腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > 月別アーカイブ [ 2011年02月 ]
01 | 2011/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

さようなら、ジミー

読みましたぜ!!!
松岡なつき『Flesh & Blood 17巻』

でも、このブログのルールに則り←そんなもんあったのか・・・
感想は明日。

ただ、今回のタイトルにした、これ、
17巻はこれに尽きるよなぁ・・・。
※わかる人だけわかってください。


ん?
もしかして昨日のネタの続きを
楽しみにしてはりました?

そんな方はおらんと思いますが、
今日は、脳みそが壊れているので、
裁判の話はしません。
また今度。

それがいつかは・・・かみのみそしる。

ブログのテーマは、風の吹くまま、気の向くまま。
これが、腐人日記なのさ~♪
   ↑
いつか、後ろから刺されるぞ・・・



いやもうここまできたらお分かりかと思いますが、
なんかねー、今ねー、
破裂寸前まで膨らみまくってた仕事風船がぱぁん
って割れた感じでねー
脳みそが死んでるんだ。

どのくらい死んでるかというと、
なんと!
昨日は完読した本が1冊もない!というほど・・・。

やばい、やばいぞ、腐人!!!
脳がおからになってるぞ!!!

そこに今日、とっても楽しいネタを師匠からもらったので
(ヤフーの知恵袋コーナーの話。
 ご興味ある方は探してみてください)
もう、おからが、兄弟モノの色に染まって、
ここには書けない、ろくでもないことしか考えられません。



なので、最後に、ぐだぐだな話で終わります。


先日、ダーリンを停めてた駐輪場にいったらば、
そこに入ろうとしていたチャリンコが、
「きゃぁっ!」
と言って、腐人の目の前でコケた。

コケたといっても、
腐人のように
バイクと一緒に5mのスライディングかましたわけでも、
空中で1回転して起きたら対向車線だったってなわけでもなく。

段差にチャリンコがふらついて、
乗ってたねえちゃんが飛び降りた感じだったので、
こりゃ自力でなんとかなるわいなと思っていたら、
しゃがみこんだまま、ちっとも立ち上がろうとしない。

みると、ピンヒールを履いたねえちゃんで、
排水溝の網の上でコケたらしく、
もしかしたら、網にヒールがハマったか?
と思って、
コケてるチャリンコを起こしてやった。

・・・はっきりいって、
腐人のダーリン、屋根付き三輪車と比べると、超軽い。
特にその時の三輪車には、2リットルの水が6本と
本を10冊積んでたので、半端じゃなく重かった。

それを押してた腐人にしてみりゃ、
こんなチャリ、片手で持ち上がる。

それなのに立てないなんてのは、どっかくじいたか?
と思っていたら、
ひょいと立ち上がり、
「ありがとうございましたー」と、走り去っていった。

・・・・・・・・・(~_~)
いやね、昨今は、こういう手助けしてもさ、
御礼の一つも言いやがらないとか、
イヤホンしたまま「あざーっす」とかゆーワカゾーもいる中、
ちゃんと御礼を言えるだけ偉いと思うが、
それ以前に、そんだけ無事なら、
自力で起き上がらんかい!!!

屋根付き三輪バイクに横転され、
右足首をはさまれた状態から、
自力で起き上がったぞ、腐人は!!!

乗り物に乗るなら、そんくらいの根性みせぇ!!!
ぷんこらりん

と思いつつ、ダーリンに乗って帰路についたんだが、
ふと・・・
「ん?もしかして、あの子はあの時、
 うんめーのであい
 待っとったんか?」

と思い至る。

・・・だったら、腐人が余計なことして悪かったなぁ・・・。

しかし、だ。
あの場で、腐人の他にいた人って、
ホームレスさんしかおらんかったぞ?

さすがにハーレクインか、おとぎ話じゃないと
ホームレスに身をやつした王子はおらんと思う。
スポンサーサイト
[ 2011/02/28 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

裁判の話

都条例を廃案に、
という一個人の方が起こされた裁判の件が
その後どないなったんかなぁと思い、
ちょいと調べてみた。

一応、訴状は受理され、
民事事件としての事件番号ももらったそうである。

※事件番号はコチラ、『平成23年(ワ)3725号』

訴状はHPで公開されていて、
ご興味のある方は、どーぞ。

コチラ↓でご覧になれます。
http://tsune.cocona.jp/moeagaru_nihonkoku/frame_moeagaru_nihonkoku.html


これ調べるのに、ご本人のツイッターをみてると、
「がんばってください」
っつー応援もあったが、
「負けの判例がでてしまうと、
 反対運動の阻害になるからやめてくれ」
というのもあった。


腐人は、これまで数回、裁判に絡んだことがある。
詳細は言えないが、弁護士を代理人にたてたこともあるし、
本人でやったときもある。

その経験から言わせてもらうと、
やめてくれという人のご意見には、
ものごっつい疑問がわく。

腐人は専門家でないし、
ぶっちゃけ、受験で世界史を選択したため、
それ以外の社会科分野は、ほとんど無知だ。

あるのは、自分が実地に裁判を背負い、
うんこらしょと歩んだ経験だけである。

だから、日本の裁判全体を見渡した意見ではないけれど、
誤解があるんじゃないかなぁと思うところを
述べささせてもらう。


●まず、裁判所ってのは、
そんな絶対でもなきゃ、
恐れ多いありがたいもんじゃないということ。

まぁ、それはこれまでにここのブログでも
法っちゅーもんに対して、
腐人は懐疑的なスタンスで意見をゆってきてんで
わかってる方はわかってると思いますが。

例えば判決がでても、それは必ず守られるもんじゃない。
裁判所は判決だすしかしないんで、
守られよーが守られまいが、しったこっちゃねぇというスタンスだ。

そうなったとき、どうなるか。
結局、自分が動かなにゃーしゃーないんである。


それに裁判官も人間である。
いくら優秀な方とはいえ、知っていることに限界があり、
業界専門分野の細かい話になると、正直素人と大差ない。

民事裁判だとこういうことはしょっちゅーある。

ぶっちゃけ、民事裁判の訴訟量って、
すげーもんがあって、裁判官も事務官もいっぱいいっぱい。

もらった資料が書き間違ってることなんか
結構ある。

おかげで、何度か裁判やってっと、
結局、その程度のもんよねぇという気になってくる。


●判例主義とはいえ、結局は担当裁判官次第。

違憲請求訴訟は、通常の民事裁判とは性格を異にしているとは思うが、
一般の裁判で言わせてもらえば、
判例がでてたからっつって、
それが影響するかどーかっつーと、
どうかなぁ?というのが正直なところ。

確かに、
訴訟を起こす前に、似たような案件はどういう結果がでてたかな
とか
この案件は、司法関係者はどっちよりの傾向があるのかな
とか
こういう判断の参考にはなる。

が、裁判の土壌に乗ると、
その担当裁判官が何をどう考えているか、
それが判決に結びつくので、
ぶっちゃけ、判例がどうでてようといまいち関係しない。

その裁判官が、判例重視で、そこにこだわる人ならば、
ものすごく重要だろう。

でも、
「自分は、自分の正義できっめーるっ!!」
なんつーポリシーの人だと
判例なんてちっとも省みられない。


というかですね、
裁判官ってむっちゃプライドが高いんですよ。

でもって、それぞれ自分の見解ってもんを
がっちり持っている。

まぁ、そういう人じゃなきゃやってらんない職業だ。


だから、例えば当事者サイドから、
「××という裁判では、こういう判決がでている!」
ってなことをゆーと、
むしろ気分を害される(よーな気がする)。

釈迦に説法ってやつ。

そういうのは弁護士がよくわかっていて、
準備書面を作るときに、
「ここは削ったほうがいいです」
ということをアドバイスしてくれる。

そう、専門家に代理人を頼む利点ってのは、
こういうところにある。

いわゆる法廷戦術というやつで、
しょせん狭い業界なので、
わりかし、
「知り合いの知り合いは知り合いだった」
みたいなつながりがあるんですよ。

だから、相手の出方ってのもある程度見えてたりして、
そういうところも踏まえて、
裁判所に出す書面をこうしたほうがいい
こういうストーリーでいきましょう
というアドバイスをくれるのだ。

過去の判例や、法の知識というのは
今の世の中、頑張ったら素人でも入手できる。

しかし、それだけでは足らないのが事実だ。

時間的余裕があるならば、
担当裁判官が決まったら、これまでどういう判決をだしてきたのか
調べてみるほうが参考になるかもしれない。

が、ここまでになってくると、
たぶん、生半可なことでは調べられんだろう。

そういう点でね、もし自分が弁護士だったら
知り合いにあの人どー?みたいなのをきいてくと、
ああ、あの裁判した人かぁ…って感じで簡単にわかったりするわけだ。

ま、この辺は自分の通常の仕事で考えてみたら
なーんとなくわかりません?



そういうことで、
腐人は、
「判決が出ると阻害になるからやめてくれ」
という人のご意見には、ちょっと疑問がわくんですわ。

それに別に下級審から始まってる訴訟でしょ?
仮にそこでアウトがでようが、
別にかまわんじゃないですか。
それでデッドエンドじゃないんだし。

ただ、上級にいくなら、
弁護士をつけないいけないかもしれない。
なんかそーゆーこと言われた気がする。

※腐人の場合は、そこまでいかんかったんで
忘れました、すんません。



っつかね、腐人はむしろどんどん起こせと思ってる。

訴訟を検討してる反対派がいるなら、
各自でがんがん訴訟やりゃいんです。

判決でるまで判例になんねーんだし。
そう簡単に判決でねぇし。

もし控訴だのなんだのやりゃー、
最終判断が出るまでに
簡単に1年2年かかるのが現状なんだから。

そういうご意見の方にケンカを売るつもりはないですが、
動かれると、先に判例がでてしまって困るーなんつーのは、
単に自分が動かないことに対する言い訳にみえますけどねぇ、腐人は。

上記にも書きましたが、
いくら理論武装をしようが、
担当裁判官の胸先三寸で決まるのが、今の裁判制度です。

真逆の判例なんぞ、珍しくもなんともない。


っつか、腐人としては、別の意味でも
今、訴訟が起こること大歓迎する。

そう、重要なのは、「今」なんです。

この「今」、現知事に対しがんがん訴訟を起こしたいんですよ。

もしかしたら、訴状内容が同じということで、
裁判官から集団訴訟にしないかという提示があるかもしれないが、
腐人は個別がいいなぁ。


どういうことかというと。

裁判ってやったことがある人には共感いただけると思うんだが、
本当にね、むちゃくちゃね、
うんざりするのーーーっ(>o<)!!!!


訴状が送達されて、
「どーしよう!!」なんてパニくるのは初回だけ。

裁判とはどーゆーもんかがわかった後は、
訴状がくると、
これから始まる法廷闘争の長い道のりを思い
心底、げっそり(ーー;)します。


そう、腐人の企みは、
この提訴の波状攻撃によって、
近いうちにある大きなことを、民の手で動かしましょう
ってことだ。

廃案にするのに、まず取り除きたい大きな障害ブツがある。
ちょうどいいタイミングなので、
その障害ブツに自ら退いてもらいたいのよ、腐人は。

あまりゆーと、
いろんなところにひっかかってくるかもしれんので
この辺で。

え?今でも十分やばい?
一応、ぼかしたんだけど…。
ま、どマイナーブログなんで大丈夫でしょ。
たぶん…。


えーなんか力尽きてきたので、
すんません、もうちょっとやりたかったことがあるんだが、
繰り越します。
[ 2011/02/27 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

腐人は見た!

昨日目撃した事件?の話。

腐人は、いつものよーに、ぷらぷらと、
本を読みながら歩いていた。

すると、
「ぱぁんっ!」
という何かが割れる音が聞こえたので、
『発砲事件か!?』
と、きょろきょろあたりを見渡すと、
信号待ちをしている車の列の中に、
後部座席の窓が粉々に割れたタクシーがいた。

腐人とタクシーとの間には1車線ほどの間隔があったのだが、
それでも聞こえてくるぐらいの大きさで、
中からうめき声のようなものがずーっと漏れてくる。

どうも発砲ではないらしいが、
ただ事とは思えない・・・と思っていたら、
タクシーが慌ててハンドルを切って
路肩に寄ってきた。
そう、腐人のいるほうにやってきたんである。

路肩につくと、運転手が降りてきて、
近くの飲食店に駆け込んでいった。
どうやら110番を頼みにいったらしい。

横目で中をみたら、
尋常じゃないうめき声をあげながら悶えてる男性が1人。

状況から判断するに、
意図的にというより、
悶えたはずみで窓を蹴破ってしまった・・・ようにみえた。

・・・ふーん・・・車の窓ってそんなもんで割れるんだ・・・。


その時、腐人は時間が迫っていたので、
野次馬したかったが断念し、
そのちょいと先で、やんなきゃならない用事を済ませ、
たぶん15分か20分後ぐらいに、
再び、同じ場所にやってきた。

すると・・・
中で悶えていた男性が、車外にでていた。
ならば、急病ではないのだろう。

だが!
・・・その男性は、なぜか、車道のコンクリを床にして
まるでコーランの祈りを捧げているかのような動きをしつつ、

「なぁんで、ケーサツよぶんだよぉ!!
 ケーサツよぶなってゆったじゃないかぁ!」

とわめいていたのである・・・。

それに対して、歩道には運転手ともう1人男性がいた。
こちらの男性は、一部始終を目撃したか、
通報協力をした第三者のよーである。

見ていると、
わめく男性との問答がはじまった。

運ちゃん:「呼ばなかったから
      こんな事態になったんでしょ」

男:「だからってケーサツ呼ばなくてもいいじゃないかぁ」

運ちゃん:「呼びますよ!こんな事態になってるんだから!」

男:「ケーサツ呼ぶなっていったじゃないかぁ」

運ちゃんは真っ当なことをゆーてるんだが、
男は、この2つを延々わめき続けた。

こりゃ・・・アル中かヤク中か。

こないだ、道路にサイフと万札散らばせて、
コンクリを布団にして寝ていたねぇちゃんは、
声かけると
「らぁいじょぉっぷでぇす。
 ぃえ~ちが~いんでぇ~」
とゆって、また寝た。

それに比べると、ろれつまわってるし、
一応起きてるから、後者じゃないかなぁというのが
腐人の勝手な見立て。

※ちなみにその寝てたねぇちゃんもつきあってらんねぇので、
近くの交番に
「道路で寝てるお姉さんがいますんで、
 巡回んときも寝てたら起こしてやってください」
と頼んだ。
警察も大変だよねぇ。


この件についても、
いつまでも野次馬ってらんないんで、
制服君が来る前に、立ち去りましたが、
その後、その現場方向から救急車がきたんで、
もしかしたらそこに乗ってたんかもしれません。

いやはや、世の中、いろんなことがありますなぁ。


っつか、腐人の疑問は、男がアル中なのかヤク中なのかではなく、
あのタクシーの修理代は誰が払うんだろう、ということだ。

順当ならば、割った男だろうが、
まともに払うようにはみえない。

その場合は、タクシーの運ちゃん持ちなんだろうか?

BLは、職業紹介本的要素ももっている分野だが、
腐人は年間900冊近くを毎年読んでるが、
未だ、タクシーの運ちゃんを生業にしている
受も攻もみたことがない。

腐人が寡聞にしてしらないだけか??

トラックの運ちゃんは剛さんのであったんだけどなぁ。
レーシングドライバーなら腐るほどいるけど、
一般の運転手は、本当にいない。

バスの運ちゃんもみかけないし、
電車の運ちゃんもみかけない。

お偉いさんの運ちゃんもないなぁ・・・
運ちゃんの息子とかならあるんだけど。

ちなみに秘書やってた友人いわく、
「ボスの秘密を一番しってるのは、秘書と運転手」
だそーっす。

ま、守秘義務でしゃべりたくてもしゃべられんらしいが。

なぜ、BLに運ちゃんという職業がないのか、
いっぺん考えてみるのもおもろいかもしれない。
[ 2011/02/26 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

のびのびた

朝、るんるんしながら
ホリーさんのサイトにいって
木原音瀬「吸血鬼と愉快な仲間たち 5巻」の発売日を確認したら
7/1にのびていた・・・

しくしくしくしくしく・・・・・・(/_;)


あまりの悲しさに仕事が手につかず←おおげさ
事件を目撃したのに
書いてらんない。


ってか、朝になって
今日中仕事もってくんじゃねぇ、××!!!!


腐人がそやって怒鳴るのを見越してか、
こっそりと持ってきやがりやがるし!!!

ってことで、もろもろ明日!

読書録も、とりあえず、カウントだけ。

(134)一般本 『結果を出し続けるために』 羽生善治
(135,136)BL/アイス 『Loop』『恋愛時間』 木原音瀬 

[ 2011/02/25 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

複雑な心理

木原音瀬『吸血鬼と愉快な仲間たち 5巻』
でてないかなーでてたらいいなーでてるさきっとー
と、ぷらぷら馴染みの売人のところに行った。

ちょうど取次から入荷されたところだったので、
きいてみたが、今日はなしとのこと。
ちぇー。

ついでにぶらぶら棚をひやかしてたら、
さっきついたばかりの荷がとかれ、
みてみると・・・・・・
26日発売のキャラや28日発売のガッシュやリンクスが
もう、ご到着・・・早っ!

さすがだ、××。

っても、通常より2日ほど発売が延びた、
松岡なつき『Flesh & Blood 17巻』
残念ながらまだだった。
ちぇーちぇーちぇー(-з-)

しょーがねー、あいるびーばっくだ。


そーいや、こないだの、
腐人が身体を張って取得したBLのウソネタは
師匠にもウケた。
やったぁ♪←じゃねぇだろ!

いいんだもん!
笑ってもらえたら、
あの思いをした甲斐があったっちゅーことよ!!


ってことで、腐人的には同じ流れのまま、
今日のネタにまいりましょう。


先にゆっときます。
今日のネタは、ご飯中には読まないでください。


本来、日々生産され、
濁流の中に出荷されていくべきにもかかわらず
腹の内にどんどん貯蓄されている状態の時に、
道端に落ちている犬の生産物をみて、

「あぁ・・・なんて立派なの・・・

と思うのは、腐人だけだろうか?


なのに、毎日、すっきり快腸、
今日も品質万全保証の生産物を、濁流の中へ出荷しましたぜ、
っちゅーときに、道端の落とし物をみると、

「ちゃんと始末しろよ!きったねぇなぁ!」

とか思うのよね・・・。


人間の心理とは、かようにフクザツカイキなもの・・・
って、ゆーほどのもんか?ちゅーのはさておき。


笑ってしまったニュースをみつけたので。
うーん・・・これは女にはわからん心理だな。


まずは投稿。
「会社がトイレを正しく改装してくれた」っちゅー
男性からのネタなんだけどね。

 小・個室・小・個室

っちゅーやつで、いわゆるよくある

 小・小   個室・個室

じゃないわけ。


「は?これのナニが正しいんだ??
 すげー変じゃね?」

と、一応、性別が女の腐人は思った。


しかし、この投稿をみた人からのコメントは
「すばらしい!」の嵐。
まぁ、「ちょっと神経質すぎん?」ってのもあったが、
概ねは、「いいなぁ」って感じだった。


よくわからんなぁ・・・と思っていたら、
『女性で
 「男子トイレで横に並んだ時の心理が良くわからない」
 という方は、以下を参考にしてください。』

とあったので、
その以下のサイトにとんでみた。


そこにあったのは4コママンガだったんだが、

 小小小小小小小小小小小小小小小・・・・・

と並んでいるところで、1人の男性が使用していた。

そこに別の男性がやってきて、

使用中の1個以外は全部あいてるのに、
わざわざ隣を使い始めた・・・

「マジで?」

というオチ。


どうやら男子トイレには

『トイレのルールはとてもシンプルだ。
 1. 必ず便器1つは隣のやつと開けろ。
 2. まっすぐ前か下を見ろ、絶対に横を向いてはいけない。
 3. 会話はなし。
 4. 2回よりたくさん振るやつは、いじって遊んでると見なされる。』


っちゅー暗黙のルールがあるらしい。

ぶわっはっはっは、大変だねぇ、オトコノコは。

女子トイレは大概混んでるから、
あいてるところに入る、だけどねぇ。
腐人はあんまし考えたことないぞ、そんなこと。


男子トイレといえば、思いだす事件がある。
が、これ前に書いたっけ??
忘れちゃったんで、ま、いっかー。


某駅の男子トイレで、盗撮して捕まった人がおるんですが、
なんとも不幸なことに、
その盗撮した相手ってのが現職の刑事さん。

その挙動不審ぶりから発覚し、
その場で現行犯逮捕。

持ち物を調べたら、しっかり写ってたそうで。

って、刑事さんが確認したんだろうか?
したんだろうなぁ・・・・・・・・・。

これまたフクザツな心境だよねぇ。
だって、裁判では証拠で提出されんでしょ?
わははははー。←鬼


[ 2011/02/24 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

クスリの話

薬局の棚で悩む。

上から飲むのと、下からいれるのは、
どちらがよいのじゃろうか・・・。

下からのが即効性があるとはよくきく。

しかししかししかし!

受なら慣れてる行為だろーが、
受ではない腐人としては、下からにはものごっつい抵抗がある。

うーんうーんうーん・・・・・・・・・。

ヘタレと言われてもいい。
今日はてぶらでお家に帰る・・・・・・(-_-;)。


さて、何の話でしょうねぇ・・・(^_^;)。
ご自由にご推測くださいませ。

そういえば、昨日の婦人会メールは、
Iちゃんに大ウケした。
一つ賢くなったし、これでヨシとしよう。


ぼーっとしてると、
上か下か、いっそのこと両方試したらどうだ・・・と
そっちのことばかり考えてしまうので、
ちょっとネットニュースをぴょんぴょんしてみた。

すると、腐人としては興味深いニュースを発見。
「小人症の人々は糖尿病と癌の発生率が極端に低い」
というもの。

統計結果として、そう出た限りで、
その要因などはまだまだ推測の域をでてないようですが、
もし成長ホルモンと糖尿病・癌発生率との因果関係が立証されれば、
あっちゅー間に
内服できる成長ホルモン抑制剤とかが出るんだろうなぁ。


ところで。
腐人は脳梗塞がいやだなぁ・・・と思っている人である。

むかしむかしに読んだ、脳外科医の本に
「脳梗塞予防に、小児用バファリンを一錠、毎日飲んでいる」
とあって、へーと思い、理系の血族に
「こういうのを読んだんだが、本当か?」
ときいたら、
「立証はされてないが、統計的にそうだという結果は出てる」
といわれ、以来、ずーっと
小児用バファリンを1日1錠飲んでいた。

その後、とあるテレビのニュースで、
「不育症」という、妊娠はするものの、
母体と胎児との間で、血液凝固が起こり、
流産を繰り返すという症例に対し、
医師に処方されたアスピリンの服用で
症状が緩和されるというのをやっていた。

※ここに書いたのは記憶の概略なので、
本当に心配のある方は、ちゃんと医者にかかりましょう。
妊婦さんのクスリの服用は、安易にすべきじゃないですからね。


妊娠は腐人とは無縁の話だから、それはどうでもいい。

んじゃなくて、それをみた腐人は、
「アスピリン=血液の溶解」は正しいんだ!
1日1錠小児バファリンは正しいんだ!
と確信を抱いたわけよ。

んだもんで、以来、せっせこ毎日飲んでいた。

が。
先日、箱をみたら、「アセトアミノフェン」と書いてある。
「アセトアミノフェン?
 アスピリンの成分は、アセチルサリチル酸だよなぁ?
 そういや、例の本にも
 『バファリンにはいろんな成分ものもがでています。
  アセチルサリチル酸でないと効果がないので、
  注意しましょう』
って書いてた・・・気がする・・・」

どーゆーことやねん!!!
と思って、よくよく調べてみると、
子供の場合、インフルエンザや水痘などの感染後
アスピリン(アセチルサリチル酸)の服用によって
ライ症候群っちゅー病気になることが
これまた原因はよくわかんねーけど、結果がでてるらしいのだ。

それにより、小児用バファリンは、
主成分をアセチルサリチル酸ではなく、
アセトアミノフェンに変えたらしいのよ!!

※変わったのは2000年あたりらしい・・・
今まで気づかんかったって、腐人・・・あんたアホかいな。

キー!!!
今まで飲んでたのはなんだったんだ・・・(T_T)
速攻で変えたいが、
まだ大量に買いおきぶんがあるのよねぇ・・・。


ま、腐人の間抜け話はともかく。

成人の場合、
アセチルサリチル酸を一日あたり81mgから325mgを摂取すると、
血液の凝固を防ぐ抗血小板剤としての効果がある
らしい。

市販薬でゆーと
「バファリンA、80錠入り」
1錠成分アセチルサリチル酸330mgを半分

とか
1錠100mgアセチルサリチル酸のアスピリン
など。

しょーがねぇ、
買い置き小児用バファリンは鎮痛薬にして、
「バファリンA」を買ってくっか。

ちなみに、これ、飲んじゃいけない人ってのもいるので、
その辺はちゃんと医者や薬剤師さんにききましょーね。

腐人のアホな飲み間違いも含め、
すべては、自己責任でございますから。

[ 2011/02/23 ] ケンコー&読書 | TB(-) | CM(-)

嬉しいニュース♪

偶然にも、BLの嘘を一つ発見してしまったんだが、
腐人は、花も恥らう乙女なんで←ウソをつけ
ちょっとここには書けない。

よって、腐人会メールにした。

今度から、そのシーンが出てきたらつぶやいてやる。
「んなもんで、すまへんわー!!」って。

いったい、その『ウソ』とはなんでしょう?

知らずに天国にいっても、全く問題ございませんが、
お好きにご想像くださいませ。


さて。
腐人にとって嬉しいニュースが2つほど飛びこんできた。

●1つは、現知事不出馬

イエーイ
腐人の中では、本日を祝日とすることにしよう
すばらしいよ!!
中東の火が、ここまで及んでくれた!


ってことで、新しい方が決まると同時に
××条例の廃案請求を起こしたいもんですね。

※署名集めは、できる期間が決まっているが、
請求代表者を集めて、
どういう請求書を起こそうかねと相談したり、
請求書類の準備をする・・・
っつー行為に対して「やっちゃいかん期間」は、
法律上、存在しない。



●2つめの嬉しいニュースは、
雑誌『クロフネ』に石原理『カプセルヨードチンキ』が載るってことだ!!

うわーいうわーい!!
本格復活か!?

そういや引越し後からのスタートなのかしらん?
サイトでやってた電子版はいつ救済の手が!?

載らぬなら 載るまでまつぜ どこまでも
と我慢してきた甲斐があるっちゅーもんよ!!

っても、腐人は雑誌はNO!なコミックス派なんで、
どうか1日も早くコミックス化をお願いしやす、
石原さん、リブレさん m(__)m



そーいや、昨日読んでいた羽生善治『羽生善治の思考』に
ジュリアン・バーンズ 『10.1/2章で書かれた世界の歴史』のことが
書いてあった。

腐人は不明にして、この本は読んどらんのだが、
羽生さんによると
「自分の望みがすべてかなう世界があり、
 食べたいと思ったら食べたいものがでてきて、
 欲しいと思ったら欲しいものがでてくるようになると、
 人は死にたいと思うそうだ」
だったかな?そんなことが書いてあるらしい。

※それぞれの正しい内容がしりたければ、各原著を読んでくれ。

腐人はその一文を読んで思った。
「えええええー!?ウソ!!」
と。

こんなもんで死にたいと思うなんざ、業がたらんわ!
欲が甘すぎよっ!ふんっ!!


もし腐人がその世界にいたら。

まず故人の未完ちゃんたちを全部完結させてやるー!!!


んでもって、滞ってる新刊を全部書かせる。
誰とはいいませんぜ、はははははー。

そいからー♪
続きが楽しみなヤツの、続刊を、
「読んじゃった。はい、次は?」って感じ?


「この続きは書きません」とかゆってる作品だって、
「読みたいんだ、出せ」の一言で出てくる
←出させる、の間違いだろう・・・
なんて、夢のよう・・・♪


「××さんの新作、よみてぇなぁ」
・・・この悪魔のつぶやきだって、言えばでてくるなら、
つぶやき放題よねぇ・・・御ほほほほほ~う腐腐腐腐腐~


作家さんたちのためにも、
腐人がいる世において、その世界が実現しないことを祈ろう。


[ 2011/02/22 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

まっとうにやるならば

昨日の謎の汁は、総料理長に味見をしてもらったところ

「白ワインいれた?」
「塩がたらない」
「あとは・・・黒砂糖としょうゆだな」

と、5分もかからず、あっちゅー間に味を直され、
直されたものをみてみると、
うーむ・・・味が掛け算になっている・・・。

不思議なもんですなぁ…。

腐人が作ると、調味料の何と何をいれたか、
すぐにわかる底の浅い、足し算の味しか出ないのに、
この足し算が掛け算になる分岐点はなんなんだろう?

ま、おかげで、鍋いっぱいにできた妙なブツも
無事はけそうざんす。


2011/1/16の「びぼーろく」に書いた
「1.地方自治法 直接請求権 政令で決まってる手順調べ」

腐人としては、昨日までで、
ほぼほぼ言いたいことは書けたと思っている。

っつかさ、最近、直接請求関係でググると、
腐人のブログが上位にでてくるのが、
とってもヤなんですけど、ぐーぐるさん。

自分でゆーのもなんだがよ、
真っ当にやりたい人には参考にならんぞ、腐人のブログは。

屁理屈だって、理屈は理屈!!

腐人は、こういう主義なんで、最初から、

「『やっちゃだめ』って書いてあること以外は、
 どんだけ非常識でもやっていいってことだよな」


という理解である。 
なので、違法じゃないんだが、
確実に、行政にケンカ売ってるって感じよねぇ、はははははー。


なので、今日は腐人の手法をみて、
「そりゃそーかもしれんが、無理!」という方のために、
「もし真っ当にやるならば」を少し補足したい。

っても、シュミレーションベースは東京都だけどね。


●ターゲーット分析

今回の都条例問題、恐らく20~40代ぐらいが
一番「反対」なンじゃなかろーかと推測する。

とっても偏見だと思うが、60代以上については、
エロとか暴力とかそれ以前の「マンガ」そのものに対し、
拒否感が強いんじゃなかろうか?

ってのが、あながち大ハズレではないだろうと思うのは、
こないだの産経のアンケートみると、
ピックアップされた回答者の年齢は、20~50代。

やっぱりその辺が関心層ってことだと思うのね。

女性が少なかったのは、ネットアンケートだからか?
それともエロマンガ問題と思われているから?

うーん・・・どっちだろ・・・。

実際ね、腐人がこの問題に
ギャーギャーわめいてるのをみたIちゃんが言っていた。

「私はあんたが騒いでるから知ってるけど、
 世間一般は、あんま話題になってないよ、これ」


ガーン・・・そ、そうなのか・・・Σ(゜ロ゜)

でも、そやって落ち込んでても話はすすまんので、
腐人の独断にもとづき、まずは全体の人数分布をみる。

っても、あんまし細かくみても逆効果・・・ってことで、
年代別の有権者数および割合でいっか。

東京都は、こうなってるらしい。

20代-----1,652,679-----15.6%
30代-----2,182,070-----20.6%
40代-----1,868,241-----17.6%
50代-----1,467,954-----13.8%
60代-----1,636,299-----15.4%
70代-----1,155,430-----10.9%
80代以上---653,277------6.2%
合計----10,615,950----100.0%

これは他人様がまとめてくださったものの流用ざんす。

Hatenaサイトの日記から拝借させていただいたが、
もし都道府県単位で直接請求やろうと思ってる方は、
全都道府県データをあげてくださってるので、
参考にされるとよろしかろう。

データは平成22年3月31日現在だから、
今とは若干の違いはでてると思うが、
ま、ほぼほぼこんなもんでしょう。

で、だ。
1/50、すなわち2%・・・と考えると、
腐人が主要ターゲットとみた20~40代は全体の53.8%。

っちゅーことは、意外とすぐ集まるってこと?


ただ、問題は、この年代はちょうど子供を持っている世代でもあり、
強硬なる条例賛成派層も含むってことだろう。


個人の顔の場合は、署名に快く応じてくれたとしても、
パパの顔、ママの顔になった途端、
「子供にマンガを読ませたくない!」なんつー矛盾がでてくるやもしれぬ。

ここんとこどーですかね?


意外に自分がマンガを読んで育ち、
それがすごく自分のためになったと思う人なら
パパママ立場になろうと、大いに推奨かもしれぬ。

でも、「マンガは悪!」っちゅー思想と抑圧を、
親から代々受け継いできたような家ならば、
子供時代に読めなかった自分自身の恨みも含め、
「子供にマンガは読ませるべきじゃない!」
っちゅー強硬姿勢になってる気がするんだよなぁ・・・。

食わず嫌いっつーか、逆恨みっちゅーか。


だから、できればさらに踏み込んだ各市区町村における
年齢別人口分布、ならびに、そこの街がどういう雰囲気か、も
できればあわせて調べたい。

60代以上が多いとか、
キョーイクママが多いとこは×とかね。

だって、署名活動したところで集らないところに
労力注ぐのなんか、効率悪いじゃん。


●集め方を考える

逆に、アニメ・マンガ好きが集りやすい場所・・・
筆頭は秋葉原?
池袋、中野、吉祥寺なんかもそうじゃないのかな?

ここらは、街頭でやれば、それなりの数が集るだろう。


ただ、だ。
署名してもらうのには、

★東京都民の有権者であること
★満20歳以上(いつの時点で、かは、確か規定あり)


っちゅー条件があり、

★署名簿は同一市町村民でまとまってなきゃだめ

っちゅー条件もある。

そこが面倒・・・(~_~)。

東京の場合、
「23区、 26市、 5町、 8村」
あるそーで、街頭でやろうと思ったら、
1ヶ所につき、62種の署名簿台帳を用意せねばならん。

島部をさっぴいても、
「23区、 26市、 3町、 1村」
たいして変わらん。

ぶっちゃけ、面倒くさいし、
効率悪いよなぁ・・・。


やっぱ、オークション開きましょうや。

「署名を集める」じゃなくて、
「署名してくれる人を、指定した場所と時間に集合させる」。

このんが効率ええやんねー。

んでもって、入口を「市区町村」別にしちゃうんだ。
んだらば、
入口んとこで書いてもらえば無問題でしょ?


ちなみに告知はいくらやってもOKなんで、
常備署名台としては、できれば各出版社の前とか受付に、
署名期間の2ヶ月間、
署名台を作ってもらえると嬉しいんですが・・・。

ついでに原画展とか即売会をやったら、
集客もいいし、宣伝にもなりまっせ?


できればね、各書店さんでもやって欲しいちゃ欲しいのだ。
小さいところは、その地域だけでも、集めて欲しいし、
繁華街の大型はもちろん、
市部でもターミナル駅とかにある地域の筆頭の大型書店とかで。

お客=この問題に興味がある、と思うンだけどなぁ・・・。

ご協力いただけませんかね?


真っ当にやるなら、そんなとこ。

幸いにして、今回のターゲットである20~40代は
携帯やネットの中心ユーザーだろう。

ならば、署名の告知を広げるのは、
そんなに難しくない、と思うんだがなー。


ま、腐人が思いつくのはそんなとこー。
使えるなと思えば、大いに使ってやってくだされ。

んでもって、あの悪法をとっとと退治しましょう!

[ 2011/02/21 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

謎のシル・・・

榎田尤利『愛とは言えない 2巻』を読んで以来、
カレーが食いたい病にかかっている。

ので、今日は朝から台所の住人。

普段ならば、腐人家の総料理長が、
腐人がしでかす数々の暴挙を未然に防いでくれるのであるが、
昨日から泊まりででかけている。

よって……

チキンはヤだけど、なんか入れなきゃ味でないしー
ウィンナーとベーコンでもいれとけぇ!


野菜はいっぱいいれたいからー、
えーい、あるもの全部刻んじゃえ!!


そうそう!
崎谷はるひ『手を伸ばせばはるかな海』
トマトジュースで煮ろっつってたな、
余ってもなんだし、1本ぶちこんじゃえ!!


……と、気づけば鍋からあふれそうになっており、
あら、いけないわと、
どんどん鍋がでかくなっていく…。

最終的には、家にある一番でかい鍋いっぱいに
謎の汁ができあがっていた…。

カレーのはずなのに、
匂いはカレーなのに、
味もカレーっぽいのに、
なぜか見た目はミネストローネ…。

うーむ…どうすべきか…
でも、使った材料がよかったので、
味は悪くない。

じゃぁ、いっか。←おい

問題は、この鍋いっぱいのカレーがなくなるまで
ずーっとカレーが続くということだ…。

…血族まきこえんじゃぇ…←鬼


さてと。
昨日の続きをしましょうか。

…さっき、途中まで書いてた文章がとんだ…orz
なんでじゃー!!セブーン!!
しくしくしく…(/_;)

気を取り直して、思い出しながら書く。

昨日、腐人は「請求代表者=1/50」と書いたが、
その一番大きな理由は、署名簿規定のややこしさ。

どう考えても、
東京ほどの広域・大人数でやることを想定して作ったものではない。
っつか、もしそれを想定したとしたら、
「それをどうやれば阻害できるか」
を目的にしちょるとしか思えん。

まぁ、成立しちまった法にいくら文句たれてもどうにもならん。
※だからこそ、法の制定はもっと慎重にやれっちゅーの!!

××法を踏まえたうえで、できることを考えるしか、道はない。

とはいえ、腐人の知識では、
請求代表者=1/50=20万人をやったら、それで成立かどうかがわからない。
どなたか専門家判断がほしい。


ま、それによって変わるかも、だが、
限りなく白に近いグレーな具体的な話をする。

請求書だが、これは指定書式がある。
が、別に書かなきゃならんこと以外は特に決まってない。

縦書きじゃなく、横書きでもOKっちゅー判断がでてるし、
用紙も枚数も指定はないと東京都の選管の兄ちゃんは言った。

なので、こうしよう。

●1枚目

東京都条例廃案請求書

東京都青少年健全育成条例改正案 廃案請求の要旨

1.請求の要旨

(1000字以内にまとめる)

※どんだけ余白があこうと、1枚目は以上。
 条例が何条なのかがいるのかもしれない。
 その辺は、いっぺんここまでつくって選管に確認したほうがいいかも。


●2枚目

2.請求代表者

  住所・職業・氏名・印

(以下、1/50=20万人=20万枚 をとじる)

※こちらもどんだけ余白があこうと無視。
20万人=20万枚でいく。
理由は黒くてかけないので、
これまでの流れから推測してください。



●3枚目

右のとおり地方自治法第七十四条第一項の規定により
別紙条例案を添えて条例の廃案を請求します。

平成23年×月×日

東京都知事 ××あて


※上記下線部は、第九条関係の書式様式として
こう書けとかいてあるんだが、廃案請求に案もクソもねぇよなぁ(~_~)。

割愛していい気がするが、
その辺はここもやるまえに東京都選管にみてもらったほうがいいかもね。
先にスミつけときゃ、後で文句ゆってきても黙らせられるからねー。


請求書はこれでいいと思うんだが、
問題は、
「この請求書の署名は、署名として数えられません。
 別途署名簿を作成し、
 そこに請求代表者の署名を改めてご記入ください」

っつってなったときだ。
おかしな話だけどさ。

まぁ、請求代表者としてOKしてくれた20万人に、
自分の名前だけかいた署名簿つくってよ
といえばいいだけ、っちゃーそうなんだが、
問題は、その署名簿に添付せにゃならんとされてる請求書の写し。

たった一人の署名簿の上に、
200,002枚におよぶ請求書のコピーがのっかるって
どうかんがえてもアホでしょう。←そういう手法は想定外なんじゃね?


でも、「やれ」と法ではなっている。
ので、やらねばならんのだろう、
紙の無駄、資源の浪費以外のなにものでもなくても。


で。
ここで、個人情報の問題がでてくるんですわ。
それが請求代表者のリスク。

ちなみにその前にも、請求を起こした段階で
告示されることになるんで、
まぁ、ここなんだよね、昨日いってたリスクって。

それと、もう一つある。

●署名簿の取りまとめ中 
 請求代表者数人あるうちの一部の者が
 請求代表者を辞退する場合は、
 他の請求代表者を通じて選挙管理委員会に届出なければならない。
 (昭23.6.24行実)


こういう規定があって、
後になって請求やめる!と思ったときがややこしいのだ。

でも、そこを乗り越えてくれる人が20万人いれば、
東京都の条例は廃案議題を議会にかけることができる。

が、こないだの佐伯市の話や、
こないだの都議会の話をみてっと
選挙結果みてからのがよさそうだよねぇ。

ってか、議会の議論で
論理だった反論をするならまだしも、
ただ野次るだけのやつに税金で給料払う制度って
おかしくねーか?

おかしいと思うのは腐人だけかねぇ?



話が変わるが、昨日の産経新聞の書評で、
『マンガはなぜ規制されるのか』が取り上げられてたんだけど、
それ読んだ腐人はカチンときた。

それは、ココだ!

『(「チャタレイ夫人の恋人」裁判で保守の評論家・福田恒存が)
 ”保守反動”の立場から
 「検閲制度、およびそれへの可能性一切に反対」し、
 「性を浄化しようといふ善意と、
  性をタブーとしておさへつけようという検閲根性とは、
  紙一重の差であります」と鋭く論じた。
  今回、こういうことを言う”保守”が見当たらなかったのは寂しい。


この記事を書いた方が、
この問題に対してどれほどの知識をお持ちなのかは知らん。

その上、あえて「”保守”」と書かれた言葉に、
どういう意図がこめられてるんだかもわからん。

が、どーみても…

適当なこと書いてんじゃねぇ!!!

と、腐人は言わせていただきたい。

この福田発言に類似することは、
この問題が起こった当初から
さんざっぱらあっちゃこっちゃで言われとるわー!!!


反対意見満載のネットは、この世に存在してないと?

数多くの方たちが
ご自身のブログやツイッターで、
理路整然とした類似発言をやっとりますが、
ご存じないんですな。


それに、
一般人、マンガ家、出版社、弁護士会、などから
東京都に出されたものの、見向きもされず、
却下されまくった300件以上の陳情書の存在は?



発言者の権威付けが必要(新聞では弁護士会の反対も評価せんのか?)
っちゅーならねー
去年の12月に行われた、
「『非実在青少年規制』改メ『非実在犯罪規制』
 都条例改正案の問題点は払拭されたのか?」 

という討論会で、

 河合幹雄(桐蔭横浜大学法学部教授・法社会学者)
 呉智英(評論家・日本マンガ学会会長)
 兼光ダニエル真(翻訳家)
 とりみき(漫画家)
 西谷隆行(日本雑誌協会・編集倫理委員会委員)
 保坂展人(前衆議院議員・ジャーナリスト)
 水戸 泉/小林来夏(作家)
 山本弘(作家)
 藤本由香里(明治大学准教授)
 山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)

こんだけ、いや、実際にはそれ以上のかたがたが
各立場からこの問題のはらむ危険性を語っておられる。


もしこの問題について書くならば、
最低、このサイトで取り上げられてる全文に目を通してから書いてくれ。
    ↓
東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト
http://mitb.bufsiz.jp/


たかが書評と思った?

その姿勢は、新聞読者に対しても、
この問題を真摯に考えている人に対しても、
侮辱以外のなにもんでもない。


バカにしてんじゃねぇよ



書評ってのは、自分の専門外、まったく興味のないことだって
書かねばならんときもあろう。

そんときはね、あっちもこっちも立てた、
まったく意味のねぇ、適当にお茶を濁した記事を書くの!

自分にその引き出しがないんだから、中身がなくなるのは当たり前。


問題なのは、この問題に対して無知な人に、
うその知識を与えること。

知ったかぶった記事を書くのが、一番悪い。

と、腐人は思うぞ。
[ 2011/02/20 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

セブンがきったっぞっ!

♪セブンーセブンーセブンー
 すっごいぞ、セブン!
 はっやいぞ、セブン!!

いやーはるばるM78星雲からきたセブン←ウソです

腐人の普段使いは、まだXPなので、
セブン君とは初めてのデート。

おつきあいの勝手がわからず、最初はまごまごしてたんだが、
いやぁ…
なんて設定が簡単プーになったんだ…。

腐人が生まれて初めて触ったパソコンは、
6人用の座卓いっぱいになんだかんだと機械が載ってたし、
なんだかんだとセッティングするのに、
むっちゃ時間がかかったもんなのに
なにこれ…。

お値段も、びっくりするぐらい値下がりしてっし、
なんか…まだ使えるからって、
ノロイのノロイがかかったマシンに
未だしがみついてる己がアホに思ったよ…(ーー;)

それにしても、前使ってたのが、
予告もなく←あったの無視してただけだろう
突然昇天したせーで、データが全部ぶっとんだのが痛い…(-_-;)

辞書ももっかい作り直しかよ…(ーー゛)

まぁ、そういう細かい文句はありますが、
これで週末もまともにブログが書ける。はず。


んでは、都条例廃案・直接請求の話しましょーか。

まだまだちゃんと詰めないとダメではあるんですが、
ひっぱっててもなんなんで、腐人の結論を先にゆーと0は、
「請求代表者=1/50」

署名を1/50じゃないんです。
請求代表者を1/50集めるのが、一番簡単じゃなかろうかと思うのだ。

どうしてこういう結論になったかっちゅーと、
法の他にみなきゃならない
「行政実例、通知、通達、注釈、判例」、
この辺が絡んでくるんですな。

どういうもんかというと…

●請求代表者が郵便をもって令第92条第1項 及び
 第2項前段による署名 及び
 印を押すことを求めることはできない。
 (昭26.9.10行実)

●県条例の改廃請求において、一冊の署名簿中に
 他市町村における選挙権を有する者の署名が混記されている場合は、
 法令の定める成規の手続きによらない署名であり
 無効である。(昭48.4.26行実)

●直接請求受理前に 代表者が辞退したとき
 他の者が代表者証明書の交付を受け
 前の者のなした署名、請求の要旨により
 請求することはできない。(昭24.2.23行実)


はっきしいって、これ以外にも山ほどある。
だから、たぶん、腐人が見落としてるもんもあると思う。

とはいえ、この上の3つだけでも
ものごっついややこい話。

簡単にゆーと


・署名を郵便であつめたらいかん。
・署名簿に違う市町村の住所の人がまざっとったら、それで無効
・請求代表者が変わったとき、前のをひきつぐことはできない


やっとれっか!っちゅー感じよなぁ…。
ってか、人口少ない頃に考えたんちゃうの、これ!!!


直接請求の手順をごく簡単に書くと、
こんなフローになる。

1)条例廃案請求書(指定書式あり)と
  廃案請求代表者証明書の交付申請書(指定書式なし)を
  長に出す。


2)証明書が交付されたら、署名集めの開始。

3)署名をあつめる署名簿の作成。
   署名簿の条件
   ・1)で出した請求書の写しがくっついてること

   ・もし代表者自らじゃなくて誰かに署名集めを頼むなら、
    その誰かに委任したよっちゅー
    委任状(指定書式あり)をくっつけること
   
   ・名前ほかを記名する署名用紙がくっついていて、
    ここに署名をしてもらうことになるが、
    日付が前後したら、その署名は無効となる

   ・署名簿はバラしてはいけないし、他の市町村民が混ざってもダメ

   ・郵送で集めてもダメ

 
4)1)から2ヶ月以内で、1/50人分集まったら終了し、
  選管に署名の確認をしてもらって、正式請求をする。



ぶっちゃけ、3)がややこいでしょ?
だからそこをぶっとばせっつー考えなのよ。

でも、よくわかんないとこがあって、
これが肝心なんだけど、

請求代表者が1/50集まれば、署名簿は不要?

これ、どなたか正解しりませんか?

これが不要なら、むっちゃ簡単に話が進むんだがなぁ…。

どう簡単に話が進むかは、
具体的に書くとまずいよーな気がしたので、削除した。

でも、これまで書いたこと踏まえて、
ちょっとシュミレートしてもろたら、
なるほどと思ってもらえるんじゃないかと。

ただ、リスクもないわけじゃない。
そこについては、また今度。

ちょっと疲れちゃったんで…(+_+)
[ 2011/02/19 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

怒りが生み出すもの

「死んでくれないか」
と、他人様に対して思ってはいかんのだろうが、
理性より感情が勝っちゃうわよねぇ~
だって、ニンゲンだもの~

だから、ムカつく野郎に殺意を覚えるのは致し方ない。
それに、思うだけなら、罪には問われない。
今のところは。


のっけから不穏だなぁ、腐人。

いやでもね、こないだまで読み返していた
須賀しのぶ『キル・ゾーン』のさ、
火星で盛大な痴話ゲンカやってたユージィンとヴィクトール。

二人とも、ともすれば人生投げちゃいたくなるところを
相手の存在に萌える、もとい燃える思いがあったから、
最期の最期まで、投げ出さずに、自分の思うように生きたわけで。

それって腐人の某氏に対する思いと近いのかもしれない・・・と
上記の怒りを覚えた瞬間、思いましたね。
だって、その瞬間、エネルギーゲージが
MAXんなったんだもん。



昨日(一昨日?)、こういうニュースがありました。

「アニメフェア危機「原因は知事」 民主議員指摘に激高」
これ、毎日新聞の見出しなんですけどね。

記事読みたい方は、こちらへどぞ。
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20110217ddlk13010241000c.html

老人の話のつじつまがあわないのは、えてしてそういうもんだが、
そうなったら一線を退くってのが、人として当然じゃないのかねぇ?
「老醜」とか、「老害」って言葉知ってます?

ま、その辺はいつものことで、
こんなのに耐えてるなんて東京都民ってよほど我慢強いのか?

興味深い情報としては、
東京都が、コミック10社に泣きいれてたっちゅー話。

っつっても、
どーせタカビー全開で、
なんでこうなったかっちゅー自省のジの字もねぇんだろうなぁ。

コミック10社さん、できたらこの文書とやらの公開と、
「知事に謝罪を求める出版社側の声」ってのを
直にお聞かせ願えませんかね?

エジプトみててもね、
独裁者を倒すのに、一番効果的な方法は、
事実の公開だと腐人は思うのよねぇ。



どーでもいいが、東京都民は、ルドルフを生み出したいのかね?

『銀英伝』でゆってたな。
それって、自分の絞首刑にサインしたようなもんだって。

ん?自分の絞首刑の刑吏を選んだ、だったっけ??

ちょっと今、手元にないんで、ちとあやふや。
でもまぁ、大意は同じだろう。

東京都民にまっとうな良識と分別があることを、
心から祈りたい。



本当は署名活動に対する腐人案をだそーと思ってたんだが、
判例とか通達とかが載ってる資料を別の巣においてきちゃったんだよ。

これを踏まえながらやらないと、
根拠が不明確になるんで、すんませんがまた今度。
って、誰も待ってないか。


よって、最後は愉しい話で終わりましょう。

朝飯食いながらテレビをみてたら、
バレンタインの翌日の質屋をやっていた。

一人目はホスト。
オネダリしてもらった財布を、
24時間たたないうちに売却。
もらった現金は、本命彼女との旅行費用にするそーで。

腐人は、キツネとタヌキだと思うので、ふーん、で終了。

次回は、越後屋を見習って、
サイフの中に諭吉を帯でいれたら、対応変わります?


二人目はとっても愉しい話なので、後回し。

三人目は、二股かけられてたらしく、
ロのつく高級腕時計を用意してたのに、
「オレ、結婚するんだ」っつって渡す前に玉砕した人。

きれいさっぱり売っぱらって、その金で、
自分の運期を上げるものを買いたいとのこと。

で、売値が出た後、
店員に薦められるがまま、店内(って質屋です)をみて、
ダイアモンドがいいんじゃないかっつって、
そこで、売値以上の物品が気に入り、交換で話がついた。

・・・はい?
腐人はちょっとめまいがした。

運期なんてもんにこだわってるのに、質流れ品買うの!?


腐人には理解不能なんだが、
そーゆーもんなんですかねぇ・・・。


で、腐人がとっても愉しくなった二人目さん。

子連れでやってきたその女性がもってきたのは、
O社の紳士用腕時計、定価50万円超なり。

経緯をきくと、今朝、旦那の身支度を手伝ってて、
鞄をみたら、この時計があったそう。

旦那をといつめると、「もらった」とのことだが、
誰からかは、頑として白状しない。

そこで大ゲンカとなり、しぶしぶながら売却を了承した旦那。
もちろん売って得た金は、嫁のもの。

思ってた以上の臨時収入となり、
嫁はウホウホと帰っていったが・・・
ねぇ!
それって!!
腐人は、男からだとおもうのーっ!!!!!


まぁ、3人目の子は、女の子ながら、
定価94万だかのロのつく高級腕時計を男にやろうとしてたらしいが、
その後の対応みてても、ちょっと感覚が一般じゃない気がする。

そこらのリーマンと不倫するよーな、
同じ職場の女の子とかだったら、
相手にそんな高額プレゼントやるか?
腐人はやらんと思うの。

そしたら、いったい誰なのか。

妻子のいる、
一般サラリーマンに
O社のクロノグラフをあげる
って
うーん・・・・・・・・・・・・・・・
これで丼3杯ぐらいいけるかも

4月4日が、オカマの日っつーよーにさー、
4月14日は、ゲイの告白の日にしちゃえばいいのにー。

あ、すっきりした。

[ 2011/02/18 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

第4回 地方自治法施行令を読む

今、とっても気になっていることがある。

ホーリーさんのHPでは、2/28予定となっている
木原音瀬『吸血鬼と愉快な仲間たち 5巻』
予定が決定に変わってくれるのか、
それとも、
予定はあくまでも予定であって、すなわち未定の意味なのか・・・。

見に行ったところで、
それがどうにかなるわけではないとわかっちゃいるんだがー
ついついつい売人に「どう?」と訊いてしまう・・・。

っちゅーことで、今日も今日とて、
ポテポテと、本屋をのぞきにいったんだ。

あったりまえだが、なんの動きもなく。
来月のマンガの新刊予定をチェックするに終わり。
傷心の腹をなぐさめるべく、いつものメシやに行った。

すると、腐人の後からやってきた1人の女性が、
口早に注文すると、
おもむろに鞄から校正紙を取り出し、朱入れをはじめた・・・。

いや、いいけどさ・・・。
でもそれ、発売前のものだよね・・・。

よって、本日の一句

 気をつけよう 壁に耳あり 障子に目あり
    メシやの隣に 腐人アリ



さて、と。
本日の本題、
「選挙が始まる前にやっつけてしまいましょう、
 地方自治法施行令の直接請求権」


今、94条までいってたんだっけ?
サクサクっといこかー。

「第95条
 条例制定又は改廃請求者署名簿に署名し印をおした者は、
 条例制定又は改廃請求代表者が
 前条第1項の規定により条例制定又は改廃請求者署名簿を
 市町村の選挙管理委員会に提出するまでの間は、
 条例制定又は改廃請求代表者を通じて、
 当該署名簿の署名及び印を取り消すことができる。」


端的にゆーと
「署名したけど、気が変わったっちゅー人は、
 提出するまでやったら取り下げができる」


はい、次!

「第95条の2
 市町村の選挙管理委員会は、
 地方自治法第74条の2第1項の規定による
 署名簿の署名の証明が終了したときは、
 直ちに条例制定又は改廃請求者署名簿に署名し印をおした者の総数 及び
 有効署名の総数を告示し、
 且つ、公衆の見易い方法により掲示しなければならない。」


選管の話やからどーでもええ。
はい、次よこせ、次!!

「第95条の3
 市町村の選挙管理委員会は、
 地方自治法第74条の2第5項の規定による
 証明の修正をする場合においては、
 その修正が異議の決定に基く旨 並びに
 異議の申出人の氏名 及び 異議の決定の年月日を
 条例制定又は改廃請求者署名簿に附記するとともに、
 署名審査録にその修正の次第を記載しなければならない。」


これも選管の話やから、ムシって良し!次!!

「第95条の4 
 市町村の選挙管理委員会は、
 地方自治法第74条の2第6項の規定により
 条例制定又は改廃請求者署名簿を
 条例制定又は改廃請求代表者に返付する場合においては、
 当該署名簿の末尾に、
 署名し印をおした者の総数 並びに 
 有効署名 及び 無効署名の総数を
 記載しなければならない。」


なんで「選管規定」って別枠にせんかね?
ぽいぽいぽーい!

「第96条 
 地方自治法第74条第1項の規定による請求は、
 同法第74条の2第6項の規定により返付を受けた
 条例制定又は改廃請求者署名簿の署名の効力の決定に関し、
 条例制定若しくは改廃請求代表者において不服がないとき、又は 
 条例制定若しくは改廃請求代表者においてした審査の申立て 若しくは
 訴訟の裁決 若しくは 判決が確定したときは、
 その返付を受けた日 又は その効力の確定した日から、
 都道府県に関する請求にあつては10日以内
 市町村に関する請求にあつては5日以内に、
 条例制定又は改廃請求書に同法第74条第5項の規定により告示された
 選挙権を有する者の総数の50分の1以上の者の有効署名があることを証明する書面
 及び 条例制定又は改廃請求者署名簿を添えて
 これをしなければならない。」


「署名の検査が終わったら、10日以内に
 人数分あったでーっちゅー書面と署名簿を添えて請求せー」

っちゅー話。

了解。
ほい、次!

「2 
 前項の規定による有効署名があることを証明する書面には、
 条例制定又は改廃請求者署名簿の署名の効力の決定に関する裁決書 若しくは
 判決書 又は 
 地方自治法第74条の2第10項の規定による通知書があるときは、
 これを添えなければならない。」


よーするに
「署名の証明書面に、その保証書つけろ」。
しょめーのしょーめーしょめんって、早口言葉か!

「第97条
 前条第1項の請求があつた場合において、
 条例制定又は改廃請求者署名簿の有効署名の総数が
 地方自治法第74条第5項の規定により告示された
 選挙権を有する者の総数の50分の1の数に達しないとき、又は
 前条第1項の規定による期間を経過しているときは、
 普通地方公共団体の長は、これを却下しなければならない。」


人数不足と締切り破りは、却下すんぞ、
って話。
ま、そりゃ当たり前だぁな。

「2
 前条第1項の請求があつた場合において、
 その請求が適法な方式を欠いているときは、
 都道府県に関する請求にあつては5日以内、
 市町村に関する請求にあつては3日以内の期限を附けて
 これを補正させなければならない。」


「署名つき請求があがってきたとき、
 不備があったら5日以内に直させること」
やね。

もう一気にケツまでいこか。

「第98条
 第96条の請求を受理したときは、
 普通地方公共団体の長は、
 直ちにその旨を条例制定又は改廃請求代表者に通知するとともに、
 その者の住所氏名及び請求の要旨を告示し、
 且つ、公衆の見易いその他の方法により公表しなければならない。」


「受理したら公表すんぞ」、と。

これは、当初、「権力者の隠蔽防止」で作ったんだろうが、
今じゃ個人情報保護と考え方がガチぶつかると思うんだが、
そこはどない考えてンのかねぇ?

うがった見方をすれば、
個人情報を逆手にとった「脅し」ともとれるよーな気がするけどね。

まぁええわ。

「第98条の2
 議会は、地方自治法第74条第4項の規定により
 意見を述べる機会を与えるときは、
 条例制定又は改廃請求代表者に対し、
 その日時、場所その他必要な事項を通知するとともに、
 これらの事項を告示し、かつ、
 公衆の見やすいその他の方法により公表しなければならない。」


う!
ここで腐人は己のミスを発見した!

腐人はこの地方自治法や施行令の原文は、
ネットにあるのをコピペしているんだが、
この項の、
「地方自治法第74条第4項の規定」
ってなんじゃっけ?
と過去を振り返ったら、どうもおかしい。

手元にある解説書をみると、1項、腐人が飛ばしていたようである。
すんません・・・。

地方自治法74条の4項とは、
「4 
 議会は、前項の規定により付議された事件の審議を行うに当たつては、
 政令の定めるところにより、
 第1項の代表者に意見を述べる機会を与えなければならない。」


どうやら追加項目らしい。
大変失礼いたしました。
腐人日記 「地方自治法 直接請求権を読む」際には
これ付け加えて読んでくだせぇ。

一応、あっちにも注意書きいれとくか。

なにはともあれ、
その「請求者が意見を述べる機会を広く開示せぇ」
ってのがこの項。

「2
 議会は、条例制定又は改廃請求代表者が複数であるときは、
 これらの者のうち
 地方自治法第74条第4項の規定により意見を述べる機会を与える
 条例制定又は改廃請求代表者の数を定めるものとする。」


複数おったら、人数絞るぞっちゅーことね。
全員の意見はきかんと。
その内の誰ってのは、誰が選ぶンかねぇ?

「3 
 議会は、前項の規定により意見を述べる機会を与える
 条例制定又は改廃請求代表者の数を定めたときは、
 第1項の通知に併せて、
 その旨を条例制定又は改廃請求代表者に通知しなければならない。」


日時の通知と一緒に人数の通知をせぇってことね。
はいはい。

このあとは以下の通りに続くが、


「第98条の3
 地方自治法第74条の2及び第74条の3の規定を
 指定都市に関する直接請求に適用する場合においては、
 市町村の選挙管理委員会に関する規定は、
 区の選挙管理委員会に関する規定とみなす。

 但し、同法第74条の2第10項の規定による送付については、
 市の選挙管理委員会を経由するものとする。

 2
 本節中市町村に関する規定は、
 指定都市にあつては、これを区に関する規定とみなす。
 但し、第92条第4項から第6項までの規定については、
 この限りでない。
 
 第98条の4
 普通地方公共団体の条例制定又は改廃請求書、
 条例制定又は改廃請求代表者証明書、
 条例制定又は改廃請求署名簿、
 条例制定又は改廃請求署名収集委任状、
 条例制定又は改廃請求のための署名収集委任届出書、
 条例制定又は改廃請求署名審査録 及び
 条例制定又は改廃請求署名収集証明書は、
 命令で定める様式によりこれを調製しなければならない。」


98条の3項は、請求者側としては、無視していいし、
4項は、「書類様式は命令に従え」ってこと。


さて。
ここまで踏まえての腐人の結論は、
次回にすっか。←おい!


[ 2011/02/17 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

本にまつわるいろいろ

図書館にいったら、
「財政難のため、来年度の資料購入費は大幅削減となります。
 ご理解のほど、よろしくお願いいたします」

っちゅー張り紙があった。

マジで!?Σ(@_@;)
しばらく立ち上がれないぐらい、ショックだ・・・orz

腐人と図書館のおつきあいは長く、
タラちゃんぐらいの歳から、側にあって当然なものだったので、
まるで、じぃやかばぁやが他界した気分よ・・・←おおげさ

うくくくく・・・
でも、先立つものがなけりゃーしょーがねぇなぁ。
お願いだから、
腐人が読まない本から切ってってね?
  ↑
  おい



それでふと思い出した。

『図書館とメディアの本 ず・ぼん 16』を読んでて
思ったこと。

●2008年データで、
 図書館の貸出数が、全国でおよそ6億冊だったこと


・・・日本の人口って今、1億2千万ぐらいだよな・・・
っちゅーことは、大体1人年間5冊!?

こないだ読んだ
『生き残るメディア死ぬメディア-出版・映像ビジネスのゆくえ』でも
販売数からすると、1人年間約9冊とあった(歩き読みってたから、「たぶん」だが・・・)。

両方足して、14冊・・・
腐人のたった1.5%っきゃ読んでねぇのか、世間の人は・・・・・・。

・・・腐人は、自分がどんだけ平均外であるか、
やっと自覚した・・・(-_-;)←自覚なかったんかい!

だって、周辺にも本好き多いからさー
腐人の量って、「ちょっと多い」ぐらいかなぁとか思ってたんだよぅ!



●アルファブロガー(海外ではa-listブロガーっちゅーのか?)のこと


これまでは新聞の書評欄をみて紹介されてた本を
図書館に借りにきていた人が多いが、
今は、アルファブロガーおすすめ本の影響が見逃せない
ってな感じのことが書いてあって、「え!?」だったのだ。

そ、そうなの?
腐人、他人の感想なんぞ、一切読まねぇぞ?

ランキングなんかに絡めて、前からゆってるが、
ランク付けや賞レースも含め、本の評価なんてのは、
単なる好き嫌いだと腐人は思ってる。

誰かにとっての涙が止まらない名作は、
別の誰かにとっては使用済みトイレットペーパーより劣る駄作。
そういうもんじゃないの?

だから、腐人自身は、
いわゆる「書評」は、斎藤美奈子さんの本ぐらいしか、読まない。

それも、斎藤さんの文章や切り口が知りたくて読んでるんであって、
選本の参考にはしてねぇなぁ。
テーマに興味があれば、読む、ぐらいかな。


昔は、新聞書評もみていたが、
あまりにも自分にあわない事例が相次ぎ、
今では一切参考にしない。

ゆっちゃぁなんだが、結局、あれって宣伝なんだよね。
どーにも根底に、
「けなさない条約」が締結されてる気がする。

どっからどーみても、
ブサイク以外のなにもんでもない上司のガキに
「耳の形がいいですねー」
っちゅーよーなもん
に見えるのだ。


あーでも、師匠とかIちゃんとか、
もう××年来のつきあいになると、
本見ただけで、
「これは師匠向き」
「これはIちゃんはダメ」
ってのがわかってくる。

だから、腐人もそういう方々の判断は、とっても信頼していて、
「ねー××って知ってる?あれどー?」
「やめとけ、あんたにゃあわん」

とかいうアドバイスはよくいただく。

が、こういう人はそうそういないし、
新刊は毎日山ほど発売されている。


だから、一番いいのは、リアル書店や図書館にいって、
プカプカ本の海を漂い、直感で惹かれるものを読む。
これだと思うンだよねぇ・・・。

この直感、今、読んでる羽生さんの『羽生善治の思考』でも、
これが一番大事とあった気がする。

ま、すべてが当りにはならんけどさー。

だからね!
図書館には、古今東西、多種多様ないろんな本が
並べられてなきゃダメだとおもうのよー!!!!


・・・って、それが言いたかったんかい。



●許諾と著作権

これはー・・・
電子書籍んとこでやりたいな。

っちゅーことで、また今度。


[ 2011/02/16 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

第3回 地方自治法施行令を読む

都議会がはじまるし、
都知事選も具体的に動き出したし、で
ニュースをみてたら
「今回の都議会および都知事選の争点は、『築地』」
と、どこぞの新聞がゆーていた。

え?
いつからそーなったんだ??

腐人の中じゃぁ、
「青少年育成条例改悪の廃案」
これが唯一無二の争点なんだが。


たぶんこれは小泉純一郎氏の郵政選挙からだと思うが、
目先の選挙に勝ちたいならば、
選挙争点を1つに絞り、
これに反対するやつは敵!
という流れをつくるれれば、勝ち、な気がする。


あれもこれもと公約掲げると、
結局、己の首をしめて、次の選挙で大敗するってのは、
某所をみてりゃ一目瞭然。

長期的計画なんぞ打ちたてて公約したところで、
昨今の状況みてりゃ、空手形になるのはいわずもがな。

民意なんぞ、どこいったな話ばっかだもん。

こんだけ公約反故が続くと、
とりあえずこの選挙は、××についての賛否を問うものでないならば、
投票する気が失せてくる
(投票したところで、民意は反映されないと思ってしまう)。


ホント、こーなると、国会いらねぇんじゃね?と思うぞ。
全案件、国民投票したほうが、
サクサク処理がすすみそうな気がするぞ?

ま、それはいいが。


他の候補が、もし条例について問題にしなければ。

「あの××条例を、断固として廃案にします!
 ワタシはこのために都知事を目指します!
 あの条例を廃案にしなければと思う方は、ワタシに一票を!!」

っつってやる候補が1人でも出たら、
オタク票が、そこに流れるかもよ?


腐人としては、それも含めて眺めたいなぁと思う。

そーいや、この話題も、
知事選はじまったらやったらあかんくなるんだろうか?
一般論ならよし??

いつまでもぐだぐだひっぱってねぇで、
その前に片付けろってことか?

では、サクサクやることにしよう。



「第93条 
 条例制定又は改廃請求者署名簿は、
 都道府県に関する請求にあつては市町村ごとに、
 地方自治法第252条の19第1項の指定都市(以下「指定都市」という。)に関する請求にあつては
 区ごとに、これを作製しなければならない。」



とても重要な話なんだが、疑問もある。

東京都の場合は、23区っちゅーのがある。
ただ、『地方自治法第252条の19第1項の指定都市』に、東京はない。

「都道府県に関する請求にあつては市町村ごと」これが、
「都道府県に関する請求にあつては市町村ごと」
ならわからんでもないんだが、
正しいのは上なんだよなぁ??

『東京は、「市」は分別で集めにゃいけんが、
 「区」はぐっちゃぐっちゃでええ』
のか、どうなのか。

街頭で集める場合、この区をわけろって言われると
東京の場合はとんでもねーことになるけぇ、
ぐちゃぐちゃでええよ、ったら助かるけどねぇ。

でも、これまでの
「選管の業務を楽にするべーという意図丸出し」
なところからすると、
そんなわけねぇ気がするー。

ここは、もうちょっと調べねばならんなぁ。
が、施行令の解説書ってねぇんだよなぁ・・・(~_~)。


で、次の項なんだが・・・
はっきりいって、単体でみてるとわけわからんので
一固まりとなる94条の第1項までまとめさせてもらう。


「第93条の2
 都道府県又は指定都市に関する請求につき
 当該請求に係る区域の一部について
 第92条第4項ただし書の規定の適用がある場合には、
 条例制定又は改廃請求代表者は、
 条例制定又は改廃請求者署名簿が作製される区域ごとに
 同項の規定を適用したとしたならば
 当該区域における同項に規定する期間が満了することとなる日の翌日から、
 それぞれ、
 都道府県にあつては10日
 指定都市にあつては5日を経過する日までに、
 当該区域に係る条例制定又は改廃請求者署名簿を
 市町村の選挙管理委員会に仮提出しなければならない。

 ただし、当該仮提出をすべき期間内に
 次条第1項の規定による提出をするときは、この限りでない。」


「2 
 前項の規定により仮提出された
 条例制定又は改廃請求者署名簿については、
 条例制定又は改廃請求代表者が
 次条第1項に規定する日までに
 同項の規定による提出をする旨を申し出たときは、
 その申出があつたことをもつて
 同項の規定による提出があつたものとみなす。」



「第94条
 条例制定又は改廃請求者署名簿に署名し印を押した者の数が
 地方自治法第74条第5項の規定により告示された
 選挙権を有する者の総数の50分の1以上の数となつたときは、
 条例制定又は改廃請求代表者は、
 第92条第4項の規定による期間満了の日
 (同項ただし書の規定が適用される場合には、
  当該請求に係る区域の全部について
  同項に規定する期間が満了する日をいう。)
 の翌日から
 都道府県に関する請求にあつては10日以内、
 市町村に関する請求にあつては5日以内に、
 条例制定又は改廃請求者署名簿
 (署名簿が2冊以上に分れているときは、
  これらを一括したもの)
 を市町村の選挙管理委員会に提出しなければならない。」


・・・なんかずーっとずーっとずーっとおなじことゆーてる気がする・・・。
要は、一部だけが時期ズレ起こしたら提出締切りをどーすっか
っちゅー話やと思うんやが・・・
もぉ・・・どおでもええが!!

署名集める時に、
基本、選挙とか、そういうのにひっかからん時期を選び、
62日間署名集めて、その後10日以内に各選管に出す!
こんでええ!!


「2
 市町村の選挙管理委員会は、
 前項の規定による提出を受けた場合において、
 審査の結果
 条例制定又は改廃請求者署名簿の署名の有効無効を決定するときは、
 印をもつてその旨を証明しなければならない。

 この場合において同一人に係る2以上の有効署名及び印があるときは、
 その一を有効と決定しなければならない。」


前半の選管業務については無視ムシ。

後半については、もし重複してたら、
1つはカウントしちゃるってことね。

これ、できるだけないようにしたいよなぁ・・・。


「3 
 市町村の選挙管理委員会は、
 署名審査録を作製し、
 署名の効力の決定に関し、
 関係人の出頭及び証言を求めた次第 並びに
 無効と決定した署名についての決定の次第 
 その他必要な事項をこれに記載し、
 条例制定又は改廃請求者署名簿の
 署名の効力の確定するまでの間、
 これを保存しなければならない。」


あーこれも選管の話やから、ゴミってよし!
次、次!

「4
 市町村の選挙管理委員会は、
 条例制定又は改廃請求者署名簿の仮提出 又は
 提出が前条第1項の規定による期間 又は
 第1項の規定による期間を経過してなされたものであるときは、
 これを却下しなければならない。」


要は集めた期間終了後10日以内提出を守らんかったら
無効にすんでっちゅーことか。

何事も、締切りは、守らんといかんもんなーはははははー。

・・・自分でゆーてて痛すぎる・・・(;_;)


ま、締切り厳守はさておき、署名簿をどないやるかやねぇ。

・・・これはあかんのか?という素案はあんねけど、
ええとも悪いともでてきぃひんのよねぇ・・・。

法ってこーゆーの多くてさー、
要は法が想定してるのと違うやり方やったら、
あれあかんやろーっちゅーて裁判になり、
判例で、「これはあかん」「あれはギリOK」とかがでるんよね・・・。

なんで、一番の親になる法だけみたら
誰でもできる状況になってへんねん!

法が想定してへんかったことをやられたら、
法がザルで、考えたヤツが××でしたーって、
そのまま永久に恥さらしときゃええやんけ!

地方自治法に始まる、この泥縄っぷり、
なんとかならんのかーっ!!!


ホンマに・・・こんだけぐっちゃぐちゃになってる法とやら。

憲法以下すべて、
一度ドブに捨てたほうがええ気がするよ、腐人は・・・(~_~)。
[ 2011/02/15 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

図書館の話

えー今日はむっちゃテンション低いです・・・。
なので、ちょっとぐだぐだ論。

そーいや、今日は、ばれんたいですなぁ。
去年も書いたが、ばれんたいんといえば、
柴田よしき『聖なる黒夜』!!
あの二人は、どうなるんだかなぁ・・・。

リアルな話としては。
チョコ苦手だし、恋愛はイスカンダルの話だし、
それよっか、本をくれる日があったらいいのになぁ・・・
と思う腐人。

あ、でも自分がいらん本はいらないじょ。
こないだ、
「これ、オススメだから!」
っつって、
『すぴりちゅある』がらみの『ぽじてぃぶしんきんぐ論』
みたいな本をもろうたが・・・
腐人の二大アレルギー源を寄越すんじゃねぇっ!!!

欲しい本を、
ただで、
山ほどもらえる日
ってねぇかなぁ←ねぇよっ!


本をもらうといえば
腐人の場合、図書館のリサイクル本をよく頂戴する。

が、先日、トルストイ全集が放出されてて、
「民話と少年むけ物語」の巻が欲しいなぁと思ってパラ見したら、
借りた誰かが、書き込みをしていて、
一気にもらう気が失せた・・・(-_-;)。

そう!
腐人は常々、図書館に言いたいことがあるのだ!!

ひとーつ!
利用者はーっ!
公共の本を、破るな!折るな!書き込むなーっ!!
次に借りる人の身になれっ!!!

ふたーつ!
利用者はーっ!!
返却期限を厳守しろーっ!!
特に、腐人の前に借りてる奴!

みーっつ!
図書館はーっ!
返却期限守らねぇやつには、本、貸すなー!!
ってか、
1回やったら、予約枠を1冊減らすとか!
貸出冊数を減らすとか!!
延滞分、利用者カードの使用を停止するとか!!!
制裁をくわえたまへ。

よーっつ!
図書館はーっ!!
シリーズは1巻から全部そろえろー!!
2巻ぬけ、とか!
4巻からしかない、とか!!
貸す気ないとしか思えんのじゃーっ!!!

いつーつ!
図書館はーっ!!!
シリーズは、同じ館に所蔵しろー!!
1巻はA館、2巻はB館・・・とバラけて所蔵すんのは、
借りる気が萎えるからやめろーっ!!



あ、すっとした。
いやホント、これ言いたくて言いたくて。

自慢じゃないが、腐人は延滞しないぞ!
  ↑
そのかわりひどい無茶ぶり発揮すっから、
図書館としては一番ヤな客じゃん



でも、本当に最近、
利用者の本の扱いがひどい。

こないだ借りた池上彰さんの本なんか
「・・・ここまで書きこむなら、買えよ!!」
と言いたくなったもん。

せめて、コピーとって書き込めばいいのに、
あれ、なんなんでしょうねぇ?


ラノベとかの挿絵が重視されるものでは、
挿絵のページをざっくり切り取られてるのに遭遇したこともある。

ページが挿絵単体でできてるならまだしも、
裏には文章のってんだよ!!
思わず、殺意がわいたね


4つ目と5つ目に関しては、
そうじゃない図書館もあるけど、こういう図書館もある。

借り手としては、ホント疑問でさー。
貸す気がないとしか思えないんだけどなぁ・・・?

まぁ、こないだの腐人のレンタルマンガのケースのように、
抜け落ち巻だけ買って読めってことなんかもしれんが、
それって、よっぽどじゃないとやらんぞ?

腐人だって、あれが『ヒストリエ』だからこそやったんであって、
そうじゃなかったら、初めから借りないもん。

図書館でおもろいもんないかな~?レベルだと、
棚に揃ってない段階で、もう最初から借りないと思うー。


腐人が思うに、図書館って、

●調べものをするところ
●保存・保持をするところ
●読書をひろめるところ


この3つの性質を同時にもってないといかんと思うンだが、
全部を同じだけ成り立たせるのは、むずかしいやね。

広く貸せば、紛失や汚損が発生しやすくなって、
保存保持に問題が生じるし。

調べるに重点をおいて本をそろえたら、
軽い読み物が減って、子供なんかがこなくなる。

だから図書館の立地なんかで、
その性質をわけてるみたいなんだが、
やはりどこか帯びに短したすきに長し。

ま、腐人みたいな特殊な中毒患者は、
国会図書館にこもってろってことなんかもしんない。

ああ早く年金生活んなって、
国会図書館いって所蔵マンガとBL読みつくす日々を送りたい・・・。

なんてささやかな夢←なんか違う・・・
[ 2011/02/14 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

『薔薇色の人生』しーでぃー!!

カテゴリーに悩む。
「腹黒」は正しいが、「読書」は正しくない。

ま、いっかー。

木原音瀬『薔薇色の人生』は、腐人が大好きな作品で
いつも読むと号泣しちゃうんですけど、
いやぁ・・・BLCD聞いて泣いたの、初めてかもしれん(;_;)。


出所の日、
モモの誕生日、
お兄ちゃんの話、
そして最後の、ロンちゃんのプロポーズ。

もうもう泣き所満載で、
目と鼻が、壊れた蛇口になっちまうぜ・・・ (ToT)。
花粉症のハナタレと混じって、
なにがなにやらズルズルズル・・・←汚っ!


モモの誕生日といえば、
やっぱり、あの台詞はモモの性格表現なのか。
にゃるほどねー。
細かいな、木原さん。


個人的には甚呉がロンちゃんいちびってる場面が好きなんで
そこがないのは残念じゃのぅ。

ってか!
甚呉がなんでおらへんねんーっ!!
腐人、甚呉とシャチョーが好みなのに!!
うわーん

値段あがってもいいから、
もう1枚、「年上の恋人」と「後輩の恋人」
いれて欲しかったなぁ・・・くすん・・・



それにしても、字で読むのと音で聞くのとでは
やっぱり違うもんがありますねぇ。
字で読むのは、ある種、テレビの中みたいな距離があるけど、
音だと、厚みがでて、舞台みてるのに近いかな?

っても、腐人はシャイなんで←ホントかよ
その手のシーンは字でいいです・・・。

でも、モモのウェットぶりとか、
ロンちゃんのプロポーズなんかは、
音できくと、もう・・・たまりまへんな。

「ああっもう!!モモもってけロン!
 腐人がゆるーす!!」

って感じ。

ああ、もしあの病院の関係者だったら!
ぜってぇ耳ダンボで覗き見してたわぁ。←ヤメロ



そーいや、ブックレットもちゃんとゲットしましたぜ、
『後輩の弟』。

いやぁ・・・眞迩ちゃん、いいねぇ。
このロンちゃんとのビミョーな感じも、
男兄弟って実はこんなだよなぁ・・・うんうん。

それにしても眞迩、
あんた就職先をケーシチョーにして、甚呉とペア組まん?
結構、いい相棒になりそうなんだけどな。


そーいや携帯サイトで見られる番外編もあるんだよなぁ。
そっちはなんだろ?
『後輩の父』とかだったりしないのかしらん?

読みたいが、
アナログ腐人には、これ、ハードル高いんだよ・・・(-_-;)
はぁ・・・。
[ 2011/02/13 ] 熱く語るぜ!腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

うわー・・・オソロシイ・・・

オソロシイと思ったあれこれを。


●雪
昨日、雪の中ダーリンを走らせていて
気づいたことがある。

バイクと車は違う

腐人のダーリンには、屋根がついているし、
足が3つある。

昔々、何台か前のダーリンは足が2つしかなく、
家まであともうちょっと
という角で、車体倒してカーブしたら、
そのまま見事なスライディングを披露する羽目になったことがある。

たまたま、その角んとこに、雪なのにお散歩にきていた
ワンコと飼い主がいたんだが、
シャーッっと、路上を5メートルほどスライディングする
腐人の姿に見惚れていた。←違うだろ

服はべしょべしょ、雪でも打ち身ができるという事実を
身をもって経験した腐人は、
「雪の日はバイクに乗るべからず」
という決意を胸に秘めていたんだが、
前回と違い、今回は3つ足だし、屋根あるし、
これで雪でもへいちゃらさーと思っていたんだが。

ちっともへいちゃらではなかったんであーる。

車の場合、車内に暖房がかかるんで、内側からの発熱があり、
また、フロントガラスの曇り止め暖房もあり、
ガラスに雪がドカドカ降りつけても、自然と溶けるのだ。

しかし、バイクは違う。

前はあっても横はない、吹きさらし状態なので、
フロントガラスのあっちもこっちも同じ気温。

そう、吹きつけた雪は、
そのままフロントガラスにどっかどっかと積もるのじゃー!

ワイパーくんが頑張ってせっせこ雪かきしてくれたけど、
視界はどんどん狭まり、
こりゃ15インチ画面ぐれーか?
程度しか見えない状況に。

足元もどんどん危うさを増し、
これ以上の危険を回避すべく、
おうちに帰って、こたつで丸くなりました。

雪、おそるべし・・・。


●本屋の行く末

ま、そんなこんなで、
パソもないし、おでかけもできんし、
っちゅーことで、
大人しくお家で読書三昧だったわけですが、
今日、パソのある巣にやってきて、ニュースをザッピングしてたら
うわぁ・・・なニュースをみつけてしまった。

『米書店チェーン2位のボーダーズ・グループが、
 週明けにも連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を
 申請する見通しであることが明らかになった。

 同社は電子書籍の普及やインターネット専業書店に押されて
 販売が低迷し、資金繰りが悪化していた。

 ボーダーズは米国に約670店を抱える。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、
 うち200店前後を閉鎖する方向で調整しているもよう。』


・・・これ、全然他人事じゃない話だよなぁ・・・。

まぁ、アメリカの本事情と
(高いんですよ、日本より。売れてるジャンルも全然違う)
日本の本事情は、全然違うっちゃ違うが、
安穏とはしとられんよねぇ・・・。


●行政と民意

大分の佐伯市の話。
正直、腐人は詳しくは知りません。

ニュースで報道された範囲しかしらんが、
なんかちょっと「え?」と思ったもんで。

概略を説明すると、
佐伯市っちゅーところで、
『中心市街地活性化基本計画』ってのが
持ち上がったらしい。

商業施設や公共施設が入るビル建設の大手前再開発(51億円)、
歴史資料館建設(13億円)などを市が計画したそうなのね。

しかし、
『「ハコモノ事業は活性化につながらず、
  民意に沿っていない」んじゃねぇか?』
という人がいて、
「ホンマに民意に沿ってるのか、住民投票やっとくれ」と、
規定数の署名をあつめて
「市中心市街地活性化事業の推進の賛否を問う住民投票条例」の制定を求めて
直接請求したらしいのだ。

ところが、これが議会に出されたところ、
反対20、賛成7という結果で、
「住民投票なんざいらん」
という結論になった・・・んだそう。


えええええー?それっておかしくない?

市民の1/50が、
「行政がやろうとしてることは民意とちゃうと思う!
 ちゃんと確認して!」
っつって求めたのに、議会で却下ってなにそれ。

東京都条例改正廃案の直接請求をやりたい腐人としては、
これはちょっと見過ごせない。

そういう請求があったら、議会にかける
、じゃなくて、
ほな住民投票しましょ、にならんとあかんのちゃうの?

そもそも
「議員たちが民意を無視してんのちゃう?」っちゅー行為をやらかすから、
「ちょっと待って!」って、直接請求するわけでしょ?
なのに、なんでそれをまた議員に戻すねん!!
否決されんの、あったりまえやん!

議員があかんことしたときに、
民衆が止める仕組みを考えんといかんのちゃうの!!
この仕組み考えた奴は、××か?
と、地方自治法読んでても思うのよー!!


腐人の感覚では「これはおかしい」としか思えないんだけど、
腐人の感覚がおかしいのか~(~_~)?


ま、それはともかく。

予言しちゃるが、こんなハコモノ、絶対失敗するぞ。

夕張然り、私のしごと館然り。
その後の維持費ばかりがかさんで赤字を増やすだけやっちゅーの。

なんで前例から学ばないんだ???


腐人もこの前例を参考に、東京都の件をよく考えることにしよう。




[ 2011/02/12 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

きょうもぱそなし

よってもくろくのみ

「はいとくしゃ きるぞーん」
「ぶるぶら きょむへん じょー」
「いきのこるめでぃあ しぬめでぃあ」これはたいとるがあやしいちがうかも
[ 2011/02/11 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

こんなんみつけた

『黒い都知事 石原慎太郎』

宝島社から出た本なんだが、ひょほほほほ、読んでみたい。

ってかさー、
腐人の記憶するところ、
あのおっさん、ろくでもねぇことしかしてねぇと思うんだけど?

新銀行東京やオリンピック誘致で、
税金じゃぶじゃぶ使って、赤字積み上げて。

民主主義の破壊、現代の焚書坑儒としかいえない
東京都青少年育成条例の改悪案をごり押しし。

政治に興味がなく、政治無知を自覚する腐人ですら
知ってるこの悪行の数々。

そーいや、公費つかって豪遊旅行やらかしたとかゆー話もなかったっけ?

この×××××××××××××と思うんですけどねぇ。

あ、これ以上書いたらヤバそうなんで
やめとこー。

ああ、デス・ノート、落ちてないかなぁ・・・。
[ 2011/02/10 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

第2回 地方自治法施行令を読む

電子書籍セミナーに行き、
しっかりきくぞ!と前の方に陣取ったはいいが、
居眠りこいた腐人です・・・。

だって、時間が、昼飯の後だったんだもん!!
それに、一瞬だもん!!
  ↑
ガクッと頭が振れて、すぐ目が覚めただけじゃん。


ま、それはともかく。

人から教わるというのは、
本を読むとはまた違う理解があるもんですねぇ。

また電子書籍の話の折に組み込んでいきたいと思いマス。
忘れてなければ。


そーいや、その道すがら、
ちょうどちびっ子たちのお散歩とぶつかりましてな。

先生:「はーい、次の信号で渡るからねー
    皆、前につめてー。
    青になったら、先生におしえてねー」


っつった途端、青になったんですわ。
したら、

「あおー」「あおー」「あおー」
という可愛らしいアナウンスが
そこかしこからあがってくるじゃぁねぇですか。

ううううう・・・なんて素直なんだ、君達。
むっちゃ心が和みました。

で、和みついでに寝ちゃったんだよね・・・はははははー。


気を取りなおして。
放置しっぱなしだった「地方自治法施行令を読む」。

東京都条例改正廃案を達成するために、
今日も、頑張りマショー!
タルい話だが、寝ちゃダメよ(^_^メ)?


「第92条
 条例制定又は改廃請求代表者は、
 条例制定又は改廃請求者署名簿に条例制定若しくは改廃請求書又はその写し 及び
 条例制定若しくは改廃請求代表者証明書又はその写しを付して
 地方自治法第74条第5項の規定により選挙権を有する者(以下選挙権を有する者という。)に対し、
 署名(盲人が公職選挙法施行令(昭和25年政令第89号)別表第1に定める点字で
 自己の氏名を記載することを含む。以下同じ。)をし
 印を押すことを求めなければならない。」



・・・つくづく思うが、なんでこんな変な日本語使うんだろうねぇ。
理解してほしくないとしか思えねぇ。

要するに、
署名あつめるときは、
●役所に出した請求書(どの条例をどうしたいか)と
●役所が受け付けた請求人である証明書
これを添付して集めるよーに

ってことだけじゃん。

腐人は常々、
「『勉強ができる』は、必ずしも『頭がいい』わけではない」
と思ってんだが、その証明じゃねぇか?

勉強ができて、頭もいい人知ってるけど、
その人の文章って、ものごっついわかりやすいぞ?
池上彰さんなんかも、本当にそうだし。

マジ、見習ってくれ、と言いたいわ。


「2 
 条例制定又は改廃請求代表者は、
 選挙権を有する者に委任して、
 その者の属する市町村の選挙権を有する者について
 前項の規定により署名し印をおすことを求めることができる。

 この場合においては、委任を受けた者は、
 条例制定若しくは改廃請求書又はその写 及び
 条例制定若しくは改廃請求代表者証明書又はその写 並びに
 署名し印をおすことを求めるための条例制定又は改廃請求代表者の委任状を附した
 条例制定又は改廃請求者署名簿を用いなければならない。」



後からでてくるポイントなんだが、
署名って、市区町村別に集めなきゃならんとなっとるのね。
ここはよく考える必要がある。

が、今はそこの話じゃない。
まず、前半の話すんねー。

まとめるとこういうことかと。

役所
 ↕ 直接やりとりをする
請求者(複数OK、ただし代表定めること)
 ↕ 署名集めを委託する
受任者(有権者であること)
 ↕ 署名を依頼する
署名する有権者ただし、受任者と同じ市区町村に住んでる人限定


この赤字が面倒くさい。

どゆことかというと、
例えば、職場でマンガ好きの同僚Aがいて、
「今、あの××条例を廃案にする署名集めてんだけどさー」
と言ったとする。

それを聞いたマンガ好きの同僚Bが、
「へー、オレ東京都民だから、オレもやるよ。
 どこに書けばいい?」
となった時、
同僚Aと同僚Bが、同じ市区町村に住んでりゃいいが、
そうじゃなかったらあかん
っちゅーことでしょう。

たぶんこれは上に書いた
市区町村別に集めろっちゅー条項がひっかかってんだろな
ってか!

昔はともかく、今はこれってただ単に、
出された署名簿を選管がチェックすんの楽なように
ってなだけだろが!
×××××!!

・・・・・・この話題やると、相変らず血管切れそうになるわ・・・。

読んだ解説本に
「議員も民が選んだもの、長も民が選んだもの、
 よって、彼らが決めた条例とは、民意を反映しているものであるから、
 そう簡単にひっくりかえしてええもんちゃう」
みたいなことが書いてあったが、××かと思う。

こないだゆーたが、
民の大意と、議員や長の考えてることが、
常に100%同じなんてこたぁねぇの!!

在職中100ほど決まった案件のうち、
選挙の時に問題になった1は賛同でも、
その後にでてきた残り99は反対
ってことだってあるって・・・・・・わかんねぇのかねぇ?

こういう制度を考えた人って、勉強できても、頭悪い人なのか?
たぶん机上でしかものごと考えないんだろうねぇ。
その前に、ニンゲン勉強しなはれや。


っつって罵ってても進まんので、後半にいくべ。

こりゃ簡単だな。
署名集めてと頼まれた人(受任者)が、署名集めるとき、
第1項で書いてあるやつに、委任状を付け加えた署名簿で集めないかん
っちゅーことね。

はいはい、次いこか。

「3 
 条例制定又は改廃請求代表者は、
 前項の規定により署名し印をおすことを求めるための委任をしたときは、
 直ちに受任者の氏名及び委任の年月日を文書をもつて
 当該普通地方公共団体の長 及び
 受任者の属する市町村の選挙管理委員会に届け出なければならない。」


誰かに署名集めの委任をしたら、
役所の長と、頼んだ人の住んでる選管に、書類だせ
っちゅーことね。

ここのポイントは、「直ちに」。

腐人は、仕事で
「直ちに書類だせー!」とよくわめくが、
結果は、ふっ・・・・・・・・・。

そう、そういうことだ。


「4 
 第1項及び第2項の署名及び印は、
 前条第2項の規定による告示があつた日から
 都道府県にあつては2箇月以内
 市町村にあつては1箇月以内でなければ
 これを求めることができない。

 ただし、地方自治法第74条第6項の規定により
 署名を求めることができないこととなつた区域においては、
 その期間は、これらの規定により署名を求めることができないこととなつた期間を除き、
 前条第2項の規定による告示があつた日から都道府県にあつては62日以内、
 市町村にあつては31日以内とする。」


ん?
なんだ、選挙と期間が被ってもいいんじゃん。
その間はやったあかんで、っちゅーだけで。

・・・でも、やめといたほうがいいだろなー。
誰かが間違って、ダメな期間の日付書いちゃったら、
それだけでそこアウトになるもん。

ダラダラ間延びするよか、
ガーッと話題にして、集中して集めたほうが集りがいいはずだし。

※前もいいましたが、ここは、
東京都の青少年育成条例改正を廃案にすることだけしか
考えてないので、
自分とこのあの条例をナントカしたい場合は
ご自分の条件にあてはめてお考えくださいませね。


「5 
 地方自治法第74条第6項に規定する政令で定める期間は、
 次の各号に掲げる選挙の区分に応じ、
 当該各号に定める日から当該選挙の期日までの間とする。

 1.任期満了による選挙 
   任期満了の日前60日に当たる日


 2.衆議院の解散による選挙 
   解散の日の翌日

 3.衆議院議員又は参議院議員の公職選挙法
  (昭和25年法律第100号)第33条の2第2項に規定する
   統一対象再選挙又は補欠選挙 
    当該選挙に係る選挙を行うべき事由が生じた旨の
    告示があつた日の翌日 又は
    当該選挙を行うべき期日
    (同条第3項の規定によるものについては、
     参議院議員の任期満了の日)
    前60日に当たる日のいずれか遅い日
 
 4.都道府県の設置による都道府県の議会の議員の一般選挙 又は 長の選挙 
   地方自治法第6条の2の規定により都道府県が設置された日

 5.都道府県の議会の議員の増員選挙 
   地方自治法第90条第5項の規定による
   議員の定数の増加に係る同条第1項の条例の施行の日

 6.市町村の設置による市町村の議会の議員の一般選挙又は長の選挙 
   地方自治法第7条の規定により市町村が設置された日

 7.市町村の議会の議員の増員選挙 
   地方自治法第91条第4項の規定による条例の施行の日
   (市町村の合併の特例に関する法律(平成16年法律第59号)
    第8条第2項の規定の適用がある場合には、
    同法第2条第1項に規定する市町村の合併の日)

 8.前各号に掲げる選挙以外の選挙 
    当該選挙に係る選挙を行うべき事由が生じた旨の告示があつた日の翌日」


あー長ったらしー。
要は、東京都は4月に知事選があるから、
その前60日間は署名集めがでけまへんってこと。

あー早く×××くれんかねぇ。


「6 
 前項第3号又は第8号に規定する選挙を
 行うべき事由が生じた旨の告示があつた日とは、
 当該選挙に関し、
 公職選挙法第199条の5第4項第4号から第6号までに規定する告示があつた日をいう。」


これは関係ないから無視ムシむし。
お、92条は以上かい。

やっとこ、ちょっとポイントとすべきところがでてきましたな。
それを踏まえつつ、いろいろ考えましょ。
効率のええ方法を。

えー次回がいつかは、いつものことながら、
「かみのみそしる」ざんす。

ごめんねー(^_^;)。
[ 2011/02/09 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

2.5)素人だけど、1人でできるかな?電子書籍

昨日の流れだと、あたかも今日は
『第2回 地方自治法施行令を読む』に
なりそーなんだけど、
ふふふふふ・・・
腐人の都合が最優先されるのが、このブログー。

ってことで、楽しみにされてた方はいらっしゃらないと思うが、
一応あやまっとこー。
ごめーん←軽っ

朝はそれやるつもりだったんだけど、
昼間にトラブル勃発で、ゆっくり施行令を読んでる暇がなくなった。

ついでに、図書館で借りてる電子出版関係本が、
ケツに火がつき大火事だ状態で、
イヤでも読まねばならぬのだ。

ってことで、今日は簡単な話、
DRM(Digital Rights Management/デジタル著作権管理)について。

腐人の頭は、既存の「紙」のビジネスモデルが、
どでん!と真ん中に居座っている。

なので、感覚としても、
『著作権』とはがっちり守られねばならぬもの、
と思っている。

だって、この権利が揺らいだら、
クリエーターが安心して作品生み出してらんないじゃん。

命削って作品作ったって、
それを誰かに見せた途端、すぐコピーされるなら、
やる気起こらんだろうし。

音楽においては、作曲家や作詞家や演奏家が、
ゲームにおいては、開発が、
出版においては、著者が、
誰よりも何よりも尊ばれ、優遇されるべし!
っつーのが、腐人の感覚ではあるのだ。

でもこれ、例えば一般商品で考えると、

とある商品を開発しました
  ↓
バカうれしました
  ↓
真似っ子がでました

これって、ないわけじゃないよね?
っつか、とってもよくある話。

本の再販制度って、
一般商品では考えられないぐらいものすごく特殊なものなんだけど、
それはその根底に
「本を売るとは、文化を売ることだ」
っつー考えがあるからときいたことがある。

そりゃわからんでもないけどさ。
今、この時代に、その考えに固執するってことは、
「=自滅する」ってことじゃないのか?
武士は食わねど高楊枝?

今、出版は、
著作権という確固たる権利に守られていない一般流通品と同じ状態にしても
成り立つモデルを考えなきゃならんのかもしんないと
腐人は思うンだけどねぇ。

ま、それはいいや。
DRMの話。


DRMの話をするとき、
いろいろ本を読んでると、どうも例として音楽がでてくるんだけど、
腐人が音楽に疎いせいか、いまいちピンとこない。

むしろ、1コンテンツができあがるまでの関係者数の多さや
ハードとソフトという観点からすると、
どっちかっつーとゲーム業界を先例にしたほーのがええんではないか?
とは腐人だけの感覚だろうか?

ま、それはどーでもええが、腐人のそんな感覚は、
こないだ
『電子書籍 制作ガイドブック』にあった
「電子書籍と不正コピーの実態、その考察」
っちゅーコラムに、ガツンと粉砕された。

ここにね、こうあるのよ。

『「電子書籍のせいで違法コピーが蔓延するか」
 という問題立てはナンセンス』

『「違法コピーの土壌の中で、いかに電子書籍が参入するか」
 といったほうが実態に近い』

『電子書籍においてDRMをかける/かけないという選択肢は、
 ことPCやiPadなどの多機能デバイスにとっては有名無実』

『紙書籍を平行出版する限り
 違法コンテンツの発生は原理的に防げない』


いやぁ・・・目からウロコがボロボロ落ちた。

確かにそうなのだ。

「自炊」という手法がもう確立されている分、
紙書籍を平行出版すりゃー
いくらでもコピー可能な電子データが生み出せる。


それはすなわち、
腐人が1人で何かを、ただ出すだけならば、
ワードで文章つくって、それをPDFにして
ファイル共有でUPすりゃいいだけ。

もうちょっと進めて金をとりたいなら、
そのデータを、PDF入稿を受け付けてくれ、
かつ、
個人をも受け入れている電子書店で売ってーと頼みゃー
それでおしまいな話なのだ。

たぶん。
※今よみかけの
『よくわかる電子書籍の作り方、売り方』
っちゅー本は、個人で出版しまショーっつー内容で・・・
ざっとみたところ、もっと自力でやれる(=自分の取り分が増える)ことがあるようだ。
最初にコレ読めばよかった・・・orz


ま、腐人の愚痴はさておき。


「電子出版」をビジネスとして、
関係者の腹が空かないように、
その家族を養えるように、
また、老後の心配もないようにするためには
やっぱり、
「どうすれば電子出版で利益を出せるか」
を考えねばならんってことだろねぇ。


そうなると、やっぱし
「人は、本(情報)を、紙で読むのではなく電子端末で読む」
が普及せにゃならんくて・・・
それが一気に実現する方法は・・・ないこたないな。


そう、一番単純な方法としては。

出版社が紙の本だすの、やめたらいい。
出すのを電子だけにしたらいいのだ。


一気にするのが怖いなら、
村上春樹 『IQ84』の4巻目とか、
尾田栄一郎 『ONE PIECE』今日以降の新作発表とかの
多数の読者が食いつくブツを
電子端末ONLYで販売すりゃいい。


それしかなければ、それを買う。

それが心理であり、真理である。

ふーむ・・・
自分でゆーといてなんだが、
ちまちま小さい視野であーでもないこーでもないっつってやるよか、
そんくらいかっとばして考えたほーがええかもしれんぞ、この問題。


とね、昨日、
『図書館とメディアの本 ず・ぼん 16』
をパラ見しながら思った。
※ちなみにこれはカウントできるほど読んでないので、カウント外。

この本は、図書館の視点の本なんで、
正直、借り手でしかない腐人には、その内容のほとんどが、
「あーそーふーん・・・ポリポリポリ・・・」
ってなもんだったんだが、
なんかやっぱり考え方のベースが、今の「紙の本」なんだよねぇ。

どこかに書いてあったが、この電子出版、
全くのゼロベース、まっさらなビジネスとして
考えるべきなのかもしれない・・・。

って、今頃気づいとんのかーっ!!!
遅すぎじゃ、腐人!!


[ 2011/02/08 ] 電子書籍&読書録 | TB(-) | CM(-)

都条例の違憲審査請求の訴状を出されたそうで

個人の方で、やられた方がいらっしゃったよーです。
ツイッターでそのよーな旨を発表されていたのを
トゥギャッターで発見。

http://togetter.com/li/96296


すばらしい
ただ、違憲訴訟って非常に難しい案件なので、
まだこれからだとは思いますが、
(腐人は通常訴訟でしたが、
 出した後、書きなおせと呼び出しくらった・・・)
具体的に行動したという点で、本当に感謝したい。
ありがとうございます。

今回は相手方、東京都?
そしたら、相手方の不受理はなかろうが、
裁判って、相手が訴状を受け取らなかったら、
最初の一歩にすらならんからねぇ。


もし、却下と言われても、
では何がどうだからダメなのか、
どうしたら訴状を受け付けてくれるのか、
また下級審のその判断自体がどうなのかを上級審に問うだとか、
一回フラれたぐらいでくじけることなく頑張りましょ!

でも、訴訟費用の問題があるのか・・・。


前も書いたが、
公務員の政治活動について「堀越事件」ってのがあって、
これも違憲審判なんだけど、
一審の後、1年かかって二審の結果がでて、
さらに今なお係争中じゃなかったかな?

そんぐらい長くかかる話なんだよねぇ・・・。

弁護士さんを雇われているのか、
ご本人が有資格者なのかどうかわかりませんが、
費用が厳しいようならば、募金集めてもよいのでは?


なにはともあれ、ちょっと前進。
ホントすごいと思います。
腐人なんかネットでブーブーぶーたれてるだけだもんなぁ。

でも、できれば、訴訟したならそれでいいじゃんとせずに、
都議会が全く無視しやがった、反対意見の実数をみせつけてやるためにも、
この裁判の応援のためにも、
本当に東京都民はあの条例改正をよしとしてるのか、
署名の数でみせつけたいところはありますね。

それから、都職員の暴走を正すのも。
こんなん放置しとったら、第2第3がいくらでものさばってくるぞ。

しつけって、最初が肝心。
最初を見逃しちゃいかんのよね。

んで、その最初にガツンとげんこつ食らわせられるかで、
その後が違ってくる。

これは監査請求でいいんだっけ?


ぶっちゃけね、腐人自身、
「白い道しか歩いてません」
なんて口が裂けても言えないが、
白か黒かがあいまいならば
「屁理屈だって理屈は理屈!!」
と横車を押してもよかろうが
(ただしその結果と責任は、自分でかぶること)、
やっぱり初めから「黒」なことは、したらあかんやろ、と思うのよ。
特に、権力に近いところにいる人たちは。

こういう人達って、権力の代行やっとるうちに、
あたかもそれが自分自身の力のよーに思って
「自分の正義は、皆の正義。
 だからやってもいいんだよ」

という勘違いを起こしやすい。

はっきり言うが、それはちゃうぞ

近いところにいるからこそ、自律が必要で。
「自分の正義は間違ってるんじゃなかろうか」
と常に自問自答し、自戒せにゃいかんのよ。


この流れなんで、ちと政治の話をさせてもらうが、
そういや、名古屋のトリプル選挙の結果が出ましたね。
この後、市議会が解散し、来月市議会議員選挙があるという。

そこで何を選ぶかは、有権者が一人一人よく考えて決めること、
ではあるが、
ちょっとね、怖いなぁと思わなくもない。

ってのも、日本人は流されやすい。

今、この流れのまま市議会選挙が行われたとしたら、
たぶん市長派が多数を占めそうな気がする。

でも、そうした場合、
もし彼らが、民の意に反することをやろうとしようとした時、
いったい、誰が止めるんだ?

確かに今は、市長のやりたいことと
市民のやって欲しいことが一致してるかもしれない。
でも、それが毎回100%同じになるとは限らんでしょ?
ってか、ならんでしょ?

まー・・・都条例改正みてっと、民の大意がどうあれ、
それを無視して進めるむちゃくちゃな議会もあるっちゃあるが、
基本、それを阻止する議会ってものが
同時に機能しているのが民主主義じゃねぇの?


佐々木譲『カウントダウン』にあったように、
利権ルートが固まり、
住民のためではなく自分たちの懐のために議員が動いてるのが実態ならば、
確かにそんな議会はいらんでしょう。

っつか、今の日本、諸外国からみりゃ、
「なんであんなに指導者がかわってんのに、
 日本では暴動も混乱も起きてないんだ??」

って疑問らしい。

そりゃ簡単な話で。
永田町って、実はいらねーという話。
実際に日本を動かしてるのは、
霞ヶ関であって、永田町じゃないってことだ。

ちょっと話が国政にずれちゃったけど、
そんだけ××な議会でもね、やっぱり意味はあるわけだ。
まぁ、有名無実になっとるかもしれんが・・・。

議員とは、議会とは、何のためにあるのか?
これらはどうあるべきなのか。
民主主義とは何なのか?

そのあたりを、
本当に民の一人一人が考えなきゃならん時期なのかもしれない。


ってもー、腐人はー前からゆーとるが、
民意民意というならば、
全案件、Yes・NOボタンを国民に押してもらえ!
と思ってるぞ。

それこそ本当に正しい民意だろ?

んでもって、
賛成した人は、その利益・損益・義務・責任をすべてかぶり、
反対した人は、代償を払わない限り、そのシステムを利用することすらできない、
そうしてくれと思うぜよ。

「責任をとる」という言葉。
今の日本で一番ヘリウム満載な言葉じゃなかろうか。


まぁ、かく言う腐人も、
今、署名集めができないっちゅー事情もあって、
ついつい施行令読むの後回しにしてもうとったけど、
そろそろ復活しましょかねー。

[ 2011/02/07 ] 図書規制&読書 | TB(-) | CM(-)

ぱそがないので

きょおは、もくろくのみ。
ふじんは、けいたいでぴこぴこやるのがだいきらいだー。

『りょしゅう きるぞーん』
『のだめかんたーびれ 25』
『すなどけい 1から10』

あとはあした。
[ 2011/02/06 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

えー!!海辺のデートは!!

終わってしまった、
和泉桂さんと木原音瀬さんのツイッターリレー小説。

ちょっと待ってーっ!!
このあと若鬼丸の待つ部屋に帰るわけでショー?
そこから、でしょう!!
二人の夢の、海辺のデートもでてきてないしー!!

っつか、君ら、合体したらそれでええんかい。

ぶーぶーぶー・・・
これで(完)なんてーやー!

とはいえ、
本業の小説書くほうが重要ではございますけども。

3月のJ庭とかで、
まとめ+αで本になってたりしませんかね?


さて。
腐人は今日、ぶっ壊れたPCを買い替えに電器屋に行った。

使えなくなって改めて
自分の依存っぷりに気づかされるというかなんというか。
昔はPCなしで仕事してたのが信じられん。

せっかくきたんだから、と
ついでにブックリーダーとiPadを覗いてみた。


まずはリーダー。
思ってた以上に、字は読みやすい。
軽いし、ほへーとは思うけど、一番安いのでも15000円。

本とこっちとどっち買う?
といわれれば、即答で、「本」。
なんか直感的に、違う、と思うンだよな、これ。

これでしか読めない、が出てくれば、
重い腰も動くかもしれんが、そうでなければ買うことはない気がする。

なんでだろう・・・。


続いてiPad。
正直、重かった。
リーダー持った後だから余計にそう思ったのかな?

熊のプーさんをみせてもらったが・・・・・・
正直、これにも魅力は感じない。
長時間読書はしんどそうな気がする。

ただ、これは読書以外の機能に惹かれるものがあるのは事実だ。

ブログ書いたり、ネットみたり程度なら
これで十分。
でも、いわゆる事務仕事をこれでやったら、イライラしそう。
まぁ、元々そういう向きではないわな。


リーダーについては、「これでなければ読めません」がでたら
考えざるをえないかなとは思うが、
それが出て来ない限りは、腐人は本のがいい。

iPadについては、
「電子書籍のために買う」
(電子書籍というより電子雑誌?あれで字はコントラストが強すぎて目が痛い)
ことは、まずないが(これも「これでなければ」が出たらわからんが)、
他の機能のために買って、ついでに使おうか、ならあるかもね。


でもなんか・・・・・・
直感的に、どっちも「読書」が違うものになってる気がする。
エンタメ?

腐人にとって「読書」とは、
知識の吸収だけでなく、
その世界に没頭し、わーきゃー言ってストレスを発散する行為でもある。

なんかな・・・このリーダーにしろ、iPadにしろ、
「知識の吸収」は言えるかもしれんが、
「その世界に没頭する」の点で違う気がするのよ。

そのギャップをどうにかしないと、
こっちの水は甘いぞーといくらゆっても難しい気がする。

まぁ、ここまで活字依存じゃない人なら受け入れやすいのかなぁ?
それか、腐人が慣れてないだけで、慣れたら違うのかねぇ・・・?



そいや、その話を帰宅してから血族にゆーと
「なんか昔、あんたがゆってたとーりになってきたね」
といわれた。

「へ?んなことゆったっけ?」
と、きれいさっぱり忘れていた腐人が言うと、

「言ったとも!忘れられるか!!」
と力強く言われてしまったので、
経緯をきいてみた。


数年前の早朝、腐人は血族と、朝の早い上官に乗って、
地方で行われる法事にむかっとったらしいのだ。

早朝っちゅーこともあって、乗客は少なく、
腐人と血族のナナメ前だかに、
パソコンを持ち込んで仕事をするリーマンが1人
いたぐらいだったそーで。

そこで腐人が、本や新聞の電子化について、
ポイントは携帯性と、読みたいところをパッと開ける利便性だと、
現行と同じぐらいの機能がなければ普及はしない、
みたいなことを、滔々と語ったらしいのだ。

それだけならば、血族もさして覚えてなかったと思うンだが、
元々腐人は声がでかいので、わーわーしゃべってると
ナナメ前にいたリーマンの
パチパチとキーボードを叩くスピードが
どんどん遅くなってったらしい。

眠くて不機嫌だった腐人の話は
そこからどんどんと飛躍っつか、脱線が始まり、
端的にゆーと
口のストッパーがぶっこわれてった
らしいのだ。

「だいたいさー、あのディ●ニーランドってなにさ。
 あんなもん、なにがおもろいんか全然わかんねー。

 なんちゃらかんちゃらとかゆーヘンチクリンな名前つけた乗り物に
 ぎょーさん行列しとーけど、 
 あんなん、そこらの遊園地にある遊具となんもかわらんやん。

 単なるメリーゴーランドにキャラがついとるだけやろ。
 なにをありがたがって乗ってんだか、気がしれん」 


とほざき。

「あんなもんよりも、やったらぜってーおもろいもんがある!!
 それは『ドラえもんランド』よっ!!!」


っつーて、
あの道具はああしたらええ、この道具ならこれや!
と、延々やりだしたらしいのだ。

その頃には、仕事をしてたはずのリーマン君の手は止まり。
耳がダンボになってたそうだ。

その様子に気づいた血族は、
「どうやったらこの口がふさげるか」
ただ、それだけを考えていたらしい。

と、未だに思いだし怒りをされる。


・・・うーん・・・?
あんまし覚えてないわぁ、ごめーん、えへ?←殺されるぞ、いつか


でもま、マジでドラちゃんの道具で遊べる
『ドラえもんランド』があったら、
腐人は年間パスポートを買うことでしょう。

やりません?小学館さん?
[ 2011/02/05 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

2)素人だけど、1人でできるかな?電子書籍

の前に。

あの東京都の青少年健全育成条例改正に対し、
いち早くアニメフェアへの出展拒否を行った
角川書店の井上社長のインタヴュー記事をみつけた。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110131ddm012010048000c.html

今日は電子書籍の話がしたいんで、
これについては改めて(って、その前にPCをなんとかせねばならぬのだ・・・)。




よく、こういう人がいる。

「図書館ってさー、返却期限が切られてるから
 なんか落ち着いて読めなくてイヤなんだよねー」

これって、逆を返せば

「返却期限があるから、
 進んで読みたくない、読まなきゃならない本を読む時は
 図書館で借りたら、イヤでも期限内に読まざるを得なくなる」


だと腐人は思う。

だから、シュミで読みたい本は買い(読まんでええっちゅーても読むからね、これは)、
読まねばならぬ本は、図書館に借りる。
これがええんちゃうかと思うのだ。

ま、必殺!「読まずに返す」っちゅー本末転倒な手段もあるがね。


ま、そゆことでだねぇ、
腐人がいまのんびり追っかけている
条例改廃の直接請求と電子書籍関連の本は、
まさに図書館で借りるべき本であり。

・・・それがなんだか知らないが、一気にきやがって、
それも全部ヒモつき(次の予約が入ってるので延長不可のこと)だもんで、
かなり泣きが入ってる腐人である・・・・・・・・・(;_;)。


とりあえず、全部をパラ見して思ったことは、
1)でも書いたが、今、この業界は混沌としているので、
それぞれの立場から本を書くため、
どれを読むか、よく選ぶ必要がある、ということ。

そして、あっちをちょい読み、こっちをちょい読みっちゅー
つまみ読みはよくないってこと。
ってのも、立場が違うとゆってることが真逆になったりしてね、
頭が混乱すんですわ。
特に今はまだ自分もこう!って確たるもんがないけぇ、余計に。


なので、腐人レベルの素人が、
電子書籍について知りたいなと思った時の本の読み方としては、
初心者にもわかる電子出版業界全体の話の本から入り、
その中で、自分はコレで電子出版する、ってのを見極めて、
コレに関する知識を深めてく・・・べきかと思います。


そうそう。
用語の統一ってんじゃないけどさ、
「電子書籍」というとね、
腐人としては、「電子版の小説もしくは実用書」
だと思うンだわ。

んで、電子出版について勉強すればするほど、
雑誌、小説、マンガ、実用書をいっしょくたに語るのはいかんのではないか?
という気がするのよ。

なので。
ここでは、電子版全体のことを「電子出版」と言わせてもらい、
細かな種別それぞれについては、
無記名なら紙、頭に「電子」がついてたら電子版のこと、
とさせてもらおかな。


では、肝心の話にまいりましょう。

その最初の一歩としていいなと思ったのが、
『電子書籍 制作ガイドブック』の前半「理解編」。
※後半の「制作編」は、1)で紹介したのと同じ専門の話なので、
 腐人は白旗あげました・・・(-_-;)。


サブタイトルが、
「プロフェッショナルのための最新ノウハウのすべて」といい、
全部で7名の著者で書いてあるので、
各自の立場からのいろんな意見が載っているので、業界を俯瞰でみやすい。


でも、その前に、
「自分は何がしたいのか」
これを固める必要はありますわな。

小説を出したいのか、
漫画を出したいのか、
雑誌を出したいのか、
実用書を出したいのか。

紙と違って、電子になると、「何で読むか」というのが一つキーになる。


正直、腐人は、紙でも電子でも、雑誌には興味が全くない。

その理由は2つあって、
1つは、デザインやヴィジュアルについて、
読みやすいかどうかしか問題にしてない性格だから。

もう1つは、1冊の中にいろんなテーマが乱立するのは
どっちかっつーとキライで、まとまってるほうが好きだから。

腐人が本に何を求めるかっちゅーと、
魅力あるストーリー(もしくは情報)なんで、
コマ切れはイラッとすんのよ。


でもまぁ、これは個人差のある話で、
それについてどうこう言いたいわけじゃない。

そじゃなくて、腐人はそういう嗜好なので、
電子雑誌に向いているiPadに魅力を感じない

ということが言いたいんである。

ちょっと話がずれるが、腐人は他にも、
アップルがイヤ!と思うことがある。

それは、
1)アップル検閲の問題
2)コンテンツの形態が、
 不変性の強いデータではなく、
 OSに影響されるアプリケーションになること



仮に、腐人がこの『腐人日記』を編集したものを
出版しようとしたとする。

この中身じゃ、ヴィジュアルを重要視する必要もなければ、
なんらかの仕掛けを楽しめる必要もない。
つまり、iPadの利点が全く生きないってことだ。
むしろ、OSの影響を受けて、不変性が破壊される被害のが大きい。

だから、腐人はアップルの線は、最初から除外して検討する。

※余談ついでになるが、アップルがこの姿勢をやってくならば
 たぶんApp StoreやiBookstoreで、
 不変性を尊ぶ電子小説や電子漫画はいずれ売られなくなると思う。

 これ、瞬間的な販売にはいいが、
 ロングセラーを売るのには、向いていないと思うんだがなぁ・・・。
 ま、いいや。



そやって、こーゆーことを考えてくと・・・
そう、電子出版をしたいなと思った時、
まず1番に考えなきゃならんのは、

●自分は何を出そうとしているの?
 そして、それに一番あったデバイスは何(何で読むという問題)?


ではないかと思うのであーる。


で、『電子書籍 制作ガイドブック』に戻るが、
ここにデバイスを中心にみた図がある。

もし「Kindle」を選ぶならば、
販売チャンネルは、Amazon/電子書店各社/ Googleエディションとなり、
使う通信は、Whisper Net、
コンテンツは、MOBI/AZW/EPUB/PDF/青空文庫のいずれかで用意しなければならない。

なーるほど。
こうなっとるんだな。


それぞれのデバイスの良し悪しを見極め、
自分がやろうとしていることに最適なものはなにか、
それを決めれば、現在においては、
他に関係してくるところが自動的に選択肢が浮いてくる。


どのデバイスを選ぶかだが、特性の他に留意することとして、
これはゲーム業界が参考になりそうな気がするなぁ。

例えば、出そうとしているものが、販売チャンネルが多いほうがよいものならば。

確かカプコンが開発でやってるやつで、
ある程度までは、共通開発を行い、
最後の最後、それぞれのデバイスにあわせて微調整が必要なところだけ
デバイス毎に開発チームを作る、
これで開発費を抑制する・・・その手法がいいんだろう。

って、この辺は腐人が理解どころか、
読むことすら放棄した、
『電子書籍の作り方』(←1)で紹介してます)とか、
この『電子書籍 制作ガイドブック』後半の「制作編」とかを
手掛ける人たちに関係する話だが。


逆に、「デバイス限定」という売り方もある。
この辺は、他の商品でもよくある話。

そやって考えると、ホント、ゲーム業界黎明期と似てるかも。


これでなんとなく、考える順番というのが見えてきた。

自分は何を作るのか
 ↓
それを何で読ませるのか
 ↓          ↓
どこで売るのか  どのフォーマットで作ればいいのか


ここまでわかってきたら、次の問題は、
出すのは個人?それとも法人?

ってのも、現段階では「どこで売る」だが、
「法人しか受け付けてません」
というところもあるからだ。

その条件と、
販売チャンネルとなるところが
どういう入稿フォーマットで受け付けているか、
また、そのDRMはどうなってるか、
ってな話は、次回にすんべ。

考え考えのマジメな話だから、
疲れちゃった・・・(^_^;)

ちなみに次回がいつかは、かみのみそしる。
気が向いたらねー。

 


[ 2011/02/04 ] 電子書籍&読書録 | TB(-) | CM(-)

あきまへん・・・

おかしい。

今日は珍しく朝からいっしょーけんめー働いとるはずやのに、
いっこも片付かん・・・(ーー;)
なんでじゃ!

っちゅーことで、
今日はゆーちょーに雑記も読書録も書いてる暇がない。

とりあえず読書録のカウントのみ。
コメントはまた今度。

●2日
(81)一般本 『ブルー・ブラッド』 須賀しのぶ
(82)BL/Shy 『薔薇の血族』 夜光花
[ 2011/02/03 ] 腹白?日記&読書 | TB(-) | CM(-)

「余命半年」と言われたら

別に言われたわけじゃないんですけどね。

『余命半年』っちゅー本を読んだんですよ。

したら、冒頭で、
「もし「余命半年」と言われたら?」
という仮定の問いかけがあってですねぇ。

しばし考えたんだが、これだな。

「あら、そうですか、そりゃラッキー」

こういうデリケートな話だと、
この答えを不謹慎と思う方もいらっしゃるだろーが、
腐人の本音はこれ。

前も言ったが、腐人は死ぬことは怖くない。
怖いのは、むしろ「老い」

そういう意味でも、忍び寄る「老い」の恐怖にさらされ続けるよりも
期限切られたほうが、ほっとする。

それにさー、ゆっちゃぁなんだが、
あの国が胴元やってるネズミ講、「年金」。
あれなんざ、いつ破綻してもおかしかないからねぇ。

ネズミ講ってのは、ネズミ算式に裾野が広がらないとダメなのに、
まもなく団塊世代が年金もらうようになったら、一気に逆三角。
破綻まで、あと何日・・・って話だよ。

そんな中で、
いつもらえるんだろ、いくらもらえるんだろって、
びくびくしながら生きるなら、
腐人はスパッと死にたいね。


それに。
これもよく言うが、腐人の周囲は突然死が多い。

なので、「突然死の後」がどうなるかをよく知っている。

そーすっと、
リミット切られてるほうが、お別れしたい人にちゃんと言葉を残せるし、
お金にしたって始末にしたって、後の計画立てやすいじゃん、
と思ってしまうんですわ。

そういや、血族に、
「もし突然死したら、借りてる本、ちゃんとそれぞれんとこ返して、
 今、予約してる本はもう読めないから予約バラしてくださいって
 ゆってね?」

とゆったら
「やだよ!」
と即答された・・・。

ま、それはともかく。

いや、ホントにね、身近で「寝ついて死ぬ」というケースが
ほとんどないもんで、
ここで事例としてとりあげられてるような大変さってのが
正直、よくわからない。

ただ、スパゲティ状態で亡くなった知り合いをみて、
どちらかというと腐人の周囲は、
「あれはいや」
と言う傾向が強い。

だからたぶん、腐人の周囲では、
最期まで「治療」を選ぶ人は少ない気がする。


この本読んで思ったのは、
腐人はお医者さんって、レストランでいうシェフであるのがよいと思うのよ。

シェフが作れるメニューをお客(患者)にみせて、選ばせる。

その時のね、
メニューの説明をするディレクトールを
医療現場は作ってかなきゃいかんのじゃないの?
と思うンだ。

別に「説明する人≠シェフ」でいいじゃん。
ここを=にしてっから、医者が大変なわけで。


で、その説明において一番重要なのは、作中にもあった、
「治る病気」なのか、
「治るか治らないかわからない病気」なのか、
「治らない病気」なのか、
それを明確にすること、
そして、その上で、患者がどうしたいのか、
という話だと思うンだよなぁ・・・。

悲惨な事例としてでてきたのみてても、
これらの何が悪いって
「コミュニケーションが全然できてない」
ってこと。

ただそれだけで、無念の死、苦渋の死の連発になってる。

そんな気がしたなぁ・・・。


ちなみに・・・・・・。
これ、本そのものの感想としては、はっきりいって読みにくい。

なんでかっちゅーと、想定してる読者がバラバラだから。

あなたは、いったい、誰に向かって、何をいいたいの?
と言いたくなる。

それをちゃんと想定して書きゃいいのに、
ここでは医療関係者に、
ここでは無知蒙昧な患者に、
ここでは世間に、
っつって、ブレまくってるから、混乱してる。

ところどころで主張も入るし。

テーマは興味深いが、そういうわけで他の本を読みたいとは思わない。
読ませたいなら、ちっと文章修行してくださいな。
ってことで、カウント。

(79)一般本 『余命半年 満ち足りた人生の終わり方』 大津秀一


で、よい機会なので、ちょっとマジメに、
「余命半年」宣言をされたら、を考えると、
恐らくね、腐人は身辺整理をし、資産の全てを換金して、
読もうかどうか悩んでいた本を買って、
スイスの尊厳死施設に予約をいれ、
動けるうちにスイスに移り、順番がきたら施設に行く。

たぶん、そうする。

このスイスの尊厳死施設だが、
新聞に載ってたんだけど、ジュネーブにあるんだそう。

たぶん正式名称は、外国語でなんちゃらかんちゃらゆーんでしょうが、
それは載ってなかったなぁ。

ご興味ある方は、頑張ってお調べください。

残念ながら、誰でもいつでも行けちゃうもんではないそうだが、
今、入所予約希望者がどんどん増えてるんだと。

この記事はイタリアからの配信だったんだが、
イタリアだけで1000人超待ちなんだそうで。
へー。

ちなみに入所がOKな方は、
「不治の病の方」
「審査委員会の審査に通った方」

費用は3500ユーロだそうで、
順番がくると、片道切符でジュネーブに入り。

「同伴者は、後で「自殺ほう助罪」を
 問われる可能性があるそうなので、ご注意を」

と書いてあったが、
末期がん患者に「一人で行って」ってわけにはいかんよなぁ・・・。

ってことで、周りに迷惑かけないように、
腐人は早めにスイス入りをしたいんだが、
ここで問題がある。

腐人は、順番がくるまでの間、
和食が食いたい。
風呂にも浸かりたい。
ついでに
ネット本屋に頼んだBLを空輸で受け取ってくれる宿がいい。

これをかなえてくれる宿を今から探しておくべきか?
・・・・・・蹴りだされそうだな・・・。


まー、そんな腐人のどーでもいい話はさておき。

でまー、そこで尊厳死、となるわけですが、
実際にどんなことするかというと、
吐き気止め飲んだあと、砂糖混じりの致死薬を飲み、
医者に死亡を確認してもらうんだそうで。


こういう話になると、
CBSドキュメント(今は60ミニッツ)をみていた腐人は
ジャック・ケヴォーキアン氏を思いだすのだが。

あ、そーいや60ミニッツで、
1年くらい前、アメリカの週末医療やっとったんだよなー!
くそぅ!みたかったぜ!!
早く地上波もどってくれよぅ・・・(>_<)

あ、話がずれた。
元に戻して・・・尊厳死の話。


最近(?)だと、
イギリスのジャーナリスト、レイ・ゴスリング氏の
エイズになった彼氏を、昔の約束に基づき殺したというのも
ありましたな。

まぁ、20年前ったら、恐らく差別もひどかったんじゃないっけ?
治療拒否とかもあったかと。
あれはもうちょい前か?

でも、今のようなカクテル療法とかはなかったから、
たぶん、ただただ悪化していくのを見てるしかなかったはず。

そういや名前を調べるために、ネットにいれると、
腐人が知ってた話よりさらに詳細があって、読んでると、
「パートナーというよりちょっとした浮気相手」って…(ーー;)

腐人はテレビ放映の話だけしか知らなかったので、
てっきり、時代が時代ならシビル婚するぐらいの「パートナー」だと
思いこんでました…(その発言はラジオ)。

ま、その辺は、いろいろあるんだろう。
それは、別にかまわんと思う、腐人は。

だって繋がりが愛や恋や遺伝子や紙切れじゃなくても、
1人の人間として生死を託しあえることあると思うんで。

でも、どちらのケースも司法で問題化した。



他にもイギリスでは、
死ぬ権利を認めろという訴訟や、
病気の妻が、この施設に行きたくて、
夫に付き添いを頼みたいが、どこまでなら「自殺幇助」にならないか
判断を出してくれ、という訴訟
があるそうだ。

…すごいな、イギリス…。

ってか、これ読んで思ったんだが、
「どこまでが『刑罰の対象』で、どこからが『刑罰の対象でない』か、
 どこまでは『不当に賛美』で、どこからが『不当に賛美ではない』か、
 判断を出してくれ」

と訴訟をおこしたら
どんな判決がでるのかね?

ちなみに、イギリスの訴訟は、
下級審では、法廷がきめるこっちゃねぇと却下したらしいが、
上級審が、判断だせ!って戻したんだって。

こういうところを見習って欲しいんですけどね、
日本の政治も裁判所も。

腐人としては、ついでに
「公然」の範囲とか、
「ブンガク」の範囲も定義して欲しいなぁ。

あれ?
尊厳死の話のはずが、また条例にいっとるぞ。
ま、いっかー。

尊厳死については、腐人は賛成なのよ。
ってか、もっと枠を広げてくれ、
いっそのこと自殺クリニックを作ってもいいんじゃねぇの?
とまで思う。

そしたら、
「死にたかったができなかった、
 だから死刑になりたかった」
とかゆって犯罪犯す人が減るんじゃない?


「生きていればいいことがあるから」
ってよく言うが、
腐人はあれ、ものごっつい「驕り」だと思うんだよなぁ。

ま、その辺は、人生いろいろ十人十色。

自分の人生をどう生きるか、
決める権利があるのは本人だけ、と腐人は思っている。

だって、痛いのも嬉しいのもつらいのも愉しいのも、
感じるのは当人だけでしょ?

ただ、選択肢になく、選択すらできない状態ってのは、
なんか間違ってると思うんだよなぁ…。

ってことで、
ぜひ、日本にも尊厳死施設つくってくんないですかねぇ?
[ 2011/02/02 ] 腹黒読書 | TB(-) | CM(-)

きこえてるでー

郵便局にいったら、はいってすぐんとこで
兄ちゃんが二人、ビラ配りをしておった。

春になると、よく新入生やら新社会人やらに
口座ひらかへん?ーっちゅー勧誘をやっとるんで
なんや、今年はえらい早いなぁ・・・と思ったら。

「あ、あの、××署のものなんですが」
とビラとティッシュを差し出してきた。
みると『振り込め詐欺』。

「撲滅運動やっておりまして」
とゆーが・・・うーん・・・・・・・・・
これ、だまされてるのってほとんどが高齢者だと思うンだが、
君ら、腐人を高齢者だと言いたいのかえ?

ま、隣で20代のねえちゃんにも渡してたから、
気にしないでおいてやろう。

でも、現実の効果としては、
そういう年齢層の人を捕まえないと恐らく意味ないし、
このビラもティッシュももったいないぞ?

ま、ビラはネタに使わせてもらうし、
ティッシュは実用に使わせてもらうからいっけどさ。



その後、腐人が郵便局の用事を済ませて
再び兄ちゃんズの前を通って帰ろうとしたら、
ちょうど人がきれてたので、兄ちゃんズがボソボソ話をしていた。

兄ちゃんA:「あとどんだけ?」
兄ちゃんB:「もうちょっとかなぁ」

兄ちゃんA:「もう誰に渡したか、わかんないんだよな」
兄ちゃんB:「そうそう、外でも配ってるし」


・・・おいおい、君ら、ケーサツなら
有事の時、すぐ人着を覚えられるよう
普段から訓練しとかんとあかんやろ!

慣れないティッシュ配りと口上をさせられてんのはわかるが、
こういうときに、
そういう訓練をあわせてやる姿勢で取り組まんと
伸びひんぞ、君ら!!

うーん・・・いまどきのワカモノって、
どこの世界もこんなもんなんかねぇ?



でも、台詞を噛み噛み、野郎が二人、
たどたどしい手つきでティッシュを配る姿は
みていて微笑ましゅうございましたわ、腐腐腐腐腐・・・。
[ 2011/02/01 ] 腹黒 日記&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。