腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > カテゴリー [チビネタ&読書録 ]
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二匹のグレムリン

ようやく目が戻ってきた。

昨夜、結局、予定よりも早く仕事を終わらせた腐人。
なんと3分も早かったのよ!!
すごいわ、腐人ちゃん!!

…って、23時56分59秒ってことかい。
ほとんど変わらんわーっ!!!

実際んとこ、データが膨大になっちまったので、
それを送りきるまでに余裕で
アドバンテージの3分は使い切ってんだけどよ。

ま、それはどうでもいい。

ただ、さすがに目を酷使しまくったせいか、
途中で、「…あ…」ってな状態になってしまい、
前から先送りしていた眼科の眼底検査をしてもらうことにした。


眼底検査は、目薬で瞳孔を強制的に開かせて、
その奥の神経などをみるため、
その後、数時間、目がよく見えなくなる。

要するにピントがあわなくなるんだよね。

なので、テレビみるぐらいならいいが、文字は読めないし、
運転もダメ、光が入りすぎてすごく目が疲れたりするんで、
おとなしくしてるしかないのだが……
今日は朝から、腐人家保育園は大繁盛だった…(-_-;)


そもそも腐人家保育園は、総料理長がいないと成立しないので、
事前に開かれることが決まっているものなのだが、
今日は突発で始まった。

姫に貸していた世界で一番有名な黄色いクマのDVDが
急遽必要となり、回収しといてね!と頼んでいたのだが、
なんだかんだでギリギリになってしまったのだ。

なら、DVDを引き取ってくるわと総料理長が姫ん家に出かけ。
なぜか、DVDだけでなく姫も引き取ってきた。

そして、そこからなしくずしに始まった保育園。

天気が悪く、腐人家でも風邪が流行っていたこともあり、
珍しく腐人家のメンバーが勢ぞろいだったため、
姫も楽しくおおはしゃぎ。

で、はしゃぎすぎて、転んで大泣きになって、
泣きすぎて、えぐえぐひっひが高じ、げろっ。

……腐人もガキの頃よくやったな……。

あの横隔膜が、自分でコントロールできなくなるよーな泣きって、
子供の特権だよなぁ…。


ま、大人総出でその後始末となり、
その後、腐人は医者に、
姫は御付きの面々を従えて、街に買い物にと、
それぞれお出かけとなった。

眼底検査は、目薬をさしたあと、
瞳孔がひらくまで数十分かかるため、
腐人の診察はかなりの時間を要した。

結果は、問題なし、とはいいきれず、
ちょっと経過観察しましょうか、ということに。

ま、思い当たる節は山のようにあるからな。


さすがに帰ったら姫はもういないかな?と思ったのだが、
玄関を開けると、
街での戦利品を抱えた姫が、るんたるんたと踊っている…。

そうか、今日は延長保育になったのか…。


そこに、偶然、知り合いから大量の干物が届き、
こりゃ食いきれんな…ってことで、
王子におすそわけに行こうかとなる。

で、干物を届けると、
予想にたがわず、今度は王子が釣れた。

…うーむ、今日は大漁だな。


そして、いつものことだが、一人でいるとどちらもいい子なのに、
二人そろうとワルガッキーズに変化する…。

なにか?
君らの正体は、本当はモグワイで、
二人そろうと、グレムリンになるのか?

二人とも風邪っ気があり、おなか具合もよろしくないとゆーに、
なぜ、そこまで暴れる…(ーー;)


結局、夕飯ができてママがお迎えにくるまでの間、
二人は気が済むまで走り回り、部屋にたてこもり、
飛び跳ね、転げ周りまくった…。

そして、それにつきあっていた腐人家の面々は、
腐人をのぞき、皆、10時前に就寝した。

ま、皆、中高老年だからね、
3・4歳児のパワーには負ける。

で、ホントに、このグレムリンな集団を統率する
保育園や幼稚園の先生たちって、すげぇと思う…。

どちらも一人だったらいい子なんだがなぁ…(^_^;)


スポンサーサイト
[ 2012/12/15 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

癒しの王子・・・

人が死ぬって、
大変だなぁとつくづく痛感中・・・。

訃報連絡網をまわしている最中に、
最近、何度連絡しても出ないねぇと言ってた人が、
高齢者によくある、

 家の段差につまづいて骨折
   ↓
 入院治療となったが、そのうちに他のところが弱る
   ↓
 ほとんど起きることも食べることもしなくなる

というパターンになってることが判明。

あわてて見舞いにいくが、
ほとんど会話もできなかった。

しょーがないけど、つらいなぁ・・・。


とまー、なんだかんだで
バタバタ走るぜバタ子さん状態なんですけど、
そんななか、うちのベランダに突然、あおむしが出現!

どっからきたんだ、あんた!?

どーも、先日、野菜を作っている知り合いから、
野菜を送ってもらったんですが、
そこに一緒に入ってきたっぽい。

じゃなきゃ、こんな丸々デブったあおむし、
いるわけないし。


腐人は虫が大嫌いなので、
踏んずけて、圧死させようかなーと思ったんだが、
ちょうどそこに血族がやってきたので、
「王子にあげよっか?」
となり、連絡。

しばらくして、
「虫どこー?」と王子がやってきた。

腐人にはブサイクなデブあおむしにしかみえないんだが、
王子は目をキラキラさせて、
「大きい!これ、アゲハになるんだよ!」
とゆー。

そーかいそーかい。
で、いつなるの?

「じゅーがつ」

へ?十月はもう過ぎたぞ?
今は、じゅういちがつ、だぞ?
と思ったが、ま、その辺は4歳児。
深くは問い詰めまい。

ありがとーと、にこにこしながら、
空き箱にいれたあおむしを引き取ってってくれました。
こっちこそ、ありがとうだよ、王子。

ああ、ちびっ子ちゃんの元気は癒されるなぁ。


で、18日の読書録ですが、

(1037-1043)マンガ 『ストロボ・エッジ 1~7』 咲坂伊緒
  完結マンガで、まだ途中なので、
  読了したら、総括やります。


はやく、日常にもどりたーい(>_<)!

[ 2012/11/19 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

腐人家保育園 ニューフェイスの巻

検索のアホアホぶりに、切れそうだ・・・(=_=)。

またその愚痴かいと言われそうだが、
溜めてるのは腐人の精神安定にヨロシクナイので、
吐きだすことにする。うん。

ネットでレンタルマンガする場合、
1冊あたりを一番安い価格にするためには
・・・・・・別にせんでもええんやけど・・・・・・
最低25冊のラインを超えねばならない
・・・・・・別に超えんでもええんやけど・・・・・・

正直、毎回8冊ぐらいまでは
「読みたいもの」ばかりで、
パパパパパッとかき集められるんだが、
その先、25に達するまでが長くてさー。

冊数稼ぎたくて
完結マンガの一気借りとかするんだけど、
そんでも、大抵、あと数冊・・・が埋まらない。

そーゆーときに、
途中まで読んで放棄したやつの続きとか入れたいんだが、
これが・・・検索がアホアホだから、
どこまで読んだかわかんないのよーっ!!!

ううううう・・・(/_;)

作品がおもろければね、
腐人のボケボケ脳にもしっかと記録され、
「読みたいもの」として、
次は何巻ってのが記憶されるんだが、
そうじゃないもんは、もうわからんくて。

読書録んとこだけ抜粋して、
賢い検索ができる
データーベースにしたいんやけどなぁ・・・。

単純に、そのデータを作るだけなら、
時間と労力さえ費やせばできるだろうが、
果たしてそれ、無料範疇でUPできるもんなんだろうか・・・。
ゆーちゃぁなんだが、かなりの量ある。

UPをあきらめればいいのか?

まー、せんでもええっちゃええし、
散々暴言はきまくってるから、
せんでええ!!とおっしゃる作家さんや編集さんの声が
きこえてきそうな気もするが、
ここで、いろいろ叫んだおかげで、実を結んだこともあるしなぁ。

ただ、腐人の読書録は、
あっちゃこっちゃのネタと関連しまくってるんで、
単独で読んだ場合、「?」なとこがある、
っちゅー自覚はある。
直す気ないけど。

だから、読書録だけ引っこ抜いてまとめるってのは、
すげー不親切、かつ誤解を招きかねんと思うンだ。

っても、こんだけの量になってくると、
通しで読んではる人もいてはらへんか。

うーん・・・クローズデータで、
読書録リストつくろっかなぁ。
なんか、それが一番いい気がしてきた。



そう。
こんなついでに書くなんて大変失礼だと思うンだが、
先日、りそな銀行を立て直された
細谷英二さんがお亡くなりになった。

経営者の人物伝が大好きな腐人にとって、
細谷さんは、バブル以降の経営者の中では、
突出して素晴らしい手腕、実績を残された方で、
まだまだこれからどんなことをしてくれるんだろう
という期待があったので、
ものすごくショックだった。

早過ぎるよ・・・(/_;)
もっともっといろんな考えを聞かせて欲しかった。

とはいえ、これだけ優れた方を亡くされて、
どうしたらいいのかと思っているのは、
ただの傍観者である腐人なんぞより、
ご家族やりそなに関係する方々だろう。

細谷さんは業界の凝り固まった考え方に
風穴を開けた。
その穴を維持していくより、
「前例が、業界が、こうだから」と、
自ら考えていくことを放棄する方が、ずっと楽だ。

人は、どうしても安きに流れてしまうが、
どうか、細谷さんが残された、
その精神を大事にしてって欲しいなぁと思う。

ご冥福を、心よりお祈り申し上げます。



うーん・・・この後に大麻の話は続けたくない。
ってことで、例の話の続きは、先送りにしよう←またか!

ホントに、連載を連載として続けられんやっちゃのぅ・・・。


ってことで、軽い話といえば、チビ。
ずっと放置されていた、
腐人家保育園のニューフェイスの話をしましょうか。


腐人家がある集合住宅は、今、ちびっ子がけっこういる。

それはなんでかっちゅーと、
不動産の話になってくるんで、
これまたいつかやります。
ああ、また、自分で宿題だしちゃったよ・・・(-_-;)


ま、それはともかく。

そーゆーわけで、エントランスなどで
パパママに連れられたちびっ子によく遭遇するんですな。

で、以前、血族がナンパして、
「今度あそびにおいでねー」とゆってた、
ちびっ子ズが遊びにきてくれたのだ。

最初は、腐人が「若とジュニア」と名づけてたんだが、
血族から、
「それだと血縁関係がわからんじゃないか!
 若と小若にしろ」
と、ものいいがついたのだ。

確かにそのとおりだわ。

よって、若(2歳)と小若(0歳)に
改めさせてもらいます。

小若はまだ、ふにゃふにゃしか言えないので
どんな性格かわかりかねるところがあるが、
若は、とぉぉぉぉぉっても内気。

腐人はちびっ子ナンパにかけては、
かなりの腕をもってるが、
それでもひきだせたのは、バイバイのみ。

あとはお名前きいても、お歳をきいても、
パパのズボンの後ろに隠れてしまったのだ。

いやーん!燃えるー!!
ハンターの血が騒ぐー!!
口説き落としてやりたいわーっ!!

・・・でも、口説き落とした後は、
事実上、下僕になりはてるんだがな・・・(;一_一)。


保育園やってる時間帯は、腐人はお仕事中。
遊んでることも多いが、それはナイショ。

なので、今回のホステスは、姫(3歳)だった。

事前情報として、若は乗り物が大好きときくと、
自らのおもちゃ箱から、乗り物おもちゃを選びだし、
腐人家にもってきてくれ、
ママから、
「姫のほうがおねえちゃんだから、やさしくね」
っちゅー教えをうけると、忠実に守り、
内気で引っ込み思案な若の世話を
あれこれやいてくれたらしい。

ちょうど保育園の運動会も近かったってことで、
「じゃぁ、かけっこの練習しよう!」

ぶどうがあったので、
「姫が、皮をむいたげる!」

とまー、チビはチビ同士にしとくと、
勝手に仲良くなるらしく、
まだハイハイもできないんで
一人座布団の上に放置されてた小若が、
拗ねてうぇーんと泣きだすまで、
ママたちはママたちで、
チビたちはチビたちで、なかよく遊んでいたらしい。


で、後日。

仕事してたら、
ピロローンとメールがきた。

なんじゃいと思ってみたら、
どや顔で、ダーリンにまたがる姫の写真が送られてきた。

あーっ!腐人のダーリンなのに!!
と抗議メールをおくったら、即レスが。
「腐人のモノは、姫のモノ」

・・・あんたって子は・・・(=_=)

しょせんダーリンも
若くて尻が軽い子のほうがいいのよね・・・(/_;)
どーせ、腐人の尻は15キロどころじゃないわ・・・。


ダーリンを車庫に放置しっぱなしにしてたら、
姫に弄ばれたっちゅーだけの話なんですが、
ダーリンの場合、三輪なので、パーキングロックがかかっていれば
ちょっとやそっとでは倒れないから、
15キロの姫が、よじのぼってもびくともしない。

だから、どうやらダーリンが車庫にあるときは、
その日に限らず、姫に弄ばれてるらしい・・・。

どーりで、たまにエンジンかけると、
急にウィンカーがチカチカ点灯したり、
ワイパーがガッションガッション動き出し、
ライトがハイビームで点灯したりするのね・・・。

ま、いいけど。


写真をとった血族によると、
保育園の帰りにダーリンをみつけて、
乗るー!あそぶー!となったらしい。

ひとしきりダーリンをもてあそんで気が済んだのか、
ようやく家に入ってもいいよ、となったとき。

そこに保育園帰りの若が、ママと登場した。

「あ、若ー!」
「あ、姫ー!」
とチビたちは久闊を叙したわけですが、
血族が、
「若、いまから姫がうちに来るんだけど、
 若もくる?」
と聞くと、
ママが一緒かどうかをきき、
一緒じゃないならヤダ!という・・・。

うーん・・・この夕方の一番忙しいときに、
若がちびっとだけでも腐人家保育園にきてくれたら、
ママが楽になるんだけどなー(^_^;)。

ま、無理は言えない。

若が腐人家保育園の常連になるには、
まだまだ前途は多難のようだ。

[ 2012/11/08 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

ぱーちー in 腐人家保育園

昨日、巣に戻ると
宴の後の散乱状態だった…。

どないしたんやと訊くと、
今週、姫がちょっと変だったという。

どうも保育園でショックなことがあり、
保育園大好きなはずの姫が行きたくないと
ママのちびっこストーカーになっちゃったらしいのだ。

きくと、しょせんセンセも人間で、
大人は必ずしもいい人ばかりじゃない、
っちゅー大人の階段をのぼってく過程での
通過儀礼の洗礼をうけたらしいんだな、3歳にして。

そ、早熟…(~_~;)。
腐人が、教師の人格に疑問いだいたんは
小学校んときやぞ…。

ま、そーゆーことで、
しょん…となってる姫をなんとか元気づけてあげたいなと、
周囲の大人が頭を悩ませてたときに、
血族がバッタリ、王子のパパとあった。

訊くと、これから週末まで出張だという。
…ってことは、ママと王子の二人きり?

とゆーことが判明したため
急遽、ちびっこーズとママたちを招いての
宴会開催が決定。

夕方に始まったそれが、姫のことが心配で
早めに仕事を切り上げたパパのお迎えがくるまで続き、
ついさっきお開きになったのよってな話だった。

なるほどー。
だから飲みかけ牛乳いりカップが
ゴロゴロしとるんだな…。

もちろん、後片付けは、
下僕である腐人の役目である…(-_-;)


ところで。
姫は通常、甘いものを制限されている。
これは大人の食べ物よ、苦いのよとごまかされて。

まーいつまでこの手が通用するのかわからんが。

一方の偏食ワガママ王子は、
スイーツ大好き王子でもある。
そもそも王子が腐人家を認識したのも
チョコレートがきっかけだった。

だから腐人家にくれば、
甘いものが食べられると思ってるとこがあり、
この日もさっそく緑寿庵清水のコンペイトウを発見。

ここのコンペイトウは、
一味一色づつがパックになっていて、
味が混ざるから、よく売られてるような
1つの入れ物に色とりどりのコンペイトウをいれる
というやり方をしないで、との注意書きがある。

そのときは、他の味を腐人が食っちゃってて、
もう1種類しか残ってなかったんだけど、
一粒食べて旨いと知った王子が、言った。

「こんどは、赤色ちょーだい」

…王子よ、
ここのコンペイトウの赤色がほしければ、
京都まで行っといで。

姫は、はじめて食べるものだったらしく、
恐る恐る食べ、なにこれ!?と思ったときには、
王子とママズに食べられていた…。

ま、その前に腐人がかなり食ってたんだけどさ。
えへへへへー(^_^;)


そんな姫は、王子がやってくるより
結構前から腐人家にきていたらしい。

で、おやつを食べた後、テレビをみてたら
いつしかくぅくぅ寝入ってしまい、
起きたら、お料理ができあがっており、
そこにフライがあるのをみて、
総料理長にむかって言った。

「姫、パン粉屋さん、したかったな」

ごめんねーといいながら、
…あんだけぐーすかお昼寝しておきながら、
なにをいいますか、君は…(=_=)
と思ったよ…とは総料理長の言。

ホント、日々口が達者になってるよなぁ…。


ま、そんなこんなでお二方は、
お土産に血族が買ってきた老舗飴屋の棒つき飴を、
ぺろぺろやりながらいたってご機嫌に、
それぞれのお城へご帰還された。

そのご両家は、どちらもいつもは朝が早いんですが、
今朝、お礼メールとともに
「朝寝坊しました」
との報告が。

どうやらどちらもおとなしく寝てくれなかったらしい…。

ま、ぱーちーの夜はそーゆーもんよね(^_-)-☆

[ 2012/10/27 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

姫知恵

先週の金曜日、
腐人がブログの記事を書くのに調べていたとき、
東京漫画社さんのフォロワーは一ケタだったのだが
今日みたら400超・・・。

こ、これは東京漫画社さんの実力よね!よね!
腐人のブログなんぞは欠片も影響してねぇと・・・
思いたい・・・(>_<)。

小心者なんですよ、基本。

ま、そんなこんなゆーとる間に
木原音瀬&小椋ムク『キャッスルマンゴー2』
全国発売日も近づいてまいりました。

明日ぐらいなら、地域の早売り店に
並ぶんではないでしょうか?
木原音瀬『リバーズエンド』
そろそろ期待したいなぁ。

そーいや、この「リバーズエンド」は、
『cab』の特典としてついてた小冊子の話ですが、
あの『cab』には小椋ムクさんの漫画もあったはず。

十亀と万が、お互い名前も知らないまま、
すれ違うという、まさに超イントロ。

あれは『キャッスルマンゴー』
1にも2にも収録されとらんかったが、
『リバーズエンド』に収録されとるんだろか・・・?


さて。
早売りの『リバーズエンド』が捕獲でけとったら
ふんふふーん♪とお鼻たーかだっかに
自慢ブログを書いとったんですが、
あいにくとハズレ。

ま、早売りゲットは、
お百度踏む覚悟で臨み、叶ったら紙(本のこと)に感謝・・・
の心持ちでやるのが鉄則。

ハズレをひいても愚痴っちゃいけん。

ってことで、久々に姫ネタでもいきますか。


3歳になって、いろいろ知恵がつきだした姫。
甘いお菓子も解禁となり、
なかなかおもろいことをやってくれます。


●マドレーヌの誓い


先日、腐人家に遊びに来たとき、
血族が作ったマドレーヌがあった。

これは甘いお菓子で美味しいもの、
という認識ができた姫は、
「姫、食べたい!」
と主張した。

手作り品だから、妙な添加物は入ってないし、
いいよ、と言いたいところだが、
今は夕方。

この時間に食べてしまうと、
今、ママが作ってる
晩御飯が入らなくなる可能性がある。

血族:「姫、ちゃんと晩御飯も食べる?」
姫:「うん!食べる!!」

・・・ホントかよ・・・(=_=)
っちゅーツッコミをいれたいものの、
約束は守る(守ろうとする)子なので、

血族:「じゃぁ、これ、ママと半分こね。半分だけね」
姫:「うん!」

ってことで、マドレーヌを半割りし、
半分をママ用に持ち帰れるようにし、
残りの半分を姫に渡した。

姫は、すかさず、パクパクぺろりと、
自分割りあての半分を平らげた。


それからしばらくして、
晩御飯の支度を終えたママが迎えにきた。

すると、姫はママをよびつけ、

姫:「ママ。これね、半分こなの。姫と、ママの、半分こなの」


といって、
余っていたマドレーヌ半分を
さらに半分にして
ママに渡しよるのだ!!


なんたる、姫知恵!!
君はいったい、そーゆーことを
どっから学ぶんや!


●病院と注射の関係

先日、姫は予防接種だった。

いつもいく小児科、A病院は、
待合室におもちゃや絵本がいっぱいあって、
姫としては、
「A病院とは、保育園みたいに楽しく遊べるところ」
で大好きだったのだが、
その評価は一本の注射で一変した。

なので、姫はA病院に行きたくない。

しかし、幼児なので、予防接種はまだまだあり、
近いうちにまた行かねばならないという。

よって姫は考えた。

姫:「ママ、腐人家はね、
   A病院じゃない、B病院に行くんだって。
   だから姫も、こんどBにいく」



・・・Aだろーが、Bだろーが、
どこいっても注射は痛いもんやっちゅーのを
次回学ぶんでしょーかねぇ・・・(^_^;)


●桃戦記

先日、腐人家の晩飯が終わった頃に、
姫がやってきた。

姫の晩御飯はこれからだというのだが、
腐人家はもうデザート。

「なにしてるの?」ときくから、
「桃をむいているんだよ」っちゅーと、
満面の笑顔になり、
「姫、桃すきなの!」
と主張する。

「腐人も、桃好きなの!」とゆーた瞬間、
××歳と3歳児の間に、ビシバシッ!と火花が散った。

普段は、心優しい腐人(←嘘をつけ)だが、
この桃は、今年最後の桃。

それも、川中島君とゆうぞらちゃんのそれぞれが
もうギリギリのところまで熟した(腐る一歩手前)、
いーっちばん美味い状態のもの。
種しゃぶりすら、我が物としたいレベルだ。

コソコソと隠すようにしていたら、
血族から教育的指導が入った。ちっ!


しぶしぶ姫の口サイズにしたものを
少しわけて渡したのだが、
血族から
「今はちょっとだけね。
 ママが今から晩御飯もってくるから、
 全部は食べちゃだめよ」
と言われた姫は、数切れでストップ。
お皿に2/3ほど残した。

その間、腐人は、自分用にカットした桃を、
姫の目の前でガツガツガツガツ食っていた。

とやっとる間に、
ママが晩御飯プレートを持ってやってきたので、
姫の晩御飯がスタート。

その頃には腐人の桃の皿は、ほぼ終わりかけていて、
姫の晩御飯プレート終了と同時ぐらいに
腐人の桃の皿が空いた。

姫の前には、姫の口サイズになった桃が10切れほど。

じーっとそれをみていたら、
ガシッと両手で皿をつかむと、
机の下に隠してもぐもぐ。

こぼすから机の上におきなさい、と血族から注意されると、
皿は机の上におくが、
腐人に食べられてたまるか!とばかりに
口の中に桃をつめこみ、まるでハムスターのよう・・・。

その上、
ふふーん♪
もう欲しがっても、ないもんねーと、
すげー得意な表情をする。


知恵がついてきたのぅ・・・。
昔は、
「ちょーだいねー!」と勝手に宣言した腐人に、
バクバク食われていたとゆーのに・・・。

たくましく育ち過ぎやで!姫!!
誰に似たんや!!←あんたやろ
[ 2012/09/24 ] チビネタ&読書録 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。