腐人日記-腹を割いたら黒かった- HOME > カテゴリー [こだわり&読書 ]
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また1つ賢くなりました

すっげーどーでもいいんですけどね。

なんか今日は固い話をする気分じゃないんで、
トリビア?ネタでお茶を濁すことにします。


吉原理恵子さんの『二重螺旋』シリーズで、
クソ親父の件が影響して、いらん電話がじゃんじゃん鳴るから、
ジャック抜いてるってエピソードがあるじゃないですか。

で、用事があって掛けても
「ずっと繋がらない」
ってな表現されてたかと思いますが、
あれが実は、ちょっと違うという話でございます。


確かに繋がらないっちゃー繋がらないから、
あの表現でもいいと言えばいいんですが、
実は、
「受話器を外してる」

「電話線を切断してる(orジャックを抜いてる)」
では、
相手にきこえるものが違うんですね。

「受話器を外してる」は、
いわゆる話中コールの「ツーツーツー」なんですが、
「電話線を切ってる」は、
ツーツーという話中にすらならんのですわ。

そんときは、こんなアナウンスがながれます。

「おかけになった電話は、
 機器が接続されていないか、
 使用可能な状態でないため、かかりません」


要するに、なんかしら先方さんの事情で、
電話機そのものが稼動してへんから、
かけてもムダでっせーってのをわざわざ教えてくれるんですわ。


たぶん、これは、固定電話のサービスでやってる
「114 お話し中調べ」
ひいては、
受話器外れとの切り分けをするためだと思われますが、
腐人も初めて知りました。

※受話器外れだと、
 相手の電話を通じて警報をならしてくれるが、
 電話機への接続ができないと音が鳴らせないんで。


へー・・・。
アナウンスもいろいろ進化してんですねぇ。


とま、1つ賢くなったのはいいんだが、
この相手に電話できないと困るんだけど、
どーすっかなぁ・・・(~_~;)



そーいや『二重螺旋』と書いて思い出したが、
こないだ出た7巻は、
いつもの四字熟語シリーズじゃなかったですね。

コメントで、このタイトル付けに苦労するとありましたが、
読むだけのコチラ側としては、その苦しみは楽しみで。

縛りがあればあるほど、ハードルが高ければ高いほど、
ニヒヒヒヒとなるので、
できたらまた四字熟語、頑張ってほしいな♪

スポンサーサイト
[ 2012/12/03 ] こだわり&読書 | TB(-) | CM(-)

ギョーカイ隠語

昨日、谷崎泉『リセット 下巻』を読んでいたら、
敷鑑」という言葉がでてきた。

いわゆる被害者の親戚、学校、職場などの関係者に
聞きこんで、洗っていく作業のことだが、
腐人が読んでる警察小説では、
鑑取り」のが使用頻度が高いので、
最初、?と思ったのだ。

この「鑑取り」というのは、
土地をベースにした事件現場周辺住民の聞きこみ行為をさす
地取り」の対でできた言葉じゃないのかなぁ?
と勝手に思っているが、よくは知らん。

地域差みたいのもあるだろうしねぇ。

ただ、以前、詳細はかけないが、
某署の刑事さんと話をしたとき
一般的には「イエデン」といわれる自宅用電話のことを
「カデン」とゆーていて、
腐人は一般的な意味である「家庭用電機器具」を連想し、
「???」
となったことがある。

ま、これもその方がたまたまっちゅー
可能性もあるけどねー。


ちなみに、腐人は
「ギョーカイ隠語」の用語集なるものを保持している。
※ネットにあるやつよか詳しい書籍からのコピーですが、
なぜ持ってるかは、当時の腐人に聞いてくれ。


昨日、上記の言葉を調べようと、
それをぼへーっとみてたんだが、
みればみるほど、
この「ギョーカイ」とは、
本当に警察なのかと思いたくなるところが多々・・・。

「脱腸」とかはいいんだが、
「定期預金」って・・・・。

え?意味が知りたい?

知りたい方は、
腐人会へお問い合わせください。

お、懐かしいフレーズだ。
[ 2011/08/24 ] こだわり&読書 | TB(-) | CM(-)

テンション極寒・・・

あかん・・・
体内に取り込んでもうたアレルゲン(不明)が
粘膜をいじめるよぅ・・・(T_T)

おかげでテンション-30度。

東京都の親分の発言にツッコミいれたいのに
それすらもままならん・・・。
ううううう・・・


そーいや、最近読んだ何かで、
「予言」と「預言」の使い分けをちゃんとしてあって
「さすがー」と思ったんだが、
さて、あれはなんだったか。
ごそごそごそ・・・


そうだ、
『聖なる花嫁の反乱』だ。
その辺は、さすが紫堂恭子さん。

ちなみに
「預言」ってのは、
神様からの言葉を預かって伝えたもの。
「予言」ってのは、
未来の予知。

と、腐人は宗教関係者から教わったが、
ネットをみると、
反対派もいるようで。

まー、この辺は宗教という
一番踏み込んじゃいかん領域なんで、
深く語るのはやめとこう。

おそらくこの両者が
永遠に相容れることはなかろうなぁ。


おっ!
今、『タンブリング 4話』をみてるんだが、
スラムだとばかり思ってたら、
あらあら、きゃぷツバじゃないの。

ぼくのしんぞー、まだうごいてる・・・

せーしゅんだなぁ。
ああ、青いっ青くて青くて・・・
なんか見てるだけで若返るわー(*^。^*)!

ってか、サトシって、
現実に身近にいたらイラッとしそうな気がするが、
BL的には「グッジョブなキャラだよなぁ。

個人的には、今回
木山のネタがツボでした。

罪と罰というか、償いという点では、
谷崎泉 『真音』思い出した。

実際のところ、
親御さんがそういう気持ちになるには
なかなか難しいものがあるんじゃないかと思うが、
一つの形として、結構キました。

そうよ!
腐人はナイーブなのよ!
なかなか信じちゃもらえんのだが。

まードラマなんで人間模様を書くのが
主にならざるをえんのはわかるが、
乱闘シーンより、部活風景やってくんないかなぁ。

『ウォーターボーイズ』みたく、
日々の大変な練習から最後の成功シーンという
流れも大事に見せてほしー。

たぶん、
あんな乱闘ばっかやってるのが、
すぐにできるようになるほど、
そんな簡単なもんじゃないでしょ、現実は。

そこんとこも見せて欲しいですよ。
よろしくー!

[ 2010/05/09 ] こだわり&読書 | TB(-) | CM(-)

メイショウのこだわり

あああああっくそぅっ!!!
なんでじゃー!
なんでお前は素直にインストールされんのじゃー!!!

と、しばらく・・・いや、かなりソフトと格闘してたんですが、
ニッチモサッチモいかんくなった状況に嫌気がさしたので、
ブログに逃げる 


で。
名将でも、名匠でもない、名称のこだわり話。
ま、前に書いた呼称の話と同系統のネタざんす。

なんで急にこんなネタかというと。

「校医」という言葉なんですけど、
それを間違って使ってた本が、たまたま2連荘しまして。

ふふふふふ。
間違って使っている作品を、腐人はちゃんとお知らせします、堂々と←人非人・・・

秀香穂里 『血鎖の煉獄』

妃川螢 『愛され方と愛し方』
・・・ってか、これは「甘い」シリーズで学校舞台のやつ全部か。

たまたまこの作品たちだけがつるし上げくらってますが、
正直、BLで「保健室の先生」が出てきた本のほとんどが間違って使ってます

いいですか?
保健室に常駐してる先生は、「校医」じゃないんです。

彼らは「養護教諭」というのが正式名称で、
持ってる免許は、教員免許。

本当の「校医」というのは、学校から依頼をうけて健康診断などを行う
近隣の開業医さんのことを指し、普段は自分の病院にいます。
でもって、持ってる免許は、医師免許。

全然違うわけですよ。

なーのーに。
BLに出てくる『保健室の先生』は、
ほとんどが「校医」と呼ばれている。

これ、大間違いですから!

秀さんの方は、正しい「校医」も出てきてるんですよ。
主役の受。
なのに、養護教諭の方を「校医」と呼んでいる。
惜しい!が、ブブー


ってなこと言ってる腐人も
実はその事実を知ったのは、BLを読んでだったりする。

ご自身も医師免許を持ってらっしゃる檜原まり子さんが自著BLの中で
この誤解について切々と訴えられてたんですわ。

ここまで念押しせんでも・・・という印象があったのは覚えとるんですが、
まー、医師免許と教員免許、取得にかかる労力考えりゃー
一緒くたにされるのは許しがたいもんがあるのはわかる。
そりゃそーだわな。

ただ、その正しい知識が小説のおもしろさとイコールになるかどうかは別問題で。

それが書いてあったのが、なんというタイトルだったかは、
いっくら考えても出てこないってあたりに、
小説としての評価があるかな、と (-_-メ)。

檜原さんの代表シリーズのエモシバではなかったのは確か。
興味がある方はがんばって調べてください。
98年か99年頃の花丸文庫のどれかだと思います。

一言でまとめると。

エロ響きを残しつつ、正しく保健室の先生を表現したきゃ、
「保健のセ・ン・セ
にすりゃー間違いはないってことですわ。

[ 2010/02/26 ] こだわり&読書 | TB(-) | CM(-)

またツケが・・・

月末になるたびに言っている気がするが、
またサボリのツケがたまりまくり、
仕事で首がまわりません・・・(=_=)

ってことで、たぶんしばらくは
読書録ばっかだと思う。

これは間が空くと、
何読んだか、内容がなんだったかわかんなくなるんで、
頑張ろう。うん。

ってか、そんだけ追いつめられてんのに、
読書はするんかー!!!

だって、本切れたら手が震えるんだもん。


あ、そうだ。
これだけ言わせて。

全国の書店さんへ。

木原音瀬の『月に笑う』上下巻を平台に並べるときは、
横に並べろ!

こないだ行った売人んとこでは、縦並べしとったんじゃ!!
あかんて!
あれは、横に並べてこそ、の表紙なんだよーっ!!!!
思わず、並べなおしそうになった・・・
が、レジ横だったんで、なんとか自粛。
でも、不満120%よっ! <(`^´)>

[ 2010/02/21 ] こだわり&読書 | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。