、
つまり「男おひとりさま」になるケースのが倍だ。

腐人は煮ても焼いてもおひとりさまだからいいんだが、
あの辺とかあの辺が、順番逆転したら、
面倒なことになりそうだなぁ・・・(~_~;)。

人の生き死にだけは、思うとおりにならないもんだが、
そんでも、あの辺とあの辺には、
切実に!順番守って欲しいと思う・・・。
とばっちりは御免だい!


あ、そゆことで、
昨日は、まったく時間なかったんで、
『遅咲きのヒマワリ』はみてません。

碁石茶、でた?

[ 2012/11/21 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

アインシュタインの予言

腐人は、らばQというサイトがお気に入りなのだが、
先日、そこでアインシュタインの発言がとりあげられていた。

「テクノロジーが人間を上回る日を私は恐れている。
 世界は愚かな世代でいっぱいになるだろう」

というものらしいのだが、
今、まさにその日をむかえ、
人類がバカまっしぐらだってなことで、
8枚の写真が紹介されている。

ご興味あれば、どうぞ↓
http://labaq.com/archives/51769534.html


腐人はケータイをほとんど使ってない人だが、
それでも、よくかける人の電話番号を
覚えなくなった自覚はあるし、
何かわからないことがあれば、
すぐググッてしまう自覚もある。

そやって安易に即座に回答がでてくるのが
当然となってくると、
恐らく、人が「待てる(=耐えれる)時間」というのが
どんどん短くなる。

結果、なにが起こるか。

人はじっくり考える訓練ができず、
すぐに回答が得られなければ放りだし、
また、他人からすぐに反応がなければキレ、
出てくる答えにミスがあることも許せなくなる。

やだわねぇ、そんな世界。

腐人は規格外も受け入れてくれる余裕というか、
遊びも許容する寛容さがなければ、
新しいものは生まれて来ないと思ってるんだがな。


でも、今のまま人類が進んでいったら、
アインシュタインの予言は、まちがいなく成就する。
断言できるね。うん。


昨日の読書録は、

(1044-1046)マンガ 『ストロボ・エッジ 8~10』 咲坂伊緒
(1047)BL/ビーボーイ 『愛とは言えない 4』 榎田尤利


なのだが、
すんません、今日はコメントかいてる時間がない。

よって、宿題。
ああ、また増えた・・・(-_-;)
[ 2012/11/20 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

癒しの王子・・・

人が死ぬって、
大変だなぁとつくづく痛感中・・・。

訃報連絡網をまわしている最中に、
最近、何度連絡しても出ないねぇと言ってた人が、
高齢者によくある、

 家の段差につまづいて骨折
   ↓
 入院治療となったが、そのうちに他のところが弱る
   ↓
 ほとんど起きることも食べることもしなくなる

というパターンになってることが判明。

あわてて見舞いにいくが、
ほとんど会話もできなかった。

しょーがないけど、つらいなぁ・・・。


とまー、なんだかんだで
バタバタ走るぜバタ子さん状態なんですけど、
そんななか、うちのベランダに突然、あおむしが出現!

どっからきたんだ、あんた!?

どーも、先日、野菜を作っている知り合いから、
野菜を送ってもらったんですが、
そこに一緒に入ってきたっぽい。

じゃなきゃ、こんな丸々デブったあおむし、
いるわけないし。


腐人は虫が大嫌いなので、
踏んずけて、圧死させようかなーと思ったんだが、
ちょうどそこに血族がやってきたので、
「王子にあげよっか?」
となり、連絡。

しばらくして、
「虫どこー?」と王子がやってきた。

腐人にはブサイクなデブあおむしにしかみえないんだが、
王子は目をキラキラさせて、
「大きい!これ、アゲハになるんだよ!」
とゆー。

そーかいそーかい。
で、いつなるの?

「じゅーがつ」

へ?十月はもう過ぎたぞ?
今は、じゅういちがつ、だぞ?
と思ったが、ま、その辺は4歳児。
深くは問い詰めまい。

ありがとーと、にこにこしながら、
空き箱にいれたあおむしを引き取ってってくれました。
こっちこそ、ありがとうだよ、王子。

ああ、ちびっ子ちゃんの元気は癒されるなぁ。


で、18日の読書録ですが、

(1037-1043)マンガ 『ストロボ・エッジ 1~7』 咲坂伊緒
  完結マンガで、まだ途中なので、
  読了したら、総括やります。


はやく、日常にもどりたーい(>_<)!

[ 2012/11/19 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

ちょっとバタバタ?

ぐーすか朝寝をしていたら、訃報がとびこんできた。

かなりいいお年の方だったので、
そういう意味での驚きはなかったんだが、
親戚内で、
「絶対、あの人は、長生きするよな…」
と思われてたから、
そういう意味では驚きだった。

ま、どんな人でも死は避けられないからねぇ。

とはいえ、幸せなといっていいんだかわからんが、
一番好きな場所でのんびりしてたときにポックリ…だったので、
恐らく本人的には、さして苦しまなかったと思うけど、
周囲は上を下への大騒ぎ。

多いな、このパターン…。

腐人もあわてて喪服一式とりだしにかかりましたが、
ひさびさに履くパンプスに腰がグキッ…。

ヒールの低い黒靴、買いにいこう…(-_-;)


ま、そゆことなので、
ちょっとバタバタしそうな感じで、
落ち着くまでブログも手抜きになると思います。

仕事やなんやも、
今のうちに片付けられることは片付けとかんとな…。

[ 2012/11/18 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

お客様は神様か?

『はしっこの恋 2』を読んだ血族が言った。

「これで終わりなんてもったいないなー」

えええええっ!!
マジで!?

「だって、終わりのほうそんな感じやん」


そりゃなんか、終わりに「end」ってあったけど、
あれは2巻が終わりってことやろ!?

そりゃなんか、あとがきに
「また次の作品でお会いできたら」
とかあるけど、
あれは3巻でってことやろ!?

いやーっ!
これで終わりはいやーっ!!
あの、真ん中の暴挙を!!
もっと読みたいのーっ!!!
   ↑
  って、全然「恋」関係ないやん…。

祥伝社さん!町麻衣さん!
ここに!続きを切望しちょる読者がおります!!

『真ん中の(たぶん)恋』でもかまわんので!
是非、読ませてくださいーっ!!!


ところで。
全く縁遠くて知識ないんで素朴に疑問なんですが、
漁業権ってそんなもらうん大変なもんなん?

まぁ、自然のもんの取り合いやから、
ほいほいやるわけにはいかんやろけど、
相撲の親方株みたいなもんなんやろか…?

うーん、この辺、知りたいなぁ。
ええ、マンガないかな←マンガ限定かい!



なんか脳みそがゆるゆるやなぁ…。

ってことで今日は茶のみ話をしましょうか。

先日、ぽてぽて歩いていたら、
むちゃくちゃ香ばしいお茶を炒る匂いがした。

匂いにつられてふらふらいくと、
お茶屋さんがあり、店頭でほうじ茶を炒っていた。

お茶好きな腐人としては、
これはいただきましょう!
ってことで、一番安い100g525円のほうじ茶を購入。

すると、
「よかったら、こちらをお飲みになってください」
と、美味しい玉露をいただく。

うめー、あまー、しあわせーとなってると、
お待たせいたしましたと、
商品をもってきてくれたのだが、
そこには、200円ぐらいしそうな粗品が。

…あ、あの、これ商売なりたってます?

そりゃありがたいんはありがたいんやけど、
過剰すぎるサービスもどんなもんかと。

巣に戻った後、さっそくほうじ茶いれましたが、
ものごっつい良い香りに、美味しい味で、
単純に、これみつけて買えただけで、
十分つりあってると思うんだがなーと思ってしまった。


そうなんだよなー、
この過剰すぎるサービス、
ちょっとどーなんだ?
と、腐人は思わなくないのだ。


かなり前の話になるが、
例えば、スカイマークの注意書き。

お忘れの方、ご存知ない方のために、ちと説明しますと、
「サービスコンセプト」として、
「安全に、安く」を実現のため、
うちの会社はこないするけぇ、了解してや、
っちゅー文書を、
スカイマークさんが各座席んとこに配布したんですね。

そのこと事態は別になんの問題もないんだが、
文章の中身に問題があったのだ・・・。

内容は、こんな感じ。
腐人編集でまとめてみました。

・荷物の上げ下げは、自分でしてな。

・言葉遣いが、きつぅても許したって。

・うちは、ヘアメイクやネイルは、各自にお任せやねん。

・制服も、ポロシャツとウィンドブレーカーだけで
 あとは自由やねん。

・おしゃべりの苦情はゆわんといて。
 客室乗務員は保安要員であって、接客要員ちゃうねん。

・子供の泣き声もいっしょ。
 閉鎖空間やからしゃーないってわかって乗って。

・地上んときに言われたこととちゃうことゆーときあるけど、
 そんときは機内でゆーてることのが優先やから、
 そこんとこ、ヨロシク。

・機内で苦情は一切きかん。
 わからんちんにはでてってもらう。
 不満があったら、
 うちのお客様センターか消費者センターにゆーて。



実際の文章はググッたらでてくるかと思いますが、
中身は大体こういうことで、
その最後の一文の「消費者センターにゆーて」が問題とのことで、
最終的に撤回となり、
今は、そこを削除した、新しい文面のものが配布されているらしい。

と、以上が、ざっとした経緯。

まぁ、そーゆーのが、ニュースになった後、
実は、この前後の時期に、
運行のほうで改善命令うけてたりしてんので、
そーゆーことゆー前に、安全運行やれよ!
とは、散々言われたり。

書き方についても、
もうちょっと違う言い方あったんでは?
ということをよく指摘されていた。

ま、確かにね。
こういうことは、やるべきことやってから言わないと
いらん反感をかう。
逆に、やるべきことやってから言えば、
「やるべきことはやっとるが、
 なんか文句あんのか?ああ?」
と言えるんだけども。

でもって言い回しについては、
はははは…
「言い方考えろ!あんたの言はきついんじゃ!」
と、ほぼ毎日言われてる(でも直さない)腐人に
なんといえと?

でもよー(-_-)
もってまわった言い方したら、
気ぃつかへんのおるやん。
はっきりゆわんとよー(-з-)


ま、その辺は本題じゃないのでおいとくとして。

腐人としてはさー、この問題、
これ、根っことしては、
そう言って当然じゃねぇの?
っつか、これを言わなきゃわかんねぇのか、今の客(~_~)
という気がするんだよなぁ・・・。

だって、だから、安いんでしょ?

高い便みたいに、
教育が行き届いた若くて美人な客室乗務員に
ホストやホステスみたいな接待されたいならば。

その教育研修費、
社員の不満が解消するレベルの高い人件費、
制服などを揃える福利厚生費、
子供がうるさいというなら、
子供専用ブースを作るよーな機内内装費などなど、
そういったもんを運賃で負担せぇってことちゃうん?

それがイヤやから、悪かろう安かろうでええと、
安い便に乗っとんやろ?

サービスが悪い、けど安い、
至極真っ当な適正価格ちゃうの?

これを、
サービスええけど安い、にせぇ!ゆーその考えがやね、
デフレスパイラルを招き、
ひいては、自分で自分の給料を下げよるのに、
なに文句ゆーてんの?
と思うのは腐人だけだろうか。


まぁ、今は、その行き届いてるとされる
高い便に対してすらも、
首をかしげたくなるよーな
クレームつける人がいらっしゃるよーで、
もうこうなってくると、
そういう人にはもう乗らないでくださって結構ですよ、
と言ってかないと、
この増長しまくり自己愛社会とデフレスパイラルは
永遠に続く気がする。

そう・・・なんかさー。
これらの根源には、
「お客様は神様です」っちゅー言葉が生んだ
歪み、増長があるような気がするのだ、腐人は。


そもそもさ、
売り手と買い手って、
需要と供給のバランスが大幅に崩れたり、
欲しい度、必要度が極端に高いとかゆーんでない限り、
その力関係は、
若干のシーソーはあっても、
絶対優位が約束されたもんではないと思うンだ。

本来、お互いが等価と思う条件での交換が
取引の基本のはずなのに、
「お客様は神様です」という言葉によって、
過剰サービスが当然と、両者が思うようになって、
結果、自己愛とデフレスパイラルが
止まらなくなってる気がする。

ああ、なんかこれ、『海猿』問題の、
著作者と、二次使用者と、読者の話でも
いえそうだな…。
でも、今はやめとこう。
コンテンツ論のいつかでやります。


とりあえず、今は、「過剰サービス」の話。

そう。
この点では、ちょっと疑問があるのだよな、腐人は。

よく外国人が驚くものとして、
日本のサービスのすごさがあげられるが、
なんかね・・・ここまでせんでもええんでは?
と、日本人である腐人自身、
思うところがなきにしもあらず、でね。

実は、先日、
ちょっと、これってどーなんだ(~_~)?
と思うことがあった。


あるところに、確認したいことがあって電話をした。

しかし、もっと詳しい人じゃないと回答できない、
ということで、日を改めてと言われたのだが、
その提示された日程が、
腐人のスケジュールとあわなかったのだ。

その問題については、
別の組織が専門窓口を開いてたりしてたので、
じゃぁ、もういいです、別んとこに訊きます、
と言ったらば、
うちは、メールでの問い合わせもやってますよ、
と教えてくれた。

腐人としては、複数の意見をきいてみたかったので、
元から二股をかけるつもりでいた。

なので、こちらのメールの問い合わせを利用しようと思い、
だったら、そちらのメールでの問い合わせ方法を教えてくださいと、
その手順説明をきいた。

そんで、ありがとうございました・・・で終了し、
腐人はメール問い合わせを送るのとともに、
別組織にも問い合わせをし、そっちはすぐに回答を得た。

まー、こういう流れになってったら、
後は、送ったメールの返事を待ち、
結論をだすだけ・・・だと思いますよね?

それが、ちょっと違ったんです。


実は、腐人、この問い合わせをかけた窓口とは、
まったく別の部署とつながりがあり、
そちらは腐人の詳しい情報を知っていた。

でも、今回問い合わせたところには、
メール問い合わせだから、
返事をもらうメルアドだけ渡しておけばいいなと、
その他の個人情報は伏せたのだ。

通常は、これで十分だと思うんだ。
特段、問題なく、メール問い合わせには、メールで返事・・・
になるかと思うンだけど、実際は違った。

電話で問い合わせで対応してくれた方が
腐人のこと調べまくりまして。

他部署に登録されてる連絡先に
電話してきたんです。

メールで返事をしてくれるだけで十分なのに、
こっちとしては伝えた覚えがない電話番号に
電話されてくる気持ち悪さ。

恐らく、親切、サービスでやってくださった
と思うのだが、正直、不快だった。


今はさ、小売をやってるやってないに関わらず、
サービス業という範疇がものすごく広がってるから、
どんな人も、売る側、買う側の
どちらも経験することが多いと思うんだが、
その両方において、「やりすぎない」に気をつけないと
かえってマイナスに働いたり、
巡り巡って、自分の首を絞めることになるんちゃうかなーと、
思ってしまった。

でもま、他方でそこまで崇め奉らないと
不満を抱く客もおるにはおるが、
でも、それに迎合するのは正しいのか?

腐人は違う気がする。

バランスが難しいっちゃ難しいが、
まずは、感謝の気持ち、という意味では
「お客様は神様」でいいと思うが、
提供サービスという点では、
「等価交換」「適正価格」を是とし、
ある程度で線引きすべしと思うのだ。

なんつか、腐人は、
ニンゲンの本質が「善」とは思ってないので、
やりすぎが続くと、絶対、ニンゲンはつけあがる、
と思ってる。

「いいものを安く」をやり続けた結果、
今、日本を代表する家電メーカーが軒並み大赤字になって
リストラの嵐が吹き荒れている。

ものがいいなら、値引く必要はない。
その品質に自信をもって、適正な価格で売ればいい。

でも、それが他で真似されるものなら、
その姿勢は続けられない。

あ、なんか今すごく
未来工業の山田さんの指針(↓)が腑に落ちた。

「発売すれば必ず儲かるとわかっている人気商品であっても、
 よその製品と差別化できないものは作らない」

コンテンツも結局、こーゆーことかもしんないなぁ…。


あ、あれ?
サービス論のはずが、なんかコンテンツにいっちゃったな。

ま、いっかー。
[ 2012/11/17 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

ネットデジタル世界の奴隷

町麻衣『はしっこの恋』
パラ読みがとまらーん(>0<)!
だって、おもろいんだもん。

これ、ドラマ化素材に、すごくいいと思うんだよなー。
でも、もしやるなら
もうちと話数ためてからやってほしいけど。

じゃないと、田舎知らずの都会育ち脚本家が
勝手につまらんネタ増殖させて、繋いで延ばして
せっかくの第一次産業のリアルさを
全部ダメにしそうなんだもん(ーー゛)

田舎暮らしのドリームじゃないんだ!
バリバリのリアルなんだ!!
でもって、そこに、
自分で、自分を笑おうとする姿勢が必要なんだーっ!!

そのへんがなー・・・
原作付きドラマみてて、
「ああ、キモがわかってねぇなぁ・・・(=_=)」
ってなアレンジしてるの多くて、げっそりする。

自虐ではなく、道化の笑いとして、
自分で、自分を笑い飛ばせるっちゅー、
こーゆー姿勢は、腐人、大好きなんですが、
なんか最近、そうじゃない、
賢ぶりたがる姿勢のが目につくのは気のせいかね?

自分が疲れて自滅するだけなのになぁ。

ま、それはいいや。

「農家の常識、非常識」は、
荒川弘『百姓貴族』だったっけ。

『百姓貴族』の実写はまず無理
(差し障りありまくりだろう、あれ・・・)だが、
もし『はしっこの恋』を移植するにあたって、
ネタ足らなければ、
荒川さんに『百姓貴族』からの
ネタ協力をお願いできんかねぇ。

それぞれ根っこにある、
北海道や酪農への愛と笑いは近いと思うので、
なかなかおもろいもんができると思うンだけど。

っつか、そうなってくると
漁業マンガ(もちろんコメディ)が欲しい・・・。
なんかあるのかな?


いっそのこと、こんなんどーでしょー?

「稲作!畑作!畜産!酪農!漁業!
 5人あわせて、一次戦隊ゴレ●ジャー!!
 みんなの食卓まもるため!
 ちからと技の終結だー!おー!」

とかってやんないかな。

この場合、上司は農水省?
でもって、敵は・・・
イナゴ?ミナミアオカメムシ?イノシシ?クマ?
その場合、
仮面ライダーは敵なのだろうか、味方なのだろうか・・・。

ほんでさー、
春とか秋に敵が襲ってきても、
皆、忙しすぎて
「無理!そんなことする暇あるなら、
 こっち来て手伝え!!
 こらそこ!どさくさ紛れで食うんじゃねぇ!!」

とかやってくれたら、平和だなー←なんか違う・・・

わはははは。
自分で妄想してて、
すごく楽しくなっちゃった♪

アイデア料、タダでいいんで、
マジで、誰か描いてくれんかのぉ~?



さて。
コンテンツ論かな?久々の。

腐人と師匠は、会うと、いろんな話をする。

その中で、以前、
「単純に、個人収益だけ考えたら、
 コミケで、壁サークル常連になってるクラスだと、
 商業より同人のが実入りいいよね?」

ってな話になった。

ただ、長年、同人界に関わってきた師匠は、
「でも、もし
 『商業誌からお呼びがかかったんだけど、
  どっちやるべき?』
 と相談されたら、
 『両方やるが正解』と答えるよ」

とおっしゃる。

確かに、腐人もそれが正解だと思う。


今、モノが本当に売れなくなっていて、
「最終的に価格競争になっていく、いろんな人が売ってるもの」
か、
「値段は多少高くても、ココでしか手に入らないもの」
のどちらかしか、売れない。

商業誌は前者であり、同人誌は後者。

また、同人ではできても商業ではできないことがあり、
そして、その逆の然り。

そうした違いを考えれば、
商業誌と同人誌のどちらか、ではダメで、
両方をやるべきだという師匠の話はよくわかる。


でも、ワ●ピのオ★さんとかは、同人やってないよ?
ってな話には、
「オ★さん自身はやられてなくても、
 オ★さんに代わる人がやっている・・・」
と答えておきましょうか。

あの領域までいくと、個人収益の枠なんぞ小さい話で、
『ワ●ピ』というコンテンツそのものの発展ということで
捉えざるをえなくなるんだが、
要は、
多種多様なマーケットが存在し、
それにあわせた多くの販路をもってること、

が、
そのコンテンツが衰退することから逃げるために、
重要なんだろな。

ん?ちょっと待て。
そーゆー考え方するなら、例の『海猿』問題はどーなる?

・・・すいません、ここでそれやると
話が無限に逸れるので、
それはまたの機会に・・・。


話を戻して。

特定コンテンツそのものの繁栄ってのを考えたとき。
ここに、
「FREEが基本」のネットデジタル世界
という非常識が登場する。

うーん・・・やっぱさ、つくづく思うが、
電子書籍が出版のイノベーターなんじゃなくって、
FREEが基本のネットデジタル世界ってのが、
コンテンツすべてのイノベーターなんだと思うのだ。

だって、こいつの出現のおかげで、
コンテンツビジネスが一変したんだもん。


『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』(以下、『なんで』に略)で、
福井さんは
「今は、コンテンツのマネタイズができなくなっている。
 少なくとも、ネットデジタルの世界では稼げてない、という状況を、
 きちんとみんなが認識しなければならない」

とおっしゃっている。

うんうん、そのとおり。
ネットは、はっきりいって儲からない。
腐人は、ちゃんと認識してるよ。

ホントに、声を大にして、
ネットは儲かるとか思ってるの、大間違いだからねー!
って、喧伝したい。
※この場合、巨大プラットフォーム運営会社と、
 ソーシャルゲーム会社は除く。


あれは、極端な話、
そこで収益があがるもの、ではなく、
ただただ出て行くだけの販売促進物、
もしくは広告宣伝だと思わないとダメだと思う。


よく、Web2.0だ、SNSだ、と周囲が言ってる。
なんかネットっていいらしいぞ?
じゃぁ、うちもネットをやろう、というケース多いですよね。

ゆっときますが、これ、見通し甘すぎです。

腐人の知ってるケースだと、
*****に関する専門サイト作るぞ!とかって、
元手×××円でスタートして、
*****に関する情報記事、コンテンツをいっぱいつくるのね。

で、もくろみとしては、
*****に興味のある人たちが、どんどん書き込みしてってくれ、
サイトがにぎわい、
そうすると*****に関係する企業が
「うちの広告のせてくれ」
とかいって、じゃんじゃか金がはいってくる・・・
とか思ってるんですが。

実際はどうだったら、
全然書き込みがなく、
でも動かないサイトはどんどんおいやられちゃうから
仕方なく、自分が新しい情報を探して書いてUPする。
ただひたすらそれに追われて、
広告営業なんかできなくて、売上がでず、
結果、元手を食い潰して終わる・・・。


アフィリエイト収入のために、
いつしかPVを増やすこと、それが目的になってしまい、
そのためにリンクはったり、記事のコピペやリライトに終始し、
ふと我に返って、収入から時給を計算して、
「なにやってんだかな・・・」
という、
アフィリエイト地獄におちた囚人のよーな状況ってのも、
腐るほど知ってます。


『なんで』を読んでいたとき、
思いきり「その通り!」といっちゃった記述がある。

それは、
マネタイズをあきらめれば
奴隷化から開放される、
という箇所で。

2ちゃんねるってありますよね?
腐人は、やってないからよく知らないんですが、
あれは、発言が1000個を超えると、dat落ちといって、
通常のブラウザでは見られなくなるらしいですね。

なので、ユーザーさんは、その1000を目ざして、
毎日コツコツ書きこみをする。
これを「(2ちゃんねるの)奴隷」と
『なんで』では呼んでいた。

な、なんてビンゴな表現なんだ!!

ちなみに、
「ユーチューブ帝国の奴隷」ってのも言ってたが、
こちらも言わずもがな。

奴隷にさせられて強制労働させられたんではなく、
ユーザーが進んで、労力を捧げてるって点では、
ピラミッドを作った古代エジプトの民に近いかもー。

あれ、奴隷の強制労働じゃなかったって説が、
近年あるそーですな。
って、それはどうでもいい。

要は、ネットのコンテンツって、
一度はじめちゃうと、
金を生み出すんじゃなくて、
ただただ金を使うだけの奴隷労働になるの。

まさに『なんで』で、岡田さんがおっしゃった
「コンテンツで稼ごうと考えるから辛い」状態。


でも、これをそうじゃなくて、
「販売促進もしくは広告宣伝」と捉えたのが、
『メディア化する企業はなぜ強いのか?』
なんだけど、
あかん・・・なんか疲れてきた。

骨格たてずに、
思いつくまま思い出したまま書いてるから、
すげぇ脳が疲弊している・・・。

とりあえず今日は、
「ネットデジタルの世界に、
 新しいコンテンツを投下したら稼げるはずだ!
 っちゅー考えは、甘い!
 無間地獄に落ちるだけだから、
 魂胆がそれなら、やらんほうがええ」

が、結論。

でも、そうじゃないところで、光がありそうな気がする。
まだ頭でぼやぼやしてるだけなんで、
すぐ文字化できないけど。

とりあえず、続きはまたいつかー。

[ 2012/11/16 ] コンテンツ論&読書 | TB(-) | CM(-)

♪もしも~おうちを~えら~ぶ~なら~

例のモヤモヤしてた件。

さっそく腐人会のメンバーに、
「こうこうこうでね!
 こうなのよ!!!」
と、ちょっときいてー!!メールを送ったところ。

やはり腐人が懸念してたとおりの結果を導き、
腐人がブリブリ怒りまくってるのに
同意をいただいた。

いやー、やっぱ持つべきものは、
なんでも話せる心の友だぜ!!

ってことで、腐人の老後はこれで安泰だわ!
        ↑
      金はどうする


にしても、そこから派生して
裏話を教えてもらったりもしたんだが、
前から好きじゃなかったが、
より一層キライになりそうだわ、××



さ、吐き出してすっきりしたところで、
宿題かたづけましょかー。

そーいや、家にかかる生涯コスト。

当たり前ったら当たり前なんだが、
不動産屋が算出すると、持ち家のがいいとでる。

それだけを鵜呑みにされた方、
あなたはステマに躍らされやすいタイプです。

人の発言の根底には、
必ず、その人にメリットが出るよう誘導したいという
欲求があります。

なんでこの人はこう言うのかな?という視点を忘れずもって、
立場の対立する人、異なる分野の人など、
いろんな意見をきいて、
その中から自分が信じられるものを選びましょう。

って、結局、正解は、実際にやってみなけりゃでてこなくて。
信じられるものってのは、自分の信じたいもんなんだけどね。

それがニンゲンさー♪


で、家の話ですが、
気になるところをQ&A形式にしてみました。

じゃないと、すすまねぇ・・・(;一_一)


Q:新築と、中古、どっちがいい?

やっぱ、新築に住みたいですよね。
その気持ちはわかります。

これ、戸建か共同住宅かってのもあるな。

戸建で自分希望の設計なら、
こりゃ新築(もしくはリノベ)以外はありえない。

自分の希望を反映させた家ってのは、
オンリーワンだからね。

そーゆー人は、もうこんなところに寄り道してないで、
我が道を猛進してください。



でもそういう意図がないならば、
腐人だったら、
持ち家なら中古、賃貸なら新築だな。

ただし、持ち家の共同住宅の中古には、
修繕積立金が計上されてることが条件だが。


中古のいいところは、
価格の安さと現状がみられること。

価格の安さは、
ある意味、「新築」が高すぎな気もする。

まー水揚げや筆おろし同様、
「新築に入居」は一回こっきりのことだから
ご祝儀分も加味してあんのかもしれませんが、
冷静に考えてみたら、これほどアホらしいことはない。

1回目だろうが、2回目だろうが、
ファックはファック、入居は入居。
頭を柔らかくするだけで、出てく金を減らせるなら、
腐人はそっちのほうがいい。


「現状がみられるっていっても、
 壁の中とか基礎とかはわからないでしょ。
 なら新築のがいいのでは?」
とかゆーご意見もあろうが、新築だって、わからんぞ?

腐人家では、新築に入ってしばらくしたら
床がゆがんだことがある。


でもって、人だろうがモノだろうが、
経年劣化は避けられない。
新築だから、いつまでもピカピカ、なわけはないのだ。

中古の場合、それが早く来るので、
新築買うつもりで金を貯め、
実際の購入では安くすませ、
後に、家族の形がかわったときに、余った金でリノベする、
そんくらいのスパンで考えてたほうがいいかもしれない。

逆に、新築の家でサイフをすっからかんにしたら、
後、苦労するぞ?
家は、メンテとの戦いだからな。


そのメンテ代、すなわち修繕費だが、
上で書いたとおり、共同住宅の場合、
前の住人が積み立ててくれてることがある。

というより、
積み立ててくれてない物件は買うのどうかと思うぞ?
たまにあります。
理事会でも問題になるんだけど・・・。

余談だが、腐人が「持ち家じゃなくて賃貸」というのは、
こーゆーとこにも理由がある。
持ち家をもったとしても、
管理費や修繕積立費は払い続けなきゃならない。

それを賃貸より安いとみるか、
なら高齢者ホームの月額払ったほうがいいとみるか、
こわだりや執着を捨てて、
ゼロベースで考える必要があると思う。


話戻しますが、これね、もし戸建なら、
修繕費は自分が積み立ててかなきゃならんが、
共同住宅なら、積み立ててくれてるわけですよ。

そーすっと、トータルで考えれば、
戸建なら修繕コストが生涯コストにプラスされるが、
共同住宅なら、その分、生涯コストからマイナスになる。

なので、今、腐人家が住んでる共同住宅などは、
修繕積立金が計上されてる安い中古物件になってるから、
新婚当初は賃貸で過ごし、
子供ができたので、部屋数が多いところに越そうという
チビっ子連れの若いご夫婦の入居が多い。

なかなか賢い選択だよなーと、腐人はみてる。


小さい子供がいる場合、家が傷むから貸したくない、
という賃貸家主さんもいるし。

また、子供がいたらすごく気になる防音については、
新築だと、どんなもんか計ることができないが、
中古だと、現状確認できるしね。


この現状確認もさー、新築共同住宅などの場合は、
別の場所に、モデルルームをつくるケースあるでしょ。

あれねー、要注意だと思う。

以前あった話なんだが、図面でみたら、南向き。
別の場所に設置されたモデルルームをみたら、
南側に全面窓があって、採光もよさそうにみえた。

しかし、蓋をあけてみたら、
ベランダが深く、かつ、プライバシー保護のために
バリバリコンクリ造りだったもんで、
室内に全然陽が入らず、
南向きなのに、なんなのこの暗さと寒さ!!
ってなことがあった。

新築の場合は、
図面だけで判断しないとならないところが大きい。

でも、はっきりいいます、
図面だけではわからない。

ちなみに、賃貸の場合は、
別の場所にモデルルームなんて金ないんで、
内装工事中だけど、みる?
なんて感じにみせてもらうことができる。

そんでもって逆に賃貸の場合は、
「どーせ借りてる家だから」と、
粗い使い方してることもあって、
部屋みてゲッ・・・(-_-;)
となることも多々。

また事故物件の怖さとか、
腐人の場合、ジェリー(仮名)の侵入・出現を
できるだけ避けたいとこがあるので、
余裕もって探して、新築を狙いたい。

ただ、賃貸の場合は、
できるだけ一箇所で長く住んだほうがいいです。

退去時に精算トラブルがよくあるんですが、
長く住んでると経年劣化とみなされる部分が増えるんで
わりとそこらでもめずにすみます。



Q:方角は、どれがいい?

一般的には、東南角がベスト、なのかな?

あ、これ先ゆっときますが、
家相だなんだにこだわる方は、
読んでもムダですからねー。


上で、南向きとあったから入居したら、
全然陽がはいらない部屋だった、
っちゅー話しましたけど、
これもまた、図面だけじゃわからない話でねぇ。

腐人は正直、
「西向きじゃなきゃいい」
かな。

え?北じゃないの?とか言われそうですが、
北向き、そんな悪くないですよ。
っても、寝るだけの巣の場合、だが。

しかし、西向きに関しては、
寝るだけの巣でも、パスしたい。

特に、台所が西にあって、そこに窓がある、ってのは
絶対に避けたい。

これはものすごく実用的な話で、
西向き、つまり西日、それも夏の西日の凶悪さってのは、
いっぺん住んでみないとわからないかもしれない。

東はいいんだよ、午前中だけだから。

でも、昼以降の日差しを全部中に取り込む西向きは、
室内温度のあがりっぷりがハンパじゃない。

そこで、揚げもの、炒めものなんかしてみ?
死ぬぞ、ホントに・・・。

それになにより、食品の傷みっぷりが看過できない。
調味料なんかでも、置いてるだけで固まったり、
味がかわっちゃうぐらいになるので、
総料理長ともども、「西に台所だけはいや!!」と言っている。


それ以外のとこは、結局は、
「あなたは家の何にこだわりますか?」
ってのが、大きいかも。

豪雪地帯に住まれてる方なら、
やっぱ冬の雪対策を重要視すべきだろうし。

逆に南の方なら、
いかに夏、涼しく過ごせるか、
じゃないの?

台風や浸水被害の多いとこだと、
その対策メインだろうし。

そーいや、九州にいた人が、
「豪雨で浸水はあって当然なんで、
 それ踏まえて家を探します」
ってゆってたな。

腐人の場合は、関東と関西という、
比較的穏やかな気候んとこしかしらないので、
「家のつくりようは、夏をむねとすべし」っちゅー
徒然草に従っております。

つまり、
エアコンが大嫌いなので、
夏、エアコンなしで防犯上問題なく窓をあけていられる部屋、
ってこと。

しかし、窓は1面だけだと風は通らない。

最低でも2面、入るところと出るところがないと、
風が通らない。

これがもし3面になると、状況が格段に違う。
はっきしいって、エアコン、ほとんどいりません。
・・・そんかし、冬がちと寒いです・・・。


でもって、南向きの部屋でも、
その角度(真南なのか、ちょっとずれてるのか)や、
階、周辺の状況などによって、
「・・・サウナだ・・・(;_;)」
となる部屋もあれば、
「南向きなのに、夏は陽が入らないのね」
となる部屋もある。


南西に窓がある部屋に住んでたときは、
南からの日差しで、夏場なんかサウナになり、
でも、前にたってる建物のせーで、
3時ぐらいには暗くなった。

西北南に窓がある部屋に住んでたときは、
陽はほとんど入らないから夏もひんやり、冬は寒いだが、
3面採光だったため、夕方ぐらいまで電灯いらずで過ごせた。

東南北に窓がある部屋に住んでたときは、
朝まぶしすぎて、イヤでも早起きさせられる欠点はあるが、
なぜか、夏はあまり陽がはいらず、
冬は陽がはいって温室のよーになるという、
とてもありがたい作りだったが、
明るさは、西北南に負けたな。


とまー、なんつーか、
家に対して100%満足することはない、
ってのが、結論かも。

でもって、住めば都です、はい。

実際ね、物理的制約とか、周囲の条件とか、
個人の努力でなんともならんとこもあるし、
80%ぐらい満足できたら、よいお家、なんじゃないのかなぁ。




Q:戸建と共同住宅の違いは?

はっきりいって、2点だと思う。

防犯と寒暖。
これはものすごく違う。

はっきりいって共同住宅生活になれると、
戸建の暑さ寒さは耐えられない・・・。

防犯面も、やっぱ戸建より共同住宅のが安心かなぁ。
特に、歳とって、どんどんボケてきたら、
戸締りなんかいっぱい見なきゃならない戸建より、
共同住宅のがいいかなぁ。

っても、犯罪はどっちでも起こるけどね。

特に共同住宅の外壁修繕とかのときは、
空き巣被害がけっこうあります。


よく言われる周囲への気遣いは、
戸建だからしなくていいってもんでもないし。
共同住宅でも、分譲タイプだと防音がかなりしっかりしてるしなぁ。

って、腐人はどっちかっちゅーと
超おおざっぱで無神経なんで、
ちょっとした音にビクビクなる人は戸建のがいいかもです。

ちなみに安い賃貸は、
隣人のくしゃみまで聞こえます。

だからよくBLでのシーンをみてて、
「これ絶対、隣、耳ダンボだって・・・」
と思う・・・。


まぁ、あと設計の自由度も違うか。

共同住宅の場合は、
どうしても柱とか配水管の場所が決まってるから
「便所が2個欲しい!」
とか、
「風呂をもっと広げたい!」
とかは無理だもん。

ただ、リフォームで、
収納を増やすとか、部屋を広くするとか、
そーゆーことできなくはないです。

腐人はもう歳とるだけなんで、
この先選ぶのは、共同住宅かなー。
バリアフリーの。


Q:共同住宅の場合、何階がいい?

これはもう答えがでてます。

一番の理想は、
最上階から1つか2つ下の角部屋。

でもって、できたら東南で、窓3面。

ま、ここまでのものってなかなかないけどね。
高いし。

よくBLとかで金持ちの象徴として、
最上階!ってありますけど、
あれ、腐人的には大いに疑問。

なぜかというと、最上階は鉄板だから。

億ションとかなら違うのかもしれんが、
それは腐人には未知の世界・・・。

でもそうじゃない一般レベルの共同住宅の最上階の場合、
上から注がれる太陽の熱をさえぎってくれるもんがないので、
部屋全体に熱射があたる。
その結果、部屋全部がサウナになるんですわ。

例えば屋根裏部屋とかって暑いでしょ?
あーゆー話。

それが1個下、2個下になれば、
上階の人がその被害を直撃してくれて、
その人たちの空間が空気を冷やしてくれるものになるので、
この熱被害をうけなくて済むのである。

それに防犯面でも最上階は危ない。

侵入者にしてみれば、
最上階なんて屋上からぴょんとやったら入れちゃうのだ。

上から下りて侵入というドロボーは結構いるらしく、
腐人は、昔、警察にコンコンと説教された。


という防犯面は、低階層にもいえて、
正直、2階ぐらいまでなら簡単にしのびこめたりします。

そして例の熱問題は、
こちらは逆の冷却で、低階層は問題になる。

上で、戸建が寒いといいましたが、ありゃなんでだったら、
下に、熱量を発してくれる家がないから。

腐人は以前、
下が駐車場になってる2階に住んでたことがありますが、
これが、まー冷える冷える。

まともに廊下を歩けない。
氷のようだった。

これが下に部屋があって、誰かが住んで、その人が発熱してくれると、
床の温度が全然違うンですわ。

それとね、湿気の上がり方。

最近の共同住宅は、気密性に富んでるんで、
どっちかっちゅーと乾燥気味なんだが、
1階は違う。床下から湿気があがってくる。

でもまー1階だと、共同住宅では唯一、庭があったり、
子供が小さいとか、やんちゃな男の子だとかゆーときは、
ドシンドシンやっても下に気遣わなくていい1階がいい、
っちゅー人もいてはるけどね。

この振動と音の問題は、
上でも書いたが、階数よりも住人の性質じゃないかな。

些細な音でも気になる人もいれば、
子供ってそーゆーもんよね、で流してくれる人もいるから。



えー・・・こんなとこか?

細かいところを言っていけば、
まだまだもっとあるんだが、
キリねぇしなぁ。


上で書いたが、100%満足する完璧な家ってない。
なんかしら、やっぱ不平不満ってでてくるもんです。

だから、上でも書いたが、
8割満足できたら、
腐人は十分いい家なんじゃないかなと思う。


個別に相談があれば、腐人会までお持込くださいませ。
腐人の独断と偏見のご意見を差し上げます。

[ 2012/11/15 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

楽しすぎるニュース

おうちの話の続きをしよーかと思ったが、
楽しすぎる記事をみつけたので、方向転換。

でも、その前に。

水曜のネタは、
やっぱ『遅咲きのヒマワリ』からかねー?

個人的には、もっとジジババ田舎ネタが欲しい・・・。

ワカゾーの、
誰かに必要とされたいのーとか、
このままでいいんだろーかとかのぐじぐじは、
正直、うんざり。
現実だけで、げっぷがくるほど腹いっぱいじゃ!

はっきりいって、知るかよ、んなもん、だ。

てめぇで、脳みそオカラになるまで考えて考えて考えて、
腹くくって、行動しろ。

しょせん、起こってることの解釈の全てが、
てめぇの思いこみに過ぎねぇし。
ニンゲンなんて地球からみりゃ、
最低最悪最凶でクソな、
1匹残らずとっとと駆除されちまえ!な害獣なんだよ。

なのにずーずーしく居座っちゃ、汚染たれながしてる
はた迷惑極まりない無神経なドーブツなの。

その自覚も、開き直りもなく、
ながれ~な~がれ~て、ただただ生きる~
なんつー生き方してるよーなやつの
不安や依存なんぞ知ったことか。

こーゆーの。
まとめてブラックホールに粗大ゴミしたいぐらい、
腐人は嫌いだ。

ゆっとくが、
これに「そーだよね!」なんてゆって共感しあうってのは、
わらの家ん中に、食われるためにブタが集まってるよーなもん。
勝手に搾取されて、オオカミに食われちまえって感じー


ところで。
すごく気になったんだけど、
商店街の振興、なんか根本的なとこが間違ってね?

目的は、なんなのさ?

商店街にある、店の売上げを伸ばすこと?
商店街を活性化させること?

この2つ、似てるようで、全然違うぞ。

店の売上げを伸ばすことなら、
店から消費者に打って出ることを考えりゃいい。

要は、魚のいる池を探して、
そこに店から針のついた餌をなげる。
ただ、それだけだ。

具体的に言えば、ネットショップ展開だの、移動販売車だの、
土地がさびれていこうがほっといて、
自分が生き残れるマーケットを他に探せばいい。
店を移転したっていい。


そじゃなくて、「商店街」って場をなんとかしたいなら、
そりゃ、マーケットをその土地につくらにゃいかんけぇ、
外から人を呼んでこれる流れやモノをつくるか(但し、常にメンテとおいかけっこ)、
その土地の人口を増やすか、だ。

マーケットがなきゃ、いくら仕掛けつくったところで、ムダ。
上っ面だけ作ったって意味ないぞ。
時間と労力の無駄だ。

人口を増やし、マーケットつくるって点では、
長野県下條村とか、いい先例があるよな。

まー今の東大卒にどんだけ価値があるかはわからんが、
例えば、うちの村立の小・中・高を出たら、
学校の授業だけで全員、東大受かります、
なんて学校つくったら、全国から人くるんじゃね?

ただ、これだと親は仕事で都市部にってなるだろうから、
目先の税収増は無理かもだけど、
人が増えれば、金とモノが動く。

腐人の夢想はもっとあるが、
ま、それはまさに夢物語なんで、おいとこう。


なんだかなー・・・
期待してたんだが、結局、
ワカモノがぐっだらぐっだらゆってるだけで、
こっちに得るものがなさげだなー。

このまま、腐人にとって有益な情報が得られないなら、
見切ろうかなーという気がしとる。

・・・ってか、ドラマって
そういう視点でみるもんじゃねぇんでは?腐人ちゃん・・・。

いやでもさー、今は、他に娯楽の選択肢が山ほどあって、
なのに、自分にプラスにならないもんに時間つかうのって、
とんでもねぇ浪費じゃん?

なんかそーゆーことを思ってしまう、
昨今のドラマ。
腐人だけですかね?



さて。
仕事がいやで、現実逃避をしていたら、
とても愉しいニュースをみつけた。

動物のゲイカプの話でございます。
っても、ホモ・サピエンスではありません。

発端(?)は、カナダ・トロント動物園にいるペンギンの
バディ君(20歳)とペドロ君(10歳)。

彼らは、アメリカ・ピッツバーグの国立鳥園で知り合い、
10歳の年齢差を乗り超え、交際をスタート。
その後、二人一緒に、カナダへ移住した。

彼らは、求愛や交尾を行い、
毎晩、一緒に眠るほどのラブラブカップル。

まわりのメスの誘惑に見むきもせず、
ひたむきに愛をはぐくんでいたのだが!

周囲は、それを許してくれなかったのだ!!

なぜならば!
彼らは絶滅危急種のケープペンギンだったからだ・・・

オーノー!!
種馬ならぬ、種ペンか!!
でも、できんのか・・・?(素朴に疑問・・・)


ってわけで、
これがニュースで報道されたのは1年ぐらい前の話なんだが、
無情にも飼育員によって、彼らは別れさせられ、
動物園には非難と批判が殺到したらしい。


ちなみに、
ペンギンってのは同性同士ばっかあつめて飼育すると、
半数以上がカップルになるそうで。

へーへーへー。

で、そこに異性何羽かいれても、
6割のカップルが無視して、同性愛を貫くんですと。
立派じゃのぅ・・・。
ニンゲンは、どないな割合なんじゃろ。
誰か実験してくれんかのぅ・・・。


で、なんでこんな1年前のニュースを振り返ったかっちゅーと、
今度はデンマーク・オーデンセ動物園で、
ペンギンのゲイカップルが卵を孵化させた
っちゅーニュースがとびこんできたから。

こっちはペンギンはペンギンでも、キングペンギン。
数いるんで、君らがゲイでもOKさー♪

と、動物園が考えたかどーかは知りませんが、
動物園側は、把握してたけど静観。

すると、彼らは、どうしても子供が欲しかったらしく、
よそのタマゴを盗もうとしたり、
死んだニシンをタマゴがわりに温めたりしてたらしい・・・。
ああ、泣ける・・・(/_;)

そんなある日。

あるビッチなメスペンギンA子が、
A君のタマゴを産んだのに、
B君に惚れてしまい、
A君とタマゴを捨てて、
B君に走り、そこで新たにファック。
見事、B君の子を宿す。

A子は、
A君との子?そんなのしらないわー
ってな、人でなしじゃない、ペンギンでなしだったので、
可哀想なタマゴは産み捨てられてしまったのだ!!

なんて鬼母だ!!


それを見た、デンマークの飼育員さんたちは、
幸いにして柔らか頭をもっていた。

人工で育てるか、代理母にするかという一般的な選択をせず、
このタマゴを、
子供が欲しくてたまらない彼らに与えることにしたのだ!
すばらしい!!

っても、ちゃんとやるか、試験してみての結論だが。
彼らは見事に試験をクリアし、念願のタマゴをゲット。

大事に大事に温めて、見事に孵化させ、
今は愛しくてたまらないヒナを協力して育てながら、
さらに愛を深めて、らぶらびゅーんになってるらしい。

映像やら写真があるんですが、
まー・・・熱々

パパとダディがちゅっちゅちゅっちゅやってる間で
「なにしてるのー?」とヒナが見上げてたりします。


世界では、他にも、
ドイツでフンボルトペンギン(これも危急種)のゲイカプが、
タマゴを孵化させたり、
中国では、
ヒナを養子にもらってそだててるペンギン(こちらもゲイカプ)とか
いるらしいです。

いいな、いいな、ペンギンっていいな~♪


ちなみに、このゲイカップル発生は、他にも
キリン、イルカ、サルで認められてるらしい。
・・・犬とか猫でも聞く気がするけどな。


ゲイカップルで思い出したが、
アメリカでは州によって同性婚がみとめられてるが、
あれ、男女の結婚同様に、配偶者の権利が全面認可かと思っていたが、
州ではみとめてても、国としてはみとめてないってことで、
国が徴収してる部分とかは、控除対象外なんだそうで。

へー・・・。

自分が銃殺されるかもしれないけど銃規制はいやとか、
自分は病院にもいけない赤貧だけどオバマケアはいやとか、
アメリカの価値観って、なんかよくわかんないや。

変な国だなぁ・・・。
 ↑
 って、腐人には言われたない!
 と言われそうだな・・・(^_^;)。


[ 2012/11/14 ] 腐ニュース&読書 | TB(-) | CM(-)

お・う・ち・の・は・な・し

何を宿題にしてたんだが、
よくわからなくなってきた。

うーん・・・ま、いっかー。

ちょっと待てぃ!よくねぇぞ!!
これこれの話やらんかーい!!
っちゅーご意見がある方は、
腐人会までお知らせください。←その前に入口作れ!


腐人会といえば、
実は、腐人は、数日前に読んだ記事に
クレームをつけたいのだ。

しかし、ブログのようなオープン環境でそうすると、
セカンドレイプに近い行為になっちゃうので、
ぐぐっと我慢している。
が、文句を言いたくてたまらない。

こーゆーときは、腐人会メールのような
クローズ環境の中で、ちょっときいてー!!を、
まきちらすのがいい。

っちゅーことで、
勝手に腐人会メンバーに認定されてる方には
腐人よりちょっときいてメールがいくと思いますので、
しょーがねぇなとおつきあいください。

でも、ホント、良識疑いたい話なのよ!!キーッ!!



さて。
今日は、お家の話です。

腐人は、流浪の民だったので、
団地にも戸建にもマンションにも住んだ。

賃貸のときも、持ち家のときもあった。

その上で、山岸涼子さんの『ケサラン・パサラン』
コメントでも書いたが、
「家は、持つものではない」
と思っている。

こないだ読んだ『ひとり老後を快適に暮らす本』で、
確か今の60代の4人に3人は持ち家ってあった気がするが、
国交省の平成22年の国民アンケートだと、
全世代で、7割が持ち家、3割が賃貸、
60代以上になると、9割が持ち家だという。

『ケサラン・パサラン』のコメントと
かぶってくるが、
これは団塊世代というか、
高度成長期の社会の世相反映もあるだろなー
と思っていたのだが!

この国交省のアンケート読むと、
どーもこの呪縛は今でも生きてるらしい・・・。


アンケートをざっくりまとめると、こんな感じ。

●全体の7割が、「持ち家がいい」。
●「持ち家でも賃貸でもどっちでもいい」が2割で、
 「賃貸がいい」は6.7%

●6割が、「理想は新築」だが、
 「特にこだわらない」が3.5割いる。

●全体の7割が、「戸建がいい」。
●この傾向は地方にいくほど強い。



腐人が気になる老後の家に関しては、
「60代70代になると
 「現在戸建にすんでるが、理想は共同住宅」が増える」

とある。

一方で、
「賃貸より持ち家にすみたい」が、86.4%
「共同住宅より戸建にすみたい」が、71.7%
「地方より、便利な都市部がいい」が、73.9%


うーん、こりゃどうみりゃいいのかな?

甘いなぁ・・・と思ったのは、こちら。

63.4%が、「子供と同居、もしくは近くに」

80.5%が、「老後を健康かつ快適に過ごす設備を積極的に導入したい」

といいながらも、
60.6%が、「介護が必要になるまで、バリアフリー改修はいらない」

ま、細かい話はあとでしましょう。


うーん・・・(~_~;)と思ったのは、こちら。

61.3%が、「在宅介護じゃなく介護保険施設を希望」
し、
55.4%が、「医療・福祉サービスつき住宅に関心がある」

55.7%が、「自分の持ち家や土地を子供に資産として遺したい」
で、
36.1%が、「家や土地を担保に、お金をかりて生活費にあてたい」



いかん・・・
今回のテーマ、
最初は、腐人がこれまで遍歴してきた経験から、
マンション選ぶなら、家を選ぶなら、の
それぞれのポイントを書こうと思ってたのに、
このアンケートみたら、話がずれてひろがりそうだ・・・。

いやーっ!いつものパターンに陥りそーっ!!

ど、どうしようかな・・・(;一_一)


・・・ま、いっか。
いつものとーり、思いつくまま、気の向くままに
書き散らそう。


腐人が、今もし、家を探すとするならば、
まず、持ち家は考えません。

以前、ジェリー(仮名)が呼んでもないのに来やがって、
人ん家を勝手にトイレ認定したため、
勇気ある撤退(引越し)を決めたときに、
「その歳で引っ越すなら、
 賃貸じゃなくて持ち家探さないの?」
と尋ねられたことがある。

その時も今も、家の保有は考えてない。


だって、別に遺さにゃならん子孫がいるわけでもないし。

ただでさえ、首都圏直下型地震がどうこう言われてるのに、
ここでローン組んだ矢先に地震がきたら、
苦しいだけでしょ。

家なんかもっちゃったら動けなくなって、
要介護になったときに、家のリフォーム代がかかるぐらいなら、
最初から老後スタートとともに、
高齢者向け住宅に入っちゃったほうがいいじゃん。

なにより賃貸なら、なんかあったら
貸主に文句ゆーたり、とっとと引っ越せばいいが、
持ち家なら自分で対処やメンテをせんならん。

隣人が、騒音おばさんなら、
家にジェリー(仮)がやってきたら、
どーすんだ?

それに。
もし住んでる市区町村が破綻の危機に陥ったら?

ケツまくって、とっとと逃げる

とか思うわけ。


なんつか、もう流浪の民の精神というか、
お気楽おひとりさま道を歩むつもりバリバリなので、
無責任、かつ身軽たれ、ってのが一番なんだよなー。

そーゆーのひっくるめて。
腐人の選択は、「賃貸、共同住宅」だ。


でも、遺したい子供がいるだとか、
この土地に骨を埋めたいとか、
こういう家に住みたいというこだわりがあるとか、
そーゆーことを思う人は、違う考えになるんだと思う。

この辺は、「自分が何をよしと思うか」で違うからね。

腐人の一番は、「楽(らく)」だも~ん。
無責任一代女と呼んでくれ。←古っ!



ま、それはともかく。

まず持ち家と賃貸と、どっちがいいかについて考えてみよう。

よく言われるのは、生涯にかかる住宅費用。

賃貸家賃より安いローン返済で家が持てます!
とかっての、よくきくかと思いますけど、これ甘い。

家にかかる費用はローンだけじゃない。
メンテナンスや修繕費、税金などなどがかかってくるのだ。

だから、率直にいえば、
郊外に住んだ場合の通勤通学の時間・金銭ロスとか含めて考えると、
これはほぼほぼトントンだと思うよ。



上のアンケートで、
地方ほど「戸建がいい、持ち家がいい」志向が強いとあるが、
もしそれが、
「自分の持ち家や土地を子供に資産として遺したい」ならば、
はっきり言ってあげましょう。

迷惑、重荷になることが多い。
というか、この先の人口先細りを思えば、
もてあます可能性のが大大大です。

だって、あなたご自身、
「地方より、便利な都市部がいい」んでしょ?

矛盾しまくりやんけー!


あ、でもゆっとくが、この先、超高齢化社会がすすむと、
医療難民になるのは地方より都市部。
それも人口が集中してる東京は、絶対病床数が不足し、
かなり大変な事態になること間違いなし、だよ。

これはほぼほぼ確かな未来予想図。


ま、それはともかくとして。

親が地方に、子供が大学や就職とともに都市部に
ってのはよくあるよね。

その後、親が亡くなりました。
家が残りました。
(といっても20年以上経過したウワモノ(住宅のこと)は資産価値ゼロ)

自分は都市部に仕事があり、動けません。
もしくは都市部に家があり、動く気ありません。

じゃぁ、人に貸す?

自分が都市部の家から出てった方が、
よほど借り手があります。
それが現実。


ほっといても地価があがりまくったバブル時代ならともかく、
人口減少、地方の過疎化進行が間違いない未来の場合、
「ワタシはロハスな生き方するの!」
とかってなこだわりがないなら、
もちっと脳みそ柔軟に考えたほうがいいと思う。

下手すると、自分で牢獄買うようなもんかもしんないぞ?


「でも、賃貸だと、高齢になったとき貸してもらえなくなったり、
 保証人さがしが大変でしょ?」
ってな、ことを心配されるやもしれませんが、
今の、これからの日本、
高齢者はいや、なんてゆってらんねぇんですよ。

石投げりゃ、ジジババにあたる世の中になります。

そりゃ若い子に貸したいと思っていても、
その層がいなけりゃ、空き部屋にしとくより、
誰でもいいから入ってくれってことになる。

そう、需要と供給のバランスが、いずれ逆転する、
と、腐人はみてる。
イヤでも業界が変わらざるを得ない。

保証人についても、
最近では、不動産屋が保証会社を準備してることもある。

※確か、何%かは取られるし、
 そこの審査に通らないと貸してもらえないってのはあるが、
 怪しげな保証人代行を、自分で探して頼まなくても
 なんとかなるようになってます。 
 ・・・っつか、これも、そういうのをやってかないと、
 業界が自分で自分の首しめちゃうんで。
  

腐人は、基本、楽天家なので、
この辺はなんとかなるもんじゃね?とか思ってる。
大体、なんぼ先のこと心配してても、
明日死ぬかもしれへんし?


「ワタシは無理!
 そういうところ、大丈夫って保証がないと、
 不安で不安で生きてけないの!」
とかゆー方は、
持ち家を持ちはったほうが、よろしーやろね。
それで精神が落ち着くなら、安い買い物やん。


ただ、だ。
「持ち家を持つことを薦めない条件の人」
ってのはいる。

それは転勤族だ。

腐人家では、何度か家を持った。
しかし、なぜか、それからしばらくすると
転勤の辞令がおりた・・・。

そのリスクがね、どーしてもね、ある。

家は人がすまないと荒れる、とはよく言いますが、
ホント、荒れます。

日本経済が、社会が、右肩上がりで、
たとえ地方でも、借り手探したら、すぐにみつかる・・・
なんて時代なら、いい。

幸い、腐人家では、そやって住んでくれる人がみつかり、
その後、うまく売りぬけできたからいいが、
今、そして、この先はどうだ?


腐人は賃貸で入る時、絶対に家賃交渉をするんだが、
最近は驚くぐらい、簡単に下がる。
都市部でも、だ。

需要と供給の天秤が、明らかに変わったなと思う。


といっても、地方にいくと、
賃貸にしたくても物件がない!
ってこともあるようで、
そこらも難しいもんあるよねぇ。


いかん・・・
持ち家か、賃貸かで、もうかなり疲れてしまった。
戸建か、共同住宅か、までいけない・・・。

え、えと、あの・・・続いてい?

またかー!と言われてんな・・・(-_-;)。


ちなみに、家に関しての総括結論は、決まってます。

腐人の意見とか、まわりの意見なんて関係ないんです。

「自分が、何に価値を置くか」
ただ、これだけ。

それを自問自答して、
私はこうだっちゅー答えをみつけりゃ、
それが正解。

だから、人の数だけ正解がある。

といっても、ここは注意したほうがいいよ、ってのはあるけどね。
転勤の話とかのように。
[ 2012/11/13 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

♪つつらつらつら コンテンツ論~

一昨日書いた『江戸の天才数学者』で、
『塵劫記』の海賊本対策が、
今後のコンテンツのマネタイズに繋がらないかなーと
つらつら考えてみた。

っても、わからんですよね。
もすこし詳しく『塵劫記』の海賊本の話をしましょう。

時は、江戸初期。
吉田光由が『塵劫記』を出すと、
ものすごいベストセラーになった。

というのも、この本がすごくおもしろく
かつ実用的な作りになってたから。

掛け算の九九のような基本から、
実際の生活に使える、
米の売買や利息計算、土地の面積の出し方など
実地ですぐに使える話や、
ねずみ算などの、息抜きコラムも交えて構成されていた。

挿絵もふんだんに使われ、
庶民にも非常に読みやすくとっつきやすかったので、
バカ売れ状態が長くつづき、
そこを狙った海賊本がどんどんでた。

その中身がまともなもんだったらいいんだけど、
中には、間違ってる内容を堂々と書いてるものもあったりして、
頭にきた吉田くんが、あみ出したのが、
問題だけかいて解答をかかない「遺題」。

『新編塵劫記』という本では、
最後の最後に12問、問題だけがのっていたという。

で、その前の本にのってた問題の解答をのっけて、
かつまた新しい問題をのっけた本を出す
ってのが、「遺題継承」なんですが、
最終的には、4系統の遺題継承が今に伝わっていて、
最初の『新編塵劫記』から数えると、
トータルで172年の年月にわたって
「これが解けるか?」
「へっへーん、解いてやったぜ。簡単さぁ!
 でも、お前さんにゃー、こりゃ解けねぇだろ?」
なんつー遊びをやっとったらしい。

褒めるべきか、呆れるべきか。
びみょーだなー・・・(ーー゛)。


ま、それはそれとして。
腐人の主題は、コンテンツ。

例えばオチだけない不完全なコンテンツが配信されたら
どうだろう?

ま、キレるなー(^_^;)

腐人は未だに
木原音瀬さんの『歯が痛い』の続きよみたいもん。
あれ、オチてませーん!木原さーん!!

ってことで、例えばですね、
下記銀行口座に@@@円いれてくれたら、
オチ部分を書いた冊子をあげます、
とか言われたら・・・振り込むぞ、腐人は。

でも、その冊子をデータ化してばらまこうと思えばできるし、
便乗詐欺だってやろうと思えばできるし、
じゃぁ、そこからワタシのオリジナル展開をば!なんつー
二次創作の世界が広がっちゃう可能性もあるわなぁ・・・。

じゃ、ダメか、この線は。



というか、ふと思ったんですが、
人は、いったい、コンテンツをどうしたくて
金を払うのだろう。

純粋に、それが読みたい、聞きたい、見たい?

『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』(以下、『なんで』に略)にあったのだが、
音楽は、1998年の6000億をピークに
今は、2000億まで下がってる。

出版も、10年前の25000億をピークに
2009年以降は、2兆円を割るまで市場が狭まった。

特に雑誌の落ち込みは激しく、
廃刊・休刊が続出してるのは、腐人も知ってる。

一方、ライブと映画は横ばいか、微増ということで、
『なんで』の中で、岡田さんは、
ライブで稼ぐことを考え、
「サイン会を有料にする」
「コンサートのグッズ販売で利益を出す」
「タニマチがクリエーターを救う」
という話をされていた。

ま、実際、例として全然売れてないバンドの話をとりあげていて、
その人たちが音楽活動をやってけてるのは、
ライブやCDを買って貢ぐファンがいるからという。

それって、今の出版だってそーだよなー。

 ファンが作家の本を買う
  =その人の印税に貢献する
   =貢ぐ。タニマチ化
ってことだもん。


でも、そこに有料サイン会があれば、
売上げが伸びるんだろうか?

なんでそう思うのかというと、
腐人自身はどうかと言われたら、サインいらない派だからだ。

だって欲しいのは、腐人にとって価値があるのは、
本の中身であってサインじゃない。
だから、サインにわざわざ金を払う付加価値は
見出せないのだ。

むしろ、発行日より数日後に開催されるサイン会より、
早売り書店で、発売日より前にゲットするほうが、
腐人にとって、価値が高い。

そして、転売なんてことを最初から念頭に抱いてる人などは、
サインはむしろマイナスだったりもするだろう。
※プラスになることもないとは言わんが、
 よほどの大御所じゃないと、プレミアとしてはつかんのんちゃうかねぇ?
 いいとこ販促レベルだろう。
 その辺は、腐人の専門外なんでわかりませんが。



でも、そうじゃなくて、歌手や作家に会うこと、
そこで生の歌声やご本人と話すことに
価値があると思う人にとっては、
ライブやサイン会にお金をはらってでも出向くことを厭わないだろうね。


といっても、確か、のぐちごろーさんだったかが、
スマートフォン向け有料ライブ動画サービスで、
ライブ映像配信をされたという記事を読んだが、
これどーなんだろなー。
ちょっと疑問。
※今回は本格配信前のプレなので無料だったそうです

だって、結局、これまでのライブDVDと、性質は一緒じゃね?
ただ、配信が早いだけで。

となれば、もしこれが主流になってくるとすれば、
クオリティの劣化と、プロの失業が気になる。

ライブ終了後すぐにQRコードで見られるということは、
恐らくなんの手も入れず、
ただ撮った動画をUPしただけだろうから、粗いだろう。

人の美意識が、それにあわせて低下してけば、
プロアマの境界線があやしくなる。

そーすっと、
このシステムの特許をもってる、のぐちごろーさんは、
システム使ってくれるだけでジャブジャブ金が入るけど、
これまでクオリティの高いDVDを製造するのに関わってきた、
映像編集とか流通の人たちが、干上がるわなぁ。

なんとなく悪貨が良貨を駆逐する図にみえるのは、
腐人の気のせいだろうか。


ただ、これに利点がないわけではない。
ライブや演劇の場合、
その日その日で内容が違ったり、出来が変わる。

ライブDVDとか演劇のDVDだと、
どうしても、ツアーや上演期間のある1日だけを選ぶ話になるから、
この配信を全ライブや全上演にしたら、
他の日との違いを見たい、
という欲求を満たすものになるかもしれない。

でも、その総数はどんなもんなんだろう。
これはかなりのマニアだと思う・・・。
っても、客がマニアなら高額つけても売れるな・・・←黒っ!


腐人の思いこみかもしれんけどさ。

ライブや演劇、映画が横ばいもしくは微増なのは、
あの、限定された空間に出向いて、
場を共有をすることに満足を覚える=価値があるとする
そういう人が多いからなんではないのか?

スポーツ観戦なんか、まさにそうでしょ。
家で、テレビでみてるほうが、よほどプレイがくっきりみえる。
でも、わざわざ出かけたがるのは、
あの空間の共有に、価値を見出してるんじゃないの?

そうなると、そこの人たちと、上記のマニアは、
ちょっと層が違わんか?

そして、それを映像にしてしまうことは、
同時に、その付加価値を消してる行為じゃないのか?


うーん・・・そうなると、未来形は、
ニコニコ動画の、生ライブ(同時配信)+書き込みか?

腐人はあれ、議題に集中できないから
あんまし好きじゃないんだがなー。
脳がマルチチャンネルビジョンじゃないもんで。

あかん、話がずれてきた。
ニコ動をいいだすと思いきり話が広がるんで、
それはちょっと棚上げ。



『メディア化する企業はなぜ強いのか?』で、小林さんは
昔は、「情報を届けること」で、換金化できたが、
今や情報を届けることは、ゴールではなくプロセスとなった。
よって、目指すゴールは、「コミュニティに満足を与えること」。
そこで、換金化できる、とおっしゃる。

まー、これは雑誌とメーカーの話になるので、
いわゆる本や音楽といったのとは、
ちと違ってくるんだけど、
「メディア空間が拡張したため、欲求が拡張した。
 その結果、価値の移転が生じてる」

という点では、こちらも同じ。

『なんで』で、福井さんは、
全メディアアーカイブ構想というのをおっしゃってたが、
もしかしたら、課金モデルを
一元化して考えたらあかんのかもしれんなぁ・・・。


言うなれば、コンテンツの規制緩和。

再販制度をなくし、
価格を自由化し、
消費者の多様化にあわせ、
コンテンツをアレンジしていろんな付加価値をつけて
さまざまな価格で販売する。

そーしたらどーなんだろ。

って、再販制度まで話広げたら、
収拾つかへんがな・・・(;一_一)
どこまでいくよ、コンテンツ論・・・。


ま、それはとりあえずおいといて、
夢想してみましょう。


例えば、コンテンツを作り、最初に配布するのは、
「それが1日でも早く読みたい、聞きたい、見たい」層と
「転売狙い」層。

ここには、特に加工してない素材を、売る。
ただし高値で。←ここ重要

なぜなら、こいつらは、恐らく、
どんだけ高くても食いつくから。

ここの欲望キーワードは、
「1日でも早く、いい商品を手元に届ける」。

金に糸目をつけない分、みる目はシビアだから、
いいものじゃなきゃ、早く渡せなきゃ、
次回、買ってくれないだろう。


次はコレクター。
ここの欲望キーワードは、
「美品を所有すること」。

中身一緒で、装飾にこだわるとか、
最近だと、マンガにおまけつけて限定版ってのを売ってるが、
そこらをもっといっちゃってもいいかもしれない。

腐人がみてると、
信者クラスの愛読者がいる作家さんなどだと、
「読書用」と「保存用」に同じ本を2冊購入したり、
平台に積んである本の山、全部を検品し、
一番の美本を購入する人とかいるので、
本の場合だと、
「焼け、折れ、曲がりなど一切ないことを保証します美本」を
専用パッケージ売り(100年たっても劣化しません箱とか?)で
売ったら、ある程度の需要があるんじゃないかと思う。


正直、この2つ(早い、と、美しい)の数を
読み間違えなければ、
費用を頭割りして、
コンテンツ制作の初期投資分だけでも
回収することはできるんじゃねぇのかねー?

そやって、この層で、費用の回収をすませとけば、
以下の部分は、
そのコンテンツで以下に利益をあげてくか、に専念できる。


その利益追求層の1つめが、「ライブ」層。

ライブやサイン会するのは、費用がかかる。

だから、有料は当然とし、
かつ、
なんちゃらりん(ex.限定グッズ、限定小冊子)をして、
そこで利益を出す。

サイン会限定小冊子なんか、
すげープレミアついて転売されてまっせー。


そう・・・この転売での利益が、
コンテンツ制作側に全くもたらされないって点がさ、
新古書本屋でも問題になったけど、
やっぱがめつく拾いたい部分な気がするんだよ。

なんつか、前に『side work ~真音ver.~』でも書いたが、
もっと貪欲に、コンテンツを換金化することを考えようよ!

ホント、それをしない行為こそが、
自分たちで出版業界の衰退を招いてると
自らの首を絞めてると、腐人は思うー!!

いつまでも定価とか、限定に自縄自縛してないでさ、
割安価格で、電子書籍で配信するとか、
レンタル商品にして、
利は薄くなるかもしれないが、
自分とこに金がはいるよーにしようよ!


プレミアついて転売されてるの見るにつけ、
これはもう、「シェア」にしちまうのがええんちゃうの?
と、いつも思う。


ってことで、お次は、「シェア」層。
端的にゆーてしまえば、有料レンタルだ。


腐人は、本を区別している。
大きくわけたら、嗜好本も仕事本も、3つだな。

1日でも1時間でも1分でも1秒でも早く読みたい本。
これは早売り本屋や、品揃えのいい本屋に
お百度踏んででも、買う。

次は、読みたい、だけど、
安く読めたらいいなと思う本。
これは有料レンタルしたり、
友達から借りたり、図書館にオーダーして借りたり、
中古本探したり、ポイントが集ったら引き換える。

最後に、別に読みたいと思わない本。
とはいえ、腐人は本中毒なので、
読む本がゼロになると禁断症状がでる。
そーゆーときに読んだり読まなかったりするが、
基本的に、これについては1円も払わない方法を考える。


「シェア」は、まさにこの2番目に該当する本で、
腐人は、ここを緩和させるのが、
関係者の手間暇や精神面でも一番いいのかなっちゅー気が
例の『海猿』事件みてても思う。

電子書籍も、もしかしたら
この程度に考えるべきものなのかもしれない。


初期投資の回収が済んでいれば、
ライブやシェア部分は、
増刷印税みたいなもんじゃないのかな?


『海猿』問題とか、
西原理恵子さんが遭遇した理論社倒産で
勝手に増刷してたのが判明した件とか、
関係者が悪意をもった場合の防御は、
また別途考える必要があるかと思うし。

未来工業の山田社長がおっしゃってたが、
日本の企業は、
「いいものを安く」とか
「まとめて買うから安く」なんてゆー
間違った売り方をしている、という点で、
こういう自由価格にすると、
どうしても価格競争とかをやって、
緩やかな自殺を図るよーなことをやっちゃうところを
阻止はしたいし。


なによりこの煩雑化するマーケットを
いったい誰がさばくんだ?
これをクリエーター本人がやってたら、
間違いなく作品生み出す時間がない。

もしかしたら、出版社という形はいずれなくなり、
こういったマーケット管理やマネジメントを
作家と個人契約して請け負う職業ってのが、
将来的に発生してくるのかもしれない。


あかんわー・・・まとまらん(~_~)。

でも、なんとなく、
コンテンツが生き残る道みたいのがみえたような気がする。


昨日は、1冊も本読んでないんで、今日はここまでー。

コンテンツ論は、結論でてねぇんで、まだまだ続きます。
いつやるかは、わかりませんが。


どーでもいいけど、これ、ついてきてくれてはる人
いてるんでしょうか・・・。

いろいろこねくりまわしながら、
ただ、ブツブツ独り言つぶやいてるだけだよな・・・。
でも、思考を言語化しないと、リアルにならないんで。

すんません・・・(-_-;)
[ 2012/11/12 ] コンテンツ論&読書 | TB(-) | CM(-)

もろもろ つらつら だらだらと老後

冷蔵庫にあるものを適当に刻んで
チャーハンを作ったら、なんとも微妙な味になった。

うーん…(~_~;)
不味くはないが旨くない。

ほうれん草の胡麻和えと、
こんにゃく入りきんぴらごぼうは、
あわなかったか。

そーいや、吉田秋生さんの『ラヴァーズ・キス』
こーゆーネタあったよなー。



前に石原理さんがツイッターで、
メールではなく手紙を書くことについてつぶやいておられたが、
腐人もちょっと事情があって、
久しぶりに直筆手紙を書いた。

もう自分が漢字バカに成り果ててるのがわかってるので、
(なんとなくこんなカタチだった…ってのしかわからんのだ)
まず、PCで、下書きをする。

これだとすらすらスラリと書ける。

この文章は、ここのがいいな、
この言葉は、これのがいいな、
と、PC作成だと、コピペと修正が簡単プーにできる。

が、それをいざ便箋に書くぞとなると、
すげぇ大変。
キーッ!書き間違えた!!くしゃくしゃペイッ!
の嵐でねぇ…(-_-;)

でもって、ペンを持つことから離れて久しい右手は
すぐ疲れて休みたがるし。

最近は、祝儀袋の表書きやら芳名帳ぐらいしか
書くことなかったから、特定の文字はいいんだが、
そうじゃない文字は、全くもって書いてないもんで
みるからに、字がババちぃ。
ああ、なんか好き勝手に躍ってるー(>_<)!!

まんまるっちぃマンガ字だったら、
装飾と思えば、そこそこ書けるが、
さすがにいい年なんで、
そんな文字で手紙を出すわけにもいかず。

かといって、習字やってたのは、
はるか昔、マンモスぐらい古いから、
憶えてねぇよ、んなもん!だ。

最後の1行で書き間違えたときには、
「…もう勘弁して?」
とか思ったが、そーゆーのが許される手紙じゃなかったんで、
また頭から、やりなおし。

うーん…
腐人がガキの頃なんて、ワープロすらも存在せず、
直筆手紙の10枚20枚を、なんの苦もなく書いてたことが
なんか信じらんないわ。

でも、直筆手紙だからこそ伝わるものもあるので、
たまには書くよーにすべきかなーと、珍しく反省をした。

この直筆手紙ったらさー、
やっぱ須賀しのぶさんの『キル・ゾーン』、『ブルー・ブラッド』
シュレンドルフ兄弟だよなー。

え?わからない?

なら、ぜひ読みなはれ。
おもろいから。
…っても、これ、非常に入手困難かもしれない…。



なんだかとりとめない話ばっかだなー。
ま、いっか。


昨日放置した読書録のうち、
(1006)一般本 『ひとり老後を快適に暮らす本』 豊田眞弓・佐川京子

なんですけどね。

老後の生活どーしよー?ってのは、
ゆっちゃえば、いくら心配したところで、どーしよーもねぇ話。

だって、人がいつ死ぬか、どうやって死ぬかは、
知ることができないもんだからねぇ。

とはいえ、やっぱ目安みたいなのは欲しくて、
ついついこーゆー本を目にすると手にとってしまう。

しかし、だ。
なんかどーも違うよなぁ…。

そもそも世間一般の、
結婚して家庭をもって子供を産んで云々かんぬんっちゅー枠から
はずれて、好き勝手に生きてる腐人が、
こんな一般論読んでも、最初から該当しねぇんだよねぇ。

楽しく老後を過ごすためには、
なんでも話せる友達の存在が重要ですって、
あの……逆に聞きたいんですが、
これを言われるまで、その存在がないわけ?フツウの人は?

なんでも話せない知り合い1000人作ることの無意味さを
ジジィババアになるまで生きてもわかんねぇもんなの??

腐人にゃー、そこがわからんぞ(~_~;)。

そりゃ、なんでも話せる友人だと思ってた人に
先立たれることはあるだろうが、
別にそーなったって、
自分の心ん中や墓でその子に話しかけりゃいいじゃん。
本当に、そこまでの仲ならば、声が聞こえるよ、たぶん。

なんつーか、これをありがたがって読む人ってのは、
腹がくくれてないんだな、一人で生きる、ということに。

でもって、一人で死ぬ覚悟ができてない。

病気だ、医療費だ、ってさ、
そんなもんいくら心配したって無駄。
金がなくなりゃ死ねばいい、
それだけのすごく単純な話なんだがなぁ。


とはいえ、腐人が心配しているのは、
余計なことをされること。

ほっときゃ死ぬならほっといてくれと思うが、
ほっといてくれない場合、
死なずに金ばっかかかる事態になることがある。

正直、困るし、余計なことすんなと怒りを覚えるが、
自分で救急車拒否ができない場合もあり、
そーゆーときのために、保険はかけとくかなーと思う。

頭やられて、自分の意思を通せんってのが
一番困りもんだよなー。

ま、そんな感じで、腐人が気になったのが医療保険。
腐人は、おひとり様なので、
自分が死んだあとの金は、死体を燃やす金さえあればいい。

ここで薦められてたポイントはこんな感じ。

40代以降ではいるなら、終身型で、
入院日額は、5000~1万円の120日が理想。
通算限度は、最低でも700日以上で、
手術給付に厚めの保証があるのがいい。

バイクで転ぶ関係で、なんか入っとったが、
さて、どやったっけ??


まずは自分の資産負債を明確にしろ、とあるが、
ははははは、そこからやらねばならんな。

遺言も書く用意はしてあるのに、書いてないし。

そーいや、目安として、
厚生年金がもらえる会社員は、退職金含め、60歳段階で2400万、
国民年金だけの自営業・自由業は、60歳段階で4000万
用意しとくこと、とあったな。

これは、資産から負債さっぴいた額として、
だったと思うけど、どーです?

腐人に言わせりゃ、どーゆー老後を送りたいかで
この準備金も違うよーな気がすんねけどね。

野垂れ死にの何が悪い?と思えず、
石橋を叩いて渡るよーなアリタイプの方には、
オススメの本かもしれません。


そーいや歳くって何が一番困るかったら保証人で、
そーだのぅ…あの辺のガキを
「おばちゃん死んだら遺産やるから、
 保証人と後始末頼むな」
っちゅーて、
今から徐々にマインドコントロールしとくかね。

で、いざフタ開けたら、借金ばかりったら
おもろいやろなー
ケケケケケ…
  ↑
 うわー…すげーイヤな感じの
 ヘンクツいじわるババアだな…

でも、こんくらいの図太さがないと、
超高齢化で、少子化な未来の日本で生きぬけないと思う。


[ 2012/11/11 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

萌えるぜ!数学者!!

いやー愉しかった『江戸の天才数学者』

江戸初期に一大ベストセラー『塵劫記』を書いた吉田光由を
筆頭に、合計8人の和算家が紹介されてるんですが、
これがなかなか巧い選別をしてある。

腐人は和算家のこと、全く詳しくないんで、
「はじめに」にあったが、
業績だけをとりあげれば、なんでこの人が載ってないの!?
ってなことになるのかもしれないが、
腐人はこの選別、おもろいと思うなぁ。

ってのも、まずこの吉田さんの『塵劫記』ってのが
世にものすごい衝撃をあたえるわけ。

で、当時は著作権なんてないから、
海賊本がうじゃうじゃでてきて、
それに対抗するために、「遺題継承」ってシステムが生まれる。

二人めとして取り上げられてるのが、
『天地明察』の渋川春海。

もちろん彼は『塵劫記』の読者だ。
そして、その和算の知識を暦に広げ、歴史に名を残した。

その渋川春海と同じ時期にいた天才が3人目。
和算家といえばこの方、関孝和。

そして、4人目がその弟子の建部賢弘。

もうね、この3人目、4人目あたりが、
超超超超!腐人のツボで!!!

ま、それは後に回して、
偉大な数学者である関孝和亡き後、
関流という流派ができた。

大名でありながら、その関流の教えを学んだ
有馬頼徸、彼が5人目である。

6人目は、この関流に対抗し、書物を通じて
数学論争を繰り広げた会田安明。

なんか重箱の隅をつつきあうようなこの様相は、
昔あった
アグネス論争かミッチー・サッチー騒動のやうだ…。

たぶん市井の人々は、
論争の中身なんかどーでもよかったんじゃないかなー。

7人目は、江戸がそんな論争でぎゃーすかやってるとき、
遊歴算家として、あえて地方をまわっていた山口和。

遊歴算家ってのは、
地方を旅して、そこの名主さんから数学愛好家を教えてもらったり、
算額奉納から数学愛好家をさがして、
そこに行って数学を教え、
また次の数学好きの家を訪ね歩く、
みたいな、いわば流浪の家庭教師?

結構いたらしいですが、
その中でも、この山口さんは初学者のために骨惜しみせず教え、
それも移動スケールが他の遊歴算家の比じゃなかった人。

そして最後の8人目、小野友五郎は、
幕末、維新の動乱期に、政治に翻弄されながらも
和算と西洋数学のよいところを遺そうと努めた人。


前の人の業績を継ぎながら、
また新しい和算の道を開いてく、
一本の筋のような流れができていて、
非常におもしろく読んだ。

っても、腐人に数学的素養はないので、
最後の付録問題は、さっぱりぽんでしたが。


とても読みやすいんで、
普通にオススメしたい本なんですが、
ふふ腐腐腐…やっぱし、腐臭のあるところを
強く強く!紹介しておかねばね。
腐人日記なんだし。


ってことで、上にも書いた、
腐人の萌えツボをば、ご紹介しましょう。

関孝和くんってのは、
亡くなるまでにいーっぱい研究成果を残したものの
出版、という形で出したのは、
『発微算法』という本だけだった。

この本がですねー、発端っちゃー発端か。

元々は、大阪の沢口一之さんって人が
中国から伝わった天元術ってのを本にして、
『古今算法記』ってのを出版したのだ。

で、その巻末に、15問ほど遺題(答えのない問題)が載せられてて、
3年後に出版された『発微算法』で、
江戸の関くんがその解答を披露したわけだ。

そーなってくると、大阪の数学者たちがおさまらない。

『発微算法』が出た5年後に
『算法明解』っちゅー、
関くんとは違う方法で解いた本を出した。

が、関くんは自己顕示欲がない人だったので、
これをスルー。

したら、無視された!と大阪門下の佐治くんってのが怒り、
『算法明解』の2年後に
『算学詳解』ってのを出し、その序文で、
『発微算法』をけなした。

そーすっと、今度は関くんの弟子である
建部賢明と賢弘兄弟が怒り、
反論書『研幾算法』を出す。

とまー、なんて麗しい師弟愛…
萌えるわー!!!

で、この建部兄弟は、兄弟愛も麗しい!!

建部さんちの三兄弟(賢雄、賢明、賢弘)は、
それぞれ優秀な数学者だったようなのだが、
中でも賢弘くんが一番業績を遺した。

っても、個人の業績もさることながら、
この兄弟がやった偉業は、
全く自己顕示欲のなかった師匠、天才・関孝和の業績をまとめたこと。

建部兄弟がいなければ、
関くんの数学研究は今の世に、
ここまで詳しく残ってなかったろうと思われる。

まとめるのに30年かかったらしいが、
本当に、師匠のこと、愛してたのね…(/_;)←じゃねぇだろ

賢弘くん個人の業績は、
数学研究の同志であった兄、賢明を亡くし、
家督を譲って隠居した58歳を超えてから花開く。

59歳のとき、師匠の関くんでもできなかった
円周率自乗の公式を発見した。

で、2005年にその公式を発見したときの肉声が記された
『弧背截約集』ってのが発見されたんだけど、
そこに

「ああ!賢明兄ちゃんが生きてたら!
 すごく褒めて喜んでくれたろうに(ToT)」

(腐人意訳)

っちゅーのがあって。

もーこのブラコンめ…
歳いくつじゃ!59か!

って思うよねー?


腐人は偉人伝は、あんま好きじゃなくて
ほとんど読んだことないが、
立志伝中の経営者とか、
とんでもない発見をした数学者の伝記は
超萌えどころが多いので、すごく好きだ。

ああ、関くんと賢弘くんの話が
もっと読みたい…。

どーでもいいけど、『天地明察』の建部さんと
建部兄弟は繋がりあるんだろうか?
そこも気になる…。


ま、なにはともあれ、こーゆー腐った視点でなくとも、
すごく面白く読める本です、これ。

最後に、改めて書誌情報。
(1004)一般本 『江戸の天才数学者-世界を驚かせた和算家たち』 鳴海風


[ 2012/11/10 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

大麻の話をしなくちゃね

なんつータイトルだか。
ゆっときますが、怪しい話ではない(はずだ)。

でも、その前に、
ちょっと衝撃のニュースがあったんで、記録。


●「日本直販」の総通が経営破綻
「長引く消費低迷や
 インターネット通販の普及による競争激化で業績が悪化。
 デリバティブ(金融派生商品)での運用失敗も重なり、
 自力再建が困難となった」by共同通信

らしいですが、きたか・・・。

コンテンツ論から延ばした先で、やりたいなぁと思ってる
「ウェブは、ホンマに、もうかるか?」
で、検討したい材料だ。

・・・って、いったいいつとりかかれるんだか・・・(;一_一)


とりあえず!
今日は大麻を片付ける!!
・・・だから、怪しい話じゃないですってば!

とゆってる矢先に、今日も逮捕者がでていた。
うーん・・・。


ま、とりあえず。

皆さんは大麻についてどういう印象をもたれてます?
危ない麻薬?

腐人の印象は、こんな感じ。

・本人への害は少ない(依存性および耐性)
・でも、ゲートウェイ理論によれば、
 ここからスタートになりやすい

あ、耐性ってのは麻薬の強さを計る目安のひとつで、
使ってるうちに、
どんどん効かなくなって量が増えてく傾向のことね。

コカインやヘロインなんぞは、
これがすごく強いので、すぐ量が増え、一気に堕ちる。


ま、そんな感じの知識だけで、
この本
(986)一般本 『悪法!!「大麻取締法」の真実』 船井幸雄
を読み出した。

この船井さんってのは、
こないだ国政に転身するとゆーた
腐人の大嫌いなじじぃと同世代なので、
世代がもってる共通認識的なところは同じ。

要は、昔の日本人はすごかったのに、
GHQの押し付け憲法が悪くした。
産めよ、増やせよ、投資せよで、世の中はよくなる、
って感じね。

だから、かなりナナメって読みだしました。

はっきりいって腐人は、
日本どころか人間がどーなろうが別にいいと思ってるんで、
正直、大きなところ
(悪法の「大麻取締法」を改正し、「金の卵」を国民の手に取り戻そう)
ってなのは、どーでもいい。

っつか、はっきりいって、腐人は前から、
今の法律、全部やめちまえ!と思ってる人なんで、
全部無効にしちまえば?という気がしてる。

だって、まちがいなく、この法を改正しますったら、
いやいや、それやられるとこの条例にここに関係するし、
ここの省令のあれを直さにゃならんし、
とかなんとかゆーて、前に進まんのん確実やもん。


ただ、だ。
やっぱ、2、3、見逃せないこともある。


例えば、腐人が薬物問題で一番イヤだなと思ってることは、
他人への被害だ。

本人が中毒患者になって、野垂れ死ぬ分には、ぜんぜん止める気はなく、
やりたきゃやればいいじゃんと思うが、
それによって、周囲の人間が暴力振るわれたり、殺されたりするから
薬物はキライなんだ。

でも、大麻には、その精神変容成分
テトラヒドロカンナビノール (THC)を含まない
無毒大麻というCBDA株があるらしい。

だったら、そんだけでも認可したらいいんでは?
と腐人は思う。

だって、2012/11/6の腐人日記
「朝起きられない子と精神科やりたい放題と大麻の話」で書いたが、
大麻の依存性は、向精神薬より低いし、
むしろ、よりひどい影響のあるアルコールやたばこを放置して、
これを取り締まる理由がわからない。

それって、殺人犯を放置して、
万引き犯をやっきになって捕まえてるに等しくないか?


あと、医療大麻の存在。
これも認可してほしいところだ。

というのも、この医療大麻が認可されてる国では、
向精神薬の離脱に際し、
禁断症状の緩和に使われてるという。

そりゃ向精神薬のがキツイもん、当然だわな。

でも、日本では、大麻が全面禁止なので、
使うことができない。
そんで、結果があの「精神病院で1ヶ月に1515人が死亡」という数字だ。

なんかおかしくね?


それに、この医療大麻の薬効は、それだけにとどまらない。

ガンやHIVの症状緩和や、
多発性硬化症、ALS、クローン病など、
よい治療薬がみつかってない疾患や難病に効果があるといい、
他にも多種多様な疾患に効果があり、
今わかってるだけでも250種以上の病気に効果が認められている。

ちょっとまってー!

パラリンピックにでていらした伊藤さんの話を読んで以来、
腐人としては多発性硬化症に効果があるなら、
1日でも早く規制やめてくれー!!と思う。

なんで救える命を救わない?


あと、腐人は産業用に大麻を使う分野については、
全く知識がなかったんですが、
麻ってのは、ムダになるところがない、
まさに神様からの贈り物な植物らしいですね。

成長は早く、種からはオイルがとれ、
茎は衣類になり、実は食せ、
植えると土壌改良に役立ち、
建築資材や、バイオマスのエネルギーにもなる。

バイオ燃料として食べられるものが使われるのは
本末転倒だが、麻であれば問題がない。

いいことづくめなのに、
この「大麻取締法」がすべてを規制しちゃってるらしい。


これら「産業用ヘンプ」に有効活用とか、
「医療大麻」の詳細とか、
詳しくは本書読んでくださいだけど、
なんでそんなことしてるのかっつー部分も、
この本は踏み込んでいる。


最初は、なにかしら大きな思惑があるのでは?
と思ってらしたよーだが、
次第に、ただ単に、
今ある法や制度を変えるのが面倒くさいだけ
のように思われる、とかかれている。

うーん・・・これをきいて思うのは、
日本人っつか、役人ってバカか?だ。

でも、わかるけどね。
面倒くさいと思う気持ちは。
だからこそ、クソ法を安易に作らせちゃいかんのだけども。


ま、端的にゆーてしまえば、
それをやることで、
自分にメリットがないからやんねーだけだよなぁ。

ん?
でも、そうでもねぇんじゃねーのかねぇ?

そっから、
それが不正に使われてないか調べる監督機関がいるとか、
正しい知識を知らしめるための機関がいるとかゆーて、
天下り先つくりゃいいよーな気がするけど。

って、今はそれが作りにくいのか?

でも、できるでしょ。
アホな政治家がどーいおうと、
自分らのいいように税金使うことばっか考えてるわけだし

大麻取締法を改正するかわりに、
天下り先つくらせたるでーゆーたら、
働くんちゃうんかねー

っても、甘い汁は、他に関係してくる
マトリやケーサツにも配らにゃいかんけぇ、
己のものだけにはできんからやらんのかなぁ?


ああ、いかん、話が真っ黒になってきた。


そーいや、最初に腐人がひっかかっていた
ゲートウェイ理論。

要は、大麻をきっかけ(ゲートウェイ)にして、
もっと強いモノを求めて、
覚せい剤やヘロイン、コカインに手を出す、
とゆー理論なんだけど、
アメリカの国立医療研究所によると、
「その論を裏付ける、データも根拠もない」
ときっぱり言われちゃってるんだそう。

まぁなぁ・・・依存度からいえば、
たばこやアルコールのがひどいもんねぇ・・・。


この本を読んでどう思うかは、人それぞれだと思いますが、
腐人としては、

「無毒大麻と医療大麻と産業用ヘンプに関しては、
 とっとと規制を解いてください」


と思う。

せめて医療大麻だけでもなんとかならんかねぇ。

[ 2012/11/09 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

腐人家保育園 ニューフェイスの巻

検索のアホアホぶりに、切れそうだ・・・(=_=)。

またその愚痴かいと言われそうだが、
溜めてるのは腐人の精神安定にヨロシクナイので、
吐きだすことにする。うん。

ネットでレンタルマンガする場合、
1冊あたりを一番安い価格にするためには
・・・・・・別にせんでもええんやけど・・・・・・
最低25冊のラインを超えねばならない
・・・・・・別に超えんでもええんやけど・・・・・・

正直、毎回8冊ぐらいまでは
「読みたいもの」ばかりで、
パパパパパッとかき集められるんだが、
その先、25に達するまでが長くてさー。

冊数稼ぎたくて
完結マンガの一気借りとかするんだけど、
そんでも、大抵、あと数冊・・・が埋まらない。

そーゆーときに、
途中まで読んで放棄したやつの続きとか入れたいんだが、
これが・・・検索がアホアホだから、
どこまで読んだかわかんないのよーっ!!!

ううううう・・・(/_;)

作品がおもろければね、
腐人のボケボケ脳にもしっかと記録され、
「読みたいもの」として、
次は何巻ってのが記憶されるんだが、
そうじゃないもんは、もうわからんくて。

読書録んとこだけ抜粋して、
賢い検索ができる
データーベースにしたいんやけどなぁ・・・。

単純に、そのデータを作るだけなら、
時間と労力さえ費やせばできるだろうが、
果たしてそれ、無料範疇でUPできるもんなんだろうか・・・。
ゆーちゃぁなんだが、かなりの量ある。

UPをあきらめればいいのか?

まー、せんでもええっちゃええし、
散々暴言はきまくってるから、
せんでええ!!とおっしゃる作家さんや編集さんの声が
きこえてきそうな気もするが、
ここで、いろいろ叫んだおかげで、実を結んだこともあるしなぁ。

ただ、腐人の読書録は、
あっちゃこっちゃのネタと関連しまくってるんで、
単独で読んだ場合、「?」なとこがある、
っちゅー自覚はある。
直す気ないけど。

だから、読書録だけ引っこ抜いてまとめるってのは、
すげー不親切、かつ誤解を招きかねんと思うンだ。

っても、こんだけの量になってくると、
通しで読んではる人もいてはらへんか。

うーん・・・クローズデータで、
読書録リストつくろっかなぁ。
なんか、それが一番いい気がしてきた。



そう。
こんなついでに書くなんて大変失礼だと思うンだが、
先日、りそな銀行を立て直された
細谷英二さんがお亡くなりになった。

経営者の人物伝が大好きな腐人にとって、
細谷さんは、バブル以降の経営者の中では、
突出して素晴らしい手腕、実績を残された方で、
まだまだこれからどんなことをしてくれるんだろう
という期待があったので、
ものすごくショックだった。

早過ぎるよ・・・(/_;)
もっともっといろんな考えを聞かせて欲しかった。

とはいえ、これだけ優れた方を亡くされて、
どうしたらいいのかと思っているのは、
ただの傍観者である腐人なんぞより、
ご家族やりそなに関係する方々だろう。

細谷さんは業界の凝り固まった考え方に
風穴を開けた。
その穴を維持していくより、
「前例が、業界が、こうだから」と、
自ら考えていくことを放棄する方が、ずっと楽だ。

人は、どうしても安きに流れてしまうが、
どうか、細谷さんが残された、
その精神を大事にしてって欲しいなぁと思う。

ご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



うーん・・・この後に大麻の話は続けたくない。
ってことで、例の話の続きは、先送りにしよう←またか!

ホントに、連載を連載として続けられんやっちゃのぅ・・・。


ってことで、軽い話といえば、チビ。
ずっと放置されていた、
腐人家保育園のニューフェイスの話をしましょうか。


腐人家がある集合住宅は、今、ちびっ子がけっこういる。

それはなんでかっちゅーと、
不動産の話になってくるんで、
これまたいつかやります。
ああ、また、自分で宿題だしちゃったよ・・・(-_-;)


ま、それはともかく。

そーゆーわけで、エントランスなどで
パパママに連れられたちびっ子によく遭遇するんですな。

で、以前、血族がナンパして、
「今度あそびにおいでねー」とゆってた、
ちびっ子ズが遊びにきてくれたのだ。

最初は、腐人が「若とジュニア」と名づけてたんだが、
血族から、
「それだと血縁関係がわからんじゃないか!
 若と小若にしろ」
と、ものいいがついたのだ。

確かにそのとおりだわ。

よって、若(2歳)と小若(0歳)に
改めさせてもらいます。

小若はまだ、ふにゃふにゃしか言えないので
どんな性格かわかりかねるところがあるが、
若は、とぉぉぉぉぉっても内気。

腐人はちびっ子ナンパにかけては、
かなりの腕をもってるが、
それでもひきだせたのは、バイバイのみ。

あとはお名前きいても、お歳をきいても、
パパのズボンの後ろに隠れてしまったのだ。

いやーん!燃えるー!!
ハンターの血が騒ぐー!!
口説き落としてやりたいわーっ!!

・・・でも、口説き落とした後は、
事実上、下僕になりはてるんだがな・・・(;一_一)。


保育園やってる時間帯は、腐人はお仕事中。
遊んでることも多いが、それはナイショ。

なので、今回のホステスは、姫(3歳)だった。

事前情報として、若は乗り物が大好きときくと、
自らのおもちゃ箱から、乗り物おもちゃを選びだし、
腐人家にもってきてくれ、
ママから、
「姫のほうがおねえちゃんだから、やさしくね」
っちゅー教えをうけると、忠実に守り、
内気で引っ込み思案な若の世話を
あれこれやいてくれたらしい。

ちょうど保育園の運動会も近かったってことで、
「じゃぁ、かけっこの練習しよう!」

ぶどうがあったので、
「姫が、皮をむいたげる!」

とまー、チビはチビ同士にしとくと、
勝手に仲良くなるらしく、
まだハイハイもできないんで
一人座布団の上に放置されてた小若が、
拗ねてうぇーんと泣きだすまで、
ママたちはママたちで、
チビたちはチビたちで、なかよく遊んでいたらしい。


で、後日。

仕事してたら、
ピロローンとメールがきた。

なんじゃいと思ってみたら、
どや顔で、ダーリンにまたがる姫の写真が送られてきた。

あーっ!腐人のダーリンなのに!!
と抗議メールをおくったら、即レスが。
「腐人のモノは、姫のモノ」

・・・あんたって子は・・・(=_=)

しょせんダーリンも
若くて尻が軽い子のほうがいいのよね・・・(/_;)
どーせ、腐人の尻は15キロどころじゃないわ・・・。


ダーリンを車庫に放置しっぱなしにしてたら、
姫に弄ばれたっちゅーだけの話なんですが、
ダーリンの場合、三輪なので、パーキングロックがかかっていれば
ちょっとやそっとでは倒れないから、
15キロの姫が、よじのぼってもびくともしない。

だから、どうやらダーリンが車庫にあるときは、
その日に限らず、姫に弄ばれてるらしい・・・。

どーりで、たまにエンジンかけると、
急にウィンカーがチカチカ点灯したり、
ワイパーがガッションガッション動き出し、
ライトがハイビームで点灯したりするのね・・・。

ま、いいけど。


写真をとった血族によると、
保育園の帰りにダーリンをみつけて、
乗るー!あそぶー!となったらしい。

ひとしきりダーリンをもてあそんで気が済んだのか、
ようやく家に入ってもいいよ、となったとき。

そこに保育園帰りの若が、ママと登場した。

「あ、若ー!」
「あ、姫ー!」
とチビたちは久闊を叙したわけですが、
血族が、
「若、いまから姫がうちに来るんだけど、
 若もくる?」
と聞くと、
ママが一緒かどうかをきき、
一緒じゃないならヤダ!という・・・。

うーん・・・この夕方の一番忙しいときに、
若がちびっとだけでも腐人家保育園にきてくれたら、
ママが楽になるんだけどなー(^_^;)。

ま、無理は言えない。

若が腐人家保育園の常連になるには、
まだまだ前途は多難のようだ。

[ 2012/11/08 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

2:朝起きられない子と精神科やりたい放題と大麻の話

最近、火曜日はテレビっ子な腐人。

でもって、水曜日は、レンタルマンガ屋の格闘日。
新刊が入荷される日なので、
みえないライバルと、
入りたてほやほやの新刊を巡ってバトルのさ!

ああ、平和・・・。


一応、『遅咲きのヒマワリ』の感想
やっときましょーか。
なんだかんだ言いながら、みてるし。

今回、お祭りやってたけど、
岩本ナオさんの『雨無村役場産業課兼観光係
思い出しちゃったよ。
あのマンガ、すげー好き。

この村の将来を担う世代が動かんと、
どーしよーもないんよねー。

だから、今回の「とりあえずやろう!」の姿勢はいいねぇ。
未来工業株式会社の山田社長の本おもいだしたわ。

やる前からできへんできへんって、やってみたんか?
やってみてあかんかったら、さっとやめればええ。
まず、ぐだぐだゆーとらんとやってみぃ!
っちゅーあれでんな。
※大意はあってますが、
 実際におっしゃった言葉はこんな関西弁やないです。


っつかさ、自分が変わらんと、どないもしゃーないんよねぇ。
自分が変われば、相手も変わるってやつで、
最近、こーゆーときに腐人がよぉ使う言葉が、
「過去と他人は変えられん。
 でも、未来と自分は変えられる」

ってやつ。
なんかで読んだ(過去の読書録のどっかにあります)。

状況かえたきゃ、てめぇが変われってこった。
なーんか、登場人物にウジウジくんが多いぞー。
もっと自分と向き合え!

この後にみた、ガイアの夜明けの「新しい働き方」で紹介された
リストラされたおっちゃんらのが、
よっぽど前向きにがんばっとるがな!
それよか若いのに、なにしてんねん、ワカゾー!!

ってとこすかねー、今回の感想は。

ああ、そうそう!
あの台風で増水した河の橋、こわすぎるよー(>_<)!!

高知は台風がすごいとは、ニュースでよくきくものの、
あれが普通なの??
すげー・・・。

そーいやレンタルマンガのネット手配かけてて思てんけど、
何時間もかけて町までレンタルしにいくんやったら、
♪ネットでかりてー自宅にとどきー宅配で返却ー
にしたらええんやないのやろうか・・・。

腐人ならば、電気とネットがある限り、引きこもりそうだ。


そーいえば、何で読んだか、今でてこんのやが、
ネット環境さえ整えば、どこでも働けるっちゅーて、
奈良?いや四国?思いだせんが、西のどっかで、
ノマドカフェみたいのをやってる若者って話があった。

たぶん、そこから秘密についての話をしたよーな覚えがあるから
2012/6/12の腐人日記『ひ・み・ちゅ の は・な・し』にかいた
『第四の消費』に書いてあった気がする・・・たぶん・・・。

ご興味あればひっくりかえしてみてください。
検索、アホアホですが。



さて、と。
片付けないとね、宿題がね、終わらないのね・・・(/_;)

ってことで、昨日のテーマの続きいきまひょか。

ホント偶然なんですが、昼飯を食いにいったら、
隣の席の会話が、ウツだのなんだのの話でね。

聞くとはなしに聞いてたら、
職場の女の子が、ある日、目の焦点があってないような、
みるからにアホみたいな、
ぼへーっとした様子で出社してきたんだそうで。

なに!?いったいどうしたん?
と聞くと、
ウツだと言われて、薬を処方され、
それを飲んだだけという。

その話をしてる人の知り合いが、
以前やっぱりウツだと言われ、薬を飲んでたんだけど、
飲みだしたら、飲む前よりもどんどん状態が悪くなり、
リストカットがやめられず、
かつ、常に誰かに見られてる気がする!となっちゃって、
薬をやめさせて、マシにはなったんだけど、
結局、仕事もやめて実家に帰ったってことがあったそうで、
その子にも速攻で、
「なにをもらってんだかわからんけど、
 とりあえず、飲むの、半分にせぇ!」
とさせたら、そこまでひどい状態になるとこまではいかなくなった、
と話ていた。

どうもその話をしている人たちの周囲には、
そういう診断がでる人が多いらしく、
この人はああだった、こっちはこうだったと
いろいろ興味深い話をしてたんだけど、
一致してたのが、
「薬のんだ後、豹変したように性格が変わるから、
 みてて怖い」ということ。


腐人も大腸内視鏡したときに、強い麻酔なのかな?
そーゆーのやったんだけど、
そんときの起き上がれなさは、ハンパじゃなかった。

ま、あれはその後ぐーすか寝まくったら直りましたが、
たぶん、あの状態だと
何されてもわからんし、なんともできん。

強い薬は怖いなぁと、そんとき思った。


が、精神科ではそれが平気で出されてるんだよなー。

でもって、その診断基準となるのが、
DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)。

日本だと、精神障害や精神疾患の分類と診断の手引として
知られてる本だけど、
ここには過去、同性愛の項目があった。

そんだけで、どんだけいい加減なもんか、よくわかるが、
これまで編纂に関わった人たち自身が
まったくもっていい加減と認めてるそうで。

要は、もうけたい製薬会社や医師が、
病気をつくればもうかるからと、やっとる本なんですと。

そのひどい癒着ぶりは、本書読んでくださいなとこだが、
なんかもう、金のなるモルモットとしか思ってないんじゃね?
という気になるほどだ。


例えば、ウツ。

最近、患者数が急増してるが、
それは単に、製薬会社が新薬つくったので、
それを売りたいからなだけ。

本当のうつ病は、気力体力が低下しきって、
何も出来ない、自殺も暴れることすらできないもんなんだそうで、
だから、会社休んで、海外いって、ピース写真をフェイスブックにUPします
なんてのは、詐病、単なるワガママ病だといい切ってらっしゃる。

すごい!拍手喝采を送りたいぞ、腐人は!!


ま、それはそれとして。
こーやって診断書とればー楽できるー
なんて思ってるヤツがいるなら、甘いよ、あんた。
恐怖はその先に潜んでて、
ヘタするとその結果、あんたの人生、終わるで?

どーゆーことかというと、
例えば、そういう診断うけるでしょ?
したら、薬もらうわけだ。
腹黒くんなら、そこで薬を横流ししてもうけたりするんだろうが、
はっきり言って、それは犯罪。

だからまー飲むとするわな。

本来、ちょっと内向的なだけとか、
ちょっと喜怒哀楽が乏しいだけとかゆー、
まったく正常の範囲の人が、こーゆー薬のむと、
無理やりテンションひきあげられて、
自傷行為とか暴力をふるいだすわけだ。

で、そうなると、それをとめなきゃといって、
更に薬が増える。

これを延々くりかえして薬の増強が計られ、
結果、CP換算値6300で死亡なんてことになる。

ホントのところ、うつのなかで一番多いのは、
医療薬物依存性のうつなんだそうで。
この負のスパイラルに陥って、
どんどん状態を悪くし、どんどん薬が増えてく話は、
もしかしたら、亡くなった友人もそうだったのかなと思うところが
多々ある。
このことを思うと、気持ちが沈む・・・。



昔、やはり精神科医の方の著述を読んで、
「実は、精神科医って、えらそーなことゆってるけど、
 患者の症状のこと、なんもわかってないんだよ」
ってなことが書いてあって、
すごくびっくりし、信じられなかったことがあった。

もうタイトルも著者名も忘れましたが。

でも、考えてみたらそーだわなぁ。
腹痛とかなら、なんとなくわからいでもないが、
統合失調症の症状なんて、わからんもん。

だから、いくらでも病気をつくろうと思えばつくれてしまう。
そして、もうけようと思えばもうけられるのだ。
そのことに、もっと早く気づいてたらなぁ・・・。


『精神科は今日も、やりたい放題-“やくざ医者”の、過激ながらも大切な話』で、
著者の内海さんが、最近よくでまわってる、
「新型うつ」「大人のADHD」を、こんなものは病気じゃないと、
一刀両断してくださってる。

これは、スカッとすがすがしい。

「パーソナリティ障害」とか「強迫性障害」も同様で、
これは、人として、異常でもなんでもない、
人間ならば、普通にある感覚だとおっしゃる。


別に精神病のことだけじゃないんだけど、
腐人が常々にがにがしく思ってることがある。
それは、レッテル付けだ。

ある言葉で、ある現象をくくってしまうと、
なんだかそれだけで片付いたかのようになりません?

売春を、「援助交際」と言い換え、
そのレッテルに貼り変えたことで、
悪いことじゃないようにしてしまったりする、あれだ。

なんも根本的なこと解決してねぇのに。

この本を読んでると、それがすごく感じられて、
嫌な気持ちになった。
例えば、前述のADHD。

あるアメリカの精神科医が言ったそうだ。
「昔は、注意欠陥多動性障害(ADHD)なんて言葉は使わなかった。
 子どもって言ったんだ」

確かにそうだ。
ちょろちょろする落ち着きがない子、
そういうことはよく言った。

でもって、ひどいいたずらはケツをペンペンされ、
親に叱られ、していいことと悪いことはなにかを教わった。

しかし今、ADHDという言葉ができたため、
親の自分は悪くない、悪いのは病気の子供だと、
レッテルをつけ、叱ったり教えたりするより、薬漬けにする。

その結果、どうなるか。
ADHD治療薬は、ほとんど覚せい剤に等しく、
幼児期や胎児期に精神治療薬を使うと
脳に永続的な欠陥を生じさせるという。

本書の中で内海さんはおっしゃる。
「発達障害なんてのは、人間そのものであり、
 大人たちが子育てにおける
 自分たちの無能を隠すための隠れ蓑にすぎない」
「これは、まさに親と精神科医による「共同虐待」だ」と。

紹介されていた実例のひとつに、
母親との折り合いが悪かった人が、
母親により精神病だと主張され、強制入院させられ、
全く精神疾患がなかったのに、
電気けいれん療法や拘束をされたというのがある。

詳しくは、これ、「保護入院の闇」という読売新聞の医療記事があるので、
ご興味ある方はそちらをどうぞ。


もうけたい製薬会社と医者。
嫌いな人や面倒くさい人をおいやってしまいたい身内。

この両者の思惑が一致すれば、
いくらでも精神疾患患者は生み出される。

そこに生活保護とかつけとけば、
一生ていよく追い払えるし、
本人以外は万万歳だ。

って、軽く書いちゃったが、
恐ろしすぎるぞ、この事態・・・。

なんかもう、精神疾患というもの、そのものが
本当に存在するんだかわからなくなってきた・・・。


ただ、確かに、本当に薬で治療しないと危ない人ってのはいる。

腐人の血脈でも、躁病のひどいのがいて、
症状がでると、本人はずっと眠らず、
何時だろうとかまわず親類縁者の家におしかけ、
開けるまでドアをたたいて、
ひたすら意味不明の話を延々やる、ってのがいた。

こーゆーのは、確かに治療せんと本人も周囲もきつい。

でも、内海先生によると、
たぶん、今、その病気だと診断されてる人のうち、
本当に治療が必要な人は、ほんの一握りだという。

そうじゃない本来は、治療がいらない人たちが
薬を処方され、飲み、なんでもなかったものを悪化させ、
最悪のケースでは、死んでいっている。


そういえば、腐人も信じ込んでたんですが、
精神病とセロトニンやドーパミンが関係しているという
モノアミン仮説。

これ、否定されて、関係がないことが証明されてるんだそうで。

ええええ!?マジ?
腐人、信じてたよ・・・。


こんな感じに、精神疾患は、血液検査でわかるもんでも、
病理検査でわかるもんでもないので、
未だに、関係がないと証明された仮説が、
まことしやかに信じられ、
それに基づいて、
じゃんじゃんじゃかじゃか薬がまかれてるのが現状らしい。

なんとかならんのですかねぇ・・・。


で、この恐ろしい向精神薬の離脱と
少々関係してくる大麻の話は、また今度。

[ 2012/11/07 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

朝起きられない子と精神科やりたい放題と大麻の話

やばい・・・
あれも宿題、これも先送りとやってたら、
書きかけの下書きがどんどこ溜まって、
収拾がつかなくなってきた・・・(~_~;)

まさにどこぞの政府のようだ・・・。


ど、どうすっかなー。
とりあえず、コンテンツ論は先がみえないから、
書き出すとだらだらなりそうだし、
ためてた読書録を片付けようか。

どこまでいけるかわかりませんが、
とりあえず流していきます。

始める前に、改めて書誌情報。

(954)一般本 『朝起きられない子の意外な病気』 武香織
(973)一般本 『精神科は今日も、やりたい放題-“やくざ医者”の、過激ながらも大切な話』 内海聡
(986)一般本 『悪法!!「大麻取締法」の真実』 船井幸雄


これ、なれらが並ぶのかというと、
腐人の中では同類項だからなんだな。

ざっと先に概要話しますと、
『朝起きられない子の意外な病気』は、
「起立性調節障害」という、身体疾患を伴う病気の話。

どーゆー病気かというと、
自律神経系の交感神経と副交感神経の活動がうまくいかなくなり、
通常、朝がきたら交感神経が活発になって動き出せるのに、
それが働かず、起き上がれない。
逆に夜になったら、副交感神経が活発になって、
心身が休息するはずなのに、
いつまでも交感神経が働いてしまい、寝付けない。

具体的な症状としては、
ひどい低血圧、頭痛、倦怠感、
血液の循環が悪くなることによる、
思考力や集中力の低下など。

ものすごーく簡単に言ってしまえば、
体内時計が半日ぐらい狂って、後ろにずれてしまう、
という感じでしょうか。


小学校高学年から中学生の思春期前後の子どもの1割に発症し、
起き上がるとつらいので、一日中ごろごろし、
体内時計があわさってくる夕方になって元気になり、
その結果、夜がまた寝付けず、朝起きられない。

となると、学校を休みがちになり、
不登校やひきこもりの中にこの病気の子がいるのでは?
と最近注目されてる病気、だそう。

治療としては、「起立性調節障害」のことがわかってる小児科に
かかるのがいいんですが、
その病気のことをしらない小児科を受診すると、
夕方とか夜になると元気になるため、
心療内科とか精神科を薦められて、
間違ってそっちにいってしまうケースもあるそうです。

この心療内科に行く、は非常に問題があって、
それについては、2冊目に譲る。

で、もうなっちゃったとか、
そうじゃないかな?と思われる人は、
サポートグループだとかあるから、
そこみてください。
この本も役立つと思います。


で、2冊目の本、『精神科は今日も、やりたい放題』
実際に、精神科医として働いてらっしゃる先生が、
現場から警鐘をならした本。

正直、これ、怖かった。

そして、苦しんで苦しんで苦しんで、
結局亡くなってしまった友人のことを思うと、
後悔の念がわいてきました。

医者にいったら大丈夫だから、なんて、
なんで思ってたんだろう。

精神科でもらう薬は、LSDよりも大麻よりもひどい。


3冊目の『悪法!!「大麻取締法」の真実』は、
2冊目をうけて、の読書だが、
読めば読むほど、なんで大麻を規制してるのか、
疑問がわく。

これまた、いったい何が正しいのかがわからなくなった本。


とゆーことで、
おおまかな腐人の思考繋がりが
わかっていただけましたでしょうか?

え?わからない?
おかしいなぁ、
腐人の中では1本の線で繋がるんだけどなー。


ま、いいや。
気にせず、掘り下げにまいりましょー。
が!
これ、今日で終わらない気がする・・・(;一_一)


まず、「起立性調節障害」ですが、
腐人が気になるのは、
この病気の病理的因子のほう。

「そうかも?」とか
「なっちゃった、どうしよう?」には、
全く興味がないので、そこらを知りたい方は、
上でも書きましたが、
サポートグループがやってらっしゃるサイトなど
そちらをご覧くださいませ。


この病気は、遺伝なんだろうか?

ネットでみるかぎり、
どうやらそこまで解明されていないようである。

事例をみてると兄妹で発症された方もいるようだが、
腐人はこの説には疑問がある。


ってのも、確かに、
体質的にヘモグロビンが少なめとか、
低血圧だという要素をもってる人はおろうが、
発症比率が、子供の1割だぜ?

もしそれが遺伝だというならば、
太古の昔から存在してるってことで、
そしたら、
マンモスだ!とか、
敵の夜襲だ!とか、
空襲警報だ!とかなってんのに、
「ワタシ、起きられません」
っつって、そこで死んでたと思うんだよね。

ランプや電気がなかったよーな時代なら、
日がでてる間に動けないって、
ニンゲンとしてもう致命的でしょう。

で、自然淘汰されてけば、
その因子を持つ人そのものが減少してたと思うんだけど?
なのに、1割も?

それに、ゲノムの解明がここまで進んだ今、
もし遺伝だとしたら、こんな1割も症例があるなら、
簡単プーに、どこの変異か突き止められてると思うんだ。

ってことで、腐人は、これが遺伝ってのは、
ちょっと無理があると思うんだよねー。

むしろ。
これは、現代の生活習慣病の一種ではないかと
腐人は思うのだが。
素人考えですけどね。


ってのも、3.11以来、節電で
ちっとは光や音が少なくなったとはいえ、
はっきりいって今の日本の夜の明るさは異常でしょ。

あんな光を延々あてられ、脳を刺激されつづければ、
そりゃ交感神経は落ち着かないし、
副交感神経はいつまでたっても働かない。

ゲームやPC、スマホからでるブルーライトは、
副交感神経の活動を阻害するものだし
(だから寝る前にやると寝つきが悪くなります)。

腐人なんかにしてみたら、
「テレビをつけてないと眠れない」
「音楽をきかないと眠れない」
「灯りがついてないと眠れない」
これなんかも、どう考えても
交感神経が刺激をうけつづけ、
自律神経を自分でおかしくしてるとしか
思えないんだがなぁ。

そんで不眠症だっちゅーてる人を知ってるが、
そりゃ、あんたの生活習慣が悪いンでは?と
腐人は思っている。


この本のなかに、
農業体験をしにいったら、
起きられない日も体調の悪い日もあったが、
後半は薬(血圧をあげるのや、交感神経を刺激するもの)を
やめても平気だったという記述がある。

昔の日本人のように、朝、日が昇ったら起き、
一日中、身体を酷使するような農作業を行って、
疲れ切るまで働き、日が暮れたら寝る、
こういう生活を続けてたら、
この病気、減るんじゃないかと思うんだけどなぁ・・・。

『ばらかもん』とか、
『はしっこの恋』、『銀の匙』
あーゆー生活してはる人に、
この病気の人いてはるんやろか?


たまに、親の都合でつれまわされ、
ヨチヨチ歩きの幼児が、
真夜中のコンビニをウロウロしているような光景をみると、
やっぱこれ、生活習慣病にみえるんだけどなー。


この病気は身体疾患なので、ちゃんと検査したら
血圧が異様に低いとか、心拍数が高いとか、
身体症状がでます。

だけど、それを知らずに
心療内科とか精神科にいくとどうなるか。


2冊目の本にいきますね。

精神科にいくと、
どんだけ良心的なお医者さんでも薬を出す。

それが治療だと信じられてるので。

しかし、これが非常に恐ろしいんである。


下の一覧は、覚せい剤などの麻薬類や依存性の高いもの
(エクスタシーまで)
と、向精神薬としてよく処方されるもの(下3つ)の、
依存度合いなどを比較したもの。

平均 多幸感 精神的依存 身体依存
ヘロイン 3 3 3 2.9
コカイン 2.37 3 2.8 1.3
アルコール 1.93 2.3 1.9 1.6
たばこ 2.23 2.3 2.6 3
大麻 1.47 1.9 1.7 0.8
LSD 1.23 2.2 1.1 0.3
エクスタシー 1.13 1.5 1.2 0.7
バルビツール 2.01 2 2.2 1.8
ベンゾジアゼピン 1.83 1.7 2.1 1.8
アンフェタミン 1.67 2 1.9 1.1



ちょっとびっくりしません?
大麻やLSD、エクスタシーのが、向精神薬より数値低いんです。

たばこやアルコールをたしなまれる方は、
それを止めるのが、どんだけ大変か、わかりますよね?
向精神薬はそれに匹敵する依存性があるんです。


で、もっと怖いデータがこちら。

1776-2005年(229年間) アメリカ戦死者数    :745,000人
1965-2005年(40年間) アメリカ精神病院内死者数:1,100,000人


日本では、30万人が精神病院に入院しているが、
平均すると、1ヶ月1515人が死亡している。


どーゆーことかというと、
実際に精神病院入院し、後に死亡した人の
1日あたりの処方データがある。

薬を投与する場合の基準値として、
それぞれの薬をCP(クロルプロマジン)換算するのだが、
例えば、コントミンという薬で、
CP換算値100を出すと、1日8錠という計算になる。

普通の人がこんだけ飲んだら
あまりの眠気に起きてられない状態だという。

その精神病院に入院後、亡くなった方は、
重度の統合失調症患者の場合
このCP換算値が800以下が推奨値なのだが、
CP換算値6300相当の薬を1日に服用していた。

コントミンという薬で、CP換算値6300を表すと、
500錠以上にあたる。

・・・そりゃ、死ぬんじゃない?


本書の中に、15歳の子が精神科にいって、
どんだけ悪化したか、実体験が書いてある。



腐人は、前にいじめの話をしたときに書いたが、
学校は別にいかなくてもいいもんだと思ってる。

むしろ、ホームスクーリング制度を
とっとと整えろ!と思ってる。

※日本は別にホームスクーリングをしても違法じゃないらしいが、
 ホームスクーリング先進国であるアメリカのように
 環境が整っていない。


もし、この「起立性調節障害」が、腐人が思うよう、
生活習慣・環境によるものであれば、
恐らく今後、1割どころじゃない比率で伸びるだろう。

そうなったとき、
また、今のイジメ問題の短期的解決方法としても、
ホームスクーリング制度が、
どの学校に行こうかな?というのと同じぐらいの気安さで選べる
選択肢として存在していなければ、
教育、いや、将来的には社会が揺らぐ。

それを実現させるためには、
まず、日本人の横並び大好き感覚を
ドブに捨てる必要があるんだが、
どーなんだろねー。

どーゆー問題でも、
「自分事」になれば、人は本気で考え出すが、
「他人事」とみるかぎり、その問題は存在しない。

いったい何割になったら、目が覚めるのか。


その前に腐人は鬼籍に入っていたいと思う。



以上、今日は、
「起立性調節障害」の病理推察と、
子供を精神科にはつれてかないでね!話までとします。

まだまだ書きたいことがあるので、
このネタ「も」続きます。

・・・あああああ・・・(;_;)


[ 2012/11/06 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

うーまーいーぞー!!秋の味覚

どーでもいいが、と言ってはいかんのかもしれんが、
『海猿』問題が、非常に興味深い。

っても、腐人自身は、
『海猿』を読んだことも見たこともないんだがね。

だって、『ブラックジャックによろしく』読んで、
「あ、こりゃあわん。パス」と感じたからさー。
一切、手をだしてない。

だが、これが受けたことは知ってるし、
ドラマや映画になって売れてることも知ってて、
今、つらつら考えてるコンテンツ論を煮つめるにおいて、
この一連の騒動が、どこにどう収まるのか、すごく興味がある。

今日、これについて書こうかなーと思い、
ちょっと手をつけてみたんだが、
あっちこっちそっちに話が飛びちりまくっちゃったので、
これまた塩漬け。

またなんかの折にでも。


今日は、軽ーい話がしたいんだい!

ってことで。

ここんところ、旨いものに遭遇することが多かったので、
その話をいたしましょう。


●豆 その1

師匠から旨いもの便が届いた。

採れたての黒豆ということで、枝つきの子がきたのだが、
確かに採れたてで、
プチンプチンと豆を枝から切り離していたら、
「なんのおと?」
と、虫くんが顔を覗かせた・・・ぎゃーっ!!!

ま、それはともかく、枝豆としてゆでたところ、
これがびっくりするほど味が濃く、甘い。

腐人家では、枝豆の中でも、だだちゃ豆とかを好んで食すのだが、
うーむ、これはそれよりも味がいいぞ。

でも、これももうシーズン終わりだなぁ・・・。


●ブドウ

シーズン終わりといえば、こちらもだ。

実は、師匠からの旨いもの便のメインは、
これだったんですが、
「今年最後です」とのメモが添えられていて、泣けてきた・・・(/_;)。

そりゃ、最近は外国産のとかで、
年中食べられたりするけど、
やっぱ日本の、旬の時期に採れたものが一番美味しいよなー。

8月の暑い盛りの頃のブドウが、
肌はつやつや、汁気たっぷり、肉もぷりんぷりん、
このあまーいワタシを、さぁ食べて!
っちゅー10代20代な感じだとすると、
この終わりの時期のブドウは、
まさに熟れきった中年の魅力・・・って感じ。

そりゃまぁ、若い子ぉに肌ツヤ負けますけどな、
この熟れた柔らかな肉もよろしいやろ?
勢いはないかもしれへんけど、
ねっとりじっくり可愛がったげまひょ。

みたいな感じがあって、これまた美味♪美味♪

荷ほどきのタイミングで王子に突撃されたんで、
上前はねられたけど、ま、ゆるしたろ。
腐人、やさしいから。←嘘をつけ


●豆 その2

これ旨いでーと、もってこられたコチラ。

「千葉産 しぼり落花生」とゆー商品名がついていた。

殻だけむいた皮つきの状態で、
たぶん、甘納豆みたいな加工がしてあるようなのだが、
いわゆる甘納豆によくある
外側に砂糖をバリバリコーティングしたような
あまーい感じはない。

半生のような食感で、
甘さよりもピーナッツの味がほわんとする。

確かにこれは旨い。
やめられないとまらない、ヤバい系の味がする。

みつけてきた血族に、店の名前とかをきくが、
たまたま店を出してたところにとおりかかっただけらしく
頼りにならん(~_~)。

袋をみると、「らっか家井田」とある。
取り寄せとかができりゃーいいんだが、
たぶん送料のが高こつきそうやなぁ・・・(~_~;)


●栗

しっぶかっわに!しっぶかっわに!
とゆーていたのが聞こえたのかどうか、
Iちゃんから、栗の渋皮煮を甘納豆風にしたやつがきた。

渋皮煮独特の、あの食感と渋さ。
あれがいーかんじに残ってて!
でもって、栗がすげーでかくって!

これ、超高いぞ・・・

ま、そーゆー下世話な話はおいといて。

これ、緑茶にもコーヒーにもあう!
うーん、ええ仕事してますなぁ。

グッジョブよ!甘音屋さん!!

余は、まんぞくじゃー(●^o^●)と、
腐人家の面々で食いまくっていたもんで、
気づいたら、
お菓子の名前控えるの忘れて、全部食っちまっていた・・・orz

ネットで探すが、名前がわからん・・・。

だって、だって・・・旨かったんだもーん・・・(;_;)


●焼き芋

豆、ぶどう、栗とくれば、芋も忘れちゃいかんよね!

でも!腐人はあるものを食って以来、
いーしやーきいもーの声が聞こえてくるシーズンになりましたが、
あれを買う気が失せてしまった。


それを食うまで、腐人は
芋のベスト1は、「安納芋」だと思っていた。

芋好きの知り合いは、いやいやベスト1は
「甘太(かんた)くん」だろうというが、
腐人は甘太くんを、食べたことがない。

しかし先日、「紅はるか」という新品種の焼き芋を食い、
芋のトップ、センターの座を、
紅はるかちゃんに捧げたいと思う。

ホント・・・・・・超絶うまいのよ(>_<)!!!

これ、砂糖入ってるよね?え?入ってない?マジで?
と言いたくなるほど甘く、
ねっとりとした食感は、噛む必要がないほど柔らかで、
まるで飲むようにするすると入る。

バターを抜いたスイートポテトが、
畑でできた、と言ってもいいぐらいの芋なのだ。

といっても、
芋はホックリがいい!という血族に食べさせたら、
「これはサツマイモじゃない」
っちゅー暴言をはいてたんで、好き好きかもしれんがなー。

あ、紅はるかちゃんは、
ちゃんとサツマイモです。ご安心を。

今度、甘太くんがセンターだと言い張る知り合いに、
紅はるかちゃんを食わせて、
総選挙をしたいと思います。


●旨すぎる、ピクルス・・・

Iちゃんから、
トアロードデリカテッセンの詰め合わせをもらった。

糖質制限をはじめて、ハムやベーコン、ウィンナーを
よく食べるようになったので、
やたぁ!と大喜び。

そのなかに、きゅうりのピクルスがあった。

ピクルス。
腐人の中では、すっぱいもの、という認識があり、
正直、お酢が苦手な腐人には、
あまり好ましい食べ物ではない。

しかし、そこをあえて送ってきてるということは、
これは、ちょっと違うかも?と思って、
生ハムやロースベーコンと一緒に食べてみたら。

これがびっくり\(◎o◎)/
甘いのだ!!

全然すっぱくなくて、
むしろ塩のきいた生ハムやベーコンを食し、
「ちょっと、しょっぱいなぁ・・・」
と思ったところにポンポンと放りこむと、
なんなの、この相性のよさは・・・。

これでサンドイッチなんかしたら絶品だろなー
と思いながらも、
ハムときゅうりだけをむしゃむしゃ食う腐人。

だって、パンきらいなんだもん。

しかし。
このきゅうりのピクルス、
やばいよ!うますぎるよ!

これ、姫や王子にみせたら、
あいつら抱えて食うぞ、絶対。
旨いもん判別センサーばっか発達してっからな、あの二人。

あんたたちね、ゆっとくけど、
給食にこんな美味しいもんでないよ!
今からこんな旨いもんばっか食ってると、
給食で地獄をみるぞ!!

だから、腐人が全部食べてあげるね♪←鬼・・・



いやいや、秋っていいなぁ、
食べ物が美味しい秋って、ステキ♪
好きだなぁ。

でも、それは同時に、この意でもある。

天高く、腐人肥ゆる秋・・・(;一_一)。
あああああ・・・orz
[ 2012/11/05 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

コンテンツのマネタイズをどう考えるべきか

今、ウィーンに行ったら楽しいかもしれない。

レオポルト美術館で、10/19から2013/1/28まで、
「ヌード・メン」っちゅー、
男性ヌードの写真展やっとんですと。

写真展ではもちろん、か~ぜが吹いたらぶーらぶら♪
なんだけど、
当初は広告ポスターでも、ぶーらぶらしてたらしい。

だが、非難があつまり、
ポスターでは黒ベタならぬ赤ベタで
隠されちゃってんだって。
で、
この下みたかったら、美術館にきてね(^_-)-☆
となっとるそーで。

ほっほー

まー確かに館内ならともかく、
公共の場でのフリフリぶーらぶらは、
ゲージュツかワイセツか、微妙なとこだよなー。

腐人は行く予定ないですが、行かれた方はぜひ、
観に来てる客の男女比を、腐人に教えてください。

意外に男がかぶりつきで見とんじゃなかろうか…。

で、その後、自分のズボンの中を覗いて、
「うん、よし!」
と思うのか、
「・・・」
と思うのか。

考えるだけで、愉しいなぁ


さて。
今日はホントは、放置してる読書録、
『朝起きられない子の意外な病気』
『精神科は今日も、やりたい放題』
やろうと思ってたんだが、
どーにもうまくまとまらない。

よって、また先送り。


なので、コンテンツ論で、また今度ーとかゆってた
「紙だったら(勝手な拡散がないと)
 安心(できる)か」の話しましょーか。

これは昔、実際に同人であった話。

当時はネットは、恐らく存在してなかったんじゃないかなぁ。
ケータイすら、一般には普及してないような状況で
いいとこ、ポケベル程度だったか。

だから通販なんて頼むとね、
「数ヶ月待ち」なんてのが普通だったんだ。

でも、社会全体でゆーと、
景気はよかったんだよなー。

そして、同人でゆーと、
ものすごいブームになったジャンルがあった。
だから、大なり小なり、
イベントがしょっちゅー開催されてたんだ。

当時は、景気がよかったから、
人気サークルさんは売れる数も半端ではなく、
ウソかホントか知りませんが、
イベント1回で……万の売上とかゆー話もきいたことがある。


と、こーゆー状況のところに、
むちゃくちゃ絵が上手くて、
お話もいいものを描く作家さんが
彗星の如く登場したんですわ。

あっちゅー間に人気がでて、
行列ができる大手さんになった。

とはいえ、その方は一人サークルさんだったんで、
大きなイベントしか参加してなかったんですね。

したら、その点を狙って、そこの新刊を買った人が、
そっくりそのまま複製して大量印刷し、
そのサークルさんがこないイベントで販売する、
っちゅーことをし、後にそれが発覚した。

腐人は単なる一読者にすぎなかったので、
その先どうなったかは知りません。


これが、オリジナルであれば、
戸惑うことなく被害届出してとやれるだろうが、
パロディの場合は、実際被害にあってんだけど、
じゃぁそれを届けられるかというと、
うーん…微妙だなぁ…(-_-;)。
どうしたんだろう…。


ま、その問題はちょっとずれるんで、
ご興味ある方は、ご自身で掘り下げてみてください、
としますが、結局、この話から、
「やろうと思えば、紙だって拡散できる」
ということが言いたいのだ。

でもすぐバレるじゃん?とか言われるかもしれませんが、
そこはやり方次第。
ただ、金をもうけるだけならば、
腐人だったら、こーするな…ってのはあるが、
それは書きませんし、やりません。

やろうと思う方にゆっとくが、
贋金づくりと同じで、
労力の割りにもうけ薄いと思うよ。
   ↑
  って、あんたのせぇへん理由はそこなんかい!

いやいや、腐人ちゃんは善良なる市民なので、
そんなワルイコト、できないもん!
…ってのが理由としときましょう。はい。


そうじゃなくて!

これを踏まえて、
コンテンツのマネタイズをどう捕らえるべきなのかな、
ということを考えたいの!

どういう方法であれ、
一度世に出したものから100%の回収はできないと思え、
これを念頭においた上で、方策を練ろ、ということ。

ま、これは今の紙の本でも、
返本考えれば100%なんて割りまくりなんですけどねー。

作家さんへは、売れた分ではなく、印刷した分で印税払ってるから、
今は、関係ない話だけど、
これがデータになれば、実売分しか入ってこなくなる。

そこにコピー拡散なんてことが加われば、
収入激減は避けられんわなぁ…。

となれば、どうすればいいのか。

どこを狙えば、読者が、自分も「私だけのデータ」を欲しい!と思うのか。
どういう手法で配布し、どこの段階で金を回収すれば、
一番効果的なのか。


腐人はみてないんですが、
以前、ハリポタがきっかけで、
図書館がベストセラーを大量購入することへの賛否を
NHKがとりあげたことがある。

あれもある意味、拡散だよなー。

でも、例えば、偶然、1巻を読んだ人が、
続き読みたい!でも、300人待ち!?
なら、いい、もう買う!
と思ってくれれば、フリーからの誘導ともいえる。

そう。
これをどうやって生じさせればいいのか。

こう思う人はゼロとは言わないが、多くもない。
その数を、どうやって増やせばいいのか。

『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』

福井さんには大変申し訳ないのだが、
腐人は、法の保護なんぞ、期待したらあかんと思ってる。

なぜなら、それは、ザルだから。

現在のもんでも、
結局、泣いてるクリエーターは山ほどいる。
奴隷労働してるクリエーターは捨てるほどいる。

法を変えたところで、今、踏みつけになってる人たちが
食えるようになるとは思えない。

だって、前も書いたけど、コンテンツって本来不要なんだよ。
ニンゲンというドウブツが、ただ生存するだけならば。

そこをそれだけじゃイヤだということで
求められたものがコンテンツなんだから、
はっきり言えば、
コンテンツとは、贅沢品、嗜好品なのだ。

よって、そのすべてが救われる(=クリエーターが食ってける)なんてことは
夢想にすぎない。
皆から求められる、ワンピのようなものには、
じゃぶじゃぶ金がはいるが、
そうでないものは、どんだけ労力を時間をかけて生み出しても、
見向きもされず、金を生まない。

そうあることが正しいもの、なのだ。

だから、コンテンツに関わる人たちは、
法の変化を待っていてはいけない。
業界の変化を待っていてはいけない。

自分で、自分のコンテンツから金を回収する方法を
見出して、実行してかねば、
恐らく、気付いたときには、失業し、
業界そのものが細ってしまって、
再就職が難しい自分、というものが残るだけになるだろう。


あああああ…
自分でゆってて、泣けてくる…(/_;)

でも、恐らく、そう遠くない未来で、
これが起こる気がする。

腐人自身も真面目に考えたい問題なので、
『なんでコンテンツにカネを払うのさ?』
とりあげてて、まだ言及してないこともあるし、
まだまだコンテンツ論は続きます。

気まぐれ連載になりますが。


以下、読書録ですが、再読なんで、さらっとここで片付けよう。

●2日

(985)マンガ 文庫『赤ちゃんと僕 1』 羅川真里茂
  い、いやされる…(/_;)

  こういう新刊がでたらいち早く入手して
  ずーっと手元において、
  何度も何度も読みたい作品ばかりなら
  話は簡単なんだけどなー…(-_-;)

  腐人の周囲のマンガ読みで、
  このマンガを持ってない人はいないもん。

  本当に力のある作品ってのは、そういうもんなんだろなー。
[ 2012/11/03 ] コンテンツ論&読書 | TB(-) | CM(-)

デトックススープと糖質制限、どっちがいいか

前も書いた気がするが、
腐人は、生まれてこの方××年、
手帳っちゅーもんを持ち歩いたことがない。

なので、レコーディングダイエットなんて絶対無理だし、
毎日計測なんて、考えただけでやる気が失せる。

ま、そーゆーナマケモノなので、
あくまでも本人の感覚だけなのだが、
「デトックススープでやせる」

「糖質制限でやせる」
は、
「糖質制限でやせる」に効果あり
としたい。


っても、腐人がやってる糖質制限は、プチプチだ。

※夕食だけ糖質制限をしないのを、プチ糖質制限と呼ぶんだが
 腐人の場合、そこにプラスして、
  (果物は無制限に許す)
  (腹へり具合によっては、うどん1玉まで許す)
 っちゅー勝手なルールを加えてるので、
 プチプチ糖質制限と勝手に呼んでいる。

だって、ここ制限したら、
ストレス荷重のがドドンとUPするんだもん!


デトックススープをやってたときは、
確かに若干やせたよーな気はしたものの、
無理やり履いたボトムのウエストの上に、
見事な鏡餅がのっかっていた。

ほら、よく外国の人でいてはるやん。
あんな感じ。

しかし、プチプチ糖質制限やってる今はというと、
のっかるのは、鏡餅までいかない小餅な感じ。


ボトムだって、去年は、
ボトムの下にスパッツはいたら、ボタンがプチッったのに、
今年は、無事にボタンが嵌められる。
すげぇ!!

ま、そんでも座ってると圧迫感はあるから、
そろそろ暖パンにしよーかなー。
※寒がりというより、バイクのるんで、
 どーしても冬の到来が早いんです。


あ、なんか話がずれた。
軌道修正、軌道修正。


実際にやる、という点でのお手軽さでいっても、
デトックス(以下、スープは略)と、
プチプチ(同じく、糖質制限は略)では、プチプチに軍配。

腐人の場合、そんなに神経質になって糖質除去してないので、
デトックス用のスープつくるのと、
プチプチ用の冷蔵庫の掃除汁つくるのでは、
後者のが楽なんですよ。

いりこで出汁をとったとこに、
そん時、冷蔵庫で邪魔だなーと思う余った野菜を、
ポンポン鍋につっこんで、味噌とくだけなんだもん。

何種類の野菜が入るかは、その時次第。
でも、軽く10種はあるんじゃなかろうか。
でもって、入るものが毎回違うんで、
同じ味で飽きることもないし。

総料理長も、
「冷蔵庫が片付くし、
 朝の味噌汁につかいまわしできるから
 便利だわーこれ」

と喜んでいる。

なにより、デトックスよりも
味つけが簡単なんですわ。

デトックスのように、洋風にした場合、
いれる野菜の味によって、かなり全体に影響がでて、
たまに「なんじゃこりゃ?」な味になる。

・・・ま、これは、
腐人がレシピにない野菜をむちゃくちゃにいれるから、
っちゅーとこもあるんだが・・・(;一_一)

そのむちゃくちゃも、味噌汁の場合だと、
かなりやっちゃっても、
「これもありよねー」
ってな感じにまとまるのだ。

不思議だ、味噌汁。
すごいぞ、味噌汁。
えらいなー、味噌汁。


で、これを休みの日に、大量につくっといて、
普段の晩御飯のメインにする。
※腹がむちゃくちゃ減ってるときは、
 ここにうどん玉を1つ入れる。

そんでも、足んねーなーと思ったら、
ソーセージとかハムや卵を焼いて食う。

そーすっと、すっきりせんので、果物に走る。


デトックスの場合は、
こーゆー別の物を食べる、ができないのが
つらいんだよねー。

で、我慢するから、ストレスがたまる。



デトックスとプチプチの最大の違いは、
身体の変化だろうな。

デトックスをしてるときは、
それ以外のとこでは、ドカ食いがやめられなかった。

しかし、プチプチをしている今は、
ケーキを出されて、脳みそが食べたい!と思っても、
首から下が拒絶するのだ。

確かに1口2口はいいんだけど、
それ以上となると、
これ以上食べたらリバースするぞ、ってあの感じがね、
こみあげてくるの。

腐人は麺食いなんだけど、
これまでは麺屋の前とおると、
「替え玉、何個までOK?
 えー、1個ぉ~(~_~)?
 あ、こっち無制限だ。
 こっちにしよ!」
と目がキラリーン!となったもんだが、
今は、2玉無理かも・・・と思う。


そーいや、食品会社にいる人に、
「こーゆー糖質制限やってると、
 こんにゃく麺がよくでてくるけど、
 あんま評判よくないんだが、
 とうふ麺ってのは旨いらしい。
 知ってる?」
と訊いたところ。

「こんにゃく麺は、
 食感がどうしても既存の麺と異なるし、
 こんにゃく芋の味がひっかかる。
 それに比べれば、
 とうふ麺のがいいってのは理論上もわかるが、
 これまで商品化してもヒットした例がない」
という。

え?商品化したことあんの??
そりゃ、シツレイ・・・。

腐人はプチプチレベルだから、
これまで2玉3玉と食ってたのを1玉にするぐらいで
あいかわらず、ずるずる麺食ってますけど、
スーパー糖質制限やってる人なら、
あのずるずる食感が恋しくなることあるよなぁ。

個人的には、魚そうめんは旨いと思うけどねー。

あ、でも、考えてみたら
ありゃ練り物(糖質が高いとされてるもの)だ。


そして。
これは気のせいか、季節のせいか、年齢のせいか、
どれなのかわかりませんが、
プチプチやりはじめて、変わったことが1つある。

小鼻の黒ずみが、なくなった。

にょろり(『気になる角栓毛穴よごれにゅるにゅる出るスティック』)で
小鼻をえいえいやっても、ほとんど採れないんである。

周囲に糖質制限やってる人がおらんから、
他の人らがどないなんかきかれへんのでわからんのですが、
腐人の小鼻は、明らかに変わった。

これはどーなんやろなぁ・・・関係してんねやろか。


あと、腹の張り具合。
ガスの溜まり具合といったほうがええんかな。

あれが違う。

あ、今日ちょっと糖質食い過ぎた
(ex.イタリアンブッフェで、ガツガツと・・・)
とかゆー日は、
夜ぐらいから腸内にガスが充満する感じになる。

これも、上の小鼻同様、プチプチが関係してんのか、
わからんところですが、
でも、心当たりがあるときは膨れてるから、
多少関係はしとるんちゃうかと思います。


ここまでくると、こんだけ効果があったから、
運動しなくても痩せられるわよ!
と断言してしまいたいところだが、
運動は、「やせる」だけに関係するもんではない・・・。

そう、「衰える」にも関係するのだ・・・。

そして、人生の折り返し地点を過ぎた腐人は
日々、成長する姫や王子とちがって、
日々、衰えていっている・・・。

なので、先日みてもらったオステの先生に、
「せめて、1日に背筋10回でいいからやってください」
と言われとるんだよな・・・(;一_一)

でも背筋って、
全然あがらないんだもん・・・←そりゃ背筋ないからだろ。

っちゅーたらですな。

「あがる、あがらないは、いいです。
 やろうとしてください!」

と言われた・・・。
すんません、ダメ患者で・・・(-_-;)


ま、そんな感じなので、楽してやせたい、と思ってる方、
ご参考になれば幸いです。

でも、老化防止には、運動がいるそうです・・・(ーー;)
[ 2012/11/02 ] 食い物&読書 | TB(-) | CM(-)

ウィルス感染注意報発令!

石原理さんのツイッターをみて、
おや、昨日はハロウィンだったか、と気づく。

そーいや、グーグルの絵がそうなってたっけ・・・。
姫は、20日頃に扮装してたなぁ。

去年は、「おばけだじょー」しか言えなかったが、
今年は、「かわいい?」ときいてきた。

成長は認めるが、違うだろ!
ハロウィンは、コスプレ大会じゃないんだから、
「お菓子くれなきゃ、いたずらするぞ!」だろ!

ママは、
「いつもお菓子もらってるのに、いたずらしてるし、
 それは今更かも・・・」
とゆーてはったが。

まー王子なんか家にあがるなり、
「なんか甘いもんなーい?
 おかしちょーだい」
っちゅーもんな。
君は、腐人家をなんだと思っとるのだ?


石原さんのツイートは、
仮装強盗に間違われて射殺される話をとりあげ、
「ハロウィーンの本領をある意味ホンキで発揮している」
とあった。

ハロウィンって、
西洋のお盆、ケルトのサウィンだと思っていたが、
まぁ、あちゃらは、
迎え火炊いたり精霊馬を用意したりはせんなぁ。

っつか、この射殺を、サウィンの供物とみるのは、
ちょっと・・・シュールすぎ?

個人的には、なんで
そーゆー誤射殺人が頻発してても、
アメリカ人は銃規制に反対するのか、
そこがわからん。
どーゆー思考回路してんだろなぁ・・・。



さて。
コンテンツ論とかしよーかと思ってたんですが!

うわーん
なんか変な画面がでてきたー!
たすけてー!と泣きつかれ、
別に専門でもないのに、
ウィルス駆除と初期化をやっとったもんで、
今日はもう重い話をするエネルギーがない・・・。


頼むから!!
常日頃から、
JAVAと!
Adobe Readerと!
Adobe Flash Playerと!
Windows updateの!
アップデートをしてくれ!!

ウィルス対策ソフトをいれてるから大丈夫だと思ってた、
なんかJAVAがどーたら毎日ゆってきてたけど、
面倒だからいっつも「いいえ」にしてた、って・・・orz

見事に、その穴をついて、
トロイの木馬ウィルスが仕込まれていたです、はい・・・。


でも、今回初めて気づいたけど、
ウィルス対策ソフトも堂々と
「トロイの木馬ウィルスは、みつけられないしー
 駆除できないしー。
 感染したら、自分で初期化してねー」
ってゆーとんですねぇ・・・。

すげー開き直り・・・。

ま、実際そのとおりなんだが。


皆様も、ご注意ください。

「File Restore」
「File Recovery」
「SMART Repair」
などなど、一見、ウィルス駆除ソフトっぽくみせかけた
ウィルス感染が流行中です。

上記4つのアップデートをちゃんとやってないと、
仕込まれたサイト開いただけで、感染するそうです。

感染したら、もう初期化するしかありませんので
ご留意を。

はぁ・・・(-_-;)
[ 2012/11/01 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。